本文へスキップ
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
1/13



高木三四郎
1970/1/13

本名:高木 規、日本のプロレスラー。株式会社DDTプロレスリング代表取締役社長。
  • 1994年にIWA格闘志塾に入門。翌19952/16のPWC渋谷大会で、トラブルシューター・コウチ(現・高智政光)を相手にデビューした。
  • 1996年にPWCへ移籍するも、すぐにフリーとなる。この年、第41回衆議院議員総選挙に神奈川県第9区から自由連合公認で立候補するも落選(この時の選挙ポスターは、ハードコア戦で「精神的な凶器」として使われる事がある)。
  • 1997年にDDTプロレスリングの旗揚げに参加、以降エースとして団体を盛り上げる。
  • 2000/12/14、KO-D無差別級タイトルを獲得。
  • 2003/1/31、KO-Dタッグ獲得(パートナーは橋本友彦)。
  • 2006/1/29に社長争奪ロイヤルランブルを制し、DDTの社長に就任。以後は「大社長」の肩書きで、DDTの成長に力を注いだ。鈴木健想と電流爆破マッチを敢行する。
  • 2009年、DDT初の両国国技館大会「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」を実施、見事成功を収める。また、この年米国のプロレス業界紙「レスリング・オブザーバー」のレスリング・オブザーバ・アワード2009のベストプロモーター部門第二位に選ばれた。
  • 2010/2/11KO-Dタッグ獲得。パートナー澤宗紀の意向により初防衛戦をスポンサーの工場で行い防衛成功(vs GENTARO・中澤マイケル)。試合後、対戦相手のGENTAROから、「葛西純どころじゃねぇ!本物のキチ○イだよ!」と言われた。
  • 2010/9/26、マッスル坂井との引退セレモニーランブル(敗者は即日引退)に敗れ、現役引退。同時に、翌日の現役復帰を宣言。
  • 2010/10/7、DDT48総選挙結果発表の場において、同年12月を持って傘下団体のユニオンプロレスに移籍することを発表。

人物

  • 文化系の発想を基に、様々な分野、角度からプロレスに光を当て、情報を発信し続けることによって、団体の知名度と規模を拡げることに成功。「ドロップキック」「フレンチカレーミツボシ」「エビスコ酒場」といった飲食店経営にも乗り出すなど、業界屈指のアイディアマンである。(飲食店店長は主に所属選手。試合のない日は選手が店員として働いている。)
  • WWEのストーン・コールド・スティーブ・オースチンを誰よりも崇拝し、必殺技にもその影響が強い。かつてフジテレビで放送された『WWEスマックダウン』にレギュラー出演し、スタジオでの解説(試合の実況解説ではない)を務めた。またオースチン初主演の映画『監獄島』が2009年に日本で公開されたときは特別宣伝部長に就任した。
  • かつて大谷晋二郎に対戦を直訴したが「温度差が違い過ぎる」と言われ相手にして貰えなかった。
  • ガンダムマニアであり、様々なエピソードがある。
    • アムロ・レイに肖り、娘に玲(レイ)と名付けている。
    • ノアの鈴木鼓太郎のことをガンオタとしてライバル視している。
    • 蛍光灯デスマッチにモビルスーツで参戦した。
  • 自らのプロレスを「はっきり言ってしまうと、俺よりも強く、身体能力に優れ、スター性のある選手はいくらでもいる。そんな俺がなぜDDTという団体を率いながら、ここまでやってこられたのか? それは俺が、この体育会系的な考え方が根強いプロレス界において、常に文化系的な発想を武器にしてきたからである」と語っている。
  • 2006年後半大鷲透がベビーターンし団体内にヒールがいなくなったために高木が蝶野正洋、KUDOが天山広吉に扮し(KUDOは入場時に天山のコスチュームの角をつけただけ)、ヒールユニット「チーム2サウザンアイランド」を結成し暴れ回ったが、入ったユニットがことごとく解散する矢郷さんが加入したために例に洩れず解散した。
  • 試合中は、客の所持している酒を奪って飲む等のパフォーマンスをみせる。
  • 試合の終盤になると、ほぼ毎回技のたびにコールを要請する。
  • 家財道具(ロッカー等)を使ったハードコア戦が得意。また路上試合の経験の多さから一時期「初代路上王」を名乗り書店やキャンプ場などあらゆるところでリングのない試合を繰り広げいている。
  • 大日本プロレスの伊東竜二とは「恐妻同盟」という同盟を組んでいる。
  • 昔の自身の選挙用ポスターを見せられると恥ずかしさのためか崩れ落ちる。そのため、たまに凶器の使用が可能な試合で、「精神的な凶器」として利用されることがある。妻とのキスシーンをマッスル坂井によってリピート編集された「恥ずかしいビデオ」も精神的な凶器として使用された事もある。また、2009年のDDT両国大会では、グレートサスケの公認凶器として奥さん本人が出たこともあり、ムーンサルトプレスをくらったこともある。
  • メカマミーの正体である事を暗示する演出が度々行われている。(メカマミーの武器であるロケットパンチ、ドリルの使い方に手慣れている、など)
  • 小林まことの漫画「1・2の三四郎」シリーズからの影響力が強い。
    • 高木三四郎 → 主人公「東三四郎」に由来。
    • DDT → 東三四郎が立ち上げた団体名「ドリームチーム」に由来(但し実際に立ち上げたのは東三四郎の友人であり、ライバルだった五頭信で、三四郎は五頭の頼みで「ドリームチーム」に加わり、同団体の発展に大きく貢献した)。(DDTは「Dramatic Dream Team」の略)
    • ビアガーデンプロレス → 「ドリームチーム」興行の一つ「屋台村プロレス」に由来。(選手たちが屋台で料理を提供しながら試合もこなす。)

