本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
7/26


 
 


 
 

トミー・リッチ
Tommy Rich
1956/7/26

トーマス・リチャードソンThomas Richardson)は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。テネシー州ヘンダーソンビル出身。ニックネームは "Wildfire"野生の炎)。

来歴

1974年、ジェリー・ジャレットにスカウトされ、地元のテネシー地区でプロレスラーとしてデビュー。以降1980年代を通し、テネシー地区(CWA)、ジョージア地区(GCW)、アラバマ地区(SECW)など、NWAの南部テリトリーを中心に活動。ジョージア地区ではオースチン・アイドル、マスクド・スーパースター、オレイ・アンダーソン、イワン・コロフ、バズ・ソイヤー、ファビュラス・フリーバーズなどトップクラスのヒールと流血の抗争を繰り広げ、ベビーフェイスとして一時代を築いた。

1981/4/27、ジョージア州オーガスタでハーリー・レイスを破り第59代NWA世界ヘビー級王者となる。その4日後にはマリエッタでレイスにタイトルを奪還されたが、この記録はジャイアント馬場をしのぐNWA世界王座史上の最短命記録であり、史上最年少での王座戴冠記録でもあった。マイケル・ヘイズがテレビ番組『WWE 24/7』で語ったところによると、この王座移動はNWAまたはレイスの許可なく、プロモーターの指示でレフェリーが早くカウントを取り勝利させたものだという。

1983年、全日本プロレスに初来日。その後も度々来日し、ジャンボ鶴田と名勝負を残した(リッチも鶴田もフライング・ボディシザース・ドロップを得意にしていた)。また、アメリカにおけるスタン・ハンセンの盟友として、プロレス専門誌の海外情報コーナーにもよく登場した。1980年代後半には古巣のCWAに復帰し、旧敵オースチン・アイドルと組んでジェリー・ローラーと抗争した(この抗争劇は、業界紙『レスリング・オブザーバー』において1987年の "Feud of the Year" に選ばれている)。

1991年からWCWへも参戦し、1993年にはUSWA、1995年にはジム・コルネットのSMWで活動。この頃になると体重も増加し、ラリー・シャープを思わせる風貌・体型になり、かつての金髪アイドルのイメージを完全に払拭してヒールに転向した。1996年よりECWに登場し、ザ・ビッグ・ドンThe Big Don)のニックネームでイタリア系ユニットF.B.I.のマネージャーとしても活動 。

2000年にECWを離れプロレス界から引退したが、2006年よりインディー団体への単発出場を開始。かつてのライバル達との因縁の対決も再現しており、2007年5月15日にジョージアのAll-Star Championship Wrestlingにてマスクド・スーパースター、同年8/5にクリーブランドのAll-Pro Wrestlingにてジミー・スヌーカと対戦した。2008/6/7には、アトランタで行われた "NWA 60th Anniversary Show" にてアブドーラ・ザ・ブッチャーとノーコンテストの激闘を演じている。2009/8/9にはECWの影響下にあるJCWが主催した "Bloodymania" に登場、サブゥー対レイヴェン戦においてレイヴェンのマネージャーを務めた。

