本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
4/2


 
 


 
 

山川 竜司
1970/4/2

日本の男子プロレスラー。本名は山川 征二。北海道川上郡弟子屈町出身。身長176.5cm、体重90kg。

経歴

1994/10/25、神奈川・南足柄市体育センター、対ポイズン澤田戦にてデビュー。

以後、NOW(1994年)、東京プロレス(1994年-1995年)、大日本プロレス(1995年-)と、活躍の場を移してきた。

リングネームの改名歴は、本名でデビューの後、1996年8月に「竜司山川」と改名したがすぐに現在の「山川竜司」へ改名した。

「不死身」という言葉を「不身」と間違えて書いてしまい、以降彼の通り名として定着してしまった。

大日本では、シャドウWX・本間朋晃と共に、「新世代デスマッチファイター」として活躍。BJW認定デスマッチヘビー級王座も獲得してきた。

1995年には総合格闘技も経験。師匠格のケンドー・ナガサキがバーリトゥード修行にブラジルに渡った際には同行し、共にマルコ・フアスの道場で修業。滞在中の10/22にはVALE TUDO BRAZIL OPENに出場。ムエタイのブンシマ・ローンと対戦、ギロチンチョークで敗退する。

事故から復帰・休養へ

2001/3/18・博多スターレーン大会で試合中、ワイフビーターの場外へのパワーボムでフロアに後頭部を強打、頭蓋骨骨折により、意識不明の重体にまで陥った。

療養期間を経て、同年12/2横浜アリーナ大会(WEWハードコアタッグ&BJWタッグ両選手権試合・MEN'Sテイオー・関本大介(BJWタッグ王者組)vs 山川・金村キンタロー(WEWハードコアタッグ王者組))で復帰するも、後遺症による左半身麻痺と椎間板ヘルニアの併発で、思うような試合展開が出来ないばかりか、日常生活にも影響を及ぼしていた。特に、椎間板ヘルニアに至っては、腰を打ってMRI検査で発見されるまで、一切気付かなかったという始末。医師からも「ナメたらエラいことになっていた」とまで言われた。

実際、山川はそのような状態にまで陥っても、デスマッチを最後までやりこなしていた時もあったが、次第に容態が悪化。2004/9/26の後楽園ホール大会を最後に 1年間の休養を取ることになった。

休養後は北海道に戻り、2004/12/1、札幌・薄野でスナック「薄野プロレスYAMARYU」を開店。その傍ら、体調を戻す為、トレーニングに励み、大日本の札幌テイセンホール大会開催時には、団体のPR活動も行っていた。

1年経過の2005/10/14、後楽園ホールを訪れたが、気持ちの整理がつかないこと、万全な体調ではないことなどを理由に、無期限へと切り替えることを発表した。

2006/5/5・横浜赤レンガ倉庫大会前の記者会見。6月以降の桂スタジオ大会を実験的な大会と位置付け、新たにデスマッチファイターを公募する会見で、盟友シャドウWXから、「(山川が)桂スタジオに出てくるのも一つの手ではないか」と発言。

これに奮起した山川は7月、札幌の店を週末のみの営業とし、横浜・鴨居の道場に泊まり込んでの練習を開始。

2006/9/23、越谷・桂スタジオ大会にて、兄貴分と慕う金村キンタローをパートナーに迎え、同期の黒田哲広・シャドウWXを相手に再起戦を行い、復帰を宣言。しかし、椎間板ヘルニアは完治していない為、実況席で見ていた統括部長・登坂栄児からは厳しい評価が下った。

10月の後楽園ホール大会で、FMW軍として黒田哲広・田中将斗と組んだ金村キンタローから、関本大介に一回田中将斗と組んでみる様に提案した際、「ダッサダサで、もうどうしようもないけど山川もおる!」と参加をほのめかし、これを受けて10/29・札幌テイセンホールにて金村・黒田と組んで、関本・佐々木義人・田中との6人タッグマッチに出場。この時、右肩手術の為に長期欠場が決まっていた田中将斗から、「お前も椎間板ヘルニアを治して第一線に戻れ」と提案された。

その後は北海道に戻り、大日本にはスポット参戦の形態を取る事となる。2008年春からアジアンプロレスプロモーションの興行に参戦。9月、新木場1stRING大会(自身4年ぶりの東京での試合)に、12月には横浜文化体育館に参戦したが、どちらもデスマッチではなく、通常ルールでの試合となった。

2009/8/19新木場1stRING大会・8人タッグトーナメントにおいて、7年振りの蛍光灯デスマッチを2試合行った。

入場曲

ジャーニー・Separate Ways (Worlds Apart)

