本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
3/11



坂田亘
1973/3/11

日本のプロレスラー、総合格闘家。愛知県中島郡祖父江町(現在の稲沢市)出身。妻はタレントの小池栄子。

来歴

高校時代に極真空手を経験、卒業後にアニマル浜口レスリング道場に入門。

1993年にリングスに入団。1994/11/19に鶴巻伸洋相手にデビュー。デビューからしばらくは同期の高阪剛の陰に隠れて目立たない存在であった。

1996年、UWFインターナショナルより移籍してきた田村潔司に師事してからは見違えたように技術の向上を見せ、以前は苦杯を舐めたウィリー・ピータースを勝利するなど成長の跡を見せた。リングスとパンクラスのトラブル時には「俺が前田さんを守る」と発言。1999年にはバーリトゥードにチャレンジ(ジアン・アルバレスに敗退)。

リングスには2001/6/10まで所属。同団体に在籍中はネットワーク所属選手以外にヘンゾ・グレイシー、ブランドン・リー・ヒンクル、デイブ・メネーらと対戦経験がある。

同年7月に坂田道場設立とともにEVOLUTIONを結成。総合格闘技へ本格的に進出を開始し、DEEP、UFO LEGEND、U-STYLE、PRIDEへ登場した。DEEP初参戦時にはパンクラス所属の窪田幸生をTKOで下し、リングス-パンクラス間のトラブルを招いた鈴木みのるを挑発。この時期にはマリオ・スペーヒー、ダニエル・グレイシーなどとの対戦経験がある。

プロレスラーとしての活動は、ZERO-ONE、ZERO1-MAXを経てハッスルを活動の中心としている。ハッスルでは当初「ハッスル王子(プリンス)」のニックネームでハッスル軍に属していたが、ハッスル・ハウス4を直前に控えた2005年1月末にハッスル軍を離脱しヒールターンを果たした。それと同時に高田モンスター軍への入団を企てるが、ハッスル7(2005/2/11、愛知県体育館)での入団査定試合に敗れ失敗。

その後ハッスル・ハウス6(2005/3/1日、グランシップ静岡)でハッスル軍、モンスター軍のどちらにも属さずにやっていくと宣言、結果独自行動の坂田軍として活動することとなった。

まずハッスル9(2005/5/10、新潟市体育館)で村浜武洋と兄弟の杯を交わし、続いてモンスター軍を追放されていたマーク・コールマンと合流。ハッスル・ハウス クリスマスSP(2005/12/24、後楽園ホール)からは、同じくハッスル軍を離脱した崔領二も傘下に加え、一勢力としての地位を築きつつある。

またハッスル・ハウス11では鈴木浩子GM(当時)に叱責された青木裕子を救出、坂田軍のマネージャーに登用。ハッスル15(2006/3/12、愛知県体育館)ではシングルマッチの激闘の末に互いを認め合った天龍源一郎に対し、坂田軍の叔父貴(おじき)となることを要請。天龍も「そんな話は大きなオッパイのおねえちゃんのいる酒の席で話せ」とまんざらでもない様子であった。しかし、ハッスルハウスvol.17で開かれたハッスル・キングメモリアル6人タッグトーナメントでの敗戦後、急速にその関係は悪化、ハッスルハウスvol.19で天龍がモンスター軍に付いたことで完全に絶縁することになった。その後ハッスルハウスvol.20において行われたGM総選挙において、RGを破り当選し、新しいGMとなった。ちなみにこの後RGも坂田軍に加入している。

ハッスルマニア2006を機に坂田軍は「世界一性格の悪い男」で有名な鈴木みのるとNOSAWA論外、MAZADAの東京愚連隊という鈴木軍との新たな因縁関係が勃発した。

