本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
3/6






ドン荒川 
1945/3/6

日本のプロレスラー。本名は荒川 真。鹿児島県出水市出身。

来歴

学生時代は柔道に打ち込む。出水学園出水中央高等学校卒業後上京。レスリングの試合に出場し、ドロップキックを放って反則負けとなるという、後のトンパチ伝説につながるエピソードを残す。

1972年7月、新日本プロレスに入門。9/19、リトル浜田(後のグラン浜田)戦でデビュー。ともに前座戦線にいた栗栖正伸とは同郷で体格も似ていたことから激しくいがみ合い、両者のシングルマッチは前座試合とは思えないほど熾烈を極めたため、『鹿児島選手権』と称された。

キャリアを重ねるにつれ、ストロングスタイルと呼ばれるシリアスな戦いを信条としていた新日本の中で唯一『ひょうきんプロレス』を展開(この呼び名は当時の人気番組「オレたちひょうきん族」のコーナー「ひょうきんプロレスアワー」に由来。余談だが同コーナーには荒川も出演した)。カンチョー攻撃などで笑いを取る。また体格やリング上の(見た目の)スタイルが似ていたことから、『前座の力道山』と呼ばれた。テレビ番組で力道山が扱われ、再現ドラマで力道山役を演じたこともある。

1979年プエルトリコへ初遠征。木村健悟とのコンビでWWCカリビアンタッグ王座を奪取。なお、同遠征での戦績は自己申告であるが46戦45勝1敗で、負けたのは「熊」相手だった。帰国後はしばらくまた前座を沸かせるが、UWF、維新軍団、カルガリーハリケーンズと離脱が相次いで薄くなった選手層を補うためにジュニア戦線に参戦し、ザ・コブラらと戦う。

1989年3月に1度一線から退いた(本人曰く新日を円満退社しただけで、引退ではないとの事)が、1990年SWSの旗揚げに参加して現役復帰。SWS崩壊後も一人メガネスーパー社員としてSWS所属を名乗り、藤原組などに参戦する。1996年、藤原喜明とともに全日本プロレスに初参戦、6人タッグながらジャイアント馬場との対戦が実現した。1997年には全日本プロレスの25周年(前夜祭)でジャイアント馬場組として参戦。2006年はビッグマウス・ラウドなどへ参戦している。

2007年5月、新日本プロレス創立35周年の節目となる後楽園ホール2連戦で、18年ぶりに古巣マットに登場。いずれも第1試合で若手をコミカルなファイトで下し、健在ぶりをアピールした。

エピソード

  • すぐ人と仲良くなれる性質を生かし、多彩なタニマチ付き合いを誇った。金がなくても全国各地でうまいものが食えたと豪語しているほど。メガネスーパー社長(当時)田中八郎との付き合いが、後のSWS設立へとつながった。また長嶋茂雄をSWSの会場に招待したこともある。知合ったキッカケは荒川曰く「多摩川沿いをジョギングしていて、よく会ったんで顔見知りになったから」。(なお新日本在籍当時から定期的に、横浜中華街にある、長嶋が名付け親の店「天外天」で会食しており、新日本の若手達を長嶋に紹介していた。)
  • 前座クラスの試合ばかりだったのにもかかわらず、新日本全員が集まる席では、アントニオ猪木、坂口征二の次の席にいたという。また猪木に「今日は二日酔いなんです」と申し出ると「じゃあ休んでいい」といわれる程の特別待遇だった。荒川が豊富なタニマチを持っていたのがものを言ったのかもしれない。
  • 永源遙との大会場限定で行われたコミカルなシングルマッチは、新日本ファンのみならず、当時社長であったアントニオ猪木自身も楽しみにしていたと言う位であった。
  • 橋本真也は生前、荒川に「人生を教えてもらったよ」と語るほど師事していた。荒川の酒席における無茶ぶりは有名で、橋本にちらし寿司3杯食わせてから巻き寿司を食わせたり、生肉を食わせたり、尋常でない量の酒を飲ませたりしていた。またタニマチの前で生意気な口をきいた橋本の手の甲に割り箸を突き刺したなどのエピソードもある。とはいえ荒川が橋本のことをかわいがっていたのは確かで、地元鹿児島の酒造会社神酒造に「破壊王」という名の焼酎を造らせたりしている。
  • ホノルルマラソン完走経験あり(ホノルルマラソンでのパートナーは永源遙)。
  • 歌のうまさに定評があったらしい。1980年2月、札幌での2日間興行に合わせて新日本勢がHTBTVの雪祭りイベントに参加した際、「〆にレスラーの方の歌を」というTV局側の要望があり、木村健悟と荒川が指名された事がある。(が、猪木がインタビューでブラジルに賭ける夢を語りすぎてしまい、時間切れとなって曲を披露する事は出来なかった。)
  • 1982年には、西田敏行主演の日本テレビ系ドラマ池中玄太80キロに大京グラフの編集部員「荒木」役としてレギュラー出演。ニックネームは「土佐犬」で、暴れる玄太(西田)を力尽くで抑えたり、日本酒1升を1晩で飲むなど、本人のキャラがそのまま反映されていた。
  • 1997年、全日本プロレスのファン感謝デー(9/15)に参戦。ジャイアント馬場と永源遙と組ませてもらったが、あまりにもプロレスのレベルが低いために「あれで20年以上もやってきたのか?」と馬場が呆れてしまった。(試合後、目をあわす事もほとんどなかった。)※ビデオ「旗揚げ25周年王道前夜祭」に収録。

