本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
7/19


 
 


 
 

谷津 嘉章
1956/7/19

日本の元プロレスラー。群馬県邑楽郡出身。血液型B型。長髪に無精ひげを生やし、サイドにJAPANと描かれた(但しそのいでたちは海外遠征中で、日本では殆どJAPANの文字は無しのタイツ。逆にマサ斉藤は日本でもその文字はあった)ひざ部分までのロングタイツ(俗に「田吾作スタイル」と呼ばれる)がトレードマーク。

来歴

足利工大附属高校でレスリングを始め、日本大学レスリング部時代に全日本学生選手権フリースタイル100kg級4連覇、全日本選手権優勝。日本代表として1976年モントリオールオリンピック出場(8位)。1980年モスクワオリンピックでも日本代表に選ばれたが、日本が不参加だったため2大会連続出場はならなかった。世間では幻の金メダリストと言われた。その後、輝かしいレスリングの実績を評価され、1980年に新日本プロレスに入団。

レスリングエリートとしてプロレス入りした谷津はエース候補生として扱われ、いきなり渡米し、プロデビュー戦をニューヨークのMSGで行う(1980/12/29、カルロス・ホセ・エストラーダ戦)という破格の待遇を受けた。1981年に帰国しアントニオ猪木とタッグチームを組み、蔵前国技館にて、アブドーラ・ザ・ブッチャー&スタン・ハンセン組と日本デビュー戦を戦うこととなり、いきなりメインイベントを務める華々しいデビュー戦に注目が集まった。ハンセンをスープレックスで投げるなど大器の片鱗を見せたが、ラフファイトに気後れする心の弱さを露呈し、場外で額を割られるなどブッチャー、ハンセンの容赦ない攻撃に良いところなく敗北。再び渡米し、「トラ・ヤツ」のリングネームで全米を廻った。ダラスでは、ジャイアント・キマラ(初代)との抗争がドル箱カードとなる。トラ・ヤツは、最初は作り笑顔でお辞儀をし愛想良く振舞うが、試合終盤では持参した竹刀を振り回すというギミックで活躍した。

余分な肉をそぎ落として体を絞り、逞しくなって帰国すると、1983年に長州力率いる「維新軍」に入り、維新軍の若侍として注目された。当初は同じ維新軍団のアニマル浜口とのタッグの際は浜口の指示の下、手足となって動くという若さが目立つものの、後に長州に次ぐ軍団の副将格に成長した。(ユニバーサルプロレス(UWFの前身)に移籍前の前田日明とはライバルと目され、ワールドプロレスリングの解説者である桜井康雄は「正規軍と維新軍のドラフト1位同士の対決」という表現をした)「荒武者」とニックネームを付けられるなど荒々しいファイトも見せるようになったが、1983年11月3日の正規軍対維新軍4対4綱引きマッチ(両軍団が別れ、試合当日にロープを用い対戦相手を決定する試合形式)では、対戦相手の猪木と積極的に絡もうとせず、リング下に逃げる作戦を見せている。

また、その後の正規軍対維新軍の全面抗争第2ラウンドである5対5の柔道方式勝ち抜き戦(1984/4/19)において谷津は維新軍の中堅として登場し、正規軍の先鋒で2人に勝ち抜いている藤波辰巳(現・辰爾)、次鋒の高田伸彦(現・延彦)の2人から勝利する。

その後、長州の「ジャパンプロレス」を結成に参加。ジャパンプロレス軍団は全日本プロレスのリングへ参戦し、長州とのタッグでジャンボ鶴田&天龍源一郎組を破りインタータッグ王座を獲得するなど活躍した。(自らが天龍をジャーマン・スープレックスでフォールを奪うが、谷津のジャーマンはレスリングの下地があるにもかかわらずめったにお目見えすることは無く、大一番だけ見せるレアな技という見方をされた)