2007年には小川や大谷などの主力を欠いた新生ハッスル軍に助太刀する形で再び加入、以後HGと共に新生ハッスル軍の中心人物として活躍していた。

2007/8/29、タレントの小池栄子と入籍、2008/7/24に結婚披露宴を行った。小池との出会いのきっかけは橋本真也の紹介だといわれている。その結果、対戦相手等に名前を呼ばれる時にはいつも「小池のダンナ」と呼ばれてしまうようになった。しかし、高田総統に対し、「品川の本妻」を出せとやり返していた。

2009年秋頃からハッスルの運営母体である「ハッスルエンターテインメント株式会社」の資金難が表面化し、予定されていた興行が全て中止され事実上活動を休止。所属選手のほとんどは新たに設立された『SMASH』に移籍するか、あるいはフリーとなってしまったが、坂田は唯一ハッスルへ残留しハッスルの再興を目指す意向を表明。その後2010年7月にハッスルの流れを汲む新団体として『ハッスルMAN'Sワールド』を設立し、自ら代表に就任した。

2010年、愛知県名古屋市にある坂田道場を閉鎖。

人物

  • 中学時代、同級生と放課の度にプロレスをやっていて、当時の口癖が「中学卒業したらプロレスラーになる」だった。当然、進路指導では担任に怒られていたが本人は真面目に言い続けて担任も折れた経歴がある。
  • 師匠の前田日明を尊敬しており、「自称・世界一の前田日明ファン」と自身のブログに書いていた。
  • 1995/5/20、リングス興行での鶴巻伸洋戦後にバックステージで前田から「不甲斐ない試合をした」と鉄拳制裁を受けた。
  • 2006年7月、東京都渋谷区猿楽町(代官山駅)に居酒屋「ダイニングわたる」をオープンするも、2010年までに閉店。
  • ビキニの小池とレスラーパンツの坂田の2人が描かれたイラストを、ハッスルのポスターを手がけていた金子ナンペイに個人的に発注。誕生日プレゼントとして小池に渡した。
  • 2008年8月24日に行われたハッスルエイド2008のセミファイナルに出場し、優勝した褒美に何が欲しいかと問われ真顔で「一夫多妻制にしてほしい」と答えた。
  • BoAのファンであることを妻である小池栄子がテレビ番組「Music Lovers」で明かした。「BoAちゃんみたいな娘が欲しい」とのこと。






中嶋勝彦
1988/3/11

日本の男性プロレスラー。健介office所属。福岡県福岡市出身、愛知県江南市育ち。

普段はシャイな好青年であり、佐々木家の子供たちからも「かつにい」と慕われるが、リング上では負けん気が強く、喜怒哀楽を表すファイトぶりを見せる。TARUからVOODOO-MURDERSへも勧誘されたことがある。

来歴

5歳から母子家庭で育った。小学校3年生より璞名館で空手を始め、中学生の頃に高校生クラスの大会で優勝。この頃前田日明の目に留まり、卒業後のリングス入団を約束されるが、それを待たずにリングスは解散となった。

2002年12月、長州力率いるWJプロレスにスカウトされ入団。親孝行したいというのが入団の動機であった。2003年9月、WJ主催の総合格闘技興行X-1でプロデビューを飾り、金網バーリトゥード戦でジェイソン・"ゴールデンボーイ"・レイに勝利する。2004年1月、後楽園ホールの石井智宏戦でプロレスデビュー。このとき15歳9か月であり、男子では史上最年少デビューのプロレスラーとなった。

2004年3月、WJ崩壊に伴い、退団。母子家庭の中嶋にとって、WJに「保険制度(保険会社の保険を指すのかプロレス興行会社としての負傷欠場中の保険=生活補償金を指すのかは不明)」が無いことが退団原因の1つであった。一旦は実家に帰ったが、元WJの佐々木健介に弟子入りした。

2004年4月より健介officeに所属。以後は健介ファミリーの「息子」というギミックを得て、佐々木の付き人をこなしつつ、各団体へも参戦した。試合を重ねるにつれ個人の評価も上がり、単独参戦も増加。なお、当時中嶋が上がるリングは「必ず保険を団体もしくは主催興行会社が掛けてくれること」を最低条件として北斗晶が交渉した。

