本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
4/27


 
 


 
 

フランク・ゴッチ
Frank Alvin Gotch
1878/4/27 - 1917/12/17

アメリカ合衆国の元プロレスラー。アイオワ州フンボルト生まれ。近代プロレスリング創成期を代表する選手として活躍し、「ゴッチの後にゴッチ無し」と謳われた。初代世界ヘビー級王者。ただし近年ではその実力を疑問視する立場もある。

経歴

17歳の頃までは草野球の選手として活躍した。野球の判定を巡って大喧嘩になり、そのときゴッチは自分の格闘の才能を知り、1899/4/2プロデビュー。12/18、対戦相手であり「アメリカンプロレスの父」と言われるマーティン・"ファーマー"・バーンズに完敗したことから弟子入り(翌1900/9/14に再戦し勝利)。アメリカ全土やカナダなど広範囲に渡るサーキットや、アメリカン・ヘビー級王座を巡るトム・ジェンキンスとの名勝負はアメリカン・マットの発展に大きく付与した。また、ジョージ・ハッケンシュミットとの2度の対戦では、それぞれ2万人を超える観客(3万人超説もあり)を集め、プロレスリング興行のスタイルに変化を及ぼしたと言われるが、試合内容については現在に至るまで疑惑が残っている。

1910年以降、引退表明・撤回・復帰を繰り返しているが、これはゴッチが長年に渡り健康状態に悩むことが多かったためと言われている。

1913年より故郷アイオワ州でカーディーラーを開業、1914年頃からセルズ-フロート・サーカスでのエキシビションとして賞金マッチを行うなど、これ以降の時期は実質的にセミリタイア期と位置づけられる。

1917/12/17、尿毒症(梅毒または胃癌説あり)により39歳で死亡。約40万ドルの遺産があったといわれているが、謎に包まれた生涯といっていい。

記録に残る活動歴

  • 1901年
    • アラスカ及びカナダに遠征(時期不詳)。この際「フランク・ケネディ」のリングネームを用いた。
  • 1903年
    • 1月、シアトル遠征。
    • 2月、アメリカ東部エリアに遠征。
    • 2/16、ポール・ポンズ(ヨーロッパ・トーナメント優勝者)に勝利。
    • 2/22、トム・ジェンキンス戦に敗戦。
  • 1904年
    • 1/28、トム・ジェンキンスに勝利しジェンキンスの保持していたアメリカン・ヘビー級王座を獲得。この試合は「アングロサクソン民族における最強決定戦」と宣伝された。
    • 10月、アメリカ、カナダの広範囲に渡るサーキットを開始(同年12月まで)。
  • 1905年
    • 2/2、トム・ジェンキンスと再戦、アメリカン・ヘビー級王座防衛。
    • 3/15、トム・ジェンキンスと再戦、アメリカン・ヘビー級王座より転落。
    • 5/19、トム・ジェンキンスと再戦、アメリカン・ヘビー級王座奪回ならず。
  • 1906年
    • 5/23、トム・ジェンキンスと再戦、アメリカン・ヘビー級王座を奪回。
    • 12/1、フレッド・ビールに敗戦、アメリカン・ヘビー級王座を奪われる。この試合はゴッチがリングより転落、頭部を強打。そのためリングに戻った所を簡単にフォールされたための敗戦。この王座移動はアメリカンプロレス史上最大の番狂わせと言われる。
    • 12/17、フレッド・ビールと再戦、アメリカン・ヘビー級王座を奪回。
  • 1907年
    • 2月、アメリカ東部遠征、トーナメント形式の興行。
  • 1908年
    • 4/3、統一世界ヘビー級王座(ヨーロッパ版)保持者ジョージ・ハッケンシュミットと対戦。2時間3分にも及ぶ熱戦の末ゴッチ勝利。これにより統一世界ヘビー級王座とアメリカン・ヘビー級王座が統一される。
  • 1909年
    • 4/14、ブルガリア王者ユーソフ・マーモントに勝利。世界ヘビー級王座防衛。
    • 6/14、トム・ジェンキンスに勝利。
  • 1910年
    • 6/1、スタニスラウス・ズビスコに勝利、ズビスコのプロレス歴初の敗戦と言われる。
    • 10/25、キッド・カトラーとヘンリー・オードマン戦をレフェリング。試合はオードマンが勝利したため、ゴッチは自分の保有する王座をオードマンに譲渡し引退表明
  • 1911年
    • 1/16、フレッド・イーアラー戦にて復帰
    • 2月、アメリカ東部を中心としたサーキット
    • 3月、カナダを含む、アメリカ大陸横断サーキット。
    • 9/4、ジョージ・ハッケンシュミットと3年ぶりに再戦し勝利。世界ヘビー級王座防衛。
    • 10月、アメリカ西部をサーキット。
    • 12/27、アレックス・モンロー(ブリティッシュ王者)を下す。再度、引退表明
  • 1912年
    • 2/3、マービン・プリスティーナ戦に勝利、引退撤回
    • 11/7、3度目の引退表明
  • 1913年
    • 1月、ジェス・ウェスティガードのアメリカン・ヘビー級王座防衛戦をレフェリング。
    • 2月、チャールズ・カトラー戦に勝利、3度目の引退撤回
    • 4/1、ジョージ・ルーリッチに勝利、4度目の引退表明。統一世界ヘビー級王座を保持しながらの引退表明であった。
  • 1914年
    • 1/29、「ニューヨーク・タイムズ」紙のインタビューに答え、統一世界ヘビー級王座の返上と引退を改めて表明。
  • 1915年
    • 6月、故郷アイオワ州にて現役復帰。ヘンリー・オールドマンに勝利。
  • 1916年
    • 7/18、セルズ-フロート・サーカスでのエキシビションマッチ中に足首を骨折。
  • 1917年
    • 5/1、リオ・パーデロに勝利、ゴッチ現役最後の試合

