本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
5/7


 
 


 
 

ハーキュリーズ・ヘルナンデス/ヘラクレス・ヘルナンデス
Hercules Hernandez
1956/5/7 - 2004/3/6

レイ・フェルナンデス(Ray Fernandez )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。フロリダ州タンパ出身。本名はレイモンド・フェルナンデス(Raymond Fernandez)。

ギリシア神話の英雄 "ヘーラクレース" の英語名であるハーキュリーズをリングネームに冠し、その名に違わぬ筋肉隆々のパワーファイターとして活躍した。

来歴

1981年、地元のフロリダ地区でデビュー(1979年にミッドサウス地区で覆面レスラーのミスター・レスリング3号としてデビューしたともされる)。1982年にハーキュリーズ・ヘルナンデスのリングネームでカンザスのNWAセントラル・ステーツ地区に入り、ハーリー・レイスやマイク・ジョージらベテランと対戦してキャリアを積む。

1983年1月にはヘラクレス・ヘルナンデス名義で全日本プロレスに初来日し、大器の片鱗を見せた。以降、ジム・クロケット・ジュニアの運営するNWAミッドアトランティック地区やビル・ワット主宰のMSWAなど、南部エリアを転戦してリングネームをハーキュリーズに改め、1985年にWWF(現・WWE)と契約。

WWFでは初期はフレッド・ブラッシー、後にボビー・ヒーナンをマネージャーに迎え、極太の鎖を首に巻きつけた大型ヒールとして活躍。同じ筋肉派のビリー・ジャック・ヘインズやアルティメット・ウォリアーと抗争し、1986/11/29のサタデー・ナイト・メイン・イベントではハルク・ホーガンのWWF世界ヘビー級王座に挑戦した。

1988年からベビーフェイスに転向しテッド・デビアスらと抗争するが、1990年に再びヒールターン。スリックをマネージャーに、ポール・ローマとのタッグチーム "パワー&グローリー" でタッグ戦線に進出する。怪力のハーキュリーズ(パワー)とスピーディーなローマ(グローリー)という、それぞれの持ち味を活かしたコンビネーション・プレイを武器に、リージョン・オブ・ドゥーム(ホーク&アニマル)、ハート・ファウンデーション(ブレット・ハート&ジム・ナイドハート)、ザ・ロッカーズ(マーティ・ジャネッティ&ショーン・マイケルズ)らと激闘を繰り広げた。1991年6月には当時WWFと提携していたSWSにローマとのコンビで来日している。

1992年にWCWへ移籍し、覆面レスラーのスーパー・インベーダーに変身する。同年9月2日のクラッシュ・オブ・ザ・チャンピオンズではジェイク・ロバーツ、リック・ルード、ベイダーと組み、スティング、ニキタ・コロフ、スタイナー・ブラザーズ(リック&スコット)のベビーフェイス勢とイリミネーション・マッチで対戦した。

1993年、新日本プロレスに初参戦。当時の新日本の外国人エースだったスコット・ノートンと "ジュラシック・パワーズ" を結成し、同年8月5日にヘルレイザーズ(ホーク&パワー・ウォリアー)からIWGPタッグ王座を奪取した。新日本には翌1994年まで計9回、ノートンのパートナーとして来日している。

その後はイリノイ州シカゴのAWFなどインディー団体を転戦し、1999年に引退してトラック・ドライバーに転身した。2004年3月6日、心臓発作のためフロリダ州タンパの自宅で死去。47歳没。

獲得タイトル

シングルタイトル
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:2回
  • NWA南部ヘビー級王座:1回
  • IWFカンナム王座:1回
  • IAWヘビー級王座:1回
タッグタイトル
  • NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座:2回(w / デューイ・ロバートソン)
  • ミッドサウス・タッグ王座:1回(w / テッド・デビアス)
  • IWGPタッグ王座:1回(w / スコット・ノートン)
  • IAWタッグ王座:1回(w / ポール・ローマ)

WWE レッスルマニア・
アンソロジーBOX2
VIII-XIV
WWE レッスルマニア・アンソロジーBOX
ロイヤルランブル
アンソロジーBOX
1988-2007
ロイヤル・ランブルDVD-BOX
ディーバ
プレミアム
BOX
ディーバ プレミアムBOX


 
広告


オーエン・ハート
Owen James Hart
1965/5/7 - 1999/5/23

カナダ・アルバータ州カルガリー出身のプロレスラー。プロレスの名門ハート・ファミリーの出身で、父はスチュ・ハート。12人兄弟の末っ子で、兄にブレット・ハートなどがいる。

来歴

大学を中退後、1986/5/24にプロレスラーとしてデビュー。2年後には新日本プロレスに参戦。山田恵一や馳浩らと名勝負を繰り広げ、IWGPジュニアヘビー級王座も獲得している。