 
広告


キラー・カーン
Killer Khan
1947/3/6

春日野部屋所属の元大相撲力士、元プロレスラー。新潟県西蒲原郡吉田町(現在の燕市)出身。本名は小澤 正志キラー・カンとも表記される。大相撲時代の四股名は越錦で、最高位は幕下40枚目。日本人離れした巨体の持ち主であり、プロレス転向後の全盛時はモンゴリアン・ギミックの大型ヒールとして国内外で活躍。1970年代末から1980年代にかけて、WWF(現・WWE)をはじめアメリカやカナダの主要テリトリーで実績を築くなど、国際的な成功を収めた数少ない日本人レスラーの一人である。

来歴

吉田中学校を卒業後、恵まれた体格を活かすべく春日野部屋に入門し、1963年3月場所にて小沢将志の名で初土俵を踏む。1967年7月場所より越錦の四股名を与えられたものの、伸び悩んで三段目上位から幕下下位を行き来し、1970年5月場所を最後に廃業した。また、大相撲時代は先代栃東(玉ノ井親方)の付き人を務めていた。

大相撲廃業後、1971年1月に日本プロレスに入門。吉村道明の付き人を務め、同年11/20の桜田一男戦でデビューを果たす。その後、1973年4月に坂口征二、木村聖裔、大城大五郎らと共に新日本プロレスに移籍。1974年12月のカール・ゴッチ杯争奪リーグ戦では藤波辰巳と決勝を争った。

その巨体から、海外で通用する選手として期待をかけられ、1976年8月にヨーロッパへ遠征。12月にはアントニオ猪木のパキスタン遠征(アクラム・ペールワン戦)にも同行した。その後、1978年より本格的な海外武者修行としてメキシコに出発する。メキシコではテムヒン・エル・モンゴルTemjin El Mongol)を名乗り、蒙古人レスラーに変身。1979年3月からはアメリカ本土に進出し、NWA圏のフロリダ地区(エディ・グラハム主宰のCWF)でキラー・カーンKiller Khan)に改名。辮髪に髭をたくわえ、毛皮のベストとモンゴル帽子をコスチュームとしたモンゴリアン・スタイルを確立した(ただし、辮髪は本来は蒙古人ではなく満州族の髪型である)。このモンゴル人ギミックは、カール・ゴッチのアイデアによるものだという。フロリダではパク・ソンやキング・カーティス・イヤウケアと組み、主力ヒールとしてダスティ・ローデスやジャック・ブリスコら大物選手と抗争。1980年にはジョージア地区(ジム・バーネット主宰のGCW)に登場し、アブドーラ・ザ・ブッチャーやイワン・コロフ、プロフェッサー・タナカともタッグを組んだ。

1980年末よりニューヨークのWWFに参戦。12月29日のマディソン・スクエア・ガーデン定期戦のメインイベントにおいて、ボブ・バックランドのWWFヘビー級王座に挑戦した 。その後もWWFではフレッド・ブラッシーをマネージャーに、ペドロ・モラレスのインターコンチネンタル王座にも挑戦するなどトップ・ヒールとして活躍。アンドレ・ザ・ジャイアントとのスーパーヘビー級抗争も開始し、1981/5/2日、ニューヨーク州ロチェスターにおいてアンドレの右足をニー・ドロップで骨折させて悪名を轟かせた。もちろん、カーンが故意にアンドレに怪我を負わせたわけではなく、実際にはアンドレが自身の過失で試合中に自分の足を痛めてしまい、それに気付いたカーンが機転をきかせトップロープからニー・ドロップを放ったというのが真相である。後日、カーンは通訳を連れてアンドレの入院先の病院を訪れ、この試合の件について謝罪。しかし、アンドレは寛大に笑い飛ばし、「気にするな。あれはアクシデント。君の機転が無かったら試合が台無しになっていたところだった」と逆に励ましの言葉をかけたという。さらにアンドレは「それよりも、あの試合は『キラー・カーンがアンドレ・ザ・ジャイアントの足をニー・ドロップで骨折させた』ということにしよう。俺が退院したら、君との試合は盛り上がること間違いなしだ」と言い、格好のストーリーラインまで提案している。このアングルにより、キラー・カーンのヒール人気は急上昇。彼を瞬く間に世界的なメインイベンターへ昇格させることになった。

翌年、「アンドレの足を折った男」の触れ込みで凱旋帰国。1982/4/1に蔵前国技館で行われたMSGシリーズの優勝戦では、右膝負傷(実際には糖尿病の悪化とされる)で棄権したアントニオ猪木の代打としてアンドレと一騎打ちを行い、敗れはしたもののファンの「オザワ・コール」に支えられ生涯屈指の名勝負を演じた。年末のMSGタッグ・リーグ戦ではタイガー戸口と組んで準優勝を果たした。その後、1983年より戸口と共に長州力の維新軍団に加入し、新日本プロレスの反体制勢力にまわる。この間、1982年から1984年にかけては海外にも精力的に遠征しており、アンドレとの遺恨試合はミッドサウス地区のMSWA(ビル・ワット主宰)でも実現。NWAミッドアトランティック地区やカナダ・カルガリーのスタンピード・レスリング(スチュ・ハート主宰)なども転戦し、日本と北米を股にかけて活躍した。

1985年、長州らが設立したジャパンプロレスに参画し、全日本プロレスのリングに登場。同年9月には谷津嘉章と組んでジャンボ鶴田&天龍源一郎のインターナショナル・タッグ王座に挑戦した。1986年5月にジャパンプロレス勢に造反し、ラッシャー木村、阿修羅・原、スーパー・ストロング・マシーンらと結託。このときに日本テレビの若林健治が発した「恩知らずのキラー・カーン」の台詞が強いインパクトを残した。並行してアメリカにも遠征し、テキサス州ダラスではテリー・ゴディ&マイケル・ヘイズのファビュラス・フリーバーズの用心棒となり、ケビン・フォン・エリックやケリー・フォン・エリックと抗争。11月の世界最強タッグ決定リーグ戦にはゴディとのコンビで出場している。

