本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
6/29


 
 


 
 

スコット・スタイナー
Scott Steiner
1962/6/29

アメリカ合衆国のプロレスラー。本名はスコット・レックスタイナーScott Rechsteiner)。ミシガン州ベイシティ出身。WCW、WWEなどで活躍した。

来歴

ミシガン大学にレスリング奨学生として入学、1983年にNCAA選手権に出場し、1984年にはロサンゼルスオリンピックの強化選手に選ばれるなどして活躍した。同じミシガン州出身のザ・シークのコーチを受け、1986年にプロレスラーとしてデビュー。

インディアナポリスのWWAやメンフィスのCWAなどを転戦してキャリアを積んだ後、1988年よりNWAミッドアトランティック地区(ジム・クロケット・プロモーションズ)に参戦する。同プロがWCWに買収された1989年からは実兄のリック・スタイナーとの "スタイナー・ブラザーズ" で活躍。以降、WCW、WWF、新日本プロレスなど各団体のタッグタイトルを獲得し、1990年代を代表する兄弟タッグチームとして一時代を築き、フランケンシュタイナーを始めとする数多くのオリジナル技を開発した。

1997年末、WCWでリックと仲間割れしてヒールに転向し、nWoに加入。ハルク・ホーガンに薦められ、髪を金髪に染めてビルドアップされた肉体を誇示するなど、スーパースター・ビリー・グラハムをモチーフとしたキャラクターへのイメージチェンジを果たした。マイクパフォーマンスの達者さもあってヒール人気を獲得し、スタイナー・リクライナー(変形キャメルクラッチ)でダイヤモンド・ダラス・ペイジを病院送りにするなどして活躍した。

WWFとの視聴率戦争に敗れ、業績不振と内部体制の混乱から主力選手を欠くようになっていた晩年のWCWにおいても、人気実力共にトップヒールとして常に主力であり続けた。2000/11/26にはブッカー・Tを破りWCW・世界ヘビー級王座に初戴冠。その後長期に渡り王座を保持し、リック・フレアーらと "マグニフィセント・セブン" なるユニットを結成するなどした。翌2001/3/26、フロリダ州パナマシティにて行われた『WCWマンデー・ナイトロ』最終放送でブッカー・Tにタイトルを奪還されるも、王者として最後の舞台に登場した。

WCW崩壊後はオーストラリアのワールド・レスリング・オールスターズを経て、2002年10月にWWEと再契約。フリーの超大物とされていたため参戦当初はRAW、スマックダウン間で双方のGMが勧誘合戦を展開。翌2003年1月よりRAWに所属後は、ベビーフェイスとしてトリプルHの保持していたWWE世界ヘビー級王座への挑戦者となる。しかし元々ヒール志向の上、決して器用な選手ではないために、2か月連続で行われた王座戦は、試合巧者トリプルHを相手にしながらも、2試合共にまったくの凡戦となった(この時期、トリプルHが振り下ろしたハンマーを真剣白刃取りしたことがある)。この失態で翌月のレッスルマニア19では早くも出番を失い、以降はテストとの抗争やタッグを経るが次第に出番も少なくなり、2004年に放出され2005年からはノースカロライナ州のインディー団体UCWに出場した。

2006年よりTNAに参戦。ヒールとしてジェフ・ジャレットと組み、スティングやクリスチャン・ケイジらと抗争する。2007年にはチーム・ケイジのメンバーとなり、ヒールターンしたクリスチャンと共闘。しかし、5月のPPVサクリファイスにリック・スタイナーが登場し、その場でスタイナー・ブラザーズが復活、ベビーフェイスに転向した。以降はチーム3Dとの抗争を始めるが、6/4に行われたハウス・ショーにて首を痛め、その日の深夜に呼吸困難のため病院に運ばれ緊急手術。2日間昏睡状態が続き生命が危ぶまれるも、1か月後に無事退院した。8月26日には全日本プロレスの両国国技館大会に来日。VOODOO-MURDERSのメンバーとして諏訪魔と組み、グレート・ムタ&TAJIRIと対戦した。

2008年にリックがTNAを離脱してからは、2009年よりWCW時代のライバルだったブッカー・Tと新チームを結成。8/16にチーム3Dを破り、TNA世界タッグ王座を獲得した。タッグ王座陥落後からしばらくしてTNAを退団したが、2011/1/27の放送において襲撃されたカート・アングルを救出する形で登場した。

ニックネーム

  • ビッグ・パパ・パンプBig Poppa Pump
  • ビッグ・バッド・ブーティ・ダディThe Big Bad Booty Daddy
  • フリークジラFreakzilla
  • ジェネティック・フリークThe Genetic Freak

