本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
5/4


 
 


 
 

ドリー・ファンク・シニア
Dory Funk, Sr.
1919/5/4 - 1973/6/3

アメリカ合衆国のプロレスラー兼プロモーター。プロレスのマネージャーとしても活躍した。

本名はドランス・ウィルヘルム・ファンクDorrance Wilhelm Funk)。インディアナ州ハモンド出身。

息子のドリー・ファンク・ジュニア、テリー・ファンクも著名なプロレスラーである

来歴

少年時代はアメリカンフットボールをはじめ万能アスリートとして活躍。第二次世界大戦後、プロレスラーとしてデビュー。1949年にテキサス州アマリロに本拠地を移す。当初はドリー・ファンクDory Funk)のリングネームでザ・シーク等と対戦しているが、悪役レスラーとして活動していたらしい。また、一時期マスクド・マーヴェルMasked Marvel)という覆面レスラーとしても活動している。

梶原一騎原作の漫画「プロレススーパースター列伝」では最初プロボクサーを目指していたと描かれているが、ボクシング経験はなく空手の道場に通っていたことを初来日の際に、スポーツ紙に語っている。

現役時代は1958年にNWA世界ジュニアヘビー級王座を獲得するなど活躍したが、アマリロに本拠を構えて二人の息子に幼少の頃から英才教育を施しトップレスラーに育て上げたことにより名声は一気に高まり、息子のドリー・ファンク・ジュニアと区別する為ドリー・ファンク・シニアとして活動するようになる。

その後、ドリー・ファンク・ジュニアが1969年2月にNWA世界ヘビー級王座を獲得(テリー・ファンクもシニアの死後1975年に獲得)したことによりプロレス界で一目置かれる存在となり、南部地区のプロモーターとしても活躍。アマリロ地区を一代で有力テリトリーに育て上げた。NWA内部でも実力者として知られ、死去する直前の1973年2月にはNWA臨時総会を開催させてジャイアント馬場の加盟を(一つの地区からの加盟プロモーターは原則一人だったにもかかわらず)押し込んでいる。この件などのドリー・ファンク・シニアの恩義を馬場は長く忘れず、社長室の机にはシニアの写真が置いてあったという。

1969年11月に日本プロレスに参戦するため来日したドリー・ファンク・ジュニアのマネージャーとして同行し初来日。1972年10月に来日した時は、全日本プロレス旗揚げシリーズにレスラーとして参戦している。アマリロには多くの若手レスラーが集い、「ファンクス一家」の長として確固たる地位を築いたが、1973年6月3日にパーティー中に余興でレスリングをしていて心臓発作で急死。なお、このパーティーにはアメリカ武者修行中のジャンボ鶴田(当時は鶴田友美)も居合わせていたという。

人物

現役時代はヒールとして知られていたが社会人としては非常に常識はしっかりしていたと言う。スカウトされた、スタン・ハンセンによると現職の中学校教員を辞めてプロレスラーに転職する際も「せめて1学期までは(教員を)続けなさい。でないと周り(学校)が迷惑する。」と忠告した。その忠告通りにしたハンセンは学校側からも代わりをみつけられる時間が出来て助かったと感謝されたと言う。


 
広告


ミスター・フジ
Mr. Fuji
1935/5/4

ハリー藤原Harry Fujiwara)は、アメリカ合衆国の元プロレスラー、プロレス・マネージャー。ハワイ州ホノルル出身の日系アメリカ人。生年は1934年、1937年など諸説ある。

現役選手時代はズル賢い日系ヒールとして鳴らし、プロフェッサー・タナカやマサ斎藤をパートナーにWWWF / WWFタッグ王座を通算5回獲得。引退後はWWF(現・WWE)でマネージャーに転身して活躍した。ギミックではなく純粋な日系人だが、日本語はほとんど話せない。アメリカでは大阪府出身という設定だった。