獲得タイトル

GCW
  • NWA世界ヘビー級王座:1回
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:3回
  • NWAジョージア・タッグ王座:6回(w / トニー・アトラス、スタン・ハンセン×2、サンダーボルト・パターソン、ワフー・マクダニエル、クラッシャー・リソワスキー)
  • NWAジョージアTV王座:1回
  • NWAメイコン・ヘビー級王座:1回
  • NWAナショナル・ヘビー級王座:3回
NWAミッドアメリカ / CWA
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:2回
  • NWA南部ヘビー級王座(メンフィス版):2回
  • NWA USタッグ王座(ミッドアメリカ版):1回(w / トージョー・ヤマモト)
  • NWA6人タッグ王座:2回(w / トージョー・ヤマモト&ジョージ・グラス)
  • AWA南部ヘビー級王座:2回
  • AWA南部タッグ王座:4回(w / ビル・ダンディー×2、エディ・ギルバート、ダッチ・マンテル)
  • CWAインターナショナル・ヘビー級王座:1回
  • CWA世界タッグ王座:2回(w / ビル・ダンディー、ジェリー・ローラー)
SECW
  • NWAサウスイースト・コンチネンタル・ヘビー級王座:1回
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:3回(w / ビル・ダンディー、ジョニー・リッチ、スティーブ・アームストロング)
WCW
  • WCW世界6人タッグ王座:2回(w / リッキー・モートン&ジャンクヤード・ドッグ、リチャード・モートン&テレンス・テイラー)
USWA
  • USWAヘビー級王座:4回
  • USWA世界タッグ王座:4回(w / ダグ・ギルバート)
その他
  • SMWヘビー級王座:1回
  • AWFタッグ王座:1回(w / グレッグ・バレンタイン)

 
広告


坂口 征夫
1973/7/26

さかぐち ゆきおは、日本の総合格闘家。東京都出身。坂口道場横浜代表。

父親は元プロレスラーの坂口征二、弟は俳優の坂口憲二。

来歴

明大中野中学・高校と柔道を経験。柔道二段の腕前であり、父親が代表を務める坂口道場の柔道コーチも務めている。

当初はプロレスラーを目指していたが身長が低く断念。高校卒業後、建設会社に就職し、土木作業員として勤務。2004年には一級土木施工管理技士免許も取得している。

27歳で空手を始め、東都空手道選手権で準優勝、ルーキーチャレンジカップで優勝した。

30歳の時に、柔道時代の先輩にあたるGRABAKAの菊田早苗に相談し、総合格闘家になることを決意。

2006/9/16、パンクラスのアマチュア試合「パンクラスゲート」に出場。小野明洋と対戦し、2R膝蹴りによるKO勝利。

パンクラスゲートでの勝利により、12/2にプロデビュー予定であったが、練習中に右足薬指を骨折し、プロデビューが遅れた。

2007/4/27、パンクラスでプロデビュー。チェ・ヒュンソクと対戦し、左ストレートでKO負け。父のテーマ曲「燃えろ荒鷲」で入場した。33歳でのプロデビューとなった。

2007/7/27、パンクラスでチェ・キーソクとプロ第2戦目を行ない、スタンディングでのチョークスリーパーで一本勝ち、プロ初勝利を挙げた。

2007/10/14、パンクラスで本田朝樹とプロ第3戦目を行ない、喧嘩のような打撃戦を繰り広げたが、ヒールホールドで一本負け。

2008/4/27、階級をライト級に下げ、パンクラスで高橋渉とプロ第4戦目を行ない、打撃・サッカーボールキックであと1歩のところまで追い詰めたが、腕ひしぎ十字固めで逆転の一本負け。

2008年5月に自ら横浜市都筑区仲町台に、「坂口道場横浜」を設立。

2008/6/1、パンクラスで倉持昌和とプロ第5戦目を行ない、膝蹴り・踏みつけで相手を追い込み、1RサッカーボールキックでKO勝ち。

2008/6/28、TRIBELATE vol.18で北崎鎮とエキシビションマッチを行った。

2008/10/26、パンクラスで同団体ライト級4位の五十里祐一とプロ第6戦目を行ない、1Rに右フックでKO勝ち。試合後には、「実力が及ばないのは分かっている。でもお祭り的な要素として、呼んでいただけるなら出たい。憲二を担ぎだしてもいい」と年末年始のビッグマッチ参戦をアピールした。また、この勝利でパンクラスライト級4位となり、初のランキング入りを果たした。

2008/12/31、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜でアンディ・オロゴンと対戦。右アッパーでダウンしたところにパウンドを受け失神、KO負けとなった。

