本文へスキップ
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
1/5



清美川梅之
1917/1/5 - 1980/10/13

秋田県平鹿郡十文字町(現在の横手市)出身で伊勢ヶ浜部屋所属の元大相撲力士、旧全日本プロレス所属の元プロレスラー。

来歴

相撲時代

同郷の幡瀬川を頼って伊勢ヶ浜部屋に入門し、1934年1月場所で初土俵を踏む。当初の四股名は薩摩川。早くから有望視されるとともに順調に出世し、1938年1月場所に十両昇進、1940年5月場所に新入幕を果たした。1942年5月場所には、12日目に横綱双葉山を外掛けで倒し金星を挙げた。また、1943年5月場所には、11勝4敗の成績で優勝旗手の栄誉に輝いている。美男力士として人気があった。家業を継ぐこともあり、1946年11月場所を最後に廃業した。

幕内在位13場所。幕内通算成績は72勝87敗1分10休だった。

プロレス時代

のちにプロレスへ転向し、山口利夫とともに旧全日本プロレスを旗揚げ。全日本プロレス消滅後は、メキシコ、南米、アフリカ、ヨーロッパなどで活躍した。

1970年に14年ぶりに帰国し、国際プロレスに参加した。帰国後はレフェリーに転向し、1974/3/19に蔵前国技館で開催されたアントニオ猪木 vs ストロング小林戦(NWF世界ヘビー級選手権試合)を裁いている。また、全日本女子プロレスのコーチも引き受け、ジャッキー佐藤を鍛えたことでも知られる。

その後、全日本女子プロレスを引退・退団した阿蘇しのぶらを擁し、女子プロレス団体『ワールド女子プロレス』旗揚げを画策。旗揚げ戦のポスターに自身も登場するなどしたが、諸事情により旗揚げ前に頓挫している。

その他

離婚して家族とは別居していたが、プロレスラーとして長期海外遠征中の1957年に元妻に引き取られた長男が少年誘拐ホルマリン漬け事件で12歳で殺害されている。






沢村忠
1943/1/5

日本の元キックボクサー。剛柔流空手道参段。満州出身。本名は白羽秀樹(しらは ひでき)。娘はタレントの白羽玲子。半生を描いた漫画やアニメの『キックの鬼』の影響により、世間からは「キックの鬼」と呼ばれていた。

来歴

幼少より祖父から剛柔流空手道を習う。法政大学第一高等学校(現:法政大学高等学校)を経て、日本大学芸術学部映画科を卒業。大学在学中には全日本学生選手権で優勝し、60戦無敗であった。野口修はその実力を評価し、キックボクシングに勧誘した。

1966年(昭和41年)4月に日本キックボクシング協会が旗揚げされ、リングネームを“沢村忠”として参戦。大阪府立体育会館で行われたデビュー戦は“空手vs.ムエタイ”と銘打たれた試合で、ラークレイ・シーハーマンを2RKO勝利した。6月にはリキパレスで、ムエタイのルンピニーフェザー級8位のサマンソー・アディソンと対戦したが、16度のダウン(19の報道もあり)を奪われ25ヶ所以上の打撲を負い、4RKO負けを喫した。

しかし、この敗北を機に特訓を積み、当時、YKKアワー キックボクシング中継の実況をしていた石川顕が命名した真空飛び膝蹴りや飛び前蹴りを武器にKOを重ね、活躍。1973年には三冠を達成した読売ジャイアンツの王貞治を抑え、日本プロスポーツ大賞を獲得した。1976年(昭和51年)7月2日に最終試合を行い、翌年の10月10日に引退式を行った。最終成績は、241戦232勝(228KO)5敗4分(一説には500戦以上戦歴があるともされている)であった。

梅宮辰夫と結婚、スピード離婚した銀座「姫」のホステス・大門節子と婚約はしたものの結婚はしなかったようである。現在は、自動車の修理販売業を営む傍ら、子供達に空手を教えている。パチンコ台販売会社・セイブシステムリンクの常務取締役でもある。

