本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
3/9



キラー・トーア・カマタ/ドクター・モト
"Killer" Tor Kamata
1937/3/9 - 2007/7/23

アメリカ合衆国のプロレスラー。ハワイ州ホノルル出身。カナカ人の血を引くとされる。

選手時代は悪役レスラーとして活躍し、流血大王の異名を持つ。実弟のコーア・ティキもプロレスラーで、1972年7月に新日本プロレスに来日したことがある。

来歴

同じハワイ出身のプロレスラーであるキング・イヤウケアに誘われて1958年にプロレス入り。スポーツ歴としてはレスリング、アメリカンフットボール、ハワイ相撲の経験があるという。なお空手については「ナカソネという日本人にほんの少し教えてもらっただけ」とのこと。

デビュー当時はハワイの日系人レスラーミスター・モトに倣って日系人ギミックを用い、ドクター・モトDr. Moto)のリングネームで活躍。ミツ荒川とタッグチームを結成し、1967/12/2にはシカゴでウイルバー・スナイダー&パット・オコーナーからAWA世界タッグ王座を奪取している。

1970年代に入ってトーア・カマタTor Kamata)に改名(「カマタ」はより日本人らしく見せるためのネーミングギミック。「トーア」は「東亜」より取ったといわれているが、スペルからすると“巨大な岩山”という意味合いである)。日系ヒールとして派手な着物をまとい、ニューヨークのWWWFやカナダのカルガリー地区を転戦した。カルガリーでは同タイプのアブドーラ・ザ・ブッチャーと流血の抗争を展開。ニューヨーク地区ではあまりの反則・暴走が目に余るため、トップコンテンダーにもかかわらず当時の王者ブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に挑戦させてもらえなかったという逸話を残している。WWWFではフレッド・ブラッシーをマネージャーに、ニコライ・ボルコフともタッグを組んでいた。また、キング・カマタKing Kamata)のリングネームでニュージーランドにも遠征し、キラー・カール・クラップやオックス・ベーカーと組んでタッグ王座を獲得している。

日本には1975年5月に国際プロレスに初来日。以降、1977年6月まで3回に渡って国際のリングに参戦し、ラッシャー木村とIWA世界ヘビー級王座を巡って激闘を繰り広げた。木村のIWA世界タイトルには計5回挑戦しており、金網デスマッチでも雌雄を決した。

1978年5月、全日本プロレスに参戦し、6/1に秋田県・秋田市立体育館でジャイアント馬場のPWFヘビー級王座に挑戦。38回もの連続防衛記録を重ねていた馬場を破り、第2代のPWF王者となる(カマタの反則攻撃に怒った馬場の暴走による反則勝ち)。しかし6/12の愛知県・一宮市での初防衛戦でビル・ロビンソンに敗れて王座転落。同年10月9日にロビンソンにリターンマッチを挑むが失敗、その後も王者に返り咲いた馬場に2度に渡って挑戦したが王座奪回は果たせなかった。

世界最強タッグ決定リーグ戦には1979年には大木金太郎、1978年後半戦と1980年には因縁のアブドーラ・ザ・ブッチャーと組んで参加しており、1980年にはジャイアント馬場&ジャンボ鶴田、ザ・ファンクスと並んで最後まで優勝戦線に残っている。1979年のチャンピオン・カーニバルでは公式戦でブッチャーと対戦して引き分けているが、カルガリー時代のような抗争アングルは組まれず、全日本ではブッチャーのパートナーとして女房役に回った。なお、1981年に馬場・鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑戦するためのパートナーとして帯同したグレート・マーシャルボーグは、昭和プロレス史上でも一・二を争う「食わせ物選手」として名を残している。

1980年代前半に心臓に不安要因が見つかり減量、最後の来日を果たした1987年に現役を引退した。日本には国際・全日本を合わせ計16回来日している。1980年のWWF参戦時にはボブ・バックランド、ダスティ・ローデス、ペドロ・モラレス、パット・パターソンら当時の新日本プロレス系の選手と対戦したが、団体間の紳士協定のため新日本に来ることはなかった。