1987年4月に全日本を去り、WWFと再契約。ミスター・フジをマネージャーにWWF世界王者ハルク・ホーガンと短期抗争を展開した他、ランディ・サベージやバンバン・ビガロらと対戦した。また、この2回目のWWF参戦時にはザ・グレート・カブキのような毒霧(アジアン・ミスト)を使用することがあった。同年11月末、ニュージャージー州で行われたジョージ・スティール戦を最後に引退した。

プロレスラー引退後もキラー・カンを名乗り、東京都新宿区中井に「スナック カンちゃん」を開店。現在は西新宿五丁目に店を移し、ちゃんこ料理を主とした「ちゃんこ居酒屋 カンちゃん」を経営している。巨躯にもかかわらず店内ではホールスタッフとして店主自ら接客し、細やかな気配りに定評がある。2005年には『ふるさと真っ赤か』でCDデビュー。居酒屋経営のかたわらバラエティ番組など各種メディアで活躍し、『ロイ白川 心の演歌』(とちぎテレビ)にセミレギュラー出演している。

スナック時代の常連客には尾崎豊がおり、ある時小腹が空いた尾崎にカーンが「こんなんでよかったら」と出したまかないカレーを尾崎がいたく気に入って、カレーを目的に月に数度来店していた。現在の店「カンちゃん」でもカレ-は名物として人気を得ている。

獲得タイトル

CWF(フロリダ)
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / パク・ソン)
    • 1979/3/31にトーナメント決勝でニュー・ブロンド・ボンバーズ(ラリー・レイザム&ウェイン・ファリス)を破って獲得。
MSWA
  • ミッドサウス・ルイジアナ・ヘビー級王座:1回
    • 1982/7/6にトーナメント決勝でジャンクヤード・ドッグを破って獲得。
  • ミッドサウス・ミシシッピ・ヘビー級王座:1回
    • 1982年8月27日にミスター・オリンピア(ジェリー・スタッブス)から奪取。
スタンピード・レスリング(カルガリー)
  • スタンピード北米ヘビー級王座:1回
    • 1984/1/20にアーチー・ゴルディーから奪取。
WCCW(ダラス)
  • WCCW TV王座:1回
    • 1984/5/7、負傷した前王者ケリー・キニスキーの後任として王座を継承。

主な戦歴

大相撲時代
  • 生涯成績:146勝148敗7休(44場所)
  • 優勝:各段いずれもなし
プロレス時代
  • 第5回MSGシリーズ優勝(1982年)
  • 第3回MSGタッグ・リーグ戦準優勝(1982年)

マネージャー

  • タイガー服部(CWF)
  • ソニー・キング(CWF)
  • ゴージャス・ジョージ・ジュニア(GCW)
  • グレート・メフィスト(GCW)
  • フレッド・ブラッシー(WWF)※ビンス・マクマホン・シニア期
  • スカンドル・アクバ(MSWA、WCCW)
  • ゲーリー・ハート(WCCW)
  • 将軍KYワカマツ(スタンピード・レスリング)
  • ミスター・フジ(WWF)※ビンス・マクマホン・ジュニア期

逸話

  • 吉田中学校では長身を活かしバスケットボールで活躍。
  • 新日初期の若手選手の登竜門「カール・ゴッチ杯」の第1回大会で決勝を争った藤波辰爾とは当時から仲がよく、今でも親交が深い。
  • 日本のプロレス界で1・2を争う喉自慢であり、ジャイアント馬場も彼の歌声を愛した。現在も月に2,3回老人ホームを訪問して三橋美智也の唄などを披露している。
  • そのジャイアント馬場とは同じ新潟県出身者。団体は違えど、馬場はカーンのことをよく気にかけていたという。馬場との巨人タッグを結成する計画もあった。
  • 『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』のプロレスクイズにも出演し、ダチョウ倶楽部と絡んだことがある(DVDの特典映像である歴代優勝者座談会の中でビートたけしからMVPの称号を与えられた)。
  • スタン・ハンセンが全日本プロレスに電撃移籍した報復として、新日本プロレスはテッド・デビアスの引き抜きを画策。その際交渉にあたったのがキラー・カーンだった。交渉は成功し内諾を得ていたが、契約直前に両団体間で紳士協定が結ばれたため白紙撤回となる。
  • 中井にあった「スナックカンちゃん」は、シンガーソングライターの尾崎豊が常連客だったことで知られる。尾崎はカレーライスが絶品でよく注文していたとのこと。このエピソードは今でも『あの人は今!?』(NTV)や尾崎豊の特集企画などで語られる。現在の歌舞伎町の店舗にも尾崎の色紙が飾られており、生前の尾崎が好んだ特製カレーライスが看板メニューとなっている。
  • ニューヨークにいた頃の給料は、当時のレート換算で週給にして600万円。まさしく全米マット界でも正真正銘のトップレスラーだったが、当時のニューヨークではエイズが蔓延していたため、ゲイのレスラーと試合をするのに気が進まず、帰国した。
  • レスラーの食事量の多さは有名だが、小沢は特に多かった。カルガリー時代に、ミスター・ヒトに電子炊飯器を借りて米一升を炊き、鶏3羽分の肉と卵12個ほどを使って巨大な親子丼をつくったことがあり、ヒトが「それ誰かと食うのか?」と聞いたところ、「いいえ、僕の昼飯です」と1人で1時間ほどかけて食べていたという。

