本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
7/9


 
 


 
 


ケビン・ナッシュ
Kevin Nash
1959/7/9

Kevin Nash

アメリカ合衆国ミシガン州出身のプロレスラー。身長211cm、体重145kgの巨漢で、ディーゼルDiesel)のリングネームで活躍したWWF時代はビッグ・ダディ・クールBig Daddy Cool)、nWoの中心メンバーとなったWCW時代はビッグ・セクシーBig Sexy)などの異名で呼ばれた。

来歴

レスラーになる以前はヨーロッパでプロバスケットボールの選手として活動していたが、膝の怪我が元で引退。その後WCWの養成所パワープラントに入門、1990年9月、ブレイド(Blade)ことアル・グリーンとのタッグチーム、マスター・ブラスターズMaster Blasters)のスティールSteel)としてデビューした。

1991年のチーム解散後、オズの魔法使いをモチーフにしたオズOz)に変身するが不発。同年10月には、負傷したエル・ヒガンテの代打として新日本プロレスにザ・グレート・オズのリングネームで初来日している。1992年からはカジノの用心棒をキャラクターにしたビニー・ベガスVinnie Vegas)に変身し、ダイヤモンド・ダラス・ペイジとのコンビ、ベガス・コネクションVegas Connection)で活動した。

WWF(1993-1996)

1993年、ショーン・マイケルズのボディーガード、ディーゼルDiesel)としてWWFに初登場。1994年4月13日にレイザー・ラモンを破りインターコンチネンタル王座を獲得し、8/28にはマイケルズとのコンビでサムゥとファトゥのヘッドシュリンカーズからWWF世界タッグ王座を奪取した。

その後ベビーフェイスに転向し、1994/11/26にMSGにて行われたハウス・ショーでボブ・バックランドを破りWWF世界ヘビー級王座を獲得。以後翌1995/11/19のサバイバー・シリーズでブレット・ハートに敗れるまで、約1年間王座を保持。これはハルク・ホーガン以降のWWF王座の最長保持記録である。また、リング外ではマイケルズ、ラモン、1-2-3キッド、ハンター・ハースト・ヘルムスリーらとクリックを結成した。

しかし、WCWから巨額の契約金と年俸を提示されたため、1996年5月、まだ契約期間が残っているにもかかわらずWWFを退団。WWFでの最後の試合は通称カーテンコールとして知られている。

WCW(1996-2001)

1996年7月にラモンとのジ・アウトサイダーズを結成しWCWに参戦。当初はビンス・マクマホンの指示でWCWを潰しに来たと称していた。またジ・アウトサイダーズとして初登場した際に、放送ブースにいたエリック・ビショフに対し、「WWFの悪口を言い触らしているのはてめぇか!」と迫り、ブースから引きずり出したビショフを通路にジャックナイフで叩きつけている。

これはエリック・ビショフの考えた『WWF対WCW』というアングルに基づいてのものだった。さらに盟友のマイケルズ、ヘルムスリー、そして1-2-3-キッドことショーン・ウォルトマンの参戦を臭わす発言もしていたが、結局このアングルに関連して移籍してきたのはウォルトマンと、既にセミリタイアしていたジャック・ルージョー、契約だけで試合出場の機会のなかったジャン=ピエール・ラフィットだけだった。これはWWFが様々な対抗処置を講じた結果である。また、『ディーゼル』、『レイザー・ラモン』のリングネームはWWFが商標登録していたために、アウトサダーズはそれぞれリングネームを本名の『ケビン・ナッシュ』、『スコット・ホール』に直さなければならなかった。

そしてジ・アウトサイダーズ参戦から1月足らずで『WWF対WCW』は頓挫してしまい。WCWは急遽アングルの練り直しをするハメに陥ってしまう。そこで新たに考え出されたアングルがnWoだった。もっともこれはホーガンのアイデアだったらしく、当時WCWで浮き上がっていたホーガンが、トップ復帰を狙ってナッシュとホールを抱き込んで結成したものだった。

このnWoはライバル団体WWFを廃業寸前に追い込むまでの一大ムーヴメントを巻き起こすが、1998年にnWoは二派に分裂、ナッシュはnWoウルフパックを結成し、ホーガン率いるnWoハリウッドと抗争。その後ナッシュ自身も世界王座を獲得するなどトップとして活躍したものの、ストーリーのマンネリ化やバックステージにおける権力の乱用などにより、nWoおよびWCWの勢いは徐々に失速、ナッシュは2001年2月18日のSuper Brawl Revengeにてスコット・スタイナーに敗れ引退し、WCWも2001年にWWFに買収され消滅した。