2007年7月23日、カナダ・サスカチュワン州サスカトゥーンにて心臓発作のため死去。70歳没。

エピソード

  • 国際プロレス参戦時、杉浦滋男(東京12チャンネルアナウンサー)の胸ぐらを掴み、実況席からゴボウ抜きにしたことがある。
  • プロレスファンからも存在が忘れられていた1989年、当時の人気バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』のコーナードラマ『仮面ノリダー』において、カマタをモデルとした「トーア・カマタ男」が登場。ノリダーの敵役の怪人として石橋貴明が演じた。これによりプロレスファン以外の知名度も高まり、放送局だったフジテレビにより本人招聘も企画されたが、相談を受けた全日本プロレス側の「当人の体調面(心臓疾患の容態)の心配や痩せ衰えた外見によりファンのイメージを損ねる恐れがある」との見解から実現には至らなかったという。
  • 流智美のインタビューにおいて、自身のキャリアにおけるラフェスト・マッチ(もっとも荒っぽかった試合)としてブッチャー戦を挙げている。
  • 強面(こわもて)の外見とは違って、普段は物静かでビーズ細工を作るのが趣味だったという。
  • 好物は天ぷらとたくあん。
  • 作家の町田康は、カマタがジャイアント馬場からPWFヘビー級王座を奪取した1978年当時「腐れおめこ」というバンドを組んでおり、『馬場はカマタに負けよった』なる曲を歌っていた。

獲得タイトル

  • AWA世界タッグ王座:1回(w / ミツ荒川)
  • PWFヘビー級王座:1回
  • WWA世界タッグ王座(ロサンゼルス版):1回(w / フレッド・ブラッシー)
  • NWA世界タッグ王座(ロサンゼルス版):1回(w / カマラマラ)
  • NWAサザン・タッグ王座:1回(w / トージョー・ヤマモト)
  • NWAオーストラジアン・タッグ王座:3回(w / バロン・フォン・クラップ、オックス・ベーカー、ジェネラル・ヒロ)
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:1回
  • スタンピード北米ヘビー級王座:3回

 etc.






リック・スタイナー
Rick Steiner
1961/3/9

アメリカ合衆国のプロレスラー。本名はロバート・レックスタイナーRobert Rechsteiner)。ミシガン州ベイシティ出身。WCW、WWFなどで活躍した。

レスリング選手出身であることをキャラクターに活かし、スタジアムジャンパーとショルダータイツをコスチュームに、イヤーガードを付けたまま試合を行う。また、相手を投げる際にクラッチしやすいように指にテーピングをしていることが多い。

来歴

ミシガン大学ではレスリングの選手として活躍し、1983年のビッグ・テン・カンファレンスでは第2位の成績を収めた。同じミシガン州出身のジョージ・スティールの紹介でミネソタ州のエディ・シャーキーのもとでトレーニングを積み、1984年にプロレスラーとしてデビュー。

ミネソタのAWA、カナダのモントリオール地区を転戦し、1986年よりビル・ワットが主宰するミッドサウス地区のUWFに参戦。翌1987年2月に新日本プロレスに初来日し、スティーブ・ウィリアムスと組んでIWGPタッグ王座決定リーグ戦に出場した。帰国後の4月には、若手ヒール時代のスティングとのコンビでUWF世界タッグ王座を獲得している。

ワットがNWAミッドアトランティック地区のジム・クロケット・プロモーションズにUWFを売却すると、スティングやジム・ロスらと共に同プロへ移籍。1987年末にマイク・ロトンドらと大学のレスリング・チームをモチーフとしたヒール・ユニット、バーシティ・クラブを結成するが、1988年9月に仲間割れしてベビーフェイスに転向。クロケット・プロがWCWに買収されてからは、1989年より実弟のスコット・スタイナーとのスタイナー・ブラザーズで活躍、同年11月にファビュラス・フリーバーズ(マイケル・ヘイズ&ジミー・ガービン)を下し、ミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座(後のWCW世界タッグ王座)を獲得した。

