本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
5/9


 
 


 
 

マッカン・シン/ノーマン・ザ・ルナティック/フライアー・ファーガソン/バスチャン・ブーガー
Makhan Singh/Norman the Lunatic/"The Mad Monk" Friar Ferguson/Bastion Booger
1957/5/9 - 2010/9/11

マイク・ショーMike Shaw)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ミシガン州マーケット出身。

来歴

1979年にキラー・コワルスキーの運営するスクールに入門。コワルスキーのブッキングでマサチューセッツ州のWWFのTVショーにてマイク・ストライカーの名でデビューし、ボストン・ガーデンの興行にも出場した。1981年より、ジン・キニスキーらの主宰するカナダ・バンクーバーのNWAオールスター・レスリングに、クロンダイク・マイクのリングネームで参戦。ベビーフェイスのポジションで活動し、日系アメリカ人レスラーのディーン・ホーともタッグを組んだ。

1984年にはビッグ・ベン・シャープを名乗って南アフリカに遠征し、ここで知り合ったタイガー・ジェット・シンのパートナーとして、同年11月に全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦』に本名のマイク・ショー名義で初来日している。

リーグ戦ではシンと仲間割れを起こしたが、以後はシンにあやかってインド人ギミックのマッカン・シンに変身。カルガリーのスタンピード・レスリングにて、シンの弟子であるガマ・シンやストロンガー・スティーブ・ディザルボと共に、カラチ・ヴァイスKarachi Vice)なるヒールのユニットを結成する。1986/10/31には、トーナメントの決勝でオーエン・ハートを破り看板タイトルの北米ヘビー級王座を獲得、以降も1988年にかけてオーエンと同王座を争った。また、1988/12/30にはヴォッカン・シンとのコンビでダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスのブリティッシュ・ブルドッグスからインターナショナル・タッグ王座を奪取している。

1989年、ジム・ロスのスカウトで初期のWCWに参戦。テディ・ロングをマネージャーに、ジョージ・スティール系の精神異常者ノーマン・ザ・ルナティックに変身。後にテディベアの好きなベビーフェイスに転じてケビン・サリバンやカクタス・ジャックと抗争、一時期は週に200ものテディベアのぬいぐるみを観客からプレゼントされるほどの会場人気を獲得した(彼はそのぬいぐるみを、小児病院に寄付していたという)。WCWでは、トラック運転手ギミックのトラッカー・ノームを演じたこともある。

WCW離脱後の1991年は、マッカン・シンのキャラクターに戻ってテキサス州ダラスのGWF(グローバル・レスリング・フェデレーション)に登場。カクタス・ジャックやスコット・アンソニーらのヒール・ユニット、ザ・カーテルThe Cartel)の一員となった。

その後はメキシコ遠征を経て、1993年にJ・J・ディロンの招きでWWFと契約。中世のカトリック修道僧をデフォルメした、マッド・モンクことフライアー・ファーガソンとして登場し、ジ・アンダーテイカーとの宗教抗争も計画されるが、ニューヨークのカトリック教会からの抗議を受けギミック・チェンジを余儀なくされ、新キャラクターのバスチャン・ブーガーに再変身する。ブーガーは企画段階ではガーゴイルをモチーフとする怪物キャラクターだったものの、そのコスチューム(角の付いた巨大な仮面)が当時WCWで活躍していたベイダーに類似しているとビンス・マクマホンが判断したため、最終的には下品で醜い肥満男というコミカルな中堅ヒールに収まった。バンバン・ビガロとルナ・バションのカップルとも共闘し『サバイバー・シリーズ '93』にも出場したが、ビガロと仲間割れ後の1994年初頭にWWFを解雇された。

セミリタイア後の2007年12月10日、『RAW』15周年記念番組のオープニング・セグメントに、サニー、メイ・ヤング、パット・パターソン、ジェリー・ブリスコ、ナックルボール・シュワルツ、ザ・ゴッドファーザーらと共にトリプルHの紹介で出演し、久々のWWE登場を果たしている。

2010年9月11日、心臓発作により死去。53歳没。

リングネーム

バンクーバー
  • クロンダイク・マイクKlondike Mike
マリタイムズ
  • マン・マウンテン・マイクMan Mountain Mike
南アフリカ
  • ビッグ・ベン・シャープBig Ben Sharpe
カルガリー / GWF
  • マッカン・シンMakhan Singh
メキシコ
  • アーロン・グランディAaron Grundy
WCW
  • ノーマン・ザ・ルナティックNorman the Lunatic
  • ノーマン・ザ・マニアックNorman the Maniac
  • トラッカー・ノームTrucker Norm
WWF
  • マイク・ストライカーMike Striker
  • マッド・モンクThe Mad Monk
  • フライアー・ファーガソンFriar Ferguson
  • バスチャン・ブーガーBastion Booger

獲得タイトル

バンクーバー
  • NWAカナディアン・タッグ王座:2回(w / ダニー・O、ディーン・ホー)
カルガリー
  • スタンピード北米ヘビー級王座:3回
  • スタンピード・インターナショナル・タッグ王座:2回(w / ヴォッカン・シン、ジェリー・モロー)

