本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
6/9


 
 


 
 


ザ・シーク
The Sheik
1926/6/9 - 2003/1/18
ザ・シーク

本名:エドワード・ジョージ・ファーハットEdward George Farhat)アメリカ合衆国のプロレスラー。ミシガン州ランシング出身のアラブ系アメリカ人(ギミック上はヨルダン・アンマン出身)。日本での異名は「アラビアの怪人」。プロモーターとしても活躍し、「デトロイトの帝王」と呼ばれた。

「シーク(首長)」の名を冠したプロレスラーは数多く存在するため、本国アメリカでは尊敬の意味も込めジ・オリジナル・シークThe Original Sheik)とも呼ばれる。

甥のサブゥーもプロレスラー。

来歴

両親はレバノンからの移民であり、10人兄弟の1人としてミシガン州ランシングにて生まれる。学生時代はアメリカンフットボールの選手だった。17歳のときに年齢を偽って陸軍に入隊し、第二次世界大戦に出征。その後、プロモーターのバート・ルビーにスカウトされ、1950年にプロレスラーとしてデビュー。デビュー前は、モンタナ州ビュートの銅山で採鉱夫をしていたともされる。

アメリカでの活躍

当初は普通のファイトスタイルでテキサス州等を転戦し、ドリー・ファンク・シニアとも戦った。リングネームもザ・シークではなく、「ザ・シーク・オブ・アラビア(アラビアの酋長)」だった。

その後「蛇」「侍女」「火炎攻撃」などのギミックを用い独自のスタイルを確立、1962年5月にはセントルイスでパット・オコーナーを破り、セントラル・ステーツ版のNWA USヘビー級王座を獲得している。1964年にはデトロイト地区のプロレス興行権を買い取り、「ビッグ・タイム・レスリング」を設立。NWAの会員資格を取得し、プロモーターとしても有力な存在となった。

1965年2月、ジョニー・バレンタインからデトロイト版のNWA USヘビー級王座を奪取。以降1980年5月まで15年強に渡り、バレンタイン、ボボ・ブラジル、ジノ・ヘルナンデス、テリー・ファンクらを破り同王座を通算15回獲得した。

他地区にも精力的に遠征しており、西海岸のロサンゼルス地区では1969年にフレッド・ブラッシーやミル・マスカラスとNWAアメリカス・ヘビー級王座を争っている。ニューヨークのWWWFでは1960年代にブルーノ・サンマルチノやアントニオ・ロッカと抗争(1968年のMSG定期戦では、10/21・11/18・12/9の3カ月連続でサンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に挑戦)、1970年代からは旧友グラン・ウィザードをマネージャーにスポット参戦し、1973/12/14には、同12/10日にスタン・ステイジャックを下しWWWF世界ヘビー級王者に返り咲いたサンマルチノの初防衛戦の相手を務めている。また、1974年にはトロントのメープル・リーフ・ガーデンにてアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦。1979/8/25には、デトロイトに遠征してきたボブ・バックランドのWWFヘビー級王座に挑戦している。

プロモーターとしてもWWWF / WWFやカナダのトロント地区(メープル・リーフ・レスリング)などと提携し繁栄マーケットを築いていたが、日本車輸出量の増大によるデトロイトの景気急落などの諸事情で観客動員が落ち込み、1980年10月にビッグ・タイム・レスリングは活動を停止。以降はフリーランサーの立場で各地を転戦するようになり、フロリダ地区ではダスティ・ローデスと流血戦を展開。デトロイト時代の盟友アンジェロ・ポッフォ(ランディ・サベージの父親)がレキシントンで旗揚げしたICWなどにも参戦していたが、1982年以降はセミリタイア状態となった。

なお、セミリタイア後は後進の指導・育成を手掛け、甥のサブゥーをはじめ、ロブ・ヴァン・ダムやスコット・スタイナーらミシガン出身の選手をトレーニングしている。また、晩年はハードコア・レスリングのオリジネーターの1人として再評価されていた。

日本での活躍

日本には1972年9月、末期の日本プロレスに初来日。坂口征二とUNヘビー級王座を賭けての2連戦を行い、初戦で王座を奪取している(第2戦で奪回される)。翌1973年3月、全日本プロレスに初参戦。ジャイアント馬場が持つPWF世界ヘビー級王座の初防衛戦の相手を務めた。1974年11月には新日本プロレスにも参戦し、沖縄でアントニオ猪木とのランバージャック・デスマッチも行われたが、シリーズ途中に緊急帰国してしまった(キラー・ブルックスらがビッグ・タイム・レスリングから選手を引き抜き、デトロイトで新団体を興したことによる)。シークが新日本プロレスに参戦したのはこの1シリーズのみである。

1977年12月、全日本の『世界オープンタッグ選手権』にアブドーラ・ザ・ブッチャーと「地上最凶悪コンビ」を組んで参加。ザ・ファンクスを相手に凶器攻撃(主に五寸釘とフォーク)で大流血戦を繰り広げた。以降も全日本プロレスを日本での主戦場にファンクスとの抗争を続けるが、1979年の『世界最強タッグ決定リーグ戦』では、ブッチャーと仲間割れして顔面に火炎攻撃を見舞った。