2004/6/19、みちのくプロレス札幌大会に参戦、プロレスのキャリア半年でザ・グレート・サスケを破り、シングルマッチ初勝利を飾る。

2005年3月、DRAGON GATEに佐々木と共に参戦。同年12月、健介officeの法人化に伴い正式に健介officeに入団し、道場長に就任。健介ファミリーを名乗り始めた頃は、3か月の期間限定の所属で、自分の所属団体を見つけてファミリーから巣立つ構想であったが、結局は健介ファミリーが自分の居場所であるという考えに至って、佐々木・北斗らと活動することとなった。

その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006/2/11、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、佐々木・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。

2006年に定時制高校に入学した。

2007/2/11、健介オフィス旗揚げ興行で佐々木とシングル初対決。2007/2/17、近藤修司を破り、世界ジュニアヘビー級王座を奪取。18歳11か月での獲得は同王座最年少記録となった。2008/3/1、シルバー・キングに敗北し世界ジュニアヘビー級王者から陥落した。

2008年8月、第2回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に飯伏幸太とタッグを組んで出場。

2009/2/11、GHCジュニアヘビー級選手権でKENTAを下し、第17代GHCジュニアヘビー級王者となった。3/1、初防衛戦でKENTAと再戦し、KENTAにリベンジを達成され王座から陥落した。7月には、日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に宮原健斗とタッグを組んで出場。

2010年10月、日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に梶原慧とタッグを組んで出場。

タイトル歴

プロレスリング・ノア
  • GHCジュニアヘビー級王座:1回(第17代)
全日本プロレス
  • 世界ジュニアヘビー級王座:1回
  • アジアタッグ王座:1回(パートナー:佐々木健介)
ZERO1-MAX
  • WWA世界Jrライトヘビー級王座:3回
みちのくプロレス
  • 東北タッグ王座:1回(パートナー:佐々木健介)
プロレス大賞
  • 2004年度プロレス大賞 新人賞
  • 2005年度プロレス大賞 敢闘賞

入場テーマ曲

  • POWER 08(作曲&編曲:鈴木修)

中嶋勝彦Blog
中嶋勝彦


 
広告


ディノ・ブラボー
Dino Bravo
1949/8/6 - 1993/3/11

来歴

幼少時に家族と共にカナダ・ケベック州のモントリオールに移住。学生時代にレスリングとボディビルで体を鍛え、1970年にジノ・ブリットのコーチを受けてプロレスラーとしてデビュー。モントリオールを中心に正統派のパワーファイターとしてキャリアを積み、アメリカ本土では1974年よりロサンゼルスのNWAハリウッド・レスリングで活動した。

1976年より、ジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナのNWAミッドアトランティック地区に参戦、ミスター・レスリングことティム・ウッズとタッグを組み、5月5日にジン・アンダーソン&オレイ・アンダーソンのミネソタ・レッキング・クルーから同地区認定のNWA世界タッグ王座を奪取した。ウッズとのコンビでは、同年11/3のトーナメント決勝でミシェル・デュボア&レネ・グレイを下しミッドアトランティック・タッグ王座にも戴冠している。シングルではブラックジャック・マリガンやマスクド・スーパースターと抗争を展開した。

並行してニューヨークのWWWFにも進出し、ドミニク・デヌーチとイタリア人同士のタッグチームを結成。1978/3/14にプロフェッサー・タナカ&ミスター・フジからWWWF世界タッグ王座を奪取している。同年12月にはカナダのトロントでジン・キニスキーを破りNWAカナディアン・ヘビー級王座の初代チャンピオンとなり、カナダの伝説的レスラー、ホイッパー・ビリー・ワトソンよりベルトを授与された。1980年からはAWAをサーキットし、ニック・ボックウィンクルのAWA世界ヘビー級王座にも挑戦している。