WWE レッスルマニア・
アンソロジーBOX2
VIII-XIV
WWE レッスルマニア・アンソロジーBOX
ロイヤルランブル
アンソロジーBOX
1988-2007
ロイヤル・ランブルDVD-BOX
ディーバ
プレミアム
BOX
ディーバ プレミアムBOX


 
広告


藤田山忠義
1924/2/11 - 1969/5/9

福岡県田川郡(現在の田川市)出身で高砂部屋(入門時は片男波部屋)所属の元大相撲力士、日本プロレス所属のプロレスラー。大相撲時代は1950年前後に活躍し、最高位は西前頭12枚目(1950年1月場所)。大相撲時代の体格は身長167cm、体重113kg。得意手は押し。本名は藤田忠義(ふじた ただよし)。

来歴

元幕内・開月の片男波部屋に入門、1939年(昭和14年)1月場所に本名の藤田の四股名で初土俵を踏んだ。順調に出世して、1944年(昭和19年)5月場所で新十両へ昇進を果たした。その間、片男波部屋が閉鎖されたため、1943年(昭和18年)5月場所からは片男波親方の師匠であった三杉磯の経営する花籠部屋に移籍している。さらに、その花籠親方も1947年(昭和22年)11月に花籠部屋を閉じたため高砂部屋(横綱・前田山)に移籍して、新入幕を果たした同年11月場所からは高砂部屋所属で土俵に上がることになった。

1951年(昭和26年)には、高砂親方(横綱・前田山)を団長にしたアメリカ巡業のメンバーとして、大ノ海、八方山とともに渡米した。6月30日に日本を発ったのだが契約上のトラブルがあり、9月場所までに帰国が間に合わず休場ということになってしまった。結局、高砂親方は11月7日、八方山は12月31日、大ノ海と藤田山は翌年の1952年(昭和27年)1月9日に帰国することになった。帰国したときには同年1月場所の番付はすでに発表されており、藤田山は十両に陥落していた。しかし、1月12日初日の場所で十両優勝をなしとげ、1場所で幕内復帰を果たした。

1954年(昭和29年)1月場所で幕下に陥落し、同年9月場所限りで現役を引退した。相撲協会に残らず廃業し、プロレス界入りをした。黒澤明監督の映画『どん底』にも出演した。

21世紀の入門規定では新弟子検査ではねられる167cmの短身ながら太鼓腹の肥満体で、大銀杏を結えないほどに頭髪が薄く、その風貌から土俵上の三枚目ともいうべき役回りを果たし、「キューピーさん」の愛称で親しまれた。土俵上で塩を高く撒く仕草でも観客を沸かせていた。本名の藤田に「山」を足したり取ったりすること5回、しまいには当時の出羽海理事長(横綱・常ノ花)に「いいかげんにしろ」と怒鳴られたとか。相撲甚句も上手で、「女迷わす藤田山」と締めて満場の笑いを取ったという。先述の渡米巡業中でも八方山とともに数々の珍談をまいたという。力士仲間からも好かれた人物だった。






エスイ
1985/5/9

本名:ボルルマ・エルデネビルグは、モンゴル・ウランバートル出身の元女子プロレスラー。

母国・モンゴルではブフで活躍。モンゴル人初の女子プロレスラー。

経歴

2007年1月に「息吹」を主宰する吉田万里子が自らモンゴルに赴き発掘された。2月に来日。

同年5/5の後楽園ホールのタッグマッチでデビュー。

その後、一度帰国するが、2008年5月に再来日すると、そのまま日本に滞在する。

2009年2月 - 4月、センダイガールズ主催「第二回じゃじゃ馬トーナメント」ベスト4。

2009/11/8、CD「ハーンの末裔 〜モンゴリアンチャレンジャー〜」をリリースした。

2010/2/11、息吹の終了とともにプロレスから引退した。

2010/5/28、SMASH.3の前日会見でSMASH格闘技部門の練習生として総合格闘技デビューを目指していることが発表された。

2010/6/26、アマチュアDEEPのグラップリングマッチに出場し、藤森祥子に腕ひしぎ膝固めで一本勝ちを収めた。

2010/7/31、プロ総合格闘技デビューとなったJEWELS 9th RINGで超弁慶と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。当初はシュートボクシングルールで杉山しずかと対戦予定であったが、杉山の肩鎖関節脱臼および鎖骨剥離骨折により対戦相手およびルールが変更された。

2010/12/17、JEWELS 11th RINGで杉山しずかと対戦。1Rにパンチ連打で2度のダウンを奪い、2R開始直後にパンチ連打で計3度目のダウンを奪ったところでタオルが投入されTKO勝ちとなった。


4/20発売!
女子総合格闘技
JEWELS
WOMEN'S FIGHTING
ENTERTAINMENT
女子総合格闘技JEWELS WOMEN'S FIGHTING ENTERTAINMENT~


JEWELS紹介

 
 
スマックガール大全集
vol.1
スマックガール


SMACK GIRL紹介

 
スマックガール大全集
vol.2
スマックガール






  

















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system