入場曲

タイトル履歴

  • KO-D無差別級王座 : 5回(第4・10・12・20・27代)
  • DDT EXTREME級王座 : 1回(第7代)
  • CMLL認定KO-Dタッグ王座 : 3回(第8・14代・31代)
  • アイアンマンヘビーメタル級 : 7回(第56・58・60・62・68・99・244代)
  • 自由が丘広小路会認定6人タッグ : 2回(初代・第2代)
パートナーはHERO!&三田英津子→ポイズン澤田JULIE&猪俣潤。
  • バーブドワイヤーストリートファイト世界6人タッグ

著作

  • 俺たち文化系プロレスDDT(2008年、太田出版)
ブログ
高木三四郎Blog

Twitter
高木三四郎





大王QUÄLLT
1977/1/13

日本の元プロレスラー。本名:瀬野 優(せのまさる)。香川県高松市出身。身長176cm、体重95kg。

そのレスラーとしての活動において、本名およびマスクマン大王QUÄLLTの名前で知られる。「Ä」の字は特殊記号のため「A」の字で代用される事が多い。みちのくプロレスに所属していたが、スペル・デルフィンの離脱にともない大阪プロレスに移籍。その後大王QUALLTにギミックチェンジしヒール(ルード)として活躍した。キャッチフレーズは「キング・オブ・テラー」。2005/4/24引退。

経歴

アニマル浜口トレーニングジムで修行を積む。

1997年7月、八戸市東運動公園体育館興行の星川尚浩戦でデビュー。

1999年4月、大阪プロレス旗揚げに参加。

以降大王QUÄLLTとしての活動

8月、ルード軍LOVの謎の黒頭巾に洗脳され大王QUALLTに生まれ変わる。黒を基調としたコスチュームともじゃもじゃした頭、黒地に赤いペイントが特徴。

2001年2月、Gammaとブラックバファローの確執からルード軍LOVの解散を宣言する。6月、首の頚椎椎間板ヘルニアが悪化し長期欠場に入る。12/1のデルフィンアリーナ大会にて新ルード軍FLUXxxの一員として復帰。コスチュームを一新し、おうど色を基調とした古代の埴輪を思わせるタイル模様のついたものへと変更した。

2002年3月、コスチュームを変更、黒を基調とし赤い稲妻模様の入ったデザインとなる。

2003年2月、Gammaの離脱によりFLUXxx解散。ビッグボス"MA-G-MA"を首領とし、ゴア(ヒールターンしたスペル・デメキン)、ブラックタイガースの4人で新ルード軍岸和田愚連隊を結成する。

2004/4/17、IMPホールで行われた大阪プロレス選手権試合に勝利し第7代シングル王者となる。防衛には1度成功するが、8月にビリーケン・キッドに敗れ王座から陥落する。 12月、ブラックバファローとのタッグで大阪プロレスタッグ選手権に勝利、第9代タッグ王者となるが、翌年2月の初の防衛戦に失敗し王座から陥落している。

2005/4/24、首のヘルニアが完治しない事もあり引退する。

引退後は運転手をしているとの事。

エピソード

  • 喋りは苦手で、口数が少なかった。引退試合後のマイクの冒頭では「喋るのは上手くありませんが」と本人も前置きしていた。
  • えべっさんとのシングル戦では、あらかじめ盗みだしておいたえべっさんの賽銭箱と笹を使って賽銭を集めながら入場した。
  • ユタカとのシングルでは、あらかじめ奪っておいたユタカのアイドルガウンを着用、大王"アイドル"QUALLTに変身して入場。アイドルクラッチで勝利している。勝利後「面白かったよ」と語り自らアイドルガウンを手放したが、翌週には何故か冨宅飛駈の手に渡っていた。
  • ペディグリーとバズーカうどんは岸和田愚連隊の仲間であったスーパー・ドルフィン(岸和田愚連隊時代は「ゴア」)に伝授された。

 
広告


高橋裕二郎
1981/1/13

日本のプロレスラー。日本体育大学卒業。新潟県新潟市出身。新日本プロレス所属。

経歴

東京学館新潟高校時代にレスリングを始め、日本体育大学へ進学。グレコローマン84kg級の全日本学生選手権王者となる。卒業後生活するため、飯を食っていくためにとプロレスラーになる道を選び、1年間高校で保健体育の教師をしたのちに2003年末に行なわれた新日本プロレス入団テストに合格した。

