本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
2/26



マーク・ルーイン
Mark Lewin
1937/2/26

アメリカ合衆国の元プロレスラー。ニューヨーク州バッファロー出身。
日本での異名は毒蛇。極太の腕で相手を絞め上げる得意技のスリーパー・ホールドは、「アナコンダ殺法」とも呼ばれた。

来歴

地元バッファローのプロモーターであるエド・ドン・ジョージとプロレスラーのダニー・マクシェインのトレーニングを受け、1953年に16歳でデビュー。ルーイン兄弟(ドン・ルーイン、テッド・ルーイン)の末弟として売り出され、1956年3月にはメリーランドにてドンとのコンビでレイ・スティーブンス&ドン・ファーゴからアメリカン・タッグ王座を奪取。ジョージアでは1957年2月にインターナショナル・タッグ王座も獲得した。

その後、ニューヨークのキャピタル・レスリング・コーポレーション(現在のWWEの前身団体)にてドン・カーティスのタッグパートナーを務め、1958年にカーティスとのコンビでディック・ザ・ブルーザー&ハンス・シュミットを破り、ノースイースト版のNWA・USタッグ王座(後のWWWF・USタッグ王座)の初代チャンピオン・チームとなる。9月にグラハム兄弟(ジェリー&エディ・グラハム)に敗れるが12月に奪還し、同王座には2度に渡って戴冠した。1963年には南部のフロリダ地区で1月にザ・カンガルーズ、11月にジ・アサシンズを破り、同地区認定のNWA世界タッグ王座にも2度戴冠している。

カーティスとのタッグチーム解消後はオーストラリアに遠征し、1966/7/1にドン・デヌーチと組んでラリー・ヘニング&ハーリー・レイスから豪州版のIWA世界タッグ王座を奪取。同7/9にはメルボルンにてトール・タナカを破りIWA世界ヘビー級王座も獲得している。帰国後の10/28にはロサンゼルスのオリンピック・オーディトリアムでルー・テーズを撃破、WWA世界ヘビー級王者となった。さらに、12/10にはペドロ・モラレスとのコンビでWWA世界タッグ王座にも戴冠し、二冠王となっている。

1967年6月、韓国のソウルでキム・イルに敗れWWA世界ヘビー級王座を失うが、その後も北米と南半球を股にかけて活躍。WWAがNWAに吸収されてからのロサンゼルスでは、後継タイトルであるNWAアメリカス・ヘビー級王座をマイク・デビアスやフレッド・ブラッシーと争った。オーストラリアでは1967/10/13にシドニーでキング・カーティス・イヤウケアを破り、IWA世界ヘビー級王座を再び獲得。同世界タッグ王座も再三獲得し、1971年は3月にキラー・コワルスキーと組んでジ・アウトローズ(ダスティ・ローデス&ディック・マードック)から、6月にはイヤウケアをパートナーにタイガー・ジェット・シン&ミスター・フジから、それぞれ奪取している。

1970年代初頭はカナダのバンクーバー地区にも進出し、1970/2/9にパシフィック・コースト・ヘビー級王座を獲得。1971/11/29にはスティーブン・リトル・ベアと組んでジン・キニスキー&ボブ・ブラウンからカナディアン・タッグ王座を奪取した。1972年からは古巣のフロリダ地区に参戦し、1973/1/9にバティ・コルトを破り南部ヘビー級王座を獲得。デトロイトではザ・シークと抗争を繰り広げ、1975/9/27にシークからUSヘビー級王座を奪取している。

この時期までは主にベビーフェイスのポジションにいたが、1970年代後半からは狂人系のヒールとして活動し、"マニアック" マーク・ルーイン"Maniac" Mark Lewin)または "マッド" マーク・ルーイン"Mad" Mark Lewin)を名乗るようになる。フリッツ・フォン・エリックの主宰するテキサスのダラス地区では1979年から1980年にかけて、ダスティ・ローデス、ブルーザー・ブロディ、スーパースター・ビリー・グラハムらを下しテキサス・ブラスナックル王座を通算5回獲得した。また、1979/12/10にデビッド・フォン・エリック、1980/5/25にジノ・ヘルナンデスを破り、テキサス・ヘビー級王座も2回に渡って手中にしている。

南半球での活動も続け、1981年はニュージーランドにてジョー・ルダックと英連邦ヘビー級王座を、1982年にはスティーブ・リッカードとのコンビでバロン・フォン・クラップ&キング・カマタ、カマタ&オックス・ベーカーなどのチームとオーストラジアン・タッグ王座を争った(南半球でのルーインは1960年代の豪州IWA時代から一貫してベビーフェイスであり、ニュージーランドでは同地のプロモーター兼エースのリッカードとタッグを組んでいた)。