1981年10月、新日本プロレスの『闘魂シリーズ』に初来日。開幕戦における長州力と組んでのスタン・ハンセン&ハルク・ホーガンとのタッグマッチ、そして最終戦でのアブドーラ・ザ・ブッチャーとのシングルマッチでは、共に相手がヒールサイドの外国人選手だったこともあって、ベビーフェイスとしての持ち味をフルに発揮した好ファイトを展開。ホーガンやブッチャーの巨体を抱え上げアトミック・ドロップを放つなどの怪力ぶりも喝采を浴び、将来の外国人エース候補と期待された。しかし、再来日となる翌1982年11月の『第3回MSGタッグ・リーグ戦』ではヒールのアドリアン・アドニスと組まされたため、本領を発揮することができなかった。1983年5月には北米代表としてIWGPリーグ戦の第1回大会に来日したが、家族の不幸のため試合を行うことなく緊急帰国している。

その間、本国ではモントリオール地区の "Lutte Internationale" (インターナショナル・レスリング)を主戦場に、プロモーター兼任のエース選手として活動。メインタイトルのカナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座をビル・ロビンソン、リック・マーテル、ミシェル・デュボア、セーラー・ホワイト、キング・トンガらと争い、1985年まで計6回に渡って同王座を獲得した。1985年にはモントリオール地区への進出を図っていたWWFより、WWFカナディアン・チャンピオンに認定される。1986年、WWFのプロモートによりモントリオールでのハルク・ホーガンとのシングルマッチが予定されていたが、同地におけるブラボーの人気にホーガンがヒール扱いされてしまうことを危惧したWWF側の判断で、直前にマッチメイクが変更されるという事態も起こった。

1987年、WWFと再契約。ブルータス・ビーフケーキと仲間割れしたグレッグ・バレンタインの新パートナーとなり、イタリア人でありながら髪をブロンドに染め、フレンチ・カナディアンとしてのアイデンティティを強調したヒールに変身する。1988年にはカナディアン・ストロンゲスト・マンを名乗り、フレンチ・マーチンをマネージャーにジム・ドゥガンとアメリカ対カナダの抗争を開始。1989年からはジミー・ハートを新マネージャーに迎え、アースクエイクとのカナディアン・コンビでハルク・ホーガンやアルティメット・ウォリアー、ビッグ・ボスマン、タグボートらと抗争した。

1992年にWWFを離れて引退。その後は若手レスラーの指導にも携わっていたが、1993年3月11日、違法タバコの密輸に絡むトラブルのため、モントリオールの自宅で犯罪組織に射殺されて死去。43歳没。

獲得タイトル

Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座:6回
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座:1回(w / トニー・パリシ)
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / ビクター・リベラ)
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:2回(w / ミスター・レスリング、タイガー・コンウェイ・ジュニア)
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):1回(w / ミスター・レスリング)
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座:2回
WWWF / WWF
  • WWWF世界タッグ王座:1回(w / ドミニク・デヌーチ)
  • WWFカナディアン王座:1回

 etc.






ガイ・ミッチェル/ジョン・ヒル
"Stomper" Guy Mitchel/John Steele Hill
1941/7/8 - 2010/3/11

カナダ・オンタリオ州ハミルトン出身のプロレスラー。WWF(現・WWE)におけるバリアント・ブラザーズの一員、"ジェントルマン" ジェリー・バリアント"Gentleman" Jerry Valiant)としての活動でも知られる。

来歴

トロント地区のプロモーターだったフランク・タニーにスカウトされ、1959年にガイ・ヒルGuy Hill)のリングネームでデビュー。1961年、アメリカ合衆国南部のジョージア地区でガイ・ミッチェルGuy Mitchell)に改名し、同年3/29にスカル・マーフィーからNWA南部ヘビー級王座を奪取した。

その後、インディアナポリスのWWAでヒールの覆面レスラーに変身し、ジョー・トマッソとジ・アサシンズThe Assassins)を結成。若手時代のボビー・ヒーナンをマネージャーに従え、1965年から1966年にかけてディック・ザ・ブルーザー&ウイルバー・スナイダーなどの強豪チームとWWA世界タッグ王座を争った。WWAではヒーナンの兄弟ギミックのガイ・ヒーナンGuy Heenan)を名乗ったこともある。