エピソード

  • 1964年(昭和39年)に空手道代表として中村忠は、ルンピニー・スタジアムでムエタイ選手と対戦してKO勝利した。野口はその強さにあやかり、白羽に「沢村忠」と命名した。
  • あまりにも試合が多く、短いインターバル期間では足の腫れがひかないこともあった。そんな時は「炊いた飯をタオルにくるんで足を温めることで無理矢理治していた」とインタビューで答えている。
  • 1970年代前半、日本に2台しかないシボレー・コルベットの所有者だった。しかし、もう一人の所有者大場政夫が同車運転中に事故死したため、沢村も手放した。
  • キックの鬼が放映されていた頃、試合で真空飛び膝蹴りをしたとき、あるファンから「手抜きするな!」と野次られたという逸話がある。「アニメの真空飛び膝蹴りは高く飛ぶが、実際はそこまで飛ばないため、そう思われたのであろう」と、のちに本人が懐かしのアニメソングの番組の中で語っている。
  • 噂の出所は不明だが、一時期「引退後、酒で身を持ち崩した」「死亡した」という説が出回っており、現在でも年輩者には信じている人もいる。沢村曰く「こっちが子供みたいに怒って、いちいち(雑誌の出版社に)電話して『無礼者!』とか言ったってしょうがないですからね。そういえば目黒の蕎麦屋で元選手と飯食ってたんだけど、キックの話がでるじゃない。そこのおばあちゃんが『キックと言えば、あの沢村って死んだんだってね』と言われて、思わず『そうですね』と答えたんだけど、店を出てから、ふたりで笑い転げましたね」とある。本人はまったく「アルコールを受け付けない体質」で前述した通り、引退後は堅実な人生を歩んでいる。
  • 佐山聡は「格闘技を好きになったのは、小学生の時に沢村さんをテレビで観てから。最初にお会いできた時にはもうびっくりしちゃって・・・。その時にキックを教えてもらったんですが、理論がしっかりしていて驚いた。それまでいろんなキックボクシングジムでいろんなテクニックを教わり、なんでこうなるんだろう?という疑問が、沢村さんに教わり、全部解決した」と語っている。
  • 小堺一機は、出演するラジオの深夜番組で、野球の沢村栄治の話題が出た際に、沢村忠のことかと勘違いしたことがある。小堺は野球に疎く、野球選手の名前を間違えることが時々あった。ちなみに、『巨人の星』ではこの二人の「沢村」の名前を別々に両方とも取り上げ、両者の似顔絵も掲載している。
  • 水木しげるの漫画『コケカキイキイ』にゲスト出演(?)している。
  • ポケットモンスターのキャラクターの一種であるサワムラーは、沢村の名を元にしてつけられた。

 
広告


SHINOBI
1972/1/5

日本のマスクマンのプロレスラー。鳥取県日野郡日南町出身。VAMOS、ルチャリブレ日本に所属。

デビュー戦 1994年7月メキシコ・ピスタ・レボルシオン、対エスペクトロJr&モグール&ハビエルクルス(パートナーはオーニタJr&アギラソリタリア)にてデビュー。

経歴

高校卒業後に実家である理容店を継ぐために大阪の理容学校に進学する。

しかしプロレスラーになる夢が断ち切れずに、理容学校卒業後のインターン中に理容師への道を捨て道路工事などのアルバイトでメキシコに渡るべく実費を稼ぎ、1993年に単身メキシコへ渡る。

1993年2月にエスペクトロJr、弟のカダベル・デ・ウルトラトゥンバ(カオス)と出会い二人に師事する。

二人の師匠に徹底的にシゴかれルチャリブレの基礎を叩き込まれる。その練習のかいもあり、師匠にも認められCMLL所属選手として1994年7月にメキシコ・ピスタ・レボルシオン大会でプロデビュー。

その後CMLL6人タッグチャンピオン決定トーナメントやメキシコのG-1といわれるグランプリックストーナメント等のTVマッチにも出場。

1995年4月には右膝の靭帯損傷、更に同年の12月には右肘脱臼剥離骨折などの怪我に泣かされる。

しかしその間にIWAジャパンに待望の凱旋帰国も果たし、逆輸入ルチャドールとして日本のプロレスファンにもその存在をアピールした。

1997年にCMLLがCMLL JAPANの名で日本に初上陸し全国ツアーを行う。ここでブッキングや興行開催にあたって指揮を執ったのがこのSHINOBIであった。

1997年12月には後楽園ホールでアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテの持つゲレーロ州ウェルター級王座に挑戦。見事に奪取して新王者となる。その後2回の防衛を経たが1999年6月にアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテに取り返されてしまう。

1998年末に自分の地元である中国地方に密着したルチャリブレ団体で「村おこし、町おこし」を目指し旗揚げ準備のために日本へ完全帰国。

旗揚げまでの間にもIWA JAPANや華☆激等の様々な団体に出場する。

1999/7/25に地元である鳥取県日野郡日南町の日南町社会体育館にて中国地方限定ルチャリブレ団体「VAMOS」を旗揚げ。会場は超満員となり大盛況を得る。

その後磁雷矢、SHIIBA、飛影等と共にメキシコで活動してきた日本人ルチャドールユニット「ルチャリブレ日本」を結成。

2000/7/23に全日本プロレス日本武道館大会にて全日本プロレス初参戦を果たした。その後も東京ドーム大会など定期的に全日本プロレスに参戦。

VAMOSの活動と平行して全日本プロレスや華☆激を中心としたの様々な団体に出場する。






薬師寺正人
1973/1/5

引退
1993/7/28 岩手二戸市体育館でデビュー 
vsテリーボーイ(Men’sテイオー)