来歴

1964年のデビュー当初はミスター・フジワラの名前で地元ハワイを中心に活動。1965年1月にはカーティス・イヤウケアと組んでNWAハワイ・タッグ王座を奪取している。1966年よりアメリカ本土の太平洋岸北西部に進出し、オレゴンやワシントン一帯をサーキットエリアとするPNW(ドン・オーエン主宰)に定着。ムーンドッグ・ロニー・メインらとNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を争う。1971年にはシンタロー・フジのリングネームでオーストラリアに遠征、タイガー・ジェット・シンとのコンビでカーティス・イヤウケア&マーク・ルーインを破り、豪州版のIWA世界タッグ王座を獲得した。

1972年、ミスター・フジとしてニューヨークのWWWF(現・WWE)に登場。トール・タナカと日系悪役コンビを結成し、同年6/27と翌1973/9/11の2度にわたってWWWF世界タッグ王座を奪取した。タナカとはNWAジョージア地区にも揃って参戦し、1975年9月に行われたトーナメントに優勝して同地区認定のタッグ王座も獲得している。シングルでは、1976/2/7にサンフランシスコでパット・パターソンを撃破、同地区の看板タイトルであるNWA USヘビー級王座に輝いた。この間、1974年5月に全日本プロレスに初参加している。

1977年にニューヨークに戻り、タナカとのコンビを再結成。同年9月27日、チーフ・ジェイ・ストロンボー&ビリー・ホワイト・ウルフのインディアン・チームを破り、WWWF世界タッグ王座への3度目の載冠を果たす。1979年はタナカと共にテネシー州メンフィスのCWAを襲撃、AWA南部タッグ王座も強奪した。同年9月にはニュージーランドにも遠征し、ピーター・メイビアからNWA英連邦ヘビー級王座を奪取している。

1980年にタナカとのタッグチームを解散し、プエルトリコのWWC参戦を経て同年10月に全日本プロレスに3回目の来日(2回目は1979年1月)。このときは日本陣営の一員となり、凱旋帰国したミスター・サクラダのパートナーに起用され、アブドーラ・ザ・ブッチャーやキラー・トーア・カマタと大流血戦を演じた。翌1981年にはジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナのNWAミッドアトランティック地区で、海外再修業中だった天龍源一郎のタッグパートナーも務めている。

1981年下期より、ミスター・サイトーを新しい相棒にWWFに復帰。同年10月13日にリック・マーテル&トニー・ガレア、翌1982/7/13にチーフ・ジェイ・ストロンボー&ジュールズ・ストロンボーを下し、WWFタッグ王座を2度獲得、改称前のWWWF世界タッグ王座と合わせ、ニューヨークのタッグタイトルを5回に渡って手中にした。以降もWWFに定着し、サイトーの離脱後はタイガー・チャン・リーと新コンビを結成。1984年よりスタートしたビンス・マクマホンの全米侵攻ツアーにも参加し、1月のTVテーピングではハルク・ホーガン&ボブ・バックランドの新旧WWF王者コンビとも対戦した。

1985年にセミリタイアし、燕尾服・ステッキ・山高帽というスタイルの日系マネージャーに転向。以降1996年まで、10年以上に渡ってWWFの悪徳マネージャーとして活躍、デモリッションを担当した際は彼らに合わせて顔にペインティングを施し、相撲ギミックのヨコズナに付いたときにはキモノ(浴衣)を着用していた。1996年、右膝の古傷が悪化したこともあり、3月31日のレッスルマニアXIIを最後にWWFを退団、プロレス界から引退した。同時期、フジはヨコズナと共にベビーフェイスに転向しており、最後の舞台を善役として終えることとなった。

引退後はテネシー州のノックスビルに在住。2001年までテネシーのジェファーソン・シティとダンドリッジにトレーニング・ジムを運営していた。2007年3月31日、ミシガン州デトロイトのFox TheatreにてWWE殿堂入りを果たす。プレゼンターはマネージャー時代の「クライアント」である、同じハワイ出身のドン・ムラコが務めた。

