本文へスキップ
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
1/30



寺西勇
1946/1/30

富山県射水郡(現・射水市)出身で立浪部屋所属の元大相撲力士、元プロレスラー。本名は、寺西等。大相撲時代の四股名は寺西(てらにし)、最高位は三段目1枚目。

経歴

大相撲の立浪部屋に入門し、1963年5月場所に本名の寺西の四股名で初土俵を踏んだ。しかし伸び悩み、わずか入門3年後の1966年5月場所限りで廃業した。大相撲廃業後は、1966年に同門の永源遙とともに豊登道春率いる東京プロレスに入ってプロレスラーに転向。同年10/21、団体旗揚げ戦においてデビュー(相手は竹下民夫)。団体崩壊後は国際プロレスに移籍し、当時最高のテクニシャンであったエドワード・カーペンティアと当たる機会に恵まれ、自らのスタイルの基礎を築く。

1975/3/13、茨城県境町体育館において稲妻二郎を破り、IWAミッドヘビー級(現在で言うジュニアヘビー級)王座を獲得し、3度防衛。防衛相手の中には、後のトップレスラー、リック・マーテルも含まれている。またその技術が評価され、1976年にはプロレス大賞・技能賞を受賞している。しかし国際も1981年に崩壊し、ラッシャー木村・アニマル浜口とともに『はぐれ国際軍団』を結成して新日本プロレスに殴りこみ。後に浜口とともに長州力の維新軍に参加。そのままジャパンプロレスにも合流する。1985年7月、浜口とアジアタッグ王座を獲得。

ジャパン崩壊後は全日本プロレスの一員となったが、1992年怪我により一旦引退。全日のスタッフとして裏方の仕事(会場でのパンフレット販売等)に従事するが、1シリーズで公の場から姿を消す。1994年、ジャパン時代の同僚谷津嘉章のSPWFで現役復帰した。現在はプロレス界を離れて解体関係の仕事をしている。因みに本人は「勇」という名前がいたく気に入っており、実子に勇と名付けている。

1983~4年頃は長州力率いる維新軍団として活動を共にし、小林邦昭と共にジュニアヘビー級戦線で活躍する。その当時のテーマ入場曲は映画「少林寺」(サントラ版)であった。

1983年8月、維新軍団当時に対戦した、あの(初代)タイガーマスクの最後の新日マットの対戦相手となる。(タイガーの持つNWAジュニアヘビータイトルマッチへの挑戦であり、結果はタイガーの勝利であったが、その試合後にタイガーは一時引退をしたため、この寺西勇戦が佐山タイガーマスクの新日マット最後の勇姿となった。)

2002年の新日本プロレス創立30周年記念大会(東京ドーム)では、アニマル浜口らと共に来賓として会場で観戦した。

プロレス好きであるシンガーソングライターの石川優子は、「好きなプロレスラーは」の質問に迷わず「寺西勇さん」と言っていた。

スタイル

大相撲出身者にありがちなパワー一辺倒ではなく、素早い動きや連発のドロップキックを駆使するスタイルを貫き、マイティ井上らに影響を与えた。現在ジュニアヘビー級の選手がよくやる、ショルダースルーを食らっても足から着地して反撃するムーブを、日本で最初に見せたのも寺西である。

また、こういったスタイルを得意にする選手の多くはメキシコなどで修行を積んでいるものだが、寺西には海外修行の経験がない。

国際プロレス時代から白いトランクス(ショートタイツ)を身につけ、リングシューズも白く白装束であった。また相手を持ち上げ、相手をうつ伏せの状態で自分の膝に落とし相手の腹を打ち付ける「ストマックブロック」もよく使う技であった。

タイトル履歴

  • IWA世界ミッドヘビー級王座
  • アジアタッグ王座(2度)
    • 第40代 (パートナーはアニマル浜口)
    • 第41代 (パートナーは保永昇男)

国際プロレスおまとめ動画集





冨宅飛駈
1969/1/30

日本のプロレスラー、総合格闘家。本名は冨宅 裕介。大阪府堺市出身。

来歴

少年時代は柔道を経験、1989年のUWF新人テストを受けて合格。同期には垣原賢人、長井満也がいる。

1990/8/13、冨宅祐輔のリングネームで、横浜アリーナでの垣原賢人戦でデビュー。同年末〜翌年初頭の第2次UWF解散では船木誠勝に従い、プロフェッショナルレスリング藤原組へ参加。1991年7月にはムエタイのラフィ・ナ・パタヤと異種格闘技戦を行う。