1986年6月には再びレスリング全日本選手権に挑戦し、フリースタイル130kg級で優勝し話題になった。(NHKのニュースでも取り上げられた話題であった)その後ジャパンプロレス軍団は分裂し、谷津は全日本プロレスに残留し鶴田と「五輪コンビ」を結成した。(ずっとバミューダタイプのトランクスだったのを新日デビュー戦以来の黒のショートタイツに変更した)「五輪コンビ」は初代世界タッグ王座を獲得し、1987年に世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝するなど大活躍した(レスリング用のヘッドギアを付けて戦ったこともあった)。

1990年に新団体SWSが旗揚げされると、全日本プロレスを離脱しこれに参加した。同団体の道場制度の戦いの中で谷津は「道場・檄」に所属。道場主は若松市政であったが事実上のエースは谷津であり、1991年には若松に代わって道場主に就任する一方、SWSの選手会長の要職に就いた。特にキング・ハク(元プリンス・トンガ)とのタッグ(『ナチュラル・パワーズ』)はSWSのタッグ戦線で無類の強さを誇り、SWS認定タッグ選手権を獲得するなど秀逸であった。

しかし団体内部では、マッチメイクなどを巡って天龍派(『レボリューション』)と反天龍派(『道場・檄』『パライストラ』)との対立が燻っていた。その様な中、1992/5/14谷津は「選手会長辞任とSWSからの退団」を突如表明した。この発言は天龍派と反天龍派団体内部の対立が一気に表面化する形となった。谷津と谷津を支持した仲野信市は内部混乱の責を取らされる形で5/22の後楽園ホール大会で「引退」を表明。「SWS引退試合」に臨んだが、マスコミなどは天龍派擁護の声が強く、観客から罵声や物を飛ばされながらの引退試合となった。その後、一時プロレスを離れ、輸入自動車販売店を経営するかたわら、ジョージ高野・高野俊二兄弟が設立したPWCの発起人に名を連ねた後、1993年にSPWF(Social Professional Wrestling Federation、社会人プロレスリング連盟。後にスーパープロレスリング連盟に改称)を新たに設立した(道場を千葉県長生郡一宮町に構えた)。

1994年に、長州政権下にあった新日へ参戦。当初は後藤達俊、スーパー・ストロング・マシンが抜けてヒロ斎藤と保永昇男だけとなったレイジング・スタッフとの共闘という形式で、この年のG1クライマックスにも出場。長州と9年ぶりにシングル戦を行ったのを機に長州とのタッグを復活。後にマサ斎藤、アニマル浜口、寺西勇らと維新軍を復活させ平成維震軍との抗争が始まる。しかし、平成維震軍自主興行の中断や、懐かしの外国人レスラーを一堂に会する興行を発表したのに実現化出来ず、抑えた会場を新日に肩代わりしてもらったことが影響し、新日マットよりフェードアウトする。

2000年10月31日にはPRIDE.11に出場しゲーリー・グッドリッジと対戦、アキレス腱固めでギブアップ寸前まで追い込んだものの、1ラウンドTKO負け。翌2001年9月24日のPRIDE.16でグッドリッジと再戦したが、返り討ちにあい、再び1ラウンドTKO負け。

また、これと前後して2001年4月にはアブダビコンバット99kg以上級に参戦。1回戦でリコ・ロドリゲスと対戦し、7分32秒飛び付き腕ひしぎ十字固めで一本負け。

2001年3月に旗揚げしたZERO-ONE旗揚げ戦(両国国技館)にも参戦し、2000年にNWA世界ヘビー級選手権で当時選手権者であった小川直也に勝利したゲリー・スティールと対戦し、監獄固めで勝利し、FIGHTING TV サムライ中継でゲスト解説した武藤敬司も「谷津さんは余裕の勝利だな」と絶賛していた。

2002年、長州率いる新団体「WJプロレス」に参加。2003年に旗揚げ戦を行い安生洋二と対戦し勝利したがWJプロレスは興行が低迷し、「長州をはじめとするWJフロント陣はインディー団体を分かってない!」と痛烈に批判して2003年9月に退団した。以後はSPWF復帰を表明したが、同団体は活動を停止した。