WWF/WWE(2002-2003)

WCW消滅後は沈黙を続けていたが、2002年にホーガン、ホールと共にオリジナルnWoを再結成し、WWFに再登場。しかし膝の負傷で欠場を続け、さらに大腿二頭筋断裂という重傷を負い長期欠場となる。翌2003年の4月に復帰し、トリプルHとの抗争や盟友ショーン・マイケルズと再び組むなどしたが、頚部の怪我が悪化し、同年末の契約満了に伴い退団した。

TNA(2004-2010)

その後はTNAに移籍、2004/5/15にはハッスルの第3回興行に、ホールとのジ・アウトサイダーズとして参戦している。

2008年にはカート・アングル、スティング、スコット・スタイナー、ブッカー・Tとメイン・イベント・マフィアを結成した。2009年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会に久々の来日。カートと共に蝶野正洋&長州力とタッグを結成し勝利を収めている。

2010年にはホール、ウォルトマン(シックス・パック)とTNA版nWoとも言えるThe Bandを結成。途中シックスの代わりにエリック・ヤングが加入しTNA世界タッグ王座を獲得するが、ホールのTNA退団により消滅した。

WWE(2011)

2011年、WWEとレジェンド契約を交わし、1/30の『ロイヤルランブル2011』に出場。WWF時代のリングネームであるディーゼル名義で32番目にサプライズ登場を果たした。

獲得タイトル

WWF
  • WWF世界ヘビー級王座:1回
  • WWF世界タッグ王座:2回(w / ショーン・マイケルズ)
  • インターコンチネンタル王座:1回
WCW
  • WCW世界ヘビー級王座:4回
  • WCW世界タッグ王座:9回(w / スコット・ホール×6、ダイヤモンド・ダラス・ペイジ×2、スティング×1)
TNA
  • TNAレジェンズ王座:2回

nWoビデオ紹介

 
広告


ダミアン666
Damián 666
1961/7/9

メキシコ・バハ・カリフォルニア州ティフアナ出身のプロレスラー。本名はレオナルド・カレラLeonardo Carrera)。

額に「666」と書かれた奇怪なペイントをしている。実子はベスティア666。

来歴

1985年にティフアナにてキャバレロ2000の名でデビュー。1987年、ベテラン・ルチャドールのウルトラマン(1979年と1982年に新日本プロレスに来日)のパートナーに起用され、覆面レスラーのウルトラマン2000に変身。1993年にはFMWに帰ってきたウルトラマンのリングネームで初来日(後にアミーゴ (アーミゴ) ・ウルトラに改めている)。正義のテクニコとして活躍した。

1996年3月、シコシスとの覆面剥ぎマッチに敗れペイントレスラーとなり、怪奇派ルードのダミアンに変身。以降もFMWに参戦し、ヒールの立場ながらコミカルなファイトスタイルで人気を得た。その後はみちのくプロレス、WAR、全日本プロレス等にも参戦。1997年にはギャラクシーやダミエンの名でWCWに登場。

ハロウィンとの息の合ったタッグコンビが日本では有名。

獲得タイトル

  • AWWA世界ミドル級王座: 1回
  • メキシコナショナルトリオ王座: 2回(w / ハロウィン&ミステル・アギラ、ニチョ&ハロウィン)
  • NWA世界ウェルター級王座: 1回
  • IWAS世界ライトヘビー級王座: 2回
  • NAWAミドル級王座: 2回
  • レヴォリューションプロタッグチーム王座: 1回(w / ハロウィン)
  • WWOタッグチーム王座: 1回(w / ハロウィン)
  • XLAWタッグチーム王座: 2回(w / ハロウィン、エストレダ・ドラダ・ジュニア)
  • XPW世界タッグチーム王座: 2回(w / ハロウィン)
  • NGXタッグチーム王座: 2回(w / ハロウィン)





シェルトン・ベンジャミン
Shelton Benjamin
1975/7/9

アメリカ合衆国のプロレスラー。サウスカロライナ州オレンジバーグ出身のアフリカ系アメリカ人。

来歴

ミネソタ大学でレスリング部に所属し、NCAA選手権3位の実績を持つ。卒業後には大学に残り、ブロック・レスナー等を指導。その後WWEの下部団体OVWと契約し、同じミネソタ大学出身だったブロック・レスナー等とタッグを組んで活躍した。

