本文へスキップ
 


 
 
”重要なお知らせ”


2011/9/1よりパワーアップでページ独立!

 
 


 
 
プロレス/格闘技
誕生日/忌日
5/28


 
 


 
 


カマラ/キマラ
Kamala/Kimala
1950/5/28
キマラ

ジェームズ・ハリスJames Harri)は、アフリカ系アメリカ人のプロレスラー。アメリカ合衆国ミシシッピ州出身(ギミック上の設定ではウガンダ出身)。

1980年代から1990年代にかけて、アフリカの部族ギミックの怪奇派レスラーとして、CWA、WCCW、MSWA、NWA、AWA、WWF、USWA、WCWなどアメリカの各団体で活躍した。日本にもジャイアント・キマラGiant Kimala)の名義で度々来日しており、全日本プロレスの常連外国人だったベンジャミン・ピーコックのギミックのオリジナル版として知られている。

来歴

初期

プロレスラーになる以前はフロリダ州で配管工などの仕事に就いていた。1975年にミシガン州に移住し、そこでボボ・ブラジルと出会ったことを機にプロレス入りを決意。ブラジルの友人のプロレスラー、タイニー・ティム・ハンプトンのトレーニングを受け、1978年に地元ミシシッピ州やルイジアナ州、オクラホマ州などミッドサウス一帯をテリトリーとするトライ・ステート地区でデビューする。

当時はシュガー・ベア・ハリスSugar Bear Harris)などのリングネームを名乗り、大型の黒人ヒールとして売り出された。1980年4月にはアラバマ地区でオレイ・アンダーソンを破りNWAサウスイースタン・ヘビー級王座を獲得している。同年下期からはビッグ・ジム・ハリスBig Jim Harris)の名前でドイツやイギリスなど欧州に定着。日本においても当時の専門誌で「まだ見ぬヨーロッパの強豪」として報じられたことがある。

1980年代

1982年にアメリカに戻り、テネシー州メンフィスのCWAにおいて、ジェリー・ローラーのアイデアでウガンダの未開部族をモチーフとした新ギミック、カマラKamala)に変身する。顔とボディに呪術的なペインティングを施し、槍と楯を手に巨大な木彫の仮面を被って入場、素足に腰布というスタイルで試合を行い、ジャングルの奥地で彼を「発見」したという謎の覆面探検家を通訳兼任のマネージャーとして帯同するなど、奇抜なキャラクターと演出で一躍センセーショナルな存在となった。

以降、テキサス州ダラスのWCCW(フリッツ・フォン・エリック主宰)や古巣でもあるミッドサウス・エリアのMSWA(ビル・ワット主宰)など、各地の主要テリトリーを転戦。WCCWではフォン・エリック兄弟(ケビン、デビッド、ケリー)、ブルーザー・ブロディ、ザ・グレート・カブキ、テリー・ゴディらと激闘を繰り広げた。

1984年7月からはWWF(現・WWE)に初登場、フレッド・ブラッシーを覆面探検家フライデーとのダブル・マネージャーに迎え、アンドレ・ザ・ジャイアントとの抗争アングルが組まれるが、待遇面の不満から短期間で離脱。その後はビンス・マクマホンの全米侵攻に対するNWA&AWA連合軍(Pro Wrestling USA)の主力メンバーとなり、1985/7/6に開催されたグレート・アメリカン・バッシュの第1回大会にも出場。AWAゾーンではサージェント・スローターやジェリー・ブラックウェルと抗争する。また、同年8月にはジャイアント・キマラとしてジャパンプロレスに初来日。当時はカブキやロード・ウォリアーズの出現でペイントレスラーが全盛だったこともあり、日本でも注目を集めた。

1986年の後半よりWWFと再契約。ザ・ウィザードことキング・イヤウケアをダブル・マネージャーに、12月にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにてハルク・ホーガンのWWF世界ヘビー級王座に挑戦。1987年5月のサタデー・ナイト・メイン・イベントではジェイク・ロバーツとも対戦し、1988年からはワイルド・サモアン・シカとの野獣コンビで活躍した。WWF離脱後の1989年2月には全日本プロレスに来日。1991年の再来日ではキマラ2号ことベンジャミン・ピーコックとタッグを組み、アブドーラ・ザ・ブッチャーを交えたアフリカ軍団としても猛威をふるった。

