本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
4/29


 
 


 
 

ドン・レオ・ジョナサン
Don Leo Jonathan
1931/4/29

アメリカ合衆国の元プロレスラー。ユタ州ソルトレイクシティ出身。本名はドン・ヒートンDon Heaton)、日本での異名は「人間台風」「モルモンの暗殺者」。

来歴

「モルモンの殺人者」と称されたプロレスラー、ブラザー・ジョナサンの息子。父のトレーニングのもと、1949年にプロレスラーとしてデビュー。1958年9月には日本プロレスに初来日を果たし、力道山のインターナショナル・ヘビー級王座に挑戦している。

1961年1月にネブラスカ州オマハでドクターX(ビル・ミラー)を破ってオマハ版AWA世界ヘビー級王座を奪取。同年4月にもドクターX、5月には王座決定戦でボボ・ブラジルを下し、同王座は通算3回獲得している。ただし、無欲な性格もあってビッグタイトルにはこれ以外縁がなかった。

日本には日本プロレスをはじめ国際プロレスや全日本プロレスに来日し、ジャイアント馬場と名勝負を繰り広げている。馬場とはアメリカ修業時代に巨人コンビを結成した仲で、馬場が全日本旗揚げ直後に行った「世界ヘビー級争覇戦」(初代PWFヘビー級王座の決定戦となった)の対戦相手8人にも起用されているほか、1975年にはオープン選手権に参加。豪華メンバーを集めたリーグ戦にあってナチュラルな強さで存在感を発揮した。ただし、観客動員力はあまりなかったとされている。国際プロレスではアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦し、アンドレ自身にスケールの大きなプロレスを開眼させたという。

北米ではカナダ全土を主戦場とする一方、ニューヨークのWWWFにもヒールのポジションで度々登場。グラン・ウィザードをマネージャーに、ブルーノ・サンマルチノやペドロ・モラレスのWWWF世界ヘビー級王座に挑戦した。

巨体ながらトンボを切れるほどの卓越した運動神経と多彩なレスリングテクニックの持ち主で、またジャイアント馬場のキーロックを片手で軽々と担ぎ上げ(1967年)、若き日のアンドレをハイジャック・バックブリーカーで振り回し(1973年、カナダ)、ジャンボ鶴田のキーロックも場外で担ぎ上げたままリングに上がり(1978年)、果ては狩猟で仕留めた300キロもある大鹿を担いで山を降りたなど、怪力無双のエピソードも尽きない。その底の知れない強さは「その気になればルー・テーズを越えるレスラーになる」といわれていた。

獲得タイトル

AWA
  • AWA世界ヘビー級王座(オマハ版) : 3回
NWA
  • NWA世界タッグ王座(バンクーバー版) : 1回(w / ドミニク・デヌーチ)
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版) : 18回(w / キンジ渋谷、 ジン・キニスキー、ヘイスタック・カルホーン×2、ドミニク・デヌーチ、ロッキー・ジョンソン、ジョン・トロス、ジミー・スヌーカ、ダッチ・サベージ、ビッグ・ジョン・クイン、etc.)
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座(バンクーバー版) : 5回
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(ウィニペグ版) : 2回(w / ホイッパー・ビリー・ワトソン、ジム・ハーディー)
  • NWAカナディアン・オープン・タッグ王座(トロント版) : 1回(w / ジン・キニスキー)
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(カルガリー版) : 1回
  • NWAブラスナックル王座(テキサス版) : 1回
  • NWAテキサス・ヘビー級王座 : 1回
WWA
  • WWAインターナショナルTVタッグ王座(ロサンゼルス版) : 1回(w / フレッド・ブラッシー)
その他
  • IWA世界ヘビー級王座(モントリオール版) : 2回
  • CWA世界ヘビー級王座(ドイツ版) : 1回
  • EWU世界ヘビー級王座(南アフリカ版) : 1回
  • IWA世界タッグ王座(オーストラリア版) : 2回(w / Antonio Pugliese)

