本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
6/4


 
 


 
 


ゴリラ・モンスーン
Gorilla Monsoon
1937/6/4 - 1999/10/6

ゴリラ・モンスーン

アメリカ合衆国のプロレスラー。本名ロバート・ジェームズ・マレラRobert James Marella)。ニューヨーク州ロチェスター出身。

そのプロレスラーとしてのキャリアのほとんどをWWWFで過ごし、引退後もWWFでビンス・マクマホンの片腕として要職を務め、テレビの中では実況アナウンサーを担当、生涯をWWEに捧げた。日本でのニックネームは「人間台風」。

愛称はジノ(Gino)、ゴリラ、モンスーンなど。現役時代は196cm、158kgの体格を活かしたパワーファイターとして活躍した。1994年、WWE殿堂入り。

来歴

現役時代

高校時代はレスリング、アメリカンフットボール、陸上競技などで活躍。アイザック大学を首席で卒業後、地元の高校教師となったが、その体格に目を付けられてスカウトされ1959年にジノ・マレラの名でデビュー。1963年4月に日本プロレスに初来日。同年8月、旗揚げ間もないWWWF(現WWE)に移籍し、ビンス・マクマホン・シニアから「満州出身の元アジア王者」ゴリラ・モンスーンのリングネームを与えられ、怪人ヒールに変身した。モンスーンの由来は前述の「人間台風」(訳すとヒューマン・タイフーンとなる)がヒントになったという。

1963年10月、いきなりブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座への挑戦者としてニューヨーク・デビュー。1か月後にはキラー・コワルスキーとのタッグでスカル・マーフィー&ブルート・バーナードを下しWWWF・USタッグ王座(世界タッグ王座の前身)に戴冠。さらにその数日後には再びサンマルチノに挑み、60分フルタイムドローの熱戦を繰り広げた。USタッグ王座は1965年にビル・ワットとのコンビでも、ジン・キニスキー&ワルドー・フォン・エリックを破り再度獲得している。

サンマルチノの最大のライバルとして活躍後の1969年、ザ・シークに襲われたところを、その宿敵サンマルチノに助けられ、彼との「友情ストーリー」を経てベビーフェイスに転向した。「満州出身」のプロフィールは削除され、ペドロ・モラレスがWWWF王者だった期間は、彼の通訳兼マネージャーとして活動。

1976年、モハメド・アリとアントニオ猪木の異種格闘技戦が決定すると(当時WWWFと新日本プロレスは提携関係にあった)、WWWFのリングに登場したアリに乱闘を仕掛け、エアプレーン・スピンを見舞っている。また翌年にはアンドレ・ザ・ジャイアントとボクシング・マッチを行った。1980年、ケン・パテラとのインターコンチネンタル王座と自身の引退を賭けた試合に敗れ、マイケル・シクルナと引退試合を行い、リングを降りた。

引退後

ビンス・シニアとの友情と信頼により、1976年からWWWFの親会社キャピタル・コーポレーション・レスリングの役員を務めていたため、現役時代からバックステージではブッカー / プロデューサーの立場にあった。ブルーザー・ブロディがWWWFを離れたのもマレラと大喧嘩をしたためである(もっとも、ブロディは各地のプロモーターと必ずと言っていいほど軋轢を起こしており、結局それが原因で刺殺された)。

ビンス・マクマホンが父からWWFを買収した際には自身の持株も売り、その後は裏方の業務と並行して眼鏡がトレードマークの冷静な実況アナウンサーを務めるようになる。ジェシー・ベンチュラ、ジョニー・バリアント、ボビー・ヒーナンといった「ヒール解説者」とのコンビで新時代のプロレスを聴覚面で担い、特にヒーナンとのコンビは現在でも史上最高とも評される。