NWA世界ヘビー級王者としてのゴッチ

ゴッチは死後NWA世界ヘビー級王座の初代並びに第3代王者として認定された。これはNWAが管理するNWA世界ヘビー級王座に対する権威付けとして、過去に存在した王座に対し行われたものである。

なお、この認定を行ったのは1948年に発足した新NWAであるが、ゴッチ存命時には新NWAどころか、旧NWAの母体であったNBA(現WBA)すら存在しない。

また、ゴッチがNWA世界ヘビー級王者として認定された期間については、資料により食い違いがある。特に知られるものとして「1908年4月3日の対ハッケンシュミット戦の勝利による統一世界ヘビー級王座とアメリカン・ヘビー級王座の獲得を以ってNWA初代王者として扱う」もの、「1906年12月17日の対フレッド・ビール戦におけるアメリカン・ヘビー級王座奪回を以って第3代王者とし、初代王者獲得時期については根拠が不明確なもの」がある。

その他

  • ルー・テーズはその自伝において、フランク・ゴッチの弟子から聞いた話として「ゴッチは勝つために手段を選ばない、汚い手を使うダーティなチャンプであったようだ」と記している。
  • 実際に、ジョージ・ハッケンシュミットのようにゴッチ存命中より彼を非難する者もあり、ゴッチの死後、弟子や、近しい立場の人間からも同様の発言が見られる]ことから、近年その実力を疑問視する立場もある。
  • カール・ゴッチの名前はフランク・ゴッチにあやかったものであり、カール・ゴッチの本名はカール・イスターツである。フランク・ゴッチの死後カール・ゴッチが誕生しており両者に血縁関係も師弟関係も無い。

流智美 Presents
プロレスの神様
カール・ゴッチ
その真実と真髄
流智美 Presents プロレスの神様 カール・ゴッチ その真実と真髄


 
広告


藤原 喜明
1949/4/27

日本のプロレスラー(フリーランス)。学校法人日本医科学総合学院理事長。同学校法人は文部科学省認可の専修学校朋友柔道整復専門学校を運営している。

岩手県和賀郡江釣子村(現:北上市)出身。自身の個人事務所・藤原組所属で、声の芸能マネジメントはウォーターオリオンが受け持っていた。

プロレスラー以外に俳優・タレントとしても活躍している。関節技の鬼という異名をとり「藤原組長」の愛称で親しまれている。

来歴

岩手県立黒沢尻工業高等学校卒業後、サラリーマンや板前を経て、1972年に新日本プロレスに入門。デビュー戦は同年11/12、和歌山県白浜町阪田会館の藤波辰巳戦。新人時代からカール・ゴッチに師事して、関節技をはじめとするレスリングの技術を学ぶ。テクニックにはすばらしいものがあったが、華がなく、前座試合を続ける。しかしアントニオ猪木のスパーリング・パートナーに抜擢され、海外遠征にも帯同した。