 
広告


ポール・ローマ
Paul "Romeo" Roma
1960/4/29

アメリカ合衆国のプロレスラー。ニューヨーク州ケンジントン出身のイタリア系アメリカ人。本名はポール・セントパーニPaul Centopani)。

1980年代のWWF(現・WWE)を共にサーキットしたダイナマイト・キッドのファイトスタイルに強い影響を受けており、キッド同様に体格面では恵まれていないものの、スピーディーでキレのいいハイスパート・レスリングを身上にWWFやWCWで活躍した。

来歴

地元ニューヨークのWWFで1985年にデビュー。TVテーピングのジョバーを務めながら修行を重ね、1987年に同じイタリア系の新鋭ジム・パワーズとのタッグチーム "ヤング・スタリオンズThe Young Stallions)" で売り出される。WWF生え抜きのベビーフェイスの若手コンビとして、ドリーム・チーム(グレッグ・バレンタイン&ブルータス・ビーフケーキ)やデモリッション(アックス&スマッシュ)などの強豪チームと対戦し、飛躍のきっかけを掴んだ。

1990年、"ドクター・オブ・スタイル" スリックをマネージャーに迎えてヒールに転向し、大型パワーファイターのハーキュリーズと新チーム "パワー&グローリーPower & Glory)" を結成する。体型やキャラクターが類似した選手同士で構成されることの多いタッグチームにおいて、筋肉隆々の強面大男ハーキュリーズ(パワー)と小柄で俊敏なハンサム・ガイのローマ(グローリー)という、サイズもルックスもファイトスタイルも対照的なコンビとして活躍。それぞれの持ち味を活かしたバランスのいいコンビネーション・プレイのもと、ハート・ファウンデーション(ブレット・ハート&ジム・ナイドハート)、リージョン・オブ・ドゥーム(ホーク&アニマル)、ザ・ロッカーズ(マーティ・ジャネッティ&ショーン・マイケルズ)らと抗争を展開した。1991年6月には、当時のWWFの日本での提携先だったSWSに初来日している。

WWF離脱後、1992年にプロボクサーに転身するが3試合で廃業し(戦績は2勝1敗)、1993年よりWCWと契約。ダスティ・ローデスのブッキングにより、ベビーフェイスとして再結成されたフォー・ホースメンの一員となる(メンバーはリック・フレアー、オレイ・アンダーソン、アーン・アンダーソン、ローマ)。同年8月18日には、アーン・アンダーソンとのコンビで "スタニング" スティーブ・オースチン&ロード・スティーブン・リーガルを下しWCW世界タッグ王者となった。

1994年からは "プリティ" ポール・ローマを名乗って再びヒールターンし、WWF時代の先輩 "ミスター・ワンダフル" ポール・オーンドーフと "プリティ・ワンダフルPretty Wonderful)" を結成。7/17にカクタス・ジャック&ケビン・サリバン、10/23にマーカス・バグウェル&ザ・パトリオットを破り、WCW世界タッグ王座を通算3回に渡って獲得した。しかし、1995/2/19のPPV "スーパーブロウル" におけるアレックス・ライト戦での試合態度が原因でWCWを解雇される(新人のライトの売り出しに利用されることに不満を持っていたとされる)。

以降はフリーランサーとしてインディー団体を転戦。オットー・ワンツが主宰するドイツのCWAにも遠征し、デイブ・フィンレーと世界ミドル級王座を争った。

1997/12/30、弟子のアレックス・ローマとのタッグでWWFのハウス・ショーに出場したが再契約することはなく、1998年に引退。近年はコネチカット州ブリッジポートに居住してジム運営に携わっている。2006年にはコネチカットのインディー団体CCW(Connecticut Championship Wrestling)のコミッショナーに任命され、オーンドーフとのプリティ・ワンダフルも再結成させた。

獲得タイトル

  • WCW世界タッグ王座:3回(w / アーン・アンダーソン×1、ポール・オーンドーフ×2)
  • CWA世界ミドル級王座:1回
  • IAWヘビー級王座:3回
  • IAWタッグ王座:3回(w / リポマン、ハーキュリーズ、アレックス・ローマ)