1990年代

1991年下期からはメンフィスのUSWAに参戦し、因縁のジェリー・ローラーとユニファイド世界王座を巡る熾烈な抗争を展開する。翌1992年4月にはW★INGプロモーションに来日した。同年下期よりWWFに復帰し、ジ・アンダーテイカーとの怪奇派同士の抗争をスタート。11月のサバイバー・シリーズでは棺桶マッチによる決着戦が行われた。1993年、マネージャーのキム・チー(ブルックリン・ブロウラー)との仲間割れを機にベビーフェイスに転向。聖職者としてWWFに復帰したスリックを新しいマネージャーに迎え、ショーン・マイケルズ、パパ・シャンゴ、ヨコズナ、バンバン・ビガロらヒール勢を相手に異色のベビーフェイスとして活躍した。

その後、WWFを離れトラック・ドライバーをしていたが、同時期にWCWに移籍していたハルク・ホーガンの招きで1995年よりWCWと契約。再びヒールに戻り、ケビン・サリバン率いるダンジョン・オブ・ドゥームに加入。ザ・シャークやゾディアックらと共闘し、MSWAからWWFを通しての宿敵ジム・ドゥガンとの抗争を再開。同年9月のPPV "Fall Brawl" ではダンジョン・オブ・ドゥームのメンバーとしてメインイベントの時間差金網デスマッチ「ウォー・ゲーム」に出場、ハルカマニアックス(ホーガン、ランディ・サベージ、スティング、レックス・ルガー)と対戦したが、この試合を最後にWCWを離脱する。

2000年代

以降はセミリタイアしてトラック・ドライバーを本業とする傍ら、各地のインディー団体にスポット参戦した。2001年4月1日にはレッスルマニアX-Sevenのギミック・バトルロイヤルに出場。1992年の参戦時と同様、キム・チーとハービー・ウィップルマンをマネージャーに従えて久々のWWE登場を果たした。この大会では、当時WWEのコミッショナー役だったウィリアム・リーガルの執務室に闖入して部屋をメチャクチャにするなどバックステージのスキットでも活躍している。2004/7/26にはRAWのディーヴァ・サーチにも出演した。

2005年にWWEとレジェンド契約を結び、8/11のスマックダウンでランディ・オートンと対戦。11/1のタブー・チューズデイのユージン&ジミー・スヌーカ対ロブ・コンウェイ&タイソン・トムコ戦にも登場し、試合後にトムコをウガンダン・スプラッシュで圧殺している。2006/6/26のRAWでは、前日のヴェンジェンスで邂逅した同タイプの後継者ともいえるウマガとの試合が組まれた。

その後もインディー団体にレジェンドとして時折参戦する一方、オールドタイマーによるリユニオン・イベントにも出場し、かつてのライバルたちとエキシビション・マッチを行っている。2008/6/8にはTNAのPPV "Slammiversary" に登場。リング上で行われたジェイ・リーサルとソウ・カル・バルのウェディング・セレモニー(ランディ・サベージとエリザベスのパロディ)に、ジェイク・ロバーツ、ココ・B・ウェア、ジョージ・スティールと共に出席して式をぶち壊しにした。

獲得タイトル

特記以外はカマラ(キマラ)名義での載冠。

  • NWA USタッグ王座:1回(w / オキ・シキナ) ※シュガー・ベア・ハリス名義
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回 ※バッドニュース・ハリス名義
  • AWA南部ヘビー級王座:1回
  • TASW 6人タッグ王座:1回(w / イライジャ・アキーム&カリーム・モハメッド)
  • USWAユニファイド世界ヘビー級王座:4回
  • GLWAヘビー級王座:1回
  • SXWハードコア王座:1回

マネージャー

  • パーシー・プリングル3世(シュガー・ベア・ハリス時代)
  • フライデー / キム・チー
  • ジミー・ハート(CWA)
  • J・J・ディロン(CWA、FCW)
  • スカンドル・アクバ(WCCW、MSWA)
  • シーク・アドナン・アル=ケイシー(AWA)
  • フレッド・ブラッシー(WWF)
  • ザ・ウィザード(WWF)
  • ミスター・フジ(WWF)
  • ハービー・ウィップルマン(WWF)
  • スリック(WWF)
  • ケビン・サリバン(WCW)

 
広告



三田 英津子
1969/5/28

三田英津子

東京都世田谷区出身。NEO女子プロレスに所属していた。

所属

  • 全日本女子プロレス(1987年 - 1997年)
  • フリーランス(1997年)
  • ネオ・レディース(1998年 - 1999年)
  • フリーランス(1999年 - 2005年)
  • NEO女子プロレス(2005年 - 2009年)