決めゼリフ

  • 「Holla! If ya' hear me!」

獲得タイトル

WWA(インディアナポリス版)
  • WWA世界ヘビー級王座 : 1回
  • WWA世界タッグ王座 : 1回(w / ジェリー・グラハム・ジュニア)
NWA / WCW
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版) : 1回(w / リック・スタイナー)
  • NWA USタッグ王座(ミッドアトランティック版) : 1回(w / リック・スタイナー)
  • WCW・世界ヘビー級王座 : 1回
  • WCW USヘビー級王座 : 3回
  • WCW世界タッグ王座 : 6回 (w / リック・スタイナー×6)
  • WCW世界TV王座 : 2回
WWF
  • WWF世界タッグ王座 : 2回(w / リック・スタイナー)
新日本プロレス
  • IWGPタッグ王座 :2回(w / リック・スタイナー) ※第16代、第19代
WWA(オーストラリア版)
  • WWA世界ヘビー級王座 : 1回
TNA
  • TNA世界タッグ王座 : 1回(w / ブッカー・T)
その他インディー
  • SSCWヘビー級王座 :1回
  • WWWAヘビー級王座 :1回
  • NWAミッドアトランティック・ヘビー級王座 : 1回 ※2000年代の復活版
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座 : 1回(w / リック・スタイナー) ※2000年代の復活版
  • PWAタッグ王座 :1回(w / リック・スタイナー)

 
広告


プリモ・カルネラ
Primo Carnera
1906/10/26 - 1967/6/29

イタリア生まれのプロボクサー。ニックネームは動くアルプス。身長205cm。体重120kg。

ニコライ・ワルーエフが世界ヘビー級王座を獲得するまで、「史上最も体重の重いヘビー級チャンピオン」であった。

来歴

1933/6/29、ジャック・シャーキーに6回KO勝ちして世界ヘビー級王座を獲得。

1934/6/14、3度目の防衛戦でマックス・ベアに11回TKO負けを喫し王座から陥落した。

1941年にプロレスラーに転向し、1955年には日本プロレスに来日して力道山と対戦している。

バッド・シュールバーグの小説「殴られる男」は、カルネラをモデルに書かれた。後にマーク・ロブソン監督、ハンフリー・ボガート主演で映画化された。






川村 亮
1981/6/29

日本の総合格闘家。岐阜県出身。パンクラスism所属。株式会社パンクラス代表取締役。元ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシスト。

アグレッシブなファイトスタイルを持つ

来歴

中学、高校(愛知大成高校)時代は野球部、神奈川大学時代はアメリカンフットボール部に所属。

大学卒業後、パンクラスの入門テストを受け合格した。

2004年11月、JTC全国大会82kg超級で3位入賞。

2005/5/1、パンクラスで鈴木みのるとエキシビションマッチで対戦。

2005/7/27、DEMOLITIONにてプロデビュー。

2006年、パンクラス第12回ネオブラッド・トーナメント ライトヘビー級で優勝。

2006年9月16日、パンクラスでシュートボクセ・アカデミーのダニエル・アカーシオと対戦。1ラウンドは劣勢に立たされるも、2ラウンドに右フックでKO勝ち。

2006/12/10、パンクラス2006年最終興行でダニエル・アカーシオの兄弟子ニルソン・デ・カストロと対戦。追い詰め、追い詰められの試合展開で健闘し判定ドローとなった。

2007/3/18、パンクラスで金原弘光と対戦し、KO勝ち。

2007/5/30、パンクラスでファビオ・シウバと対戦し、KO負け。プロ9戦目で初黒星となった。

2007年9月5日、パンクラスでジェーミー・フレッチャーと対戦し、KO勝ち。

2007/12/22、パンクラスでKEI山宮と対戦し、判定負け。

2008年3月5日、戦極の旗揚げ大会「戦極 〜第一陣〜」でアントニオ・ブラガ・ネトと対戦し、判定勝ち。

2008年5月18日、「戦極 〜第二陣〜」でケビン・ランデルマンと対戦し、0-3の判定負け。

2008/10/1、第4代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス決定戦でKEI山宮と対戦し、3-0の判定勝ち。第4代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス王座を獲得した。

2009年3月20日、「戦極 〜第七陣〜」のメインイベントでキング・モーと対戦し、0-3の判定負け。

2009年12月6日、ライトヘビー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで井上俊介と対戦し、2-0の判定勝ちで王座防衛に成功した。

2010年6月20日、SRC13で入江秀忠と対戦し、TKO勝ち。

2010/9/5、パンクラスのメインイベントで桜木裕司と対戦し、スタンドパンチの連打でKO負けを喫した。

2010/10/1付けで株式会社パンクラスの代表取締役に就任した。

2010/12/5、ライトヘビー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで桜木裕司と再戦し、0-1の判定ドローとなり2度目の王座防衛に成功した。