2002年にWWEに昇格するとスマックダウンに所属。カート・アングル、チャーリー・ハースと共にチーム・アングルを結成。リーダー格のカートが怪我をして復帰した際にはカートをチームから追い出し、ハースと共にザ・ワールド・グレイテスト・タッグチーム(通称はWGT、WGTT)を結成。WWEタッグ王座を獲得するなどタッグ戦線で活躍した。

2004年のドラフトでスマックダウンからRAWへ移籍し、タッグを解散。シングルプレーヤーに転向しRAWデビュー戦ではトリプルHと対戦し驚異的な運動能力を見せ付けて勝利。同年10月のPPV、タブー・チューズデイ2004でクリス・ジェリコとIC王座を賭けて対戦し勝利を収めた。その後2005年の6月、ドラフトによりスマックダウンからRAWへ移籍してきたカリートに奪われるまでIC王座を保持し、ここ10年での最長保持記録を打ち立てた。そしてそのカリート、さらにショーン・マイケルズと抗争後は母親(WWEで公募されたアングル上の母親役)が登場してマザコンキャラのギミックになると同時にヒールターンする。

マザコンキャラのギミックが終わったその後は、一時チンピラ風ギミック(サングラスをかけ、アロハシャツに身を包みゴールドのチェーンを首に巻いていた)で登場。IC王座陥落後は復帰したハースと共にWGTTを再結成する。しかし活躍とまではいかなかった。

2007年末期、イライジャ・バークの紹介(新たにECWを担う男と紹介された)により急遽ECWに移籍、登場する。イライジャと共に黒人タッグを組むのかと思われた矢先、イライジャがスマックダウンでのバティスタ戦で負傷、長期離脱してしまったためシングル戦線で活躍するようになった(これは元からイライジャが腰の怪我をしていたため、離脱するためのアングルである)。

2008年にはECWにおいて連勝を続け、ロイヤルランブル前の収録のECWの5人バトルロイヤルではケイン、ジョン・モリソン、マイク・ミザニン、トミー・ドリーマーと言った強豪相手を退け、優勝した。

ECWのスーパースターでロイヤルランブルで最も優勝する確率の高い選手と言われていたが、ロイヤルランブルでは登場してすぐにショーン・マイケルズによって脱落させられてしまう(登場して46秒で脱落。このタイムはこの年のロイヤルランブルでは一番早い脱落時間だった)。2月にはジミー・ワン・ヤンを相手に勝利し、レッスルマニア24でのマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチに2年振りに参戦。6月の追加ドラフトではスマックダウンへの移籍が決定し、7月にはグレート・アメリカン・バッシュでマット・ハーディーからUS王座を奪取した。9月にはUS王者として、アンフォーギヴェンにてトリプルHの保持するWWE王座へのチャンピオンシップ・スクランブル戦に出場している。

2009年3月、レッスルマニア25でのマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチ予選試合にてジェフ・ハーディーに勝利(マット・ハーディーの介入による反則)し、自身が持つ最多記録を更新する、4回目の出場が決定。3/17、MVPに敗れ半年間保持したUS王座を失う。その後RAWから移籍してきたチャーリー・ハースと再び共に活動し、ECWから移籍してきたジョン・モリソンと抗争する。6月のトレードで再びECWへ移籍。移籍初戦でヨシ・タツのデビュー戦の相手を務めた。

以降はヒールとの対戦が多くなり、徐々にフェイス化。シェイマス、ザック・ライダー、ヴァンス・アーチャーらとの抗争を経て、2010年2月にECWが終了した後はスマックダウンに移籍。3月28日のレッスルマニア26にて、マネー・イン・ザ・バンクに出場するも優勝とはならなかった。

同年4月、WWEよりリリースが発表された。以降、WWC、ROHに定期参戦している。ROHではハースとWGTTを再結成し、活動している。

獲得タイトル

WWE

  • US王座 : 1回
  • IC王座 : 3回
  • WWEタッグ王座 : 2回(w / チャーリー・ハース)

ROH

  • ROH世界タッグ王座 : 1回(w / チャーリー・ハース)

OVW

  • OVW南部タッグ王座 : 4回(w / ブロック・レスナー×3、レッド・ドッグ×1)

PWI

  • 2005年度のPWI500では9位。

入場曲

  • Medal
    チーム・アングル時代に使用
  • Ain't No Stoppin' Me
  • Ain't No Stoppin' Me(Axel)-現在使用中