1970年代に入るとデトロイト地区で素顔に戻り、ザ・ストンパーThe Stomper)のリングネームでベビーフェイスとして活動。ザ・シークやキラー・ブルックスと抗争を繰り広げ、ボボ・ブラジルら人気スターのパートナーとなって同地区認定のNWA世界タッグ王座も再三獲得した。1972年1月にはザ・ストンパー名義で日本プロレスに初来日。翌1973年1月にもレッド・デビルThe Red Devil)なるマスクマンとして再来日している。

1973年からはカナダのバンクーバー地区を主戦場に、再びヒールターンして覆面レスラーのミスターXMr. X)に変身。1974年4月1日にはフラッシュ・ゴードンことジョージ・ゴーディエンコからNWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座を奪取した。以降もジン・キニスキーやマイク・シャープ・ジュニアらを破り、1977年まで同王座を通算4回獲得している。この間の1975年10月、新日本プロレスにミスターXとして来日。アントニオ猪木ともシングルマッチで2度対戦した。また、素顔のガイ・ミッチェルとしても古巣のWWAに参戦しており、この時期はバンクーバーとインディアナポリスを股にかけ、2つのギミックを使い分けて活動していた。

1978年末、肝炎を患っていたジミー・バリアントに代わるジョニー・バリアントの新パートナーとして、ジェリー・バリアントJerry Valiant)を名乗りニューヨークのWWFに登場。1979/3/6、トニー・ガレア&ラリー・ズビスコを破りWWFタッグ王座を獲得した。同年8/27にはマディソン・スクエア・ガーデンのリングでアンドレ・ザ・ジャイアントとのシングルマッチも組まれている。

WWF離脱後もバリアント・ブラザーズのギミックを使い続け、1980年2月にはラリー・バリアントLarry Valiant)の名前でジョニーと共に全日本プロレスに来日、グレート小鹿&大熊元司のアジアタッグ王座に挑戦した。全日本には1981年1月にもガイ・ミッチェル名義で再来日しており、これが最後の日本マット登場となった。

その後はWWAでの盟友でもあったロジャー・カービーをパートナーに、メンフィスのCWAやカンザスシティのNWAセントラル・ステーツ地区で活動。1983年にWWAに戻り、そのまま引退してインディアナポリス近郊に在住、引退後は造園業を営んでいた。

2010/3/11、インディアナ州フランクリンにて癌のため死去。68歳没。晩年はサンタクロースに扮してボランティア活動にも取り組んでいた。

獲得タイトル

  • NWA南部ヘビー級王座(ジョージア版):1回
  • NWA南部タッグ王座(ジョージア版):1回(w / ボブ・ラムゼン)
  • NWA世界タッグ王座(デトロイト版):3回(w / ベン・ジャスティス×2、ボボ・ブラジル)
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):6回(w / バック・ラムステッド、ジン・キニスキー、ザ・ブルート、オルマンド・マルンバ、リッキー・ハンター、エリック・フローリッチ)
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座(バンクーバー版):4回
  • IWA世界ヘビー級王座(オーストラリア版):1回
  • WWA世界ヘビー級王座(インディアナポリス版):1回
  • WWA世界タッグ王座(インディアナポリス版):5回(w / ジョー・トマッソ×3、ロジャー・カービー、アブドーラ・ザ・グレート)
  • WWFタッグ王座:1回(w / ジョニー・バリアント)





サンデー・スコット
Sunday Scott
1934/3/27 - 2010/3/11

60~70年代に「空飛ぶ兄弟」として人気を博した元レスラーのサンデー・スコットさんが11日、米バージニア州ロアノークで膵臓(すいぞう)がんのため死去。享年75歳だった。兄ジョージとのタッグで世界各地のタッグ王座を総なめに。62年には、全日本の世界タッグ王座のルーツ、NWAインターナショナルタッグを獲得

  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system