2011/5/4、ミドル級に転向するためライトヘビー級キング・オブ・パンクラス王座を返上。

2011年5月12日、ミドル級ランキング2位にランクインされる。

人物

  • 中学生のときは生徒会長でジャニーズ系の顔をしており、他校にファンクラブまであった(本人ブログ)。
  • 原始人並のあごをしており、普通の人より歯が4本多い(本人ブログ)。

獲得タイトル

  • パンクラスネオブラッド・トーナメント ライトヘビー級 優勝(2006年)
  • 第4代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス王座(2008年)





セリーナ・ディーブ
Serena Deeb
1986/6/29

アメリカ合衆国・バージニア州フェアファックス出身のプロレスラー。

経歴

OVWレスリングスクールでトレーニングを積み、2005/11/4デビュー。

2006/11/13、OVW女子王座獲得。

直前の10月よりSHIMMERにも参戦。

2008年6月にはTNA初参戦。

2009年にWWEと契約を結び、7/15のFCWでデビュー。FCWではミア・マンチニ(Mia Mancini)を名乗り、FCWクイーンオブフロリダを獲得。

2010/1/22、スマックダウンに登場。CMパンクが率いるストレート・エッジ・ソサエティ(Straight Edge Society)に加わる。

8/20、WWEを解雇。

9/11、SHIMMER Vol.33で復帰。

2011/1/29、SMASHで初来日。朱里、真琴と対戦した。

獲得タイトル

  • FCWクイーンオブフロリダ
  • GLCW女子王座
  • MCW女子王座
  • OVW女子王座
  • NWAフランス女子王座

  



レーナ(RENA)
1991/6/29

日本の女子シュートボクサー、女子キックボクサー。本名は久保田 玲奈(くぼた れな)。大阪府大阪市出身。及川道場所属。RENAREINAとも表記される。

来歴

4姉妹の末っ子として生まれ、小学生になると年の離れた姉達が結婚していき、両親も仕事で不在がちな環境なこともあり、小学5年生の頃までは引きこもりだった。

小学6年生の頃に、SB日本スーパーフェザー級王者の及川知浩が主宰する及川道場に入門。グローブ空手の大会で実績を積み、2007/7/1、J-GIRLS・新宿FACE大会で「クボチューン・レーナM15」のリングネームでプロデビュー戦を行うが、古谷あさみに判定負け。

シュートボクサーとしてのデビューは、同年12/23の大阪・IMPホール大会で、岡加奈子に判定勝ち。

2008/2/3、関友紀子と対戦し、右ハイキックで左目の負傷に追い込み、ドクターストップ勝ち。この試合より、レーナに改名した。

2008/6/1、club DEEP 富山でMIKUとキックルールで対戦し、1-0の引き分け。キックルールとはいえ、現役DEEP女子ライト級女王と引き分けたことで、レーナは一躍注目を集める。

2008/11/24、S-cup 2008でMIKUとの再戦を行ったが、シュートボクシングのルールを研究したMIKUに0-3の判定で完敗した。

2009/3/20、K-1初参戦となったK-1 AWARD & MAX KOREA 2009でイム・スジョンと対戦し、1-2の判定負け。この試合は「日韓美女対決」として注目された。

2009/8/23、シュートボクシング「Girls S-cup 2009」に出場。吉田正子、石岡沙織、V一に勝利し、優勝を果たした。

2009/12/20、「ジュエルス1周年記念パーティ&表彰式」が開催され、特別賞を受賞した。

2010/3/19、JEWELS 7th RINGでハム・ソヒとシュートボクシングルールのエキシビションマッチを行った。4/11のシュートボクシング興行で渡辺久江と対戦予定であったが、左手人差し指の付け根を亀裂骨折し欠場となった。

2010/8/29、Girls S-cup 2010に出場。1回戦で対戦延期となっていた渡辺久江にTKO勝ちを収めると、準決勝でケイト・マルチネス、決勝で高橋藍に判定勝ちを収め、2年連続の優勝を果たした。優勝を決めた後のリング上で、女子王座の復活をアピールした。

入場テーマ曲

  • 「"AO" CORNER」(青西高嗣)
  • 「絶対負けない!」(エイジアエンジニア)

Girls S-cup 2010
Girls S-cup 2010

女子高生ファイター
RENA
涙の初代クイーン奪取
Girls S‐cup〈2009〉
女子高生ファイターRENA涙の初代クイーン奪取Girls S‐cup
女子総合格闘技
JEWELS
女子総合格闘技JEWELS


RENA Twitter
RENAブログ
















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system