1993年に船木らと共に藤原組から離脱、パンクラスを旗揚げ。元来がプロレスファンということもあり、1995年にはヨーロッパでプロレスも行っており、帰国後の12月に行われた船木誠勝戦では試合開始直後にロープに走り、ドロップキックを放ったこともある。1998年には鈴木みのるに勝利している。

旗揚げ当初は勝ち星を重ねてはいたが、徐々に選手層とレベルが上がるにつれて低迷するも、ベテランでありながら真っ向からルーキーと対戦する姿勢は評価を受けた。2003/2/16の星野勇二戦を最後に総合格闘技の試合は行っていない。

現在はパンクラスMISSION所属の上、大阪プロレスを中心にエンターテインメントとしてのプロレスで活躍している。

人物

  • 「冨宅飛駈は何者かと問われたら、冨宅飛駈としか言い様がない」と言われる程、独特の世界観を構築している。
  • 週刊プロレス選手名鑑のアンケートで毎年ボケをかましているが、そのほとんどが下ネタである。
  • 鈴木みのる20周年興行で解説を務めた金澤克彦が冨宅飛駈のデビュー時、彼の試合が第1試合だったため試合後にインタビューを取りに行ったところ、数十分間にわたって喋り続け、第2試合を見逃したと恨み節(?)を炸裂させていた。

パンクラスビデオ紹介

 
広告


MARU
1981/1/30

本名:丸山 美和、日本の元女子プロレスラー。身長160cm、体重55kg、血液型O型。埼玉県鴻巣市出身。現在はI&Iファクトリーに所属する女優。

経歴

1996年、映画会社パル企画内にあるテロワール(プロダクション)に所属、多数の舞台とVシネマに出演。

2000年6月、アストレスのオーディションを受けるも落選、そのまま吉本女子プロレスJd'に入門。同年12/29、東京・後楽園ホールにおいて、アストレス1期生の大森彩乃戦でデビュー。

2003年11月、斎藤啓子とタッグチーム「チームOK」を結成し、師匠であるジャガー横田、ライオネス飛鳥組と対戦。

2004年4月にJDスターを脱退するが7月に格闘美興行で亜沙美とシングルで対戦、その後JDスターに復帰。12/19には自らが提唱したジュニアオールスター戦『EXPERT~新世代』を開催。

2005/9/17、斎藤と共に引退興行「OK FINAL」で引退。

引退後、海外留学しながらTRAPPERに参加。

2007年4月に正式に劇団TRAPPERに加入(所属はI&Iファクトリー)。11月には真夏竜主宰の真夏座に初登場。以降レギュラーメンバーになる。

2008年7月6日に劇団TRAPPERがI&Iファクトリーから脱退し、I&Iファクトリーに残留したMARUは斎藤と共に真夏座に正式加入。10月には斎藤と再出発イベントで二人芝居を発表。9月には斎藤との二人芝居で初の脚本に挑戦。

2009/7/24付で真夏座とI&Iファクトリーが関係解消となり、MARUと斎藤は真夏座から離脱。

タイトル歴

  • TWF世界タッグ(第18代、パートナーは藪下めぐみ
  • Jd'ジュニア(第7代、第8代)

入場テーマ曲

  • 「スカイブルー」

女優としての活動

プロレス入門前
  • Vシネマ『真・恐怖体験』(1999年)
  • Vシネマ『呪霊 (VIDEO)』(2000年)
プロレス引退後
  • 「新木場☆ストア ーハウス』
  • 「港崎遊郭」
  • 「SO LA LA LA~僕の空には虹がある~」
  • 「BLUE SKY GRACE」(TRAPPER本公演)
  • 「ゲラップ・ベイベ~」





ゴージャス" ジノ・ヘルナンデス
Gorgeous" Gino Hernandez

1957/8/14 - 1986/1/30

チャールズ・ウォルフCharles Wolfe、アメリカ合衆国のプロレスラー。テキサス州ハイランドパーク出身。1973年に日本で客死したプロレスラー、ルイス・ヘルナンデス継父にあたる。

地元のテキサスを主戦場に、サンアントニオとダラスの2大プロモーションを股にかけて活躍。プロレス界でも屈指のハンサム・ガイでありながら、持ち前の向こうっ気の強さを活かし、不良系のヒールとして名を馳せた。イタリア系とヒスパニック系のハーフであり、ハンサム・ハーフ・ブリードThe Handsome Half-Breed)の異名を持つ。そのキャラクターは、弟弟子ショーン・マイケルズのハートブレイク・キッドにも通底している。