1983年よりフロリダ地区でパープル・ヘイズThe Purple Haze)と名乗り、ケビン・サリバンと怪奇派のユニットを結成。同年11/24にはノースカロライナのジム・クロケット・プロモーションズが開催した『スターケード』の第1回大会 "A Flair for the Gold" にもサリバンとのコンビで出場している。以降1986年頃までフロリダを主戦場に、ダスティ・ローデス、アンジェロ・モスカ、ブラックジャック・マリガン、ワフー・マクダニエルらと抗争した。

1990年代に入ってもインディー団体のリングに単発的に上がり、1998年に引退した。

日本での活躍

日本には1973年3月、全日本プロレスの『第1回 チャンピオン・カーニバル』に南半球ヘビー級チャンピオンの触れ込みで初来日。決勝でジャイアント馬場に敗れたものの、実績に違わぬ活躍を見せた(チャンピオン・カーニバルには1974年の第2回大会と1975年の第3回大会にも参加し、3年連続で出場している)。その後も全日本の常連外国人選手となり、1982年1月まで計9回来日した(1981年1月にはアブドーラ・ザ・ブッチャーと組んで馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑戦。同年11月にはザ・シークとのコンビで『世界最強タッグ決定リーグ戦』にも出場した)。

1984年8月にはUWF『ビクトリー・ウィークス』に参戦。当時のUWFはシューティング・スタイルに方向性を見出した最初期の段階であり、ルーインも売り出し中の若手だった高田伸彦に勝ちを譲っている。全盛期を過ぎたとはいえ、シリーズのエース格だったルーインが遥かに格下の高田に敗れたことは業界に大きな衝撃を与えたが、ルーインは当時の『週刊プロレス』のインタビューにおいて「若者たちの新しいチャレンジに成功を託したい」などと好意的に語っていた。

エピソード

  • キャリア後半は狂人系ヒールとなって一時代を築いたが、もともとはベビーフェイスのハンサム・ガイとして活躍していた。ビンス・マクマホン・シニアは "Mark Lewin was the best babyface I ever had" と語ったという。
  • アルコールに強く、リック・フレアーの自宅で開かれたパーティーでは、同じく酒豪のロディ・パイパーと "Hot Rod vs. Purple Haze" と銘打った飲み競べが行われた(勝敗については意見が分かれたが、フレアーはパイパーに軍配を上げている)。

獲得タイトル

メリーランド
  • アメリカン・タッグ王座: 1回(w / ドン・ルーイン)
ジョージア
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(ジョージア版): 1回(w / ドン・ルーイン)
ニューヨーク
  • NWA USタッグ王座(ノースイースト版): 2回(w / ドン・カーティス)
フロリダ
  • NWA世界タッグ王座(フロリダ版): 2回(w / ドン・カーティス)
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版): 1回
オーストラリア
  • IWA世界ヘビー級王座: 2回
  • IWA世界タッグ王座: 8回(w / キング・イヤウケア×2、ベアキャット・ライト、ドミニク・デヌーチ、スパイロス・アリオン、マリオ・ミラノ、キラー・コワルスキー、アントニオ・パリシー)
  • NWAオーストラ・アジアン・タッグ王座: 1回(w / スパイロス・アリオン)
ロサンゼルス
  • WWA世界ヘビー級王座: 1回
  • WWA世界タッグ王座: 1回(w / ペドロ・モラレス)
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座: 1回
トロント
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(トロント版): 1回(w / ホイッパー・ビリー・ワトソン)
バンクーバー
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版): 1回(w / スティーブン・リトル・ベア)
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座: 2回
デトロイト
  • NWA USヘビー級王座(デトロイト版): 2回
テキサス
  • NWAアメリカン・タッグ王座: 2回(w / ザ・スポイラー)
  • NWAテキサス・プラスナックル王座: 5回
  • NWAテキサス・ヘビー級王座: 3回
  • NWAテキサス・タッグ王座: 1回(w / ディック・スタインボーン)
  • NWA世界6人タッグ王座(ダラス版): 1回(w / キラー・ブルックス&ワンマン・ギャング)
ニュージーランド
  • NWA英連邦ヘビー級王座: 1回
  • NWAオーストラジアン・タッグ王座: 3回(w / スティーブ・リッカード、アル・ペレス)





