本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
7/10


 
 


 
 


ボボ・ブラジル
Bobo Brazil
1924/7/10 - 1998/1/20

ボボ・ブラジル

ヒューストン・ハリスHouston Harris、)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ミシガン州ベントンハーバー出身のアフリカ系アメリカ人。日本では「黒い魔神」と呼ばれた。

ちなみにリングネームの「ブラジル」は「人種差別の無いブラジルに行きたい」という子供の頃の夢から。

来歴

プロ野球(黒人リーグ)選手を経て(事実ではないという説もある)、1951年にプロレスラーとしてデビュー。

1957年8月に日本プロレスに初来日。「ココバット」と呼ばれる頭突きで力道山を苦しめた。1966年にバディ・キラー・オースチンを破りWWA世界王座を獲得。1968年6月の来日では防衛記録を積み重ねていたジャイアント馬場を破りインターナショナル・ヘビー級王座を獲得。直後に行われた再戦で、馬場の必殺技「32文ロケット砲」三連発に沈みタイトルを奪回された。

1972年12月に空位となっていたインター王座を「頭突き世界一決定戦」と呼ばれた大木金太郎戦で勝利し、再び獲得した。しかし、また直後に行われた再戦で大木に敗れている。

1973年2月に全日本プロレスに参戦し、以降同団体の常連となるが、すでにロートルの感は否めずジャイアント馬場やジャンボ鶴田の引き立て役に廻った。

アメリカではNWA、WWA、WWWFを中心に活躍した。デトロイト地区でのザ・シークとの抗争は約30年に及んだ。後にWWWFでの功績が認められ1994年にWWF殿堂入り。1998年1月20日、脳梗塞により死去。73歳没。

プロレス界でのボボ・ブラジル

黎明期のプロレス界においてボボ・ブラジルは代表的な黒人レスラーであり、その地位の向上に貢献した。アメリカでは「プロレス界のジャッキー・ロビンソン」と評されることもある。人種差別が色濃い時代に、好奇な目線の中で日米のリングで圧倒的な強さを見せ付けた。全盛期のボボ・ブラジルは大柄な体型にもかかわらず動きにキレがあり、長身から繰り出される必殺技「ココバット」は単純な技ながら破壊力は抜群で、大木金太郎との「頭突き世界一決定戦」では石頭で知られる大木でさえ何度もよろめいた。

当初は、「Boo-Boo Brazil:ブーブー・ブラジル」というリングネームだったが、プロモーターのミスで「BoBo Brazil:ボボ・ブラジル」と印刷してしまい、それ以来ボボ・ブラジルをリングネームにしてしまった。ボボリンクという鳥の名に由来するという説もある。なおブラジルポルトガル語で、「Bôbo」とは「馬鹿な、愚かな」という意味があるので、彼をブラジル人だと誤解する人も少なくなく、そのように誤解される向きもあるが、命名の由来からこれは正しくない。

全日本プロレスに参戦していたレスラー晩年期は、リング上で手渡された花束にムシャムシャかぶりつくパフォーマンスで異様な雰囲気を演出しようとしていた。理由には諸説あり、ザ・デストロイヤーの自伝『マスクを脱いだデストロイヤー』(ベースボール・マガジン社刊)によれば、リング上でヒールとして振舞う方法をボボ・ブラジルから尋ねられた際、黄色い花の花束を食いちぎるようにデストロイヤーがアドバイスしたためである。ブラジル本人によると、正統派としてデビューした弟を表に出すためわざと奇行をとったとのこと(ただし、最初にこのパフォーマンスを行ったのは、弟とタッグを組んだ日よりも前の試合である)。


 
広告



ビリー・ジャック・ヘインズ
Billy Jack Haynes
1953/7/10

ビリー・ジャック・ヘインズ

アメリカ合衆国の元プロレスラー。本名はウィリアム・ヘインズ・ジュニアWilliam Haynes Jr. )。オレゴン州ポートランド出身。

1980年代を代表する筋肉派レスラーの1人であり、地元のオレゴン地区をはじめ、南部エリアやWWFなどでベビーフェイスのパワーファイターとして活躍した。

来歴

ボディビルのミスター・パシフィック・コースト・コンテストに出場した際、オレゴンやワシントンなど太平洋岸北西部をサーキットエリアとするPNW(パシフィック・ノースウエスト・レスリング)のドン・オーエンにスカウトされ、1982年8月にデビュー。