1988年にWWF(現・WWE)と契約。ブルー・ブレイザーThe Blue Blazer)という鳥をモチーフとしたスーパーヒーローのギミックを与えられ、マスクマンに扮しての登場であった。同年のレッスルマニア登場以降、一旦WWFを離脱。各地のインディー団体を主戦場とした。

1991年にWWFと再契約。素顔のオーエン・ハートとしてWWFに登場するようになる。以降、1990年代全般に渡ってWWFに定着し、ココ・B・ウェアとのタッグチーム「ハイ・エナジー」、兄たちと共に「ハート4兄弟」としてのサバイバー・シリーズへの登場、ヒール転向後の兄ブレットとの抗争、また義兄のジム・ナイドハートやデイビーボーイ・スミスとのタッグなどで活躍。ハルク・ホーガンの離脱などWWFの有力レスラーが次々とWCWに引き抜かれ、WWFが倒産寸前まで追い込まれた時期は、ブレットやショーン・マイケルズらと共に団体を支えた。また、ハート・ファウンデーションの一員であったが、モントリオール事件以降もWWFに残留した。

1999年に入り、WWFデビュー時のギミックであるブルー・ブレイザーを復活させた。同年5/23、ミズーリ州カンザスシティで開催されたPPV "オーバー・ジ・エッジ" において、天井から吊るされて入場する予定であったがワイヤが外れて転落、リングに叩きつけられた。この事故が原因で同日死去した。

事故の翌日に放映されたRAWは、オーエンを追悼する内容となり(Raw is Owenとして放送)、多くのレスラーが弔意を示した。また兄のブレットはビンス・マクマホンを責め、事故後もPPV収録を継続したことに対しての批判も集まった。

獲得タイトル

WWF
  • インターコンチネンタル王座 : 2回
  • 欧州王座 : 1回
  • 世界タッグ王座 : 3回(w / ヨコズナ×1、ブリティッシュ・ブルドッグ×1、ジェフ・ジャレット×1)
  • キング・オブ・ザ・リング 優勝(1994年)
新日本プロレス
  • IWGPジュニアヘビー級王座 : 1回
USWA
  • USWAユニファイド世界ヘビー級王座 : 1回
その他
  • 英連邦ヘビー級王座 : 1回

RAW ザ・ビギニング
VOL.2 1994
RAW ザ・ビギニング VOL.2 1994
RAW ザ・ビギニング
Vol.1 1993
RAW ザ・ビギニング Vol.1 1993
ハイエスト
フライヤーズ
ハイエスト・フライヤーズ





フランク・トリッグ
Frank Trigg
1972/5/7

アメリカ合衆国の総合格闘家。ニューヨーク州ロチェスター出身。エクストリーム・クートゥア/R1所属。

筋骨隆々の肉体を持ち、レスリング技術をベースとする。グラウンドでは関節技を狙わず、パウンドを使用する。

来歴

1998/5/13、初参戦となった修斗でマセロ・アグアにTKO勝ち。10月25日にはVALE TUDO JAPAN '98でジャン・ジャック・マチャドにTKO勝ち。

1999/11/21、PRIDE初参戦となったPRIDE.8でファビアーノ・イハと対戦し、TKO勝ち。

2000/12/17、修斗で桜井"マッハ"速人と対戦し、膝蹴りでTKO負け。

2003/11/21、UFC初参戦となったUFC 45でUFCウェルター級王者マット・ヒューズに挑戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫し王座獲得はならなかった。

2005/4/16、UFC 52でUFCウェルター級王者マット・ヒューズに再挑戦するも、またしてもチョークスリーパーで一本負けを喫し王座獲得はならなかった。

2005/8/20、UFC 54でジョルジュ・サンピエールと対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫した。この試合を最後にUFCとの契約が終了した。

2006/4/21、Rumble on the Rock 9で行われたウェルター級トーナメント準決勝でカーロス・コンディットに腕ひしぎ三角固めで一本負け。試合後、引退を発表した。

2006/12/1、ICON Sportで現役復帰。王者ジェイソン・"メイヘム"・ミラーとICONミドル級タイトルマッチで対戦し、TKO勝ち。ICONミドル級王者となった。

2007/2/25、PRIDE.33で三崎和雄と対戦し、判定勝ち。

2007/3/31、ICON Sportでロビー・ローラーとICONミドル級タイトルマッチで対戦し、パンチでKO負け。王座防衛に失敗した。

2008/4/29、DREAM.2でホナウド・ジャカレイと対戦予定であったが、ジャカレイは練習仲間であったため直前の4月25日に欠場が発表された。

2008/8/24、戦極初参戦となった戦極 〜第四陣〜で瀧本誠と対戦し、判定勝ち。10/3にはStrikeforceに出場、ファラニコ・ヴァイタレに判定勝ちを収めた。