1993年、実況アナの席をWCWから移籍してきたジム・ロスに譲り、裏方に専念。リング上では「WWF会長」に就任した(前任はジャック・タニー)。レッスルマニア12でのブレット・ハートvsショーン・マイケルズのアイアンマン・マッチでは、会長としてサドンデス式延長戦を命じている。また、『Metal』『Superstars』などの番組において、前座試合のコメンテーターとして再び放送席に座ることも度々あった。テレビ画面に最後に登場したのは1999年のレッスルマニア15で、同年10月6日に腎不全により死去。

WWEでは今でも、いつも彼が陣取って指示を出していた入場ゲート裏をゴリラ・ゾーンと呼ぶ(現在この席にはビンス・マクマホンが座っている)。人格者として多くの人に慕われ、2003年のWWE殿堂入り式典では、当年殿堂入りしたボビー・ヒーナンが壇上スピーチで親友モンスーンへの想いを語り、観客の涙を誘った。

ニューヨークで、同じくサンマルチノのライバルとして活躍した、ジャイアント馬場とも親友の間柄であった。そのため、1974年にWWFが新日本プロレスと提携した際も、サンマルチノ同様、馬場との友情関係を理由に新日本への参戦を拒否し、全日本プロレスに出場し続けていた。

獲得タイトル

WWE
  • WWWF USタッグ王座:2回(w / キラー・コワルスキー、ビル・ワット)
  • WWF Hall of Fame:1994年度(プレゼンターはジム・ロス)
その他
  • WWA世界タッグ王座(ロサンゼルス版):2回(w / ルーク・グラハム、エル・モンゴル)
  • IWA世界ヘビー級王座(オーストラリア版):1回
  • WWC北米ヘビー級王座:2回

 
広告



ジョー・マレンコ
Joe Malenko
1955/6/4

ジョー・マレンコ

アメリカ合衆国のプロレスラー。本名はジョー・サイモンJoe Simon)。フロリダ州タンパ出身。

父はプロレスリング・スクール "Malenko School of Wrestling" (マレンコ道場)を設立し、「チェーン・デスマッチの鬼」の異名を持つボリス・マレンコ。実弟はWWEでロード・エージェントを担当しているディーン・マレンコ。

来歴

父のボリス・マレンコや英国人プロレスラーのトニー・チャールズのトレーニングを受け、フロリダ大学卒業後の1977年にデビュー(1978年、メキシコでキラー・カーンを相手にデビューしたともされる)。

インディー団体GWAにて活動後、1985年5月にジョー・ソルコフJoe Solkoff)のリングネームで旧UWFに初来日。1988年からはジョー・マレンコとして全日本プロレスの常連外国人選手となり、1989年1月に渕正信、7月に百田光雄を破り、世界ジュニアヘビー級王座を2回獲得している。弟のディーン・マレンコとのタッグチームでも活躍し、ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスのブリティッシュ・ブルドッグスとも好試合を展開した。1992年8月からは藤原組に度々来日し、1995年2月には新日本プロレスに初登場。同年12月には藤波辰爾の自主興行『無我』の第2弾興行にも参加した。

本国アメリカでは1992年にWCWに登場、6/16開催のPPV "Clash of the Champions XIX" で行われた復活版NWA世界タッグ王座の争奪トーナメントにディーンとのコンビで出場したが、1回戦でリッキー・スティムボート&ニキタ・コロフに敗退した。1994年からはECWに参戦し、11/18にフィラデルフィアのECWアリーナにて、ディーンと組んでサブゥー&タズマニアックと対戦している。以降もECWのフロリダでのハウス・ショーに時折出場し、スティービー・リチャーズらと対戦した。

セミリタイア後の1998/5/11にはWCWの『マンデー・ナイトロ』に登場、当時ディーン・マレンコと抗争していたクリス・ジェリコと対峙した。引退後は地元のフロリダにて薬剤師に転じている。

2010年11月、全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦』に西村修とのチームで出場。両者は1990年代からの旧知の間柄であり、ECWでも対戦したことがある。