トム・ローリン主演のアクション映画シリーズの主人公と同名のビリー・ジャックをリングネームに、鍛え上げられた肉体を誇る硬派のベビーフェイスとして売り出され、1983年10月7日にはダイナマイト・キッドからNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を奪取。同月はシアトルとポートランドにて、ハーリー・レイスのNWA世界ヘビー級王座にも連続挑戦している。

1984年からはNWAの南部テリトリーにも進出し、フロリダではダスティ・ローデスのパートナーとなって、スーパースター・ビリー・グラハム、ジム・ドゥガン、ディック・スレーター、バズ・ソイヤーなどのヒール勢と抗争。同年3/29にはケンドー・ナガサキを破り、NWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得。新NWA世界王者のリック・フレアーにも再三挑戦した。

しかし、トム・ローリンが『ビリー・ジャック』の名称使用に関してクレームを起こしたため、以後リングネームの変更を余儀なくされる。1985年は本名のビリー・ヘインズ名義でテキサス州ダラスのWCCWに登場し、1/7にジノ・ヘルナンデス(王者クリス・アダムスの代打)を下してTV王座を獲得。3月には新日本プロレスにビリー・ジャックの名で初来日。アントニオ猪木とのシングルマッチも実現した。

以降はファミリーネームを冠したビリー・ジャック・ヘインズを正式なリングネームとして活動。フロリダでは1985年5月にワフー・マクダニエルと組んでリック・ルード&ジェシー・バーからUSタッグ王座を奪取。タイトルは同年12月まで保持し、王者チームとしてジム・クロケット・プロモーションズにも出場、11/28の『スターケード'85』ではオレイ・アンダーソン&アーン・アンダーソンのミネソタ・レッキング・クルーと対戦した。1986年は新日本プロレスへの再来日を経て、4月12日に古巣のPNWにてボビー・ジャガーズを破り、パシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座への4度目の戴冠を果たしている。

1986年6月、WWFに移籍。同じ筋肉派のハーキュリーズやブッチ・リードと抗争を繰り広げ、1987年3月29日の『レッスルマニアIII』ではハーキュリーズとのシングルマッチが行われた。キングコング・バンディやワンマン・ギャングなどの巨漢にも得意技のフルネルソンを仕掛けて怪力ぶりをアピールし、ブリティッシュ・ブルドッグスともトリオを組んだが、選手層の厚いWWFでは大きな活躍は果たせず、1988年の初頭にWWFを退団した(地元ポートランドでのジョブを拒否したため解雇されたともされている)。

WWF離脱後はPNWに戻り、1989年8月には新日本プロレスに3年半ぶりに来日。1990年はカリフォルニア州マリナ・デル・レイのハーブ・エイブラハム派UWFに出場し、WWFでタッグを組んだこともあるケン・パテラと抗争。1991年にはブラック・ブラッドBlack Blood)なるヒールの覆面レスラーに変身してWCWに短期間登場、ケビン・サリバンの用心棒を演じ、7月14日の『グレート・アメリカン・バッシュ'91』ではビッグ・ジョッシュとランバージャック・マッチで対戦するも敗北を喫した。

その後もオレゴン地区を主戦場に活動し、PNWの後継団体CWUSA(チャンピオンシップ・レスリングUSA)にも主力選手として参戦。1994年8月には同団体と提携していた剛竜馬の『剛軍団』に来日、チャボ・ゲレロとのコンビで剛&ジェシー・バーの保持するCWUSAインターナショナル・タッグ王座に挑戦した。1995年はジェリー・ローラーらが主宰していたテネシー州メンフィスのUSWAに登場、USWAヘビー級王座を2回獲得した後、1996年に引退した。

2006年1月、ホームタウンのポートランドにて、麻薬売買のトラブルが原因とされる暴行事件に遭っている。

獲得タイトル

  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:5回
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:3回(w / スタン・ステイジャック×2、リッキー・ヴォーン)
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ワフー・マクダニエル)
  • WCCW TV王座:1回
  • USWAヘビー級王座:2回







  





 












 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system