本文へスキップ
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
1/19



芳の里淳三
1928/9/27 - 1999/1/19

千葉県長生郡一宮町出身で二所ノ関部屋所属の元大相撲力士、日本の元プロレスラー。大相撲時代の四股名は芳ノ里 安秀(よしのさと やすひで)、最高位は前頭12枚目。身長174cm、体重84kg。本名は、長谷川淳三。

来歴

神風正一を頼り二所ノ関部屋に入門、長谷川の四股名で1944年1月場所初土俵。その後、四股名を神若淳三、神若順三と改め、1950年1月場所に新入幕を果たす。小柄ながら、下手投げを得意とする技能派力士として頭角を現し、1952年1月場所には四股名を芳ノ里と改め、若乃花、琴ヶ濱とともに「二所の三羽烏」と呼ばれた。

前頭12枚目まで上り詰めるものの、番付運の悪さと部屋の内紛に嫌気が差し、幕内成績39勝51敗の成績を残し1954年9月場所限りで廃業(出場はせず)。9/10に二所ノ関の先輩・力道山を大阪府立体育会館に訪ね、日本プロレス入門を直訴して認められ、何と翌日9/11にデビュー戦を戦う(対宮島富雄、滋賀県・皇子山体育館において)。日本のプロレス界において、当然1番のスピードデビューである。

1956/10/23、大阪府立で行われた全日本ウェート別選手権に出場、吉原功(後の国際プロレス社長)を破り初代ライトヘビー級王者となった。

1961年、ジャイアント馬場、マンモス鈴木とともにアメリカ遠征へ出発。丈の短いタイツ、ひざ当て、下駄履きといういでたちで反則攻撃を繰り返すヒールとして活躍。このスタイルは、アメリカマットにおける(テネシー地区では「デビル・サト」のリングネームで悪名を轟かせた)日本人ヒールの伝統となった。

力道山の死後、吉村道明、豊登、遠藤幸吉とともに日本プロレスの経営を担い、1966年1月には社長に就任。日本プロレスの放映権をNET(後のテレビ朝日)にも認める決断をしている(これが後の日本プロレス崩壊の遠因となった、とも言われる)。このときの関係から『ワールドプロレスリング』で解説者をしていたこともあった。

後には力道山OB会(レスラーのOB組織)の会長にもなった。また、国際プロレスのテレビ中継『国際プロレスアワー』(東京12チャンネル)の解説者も担当した。

1999/1/19、多臓器不全により死去。享年70歳

特記

  • 全日本プロレスにおいて、1978年に行われた全日本・国際プロレス・韓国軍(大木金太郎派)による三軍対抗戦。この興行で行われたジャイアント馬場対ラッシャー木村戦において、芳の里はレフェリーを務めている。馬場が木村に足4の字固めを仕掛けると、木村は上半身をリング外に出す体勢でロープブレイク。しかし芳の里はなぜかブレイクを認めず、リングアウトカウントを数え始め、ついには木村はリングアウト負けを宣言された。日本プロレス界における「疑惑のレフェリング」として有名。
  • 梶原一騎の『プロレススーパースター列伝』では日本プロレスの金で銀座に繰り出して豪遊する芳の里の姿が描かれ、大きくイメージを低下させた。

獲得タイトル

日本プロレス
  • 日本選手権ライトヘビー級
  • 日本選手権ジュニアヘビー級





バンバン・ビガロ
Bam Bam Bigelow
1961/9/1 - 2007/1/19

スコット・ビガロー(Scott Charles Bigelow)アメリカ合衆国のプロレスラー。ニュージャージー州アッシュブリー出身。

来歴

プロレスラー養成所のモンスター・ファクトリーを経て、1985年12月に「クラッシャー・ユーコフCrusher Yurkof)」のリングネームでデビュー。1987年1月、アントニオ猪木の新たなライバルとして新日本プロレスに初来日。当初はモンスター・ファクトリーの主宰者である元プロレスラーのラリー・シャープをマネージャーとして帯同していた。