それまでは猪木の用心棒というだけで単なる前座の一レスラーに過ぎなかったが、1984/2/3の札幌大会で、長州力を試合直前の花道で襲撃し“テロリスト”として一躍脚光を浴びる。その日以来長州力率いる維新軍団との抗争で無くてはならない存在になる(実際その頃からワールドプロレスリング(テレビ朝日)では、関節技を主体とした独特のファイトスタイルや、その一度見たら忘れられない人相も相俟って毎回中継に登場するレスラーとなり一躍知名度が上がった)。その後は愛弟子の移籍に伴い、同年6月に第1次UWFに参加。ここで漸く持ち前の関節技のテクニックを披露し、プロレスマスコミのバックアップもあり硬派のファンの注目を集める。新日本復帰、第2次UWF参加を経て、1991年3月に藤原組を旗揚げしたが、2度に及ぶレスラーの大量離脱(1993年にパンクラス、1995年に格闘探偵団バトラーツが分裂)を経て、団体としての機能を失った。以後はフリーランスとして選手活動を続けている。その技術を見込まれ、男女問わず(特に神取忍はほとんど弟子といっても良い関係で各種の関節技および一本足頭突きを伝授されている)指導を請う後輩レスラーも多い。ZERO-ONE(現ZERO1)時代はフリーとしての参戦ながら橋本真也のタッグパートナーや若手選手の指導員としても貢献する(ただし、指導はしても弟子は取らないと発言していて、弟子入り志願者にはバトラーツに行くように勧めている)。

  • 前座時代は「イラストが得意」「無口」で有名だった。なお、イラストについては、“テロリスト”として脚光を浴びる前から、東京スポーツ刊行の隔週タブロイド誌「ザ・プロレス」で読者投稿の批評コーナーを持っていた。
  • 「長州襲撃」以前に1回だけTVでその試合が放送された(木村健悟&藤原喜明vsディック・マードック&バッドニュース・アレン)。
  • さらにそれ以前、1982/1/1に後楽園ホールでの「元旦決戦」にて行われた、カール・ゴッチとのエキシビションマッチが、TVの生中継(「新春プロレススペシャル」)で流れたこともある。
  • 新日本に出戻っていた時期(1986年)に、東芝EMIより「湯の町ひとり」というシングルを出している(ただし、UWF事務所での通信販売のみ)。
  • いわゆる“ナウリーダーズ(旧世代軍…猪木、坂口、マサ斎藤ら…)VSニューリーダーズ(新世代軍…長州、藤波、前田ら…)”の世代抗争では、その風貌から旧世代軍に入れられたが、年齢的には長州より2歳上なだけであった(ちなみに団体は違うが天龍源一郎とは同学年)。
  • 「スポーツドリンク」と称して酒を飲むパフォーマンスは有名。酒が入っている状態では饒舌なためトークイベントなどでは酒を用意していることも多い。ただし酒はかなり強く大量に飲んでも泥酔はおろか意識がはっきりしていて会話も普段通り行うことが普通である。
  • プロレスマスコミのインタビューに対し、おふざけが多いことでも知られる。最も有名なのは、毎年作成された雑誌企画のレスラー名鑑の「抱負」の欄にダジャレをコメントすることである。またUWF所属の頃に抱負を聞かれて、「PWFのチャンピオンになる」と答えた。当時、全日本プロレスとUWFの間に接点がなかったことや藤原自身が説明をしなかったことから、謎として残ったが、後に自ら興した団体を「新生UWF・藤原組」から「プロフェッショナルレスリング藤原組」に改称した際に、その略称がPWFとなると気付いたプロレスマスコミが納得して、改めて当時の抱負を紹介した、というエピソードがある。
  • IGFにも参加し猪木に協力している。

芸能活動も行っており、出演したテレビ番組、映画、Vシネマは多数あり、その風貌から暴力団関連の役(もちろん他の役を演じることも多々ある)が多い。オールスター感謝祭には、毎回のように参加している。また、イラスト執筆、盆栽、浪曲鑑賞、陶芸などの多趣味でも知られる。Vシネマにおいては「SAEKO」という作品で、当時まだデビュー間もない無名時代の常盤貴子主演の作品で共演しており、常盤演じるSAEKOの用心棒役で、その役名も藤原で常盤に「ふじわらーっ」と呼ばれていた。

「オールスター感謝祭」(TBSで毎年春・秋の特番)に於いてはよくスポーツ物のアトラクションがあり、相撲もよく催されるが、藤原とチャック・ウィルソンの一騎打ちというのが恒例となっていた。真剣そのもの(特にチャックは瞳孔が開きっぱなし)であった。

テリー伊藤企画のテレビ番組で、熊と戦ったことがある(手の爪をカットした熊である)。熊は力が強すぎて、観あうだけで一方的に何も出来ず終わってしまった。ただ、後にこの対戦に関して格闘技に関する本に「何もしないのが最大の防御(下手に踏ん張るとダメージが大きくなる)だった」と記述されている。力学台車の実験のように飛ばされたが、素晴らしい運動能力所以であると言える。