川畑 輝鎮
1965/4/29

日本の男性プロレスラーである。本名は川畑 輝(かわばた ひかる)。鹿児島県出身。最終学歴は専修大学卒業。

経歴

専修大学時代は相撲部に在籍し、全国学生相撲大会115kg以下級で3位の実績を持つ。

プロレスデビューは1991/9/16、SWSにて平井伸和とのタッグで片山明・山中鉄也組と対戦した。

SWS崩壊後はインディー団体を転々としていくことになる。SWS崩壊後しばらくはNOWなど特定の団体に所属していたが、1998年からはフリーランスとして活動を開始する。

インディー時代、そのキャリアに似合わぬ落ち着いた雰囲気から、『若き重鎮』と呼ばれる。

2000年末の有明コロシアム大会でプロレスリング・ノアに初参戦。その後、1年間フリーランスとしてノアに参戦していたが、2001年末に正式に所属選手となった。モハメド・ヨネも同時期に入団している。

ノア入団後は中堅どころで目立たなく、大学の後輩でもある秋山準に「健康のためにプロレスをやっている」と言われて奮起。2004年5月、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。齋藤彰俊率いるダーク・エージェントへの加入を目指し、「ダーク引越センター下請け業者」を経てついに正式加入を認められた。

2006年10月、再度白GHCに挑戦するが敗北。この時の王者・志賀賢太郎はパンチパーマのキャラクターでブレイク中であり、川畑は強制パンチパーマの罰ゲームを受けるが、次第に志賀と意気投合するようになり、志賀とのタッグを組む機会が多くなった。2007年、グローバル・ハードコア・クラウン王座タッグトーナメントに志賀と組んで「パンパーズ(=パンチパーマブラザーズ)」を名乗り出場。決勝で潮崎豪・谷口周平組を破り第6代白GHC王者となった。志賀の愛称「アニキ」に対し、川畑は「カシラ」と呼ばれていた。

パンパーズとしてヨーロッパ遠征も行い、白GHCは防衛回数を重ねるもののパンパーズのライバルとなりうるタッグが現れず、2007年11月、個々のレベルアップを図るためとして志賀とのコンビを発展解消することを決意。パンパース対決を制した川畑はシングル王者として第7代白GHC王者となった。

穏和な外見から、「パパ」の愛称で古くから親しまれている。実際既婚で子供もいる。これまで過去に所属したすべての団体が崩壊しており一部では「団体クラッシャー」と嘯かれていたが、ノア入団によって苦節十年にして安住の地を得ることとなった。しかし2009年12月末日付で「年間報酬保障フリー選手契約が満了」となりノアを退団、フリーとなった。

リングネーム

川畑が現在、過去に用いたことがあるリングネーム。

  1. 川畑 輝(本名)
  2. 川畑 輝鎮(現在も使用中)

入場テーマ曲

  • AVALANCHE
  • 兄弟仁義 / 北島三郎(志賀賢太郎とのタッグ時)

タイトル歴

  • グローバル・ハードコア・クラウン王座
    • 第6代・パートナーは志賀賢太郎
    • 第7代





岡林 理恵
1969/4/29

日本の元女子プロレスラー。身長165cm、体重64kg、血液型AB型。東京都中野区出身。
1985年
  • 7/25、神奈川・大和車体工業体育館において、坂本あけみと組み、対コンドル斎藤、永堀一恵戦でデビュー。
  • 10/26、新人王トーナメントの1回戦で神崎文枝に敗れる。
1986年
  • 7/1、茨城・水戸市体育館にて佐藤真紀メモリアルトーナメントの1回戦が行われ神崎文枝に敗れる。この試合を最後に病気欠場しそのまま廃業となった。

  



