本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
2/12



ワンマン・ギャング
One Man Gang
1960/2/12

アメリカ合衆国のプロレスラー。サウスカロライナ州スパータンバーグ出身。本名はジョージ・グレイGeorge Gray)。WWF(現・WWE)における "アフリカン・ドリーム" アキーム"African Dream" Akeem)としての活躍も知られる。

来歴

1977年に17歳でプロレスラーとしてデビュー。1979年よりケンタッキー州でアンジェロ・ポッフォ(ランディ・サベージの父親)が旗揚げしたICWに参加し、クラッシャー・ブルームフィールドCrusher Broomfield)のリングネームで売り出される。

1982年頃、ビル・ワット主宰のMSWAでワンマン・ギャングと改名。超巨漢の若手ヒールとして台頭し、アンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦した。以降、フロリダのCWFやノースカロライナのJCPなどNWAの南部テリトリーを転戦し、1983年9月に全日本プロレスに初来日。ハンセン・ブロディ・レイス・デビアスといった超豪華メンバーの中でさほど期待されていなかったが予想以上の健闘を見せ、ジャンボ鶴田とのテレビ中継されたシングルマッチまで得た。1984年11月には鶴見五郎と組んで世界最強タッグ決定リーグ戦にも出場した(当初はバズ・ソイヤーがパートナーとなる予定だった)。

その後、それまでの長髪をモヒカン刈りに変え、イリノイ州シカゴ出身を自称するストリートギャング系のヒールに変身。1985年からはテキサス州ダラスのWCCWに定着し、ブルーザー・ブロディ、ケリー・フォン・エリック、テリー・ゴディらと抗争を繰り広げる。1986年にはルイジアナのUWF(旧MSWA)でスティーブ・ウィリアムスやビッグ・ブバ・ロジャースとUWF世界ヘビー級王座を争った。

1987年5月よりWWFに登場。王者ハルク・ホーガンに挑戦する一方、バンバン・ビガロとも巨漢同士の抗争を展開する。1988/3/27のレッスルマニアIVでは、空位となったWWF世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場した。同年9月、 "アフリカン・ドリーム" アキームに変身。白人でありながらイスラム名のアフリカ人を名乗り、マネージャーのスリックが歌う入場曲 "Jive Soul Bro." に合わせてラップを踊るというコミカルなヒールへのキャラクター・チェンジを行う。ビッグ・ボスマンとのタッグチーム、ツイン・タワーズTwin Towers)としても活躍した。

1990年下期にWWFを離脱し、WCWに移籍。リングネームをワンマン・ギャングに戻し、ケビン・サリバン率いるヒール軍団 "ダンジョン・オブ・ドゥーム" に加入する。その後はインディー団体を転戦し、1995年にWCWと再契約。同年12/27、新日本プロレスの佐々木健介が剥奪されたWCW・USヘビー級王座の新王者に認定された。WCW離脱後は1997年7月にSPWFへ来日、矢口壹琅とタッグを組み、久々に日本に登場。1998年11月にはFMWに参戦した。同年には短期間ながらECWにもフル・ブラッデッド・イタリアンズのメンバーとして登場している。

2000年に心臓発作を起こしてからはセミリタイア状態となり、以降はインディー団体に単発的に出場。2001年にはプエルトリコのWWCに遠征し、カルロス・コロンやアブドーラ・ザ・ブッチャーとハードコア王座を争っている。WWEにも同年4/1のレッスルマニアX-Sevenにおけるギミック・バトルロイヤルにワンマン・ギャングとして出場した(当初はアキームとして参加予定だったが、ウェイトがダウンしたためコスチュームが合わなくなってしまったという)。

近年は、2008/2/29にフィラデルフィアのインディー団体チカラで行われた6人タッグマッチのトーナメントに、デモリッション(アックス&スマッシュ)とチームWWFなるトリオを結成して出場している。2009/3/28には、同じくペンシルベニア州のIWC(International Wrestling Cartel)に登場、MSWAからWWFを通しての宿敵ジム・ドゥガンとメインイベントで対戦し敗れた。

獲得タイトル

  • NWAブラスナックル王座(フロリダ版):1回
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ロン・バス)
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:1回(w / ケリー・キニスキー)
  • NWA世界6人タッグ王座(WCCW版):1回(w / マーク・ルーイン&キラー・ブルックス)
  • UWF世界ヘビー級王座(ミッドサウス版):1回
  • WCW USヘビー級王座:1回
  • WWCハードコア王座:2回





高橋美華
1969/2/12

本名:高橋 美香日本の元女子プロレスラー。身長166cm、体重63kg、血液型O型。栃木県河内郡出身。元女子フィギュアスケート選手の高橋香奈子は実の妹である。

経歴・戦歴

1986年

全日本女子プロレスに入門。

プロテスト4回目にして合格。クラッシュギャルズ、特に長与千種の付き人を務める。

  • 9/25、埼玉・大宮スケートセンターにおいて、対神谷美織戦でデビュー。

のちに、前田薫(現・KAORU)とタッグチーム『ハニーウィングス』を結成。

1990年

ユニバーサル・プロレスリングの興行にアジャ・コング、バイソン木村、前田薫らとともに出場、女性ならではの俊敏な動きが男子プロレスのファンに注目され、全日本女子プロレスに新たなファン層を作るきっかけとなる。

1991年

前田薫がユニバーサル・プロレスリングへ移籍したことに伴い、ハニーウィングスはペア解消となる。

アジャ・コング、バイソン木村が結成した『ジャングル・ジャック』に加わる。

  • 10/4、東京・後楽園ホールにおいて、対神谷美織戦の後に引退。

タイトル歴

  • 全日本タッグ

 
広告


笹崎勝巳
1965/2/12

日本のプロレスのレフェリーである。東京都板橋区出身。所属はフリー。通称はタイガー勝巳(以前はタイガー笹崎と呼ばれることもあった)。

経歴

女子プロレス、あるいはZERO1と、手広く試合を裁くレフェリー。

また、技の誤爆が絵になるレフェリーとしても知られる。特に男色ディーノ絡みの2試合では壮絶な誤爆と反則攻撃を食ってしまった。






  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system