レディ・アパッチェ
Lady Apache
1970/2/26

メキシコのプロレスラー。メキシコシティ出身。本名はサンドラ・ゴンザレス・カルデロン。女性。
ラウル・レイエス、グラン・アパッチェ、ペペ・カサスに学び、1986/6/30にデビュー。後にコーチのグラン・アパッチェと一度目の結婚。1992年1月にユニーバサル・プロレスに来日、後アルシオンにも定期的に来日。後グランと離婚しブラソ・デ・オロと2度目の再婚。後オロと離婚。エレクトロ・ショックと3度目の再婚。メキシコ国内ではCMLLに在籍。1996年11月にはCMLL世界女子王座を奪取。2000年にAAA入りしCMLL世界女子のベルトを放棄。2001年には「AAA・レイナ・デ・レイナス」優勝。2002年2月にナショナル女子王座奪取。2003年6月に夫のエレクトロ・ショックと組んで初代AAA混合タッグ王座奪取。現在CMLLに所属。

タイトル履歴

  • メキシコ州女子王座
  • CMLL世界女子王座 : 2度
  • ナショナル女子王座 : 2度
  • AAA混合タッグ王座(エレクトロ・ショック)

 
広告





米山香織
1981/2/26

日本の女子プロレスラー。神奈川県逗子市出身。JWP女子プロレス所属。

所属

  • JWP女子プロレス(1999年 - )

経歴・戦歴

1999年
  • 11/14、大阪・IMPホールにおいて、春山香代子とエキシビション。
  • 11/29、東京・後楽園ホールにおいて、対春山香代子戦でデビュー。
2000年
  • 12/10、LLPWで他団体初参戦。倉垣翼とのタッグで青野敬子・和田部美穂組と対戦。和田部のジャーマンスープレックスに屈する。
  • 12/25、NEO女子プロレス初参戦。タニー・マウスと対戦も、体固めで敗れる。
  • 12/29、Jd'初参戦。美咲華菜とのタッグで阿部幸江・武藤裕代組と対戦。阿部のジャーマンスープレックスに屈する。
2001年
  • 2/4、IWA・JAPANにおいて、他団体選手との初タッグをNEOの元気美佐恵と組み、ラス・カチョーラス・オリエンタレスと対戦。三田英津子の体固めで敗れる。
  • 3/4、Jd'において、山本千歳から初勝利。
  • 3/25、全日本女子プロレス初参戦。井上貴子の体固めに敗れる。
  • 5/1 - 5/4、大日本プロレス北海道シリーズでマルセラと4連戦も4連敗。
  • 6/1、FMW初参戦で、元川恵美と対戦。バックドロップで敗れる。
  • 11/3、アルシオン初参戦。ミサイルキックで山縣優に勝利。試合後、「JWPをなめんな!」と発言。
2002年
  • 6/2、蛇界転生。リングネームを「米山蛇織」とする。
  • 6/29、ポイズン澤田JULIEと組んでコマンド・ボリショイ&GAMIが持つJWP認定タッグ王座挑戦。この選手権試合は男子選手による初の同王座挑戦となるが、ボリショイのタイガースープレックスで敗戦。試合後、真人間に戻る。
  • 7/6、金町地区センターにおいて渡辺えりかとの第10代JWP認定ジュニア王座決定戦を制して同王座獲得。
  • 7/20、桂スタジオでの全女において、春山とのタッグで全日本タッグ王座獲得。
  • 11/29、東京武道館での全女において、全日本シングル王座獲得。
2004年
  • 1/25、 東京キネマ倶楽部において、春山とのタッグで第21代JWP認定タッグ王座獲得。
2005年
  • 8/23、第1回T-1興行において、T-2マスクとしてT-1マスクと組んでザ・ブラディー、ファング鈴木組と戦う。試合後、ファングによって正体をバラされてマスクを脱ぐ。
2006年
  • 2/23、第2回T-1興行において、永島千佳世と戦い、丸め込んで勝利する。試合後、握手を求められるが、ジャーマンで投げられ、蹴りを入れる。
  • 8/20、WRESTLE EXPO 2006において、希月あおいと組んで、渋谷シュウ、栗原あゆみ組と対戦。希月が栗原のミサイルキックで敗れる。
  • 9/9、アイスリボン初参戦。
2009年
  • 9/20、NEO後楽園大会において、夏樹☆たいようが持つNEO認定ハイスピード王座に挑戦し、米-ZOUで王座獲得。
  • 9/21、アイスリボン板橋大会において、さくらえみと組んで高橋奈苗&牧場みのりが持つインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦し、王座獲得。
2010年
  • 7/18、高橋奈苗が持つJWP認定無差別級王座選手権で自ら髪の毛を賭けた試合で勝利し、第15代王者となった。マット上で「米山革命」を唱え挑戦者をJWP以外に限定すると宣言。
  • 8/1、NEO女子プロレス後楽園大会でタニー・マウスを米-ZOUで下し初防衛に成功。
  • 9/19、新宿FACEにてさくらえみ相手にJWP認定無差別王座防衛戦を兼ねた髪切りマッチを決行。ロールスルー・ジャーマン・スープレックスでフォールし、2度目の防衛とともにさくらを丸坊主にした。
  • 9/23、アイスリボン(後楽園、対帯広さやか)&麺プロ2(新木場、対大畠美咲)のダブルヘッダーでJWP認定無差別王座を1日2防衛。
  • 10/10、東京キネマ倶楽部にてAIW・TLW二冠王者ヘイリー・ヘイトレッドと三冠戦を戦うが、両者リングアウト後の時間無制限延長戦も両者KO引き分け。
  • 11/3、ユニオンプロレスのメインイベントでチェリーに勝利し、春山香代子(8度)に次いで福岡晶と並ぶ2位タイとなる6度目のJWP王座連続防衛に成功。
  • 11/30、エスオベーション「Joshi 4 Hope」でヘイリー・ヘイトレッドとのタッグで初代TLW世界タッグ王座獲得。
  • 12/5、プロレスリングWAVEでGAMIに勝利し、単独2位となる7度目のJWP王座連続防衛に成功。
  • 12/23、後楽園大会にて田村欣子が持つNEO統一二冠王座との三冠統一戦に挑むが、時間切れ引き分け。三冠統一はならなかったが、JWP王座連続防衛記録で春山の8度に並んだ。
  • 12/24、SMASH「ハプニングEve'」のメインイベントで朱里との防衛戦。JWP無差別新記録となる9度目の防衛に成功。
  • 12/31、年越しプロレス「34団体シンボル物持ち込みランブル」にJWP代表として出場。佐藤光留(パンクラスMISSION)をOTRさせ初代世界米山級ベルト獲得。最終的には剣舞(みちのくプロレス)の斬殺でOTR。なお、この興行では第0試合として行われた「19時女子プロレス」提供試合にも出場している。
2011年
  • 1/16、東京キネマ倶楽部にてヘイトレッドとのタッグ「クィーンズレボリューション」でデイリースポーツ認定女子タッグ王座に挑戦。春山に片エビ固めで敗れ王座奪取ならず。この試合は「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2011」開幕戦も兼ねていた。

