本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
2/11



藤田山忠義
1924/2/11 - 1969/5/9

福岡県田川郡(現在の田川市)出身で高砂部屋(入門時は片男波部屋)所属の元大相撲力士、日本プロレス所属のプロレスラー。大相撲時代は1950年前後に活躍し、最高位は西前頭12枚目(1950年1月場所)。大相撲時代の体格は身長167cm、体重113kg。得意手は押し。本名は藤田忠義(ふじた ただよし)。

来歴

元幕内・開月の片男波部屋に入門、1939年(昭和14年)1月場所に本名の藤田の四股名で初土俵を踏んだ。順調に出世して、1944年(昭和19年)5月場所で新十両へ昇進を果たした。その間、片男波部屋が閉鎖されたため、1943年(昭和18年)5月場所からは片男波親方の師匠であった三杉磯の経営する花籠部屋に移籍している。さらに、その花籠親方も1947年(昭和22年)11月に花籠部屋を閉じたため高砂部屋(横綱・前田山)に移籍して、新入幕を果たした同年11月場所からは高砂部屋所属で土俵に上がることになった。

1951年(昭和26年)には、高砂親方(横綱・前田山)を団長にしたアメリカ巡業のメンバーとして、大ノ海、八方山とともに渡米した。6月30日に日本を発ったのだが契約上のトラブルがあり、9月場所までに帰国が間に合わず休場ということになってしまった。結局、高砂親方は11月7日、八方山は12月31日、大ノ海と藤田山は翌年の1952年(昭和27年)1月9日に帰国することになった。帰国したときには同年1月場所の番付はすでに発表されており、藤田山は十両に陥落していた。しかし、1月12日初日の場所で十両優勝をなしとげ、1場所で幕内復帰を果たした。

1954年(昭和29年)1月場所で幕下に陥落し、同年9月場所限りで現役を引退した。相撲協会に残らず廃業し、プロレス界入りをした。黒澤明監督の映画『どん底』にも出演した。

21世紀の入門規定では新弟子検査ではねられる167cmの短身ながら太鼓腹の肥満体で、大銀杏を結えないほどに頭髪が薄く、その風貌から土俵上の三枚目ともいうべき役回りを果たし、「キューピーさん」の愛称で親しまれた。土俵上で塩を高く撒く仕草でも観客を沸かせていた。本名の藤田に「山」を足したり取ったりすること5回、しまいには当時の出羽海理事長(横綱・常ノ花)に「いいかげんにしろ」と怒鳴られたとか。相撲甚句も上手で、「女迷わす藤田山」と締めて満場の笑いを取ったという。先述の渡米巡業中でも八方山とともに数々の珍談をまいたという。力士仲間からも好かれた人物だった。






ケン・シャムロック
KenShamrock

1964/2/11

アメリカ合衆国の総合格闘家、プロレスラー。本名はKenneth "Wayne" Kilpatrick。ジョージア州メイコン出身。ライオンズ・デンを主宰。初代パンクラス無差別級キング・オブ・パンクラシスト。

初期のリングネームは「ウェイン・シャムロック」。PRIDE、UFC、WWE、TNA、パンクラスなどの団体に参戦経験を持つ。

総合格闘家のフランク・シャムロックは弟(戸籍上)だが、両名とも養子であり、血の繋がりはない。格闘家のロビー・キルパトリックは兄である。

来歴

父親の影響で10歳からアマチュアレスリングを始めた。アマチュアレスリングで活躍した後、ネルソン・ロイヤルが主宰していたレスリングスクールに入り、1989年にプロデビュー。1989年9月、全日本プロレスに初来日するも、新人でキャリアが浅かったことと、全日のファイトスタイルに適合しなかったため、評価は芳しくなく、週刊プロレスでかつて掲載されていた、外人レスラーの通信簿では10点満点の1点という最低の評価で、『ダメ外人レスラー』扱いされていた。