獲得タイトル

  • 世界ジュニアヘビー級王座:2回






宮戸 優光
1963/6/4

宮戸優光

本名宮戸 成夫(みやと しげお)は、神奈川県出身の元プロレスラー、現U.W.F.スネークピットジャパン代表、イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)ゼネラル・マネージャー。神奈川県出身。現役時公称身長177cm、体重93kg。

来歴

現役時代

1985/9/6の第1次UWFデビュー後、安生洋二と中野龍雄を撃破し頭角を現す。

1988年、第2次UWFの旗揚げに参加。前田日明、高田延彦らと行動を共にしたが、選手間での結束を呼びかけた前田の提案に安生とともに異を唱えた。その後第2次UWFは解散したため、この一件が解散の一つの契機となったという説もある。

その後、高田を中心としたUWFインターナショナルの旗揚げに参加する。選手というより、裏方として「1億円トーナメント」などの当時としては画期的なプロモーションやゲーリー・オブライトら強豪外国人レスラーの発掘などで活躍し「Uインターの頭脳」、「Uの新間」と呼ばれた(これらについてはUWFインターナショナル#特色項を参照)。1億円トーナメントの開催や高田延彦対蝶野正洋戦実現のため新日本プロレス事務所訪問事件を起こしたため、後に対抗戦を主導することとなる長州力にはかなり疎まれていた。

1995年9月、新日本プロレスとの提携路線に反発し、Uインターを退社し引退。よって、10/9の新日本プロレス東京ドーム大会で開催された「新日vs Uインター全面戦争」の第5試合として組まれていた「対蝶野正洋」戦は流れた。

引退後

引退後は料理人を目指し、周富徳に弟子入りしていたが、流智美の仲介でルー・テーズに再会したことをきっかけにプロレスへの情熱が再燃し、1999年キャッチ・アズ・キャッチ・キャンの一般会員制ジムU.W.F.スネークピットジャパンを設立し代表に就任した。ヘッドコーチにビル・ロビンソンを招聘し、2011年現在も井上学、鈴川真一、鈴木秀樹、定アキラら後進の指導にあたっている。

2002/11/24、PRIDE.23で高田延彦対田村潔司戦ではUインター時代のジャージを着用し、田村のセコンドを務めた。

2003年7月、著書『U.W.F.最強の真実』発売。これを契機に『Kamipro』などのプロレス専門誌での評論活動が増加する。

2006年5月、かつての同僚・垣原賢人の引退試合でも、新日本プロレスのリングに姿を現した。

2008年9月、U.W.F.スネークピットジャパンとIGFの業務提携が発表され、宮戸はIGFのリングゼネラルマネージャーに就任した。

著書







納見 佳容
1976/6/4

納見佳容

本名:堀内 佳容(ほりうち かよ、旧姓:納見)は、日本の女優・元プロレスラー。愛知県知立市出身。トゥインクル所属。

来歴・人物

1995/10/14、全日本女子プロレス(全女)後楽園ホール大会でデビュー(相手は最上眞理)。翌年3月に退団(退団する直前に観月ありさをもじった「水無月えりさ」というリングネームに改名する予定だった)。その後約1年間の社会人生活を経て、1997年に全女に復帰、再デビュー。そのルックスからアイドルとして人気を集め、脇澤美穂、中西百重、高橋奈苗(脇澤引退後は西尾美香)とキッスの世界としてCDデビューを果たした。

ルックスの良さと、細身の身体でのファイトで人気を集めていたものの、自身はなかなか増えない体重に悩まされていたようである。久光製薬の湿布薬(のびのびサロンシップ)のCFキャラクターに抜擢された際のキャッチコピーである「こう見えても、彼女はプロレスラー」がそれを象徴していると言える。プロレス週刊誌の企画で、逆ダイエット(体重増加)企画を行ったこともあった。