出演

プロレスラー引退後、俳優・歌手としてデビュー。

  • ベルサイユのトラック姐ちゃん 第3話「ベルトラ姐ちゃん大進撃!」(1976年5月14日) - 遠藤幸吉(特別出演)の子分のヤクザ役で出演(小沢正志名義。台詞は無し)
  • 隠密・奥の細道(1988年10月 - 1989年3月)
  • 「火刑都市」(1989年 日本テレビ 火曜サスペンス劇場)
  • ふぞろいの林檎たち(1991年)
  • ハロー張りネズミ(1991年)
  • エバラ家の人々(1991年)
  • 必殺スペシャル・春 世にも不思議な大仕事 主水と秀 香港・マカオで大あばれ(1991年)
  • 極道ステーキ・シリーズ(1991年 - 1992年)
  • Zの回路 復讐の裏ゴト師(1996年)
  • NINE-ONE II 魔獣都市・シリーズ(1996年)
  • MUSASHI(1996年)
  • 逃亡者 おりん(2006年)
  • ライオン丸G(2006年)
  • 巣鴨バラエティ横丁 第2話(2007年)

ちゃんこ居酒屋”かんちゃん”
かんちゃん





中牧昭二
1956/3/6

日本の衆議院議員秘書、元プロレスラー。長野県上田市出身。

経歴

拓殖大学ではアメフトで活躍し卒業後、スポーツ用品会社(カドヤスポーツ)の営業マンを勤め、読売ジャイアンツの桑田真澄と関わる。その時の経験をもとに下記の暴露本を出版した。

後にプロレスラーに転向するためSWSの入団テストを受けたが不合格となり、大仁田厚率いるFMWに入団。暴露本の一件で、悪いイメージがついていた為、中々入団を認められず、ハードな入団テストが行われ、周囲が好意的になった所で入団を認められている。1992/5/31に、ターザン後藤戦でデビュー。その後はW★ING→IWAジャパン→大日本プロレスとインディー団体を転々とし、画鋲デスマッチ等の流血の多い激しい試合を展開した。1997/1/4には、新日本プロレスと大日本プロレスとの対抗戦において大日本の一員として新日本プロレス東京ドーム大会に参戦。ドームの大舞台で蝶野正洋と対戦を実現させ、蝶野がゴング前に中牧を花道で襲撃、試合を先導したうえで1分7秒での秒殺負けを喫したが、当時のメジャー団体のリングでは無縁の有刺鉄線ボードを持ち込む契機を作り、また時間は短いながらも、中牧、蝶野の良さが互いに出た試合となり、ファン、関係者には評価が高かった。

その後、参議院議員になった大仁田の秘書となり、2003/12/22にレスラーを引退した。2006年に行われたプロレス興業で大仁田のセコンドをした際、試合終了後に相手レスラーに対し暴行したとして告訴され、後に敗訴した。その後は大仁田の仲介で国民新党の秘書をしていた。現在は、自由民主党静岡8区選出塩谷立の公設第一秘書(2007年10月~2008年1月の間に就任。現在に至る)となる。

暴露本の出版

カドヤスポーツを解雇された翌年の1990年、「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」(リム出版)を出版。桑田と暴力団との関わりや再三ソープランドの接待を要求されたこと、金を無心されたことや裏金の存在を主張した。桑田は高校時代よりソープ接待を要求し、プロに入ると、年上の中牧に対し、「おい中牧、ソープへ連れて行け」等と横柄な口調で命令していたとも書かれている。当初桑田は金品の授受や登板日漏洩の事実は無いと球団に対して申告したが、その後メンバーズクラブ社長から高級時計1個、金銭100万円程度を受領していたことがあり、虚偽の報告をしたと申告した。これに対し球団に虚偽の報告をしたとして桑田は謹慎1か月・罰金1000万の処分を下された。関連して、巨人の湯浅代表も減俸3か月の処分。川島廣守セ・リーグ会長は巨人の選手管理不備に対して史上最高の制裁金2000万円、吉國一郎コミッショナーが正力亨オーナーに戒告処分、川島会長を戒ちょく処分とした。その後桑田サイドは、著書に書かれていることは事実と反することが多く名誉を深く傷つけられたとして、中牧及びリム出版社長を名誉毀損で告訴。以下の内容で和解した。

  • 1、乙山(上記書籍著者)は原告が野球賭博に関与し、あるいはそのために登板日を第三者に漏洩したことはないことを確認する
  • 2、乙山はその著書及び週刊誌等における発言により、原告が野球賭博に関与し、あるいはそのために登板日を第三者に漏洩したと誤解され、原告等の名誉が傷つけられるに至ったことにつき、心から遺憾の意を表する

桑田は5年後に出版した著書の中でも中牧が書いていることは全くの事実無根だと強く否定しており、自分の名前を悪用して会社の金を使い込んでいたのは中牧本人だと主張している。

著書

  • 『さらば桑田真澄、さらばプロ野球』 リム出版
  • 『さらば桑田真澄、さらばプロ野球』(Lucky books)





井上雅央 
1970/3/6

日本のプロレスラー。山梨県中央市出身。プロレスリング・ノア所属。

来歴

中学高校時代はハンドボール部に所属。学生時代のあだ名は「がまお」である。同郷のジャンボ鶴田に憧れてプロレス入りを熱望。1990年春、ジャンボ鶴田の後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し全日本プロレス入りを果たした。

