本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
2/21



モンスター・リッパー
Monster Ripper
1961/2/21 - 2001/7/27

カナダ・アルバータ州カルガリー出身の女子プロレスラー。本名:ロンダ・シンRhonda Sing)。

来歴

少女時代から地元カルガリーのスタンピード・レスリング(スチュ・ハート主宰)の大ファンであり、プロレスラーを目指しロサンゼルスにあるミルドレッド・バークが経営する養成所でトレーニングを積む。

その後、全日本女子プロレスにスカウトされ、来日。松永高司会長により「モンスター・リッパー」のリングネームを名づけられ、1979/1/4のジャッキー佐藤戦でデビュー。フォールを奪い勝利で飾る。同年7/31、佐藤が持っていたWWWA世界シングル王座に挑戦し奪取。

以降は100kgを超える巨体を武器にメキシコのUWAを主戦場とし、日本、カナダ、米国、欧州を転戦していた。そのパワフルなファイトスタイルから、日本の専門誌では「女ハンセン」などと形容されたこともある。日本ではジャパン女子プロレスに参戦していた時期もあったが、1991年に全女に戻りブル中野と抗争を展開した。

1987年には初代IWA世界女子王座に君臨。多くのタイトルを獲得していった。

1995年、WWFと契約。ベルサ・フェイBertha Faye)のリングネームでコミカルなヒールに変身し、アランドラ・ブレイズからWWF女子王座を奪取した。WWFではマネージャーのハービー・ウィップルマンとの恋愛アングルも組まれた。

1999年からは本名のロンダ・シン名義でWCWに移籍。ナイトロ・ガール・ビーフNitro Girl Beef)を名乗り、ナイトロ・ガールズのダンスに闖入したこともあったが、短期間で姿を消した。

2000年、WCW退団とともに引退。日本で引退試合を望んでいたものの、2001年7月27日、40歳で死去。死因は今もなお謎のままである。

2003年、カリフラワー・アレイ・クラブ(北米のプロレス・プロボクシング殿堂)の顕彰を受けた。また、日本でも全女が設置した女子プロレス殿堂に外国人で唯一殿堂入りを果たしている。

獲得タイトル

  • WWWA世界シングル王座
  • IWA世界女子王座
  • WWA女子王座
  • WWWWA世界シングル王座
  • WWC女子王座
  • WWF女子王座





大森ゆかり
1961/2/21

日本の元・女子プロレスラー。北海道札幌市出身。得意技は、ケサ斬りチョップ。

経歴

  • 1980年、全日本女子プロレスでデビュー。昭和55年組。新人王戦で準優勝。
  • 1981年、ミミ萩原とのコンビで、第74代WWWA世界タッグ王者となる。
  • 1983年、ジャンボ堀と共に、タッグチーム「ダイナマイト・ギャルズ」を結成。第76代WWWA世界タッグ王者となる。
  • 1986年、デビル雅美を破り、第33代WWWA世界シングル王者となる。それに至るまでの低迷期にケサ斬りチョップを体得し、いつしか「女力道山」の異名を取る。
同年、「タッグリーグ・ザ・ベスト」準優勝(パートナーは宇野久子<現在:北斗晶>。北斗は大森の付け人をやっていた)。
  • 1988年、現役引退。テレビ中継の解説と並行してタレントとして芸能活動を行う。また同期で特に親交が深かったダンプ松本と桃色豚隊(ピンクトントン)というユニットを組み、シングルCD『赤いウィンナー逃げた』を出す。
  • 1998/8/14に川崎市体育館で行われたOGマッチ「メモリアル・オールスター戦~あの時、君は強かった!!」にダンプ松本・ジャンボ堀と共に発起人として参加。
  • 2005/8/26、後楽園ホールで行われたLLPWの「立野記代25周年記念バトルロイヤル」にOGとして参加し、ジャンボ堀と合体攻撃・ケサ斬りチョップを見せた。
  • 2008/8/16のダンプ松本自主興行「極悪血祭り」にて一夜限りの現役復帰。「ダイナマイト・ギャルズ」も復活し、おなじく限定復活していたJBエンジェルスと対戦した。

現在は、結婚して2児の母。

書籍

  • 「なんたって乙女の底力」スコラ(1988年4月)ダンプ松本との共著
  • 「もずくでみるみるヤセる!―大森友伽里の本気でダイエット」スコラ (1990年4月)

 
広告


市来貴代子
1973/2/21

日本の女子プロレスラー。身長153cm、体重53kg、血液型AB型。兵庫県神戸市出身。

経歴・戦歴

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の女子プロ予備校出身であり、同番組企画の出身者には元気美佐恵・上林愛貴(現:Aky)・シュガー佐藤がいる。

1994/12/10、長野・飯田市勤労者体育センターで行われたIWAジャパンの興行において、対シンティア・モレノ戦でデビュー。その後は同団体の所属レスラーとして活動するが、女子選手の人数不足により、元川恵美(現:さくらえみ)との対戦が主であった。

その後、IWAジャパンを離脱し、暫くフリーランスとして活動した後、GAEA JAPANに新弟子扱いで入団するが、離脱(同団体の生え抜きの新人選手達との仲が、険悪だったからとも言われている)。再び元GAEA JAPANの中野知陽呂と共にフリーランスとして活動した後、大日本プロレスに入団するが、またもや離脱、再びフリーランスとしてアイスリボンその他の団体に出場している。アイスリボンでは主にりほと組んで、さくらえみを困らせている一方、自身の非情なファイトスタイルに堂々と対抗して来た聖菜を高く買っている。

大日本プロレス時に、デスマッチも経験している。対戦相手は元気美佐恵。

タイトル歴

  • 大日本認定女子
  • インターナショナルエイトメンスクランブル
  • ICE×60王座





鮎川れいな
1981/2/21

ニューハーフプロレスラー、エンターテナー。血液型はO型。ニューハーフプロレス団体、ダイナマイトバンプの創始者。初代ニューハーフ世界選手権チャンピオン。




  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system