本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
4/7


 
 


 
 

サイクロン・ネグロ/カリプス・ハリケーン
Cyclone Negro/Caribs Hurricane
1932/4/7

ロモン・エドゥアルド・ロドリゲスRomon Eduardo Rodriguez )は、ベネズエラ出身のプロレスラー。


来歴

プロレス転向前はベネズエラにてアマチュア・ボクシングの選手として活躍、1951年にアルゼンチンのブエノスアイレスで開催された第1回のパンアメリカン競技大会ではフロイド・パターソンとも対戦した。

1956年、首都カラカスにてシクロン・ベネズエラーノCiclón Venezuelano)のリングネームでデビュー。1958年からヨーロッパ各地を転戦し、1960年よりアメリカ合衆国に進出。ダラスやヒューストンなどテキサスの東部地区にてトルベリーノ・ブランコ(Torbellino Blanco)のパートナーとなり、彼のリングネーム「白いつむじ風」に合わせ、「黒い台風」を意味するサイクロン・ネグロCyclone Negro)に改名、マッドドッグ・バションとブッチャー・バションのバション・ブラザーズを相手にNWAテキサス・タッグ王座を争った。

1964年4月、日本プロレスの『第6回ワールドリーグ戦』にベネズエラ代表として初来日。この日本遠征では覆面レスラーのカリプス・ハリケーンCaribs Hurricane)に変身し、アメリカ遠征から帰国したジャイアント馬場と蔵前国技館大会にて時間切れ引き分けに持ち込み、タッグではジン・キニスキーと組んで豊登&吉村道明からアジア・タッグ王座を奪取するなどの活躍を見せた。

1960年代後半はフロリダ地区で活動し、1971年からテキサス西部のアマリロ地区に定着。テリー・ファンクやロード・アルフレッド・ヘイズとNWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を巡る抗争を展開した。1973年8月29日にはキラー・カール・コックスとのコンビで、日本から流出してきたインターナショナル・タッグ王座をザ・ファンクスから奪取している。

その間、1972年12月にアマリロとの提携ルートで全日本プロレスに初参戦。このときは素顔のサイクロン・ネグロとして来日したが、以降の来日では再び覆面を被り、カリプス・ハリケーンのギミックで全日本の常連中堅外国人となる。1973年3月には『チャンピオン・カーニバル』の第1回大会に出場し、1975年1月にはザ・デストロイヤーの「覆面10番勝負」第5戦の相手を務めた。

アメリカでも1978年下期に、古巣のフロリダ地区でカリプス・ハリケーンと同じデザインの覆面を被り、ミスター・ウガンダMr. Uganda)なるマスクマンに変身[8]。12月12日にダスティ・ローデスからNWAフロリダ・ヘビー級王座を奪取したが、1週間後にジョー・ルダックに敗れ短命王者に終わった。以降は素顔に戻り、1982年頃までフロリダ、ロサンゼルス、プエルトリコなどを転戦した。

1983年2月には全日本プロレスへの最後の参戦を果たし、キャリア最末期の1984年11月には旧UWFに登場した(いずれも素顔のサイクロン・ネグロ名義での来日)。1985年の引退後は、かつての主戦場であるフロリダに居住している。

獲得タイトル

テキサス東部
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
  • NWAテキサス・タッグ王座:2回(w / トルベリーノ・ブランコ)
  • NWA世界タッグ王座(テキサス版):(w / ドリー・ディクソン、オスカー・サラザール、リッキー・スター)
フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:2回
  • NWAフロリダ・タッグ王座:5回(w / ジャック・ブリスコ×2、サム・スティムボート、オマール・ネグロ、パク・ソン)
  • NWAブラスナックル王座(フロリダ版):2回
テキサス西部
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:5回
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / カール・フォン・スタイガー)
  • NWAインターナショナル・ヘビー級王座(アマリロ版):4回
  • NWAブラスナックル王座(アマリロ版):2回
トライステート
  • NWA USタッグ王座(トライステート版)1回
ロサンゼルス
  • NWAブラスナックル王座(ロサンゼルス版):2回
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回
オーストラリア
  • IWA世界タッグ王座:1回(w / バロン・マイケル・シクルナ)
プエルトリコ
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座:1回
  • WWC北米タッグ王座:1回(w / ウラカン・カスティーヨ)
日本プロレス / 全日本プロレス
  • アジア・タッグ王座:1回(w / ジン・キニスキー)
  • インターナショナル・タッグ王座:1回(w / キラー・カール・コックス)
    • 第1回チャンピオン・カーニバルに「PWF南米ヘビー級王者」として来日したが、実態もその後の発展も特になかった。

 
広告


ジェームス・ダグラス
James Douglas
1960/4/7

アメリカ合衆国のプロボクサー。オハイオ州コロンバス出身。“バスター”(破壊者)のニックネームで呼ばれる。

父:ビル・ダグラス(Billy Douglas)もミドル級の元世界ランカーで来日経験のある親子ボクサーでもあった。

1990/2/11、東京ドームで当時無敗のWBA・WBC・IBF世界ヘビー級王者マイク・タイソンからKO勝ちで王座を奪取した。





デビッド・オタンガ
David Daniel Otunga, Sr.
1981/4/7

アメリカ合衆国のプロレスラー。現在はWWEのRAWにて活動している。

来歴

ハーバード・ロー・スクールを卒業。2007年にVH1のリアリティ番組 "I Love New York" のシーズン2にパンクというニックネームで出演した。

2008年、WWEとディペロップメント契約。FCWにてリングネームをドーソン・アレクサンダーDawson Alexander, Esq.)としてデビュー。2009年には歌手のジェニファー・ハドソンと結婚した。

2010年、ECWが放送終了となり、新設された番組であるNXTのシーズン1にルーキーとして参加。リングネームを本名であるデビッド・オタンガと変更し、Rトゥルースをプロに迎え、準優勝を果たした。その後シーズン1のルーキーで結成されたネクサスの一員として暴れ回り、PPVのブラッギング・ライツにてジョン・シナとタッグを組んで、コーディ・ローデス & ドリュー・マッキンタイアからWWEタッグ王座を奪取した。しかし、その翌週のRAWにてリーダーであるウェイド・バレットから同じネクサスのメンバーであるジャスティン・ガブリエル & ヒース・スレイターにタッグ王座を渡すよう指示され、リング中央で横になり献上した。

この後からネクサスに対して不満を持ち始めて、11月5日にはバレットの許可なく自らがリーダーとなってスマックダウンに登場。序盤にエッジ、アルベルト・デル・リオを襲い、バックステージではレイ・ミステリオ、MVP、カヴァルをも袋叩きにするが、メイン戦のエッジ、コフィ・キングストン、ビッグ・ショー、デル・リオ、ケインとの10マン・タッグ・マッチに敗北してしまう。翌週のRAWではバレットがこの結果に激怒し、シナとの試合を組まれるがまたも敗北。追放の危機にあったが、11月12日に負ければネクサス追放が決まるエッジとのランバージャック戦でケインの援護もあって勝利し、追放は免れた。

2011年3月4日のRAWにてランディ・オートンにパントキックを決められ長期欠場となる。



  

















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system