その他 

  • レスリング技術に加え、学生時代に100mのチャンピオンになった経験もあるほどの、驚異的な身体能力(リング内からコーナーにダッシュし、手でロープをつかんだりすることなくコーナートップに飛び乗る等)から繰り出すアクロバティックな攻撃で次代のスター候補となっている。
  • 趣味はテレビゲームで、WWEによって毎年開催されているエキサイティングプロレススーパースター大会を連覇するくらいの腕前である。しかしここ2年(2008年現在)は同リーグに所属するイライジャ・バークによって連覇されてしまっている。
  • またそのイライジャとはプライベートでも仲が良い親友であり、イライジャがECWへシェルトンを呼び込んだのは上記のスーパースター大会も関係している。
  • アメリカン・レスリング・オブサーバーによる投票で「最も過小評価されているレスラー」に2005年度、2006年度、2007年度で三年連続一位に選ばれている。
  • マイクアピールが苦手でスター性が余り無く地味なタイプのレスラーだが、実力もセンスも兼ね備えた実力派レスラーである。
  • 2010年、レッスルマニア26のマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチへの出場で最多出場記録者となった(通算5度目の出場)。






安藤あいか
1986/7/9

安藤あいか

東京都出身のグラビアアイドル・女子プロレスラーである。タレントとしてはニューゲートプロダクション、レスラーとしてはアイスリボン所属。

経歴

2007年、sabra「第1回ブロガール選手権」で準グランプリ受賞。これを機にグラビア活動を開始。

同年、テレビ埼玉「大日大戦」の企画で、タレント活動の幅を拡げる目的でプロレス団体アイスリボンに入門し、10/20、市ヶ谷アイスボックスにて対希月あおい戦でデビュー。

2008/8/23の新木場1stRING大会でのしもうま戦で退団を発表していたが、試合後に撤回した。この間にハッスルオーディションを受ける。

「恵比寿マスカッツ」メンバーとしてレギュラー出演している「おねがい!マスカット」、「おねだり!!マスカット」、「ちょいとマスカット!」では貧乏アイドルキャラとして出演(番組でのキャッチフレーズは「貧乏プロレスラー」)。ハイウエストの更に上をいくハイハイウエストをトレードファッションとする。

「おねだり!!マスカット」内で私服のファッションセンスが酷いことを指摘された(「服を着るより全裸の方がまだマシ」と揶揄された)ことに逆ギレし、「ココ(右胸)と、ココ(左胸)と、ココ(股間)に葉っぱくれよ! そーれ! ヒットエンドラーン!!」と絶叫、以降自身の持ちネタとなっている。いくつかのバリエーションも存在する。

2009年5月、ミニスカポリスが再始動し「復活! ミニスカポリス」メンバーとして活動。

出演

テレビ番組

  • 「大日大戦」(テレビ埼玉)
  • 「ぶっコギ!」(日本テレビ)
  • 「グラビアトークオーディション」(フジテレビ)
  • 「おねがい!マスカット」(2008年4月8日~2009年3月31日、テレビ東京)
  • 「Kunoichi.TV」(テレビ北海道)
  • 「輝け!ゴルフガールズ」レギュラー(北海道文化放送)
  • 「イツザイ」(2008年10月~、テレビ東京)- 「ハッスル・第2のインリン様オーディション」のコーナーに出演
  • 「さまぁ〜ず式」(2008年12月9日、TBS)-「五感を研ぎ澄ませ! アイドルクイズ!!」のコーナーに出演
  • 「オビラジR」(2008年12月11日、TBS)
  • 「おねだり!!マスカット」(2009年4月7日~2010年3月29日、テレビ東京)- 恵比寿マスカッツ1期生
  • 「ちょいとマスカット!」(2010年4月7日~2010年9月29日、 テレビ東京)
  • 「美しき青木・ド・ナウ」(2009年6月2日、テレビ朝日)
  • 「ホリさまぁ〜ず」(2009年11月17日、TBS)
  • 「キャンパスナイトフジ」(2010年2月19日、3月12日フジテレビ)
  • 「『ぷっ』すま」 ザ・ギリギリマスター (2010年4月13日、テレビ朝日)
  • 「マルさまぁ〜ず」(2010年5月19日・9月15日、TBS)
  • 「おねだりマスカットDX!」(2010年10月6日~テレビ東京)
  • 「めちゃ×2イケてるッ!」(2010年10月9日、フジテレビ)
  • 「ロンブー淳の一攫千金$ジャックポッド」(2010年11月13日、日本テレビ)
  • 「魁!音楽番付」(2010年12月22日、フジテレビ)
  • 「業界LOVE STORY~だからテレビはおもしろい~(2011年5月4日、東海テレビ)