人物

  • Leonはアルシオン時代から米山をライバルとしており、後にJWP入りした。

タイトル歴

  • 第32代全日本タッグ王座(パートナーは前村早紀)
  • 全日本シングル王座
  • 大日本認定女子王座
  • 第10代JWP認定ジュニア王座
  • 第21代JWP認定タッグ王座(パートナーは春山香代子)
  • 第23代JWP認定タッグ王座(パートナーは闘獣牙Leon)
  • 第199代アイアンマンヘビーメタル級王座
  • 第32代JWP認定タッグ王座(パートナーはさくらえみ)
  • 第2代NEO認定ハイスピード王座
  • 第6代インターナショナル・リボンタッグ王座(パートナーはさくらえみ)
  • 第15代JWP認定無差別級王座
  • 初代TLW世界タッグ王座(パートナーはヘイリー・ヘイトレッド)

入場テーマ曲

  • 「Come'n Get Me」(Solid Base)





田辺優
1992/2/26

日本の元女子プロレスラー。小学生レスラーとして話題になった。東京都出身。血液型B型。身長136cm、体重33kg。コスチュームはピンクの道着。

空手を4歳から習っており、下田美馬のジムのトレーナーが田辺優の空手の先生だったことが縁でプロレスデビューすることとなった。

経歴・戦歴

2003年
  • 5/5 - 東京・後楽園ホールにおいて、対タニー・マウス、宮崎有妃組戦でデビュー。デビュー戦のパートナーは、下田美馬、仲村由佳、松尾永遠(2対4の変則マッチ)。当時11歳の小学校6年生で、史上最年少プロレスラーデビューを飾った。
  • 11/3 - 東京・後楽園ホールにおいて、DJニラとバーリ・トゥード戦で対戦。圧勝。
2004年
  • 3/14 - 川崎市体育館大会において引退試合を行った。日向あずみ、仲村由佳と組み、渡辺えりか、米山香織、井上京子組と対戦し勝利。

  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system