本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
1/2



倉持隆夫
1941/1/2


日本テレビ放送網の元アナウンサー。

来歴・人物

東京都三鷹市出身。東京都立豊多摩高等学校、早稲田大学法学部卒業。早大在籍時には笹沢左保の書生を務めている。1964年4月、アナウンサーとして日テレに入社。徳光和夫の薦めで『全日本プロレス中継』の実況アナウンサーの一員となる。特に1976年頃からは清水一郎、徳光の後を受けたメインアナウンサーとなる。ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、ミル・マスカラス、ザ・ファンクスらの数々の名勝負を18年間にわたり実況。独特の「倉持節」でプロレスファンを熱狂させ、1990年の実況最後の日には試合会場でウェーブが沸き起こるほどの支持を得た。

1990年から若林健治にメイン実況を譲って事業部へ異動。その間、日テレ在籍のまま東京ケーブルネットワーク製作(日テレと資本関係にある)のジャパン女子プロレス実況や、NWAやWWFのビデオ実況も行っている。1995年、日テレの親会社である読売新聞金沢総局へ出向して、系列局テレビ金沢のワイド番組『2時間ワイドじゃんけんぽん』のニュースキャスターを務める。その後日本テレビ報道部勤務を経て 、2001年3月に定年退職。

倉持アナのプロレス実況

同時代に活躍していたライバル新日本プロレスの『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日)実況担当の古舘伊知郎(当時局アナウンサー)が印象的な造語フレーズを散りばめた華麗な実況スタイルで注目を浴びたのに対して、倉持アナの実況スタイルは一見地味である。この点について倉持アナは、古舘アナはその日の試合のリング上で起きるであろう出来事について事前に知らされていたであろうが、全日本の場合、馬場もスタッフも何も教えてくれなかった、と説明している。また、その言動・発言は非常に大袈裟なものが多かったが、だからこそプロレスらしい緊迫感と説得力が生まれ、人気を博した。

1977年世界オープンタッグ選手権最終戦・蔵前国技館でのザ・ファンクスVSザ・シーク&アブドーラ・ザ・ブッチャー戦、1981年の世界最強タッグ決定リーグ戦最終戦におけるスタン・ハンセンの突然の乱入、その翌年の馬場・ハンセンの初一騎打ちなど、全日本プロレスの歴史的瞬間に数多く立ち会う。また、1980/5/2、後楽園ホールでのアブドーラ・ザ・ブッチャー対ザ・シーク戦で、倉持自身がザ・シークに襲撃され額を割られ救急車送りにされるという前代未聞のアクシデントにも遭遇した。

なお、全日本プロレス中継レギュラー枠最後の実況は日本武道館におけるテリー・ゴディ・スティーブ・ウィリアムス組対ハンセン・天龍源一郎組の世界タッグ選手権。ヒザを痛めていた天龍の不甲斐なさにハンセンと天龍が仲間割れしたシーンを「何だー!何だー!何が起こっている!」と実況。リング上での挨拶では「会場の皆さん!視聴率が欲しいんです!」と述べている。

また、東京ドームで行われた「日米レスリングサミット」ではメインイベントのスタン・ハンセン対ハルク・ホーガン戦を実況。フィニッシュが近づいたことを感じた倉持アナはレポートする徳光和夫を制し「ちょっと待ってください!実況を続けます!」と述べ、「ハルク・ホーガンのアックスボンバー!これがアックスボンバーだ!」と実況。これが全日本プロレス最後の実況となった。

なお、解説として名コンビを組んだ山田隆ともども、新日本プロレス及び新日から移ってきたレスラーを下に見て扱うような言動が目に付いたが(鶴田VSアニマル浜口戦で「鶴田が負ける要素は何もありません!」とやって解説の馬場にたしなめられたのが有名)、日テレ退職後のインタビューで「アマレスの面白さは長州たちに教わった。プライベートでは仲良くやっていた」と語っている。

全日本プロレス中継における名言集

下記のように、文字にしてみると特別なフレーズはみられないが(流血の単位が「リットル」、馬場のとっさの動きが「マッハ」になるようにやたらと大袈裟ではあるが)、独特の名調子で印象的な実況となった。