後年のリングインのテーマ曲はバック・トゥ・ザ・フューチャー。

WJプロレス退団の際に東京スポーツの取材に応じ、前述の批判と合わせ、「プロレスからは足を洗う」「雑誌編集にツテがあるのでそちらに行く」などと身の処し方について発言していた。時折、回顧の取材を受けることがあり、猪木や長州を批判することも多い。

2009年7月4日、足利工大附属高校の後輩であり、全日本時代の同僚でもあった三沢光晴のお別れ会に出席。久々に公の場に姿を現した。

2010年9月 デビュー30周年の自主興行ツアーを最後に現役引退すると発表。11/30のSPWF~東京・新宿FACE大会で引退。30年に及ぶプロレスラー生活に別れを告げた。

タイトル歴

  • インターナショナル・タッグ王座
  • PWF世界タッグ王座
  • 世界タッグ王座

 
広告


"ラヴィシング" ランディ・ローズ
"Ravishing" Randy Rose
1956/7/19

アメリカ合衆国の元プロレスラー。本名はランディ・オルズRandy Als)。テネシー州ナッシュビル出身(ジョージア州アトランタ出身ともされる)。

1980年代に一世を風靡したタッグチーム、ミッドナイト・エクスプレスThe Midnight Express)のオリジナル・メンバーである

来歴

デビュー後は本名のランディ・オルズをリングネームに活動し、1978年6月には国際プロレスの『ビッグ・サマー・シリーズ』に初来日。その後カンザスシティのセントラル・ステーツ地区に入り、1979年1月にディック・マードックからNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を奪取した。

1980年からはアラバマのSECW(サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング)に参戦し、ランディ・ローズに改名。同年9月に国際プロレスの『ダイナマイト・シリーズ』に再来日、アレックス・スミルノフやビッグ・ジョン・クインら外国人勢の斬り込み隊長役となって暴れた。国際では金網デスマッチも行っており、試合功者ぶりを発揮して関係者から高い評価を得た。

帰国後もSECWを主戦場に、同じシリーズに参戦していたロン・バスと組んで1980年10月にジョー・ルダック&ロバート・フラーからNWAサウスイースタン・タッグ王座を奪取。同年の末からはデニス・コンドリーとタッグを組み、翌1981年からはノーベル・オースチンも仲間に引き入れ、ヒールのタッグチーム・ユニットであるミッドナイト・エクスプレスを結成。サウスイースタン・タッグ王座を再三に渡って獲得し、メンフィスのCWAにも参戦した。

1983年末のチーム解散後はシングル・プレイヤーとなってSECWに定着。一方コンドリーは、1984年にビル・ワットのMSWAでボビー・イートンをパートナーに新生ミッドナイト・エクスプレスを結成し、1985年よりNWAのジム・クロケット・プロモーションズで活躍したが1987年に離脱。ローズとコンドリーは末期のAWAにて再合体し、ポール・E・デンジャラスリーをマネージャーにオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスを名乗り、1987年10月にジェリー・ローラー&ビル・ダンディーからAWA世界タッグ王座を奪取、12月にマーティ・ジャネッティとショーン・マイケルズのミッドナイト・ロッカーズに敗れるまで保持した。

1988年からはオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスとしてNWAクロケット・プロに参戦し、コンドリーの離脱後に再編されていたボビー・イートンとスタン・レーンのミッドナイト・エクスプレスを相手に骨肉の抗争を展開、12月の『スターケード'88』においても両チームは対戦した。しかし、テッド・ターナーのクロケット・プロ買収によりWCWが発足すると、1989年に再びコンドリーが離脱。ローズはジャック・ビクトリーとの新コンビで継続参戦していたが、イートン&レーンとのルーザー・リーブス・タウン・マッチに敗れて彼もWCWを離れた。

1990年1月、ローズをスカウトしたとされるアブドーラ・ザ・ブッチャーの仲介で全日本プロレスの『新春ジャイアント・シリーズ』に来日、小橋健太の7番勝負第3戦の相手を務めた。全日本には1991年5月の『スーパー・パワー・シリーズ』にもブッチャーと共に参戦している。