1991/4/4、百田光雄をパートナーに迎えたリチャード・スリンガー&浅子覚戦でデビュー。1999年に本田多聞とのコンビでアジアタッグ王座を獲得した。

2000年、三沢光晴が旗揚げしたプロレスリング・ノアに移籍。同年7月には金丸義信と組んでFMWに乗り込み、WEWタッグ王座を獲得。2001年には本田と組んで安田忠夫&橋本真也組と対戦したが、橋本の三角絞めで肩を脱臼した。2003年に本田とのコンビを解消。なかなか中堅の域を脱せず、2004年には秋山準に泉田純、川畑輝鎮と並んで「健康のためにプロレスをやっている人たち」と言われ「ノア・ヘルスクラブ」と命名されてしまう。5/30、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。その後、スターネスを離脱した齋藤彰俊と合流、ダーク・エージェントを結成した。

「甲斐の怪力」と称される程のパワーを持っているが、それ以上に技を受けた時の過剰ともいえるリアクション、そしてタッグ戦で見せる「ずるい」動きは無比。そのプロレス運びは三沢から高い評価を受けており、他団体の選手がノアマットに上がる時、井上が最初の対戦相手になることがしばしばある。

2004年に小橋建太を他のダーク・エージェントのメンバー(齋藤、杉浦貴)で急襲し、小橋をロープで梱包した際、他のメンバーは嬉々として梱包作業を行っていたのに対して、かつて選手会長でもあった井上は困った顔をしながら梱包していた。

2006年にはGHCヘビー級王座挑戦者決定トーナメントをリングアウトや丸め込みで勝ち抜き、自身初めてのヘビー級シングル王座への挑戦権を獲得。4/24、日本武道館において王者秋山準に挑戦。武道館のメインでシングルマッチを戦うのはこれが初めてであった。23分14秒、リストクラッチ式エクスプロイダーに敗れたものの、リングアウト勝ち狙い、巧みなインサイドワークなどの「雅央ワールド」を存分に見せ付けた。

タイトル歴

全日本プロレス

  • アジアタッグ王座
    第68代(防衛3回)&本田多聞

FMW

  • WEWタッグ王座
    第7代(防衛0回)&金丸義信

入場テーマ曲

過去に井上が使用した入場テーマ曲。

  • MAJESTY
  • DEEP / BRAHMAN
  • ONE MAN ARMY / THE PRODIGY & TOM MORELLO(現在)

雅央女

1990年代中頃に首都圏の全日本プロレスの会場で熱烈な井上雅央ファンが登場した。大声というよりも叫び声に近い状態で「まさおーっ」と声援し、井上雅央がピンチになると「やめてーっ」と叫ぶ女性を、ファンは「雅央女」と命名。全日本プロレス前座では「永源遙のツバ」「ラッシャー木村のマイク」と並ぶ名物となった。その声は非常に通りがよく、日本武道館のような大会場でも十分に目立つ存在であった。


  



高阪剛 
1970/3/6

日本の元総合格闘家。滋賀県草津市出身。総合格闘技ジム「ALLIANCE-SQUARE」主宰。マウントポジションからの脱出技「TKシザーズ」が代表的な持ち技である。正強高等学校(現・奈良大学附属高等学校)、専修大学(プロレスリング・ノアの秋山準は同級生で友人)、東レと柔道部に所属。柔道四段。先祖は戦国武将の高坂昌信。実兄はプロのジャズドラマー・テルシファー高阪(高阪照雄)。

来歴

柔道をバックボーンにリングスに入団。1994/8/20、鶴巻伸洋戦でデビュー。

1995/10/13、トーナメント・オブ・J '95に出場し、優勝を果たした。

1996/1/24、リングスでモーリス・スミスにギブアップ勝ち。

1997/10/11、アメリカ合衆国アイオワ州で開催された「The Contenders」(組み技限定の格闘技イベント)でトム・エリクソンに判定負け。

1998年にはアメリカに拠点を移し、モーリス・スミスらとトレーニングを行う。同年3/13、UFC 16でキモに判定勝ち。同年10/16、UFC Brazilでピート・ウィリアムスに判定勝ち。

1999/1/9、UFC 18で元パンクラスのバス・ルッテンとUFCヘビー級王者決定戦で対戦。TKO負けしたものの「世界のTK」の名を世界の格闘技ファンに轟かせた。その後、リングスでギルバート・アイブルに2回に及ぶ敗退、11月のUFC-Jではペドロ・ヒーゾにKO負けと精彩を欠く。

2000/7/15、アメリカユタ州で開催されたリングスUSA RISING-STARS A Blockを勝ち抜き、決勝大会への切符を手に入れたが、9/30の決勝大会は欠場した。

2000/12/22、KING OF KINGS 2000の1回戦でイリューヒン・ミーシャにKO勝ち。2回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。高阪が放ったフックでカット・出血によりドクターストップ勝ち。ただし、ヒョードルは反則の肘打ちでのカットだと強く主張。高阪自身ものちに「アクシデントだった」と発言している。]

2001/2/24、KING OF KINGS 2000決勝トーナメントの準々決勝では当時UFCヘビー級王者だったランディ・クートゥアと対戦し、判定負け。敗れはしたものの高い評価を得た。

リングス解散後はUFC、アブダビコンバット、DEEP、新日本プロレス(アルティメット・クラッシュ)などで活躍。リコ・ロドリゲス、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ、ファブリシオ・ヴェウドゥムなどの世界の強豪とも対戦をしている。2003/5/2、新日本プロレスのリングでドルゴルスレン・スミヤバザル(朝青龍の実兄)にTKO勝ち。