1991年3月、スコットとのスタイナー・ブラザーズとして新日本プロレスの東京ドーム大会に来日し、馳浩&佐々木健介からIWGPタッグ王座を奪取。以降も新日本に参戦し、1992年6月には日本武道館でビッグバン・ベイダー&クラッシャー・バンバン・ビガロを破り、同タッグ王座に返り咲いた。

1992年末、WCW新副社長ビル・ワットとの軋轢からWCWを離脱し、兄弟揃ってWWF(現WWE)へ移籍。引き続きタッグチームとして活動し、1993年6月にテッド・デビアス& IRSからWWF世界タッグ王座を奪取した。WWFではブレット・ハート&オーエン・ハートとの兄弟チーム対決も行われている。1994年のWWF退団後は、新日本プロレスやECW(レイヴェン&スティービー・リチャーズらと対戦)を経て、1996年にWCWへ再移籍した。

WCW復帰後もスコットとのタッグで活動し、ハーレム・ヒート(スティービー・レイ&ブッカー・T)やアウトサイダーズ(ケビン・ナッシュ&スコット・ホール)らと抗争していたが、1998年にスコットがnWoに加入しスタイナー・ブラザーズを解散、同時に兄弟抗争をスタートさせた。

2001年のWCW崩壊後はTNAやインディー団体を中心に活動。日本の団体への参戦も続け、2004年8月にはプロレスリング・ノアへ登場、池田大輔からWLW世界ヘビー級王座を奪取した。

2006年5月より再度TNAに出場。同年に予定されていたスコットとの兄弟チーム再結成は遅れるも、2007年5月に行われたPPV "サクリファイス" にてスコットの試合後に登場し、スタイナー・ブラザーズを復活させた。以降はチーム3Dと抗争を展開、ブードゥー・キン・マフィアことニュー・エイジ・アウトローズとも対戦している。

2008年1月4日、スコットと共に新日本プロレスに久々に来日。かつてIWGPタッグを奪取した東京ドームにて、ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコが保持する同王座に挑戦した。同年にTNAを離脱し、現在はインディー団体を主戦場としている。

獲得タイトル

UWF
  • UWF世界タッグ王座 : 1回(w / スティング)
NWA
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座 : 1回
  • NWA世界TV王座(ミッドアトランティック版) : 1回
  • NWA USタッグ王座(ミッドアトランティック版) : 2回(w / エディ・ギルバート、スコット・スタイナー)
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版) : 1回(w / スコット・スタイナー)
WCW
  • WCW世界タッグ王座 : 7回(w / スコット・スタイナー×6、ケニー・カオス)
  • WCW世界TV王座 : 2回
  • WCW USヘビー級王座 : 1回
WWF
  • WWF世界タッグ王座 : 2回(w / スコット・スタイナー)
新日本プロレス
  • IWGPタッグ王座 : 2回(w / スコット・スタイナー)※第16代、第19代
WLW
  • WLWヘビー級王座 : 1回
SCW
  • SCWヘビー級王座 : 1回
その他
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座 : 2回(w / テリー・テイラー、スコット・スタイナー)※2000年代のインディー版

 
広告


北原光騎
1964/3/9

福岡県福岡市出身の男性プロレスラー。本名は北原 辰巳。身長182cm、体重110kg。血液型AB型。

来歴

高校時代は空手に熱中、喧嘩三昧の日々を過ごす。卒業後、就職するもわずか9か月で退職する。その後、営業職やドライバーなどを経験した後、20歳の時に上京、佐山聡に師事する。1987年6月、23歳で全日本プロレスに入団。1988/4/8、百田光雄戦でデビューを飾る。その後、海外修行を経て、SWS→天龍源一郎が旗揚げしたWARに入団、天龍の右腕的存在として活躍する。33歳で自ら総合格闘技道場キャプチャー・インターナショナルを旗揚げする(翌年、同団体を離脱)。40歳でNPO法人日本ブルー・ブレイザーを設立し、理事長に就任。2004年4月より川崎市麻生区を拠点に、自らの門下生たちとともに防犯パトロールを行っている。