1992年頃にセミリタイアし、ホームタウンの北ジョージアにてチャリティ活動に注力。近年もインディー団体にスポット参戦しており、オースチンやコンドリーとオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスを再結成することもある。

獲得タイトル

  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
  • NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ブライアン・セント・ジョン)
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:13回(w / ロン・バス、デニス・コンドリー×10、ジミー・ゴールデン、パット・ローズ)
  • AWA世界タッグ王座:1回(w / デニス・コンドリー)





ロバート・ギブソン
Robert Gibson
1958/7/19

アメリカ合衆国のプロレスラー。本名はルーベン・ケインRuben Cain)。フロリダ州ペンサコーラ出身。

リッキー・モートンとのタッグチーム、ロックンロール・エクスプレスThe Rock 'n' Roll Express)での活躍で知られる。

来歴

1976年11月、テネシー州メンフィスのNWAミッドアメリカ地区(後のCWA)にてデビュー。以後1980年代初頭にかけて、テネシーやアラバマを主戦場に兄のリッキー・ギブソンとのギブソン・ブラザーズで活動。ソニー・キング&シュガー・ベア・ハリス、デビッド・シュルツ&ウェイン・ファリス、ミスター・オーニタ&マサ・フチ、スタン・レーン&スウィート・ブラウン・シュガーなどのチームとタッグ王座を争った。なお、リッキー・ギブソンは1975年7月の全日本プロレス来日時、ミサイルキックを本邦初公開した選手である。

リッキー・ギブソンが自動車事故で引退した1983年、CWAにて新パートナーのリッキー・モートンとロックンロール・エクスプレスを結成。アイドル系タッグチームとして売り出される。1984年からはビル・ワットの主宰するMSWAに移籍し、ボビー・イートン&デニス・コンドリーのミッドナイト・エクスプレスとの連戦を開始。1985年よりNWAのジム・クロケット・プロモーションズに登場、デビュー戦でイワン・コロフ&クラッシャー・クルスチェフからNWA世界タッグ王座を奪取し、以降も長きに渡って同地区のタッグマッチ戦線で活躍。その甘いマスクとスピーディーな試合スタイルが女性や子供の観客に支持され、爆発的な人気を得た。1988年には全日本プロレスにも2度来日している。

モートンがヒールに転向した1991年には両者の一騎打ちも行われたが、NWA(WCW)離脱後はモートンとロックンロール・エクスプレスを再結成し、1990年代半ばまではジム・コルネットの主宰するスモーキー・マウンテン・レスリングを中心に活動。以後、1998年のWWF参戦を経てモートンとのコンビを一旦解消し、シングル・プレイヤーとなってインディー団体を転戦した。

2004年7月には、ロックンロール・エクスプレスのフォロワーだったザ・ロッカーズのマーティ・ジャネッティと共に、ロックン・ロッカーズとしてIWAジャパンに登場している。また、2006年12月から2007年10月にかけては、OVWのトレーナーとしてWWEに在籍していた。

近年もインディー団体にてモートンとのロックンロール・エクスプレスを復活させており、2010年4月には、かつての主戦場クロケット・プロのブランドネームと同じ名称を持つノースカロライナのインディー団体 "Mid-Atlantic Championship Wrestling" において、バフ・バグウェル&リッキー・ネルソンからMACWタッグ王座を奪取している。

獲得タイトル

CWA / USWA
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:1回
  • NWAミッドアメリカ・タッグ王座:1回(w / ドン・ファーゴ)
  • AWA南部タッグ王座:6回(w / リッキー・ギブソン×3、ビル・ダンディー、リッキー・モートン×2)
  • CWAタッグ王座:1回(w / リッキー・モートン)
  • CWA世界タッグ王座:1回(w / リッキー・モートン)
  • USWA世界タッグ王座:2回(w / リッキー・モートン)
SECW
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / リッキー・ギブソン)
  • NWAサウスイースタンUSジュニアヘビー級王座:1回
MSWA
  • ミッドサウス・タッグ王座:3回(w / リッキー・モートン)
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):4回(w / リッキー・モートン)
スモーキー・マウンテン・レスリング
  • SMWビート・ザ・チャンプTV王座:1回
  • SMWタッグ王座:10回(w / リッキー・モートン)
その他
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / リッキー・ギブソン)
  • NWA世界タッグ王座(復活版):4回(w / リッキー・モートン)
  • MACWタッグ王座:1回(w / リッキー・モートン)

etc.