獲得タイトル

NWA
  • NWAハワイ・タッグ王座:2回(w / カーティス・イヤウケア×1、カール・フォン・スタイガー×1)
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:4回(w / ハル佐々木×3、トニー・ボーン×1)
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:1回
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / トール・タナカ)
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / トール・タナカ)
  • NWA USヘビー級王座(サンフランシスコ版):1回
  • NWA英連邦ヘビー級王座(ニュージーランド版):1回
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(トロント版):1回
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:1回(w / 天龍源一郎)
WWE
  • WWWF世界タッグ王座 / WWFタッグ王座:5回(w / トール・タナカ×3、ミスター・サイトー×2)
  • WWE Hall of Fame:2007年度(プレゼンターはドン・ムラコ)
その他
  • IWA世界タッグ王座(ニュージーランド版):1回(w / タイガー・ジェット・シン)
  • AWA南部タッグ王座:1回(w / トール・タナカ)
  • WWC北米ヘビー級王座:1回
  • WWC北米タッグ王座:1回(w / ピエール・マーテル)

担当選手

  • ジョージ・スティール
  • ドン・ムラコ
  • カウボーイ・ボブ・オートン
  • キラー・カーン
  • ジム・ナイドハート
  • シカ・アノアイ
  • カマラ
  • デモリッション(アックス、スマッシュ)
  • パワーズ・オブ・ペイン(ザ・バーバリアン、ザ・ウォーロード)
  • オリエント・エクスプレス(サトー、タナカ、カトー)
  • ザ・バーザーカー
  • クラッシュ
  • ヨコズナ
  • オーエン・ハート





サルマン・ハシミコフ
Salman Hashimikov
1953/5/4

旧ソビエト連邦出身のプロレスラー。

これまでイワン・コロフ、ニコライ・ボルコフ(1947/4/14)、クリス・マルコフ、アレックス・スミルノフ(1947/2/9)、ニキタ・コロフ(1959/3/9)など「ロシア出身」を名乗るプロレスラーは多く存在したが、いずれもギミックであり、冷戦の終結に伴い登場したソビエト連邦初のプロレスラーとして注目を集めた

来歴

レスリングのフリースタイル100kg級の選手として活躍し、1971年と1973年の世界ジュニア選手権に優勝、世界選手権では1979年の初優勝を皮切りに、1981年から1983年にかけては3連覇を達成している。1976年のモントリオールオリンピックと1980年のモスクワオリンピックにもソビエト連邦代表として出場が決定していたものの、いずれも負傷のため不参加となった。

1980年代後半からのペレストロイカ政策により、ソビエト連邦の国家スポーツ委員会が新日本プロレスと提携したことを機にプロに転向、1989/2/22、レッドブル軍団のリーダー格として初来日を果たす。同年4/24、新日本プロレスの東京ドーム初興行でのセミファイナルにおいて、クラッシャー・バンバン・ビガロを2分26秒で破りデビュー戦を飾った。

5/25には、当時ビッグバン・ベイダーが保持していたIWGPヘビー級王座に挑戦、得意の水車落としでベイダーを破り新王者となる。7/12に長州力に敗れてタイトルを失うも、8/10の両国国技館大会では橋本真也を下した。12/31には新日本プロレスが主催したモスクワ大会に出場、母国凱旋試合にてマニー・フェルナンデスから勝利を収めている。

1990/2/10の東京ドーム大会ではスティーブ・ウィリアムスと対戦するも敗退。同年の末にはアメリカ合衆国のWCWでも試合を行い、12/16開催の『スターケード』にて行われたタッグトーナメントにレッドブル軍団の盟友ビクトル・ザンギエフと組んで出場、2回戦でマサ斎藤&グレート・ムタのチームに敗れた。

