本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
3/14



仲野信市
1963/3/14

日本の元プロレスラー。神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。身長185cm、体重110kg。血液型O型。

来歴・人物

  • 野球部員だった日大藤沢高校在学中に新日本プロレスの道場を見学し山本小鉄に誘われ入団、デビュー戦は1980/3/1大田区体育館でのvs斎藤弘幸戦
  • 怪我のため一時離脱するが再度デビューを果たした。この離脱時に佐川急便と縁が出来る。
  • 当時の若手は前田日明、高田延彦、高野俊二、新倉史祐など逸材揃い。ちなみに当時道場で前田日明に逆エビ固めを失神するまでかけられたらしい。
  • 1984年に長州力とともにジャパンプロレスの一員として全日本プロレスにあがる。その後長州が新日本に戻っても全日本にあがり続ける。
  • 長州が去った後急にNo.2となってしまい谷津嘉章とメインにあがるようになり、徐々に実力をつける。
  • ジャンボ鶴田の顔面にモロにドロップキックを決めて怒らせてしまい、修羅の如く鶴田は反撃。尋常ではない勢いでエルボー・バット、ジャンピング・ニーバット、コブラツイストなどを決め最後は急角度バックドロップで完全KO、前歯も数本失っている。ただしこの試合後、鶴田は「(あのキックは)それでいいんだよ信ちゃん」と言ったとの事なのでどこまで切れていたかは不明。
  • シングルでは渕正信と好勝負を繰り広げた。その渕を1989/4/16、ジャーマン・スープレックス・ホールドで破り、第7代世界ジュニアヘビー級王座に就く。
  • 体が大変軟らかい。そのことはジャイアント馬場も度々テレビ解説で誉めている。ただその分、逆に逆エビ固めやカナディアン・バックブリーカーを決められた時の反られ様は凄まじい。
  • 馬場に「ちっとも決起しない」と解散させられた決起軍の一員としても活躍。2代目タイガーマスク(三沢光晴)とも頻繁にタッグを組む。
  • 1990年頃から全日本の雰囲気に合わないからかファイトに精彩を欠き、谷津とともにSWSに移籍する。
  • 1993年にSPWF、1995年にレッスル夢ファクトリーと移籍、WARで天龍源一郎と因縁の対決も果たした。
  • 福田雅一を大変可愛がっていた。
  • 谷津嘉章を慕い(天龍にKOされ大の字になった状態で「誰が一番強いか言ってみろ」、とマイクを向けられ「谷津だよ、谷津」と答えた)、行動をともにしたが最終的には谷津のいい加減さに呆れ袂を分かつ。
  • 1998年にフリーランスとなった。2001年無我で引退。「日本一のセールスドライバーを目指します」の言葉を最後に佐川急便でサラリーマン生活に入る。

タイトル歴

WWCジュニアヘビー

全日本プロレス

世界ジュニアヘビー級王座
渕正信より奪取、百田光雄に敗れ防衛0回。
アジアタッグ王座
パートナーは高野俊二、田上明で2回王座に就くがいずれも防衛0回に終わる。

入場テーマ曲

  • 「自然の香り」『シルクロード組曲』 演奏:喜多郎

※SPWF時代から引退まで使用。

  • 「LET'S FIGHT!」『エリア88燃える蜃気楼音楽編』 演奏:新田一郎

※全日本プロレス時代に使用。






中山香里
1978/3/14

日本の元女子プロレスラー。大阪府羽曳野市出身。ニックネームは「ギャングスター」。

母親は第9代WWWA王者、第7・9・11・27代WWWAタッグ王者の星野美代子。日本初の母娘2代レスラーであり、2代続けてのチャンピオンベルト保持者でもある。

経歴・戦歴

1994/7/19、FMW兵庫・高砂市総合体育館大会において、対清水真弓戦でデビュー。

2001年2月、田中将斗・邪道・外道らとコンプリート・プレイヤーズを結成、FMWから離脱。

尾崎魔弓率いるOZアカデミーにも加入し、ヒール修行を行う。

総合格闘技にも挑戦、2001/5/3のReMix、および引退直前の2002/8/4のスマックガールに参戦したがいずれも判定負け。

2002/10/23、WEW後楽園ホール大会の対シャーク土屋戦を最後に引退した。

タイトル歴

  • WEW6人タッグ
総合格闘技
SMACKGIRL 〜Summer Gate 2002〜
2002/8/4
vsLay-ho
5分3R終了 判定0-3

ReMix GOLDEN GATE 2001
2001/5/3
vsリー・ヨンファ
5分3R終了 判定9-21

 
広告


清水清隆

1984/3/14

日本の総合格闘家。栃木県石橋町(現・下野市)出身。SKアブソリュート所属。第2代フライ級キング・オブ・パンクラシスト。

来歴

高校2年時に格闘技を始めた。

2007/9/16、KAMINARIMON CLIMAX '07・55kg級トーナメントに出場。決勝で須藤雄大に判定勝ちし優勝を果たした。

2008/6/29に沖縄で開催された「PANCRASE×REAL vol.1 MMA vs ROCK」のメインイベントで砂辺光久と対戦し、0-3の判定負け。

2008/11/8、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE EX -eastern bound-で漆谷康宏と対戦し、左ハイキックで右目尻をカットしTKO負け。

2009年に開催された第15回ネオブラッド・トーナメント フライ級に出場。4月5日の1回戦で清水俊裕にチョークスリーパーで一本勝ち。6月7日の準決勝で石井拓麻にチョークスリーパーで一本勝ち。8月8日の決勝では矢島雄一郎に判定勝ちし優勝を果たした。

2009/11/23、修斗で行われた修斗 vs. パンクラスの対抗戦でマモルと対戦し、判定負け。

2010/2/7、フライ級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチで砂辺光久と1年5か月ぶりに再戦し、判定勝ちで王座を獲得した。

2010/7/4、フライ級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチで廣瀬勲と対戦し、ドクターストップによるTKO勝ちで王座の初防衛に成功した。試合後に砂辺がリングに上がり対戦を要求し、これを受諾した。

2010/12/5、フライ級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで3度目の対戦となる砂辺光久と対戦し、1-1の判定ドローとなり2度目の王座防衛に成功した。砂辺との対戦成績は1勝1敗1分となった。

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightで杉田一朗とSRCジャケットルールで対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

2011/1/16、DEEP X リアルキングトーナメント・フェザー級(9名参加)に出場。決勝で榎本悟(猿飛流)にチョークスリーパーで一本負けを喫し、準優勝となった。

獲得タイトル

  • 初代フライ級キング・オブ・パンクラシスト
  • 第15回ネオブラッド・トーナメント フライ級 優勝
  • KAMINARIMON CLIMAX '07 55kg級 優勝
  • 第7回東日本サンボ選手権大会 62kg級 優勝(2009年4月12日)





コルシカ・ジョー
CORSICA JOE

1920/1/17-2010/3/14

本名はフワンソワーズ・ミケット。アルゼンチンでプロレス・デビューし、スカンドル・アクバ、ジョニー・コスタスなどとの抗争で名を挙げた。ゴリー・ゲレロとのコンビで活躍しテキサス・タッグ選手権を保持したこともある。コルシカ・ジーン(コシキ・ジーン)、ロレンゾ・パレンテとのコンビでも有名。平気でメリケンサックで相手の額を叩き割るといった悪党だった。ただし来日当時は完全にピークをすぎていた。女子レスラーのサーラ・リーと結婚。




  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system