翌1980年5月に行われたブッチャーとの遺恨戦では、実況席の倉持隆夫アナウンサーを襲い流血させた。同年暮れの世界最強タッグでは「シークのコピー」といわれたグレート・メフィストを連れて参戦、ブッチャー&キラー・トーア・カマタ組との最終戦では両者リングアウトに持ち込みブッチャー組の優勝を阻止している。1981年の世界最強タッグにはマーク・ルーインとのコンビで参加。ブッチャーと入れ替わりに新日本から移籍してきたタイガー・ジェット・シンと抗争を繰り広げたが、シンとのシングル戦ではリングアウト負けを喫した。その後、自ら保持するデトロイト地区USヘビー級選手権とシンの保持するUWA世界ヘビー級選手権のダブルタイトル戦をぶち上げるものの、ストーリーは続かず、昭和期ではこれが最後の来日となった。

1991年11月、FMWへの参戦で10年ぶりの来日が実現。以降はFMWを主戦場として、大仁田厚と抗争を繰り広げた(アメリカでも活動を再開し、1994年にはECWにも登場してケビン・サリバンやタズマニアックと対戦している)。

1992/5/6、FMW兵庫県・三田市大会における大仁田&ターザン後藤VSシーク&サブゥーのファイヤー・デスマッチでは、リングの周りの火炎の勢いが強すぎるというアクシデントが起きた。リングは凄まじい火炎に囲まれ酸欠状態となり、異変を察知したレフェリー・レスラー達は次々とリングを飛び降りたがシークは最後まで異様な姿でリング内に残り、ぎりぎりでリングから降りると逃げ惑う観客に睨みをきかせ、場外でも更に大仁田に火炎攻撃を仕掛けた。ノーコンテストの裁定が下ると自ら救急車に乗り込み病院へ直行した。

1998/12/11、大仁田が旗揚げした新団体「USO倶楽部」の後楽園ホール興行にて、本人を招いての引退セレモニーが行われた。

死去

2003/1/18、故郷のランシング近郊のミシガン州ウィリアムストンにて心不全により76歳で死去。彼の死は、当時来日したアブドーラ・ザ・ブッチャーによって、日本のファンに伝えられた。

2007年、プロレス界における功績を称えWWE殿堂に迎えられた。顕彰式は3/31、かつての本拠地ミシガン州デトロイトのフォックス・シアターで行われ、サブゥーとロブ・ヴァン・ダムがプレゼンターを務めた。

獲得タイトル

  • NWA USヘビー級王座(デトロイト版):15回
  • NWA USヘビー級王座(トロント版):4回
  • NWA USヘビー級王座(セントラル・ステーツ版):1回
  • NWA UNヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:2回
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
  • IWAインターナショナル・ヘビー級王座(モントリオール版):2回
  • ICW USヘビー級王座:2回
  • WWE Hall of Fame:2007年度

 
広告


森居 知子
1978/6/9

東京都多摩市出身。JWP女子プロレス所属。
2001/9/23、後楽園ホール大会において、対北上知恵美戦

所属

  • 全日本女子プロレス(2001年 - 2002年)
  • 伊藤薫プロレス教室(2006年 - 2010年)
  • 時津事務所(2011年)
  • JWP女子プロレス(2011年 - )

来歴

2001年
  • 全日本女子プロレスに平成13年組として入団。
  • 9/23、後楽園ホール大会において、対北上知恵美戦でデビュー。
  • 12/24、後楽園ホール大会で行われた、「2001年度新人王決定ワンデイトーナメント」において、佐藤綾子と北上知恵美を降して優勝。2001年度新人王となった。
2002年
  • 2月、全日本女子プロレスを退団。
2006年
  • 3月、伊藤薫プロレス教室に入門。
  • 5/22、プロテストに合格。
  • 9/23、東京・新木場1stRING「伊藤薫道場〜心〜第一章」において佐藤綾子と対戦し、敗れる。
2008年
  • 11/16、総合格闘技デビューとなるJEWELS 旗揚げ戦で藤井惠と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。
2009年
  • 9/13、JEWELS 5th RINGのROUGH STONE GP 2009 -60kg級 1回戦で及川千尋と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。
  • 12/11、JEWELS 6th RINGのROUGH STONE GP 2009 -60kg級 決勝でアレクサンドラ・サンチェスと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け、準優勝となった。
2010年
  • 10/17、小林華子とともに伊藤道場を退団。
2011年
  • 「女子プロレスオールスターズ」を主催する時津事務所と契約。フリーランスとして主にJWPで活動する。
  • 1月16日、中森華子(小林華子から改名)とともに「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2011」に参戦。
  • 3/6、中森とともにJWP正式入団が発表される。同時に「ザ☆WANTED!?」にも加わる。

森居知子ブログ

4/20発売!
女子総合格闘技
JEWELS
WOMEN'S FIGHTING
ENTERTAINMENT
女子総合格闘技JEWELS WOMEN'S FIGHTING ENTERTAINMENT~


JEWELS紹介







  

















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system