2009/6/7、パンクラスで戦極ライト級王者北岡悟と対戦し、アキレス腱固めで一本負け。

2009/9/19公開の映画『カムイ外伝』(松竹配給)で俳優デビューし、「渡り衆」として出演した。

2009/11/23、修斗で行なわれた修斗 vs. パンクラスの対抗戦で朴光哲と対戦し、ストレートでダウンをとりあと1歩まで追い詰めたが、カウンターの左フックで大逆転の失神KO負けを喫した。

2010/2/21、パンクラス事務所で会見を開き、身体のダメージなどを理由に現役引退を発表。2010/4/4、パンクラス興行で引退セレモニーが行なわれた。

2010年7月、専務として勤務していた建設会社から独立し、水道管工事を主に手掛ける会社を設立。

引退後は、2010/10/5にドラマ『クロヒョウ 龍が如く新章』に地下闘技場ファイター、TOMOKIとして出演したほか、2010年11月に劇場公開される映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』に田崎被告役で出演するなど、俳優としての活動が主となっていたが、同年12/30に行なわれる『戦極 Soul of Fight』にて格闘家として現役復帰することを発表。引退から8か月での復帰となった。なおスポーツ紙の取材に対しては「次にリングを下りるときは死ぬ時」と語っており、今後は生涯現役を貫く構えを示している。

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightでジョン・ジンソとSRCジャケットルールで対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2011年3月、東日本大震災の被災地である茨城県の水道管復旧工事を請け負い赴いた が、急遽、福島県小名浜地区での工事を依頼され快諾、5月までに地域全ての水道管復旧工事に従事した。






リングアナウンサー
阿部 誠
1977/7/26

日本のプロレス団体・全日本プロレス所属のリングアナウンサー。神奈川県横浜市出身。

経歴

2003/1/5、長野運動公園総合体育館大会でリングアナデビュー。

その後、木原文人が現場から離れる事が多くなり、本部席に常駐する機会が増えている。

エピソード

  • NECレッドロケッツ・東レ・アローズの熱烈なファンである。
  • 全日本プロレスの野球部でも活躍している。





ロデリック・ストロング
Roderick Strong
1983/7/26

アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身のプロレスラーである。本名はクリス・リンゼイ(Chris Lindsey)。堅実なテクニックと、バックブリーカー(背骨折り)に特化した異色のスタイルで注目を浴びている。

来歴

1994年の秋、かつて大学のレスリング選手だった父親が、ジム・ナイドハートの下でトレーニングを始めさせる。トレーニングへの参加を通し3代目レスラーのハリー・スミスと出会い、彼に触発されてプロレスラーになることを決意した。ナイドハートをはじめ、タンパ、フロリダ在住のレスラーの下でトレーニングを行った末に、2001年にデビュー。さっそくフロリダのインディ団体に参戦し始めた。

ROH

2003年9月、ペンシルベニア州を本拠地とするリング・オブ・オーナー(ROH)に参戦。その後、2004/5/22に行われた「ジェネレーション・ネクスト」にてアレックス・シェリー、オースチン・エイリース、ジャック・エバンスと共に若手ユニット「ジェネレーション・ネクスト」を結成。ファンの支持を集め、瞬く間に4人はROHの看板選手へと駆け上がった。

2005/12/17、オースチン・エイリースとのコンビでROHのタッグ王座を獲得。同王座はそれまで短期政権が多かったが、このコンビは20回近い防衛記録を打ち立てることになる。またロドリック個人としてもROH世界王座に挑戦。しかし、2006年下期になるとメンバーがバラバラに他の団体に参加するようになっていたため、ジェネレーション・ネクストを卒業という形で解散した。

その後もエイリースとROHタッグ王者として活躍していたものの、2006/9/16にニューヨークで開催された「Glory By Honor5 Night 2」にて、クリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリからなる「キングス・オブ・レスリング」に敗北、王座から陥落する。その後、タイトルを奪回しようと再三挑戦するが失敗し、エイリースとの仲が険悪になってしまう。