新日本プロレスに参戦した際、当時、藤原喜明が開いていた「関節技教室」(藤原道場)で、サブミッションを学び現在のスタイルの基礎ができあがっていく。同時期、この「関節技教室」には船木誠勝や獣神サンダー・ライガーなども学びに来ている。

1990年10月、第2次UWFに参戦してからは、自身のファイトスタイルに適合したのか、見違えるようなファイトを見せるようになり、UWF崩壊後、藤原組を経てパンクラスに参戦。旗揚げ戦のメインイベントで船木誠勝と対戦し、肩固め(当時の報道ではスリーパーホールド)で勝利するなど、初期パンクラスでは外人エースとして活躍した。

1993/11/12、UFCの第1回大会UFC 1のトーナメント準決勝でホイス・グレイシーと対戦し、チョークスリーパーで一本負け。 1995/4/7のUFC 5でホイスとの再戦が行われ、30分+6分の延長戦の末、両者ドローとなった。

1997/2/24、WWF(現・WWE)に「The World's Most Dangerous Man」(世界で最も危険な男)のニックネームでデビュー。同年12/7、ショーン・マイケルズの持つWWF王座に挑戦するも、トリプルH乱入による反則勝ちとなり、規定により王座獲得ならず。1998/10/12、8人トーナメントを制し、WWF・インターコンチネンタル王座を獲得。同年12/14、ビッグ・ボスマンとのコンビでニュー・エイジ・アウトローズからWWF・世界タッグチーム王座を奪取。1999年にWWFを離れた。

2000/5/21、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦のスペシャルマッチでアレクサンダー大塚と対戦し、左フックでTKO勝ち。試合後に長々とマイクパフォーマンスをしたことから観客からブーイングを受けた。

2002/2/24、PRIDE.19でドン・フライと対戦し、判定負け。フライとはUFC時代の禍根で犬猿の仲として有名だったが、試合後は健闘を称えあって握手した。

2002/11/22、UFC 40のUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチでティト・オーティズに挑戦。3R終了時に顔面の腫れと出血によるドクターストップ負けとなった。

2003年、ホイス・グレイシーとともにUFCの殿堂入りが決定し、11/21のUFC 45で表彰式が行われ、透明なオクタゴン型の盾が授与された。同時にUFC公式サイトで投票されたUFC歴代人気ファイターベスト10が発表され、ランディ・クートゥアに次ぐ2位となった。

2005/10/23、PRIDE.30で桜庭和志と対戦し、右ストレートでKO負け。

2006年4月から6月にかけて放送されたリアリティ番組「The Ultimate Fighter 3」でティト・オーティズと共にコーチを務めた。

2008/10/4、EliteXCでキンボ・スライスと対戦予定であったが、試合前のウォーミングアップでトレーニング・パートナーの頭がヒットし、目尻を6針縫う負傷をしたためドクターストップとなった。

2009/2/13、ロス・クリフトンに一本勝ちを収めるも、後に禁止薬物の陽性反応が出たため、3/21に予定されていたボビー・ラシュリーとの試合は中止となった。

人物

息子のライアン・シャムロックも2007/8/25に18歳で総合格闘家デビューを果たした。

戦績
43試合27勝14負2分

 
広告


杉山しずか
1987/2/11

日本の総合格闘家。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出身。空手道禅道会横浜支部所属。東海大学体育学部卒業。大学在籍時にJEWELSでプロデビューしたが、2009年3月に大学を卒業した。

来歴

東海大学1年時に空手道禅道会に入門。

2007/11/4、空手道禅道会「ジャパンオープン2007 バーリトゥードアクセス リアルファイティング空手道選手権大会」一般女子の部に出場。決勝で石岡沙織に敗れ準優勝となった。

2008/10/5、リアルファイティング空手道選手権大会・女子57kg以下級に出場。決勝で伊藤めぐみに敗れ準優勝となった。

2008/11/16、JEWELS 旗揚げ戦でプロデビュー。HARUMIと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた。