2004/2/4、U-STYLE 1周年興行で田村潔司と対戦し、15分51秒腕ひしぎ十字固めで一本負け。

2004/11/7、パンクラスでロン・ウォーターマンと対戦し、判定勝ち。初代スーパーヘビー級キング・オブ・パンクラシストとなった。

2005/4/3にはPRIDEに参戦。ヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと再戦するが、TKO負けを喫した。

新日本プロレスでは総合格闘技ルールの試合だけではなくプロレスも経験しており、2002/10/14に新日本プロレス初参戦。NWFトーナメント1回戦で安田忠夫に勝利するも、2003/1/4の決勝で高山善廣に敗れた。2005/3/26の永田裕志戦では胴締めスリーパーで勝利するも、「試合に勝って勝負に負けた」と納得のいかない高阪が再戦を要求(高阪はこの試合で膝を壊され、PRIDEでのヒョードル戦に影響が出てしまった)。5/14の再戦では、永田にバックドロップホールドを決められ、リベンジを許してしまう。

2006/2/26、PRIDE.31でマリオ・スペーヒーに右フックでKO勝ち。試合後のリング上で、同年5月開催の無差別級トーナメントを最後に引退することを宣言。この日は自身の子供の出産予定日でもあった。

2006/5/5、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦では、マーク・ハントと真っ向から殴り合った末にTKO負けを喫したが、ハントのパンチでフラフラになりながらも前に出続けた。敗北したことでこの試合が現役最後の試合となった。試合後に控え室を訪れたジョシュ・バーネットが、高阪の引退を想い号泣した。

指導者としても名高く、モーリス・スミス、フランク・シャムロック、吉田秀彦(学生柔道時代からの友人)などを指導した。また、実況席における明晰な解説ぶりも高い評価を受けている。

A-SQUARE

2005年のエメリヤーエンコ・ヒョードル戦後、東京都港区赤坂にオフィシャルジム『A-SQUARE』を開設。2009年4月には所属する菊野克紀がDEEPライト級王者となった。

獲得タイトル

  • 初代パンクラススーパーヘビー級王座

出版物

DVD

  • 高阪剛 寝技大全 トップポジション編 Vol.1(クエスト、2002年11月16日)
  • 高阪剛 寝技大全 トップポジション編 Vol.2(クエスト、2002年12月17日)
  • 高阪剛 寝技大全 ボトムポジション編(クエスト、2003年1月17日)
  • 高阪剛 寝技大全 連続技&カウンター編(クエスト、2003年2月19日)

出演

テレビドラマ

  • 大河ドラマ「天地人」(NHK、2009年) 一志大夫役
戦績
39試合22勝16負1分





ドラゴンソルジャーLAW
1974/3/6 

通称DSL。 神奈川県横浜市生まれ。 血液型O型、身長175cm体重80kg。

戦歴

  • 2005/11/23の第4回AXKICK興行におけるザ・ボスコニアン戦でデビュー。
  • 2005/12/9にザ・腐れどインディー総決起集会(埼玉プロレス)のメインイベントで、サバイバル飛田の火に焼かれる。
  • その後、ブログがlivedoor格闘家ブログに登録され、2ちゃんねるで叩かれ、2006/2/19埼玉プロレスで再びサバイバル飛田の火に焼かれる。
  • 2006/4/30、大阪・羽曳野を本拠地に活動するFU★CK!に初参戦し、マンモス半田の持つFU★CK!認定U-30 INTER NATURAL王座に挑戦するも敗れる。
  • 2006/8/20、WRESTLE EXPOにFU★CK!提供試合で出場する。

試合後、三度サバイバル飛田に襲撃される。

  • 2006/11/26、下町プロレスに初参戦し、観客0人興行として後に伝説となる。
  • 2006/12/17、マグナム大江戸とのタイトル戦でFU★CK!認定LOL王座を奪取。
  • 2007/1/14、冨宅飛駈を相手に初防衛。
  • 2007/5/4、MASADAとのランバージャックデスマッチで防衛後、返上。
  • 2007/4/8の下町プロレスをきっかけに、同団体のレギュラーに定着。
  • 2007/8/19、第1回ローカルインディ合同興行の第1試合で魔餓鬼と対戦。
それ以降、ローカルインディ合同興行のレギュラーとなる。
  • 2008/8/10、第3回ローカルインディ合同興行のミニキャット戦後に同年いっぱいでの無期限休業を発表。
  • 2008/10/12、水上プロレスでMWGP王座を奪取するも、すぐにカナブンに奪われる。
  • 2008/12/23、休業記念として初の自主興行、(め)組主催興行を浅草ファイト倶楽部で行う。
  • 2009/1/12、高島平9丁目プロレスでケニー・オメガと路上で伝説的な戦いを繰り広げる。
  • 2009/1/18、GUYZの244戦を最後に無期限休業。
  • 2009/7/12、東海プロレスのメインイベント・野崎王我戦で復活。
  • 2009/8/30、ユニオンプロレスのドインディランブルに、同じ(め)組のOUKAと共に出場。
  • 2009/10/11、LINKSのプレ旗揚げ戦(実験リーグ)に参戦。
  • 2009/10/18、BBB(スリービー)の旗揚げ戦に参戦。
  • 2009/12/6、LINKSのFIGHTING BASICトーナメントで優勝し、初代王者となる。
  • 2009/12/13、約1年ぶり真・下町プロレスに参戦する。
  • 2009年10月、『マンモスジャパンツアー』に触発されて『DSL48』という企画を始める。
  • 2010/11/23、LINKS認定無差別級王座戦をJOMと行い、王座を防衛するも、試合後に返上。