2007年に入ると2人はついに決別し、エイリースが新ユニット「ザ・レジリエンス」を、ストロングは「ノー・リモース・コープス」を結成し抗争を展開した。

プロレスリング・ノア

2009年7月に行われた第3回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦にブライアン・ダニエルソンと組んで出場。得点2点でAブロック3位の結果であった。

2010年10月に開催された第4回の同リーグ戦にもエディ・エドワーズと組んで出場した。

タイトル履歴

ROH
  • ROH世界ヘビー級王座
  • ROH世界タッグ王座 : 1回(w / オースチン・エイリース)
FIP
  • FIP世界ヘビー級王座 : 1回

その他、米インディ団体のベルト取得経験多数。


  



宮城 もち
1986/7/26

宮城県出身。身長156cm、体重65kg。

所属

  • アイスリボン(2010年 - )

経歴

2010年
12/22、アイスリボン247・イサミレッスル武闘館にて、エキシビジョンマッチ(対都宮ちい)でリングデビュー。
12/25、アイスリボン249・イサミレッスル武闘館にて、対しもうま和美戦で正式デビュー。
2011年
1/29、アイスリボン259・イサミレッスル武闘館にて、つくしとのシングルマッチを制し初勝利。
2/25、19時女子プロレス初参戦、対さくらえみ、都宮ちい組と対戦して敗れた(パートナーは藤本つかさ)。
3/21、アイスリボン後楽園ホール大会、悲恋とシングルマッチを戦うもアンクルホールドで敗れる。
6/1、アイスリボン272・イサミレッスル武闘館にて、さくらえみ&Rayが持つインターナショナル・リボンタッグ王座選手権で勝利、初戴冠した(パートナーは星ハム子)。

人物

  • デビュー前はヘアスタイリストで、練習生でデビューを控えていた長野レミ(現・長野ドラミ)が怪我のため、デビューが延期になったこともあり、練習生になってわずか20日という短期間でデビューを果たす。デビュー後はパワーファイターとして成長する。
  • 2011/2/11の道場マッチで、ガングロスタイルで登場し、対戦した藤本つかさや松本都から「妖怪!」と罵られ、レフェリーを務めたミスター雁之助から「反則だろ!」と言われ、大会後の座談会でパートナーのバンビから「またタッグを組んであげるから、その化粧はやめなさい」と諌められた。
  • その「もっちりバディ」と宮城弁を生かし、新人離れした独特のキャラクターを発揮。休場中だった星ハム子の穴を埋める存在となる。
  • 2011/5/5の後楽園大会を直前に控えた道場マッチ試合後の座談会で、後楽園大会のカードに出場を希望するダンスが得意な松本都、日本舞踊が得意な成宮真希に負けじと宮城が得意のパラパラを披露して3人揃っての大会出場を決めた。
  • 星ハム子復帰後は2人で「チームセクシー」を結成し活躍。チーム名は後に「らぶりーぶっちゃーず」へ変更。
  • 宮城出身ということもあり、センダイガールズ勢との絡みも多い。

タイトル歴

  • 第16代インターナショナル・リボンタッグ王座(パートナーは星ハム子)




 
世IV虎
1993/7/26

よしこは、日本のプロレスラー。東京都葛飾区出身。スターダム所属。

所属

  • スターダム(2011年 - )

来歴

プロレス入り前は喧嘩で度々補導されるヤンキーだった。

2011/1/23、新木場1stRINGで開催された「スターダム旗揚げ戦 〜Birth of nova 新星誕生!〜」のメインイベントで美闘陽子と対戦するも、10分31秒ドールBからのエビ固めで敗戦。

2/12、2戦目で夏樹☆たいようとのタッグで美闘&愛リス組と対戦。ヤンキー座り固めで美闘から勝利しリベンジ。














 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system