  • 「あ!フォークだ!フォークだ!フォークですね山田さん!これはテリー・ファンクの選手生命に影響があるかもしれません!」(1977年世界オープンタッグ選手権、ザ・ファンクス対ザ・シーク&アブドーラ・ザ・ブッチャー戦において、ブッチャーがテリー・ファンクの腕にフォークを突き立てた瞬間)
  • 「あっ!!、スタン・ハンセンだ!スタン・ハンセンがセコンドですね!」(1981年の世界最強タッグ決定リーグ戦最終戦において、ブルーザー・ブロディ、ジミー・スヌーカ組のセコンドとしてハンセンが現れた瞬間。直後、山田の名言として知られる「ハンセンですよ!」が飛び出している)
  • 「16文だー!これは奇襲戦法!16文ヒット!」(1982年、東京体育館における馬場対ハンセンの初シングル対決において。試合開始早々馬場の16文キックが飛び出した瞬間)
  • 「大流血!1リットル、いや2リットルか?」
  • 「ジャイアント馬場、マッハのスピード!!」(マッハのタイミング、とも)
  • 「顎の先端にヒーット!」
  • 「両者対角線上に分かれました」
  • 「場内は興奮の坩堝と化しております!!」
  • 「グランドに入りましたので、ここで○○を〜」(寝技に入るとリーグ戦の得点経過や次期シリーズの来日外国人情報など試合と関係のない話を始めるのが定番)
  • 「セレモニーは完全に破壊されました!」(リーグ戦などで、開会セレモニー中に乱闘が始まって大混乱になるとこういう実況が入るのがお約束だった)

著書

  • 『マイクは死んでも離さない 「全日本プロレス」実況、黄金期の18年』(新潮社)





パーネル・"スイートピー"・ウィテカー
Pernell Whitaker

1964/1/2

アフリカ系アメリカ人の元プロボクサー。バージニア州ノーフォーク出身。元世界4階級制覇王者。

ニックネームの「スイートピー」については、エキサイトマッチ〜世界プロボクシングにおいて、解説のジョー小泉が「可憐な花のスイートピー」と「sweetなpea(豆のように小さい男の意)」をかけたニックネームだと説明した。

プロ戦績46戦40勝17KO4敗1引き分け1ノーコンテスト。戦績が示すようにパンチ力はあまり無かった。その基本戦術は、相手のパンチを素早いフットワークとディフェンステクニックでかわして軽いパンチをヒットさせるものであったが、ファン・ナサリオをKOしたカウンターの左ストレートや、ラファエル・ピネダをダウンさせたボディブローなどの攻め手も持っていた。


 
広告


トミー・モリソン
Tommy Morrison
1969/1/2

アメリカ合衆国出身のプロボクサー。

俳優ジョン・ウェインの甥であり、「ロッキー5/最後のドラマ」にボクサー役として出演した。





田山正雄
1971/1/2

本名・金田正雄(旧姓・山田)、元新日本プロレス所属のレフェリーである。愛知県西春日井郡出身。

高校時代、レスリングで国体出場。もともとはレスラー志望で、メキシコに渡り獣神サンダー・ライガー、ウルティモ・ドラゴンらとともにトレーニングに励んだ。1991/11/10に新日本のレフェリーとしてデビューする。ジュニアヘビー級の選手たちの試合を多く裁き、タイガー服部の一時退社後はメイン級のレフェリーとなっている。

レフェリーとしてのキャリアが浅い時期には、頻繁に試合中に選手に突き飛ばされたり、小突かれることがあった。ひどい時には、野外プロレスの際新日本プロレス時代の馳浩にジャイアントスイングで池に放り投げられたことさえあった。レスラーとしてのトレーニングも積んでいたため、若手ながら「いじられ役」を果たすのに適役だったとも言える。

キャリアこそ長いが、レフェリング技術には疑問が投げかれられることが多い。ヒールのプロレスラーが少し田山あるいは他のレフェリーに試合中反則行為を行っただけですぐに試合をストップさせてしまったり、フォールの際に明らかなカウントミスを犯し(特に平成維震軍興行の越中詩郎-サブゥー戦)大ブーイングを引き起こすこともあった。2004/10/9に行われた佐々木健介対藤田和之のIWGPヘビー級選手権戦における裁定も物議をかもしている。