休業後の活動

  • 2009年5月からアメドライター(アメリカンドラマ・映画ライター)として活動。
  • 2009年8月、モバイル映画情報サイト『映画野郎』(旧『映画秘宝クラブ』)で「DSL AND THE CITY~男が語るアメリカンドラマ」の連載を開始。
  • 2010年8月、ネットラジオ『DSLのユルくダラダラいかせて(通称ユルダラ)』を開始。





ケン・アンダーソン 
Ken Anderson
1976/3/6

アメリカ合衆国のプロレスラー。

ミネソタ州ミネアポリス出身。フルネームはケネス・C・アンダーソンKenneth C. Anderson)。

ミスター・ケネディMr.Kennedy)のリングネームでWWEのRAWに所属していた。現在はミスター・アンダーソンMr.Anderson)の名義でTNAに参戦している。

なお、リングネームで用いる「ケネディ」は、自身がオンラインゲームで以前用いていたハンドルネームに由来する。「アンダーソン」という姓は、プロレス界ではジン、ラーズ、オレイ、アーンらのアンダーソン4兄弟(ミネソタ・レッキング・クルー)との関連を連想させるために改名した

来歴

原子力施設のガードマン等の職を経験後、プロレスデビューは1999年。インディ団体を中心に活動した後に個人トレーナーをしていたことがきっかけでWWEと契約。OVWに所属し、ヴェロシティ、ヒートといった下部番組にも時々登場していた。

2005/8/25のスマックダウンに初登場。なお初登場時の対戦相手はフナキで、二回目の登場から現在の「ケネディ」に名前を変えた。黎明期のプロレス興行のようにリングの中央に天井からつるされたマイクで一度自分の名前をコールした後、コーナーポスト(タイトロンから見て右側のコーナー)によじ登り、もう一度自分の名前をコールするマイクパフォーマンスを行う入場シーンが特徴である。名前を2回繰り返すマイクパフォーマンスのルーツは自身が高校時代にバスケットボールのアナウンスで2回選手の名前を繰り返してアナウンスした事が好評だったことから。

WWEの強いプッシュもあり、2006/7/14のスマックダウンでマット・ハーディーに敗れるまで、デビューから1年近くフォール負けを喫しなかった。

2005/11/8には、同年11/13に死去したエディ・ゲレロの最後の対戦相手を務めた(結果は反則裁定によるエディ・ゲレロの勝利)。

12月に入り、WWEのヨーロッパ遠征の試合で背中の筋肉を断絶し、長期間欠場した。欠場中は何度かスマックダウンのTV解説者を務めることもあったが、2006年6月にリングに復帰した。7月に入ってからはバティスタとの抗争を繰り広げている。元世界ヘビー級王者や元WWE王者相手に反則やリングアウト等あの手この手で勝ち星を増やし、「一年間で6人の元チャンプに勝った男」という称号を得る。

2007年、ロイヤルランブルにおいてバティスタの保持する世界ヘビー級王座に挑戦するが敗れる。その後、ボビー・ラシュリーのECW世界王座に挑戦するも敗北。しかし、レッスルマニア23のマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチで勝利。翌年のレッスルマニア24にてその権利を使用すると予告する。だが、ハウスショーにて腕を負傷したため5月のRAWでマネーインザバンクを賭けたエッジとの試合に敗れ鞄の権利を奪われた。その後ドラフトでRAWに移籍。同団体のベテラン、ショーン・マイケルズと抗争12/16のアルマゲドンにて対戦するが敗れる。

2008年ロイヤルランブルに出場。前年の抗争相手ショーン・マイケルズを敗退させる。2/25のRAWより入場テーマ曲を変更した。レッスルマニア24後にエネミー・ラインシリーズの第3作の主演に抜擢され、その撮影のためにしばらく欠場。6月に行われた追加ドラフトで1年振りにスマックダウンに移籍した。11月より作品のプロモを行うため復帰したが、試合は行っていない。

2009年の追加ドラフトにより、RAWへ移籍する。 5月に電撃復帰をベビーとして果たすも、復帰試合で再び負傷する。同年5/29にWWEから解雇が発表された。 その後、ハルク・ホーガンがオーストラリアにてプロデュースした興行「ハルカマニア・ツアー」に参加。

2010年1月より「ミスター・アンダーソン」のリングネームでTNAのリングに登場。

10月のTNA iMPACT!でジェフ・ハーディーの背後からのイス攻撃により後頭部に大怪我を負うアクシデントに見舞われる。

2011年1月、PPV Genesisのマット・モーガンとのトップコンテンダーマッチに勝利した直後、エリック・ビショフによって急遽組まれたジェフ・ハーディーとのタイトル戦で連戦のハンディがありながらもマイクチェックでフォールを奪いTNA世界ヘビー級王座を奪取。

入場曲

  • Pour Some Sugar on Me(Def Leppard)
  • Turn Up the Trouble(Jim Johnston featuring Ted Nigro)
  • Turn Up the Trouble <Remix>(Airbourne)
  • Feedback(Dale Oliver)-現在使用中

タイトル歴

WWE
  • US王座 : 1回
TNA
  • TNA世界ヘビー級王座 : 1回
ACW
  • ACWヘビー級王座 : 2回
  • ACWTV王座 : 1回
  • ACWタッグ王座 : 3回(w / Mike Mercury)
MAW
  • MAWヘビー級王座 : 1回
NWA中西部
  • NWA中西部ヘビー級王座 : 1回
UPCW
  • UPCWタッグ王座 : 1回(w / Big Daddy Loker)
XICW
  • XICWタッグ王座 : 1回