現在は、プロ選手のみならず、アマチュア選手も育成し、格闘技の自主興行地下室マッチを企画し、定期戦を開催している。北原自身も選手として、元横綱の北尾光覇、元前頭の太刀光修、プロ格闘家の三州ツバ吉らと対戦している。






バイソン木村
1967/3/9

本名は木村 伸子、日本の元女子プロレスラー。東京都目黒区出身。

経歴・戦歴

1985年に高校を卒業後、半年間OLを経験した後、全日本女子プロレスのオーディションを受け合格。同期にアジャ・コング・KAORU・神谷美織・工藤めぐみ・コンバット豊田・高橋美華らがおり、俗に『61年組』と呼ばれている。

すでに高校を卒業し社会人であったということもあり、本来なら当時の全女のオーディションへの受験資格は無かったが、3月生まれで、オーディション開催時はまだ18歳だったため、形の上では応募資格があり、盲点をついた受験であった。

1986/9/10、茨城・古川市立体育館において、対大橋順子戦でデビュー戦を行い、その後、ダンプ松本率いる『極悪同盟』に加入、ヒールレスラーとなった。

ダンプ引退後、ブル中野が結成した『獄門党』に参加、1年先輩(同じ高校・同じ部活の1年後輩)であるグリズリー岩本と共にタッグチーム『アウトサイダース』を結成し、タッグチームとしても活躍する。

その後、ユニバーサル・プロレスの旗揚げに全日本女子プロレスがリングの貸し出しや選手の派遣等で協力した際、全女から派遣され試合を行ったことで、それまで女子プロレスを見たことが無かった男性ファンから注目を浴びるようになる。

同じくユニバーサルに出場したことで、男性ファンから人気が出ていたアジャと組みブル&グリズリーとの獄門党対決を行い勝利するが、これを機に獄門党を離脱し、ヒールながらもワンレガースタイルのコスチュームにソバージュヘアーを振り乱してのケサ斬りチョップでファンの人気も高かった。アジャと組み、ブル中野&井上京子との髪切りマッチで負けて坊主になったこともあった。

髪が伸びてショートヘアになったバイソンは精悍さを増し、美貌とよく鍛えられた身体、印象的なコスチュームと相まってさらに人気は上昇した。自身とアジャの他、同期の神谷と高橋も共に『ジャングル・ジャック』に加入。WWWA世界タッグ王座やオールパシフィック王座に就くものの、1991年にアジャとのシングルマッチを行い、負傷したことをきっかけに長期欠場した後、引退する。

その後、全女が東京ドームで興行を行った際、OGとしてのエキビジションマッチに出場した後、ジャガー横田・ライオネス飛鳥と共に『雷神隊(ライディーン・アレイ)』を結成し、本格的にカムバックするが、ブランクから試合勘を取り戻せず低迷、不本意な試合内容が多くなってしまう(この頃から、全女の経営難は水面下で噴出し始めていたため、本人が望んでも、所属選手以外の選手に対するカードは中々組まれなかったことも要因となっていた)。

その後『吉本女子プロレスJd'(現:JDスター女子プロレス)』が旗揚げされるに伴い、全女の了承を得た上で移籍。黎明期にはエースとして活躍するが、エースとしての重圧からか、不本意な試合も多く、これらの理由からの悩みもあり引退を決意する。

ジャガー相手に引退試合を行う予定だったが、引退直前の試合で負傷し試合が不可能となり、セレモニーのみで引退している(一度目の引退でもセレモニーのみで試合は行っていない)。

真面目な性格で練習熱心であったが、それ故に思い詰めることがあり、「私が!」といった自己顕示が無かったことがレスラーとしての欠点であった。だが、その真面目さや試合以外で見せるファンに対しての応対の良さから、人気があった。

当初ワンレガー・スタイルのコスチュームを使用したのは膝の故障を保護するためにガチガチに巻いたテーピングを隠すためであった。ヒールレスラーとして愛用した凶器はトンファーである。

タイトル歴

  • 全日本タッグ王座
  • WWWA世界タッグ王座
  • オールパシフィック王座




  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system