2008/4/30付で新日本プロレスを退団。


 




アントーニオ本多
1978/1/2

本名:本多宗一郎日本の、DDTプロレスリングやマッスルを中心に活動するプロレスラー。通称アントン。

経歴

武蔵野美術大学在学中はプロレス研究会所属の傍ら、演劇あるいは前衛演劇に出場し、卒業後、俳優業と学生プロレスを続けていた。武蔵野美術大学芸術祭におけるマン・ツィンポーとの試合でマッスル坂井にスカウトされ「マッスル」で頭角を現す。

DDTマットにおいてはキューバ軍団のマネージャーを経てイタリア人ユニット「イタリアン・フォー・ホースメン」で確固たる地位を築くと共にプロレスの技量も着実に成長。

言葉の端々に「ジョルノ」「カルパチョ(カルパッチョ)」「ルネサンス」「ミゼラブル」とうさんくさい単語を混ぜながらハイテンションでまくしたてるマイクアピールには定評がある。

イタリア軍帰国後、ハワイ軍団「aWo(アロハ・ワールド・オーダー)」のアントーニオ“ザ・ドラゴン”本多として活動し、プリンス・トーゴーとのコンビでKO-Dタッグ選手権を獲得する。

2007年末、ディック東郷の裏切りに遭ってからはお笑い要素を封印し、東郷率いるメタル・ヴァンパイアと抗争を続け正規軍入り。

2008年9月、イタリアン・フォー・ホースメン再結成にともないヒールターンした。

またユニオンプロレスでは別キャラクター「A.YAZAWA」として不定期参戦している。

2007/8/11に開催されたAOMORI ROCK FESTIVAL. 07'のMCに抜擢され、翌年以降も同イベントに出演を続けている。

備考

DRAGON GATEとの合同企画の際、対戦相手の新井健一郎に過去に闘龍門の書類選考で落とされたことを暴露されてしまう。ちなみに落選理由は「ヴィジュアルが気持ち悪いから」らしい。 おまけに試合中に提出した履歴書を岩佐拓に読み上げられてしまうという赤っ恥をかかされる。 ちなみに「夢は望月成晃とバチバチとした試合をすること」である。

タイトル歴

  • アイアンマンヘビーメタル級王座(第254代、第270代)
  • CMLL認定KO-Dタッグ選手権(第25代)

入場曲

  • 「本多ボンバイエ」

ブログ(アントーニオ本多のCHOINURUカルパッチョ)
アントーニオ本多のCHOINURUカルパッチョ

  



ヘラクレス千賀
1984/1/2

本名:千賀 達人。日本の男子プロレスラー。 大阪府豊中市出身。165cm,60kg。闘龍門第13期生。

2004/5/16メキシコ・アレナ・コリセオにて大椙努(現:ツトム・オースギ)戦にてデビュー。 後にサルサチーム「ロス・サルセロス・ハポネセス」のひよっこ団員バナナ千賀に改名。
片腕に大きなバナナクッションをはめて皮をむく入場スタイルに黄色い声援が飛び交う。 その後Ken45゜に「負けたら軍団Ken入りマッチ」を組まれ、軍団入り。すぐに調子に乗る生意気な構成員として、Ken45゜の手を焼かせる。

みちのくプロレスに主戦場として参戦。現在は、プロレスリングElDoradoに所属。大鷲透の軍団に入るべくリングネームをヘラクレスオオ千賀に改名する。

2007/8/30、みちのくプロレスのふく面ワールドリーグ戦に登場した『しばてん』は彼の変身である。しばてんとしては普段は見せないパワーファイトも見せ、現在もみちのくにはしばてんとして参戦中。

2007年4月、荒吐ロックフェスティバルにて「千賀永吉」で登場(あくまでパロディ。)

2008年、ElDorado解散後、親会社ソウルコネクション所属となる。

2009年、SOSに大鷲透を加えた「鷲OS」を結成し、自主興行開催を発表した。

11月、ソウルコネクション解散になり フリーとなる。

兄がグラビアアイドルの山崎真実のマネージャーをしており、山崎が試合を観戦に訪れたことがある。

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system