半年の練習生期間を経て2004/7/26、後楽園ホール興行での対山本尚史戦でデビュー。ちなみにデビュー時のコスチュームは近年では異例のアマレスパンツ。黒、赤、青とカラーバリエーションを変えていたが、2005年秋より黒いショートタイツに変更。2007年3月、田口隆祐に次ぐ門下生第2号としてサムライジムに入門した。

2007/5/22にサムライジムの看板を奪われた稔を倒すべくIWGPジュニアヘビー級王座に初挑戦。6月にはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに初出場。今大会優勝者だったミラノコレクションA.T.を見事下し大金星を上げる。2008年3月に内藤哲也とタッグチーム「NO LIMIT」を結成し、コスチュームもオレンジを基調としたタイツに変更。4/13に獣神サンダー・ライガー、AKIRA組が持つIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。敗れはしたもののレジェンドに恐れぬファイトを見せつけ注目を浴びた。5月にはZeppツアーにてNO LIMIT 5番勝負が組まれたが、全敗。6月には2年連続でベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場。しかしスタートダッシュでは失敗に終わり開幕4連敗を喫するも、公式戦最終日にて稔をムーンサルトプレスで勝利を飾り約1年越しのリベンジを果たした。

10/13に稔、プリンス・デヴィット組からIWGPジュニアタッグ王座を奪取。2度目の挑戦にして悲願の初タイトルを獲得した。その後邪道、外道組と対戦し防衛を果たすも翌年2009/1/4、アレックス・シェリー、クリス・セイビンの世界有数のタッグチーム“モーターシティマシンガンズ”相手に2度目の防衛に失敗。海外流出を許した。

同年2月、両国大会の4wayタッグマッチに勝利し、内藤と共にアメリカに渡米。TNAに参戦し2009/3/31(現地時間)、TNAオーランド大会でモーターシティ・マシンガンズに再戦も勝利ならず。さらに自分鍛えあげるためにそのままTNAに継続参戦。同年4月19日、シックスサイドスチール3way形式のタイトルマッチに挑戦。しかし、内藤が直前の試合で左膝を負傷するアクシデントが発生し本領発揮ならず。ここでも敗北を喫した。

5月からメキシコに舞台を移す。同月29日に内藤、ドス・カラス・ジュニアと組みCMLLに初登場。以降継続的に参戦し活躍したが、12月4日に行われた髪切りマッチに敗れ、髪を刈られ丸坊主となった。また、階級をジュニアヘビー級からヘビー級へと転向。

2010/1/4、内藤と共に新日本へ一時帰国しブラザー・レイ、ブラザー・ディーボンの持つIWGPタッグ王座で凱旋試合を行う(この試合は3wayマッチとして行われもう1組の挑戦者はジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン組だった)。この試合に勝利し第55代IWGPタッグ王者に輝いた。2/14にはメキシコで行われた髪切りマッチで敗れ丸坊主にされた怨敵であるテリブレ、テハノJr.組とタイトルマッチ。これにリベンジを果たし、王座初防衛。同年3/5よりリングネームを本名である「高橋裕二郎」に変更した。






前村早紀
1985/1/13

日本の元女子プロレスラー。山口県下関市出身。現役時の最終所属はCHICK FIGHTS SUN。

所属

  • 全日本女子プロレス(2001年 - 2005年)
  • フリーランス(2005年 - 2006年)
  • プロレスリングSUN→CHICK FIGHTS SUN(2006年 - 2009年)

経歴

2001年に全日本女子プロレスに入団。10/28、東京・後楽園ホールにおいて、対北上知恵美(未来)戦でデビュー。2005/4/17の同団体の解散まで所属した。

2005年全日本女子プロレス解散後、フリーとしてAtoZなどに参戦し、9月にフラッシュ7の高橋奈苗、Hikaruとドリームキャッチャーを結成した。

2006/10/1ドリームキャッチャーを発展解消させたプロレスリングSUNの旗揚げに参加。2007/5/6スティーブ・コリノと対戦、善戦するもノーザンライトボムを喫し敗北。2007/10/7大阪大会でジェミーDを破りAWAチャンピオンとなった。

ZERO1-MAXの高橋冬樹のギミックである「車冬次郎」の“さくら”としても、兄の奮闘ぶりを応援する妹役であった。

2008年3月のシリーズから、前村さきに改名した。

2008年12月のZERO1-MAX新宿大会にて、2009年4月に同じくCHICK FIGHTS SUN所属のHikaruとともに引退することを発表した。

タイトル歴

全日本女子プロレス
  • 第39代全日本シングル王座
  • 第32代全日本タッグ王座(パートナーは米山香織)
プロレスリングSUN
  • AWA世界女子王座

入場テーマ曲

  • 見えない翼(川嶋あい)




  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system