薄野プロレスYAMARYU

  • 休業後の2004/12/1、札幌市に開店。
  • 所在地:札幌市中央区南5条西6-7-5ニュー桂和ビル7F

タイトル歴

  • WEWハードコアタッグ王座
  • BJW認定デスマッチヘビー級王座

 
広告


KING
1980/4/2

プロレスリング華☆激所属のプロレスラー。本名非公開。王様をモチーフとした覆面レスラーである。ギミック上出身地はサザンクロスだが、佐賀県鳥栖市出身であることを公言している。

  • 得意技・・・ゴールデンチョップ、カメハメバスター(バックフリップ)、キン肉バスター、クォーラルスペシャル、KING式ノド輪落とし
  • 入場曲・・・「キン肉マンのテーマ」
  • イメージカラー・・・金、銀
  • 2006/4/30さざんぴあ博多における、対ディアブロ&相島勇人<ブラックジャスティス>組(パートナー・アステカ)でデビュー。
  • 体格を生かしたパワー殺法が得意。
  • 正栄食品工業のマスコットキャラクターである。同社のお菓子ゴールデンチョップと同名の技を得意技にしている。
  • ゴールデンチョップは、腕を後ろから大きく振りかぶって頭部に叩きつけるチョップである。技を出す際、「いくぞぉぉーーー!!ゴールデェェーーンチョーーッップ!!」と叫ぶ。
  • ゴールデンチョップは、「北斗の拳」のケンシロウが使う岩山両斬波を見て、開発したとの噂がある。
  • キン肉マンが好き。目標とする選手は?と聞かれた時、「今の選手だと小橋建太、昔の選手だとキン肉マン。」と答えた。
  • 「カレーハウスCoCo壱番屋」で、1300gカレーを6分で食べたことがある。
  • 天然ボケキャラである。

タイトル履歴

  •  博多タッグ王座





山田 哲也
1990/4/2

日本の総合格闘家。神奈川県横須賀市出身。しんわトータルコンバット/チームZST所属。横須賀明光高校卒業。

高校卒業後は介護ヘルパーとして福祉の仕事に携わっているため、「スーパーヘルパー」と呼ばれている。

来歴

中学時代に柔道を始め、高校1年時にしんわトータルコンバットに入門。

高校2年でSWAT!に出場。横山大輔と共に「スーパー高校生」と呼ばれた。

2009/3/20、戦極初参戦となった戦極 〜第七陣〜の戦極フェザー級グランプリ1回戦でロニー・牛若に判定負けを喫した。

2009年3月、高校を卒業。介護福祉士として働きながら、トレーニングを積んでいる。

2009/5/24、ZST.20でタッグマッチ(15分3本勝負)に出場。奥出雅之とタッグを組み、宮田和幸&永田克彦と対戦するも、0-0のドローとなった。

2009年9月23日、戦極 〜第十陣〜で真騎士と対戦し、TKO負けを喫した。

2010/11/3、パンクラスでABと対戦し、0-0の判定ドロー。






クリス・キャニオン
Christopher Klucsaritis

1970/1/4- 2010/4/2

元WWE(WCW)レスラー、クリス・キャニオン(本名Christopher Klucsaritis)が2日、ニューヨーク市クイーンズ区のアパート自室で死亡している姿で発見されたが、自殺の可能性が高いことが分かった。享年40歳、子供などはいない。
クリス・キャニオンは1994 年にプロ・レスラー・デビュー(当時はWCW)。2001年から在籍のWWEは2004年に脱退。そして2006年、自身が同性愛者であったことをカミングアウトし、以下のように語っていた。
「筋骨隆々としたスポーツ選手にゲイはいないだろうって?オレがその典型例だって喜んで名乗りを上げるよ。若者でも子供でも、性志向について悩んだり迷ったりしている人は案外多いんだ。出来ることなら、オレ自身が題材になり、そういう人たちの教育に役立ってみたいね。」
この度の彼の突然の死について、薬物の過剰摂取が原因であったと報告されているが、その量が大変多いことから意図的なもの、つまり自殺を図った可能性が高いとみられている。
重い双極性障害と統合失調症に苦しんでいたというキャニオン。その訃報を知り、かつてリングで闘った“ザ・ハリケーン” ことグレゴリー・ヘルムズは、“Twitter” にこう綴った。
「彼は本当にイイ奴だった。この業界の多くの人が、彼にはお世話になったはずだ。でもずいぶん悩みを抱えていたらしいね。ああ悲しいよ、クリス・キャニオン。どうか安らかに眠って欲しい。」

  

















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system