大阪プロレスデビュー戦
1999/4/29 大阪:なみはやドーム
薬師寺正人&スペル・デルフィン&星川尚浩vs
ディック東郷&ビオレンシア&ブラックバファロー

2000/11/12 愛知・名古屋Club OZONで引退。
vs 村浜武洋/モンキーマジック
(パートナーは菅本嘉人) 
所属
みちのくプロレス(1993~1999)
大阪プロレス(1999~2000)





吉江豊
1974/1/5

日本のプロレスラー。群馬県前橋市出身。

体重160kgを誇り、その体型を生かした技も使用する。

実兄はフリー(かつてはWAHAHA本舗に所属)・ラジークイーンのよしえつねお(貧乏生活で『銭金』に「ビンボーさん」として出演)。

来歴

前橋市立第三中学校および樹徳高等学校時代は柔道をしており、プロレスラーを目指すために、アニマル浜口ジムに通いトレーニングを積む。

1994年2月に新日本プロレスに入門、同年12/9に小島聡戦でデビューする。しかしまもなく大怪我を負ってしまい、1年近くリングから遠ざかるという苦労を味わう。さらに他の第3世代よりも入門が遅くライバルに恵まれなかったことから伸び悩む時期が続いた。

1998年の長州力の引退試合(その後現役復帰し現在に至る)は長州が5人を相手にする(5試合のシングルマッチを続けざまに行う)スタイルで行われ、その2番手として登場した。

2000年に永田裕志・中西学・福田雅一らと「G-EGGS」を結成する。

2002年4月にワイルドII(森嶋猛&力皇猛(共にプロレスリング・ノア所属))の持つGHCタッグ王座に挑戦するも、敗れた。しかし、翌月のノアの大会で森嶋相手にシングル戦で勝利する。

棚橋弘至とタッグチームを組んで、2003/6/13にIWGPタッグ王座を獲得。

2005年1月に棚橋弘至と組み、新日代表として全日本プロレスの世界タッグ王座王者決定戦に出場するも太陽ケア&ジャマール組に敗れた。しかし、吉江はジャマールの魅力にとりつかれ、機会があればシングルで戦ってみたいと試合後に話すも、その後、ジャマールはWWEへ復帰し、2009/12/4に死去したため対戦は叶わなかった。2006年1月4日にジャイアント・バーナードが新日本へ参戦したり、曙とタッグを結成するなどの展開も見られた。

2006/1/19に吉江は新日本プロレスを退団し、同時に美奈夫人も勤めていた会社を辞め吉江のマネージャーとして活動を開始。フリーになって早々にZERO1-MAXの中村社長からおコメ(業界用語でお金のこと)ではなく米一俵と沖縄和牛の物品オファーを受けるが友人であるとの設定のマスクマンY2P-160kgを送り、吉江として最初に出場するのは全日本プロレスとなった。現在もZERO1-MAXではY2Pと5/19から不定期で吉江、全日本、DRAGON GATEでは吉江として、ビッグマウス・ラウドではザ・グレート・カブキの新たなる家族というギミックとして「ザ・グレート・ユタ」という第二の化身も登場した。

2006/8/2に「無我ワールド・プロレスリング」のプレ旗揚げ戦に参戦、当初は継続参戦への態度は保留していたが、8/28に同団体への入団を表明した。ただし、オファーがあれば日程がバッティングしない範囲で他団体への参戦もあると明言していた(2007年夏のZERO1-MAX・火祭りなど)。

2006/12/3には、初となる吉江プロデュースの興行「吉江豊ふるさと祭り」を群馬県前橋市で開催した。吉江プロデュース興行は、2007年、2008年にも開催され、今後も年1回のペースで開催される予定。2008年以降は、ふるさと祭り以外にも「吉江豊イッパチプロレス」等と銘打った小規模な興業もプロデュースを行っている。

自分の体重に誇りを持ち、「デブは誉め言葉」とまで言い切っている(逆に「吉江、痩せたな」と言われたらショックだそうである)。新日本時代は、なかなか上昇のチャンスを掴めなかったせいか、自虐的コメントで注目を浴びたが、現在はもっぱらポジティブな発言が目立つ。全日本プロレス参戦時は、同じアンコ型レスラーでありながら精神的な弱さを見せるブルート一生のよき兄貴分となり、タッグを組んで「デブの戦い方」を伝授していた。