来歴

亡父ルイス・ヘルナンデスの従兄弟でもあるメキシコ系アメリカ人のスター、ホセ・ロザリオのトレーニングを受け、サンアントニオのSCW(Southwest Championship Wrestling)にて1975年にデビュー。その後、ベビーフェイスの新鋭としてザ・シークが牛耳るデトロイト地区で修業を積み、1977年1月にはブルドッグ・ドン・ケントを破りNWA USヘビー級王座を獲得した。

同年の下期よりテキサスに戻り、フリッツ・フォン・エリックが主宰するダラスのNWAビッグ・タイム・レスリング(後のWCCW)を主戦場とする。翌1978年3月、全日本プロレス『エキサイト・シリーズ』に初来日。同シリーズ後半戦にはリック・フレアーが特別参加しており、後のキャラクター形成に大きな影響を受けることとなる。以降は"ゴージャス・ジノ" を名乗り、フレアー・タイプの色悪系ヒールに転向。デビッド・フォン・エリックとNWAテキサス・ヘビー級王座を巡る抗争を開始し、師匠のホセ・ロザリオとも遺恨試合を展開した。また、タッグ戦線ではジミー・スヌーカやブルーザー・ブロディのパートナーに起用され、NWAテキサス・タッグ王座を計3回獲得している。

ダラスには1980年まで定着し、1981年からは古巣のサンアントニオSCWに復帰。2/27にはヒューストンでチャボ・ゲレロからNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を奪取している。同年8月、全日本プロレスの『スーパー・アイドル・シリーズ』に再来日。同シリーズではジプシー・ジョーの相棒となり、マスカラス兄弟(ミル・マスカラス&ドス・カラス)やリッキー・スティムボートらアイドル勢を相手にイキのいいラフファイトを披露、ヒールとしての持ち味を日本でも遺憾なく発揮し、次回の来日が期待された。

この時期、ジム・バーネットが主宰するNWAジョージア地区にも登場。ロディ・パイパーのインタビュー・コーナーに出演し、女優ファラ・フォーセットのバースデイ・パーティーに招待されたことを鼻にかけ、彼女をモノにしたと嘯くなど色悪ぶりをアピール、同地区のトップ・ベビーフェイスとして女性ファンの支持を集めていたトミー・リッチを挑発した。

本拠地のSCWではニック・ボックウィンクルのAWA世界ヘビー級王座にも挑戦。タッグでは、団体のプロモーターであるジョー・ブランチャードの息子タリー・ブランチャードとダイナミック・デュオThe Dynamic Duo)を結成。1981年から1983年にかけて、SCWサウスウエスト・タッグ王座を5回に渡って獲得、ワフー・マクダニエル&テリー・ファンクなどの強豪チームを相手に激闘を繰り広げた。

1984年、ブランチャードのNWAミッドアトランティック地区移籍に伴い、チームを解散して再びダラス地区に参戦。同年6/23、手本としていたリック・フレアーをトーナメントの決勝で撃破しテキサス・ヘビー級王座に返り咲く。1985年からは"ジェントルマン" クリス・アダムスを新パートナーにダイナミック・デュオを再編。NWAアメリカン・タッグ王座を巡るフォン・エリック兄弟(ケビン&ケリー・フォン・エリック)との抗争劇は、同地区のドル箱カードとなった。

1986年、当時ダラス地区と提携を結んでいた新日本プロレスへの来日が決定。アダムスとのコンビで2月28日開幕のシリーズへの参加が発表されたが、来日を目前に控えた2月4日、ハイランドパークの自宅で死亡しているところを発見される。検死の結果、死亡日は1/30、死因はコカインの過剰摂取と判明した。28歳没。あまりにも突然の死のため自殺説や他殺説も囁かれたが、いずれも推測の域を出ていない。

獲得タイトル

SCW(サンアントニオ地区)
  • SCWサウスウエスト・タッグ王座:5回(w / タリー・ブランチャード)
  • SCW世界タッグ王座:2回(w / タリー・ブランチャード)
WCCW(ダラス地区)
  • NWAアメリカン・ヘビー級王座:3回
  • NWAアメリカン・タッグ王座:5回(w / エル・グラン・マルクス×2、ゲーリー・ヤング、クリス・アダムス×2)
  • NWAテキサス・ブラスナックル王座:1回
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:6回
  • NWAテキサス・タッグ王座:3回(w / ジミー・スヌーカ、パク・ソン、ブルーザー・ブロディ)
  • NWA世界6人タッグ王座:1回(w / クリス・アダムス&ジェイク・ロバーツ)
その他
  • NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座:1回
  • NWA USヘビー級王座(デトロイト版):1回




  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system