2004/4/18、後楽園ホールでの前川久美子戦で引退。その後つかこうへいの下で鍛えられ、女優に転身した。主に舞台を中心に活動。

2007/4/15、2002年頃に知り合いその後交際を続けていたダンスユニット「PaniCrew」のメンバー堀内和整と入籍した。2010年に第一子(長男)を出産。

2011/6/3 スターダム入団し10年ぶりに本格復帰

プロレスラー時代のタイトル

  • 全日本タッグ王座(第24代、第27代、第29代。パートナーはいずれも脇澤美穂)
  • 全日本シングル王座(第31代、第33代)
  • オールパシフィック王座(第43代)

入場テーマ曲

  • SMILE ON THE BATTLEFIELD (格闘女神ATHENA feat. キッスの世界に収録)

女優としての活動

  • 舞台
    • 蒲田行進曲(2004年9月1日 - 3日)
      つかこうへいにこの作品で鍛え上げられた。
    • 革命の林檎(2004年12月22日 - 29日)
    • 悲しき天使(2005年8月2日 - 7日)
    • BANG! BANG! BANG! 〜ちょっとだけ大作戦!〜(2005年9月7日 - 11日)
    • 幕末ノ丘(2006年5月31日 - 6月4日)
    • 新・夏の魔球(2006年9月28日 - 10月1日)
    • 男・運(2006年10月6日 - 9日)
    • ベニバラ兎団「7@dash II ~業務連絡! 主演女優が居なくなりました~」(2009年4月1日 - 5日、中野ザ・ポケット)
  • ドラマ
    • ランブリングフィッシュ(KBS京都)- 三沢絵里子 役
    • Cross Chord(DVD)
  • その他の番組
    • 超豪華!!スタア同窓会(2010年10月5日、日本テレビ)
  • 映画
    • 猿飛佐助II 〜闇の軍団〜(月影役)(2005年秋公開)
  • 写真集
    • Damage(2001年)インターメディア出版 カメラマン:沢渡朔
    • CAT(2002年)ワニマガジン社 カメラマン:沢渡朔
    • MININO(2003年)双葉社 カメラマン:小塚毅之
    • Know Me?(2003年12月24日)竹書房 カメラマン:長濱治
  • 声優
    • BLEACH(夏井真花役)(2004年10月5日 - )
  • シングル
    • バクバクKiss(2000年)
    • Kiss Of The World(2001年)
  • アルバム
    • バクバクKissの世界 -W EXPLOSION-(2000年)
  • DVD
    • Woo ye!!(2003年8月15日、イーネット・フロンティア)
    • COLD MOON(2008年10月7日、アタッカーズ)
    • 野獣学園(2008年12月7日、アタッカーズ)
    • 女郎月(2009年4月7日、アタッカーズ)

 納見佳容写真集
Know Me?
納見佳容写真集「Know Me?」


minino
納見佳容写真集
minino 納見佳容写真集


CAT
納見佳容写真集
CAT 納見佳容写真集


Damage 納見佳容写真集 納見佳容
のんのん・ハイパー
納見佳容 のんのん・ハイパー



 女郎月
もちづきる美/大竹一重/
西本はるか/納見佳容 ATTACK ZONE
女郎月 もちづきる美 大竹一重 西本はるか 納見佳容 ATTACK ZONE
 COLD MOON
納見佳容/尾崎魔弓/
キューティー鈴木
アタッカーズ
COLD MOON 納見佳容 尾崎魔弓 キューティー鈴木 /アタッカーズ

 野獣学園
井上貴子/紫雷美央/
納見佳容

野獣学園


脇澤美穂

  