リング外での言動や体型、ピンクのコスチュームなどからコミカル系レスラーと誤解されそうだが、プロレスそのものに対する態度や、リング上でのファイトはかなり真摯なものである。川田利明との蹴りと肉弾の迫力ある試合を見せたことや、大麻取締法違反発覚により廃業状態になっていた嵐が無我ワールドで復帰しようとした際に強く異を唱えたことはその表れと言える。

2007/12/13には無我ワールド最終興行にて「DRAGON CUPトーナメント」優勝を果たし、新団体「ドラディション」のエースの自覚と活躍が見られている。また、平行して古巣・新日本での中西学との規格外タッグや、ハッスルでの「ボノちゃん部屋のおかみさん・よしえちゃん」としての活動も行っている。

2008/5/5に行われたPREMIUMに出場し、久しぶりに新日本プロレス所属の中西とシングルマッチを行った。

2009/7/23付でドラディションを退団し、再びフリーランスとなる。

入場曲

  • Wild night(現在使用中)

その他

  • G-EGGS加入当時は渦巻状の奇抜なヘアースタイルで話題を呼んだ。それ以外にも奇抜な髪形をしており、「何か無いですかね」と田中リングアナに相談したこともある。
  • 新日本プロレスの新人時代は、自他共に認める宴会部長であった(辻よしなりが実況で暴露し、G-EGGS同志の永田裕志に「試合と関係ねえことをベラベラ喋るんじゃねえ!」と罵倒され、中西学にはアイアンクロー攻撃を受ける。その吊るし上げを食らったシーンは中継された)。
  • ちょっとクセのある言動とそのルックスやピンク色のレスリングタイツ姿から新日本の癒し系とも称された。
  • そのピンクのコスチュームと女性の名前のような苗字からハッスルにボノちゃんが女性と思い込んでいたメル友よしえちゃんとして登場した。
  • 技をかける際の掛け声は独特の、「オッケーイ」に近いものである。
  • 愛称は「よっしぃ」。ただし、週刊プロレス以外で使われることは少ない。
  • 体重のためか走るのが遅い。金澤克彦曰く、「彼のジョギング姿はせいぜい速歩き程度の速度」とのこと。
  • 2003年8月に結婚。夫人も酒豪であるなどクセのある人物のようで、プロレス雑誌やブログなどで個性を発揮している。妻として、またマネージャーとして、(たまにツッコミを入れたり入れられたりしつつも)吉江が非常に頼れる人物といえる。
  • 2007/6/25の仰天!噂のくいしん坊家族(テレビ東京)に美奈夫人と共に出演。吉江本人の大食漢なのは勿論だが、結婚後15キロも太ったという美奈夫人もかなりの健啖家。1回の食事に2リットルのミネラルウォーターを何本も摂取しながら3時間ぐらいは毎日かけて食事を摂るらしい。サミットストアでレジ袋4袋の買物をし、レポーターの山崎まさやが「それ一週間分の買物?」と聞くと「いや2日分」と平然と言い、1月の食事代は20万円という。それでも多く食べる中でも自炊の中ではダイエットを考えているようで、炊飯の時に粉寒天を入れたり肉をあらかじめ湯通しし油分を落としたり、キャベツを多く摂るように(1週間で14個)心掛けてはいる様である。

  



渡辺大介
1977/1/5

渡辺大介 パンクラスism
テレビで見たパンクラス特集に衝撃を受け、入門を決意。
高校3年時の1994年11月、第3回入門テストを受験。見事合格し、翌年4月に入門。
2004年10月、NEO FIGHT ヘビー級トーナメント 準優勝。





大畠美咲
1989/1/5
 
日本の女子プロレスラー。宮城県仙台市出身。エスオベーション所属。

経歴・戦歴

2006年
  • JDスター女子プロレスに入門。
  • 12/10、新木場1stRING大会の対松本浩代戦でデビュー。
2007年
  • 4/30、LEAGUE PRINCESS公式戦で大木香相手に初勝利。
  • 7/16にJDスターが活動停止。翌7月17日付でエスオベーションに移籍。
2008年、松本浩代とチーム「3S」を結成。
2009年
  • 2月 - 4月、センダイガールズ主催「第2回じゃじゃ馬トーナメント」ベスト4。
  • 5/31、息吹・後楽園ホール大会。松本浩代からJWP認定ジュニア王座&POP王座を奪取。初タイトルを獲得した。
2010年10月より地元仙台を本拠とするセンダイガールズプロレスリングにおいて大畠そっくりな「杜野都」がデビューしているが、「大畠の三つ子の妹(次女)」ということになっている。

入場テーマ曲

  • 「恋のメガラバ」(マキシマムザホルモン)













 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system