バッドニュース・アレン
Bad News Allen
1943/10/22 - 2007/3/6

アレン・ジェイムズ・コージAllen James Coage、)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。また、モントリオールオリンピックの柔道重量級の銅メダリストでもある。ニューヨーク州ニューヨークシティ出身のアフリカ系アメリカ人。
プロレスでは、バッドニュース・ブラウンBad News Brown)またはバッドニュース・アレンBad News Allen)のリングネームで、新日本プロレス、WWF(現・WWE)、カルガリー地区などを主戦場に、ラフよしテクニックよしのヒールとして活躍した。

来歴

ペンシルベニア州立大学時代に日本人柔道家の米塚義定六段(元・柔道アメリカ代表監督)に師事。AAUの柔道選手権重量級で5度優勝し、1975年にパン・アメリカン王者となる。1976年にはモントリオールオリンピックに出場、柔道重量級で銅メダルを獲得した。

1977/10/25、当時異種格闘技戦に注力していた新日本プロレスの「格闘技世界一決定戦」(メインイベントはアントニオ猪木対チャック・ウェプナー戦)に初来日。坂口征二と柔道ジャケットマッチを行うが敗退する。同年12/8にはウィレム・ルスカとも対戦。以降、新日本プロレスに入門してバッファロー・アレンのリングネームでプロレスラーに転向した。

1978年まではベビーフェイスのポジションでヒールのルスカと抗争を展開したが、1979年に本名のアレン・コージ名義でニューヨークのWWFエリアを短期間サーキットした際、フレッド・ブラッシーをマネージャーに迎えてヒール修行を行う。同年夏からはロサンゼルス地区で同じ黒人ヒールのレロイ・ブラウンやビクター・リベラと組み、NWAアメリカス・タッグ王座を3回に渡って獲得した。

1980年より、髪をスキンヘッドにしてバッドニュース・アレンと改名。ラフファイト主体のヒールに変貌し、以降1987年まで新日本プロレスに連続参戦。プロレスに適応できなかったルスカとは対照的に、シリーズに欠かせない名脇役として活躍する。主にタッグマッチに才能を発揮し、タイガー・ジェット・シン、スタン・ハンセン、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ブルーザー・ブロディなど、新日本の歴代エース外国人のパートナーを務めた。シングルでは坂口の北米ヘビー級王座に再三挑戦したほか、1984/2/7には蔵前国技館のメインイベントでアントニオ猪木と対戦。ブッチャーやラッシャー木村との仲間割れによる抗争アングルも組まれた。

北米マットでは、1982年よりスチュ・ハートが主宰するカナダ・カルガリーのスタンピード・レスリングに定着。同団体の看板タイトルであるスタンピード北米ヘビー級王座を巡り、ダイナマイト・キッド、ブレット・ハート、モンゴリアン・ストンパーらと激闘を繰り広げた。1986年末からはフロリダ地区に参戦、1987/1/20にロン・シモンズからNWAフロリダ・ヘビー級王座を、1/31にケビン・サリバンからNWA南部ヘビー級王座をそれぞれ奪取している。

1988年、バッドニュース・ブラウンとしてWWFと契約。初のPPV登場となる同年3/27のレッスルマニアIVで行われた20人バトルロイヤルでは、同じヒールとして共闘していたブレット・ハートを裏切って優勝を収めた(この一件によりブレット・ハートはベビーフェイスに転向し、スーパースターへの道を歩むことになる)。その後もケン・パテラやジャンクヤード・ドッグを撃破し、12月にはランディ・サベージのWWF世界ヘビー級王座にも挑戦。翌1989年3月11日放送(2/16収録)のサタデー・ナイト・メイン・イベントではハルク・ホーガンと対戦した。

WWFではニューヨークのハーレム育ちのストリート・ファイターというギミックを与えられ、誰も信用しない一匹狼のヒールとして活躍。タッグマッチを行っても必ずパートナーと衝突し、サバイバー・シリーズでは2年連続でチーム・メンバーと仲間割れを起こし、試合を放り出して一人で控え室に帰ってしまった。フィニッシュ技は新日本マットでマスターした延髄斬りで、ハーレムの喧嘩屋というキャラクターに合わせゲットー・ブラスターGhetto Blaster)と名付けられた。WWFには1990年下期まで在籍し、ジム・ドゥガン、ロディ・パイパー、ジェイク・ロバーツらトップスターとも短期抗争を行っている。

WWF離脱後は新日本プロレスに復帰し、本国ではカナダに永住してロッキー・マウンテン・レスリングなどのインディー団体を転戦。古巣のカルガリーではハート道場(通称 "ダンジョン" )の臨時コーチ役を務め、クリス・ジェリコらを指導している。1992年8月にはUWFインターナショナルに来日。柔道家時代に培った関節技を多用するなど、それまでの悪役レスラーのイメージとは異なる本来のテクニシャンぶりを披露した。1993/12/5の神宮球場大会では桜庭和志をチキンウィング・アームロックで破っている。

1998年1月にはカナディアン・ロッキーズ(アダム&ジェイ)を帯同して新東京プロレスにも参戦したが、同年に膝を手術して現役を引退。その後はカルガリーでショッピングモールの警備員として働きつつ、再興したスタンピード・レスリングのカラー・コメンテーターを務め、若手選手の指導にも携わった。

2007/3/6早朝、急性心不全を起こし病院に緊急搬送されるが死去。享年63歳。同日、かつて所属していたWWEの公式サイトでも訃報が伝えられた。








 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system