2009/9/19、4年ぶりのUFC参戦となったUFC 103でジョシュ・コスチェックと対戦し、パウンドによるTKO負けを喫した。

獲得タイトル

  • ICONミドル級王座





新田 猫子
1978/5/7

岐阜県出身で埼玉県さいたま市在住の日本の女子プロレスラー。身長154cm、体重55kg。

所属

  • アイスリボン(2011年 - )

経歴

2011年
3/2、アイスリボン269・イサミレッスル武闘館にて、対さくらえみ戦でデビュー。2/26にデビューした内藤メアリと共にプロレス教室での1年間の練習を経てデビューすることになった。
3/5、アイスリボン270・イサミレッスル武闘館にて、対宮城もち戦で初勝利。

人物

  • 蕨の現道場におけるプロレス教室出身レスラー第2号である。
  • 内藤メアリとは同じ職場の同僚。
  • デビュー2戦目の後楽園大会から猫娘キャラとなり、「ニャー」と鳴きながら端々に猫らしいムーヴを取り入れている。

新春リボン
アイスリボン2010.1.4
新木場大会
~第1回
SUPER ICE CUP~
新春リボン アイスリボン2010.1.4新木場大会~第1回SUPER ICE CUP~

2011/1/4
新木場1st



RIBBON MANIA
2010-12.26
RIBBON MANIA2010-12.26後楽園ホール

2010/12/26
後楽園ホール



リボンの騎士
-アイスリボン220
リボンの騎士-アイスリボン220後楽園ホール2010.9.23

2010/9/23
後楽園ホール

  



夏樹☆たいよう
1984/5/7

日本の女子プロレスラー。本名は水嶋 なつみ(みずしま なつみ)。神奈川県川崎市出身。スターダム所属。

所属

  • 全日本女子プロレス(2003年 - 2004年)
  • 我闘姑娘(2005年 - 2006年)
  • フリー(2006年)
  • プロレスリングSUN(2006年 - 2008年)
  • フリー(2008年 - 2010年)
  • スターダム(2010年 - )

プロフィール

  • 中西百重に憧れてプロレスラーを目指し、アニマル浜口ジムで修行後、全日本女子プロレス入団。オーディション審査員の選手代表はジムの先輩でもある高橋奈苗であった。
  • 2003/12/19、HARIとの総合格闘技戦でデビュー。
  • 2004/1/3、全日本女子プロレス後楽園ホール大会、高橋裕美戦でプロレスデビュー。同年7月、給料未払いの理由で退団。
  • 2005年5月、我闘姑娘入団。同年6/4板橋グリーンホール市井舞戦で夏樹☆ヘッドとして再デビュー。
  • 2006年6月、ドリームキャッチャーへ移籍。再デビュー後ちょうど1年になる6/4新木場1stRING零戦で卒業マッチが行われた。なお、この試合後の卒業セレモニー中に、小学生レスラーひかり(現・みなみ飛香)の持つアイアンマン王座を奪取している。(アイアンマン王座は、レフェリーの立会があれば、試合以外でも3カウントのフォールで王座が移動する。)
  • 2006/10/1のプロレスリングSUNの旗揚げから、夏樹☆たいようと改名する。
  • 2007/2/21、プロレスリングSUN新木場大会で、World-1世界女子選手権は植松寿絵、アメージング・コングの3WAYマッチで行われ、アメージング・コングを破りWorld-1世界女子選手権王座を奪取した。
  • 2008/4/25、SUNのホームページ上でフリーへの転向を発表。その後、高橋奈苗・華名のユニット「パッション・レッド」に参加。
  • 2009/5/5、後楽園ホールでRayを倒し、初代NEO認定ハイスピード王者に認定された。
  • スターダムでは主に同団体の若手選手の世IV虎との「ヤンキーコンビ」を組む事が多い。

タイトル歴

  • 第236代アイアンマンヘビーメタル級王座
  • 第240代アイアンマンヘビーメタル級王座
  • 第2代World-1世界女子選手権王座
  • 第2代POP王座
  • 初代NEO認定ハイスピード王座
  • 第3代NEO認定ハイスピード王座

入場テーマ曲

  • 「audience KILLER LOOP」(Dir en grey)
  • 「目覚めよニッポン!!」(B-DASH)

スターダム
旗揚げ戦
Birth of nova
新星誕生

スターダム旗揚げ

 愛川ゆず季プロレス
デビュー戦 ゆずポン祭
愛川ゆず季プロレス・デビュー戦 ゆずポン祭
 女神列伝
女子プロレスパー
フェクトガイド
1950~2011

女神列伝

パッションレッド 4
Passion
~前後裁断~
パッションレッド

2010/3/19
新木場1stリング

パッションレッド 2
Passion
パッションレッド

2009/5/3
板橋グリーンホール

パッションレッド 1
Passion
パッションレッド 1 Passion
2009/1/10
板橋グリーンホール
















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system