本文へスキップ
 



5,000本以上の動画から
キーワード検索!

Google

WWW を検索
"極め”内検索
重要なお知らせ
2010/8月以降おまとめは休止しました。
動画検索はキーワードで!!


リンク切れ、レンタル、
お探し中などの問い合わせ

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
6/21

新着(ニュース、興行・結果、Youtube動画)
今日は何の日?


エリカス・ペトライティス
Erikas Petraitis
1978/6/21

リトアニア出身の総合格闘家。リングス・リトアニア所属。ニックネームは「小さなミーシャ」。

来歴

2003/3/9、ZST2で総合プロデビューし、今成正和に判定負け。

その後もZST、リトアニアBUSHIDO、修斗等で活躍。

2006/3/15、HERO'Sに参戦。宮田和幸と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け。


 
広告


ジェイ・ヤングブラッド
"The Renegade" Jay Youngblood
1955/6/21 - 1985/9/2

スティーブン・ニコラス・ロメロSteven Nicolas Romero)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。テキサス州アマリロ出身。

インディアン・ギミックのベビーフェイスとして活躍し、リッキー・スティムボートとのアイドル系タッグチームで大人気を博した。父親のリッキー・ロメロ、弟のマーク・ヤングブラッドとクリス・ヤングブラッドもプロレスラーである。

来歴

デビュー当時は地元テキサスのアマリロ地区にてシルバー・ストリークSilver Streak)のリングネームで活動、1976/2/27に父リッキー・ロメロとのコンビでNWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座を獲得している。

その後、ジェイ・ヤングブラッドJay Youngblood)に改名し、オレゴンやワシントンをサーキット・エリアとする太平洋岸北西部のPNW(パシフィック・ノースウエスト・レスリング)にて活動。1977年10月には全日本プロレスに初来日、インディアン・レスラーの大御所ワフー・マクダニエルのパートナーを務めた。

1979年よりジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナのNWAミッドアトランティック地区に進出し、リッキー・スティムボートとタッグを結成。同年10月24日、ポール・ジョーンズ&バロン・フォン・ラシクを破り、ミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座を獲得した。以降、レイ・スティーブンス&グレッグ・バレンタイン、スティーブンス&ジミー・スヌーカなどのチームと激闘を展開し、同地区を代表する人気タッグチームとなる。1980/4/21にはニューヨークのWWFにもゲスト出場し、マディソン・スクエア・ガーデンのリングでトーア・カマタ&ブルドッグ・ブラワーから勝利を収めた。

1981年は単身で古巣のPNWをサーキットし、NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を巡りバディ・ローズと抗争。1982年5月にはスティムボートと共に全日本に再来日、6/1に大仁田厚のNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座にも挑戦した。全日本には同年11月の世界最強タッグ決定リーグ戦にもスティムボートとのコンビで出場、開幕戦でのスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディのミラクルパワーコンビとの対決は名勝負として語り草となった。

以降も本国ではNWAミッドアトランティック地区を主戦場にスティムボートと組んで活躍、1983年にはサージェント・スローター率いるコブラ・コープス(スローター、ドン・カヌードル&ジム・ネルソン)やブリスコ・ブラザーズ(ジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコ)とNWA世界タッグ王座を争った。

1984年よりマーク・ヤングブラッドとのインディアン兄弟コンビでフロリダのCWF(チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)に参戦し、翌1985年1月1日には、クラッシャー・クルスチェフ&ジム・ナイドハートからNWA USタッグ王座を奪取。その後も同王座を巡り、ココ・B・ウェアとノーベル・オースチンのプリティ・ヤング・シングス(PYTエクスプレス)と抗争した。

同年9月2日、遠征先のニュージーランドで心臓発作を起こし死去。30歳没。

獲得タイトル

NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / リッキー・ロメロ)
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):5回(w / リッキー・スティムボート)
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:3回(w / ポークチョップ・キャッシュ、ジェイク・ロバーツ、リッキー・スティムボート)
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:4回
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:1回(w / ジョー・ライトフット)
NWAオールスター・レスリング
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座(バンクーバー版):1回
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ジョー・ベンチュラ)
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアンTV王座(トロント版):1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):2回(w / マーク・ヤングブラッド)





グレート草津
1942/2/13 - 2008/6/21

日本の元ラグビー選手、プロレスラー。本名は草津 正武

来歴

熊本工業高校、八幡製鐵所でラグビー選手として活躍。日本代表にも選出され、100メートルを11秒台で走る快速ロック(LO)として鳴らす。

宮井国夫、土屋俊明といった大学出の選手らとともに、八幡製鐵所ラグビー部の黄金時代の一翼を担い、日本協会招待NHKカップ(現在の日本ラグビーフットボール選手権大会)、全国社会人ラグビーフットボール大会の優勝メンバーの一員として名を連ねた。また1963年のブリティッシュ・コロンビア戦に出場し、日本代表キャップ1を獲得している。

プロレス

1965年8月に日本プロレスに入団。豊登から出身地の熊本にちなんで草津清正のリングネームを付けられ、ジャイアント馬場の付け人となる。1966/3/21、本間和夫戦でデビューするが、団体の放漫経営に嫌気がさし、その年のうちに退団。同じく同団体を退職していた吉原功とともに国際プロレス(以下「国際」)の旗揚げに参加する。

バックドロップ失神事件

1968/1/3、TBS定期放送初回でルー・テーズに挑戦したTWWA世界ヘビー級選手権メインイベントでのKO敗戦は、草津がその後遂にエースになれなかったこと、また国際プロレスが苦しい経営を続けて終焉を迎えたことから、草津のレスラー人生のみならず、団体の運命をも決定づけた一戦として、早くから伝説的に語られてきた。「失神」とされることが多いが、完全な失神はしていなかったという説もある。