スキンヘッドに刺青を入れ、炎をあしらった全身コスチュームで人気を集め、大柄な体型の割りに軽快な身のこなしで側転をするパフォーマンスで「動けるデブ」としてファンに認知された。ニックネームは「刺青獣」、アメリカでは「Beast from the East」と呼ばれた。

新日マット参戦中はクラッシャー・バンバン・ビガロのリングネームでビッグバン・ベイダータッグを組んで1992年3月にIWGPタッグ王座を獲得するなど活躍したが、次第に引き立て役にまわった。その後、日本では全日本プロレスWARFMW、アメリカではWWF(現・WWE)、ECW、WCWにも参戦した。

1987年のWWF初参戦時はベビーフェイスとしてハルク・ホーガンのタッグパートナーも務めている。1993年からの再登場の際は本来のヒールに戻り、テッド・デビアス率いるミリオンダラー・コーポレーションの主力としてブレット・ハートやジ・アンダーテイカーと対戦。ECWではタズとの抗争、WCWでは同郷のダイヤモンド・ダラス・ペイジらとのユニット「Jersey Triad」などで活躍した。

1996/11/17、U-JAPANのメインイベントでキモと総合格闘技ルールで対戦。「入れ墨対決」として話題を呼ぶが、ルールの違いなどもあり、本領発揮出来ずに敗れた(開始2分15秒、チョークスリーパーで一本負け)。

2000年7月に、火事に巻き込まれた近所の子供を大火傷を負いながらも助けた。その後遺症もあり40代を過ぎてからセミリタイア状態となり、弁当屋経営などに携わっていたが、2005年にバイク事故を起こし同乗の女性が意識不明の重体になるアクシデントに見舞われた。

2007/1/19に、フロリダの自宅で45歳で死去。死因は公表されていないが、薬物の大量摂取による副作用と見られている(CNNなどより)。

エピソード

  • 非常にプロレスが上手い選手として知られ、大して技術のない相手でもそれなりの試合を作り上げる実力があった。新日本においても北尾光司のデビュー戦、ソ連レスリング軍団の初戦の相手(vsサルマン・ハシミコフ)やトニー・ホームのプロレス転向初戦も務めている。WWFでもレッスルマニアXIのメインイベントで元NFLのスーパースター、ローレンス・テイラーを相手に試合を行う。本人も「俺はほうき相手でもプロレスができる」と豪語している。これはかつてミュージカルスターのフレッド・アステアが「帽子掛けとでも踊れる」と言われていたジョークのパロディと推測される。
  • WWFに参戦する際、参戦期間を3年と宣言した。同時に、WWF契約満了後にまた新日本に参戦したい旨を坂口征二に申し出たところ、2年契約をすると約束されたことを公表した。しかし、3年後にWWFを離脱した際には、事情は不明だが新日本への再来日は実現せず、WARに参戦することとなった。
  • ポール・ヘイマンは学生時代からの友人である。
  • 低予算の刑事アクションシリーズ「コブラキラー」の三作目に、実に情けない死に方をする役で登場した。
  • 『とんねるずのみなさんのおかげです』のコーナードラマ「仮面ノリダーV2」に「バンバンビガロ大佐」として出演。出演は第1話のみだが、主題歌にも敵組織「ゲロジョッカー」と並び名前が登場している。
  • 2000年7月、火事に巻き込まれた近所の子供を大火傷を負いながらも助けた。
  • プロレス入り前は、懸賞のかかった指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎを仕事としていた事があり、メキシコでは銃撃戦に巻き込まれ6ヵ月服役。
  • 80年から82年まで、ジョージア州でアームレスリング王者となる。

獲得タイトル

新日本プロレス
  • IWGPタッグ王座 : 第18代王者(w / ビッグバン・ベイダー)
WCW
  • WCW世界タッグ王座 : 2回(w / ダイヤモンド・ダラス・ペイジ)
  • WCWハードコア王座
ECW
  • ECW世界ヘビー級王座
  • ECW・TV王座
WAR
  • WAR認定世界6人タッグ王座

 
広告







  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system