1993年7月にはUWFインターナショナルにも参戦し、高田延彦のプロレスリング世界ヘビー級王座に挑戦している。

獲得タイトル

  • IWGPヘビー級王座:1回





ジョセフ・ジェームズ・ジュニア
Joseph James, Jr
1959/5/4

アメリカ合衆国の元プロレスラー、現レフェリー。ジョージア州マリエッタ出身。

スコット・アームストロングScott Armstrong)の名義で知られる。父親のボブ・アームストロング、弟のブラッド、スティーブ、ブライアンもプロレスラーである。

来歴

1983年にアラバマのサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングにてプロレスラーとしてデビュー。同年10月には弟のブラッド・アームストロングとのコンビでデニス・コンドリー&ランディ・ローズのミッドナイト・エクスプレスからNWAサウスイースタン・タッグ王座を奪取。以降もアラバマを主戦場に、1984年から1987年にかけて、トミー・ギルバート(エディ・ギルバートの父親)やトム・プリチャードを破り、USジュニアヘビー級王座を再三獲得した。

その後、NWAミッドアトランティック地区やジム・コルネット主宰のスモーキー・マウンテン・レスリングでの活動を経て、1990年代中盤よりWCWにてレフェリーに転向。2002年からはTNAや各地のインディー団体で活動し、2006年7月よりWWEに所属、2010年2月までECWのレフェリーを担当した。

2011年にWWEと再契約し、2月20日のPPV『エリミネーション・チェンバー』のメインイベントにてレフェリーを務めた。

獲得タイトル

  • NWA USジュニアヘビー級王座:5回(サウスイースタン版)
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / ブラッド・アームストロング
  • NWAレッスル・バーミングハム・タッグ王座:1回(w / ボブ・アームストロング)

 etc.


  



ジム・スティール
Jim Steele
1967/5/4

アメリカ合衆国のプロレスラー。フロリダ州プラムハーバー出身。

来歴

デビュー戦は1991年10月のフロリダ州タンパ。初来日は1994年11月の全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦。当初は本名のジム・スティールで参戦していたが、1995年6月からは覆面レスラーとなり、リングネームもザ・ラクロスに変え、パトリオット率いるUS空軍軍団の一員となった。さらに小橋健太、ジョニー・エース、ザ・パトリオットがGETを結成したときにはスティーブ・ウィリアムス、ゲーリー・オブライトとともにTOPを結成して対抗。かつてタッグを組んでいたザ・パトリオットと敵対することとなった。1997年の世界最強タッグ決定リーグ戦では再びリングネームを変更。セガのプロレスゲーム「全日本プロレス FEATURING VIRTUA」の発売にあたり、同ゲームにバーチャファイターからゲスト参戦した架空のレスラーウルフ・ホークフィールドに変身、ジョニー・スミスとタッグを組んで参戦する。1994年大会では10組中8位だったが、1997年大会ではハンセン組に勝利し、三沢組とウィリアムス組に引き分ける健闘を見せ、10組中5位となる。さらに1998/1/9、スミスとのタッグでアジアタッグ王座を奪取。これが日本での初戴冠となった。2000年の世界最強タッグ決定リーグ戦では再びリングネームをジム・スティールに戻し、マイク・バートンとのタッグで参加。勝ち点10を獲得し、首位の4チームに入るが、優勝決定トーナメントの初戦で川田利明&渕正信組に敗れ、初優勝はならなかった。2001年に新日本プロレスに初参戦。マイク・バートンとともにG1タッグリーグに参加し、準優勝となる。2002/11/4からはマイク・バートンとともに新日本プロレスに主戦場を変更。IWGPタッグ王座にも挑戦する。2004年にはラブマシンズの一員として覆面レスラーのラブ・マシン・スティールとなり、久々の全日本プロレスマットへの復帰となった。

タイトル歴

全日本プロレス
  • アジアタッグ王座
    第63代王者、2回防衛、パートナーはジョニー・スミス















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system