漫画家・大橋ツヨシの作品に、彼を主人公とした4コマ漫画『藤原でございます』がある。

入場テーマ曲は「ワルキューレの騎行」(ワーグナー作曲)で、新日本プロレスの前座時代は別の曲の時代もあった。当初はクラシック(オペラ)の曲は藤原の柄にも合わないと批判の声すら上がったが、藤原の注目度と共に妙にマッチするようになり、現在ではイントロだけで拍手喝采である。

2007年胃がんで手術し引退も覚悟したが翌年12月に復帰。現在も不定期ながら全日本プロレスなどのリングに上がっている。

ゲーム

  • 龍が如く(声:サイの花屋、2005年12月8日、セガ)
  • 龍が如く2(声:サイの花屋、2006年12月7日、セガ)
  • 龍が如く 見参!(声:本阿弥光悦)
  • 龍が如く3(声:サイの花屋)
  • 龍が如く4(声:サイの花屋)

映画

  • 修羅がゆく シリーズ(東映ビデオ) 関西光和会会長 大門重雄 役
  • あゝ!一軒家プロレス(2004年・ソフト・オン・デマンド)
  • B-ON(2010年)

テレビドラマ

  • ジューン・ブライド(1995年、TBS) 早乙女瞳 役
  • レイコの歯医者さん(1996年、NHK)
  • 透明人間 第5話「恐怖の逃亡者! ラブラブ張り込み作戦大混乱」(1996年、日本テレビ)
  • 風になりたい(1998年、TBS)
  • 三姉妹探偵団(1998年、日本テレビ)

CM

  • ニュータッチ(ヤマダイ)
  • ピックアップ(明治製菓) 中村綾と共演
  • 64DD(ランドネット)

著書

  • 復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄
  • 覚悟ー人生60年、覚悟が生死をわけた!ー
  • 藤原喜明のスーパー・テクニック―最強の関節技全公開

復刻 幻の藤原ノート
「ゴッチ教室」の神髄
復刻 幻の藤原ノート 「ゴッチ教室」の神髄

覚悟 人生60年、
覚悟が生死をわけた!
[DVD付]

覚悟 人生60年、覚悟が生死をわけた! [DVD付]

13cmFigure
藤原喜明
13cmFigure 藤原喜明






ノブ・ハヤシ
1978/4/27

本名:林 伸樹(はやし のぶき)、日本のキックボクサーである。徳島県徳島市出身。ドージョー・チャクリキ・ジャパン所属。通称、逆輸入ファイター

来歴

小学校、中学校では剣道を経験。高校進学後、佐藤塾に入門し空手を始めた。高校1年の夏休みにはリングスで10日間練習した。

高校卒業後の1998年、単身でオランダに渡りドージョー・チャクリキに入門。入門してから1か月も経たないうちにメジロジム主宰の大会に出場し、1ラウンドKO勝ちを収めた。この勝利がきっかけとなりチャクリキと選手契約をかわした。

1999/8/22、K-1デビューとなったK-1 JAPAN GP '99で準優勝を果たし開幕戦への出場権を得た。10/3、K-1 GRAND PRIX '99開幕戦の1回戦でアンディ・フグと対戦予定であったが練習中に左あばら骨を骨折し欠場となった。

2000/1/25、K-1 RISING 2000で行われた「日蘭対抗戦」にオランダ副将として天田ヒロミと対戦し、左まぶたのカットによるTKO負け。

2000/7/7、K-1 SPIRITS 2000でアンディ・フグと対戦し左ストレートでKO負け。フグは同年8/24に死去したため、この試合がラストマッチとなった。

2004/1/24、FUTURE FIGHTER IKUSA 5 〜乱〜 MONKEYMAGICで百瀬竜徳とエキシビションマッチで対戦。

2004年9月、ドージョー・チャクリキの正式認可を受け東京都江東区に「ドージョー・チャクリキ・ジャパン」をオープンした。その後、腰のヘルニアが発症。

2008/7/13、K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEIでアレキサンダー・ピチュクノフと対戦し判定負け。

2009年1月に出場予定だった試合の血液検査で急性骨髄性白血病に罹患していることが判明し緊急入院。館長を務めるドージョー・チャクリキ・ジャパンは4月末に休館となった。5回の抗がん剤治療を受け眉毛も抜け落ちたが、7/6に退院した。

2009/11/8、チャクリキ ファイティング カーニバル 2009で復帰し角谷正義とエキシビションマッチを行った。

2010年1月、骨髄性白血病を再発し再入院した。

だが2010年12月31日に開催されたDynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜ではジェロム・レ・バンナのセコンドにつく姿が見られた。





  

















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system