2009/7/11、JEWELS 4th RINGでHARIと対戦し、3-0の判定勝ち。JEWELS4連勝となった。

2009/8/23、シュートボクシング「Girl's S-cup 2009」で行われたJEWELSマッチで坂本ひとみと対戦し、3-0の判定勝ち。JEWELSルール5連勝となった。

2009/9/13、JEWELS 5th RINGのROUGH STONE GP 2009 -60kg級 1回戦でアレクサンドラ・サンチェスと対戦し、0-3の判定負けを喫しプロ初黒星となった。

2009/10/4、リアルファイティング空手道選手権大会・女子57kg以下級に出場。北村裕子に判定勝ちし、優勝を果たした。

2009/12/11、JEWELS 6th RINGで龍生塾所属のシュートボクサー尾関煌と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2009/12/14に放送されたSMAP×SMAPのコーナー「THE 名刺ゲーム」に出演。バット折りを披露した。

2009/12/20、「ジュエルス1周年記念パーティ&表彰式」が開催され、敢闘賞を受賞した。

2010/3/19、JEWELS 7th RINGで森藤美樹と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010/7/31、JEWELS 9th RINGでエスイとシュートボクシングルールで対戦予定であったが、肩鎖関節脱臼および鎖骨剥離骨折により欠場となった。8月29日のGirls S-cup 2010でもワンマッチに出場予定であったが、出場できなかった。

2010/10/3、復帰戦となったリアルファイティング空手道選手権大会・女子57kg以下級に出場。決勝で有賀美由紀に優勢勝ちを収め、2年連続の優勝を果たした。

2010/12/17、JEWELS 11th RINGでエスイと対戦。1Rにパンチ連打で2度のダウンを奪われると、2R開始直後にパンチ連打で計3度目のダウンを奪われたところでタオルが投入されTKO負けとなった。入場時にはキュートンのポージング・パフォーマンスを行なった。

獲得タイトル

  • 2009 リアルファイティング空手道選手権大会 57kg以下級 優勝
  • 2010 リアルファイティング空手道選手権大会 57kg以下級 優勝

総合格闘技
開催年月日 対戦相手 試合結果 勝敗
2010/12/17
JEWELS 11th RING
エスイ 2R 0:13 TKO
(タオル投入)
×
2010/3/19
JEWELS 7th RING
森藤美樹 5分2R終了
判定0-3
×
2009/12/11
JEWELS 6th RING
尾関煌 5分2R終了
判定3-0
2009/9/13
JEWELS 5th RING
【ROUGH STONE GP 2009 -60kg級 1回戦】
アレクサンドラ・サンチェス 5分2R終了
判定0-3
×
2009/8/23
SHOOT BOXING GIRL'S TOURNAMENT
Girl's S-cup 2009
【JEWELSマッチ】
坂本ひとみ 5分2R終了
判定3-0
2009/7/11
JEWELS 4th RING
HARI 5分2R終了
判定3-0
2009/5/16
JEWELS 3rd RING
セリーナ 5分2R終了
判定3-0
2009/2/4
JEWELS 2nd RING
SHIHO 1R 2:55 TKO
(3ダウン:ボディへの膝蹴り)
2008/11/16
JEWELS 旗揚げ戦
HARUMI 1R 2:55
チョークスリーパー

グラップリング
2009/3/29
ROLL FESTIVAL II MO-GI 2009
【NO-GI ビギナーメジオ級】
三浦絢女 ポイント0-7 ×
2009/3/29
ROLL FESTIVAL II MO-GI 2009
【BJJ アダルト白帯メジオ級】
大山ななえ 3:42
腕ひしぎ十字固め
2009/3/29
ROLL FESTIVAL II MO-GI 2009
【NO-GI ビギナーメジオ級】
湯浅麗歌子 0:43
腕ひしぎ十字固め
×
2008/8/31
Giグラップリング2008
Giグラップリング2008
QUEEN TOURNAMENT ビギナー
58.0kg以下級 準決勝
坂本ひとみ ポイント2-2
アドバンテージ0-2
×

杉山しずかおまとめ動画集

 






  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system