プロレス入りから2年半足らず、海外修行から戻ったばかりで国内での試合実績の乏しい草津のエース登用は、フレッシュなスターを求めるTBSの強い要望であったといわれている。放映初戦で超大物のテーズを倒しての戴冠となれば大きなインパクトがあったが、敗北でその目論見は崩れてしまった。

この試合については様々な解釈がされてきたが、大別すれば「キャリアの浅い草津が受け身を取り損ねた」と「テーズが意図的に受け身の取れないバックドロップを仕掛けた」の二通りに分かれていた。いずれにしろ、草津は試合放棄をせざるをえない程の深いダメージを負い、実際に半失神状態になった、との見方が一般的であった。

21世紀以降、暴露本の出版等により「プロレスは基本的に予め決められたシナリオ(ブック)通りに進行するものである」という認識が一般化した。それに伴いこの試合についても、「そもそもどういうブックであったのか?」「半失神状態もブックではなかったのか?」という疑問が提示され、見方も混沌としていった。

そのような状況の中、2005年発行の書籍『悪役レスラーは笑う』(森達也著)中のインタビュー記事において、草津本人がこの件に言及した。それによれば、1本目を取られた後、グレート・東郷の「キープ・ステイ・ダウン(そのまま寝ていろ)」という指示に従って起き上がらず、試合放棄という結果になったとのことである。これは半失神状態が演技であったことを、本人が初めて具体的に認めた証言として興味深いものであった。

また、テーズ側の証言として、別冊宝島179『プロレス名勝負読本』中のインタビュー記事「裁きのバックドロップ」(流智美著)において、テーズ本人の証言がある。それによれば、テーズは当時の国際をテレビ放送していたTBSから、草津に花を持たせるよう、暗に八百長を要求され、憤慨したテーズが草津を返り討ちにしたと言うもの(この談話はプロレスはシナリオ通りに進むものではないという前提で述べられている)。テーズによると「通常、三本勝負の場合は一本は相手選手に花を持たせてやるものだが、草津はまだまだグリーンボーイに毛が生えた程度。全米でメインイベントを取っている私が、そんな駆け出しに一本でも許すなんて、冗談じゃない」と語っていた。テーズはこの回想において、草津戦の直後に行われたレスリング東京オリンピック代表だったサンダー杉山や、元幕内力士・WWA世界王者で力道山のパートナーだった豊登道春との試合では「一本取らせて花を持たせてやった」「杉山や豊登と草津にはそれだけの実力差があった」と述べている。

テーズ戦後

テーズ戦後しばらくは低迷したがまもなく立ち直り、パワー、スピード、テクニックを備えた国際の中心レスラーとして長く活躍した。IWA世界タッグ王座を計5人のパートナーと長く保持した他、英国西部ヘビー級および同南部ヘビー級王座、ヨーロッパタッグ王座なども獲得した。ビル・ロビンソンら欧州勢にはテクニックでわたり合う一方、ワフー・マクダニエルにはインディアン・ストラップ・マッチで勝利するなどラフにも強く、オールラウンドタイプのレスラーであった。アメリカ遠征でもバーン・ガニアのAWA世界王座に何度も挑戦するなど実績を残した。1971年12月にはネブラスカ州オマハにおいてガニアを倒し一度は世界王座を手にしたかに思えたが、草津の反則があったため、判定が覆り幻の王者となっている。

覆面レスラーのザ・キラー(正体は初代ザ・マミーのベンジー・ラミレス)と日本初のチェーン・デスマッチを行ったこともある。試合はチェーン装着前にキラーが草津に襲い掛かり、早々に流血させられたが最後はバックドロップで草津が逆転勝利している。顔面を血で染めた草津が、チェーンでキラーの首を締め上げるシーンはなかなか迫力があった。因みに国際プロレスはラッシャー木村の「金網デスマッチの鬼」に対抗して、草津を「チェーンデスマッチの鬼」に仕立て上げようとしていた時期があった。

引退と死

しかし、日本では単独エースの立場になることは遂になく、主にエースのストロング小林やラッシャー木村らの二番手でタッグ王者が定位置だった。1975年には全日本プロレス主催のオープン選手権、1977年には木村と組んで世界オープンタッグ選手権に出場した。1979年1月には山本小鉄&星野勘太郎(ヤマハブラザーズ)に敗れてIWA世界タッグ王座を失い無冠に転落、以後は試合には出場するが一歩退いた位置に身を置くようになり、TVマッチへの登場も減った。1980年6月、試合中にアキレス腱断裂の重傷を負い長期欠場する。欠場中の1981年8月に国際プロレスは活動を停止し、そのまま引退した。

早くから国際の幹部であり、現場責任者として、また会社の営業面で多大な貢献をしてきており、活動停止時には営業本部長の職にあった。引退後は静岡県三島市に住み、湯沸かし器製造会社の営業職に転身。営業成績は大変優秀だったため、その後別の会社(健康食品会社の日本バスコン)の営業取締役を務めていた。

2007年5月食道がんで入院。その後肺などにもがんが転移し療養していたが、2008年6月21日午後1時5分、多臓器不全のため死去。享年66歳。

獲得タイトル

  • IWA世界タッグ王座(パートナーはサンダー杉山、ラッシャー木村、ストロング小林、マイティ井上、アニマル浜口)
  • 英国西部ヘビー級王座
  • 英国南部ヘビー級王座
  • ヨーロッパタッグ王座




  

















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system