上野幸秀
1970/7/19

日本のプロレスラーである。神奈川県横須賀市出身。 FMW在籍当時は、黄緑色のパンツやオレンジ色のパンタロンを着用していた。得意技は「G・T・H」。

経歴

  • FMW1期生。同期にはフライングキッド市原がいる。同団体旗揚げから暫くレフェリーを務めた後、1990/1/17、熊本県・熊本小国ドームでの、ザ・シューター2号との異種格闘技戦でレスラーとしてデビュー。
  • FMWの「なんでもあり」の興行精神により、キックボクサーである上田勝次戦では異種格闘技戦を行い、パンダの着ぐるみを着たレスラーレイ・パンディータ戦では、コミカルな試合展開をするなど、プロレスの幅は広かった。
  • レイ・パンディータとのタッグで、江崎英治(ハヤブサ)のデビュー戦の相手を務めている(ハヤブサのパートナーはアミーゴ・ウルトラ)。
  • 得意技としていた『G・T・H』は「GO TO HELL」の意。チキンウイングフェイスロック式のリバースチキンウイング。尻餅をついた相手に羽根折り顔面絞めを極めた状態から、横回転。うつぶせにしてから自分は前方へとブリッジする大技。
  • 1992年からメキシコに海外武者修行に旅立つ。上野は当初、忍者風マスクマン「カミカゼ・ニンジャ」を名乗っていたが、同年4月にスペル・ムニェコとのコントラ・マッチに敗れ、マスクを取られる。5/15のティファナ大会で、タイガーマスクのようなマスクを被り「ウルトラ・タイガー」として、再びメキシコのリングに上がった。コスチュームはシューティング・スタイルで、蹴りを多用したファイトだったという。現地ではアミーゴ・ウルトラ(帰ってきたウルトラマン、ダミアン)、ウルトラ・タロウと「ウルトラ・ファミリー」なるトリオを組み、試合を行っていたこともあった。
  • 海外武者修行後、特撮ヒーローものを意識した全身コスチュームのマスクマン「超電戦士 (ちょうでんせんし) バトレンジャー」としてFMWマットで再デビュー(3/5、後楽園ホールでの中川浩二(現:GOEMON)戦にて)。
  • 「バトレンジャー」当初、かなり分厚いマスク・コスチュームで試合をしていたが、動きが不自由になるのと体力の消耗量が高いため、後に動きやすい物に改良された。これに合わせてリングネームも「超電戦士バトレンジャーZ (ゼット) 」と改めた。
  • 一時期、プロレスラーとして、FMWに入門していた中牧昭二は、10歳以上年下でありながらプロレス界では「先輩」である上野を苦手としていた。三宅綾が中牧に上野について聞いた際「上野?勘弁してくれよ。お前の同級生、ロクなもんじゃねぇ~よ」と答えたという。また上野も三宅に中牧のことを聞かれた際には「自分は中牧には何もしていない。しごくも何もすぐに消えたから」と話していたという。
  • 1994年、FMWを円満退社。
  • FMW退団後は、素顔の上野幸秀、マスクマン「超電戦士バトレンジャー」、或いは「ポリスメ〜ン」などのマスクマン、「杏仁師匠」といったキャラクターなど数々の顔を使い分け、フリーランスとして様々なインディー団体で活動している。 2004年、カナダの団体「ECCW」では、「UENO」の名でリングに上がった。