インターネット番組

  • 「復活!ミニスカポリス」(2009年4月14日~、ニコニコ動画 アイパイ★ちゃんねる)
  • 「復活!ミニスカポリスあっ!とおどろく緊急出動!」(あっ!とおどろく放送局)

携帯サイト

  • アイドルがイッパイ(アイパイ)

TV電話動画配信

  • TV電話専用回線 (03-6800-5820)
    docomoとSoftbankのTV電話可能な携帯電話のみ。

DVD

  • 「完全もえ萌え宣言」 (2007年4月26日 スリーエムワークス)
  • 「アイドル革命☆強ドル9」 (2008年6月 S.W.P.)
  • 「独占!女の120分 もっこりガールズ給与明細 #1 アイドルたちにHな指令出しちゃいました!」 (2008年7月19日 もっこりテレビ)
  • 「ビーチバレー刑事(デカ) テロリンピックを阻止せよ」 (2008年8月16日 エースデュースエンタテインメント)
  • 「独占!女の120分 もっこりガールズ給与明細 #2 アイドルたちにHな指令出しちゃいました!」 (2008年8月19日 もっこりテレビ)
  • 「グラビアアスリート美女ガチ運動会」 (2008年9月25日 Air control)
  • 「Body Press」 (2008年9月29日 オルスタックピクチャーズ)
  • 「グラビアアイドルたちの過激ローションバトル! 1」(2008年10月19日 もっこりテレビ)
  • 「続・グラビアアスリート美女ガチ運動会 2ND STAGE」 (2008年10月25日 Air control)
  • 「ポロリ!チラリ!パックリ!もっこりテレビ開局1周年記念作品集グラビアアイドル禁断の過激シーン総集編8時間一挙モロ出し祭り!」 (2009年7月19日 もっこりテレビ)
  • 第3回 SSSGPグランプリ Bブロック (2011年4月29日、SUPER SONIC SATELLITES )
  • 「安藤あいか まるごと!」(2011年5月13日、COMET出版)

安藤あいかブログ

@andouaika 公式Twitterアカウント

バナナ・マンゴー・ハイスクール


女子プロレスの技は
本当に痛いのか徹底検証!
女子プロレスの技は本当に痛いのか徹底検証!



尾崎魔弓 豊田魔波 ダイナマイト・関西VSグラビアタレント11人 グラビアアイドル悶絶・絶叫・号泣・羞恥のスペシャルマッチ! キューティー鈴木 愛音ゆう 佐倉美佐 成田幸恵 東野愛鈴 横須賀ねね 大槻ひびき 安藤あいか

グラビアタレントのかわいい顔が苦痛に歪む!有名女子プロレスラーがガチでかけるアルゼンチンバックブリーカー、ロメロスペシャル、四の字固め、キャメルクラッチ、ドラゴンスリーパー等の必殺技の数々!悲鳴、泣き声と怒号が交じり合うプロレスリングで待ち受ける彼女たちの運命は!?

尾崎魔弓 豊田魔波 ダイナマイト・関西VSグラビアタレント11人 グラビアアイドル悶絶・絶叫・号泣・羞恥のスペシャルマッチ! キューティー鈴木 愛音ゆう 佐倉美佐 成田幸恵 東野愛鈴 横須賀ねね 大槻ひびき 安藤あいか

 


  




masu-me
1988/7/9

mase-me

マスミ、本名:荒川 真澄(あらかわ ますみ)は、日本のシンガー・プロレスラー。栃木県宇都宮市出身。

人物

子供の頃からシンガーを目指す一方、柔道経験も持つ

2010年に行われたJWPとタイムミュージックとの共同オーディションに応募。

2010/12/23にシンガー・プロレス同時デビュー。コスチュームは日向あずみが現役時代に着用していたもの。

経歴

  • 2010年
    • 12/23、初のマキシシングル、今でも大好きc/wみんな聞いて?発売。
    • 12/23、JWP後楽園ホール大会の対KAZUKI戦でプロレスデビュー。
  • 2011年
    • 1/16、アイスリボンの藤本つかさとのタッグで「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2011」に参戦。タッグチーム名は「キューティーペア」だが、masu-meが往年のアイドルレスラータッグ「ビューティーペア」を聞き間違えたのが由来。
    • 2/9、キューティーペアとしてアイスリボンに初参戦。対戦相手はJWPの先輩米山香織とキャリアで同期となる飯田美花。藤本がヒザ十字固めを飯田から奪い勝利。

所属プロダクション

  • BB Company

今でも大好き c/w みんな聞いて?
masu-me


masu-meブログ




 












 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system