りほ
1997/6/4

 
りほ アイスリボン

日本の女子プロレスラー。東京都品川区出身。アイスリボン所属。

経歴・戦歴

2006年
  • 5/29、品川中小企業センター大会、対高橋奈苗戦でデビュー(このとき小学3年生)。
2007年
  • 9/8、Future Star Vol.2北沢タウンホール大会、666ラム会長との小学生レスラー対決を実現。
2008年
  • 10/24、千本桜ホール大会、佐藤悠己をパートナーに迎え、インターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦し勝利。初タイトルを獲得した。
2009年
  • 3月、学校で右足甲の横を骨折、全治4週間の診断を受け長期欠場。これに伴いタッグ王座も返上。
  • 4/25、復帰。
  • 8/8DDT新木場大会(ビアガーデンプロレス・ケニー・オメガプロデュースデー)、名古屋スポルティーバエンターテイメント所属の小学生レスラー・ミスター6号との初対決。
  • 8/23、後楽園ホール大会、年内引退を表明していたラム会長との再度の対決。10/31666新木場大会の出場を要請され、承諾する。
  • 同日DDT両国国技館大会「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」アイアンマンヘビーメタル級王座争奪ロイヤルランブルに出場したが、中澤マイケルに対するくるくるリボンが失敗し、敗退(直後、中澤は大ブーイングを受ける)。
  • 8/29・8/30戸田競艇場大会、ヒールメイクをしたさくらえみ・星ハム子を相手に2日連続でメインを務め、2日共くるくるリボンでさくらを仕留めて勝利(パートナーは29日が藤本つかさ、30日が聖菜)。
  • 10/24、さくらえみの持つICE×60王座に初挑戦。敗れるも、当日ベストバウトの呼び声高い闘いを見せた。
  • 11/14、都宮ちいとタッグチーム「ミニチュアダックス」を結成。
  • 11/28、新設されたトライアングルリボン王座の初代王者決定戦3WAY戦(vs藤本つかさvs高橋奈苗)に勝利し、シングル初タイトルを獲得。
2010年
  • 1/23、抗争中の松本都に唆され、都宮と共に団体初のハードコアマッチに挑戦(vs松本都・高橋奈苗)。凶器こそパイプ椅子・拡声器・プラスチック製ハンガー・ハリセンといった物ばかりで、流血もなかったが、試合後の座談会で、「パイプ椅子を持って鏡の前に立ったら絵になった」と発言、シングルでの挑戦も希望した。
  • 3/28、風香祭Final、17人参加ロイヤルランブルに出場、鈴木みのる・FUJITA(藤田ミノル)をオーバー・ザ・トップロープで同時に撃破し、優勝。
  • 4/3、松本都の持つICE×60王座に挑戦し勝利。第7代王者となった。これにより、アイスリボン制定のタイトル全てを獲得。また試合後、次期挑戦者にさくらえみを指名し、5/3後楽園大会メインでの実施を要求、承諾される。
  • 5/3、後楽園大会メインでさくらえみを相手にICE×60王座防衛戦。日本格闘技史上最年少となる12歳10か月で後楽園メインイベンターを務めた。試合はラ・マヒストラルで敗れ王座陥落。
  • 6/13、DDT後楽園大会「ベストオブスーパーどインディー」にミスター6号と組んで参加、最終戦で飯伏幸太・ケニー・オメガ組をオーバーザトップロープで破り優勝する。また、この時ケニーと意気投合しミスター6号とでタッグを組み、当時日本海6人タッグ選手権王者だったマッスル坂井組を下して王座を奪取、DDT「両国ピーターパン2010 〜夏休み ああ夏休み 夏休み〜」での6人タッグ3冠戦への参戦が決定する。
  • 7/25、DDT「両国ピーターパン2010 〜夏休み ああ夏休み 夏休み〜」にて、UWA・自由が丘広小路会認定・日本海認定の6人タッグ3冠統一戦に勝利し6人タッグ3冠王者となった。
    • ただしケニー・オメガは、同大会での飯伏幸太vs丸藤正道戦中止に伴うカード変更により、日本海認定王座を大日本プロレス・グレート小鹿に譲渡している。
  • 9/23、後楽園ホール大会にて、葛西純・"黒天使"沼澤邪鬼(045邪猿気違's)・松本都組を相手に6人タッグ3冠王座防衛戦を戦い、勝利。
  • りほに酷似した覆面レスラーの「ブラックチェリー」がチェリーと抗争を展開する(後にみなみ飛香似の覆面レスラーも加わり、ブラックチェリー1号・2号となる)が、10/3ユニオンプロレス新宿FACE大会でのチェリー・さくら組戦を経て一旦和解。
  • 11/13、イサミレッスル武闘館大会にて志田光と組み、さくらえみ・高橋奈苗組の持つインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦するも敗退。
  • 11/20、イサミレッスル武闘館大会、高橋奈苗とデビュー戦以来約4年半振りとなるシングルマッチを戦う。
2011年
  • 1/3、ユニオンプロレス後楽園ホール大会、さくらえみ似の3号を加えたブラックチェリー軍が再びチェリーらと対戦。
  • 1/4、新木場1stRING大会「新春リボン」にてみなみ飛香と組み、志田光・藤本つかさ組の持つインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦するも敗退。
  • 1/30、女子キックボクシング大会J-Girls新宿FACE大会において、アイスリボン提供試合に出場。
  • 2/6、今池ガスホール大会「名古屋リボン」にて真琴と組みタッグトーナメントに出場。決勝で志田光・藤本つかさのタッグ王座に挑戦するも敗退。
  • 2/11、KAIENTAI-DOJOとの合同興行「K-RIBBON」にて梶トマトと組み、稲松三郎・松本都組と対戦し勝利。
  • 4/16、アイスリボン・大阪リボンにて、つくしと組んでさくらえみ&Rayが持つインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦するが敗れた。

タイトル歴

  • インターナショナル・リボンタッグ王座(第4代。パートナーは佐藤悠己)
  • トライアングルリボン王座(初代)
  • ICE×60王座(第7代)
  • 日本海認定世界6人タッグ王座(第2代&第3代。パートナーはケニー・オメガとミスター6号→ケニーからグレート小鹿に譲渡されミスター6号とともに第3代王座に認定される。)
  • UWA世界6人タッグ王座(第42代。パートナーはグレート小鹿とミスター6号)
  • 自由が丘広小路会認定6人タッグ王座(第6代。パートナーはグレート小鹿とミスター6号)

人物

  • 同じアイスリボンに所属する姉の聖菜と共に「ライト姉妹」と呼ばれている。
  • 代表のさくらえみに対する勝率は団体内でトップクラス。マイクパフォーマンスでも「毒」を持ち合わせる。
  • 相手が年長の大物選手であっても物怖じしない性格で、道場マッチで葛西純と6人タッグで対戦した際には、「葛西がいるのに通常ルールではつまらない」との理由で自らハードコアリボンにしたり、センダイガールズとの対抗戦にアイス側が敗れた際には、リング上で里村明衣子に対し、10代の選手たちを代表して「絶対にお前たちを倒す!それはいつかって、3年後だ!」と言い放つなどのエピソードを持っている。
  • タッグ戦でも自分の世界へと強引に持って行く。ブラックバファローなどの大物選手と組んだときであっても同様。特に松本浩代は最も振り回されている。
  • 市来貴代子を目標としており、市来と組むときは、ニックネームが「不良娘」に変わる。

入場テーマ曲

  • 「おどるポンポコリン」(B.B.クイーンズ)。

映画

  • 平成トンパチ野郎〜男はツラだよ〜(2009年)(マジカル/グラッソ)

メディア出演

  • 手紙バラエティ 三丁目のポスト(2007年10月22日(10月7日市ヶ谷大会) テレビ東京系列)
  • 筋肉美女-Muscle Venus(2008年4月-6月 テレビ埼玉)

ゴールデン・リボン 後楽園ホール大会(アイスリボン180)
さくらえみvsりほ/2/2

ユニオンプロレス 2011/1/3 新木場1st
チェリー/松本浩代/大畠美咲vsブラックチェリー1号/2号/3号

アイスリボンTEENS
















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system