垣原 賢人
1972/4/29

元プロレスラーである。愛媛県新居浜市出身。通称「カッキー」。最終所属は新日本プロレス。

来歴

1989年に新生UWFのオーディションに合格。同期には長井弘和(現・長井満也)、冨宅祐輔(現・冨宅飛駈)がいる。1990年8月、横浜アリーナ大会にて冨宅祐輔戦にてデビュー、団体分裂後は高田延彦率いるUWFインターナショナル(以下「Uインター」)に所属。旗揚げの田村潔司戦ではいきなり骨折により長期欠場に追い込まれた。

体が小さかったため目立った成績が上げられずにいたが、志を同じくする田村潔司との対戦は非常に注目された。そしてUインターと新日本プロレスの対抗戦が始まると、その初戦で佐々木健介を破り、第一線に躍り出る。

Uインター崩壊後は後継団体のキングダムに参加し、旗揚げ戦はメインを飾るも、同団体が格闘技色を濃厚にしてゆくにつれて後輩の桜庭和志や金原弘光らの台頭に影が薄くなり、山本健一(現・山本喧一)戦では18秒で敗退。解散後は他の選手たちのようにPRIDEやリングスなど格闘技団体ではなく全日本プロレスに参戦、Uインター時代の同僚高山善廣、ゲーリー・オブライトと第2次TOPとして活動した後、三沢光晴率いるアンタッチャブルの一員となって活躍した。

2000年の全日本プロレス分裂騒動で三沢らと共にプロレスリング・ノアに移籍したがフロントに不信感を募らせ、旗揚げ戦でオープンフィンガーグローブを装着し大森隆男を一方的に叩きのめしてそのまま退団、古巣の全日本にフリーとして復帰した。全日本と新日本プロレスとの対抗戦にも参戦するようになり、そのまま新日本に鞍替えし、2002年に新日本に正式入団。2003年にはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで優勝を果たしたが、その後はケガを繰り返した。

2006/4/19に頸椎椎間板ヘルニアに起因する第4・第5頸椎損傷により現役引退を発表し、5/28の後楽園ホール大会における対金本浩二戦で引退した。第1試合として5分1本勝負で行われ、試合後の引退セレモニーにはUインターの主だったメンバーも参加した。

引退後は、クワガタと森を愛するネイチャーボーイ、ミヤマ☆仮面として、クワガタによる「クワレス」をプロデュース。その様子は、PS3「まいにちいっしょ」内のトロ・ステーション2007年8月13日放送分において見ることができる。2007年に5歳(試合当時)の息子が覆面レスラーとして菊太郎と対戦し、勝利している。現在はゴールドジム(株式会社THINKフィットネス)のトレーナー、IWGP実行委員として活動中。

タイトル歴

  • WAR認定世界6人タッグ王座:パートナーは山本喧一+高山善廣
  • アジアタッグ王座:第69代(パートナーは長井満也)

垣原賢人ブログ





サデウス・バラード
Thaddeus Michael Bullard
1977/4/29

アメリカ合衆国の元アリーナフットボール選手であり、プロレスラー。WWE傘下のFCWにタイタス・オニールTitus O'Neil)のリングネームで所属。

来歴

プロレスラーになる以前は、アリーナフットボール選手として活躍。フロリダ大学では選手権で各賞を受賞し、卒業後2003年から2007年までアリーナフットボールリーグでプレーした。

2009年、WWEとディペロップメント契約。傘下団体のFCWにてタイタス・オニールTitus O'Neil)のリングネームでデビュー。

2010年、NXTのシーズン2にルーキーとして参加。ザック・ライダーをプロに迎え、最下位という結果に終わったが、シーズン1の頃に比べて順位結果の公表が早かったため、実力を発揮することができなかった。NXTシーズン2が終了してからはFCWに戻った。12月、ダミエン・サンドウとタッグを組んでウェス・ブリスコ & ザビアー・ウッズからFCWフロリダタッグチーム王座を奪取。

2011年3月、NXTシーズン5に今までNXTに参加し、脱落したレスラーたちが再びNXTの頂点を目指すという名目で参戦することが決定。プロはホーンスワグル。

獲得タイトル

FCW

  • FCWフロリダタッグチーム王座 : 1回
     w / ダミエン・サンドウ













 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system