上野幸秀と三宅綾

  • 同じくFMWで活躍した三宅綾とは幼なじみ。中学生のとき、2人で両国国技館まで新日本プロレスを観に行き、入門を直訴する為に山本小鉄の出待ちをしたが、山本の乗った白いキャデラックを見失ってしまい、入門を断念する。
  • 上野と三宅は、プロレスデビュー後、対戦することが無かったが、1997/7/6、両国国技館で行われた「WAR」の『革命陽上・5 THE OPEN』にて、「三宅綾VS超電戦士バトレンジャー(上野)」の一騎打ちの試合が組まれ、中学の時、2人で観に行った両国のリングで初めて対戦が実現した(結果は7分50秒タイガー・ドライバーで三宅の勝利)。三宅曰く「お互いガチガチに緊張して、試合自体は‘塩(しょっぱい内容)’だったと思う」と語っている。

  



レイ・ブカネロ
Rey Bucanero
1974/7/19

アルテゥーロ・ガルシア・オルティスArturo García Ortiz)は、メキシコ・メキシコ州メキシコシティー出身の男性プロレスラー。CMLL所属。

来歴

伯父はピラタ・モルガンともいわれる。1991/11/18にプエブラでデビュー。

1997年3月にエル・サタニコ、エミリオ・チャレス・ジュニアと組んでアポロ・ダンテス、ブラック・ウォリアー、ドクトル・ワグナー・ジュニア組を破りCMLL世界トリオ王座を奪取。1998年から1年間WWF(現在のWWE)に「レイ・オルティス」のリングネームで参戦。1999年CMLL復帰し「ロス・ゲレロス・デル・インフェエルノ」に加入しルードに転向。2000年CMLL世界タッグチーム王座決定トーナメントでウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝しタッグベルトを奪取。2004年9月にオリンピコと組んで棚橋弘至、中邑真輔の持つIWGPタッグ王座にCMLLルールで対戦もベルト奪取に失敗。2006年5月にはアトランティスと組んで武藤敬司、ウルティモ・ドラゴン組と対戦するも敗退。同年7月にウルティモ・ゲレーロを破りCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取。同年TNAの「ワールドXカップ 2008」にボラドール・ジュニア、ウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝。

2010年8月に「ラ・ペステ・ネグラ」に加入。

日本では新日本プロレス、FMW、闘龍門、ドラゴンドアに参戦している。

獲得タイトル

  • CMLL世界タッグチーム王座(パートナー:ウルティモ・ゲレーロ)
  • CMLL世界トリオ王座(パートナー:エル・サタニコ、エミリオ・チャレス・ジュニア)
  • CMLL世界ライトヘビー級王座
  • コパ デ アレナ 1999 (パートナー:エル・サタニコ、ウルティモ・ゲレーロ)
  • トルネオ グラン アエウタナティバ 1996(パートナー:エミリオ・チャレス・ジュニア)
  • レヨンダ デ アズル 2006
  • ワールドXカップ 2008




 
トミー青山
1958/10/6 - 2011/7/19

元女子プロレスラー。本名・冨高 千賀子。三重県出身。

人物

中京大学を中退して全日本女子プロレスに昭和52年組として入門。メキシコ遠征を経験して、空中技を中心に多くの技をマスターした。

ルーシー加山とのタッグ「クイーン・エンジェルス」として活躍し、レコード「ローリングラブ」をリリースした。

リングネームは苗字から「トミー」、「青山」は全女の経営者である松永兄弟が青山で飲んでいた際に思いついたのが由来。

新人時代のライオネス飛鳥が付き人をしていた。

引退後は結婚して2児の母となったが、離婚。

2011年7月19日、食道癌のため死去。

経歴・戦歴

1977年
  • 9/5、大宮ステートセンターにて対塙せい子戦でデビュー。
1980年
  • 8月、右膝の故障のため引退。
2007年
  • 3月11日、ジャガー横田30周年記念興行にて30人ミラクルバトルランブルで他の全女OGらとともに参戦。

獲得タイトル

  • オールパシフィック王座
  • WWWA世界タッグ王座(パートナーはルーシー加山)

出演

  • 探偵物語 第10話「夜の仮面」(1979年、日本テレビ)ルーシー加山とともにレスラー役として出演













 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system