経歴・戦歴

1987/8/5、全日本女子プロレスの後楽園ホール大会でプロデビュー。相手は同期入門の下田美馬であった。その後同期の山田敏代とタッグチーム『ドリームオルカ』を結成し、全日本タッグチャンピオンにも輝くが伸び悩み、パートナーの山田や同期の豊田真奈美に大きく差をつけられてしまう。

1991年、パートナーを同期の豊田真奈美に代え、“ミントシャワーズ”を結成。「TIME TO GO」でポニーキャニオンよりCDデビュー。ミントシャワーズは同年のタッグリーグ・ザ・ベストにも出場したが戦績は芳しくなく、自然消滅。

1992年に北斗晶と共にメキシコに遠征し、現地で猛武闘賊(ラス・カチョーラス・オリエンタレス)を結成。同年凱旋帰国し、それまでの消極的なファイトスタイルから脱却する。その後、下田美馬も猛武闘賊入り。三田と下田はタッグを組む機会が多くなり、勝率こそ良くないものの、正式なペアとしてファンから認知されるようになる。

1994年4月に横浜アリーナで開催されたオールスター戦で、他団体のキューティー鈴木、尾崎魔弓が保持するJWPタッグ選手権に挑戦。必殺のデスバレーボム2連発で王座を奪取。また、その数日後には沖縄で堀田祐美子、井上貴子が保持するUWA世界タッグ選手権を奪取して、一挙にタッグ2冠王となった。年に一度のシングル総当りリーグ戦、ジャパン・グランプリではこれまでほとんど勝ったことのない同期、山田敏代、豊田真奈美のふたりにいずれもデスバレーボムで勝利。優勝戦線まであと一歩、という好成績を残す。同年11月に行われた東京ドーム大会ではUWA世界タッグ王座を賭けLLPWの紅夜叉、長嶋美智子と激突。晴れ舞台でデスバレーボムを炸裂させ、V4に成功した。

1995年、師匠である北斗晶の現役復帰に伴い、停滞していた下田との猛武闘賊をいったん解消。上昇気流に乗る下田とは対照的に、長いスランプに突入する。

1997年、年初に膝の手術で入院。3月横浜アリーナ大会で、下田との猛武闘賊を正式復活させる。パイプ椅子を振り回す徹底したヒール路線を断行し、新機軸を打ち出す。6月の北海道興行中、豊田・山田との挑戦者決定戦に勝利し、渡辺智子、前川久美子の保持するWWWA世界タッグ王座に挑戦。ハサミで渡辺の腕に裂傷を負わせる狂乱ファイトを展開し、王座を強奪する。8月の日本武道館大会ではメインイベントでリターンマッチが開催されたが、見事返り討ちに。下田とともに経営難にあえぐ全日本女子プロレスを9月で離脱。所属選手として最後の戦いは伊藤薫、渡辺智子との金網デスマッチ。その後フリーランスとして各女子団体に参戦。大人気を博す。

1998年、ネオ・レディース(現NEO女子プロレス)の旗揚げに参加。しかし1年後の1999年には再度フリーランスとなった。

2005年、NEO女子プロレスに所属する。

2006/10/14、宮崎有妃に敗れ、リングネームを(≧∇≦)/えつこ(しゃーえつこ)に改名させられたが、11月3日の「顔文字・コントラ・前髪」(負けたら希月あおいのような前髪にさせられる)でタニー・マウスを破り本名に戻った。ところが今度は、11/26東京キネマ倶楽部大会で、趙雲子龍からレイナ・パンディータを贈られたタニー副社長が、そのお礼にと三田を中国へ寄贈、三田は「謝英津子」(しゃーえつこ)に改名させられたが、12/10に前回と同じパターンで元に戻った。

2007/5/22の夜、スクーターで走行中に一時停止違反の車との接触事故に遭い救急車で運ばれ、右肩脱臼により全治1か月の怪我を負った。

2009/11/1のNEO女子プロレス後楽園ホール大会の引退試合シングル戦では三田を師と慕う真琴と対戦し勝利。下田美馬と組み対戦したタッグ戦では井上京子・高橋奈苗組と試合を行い井上から3カウントを獲られた。満員の後楽園ホール、この試合をもって22年のプロレスラー人生に終止符を打った。引退セレモニーには中西百重ら数多くの後輩が来場し、師匠であった北斗晶も駆けつけ三田に花束を贈った。

人物

  • 両親は裕福な家庭で根っからのお嬢様育ちで、全女入門後は洗濯1つまともに出来なかったため、練習生時代は相当苦労した。
  • 引退後は全女時代の大先輩ブル中野が経営する小料理店「中野のぶるちゃん」で非常勤スタッフとして働いている。

入場テーマ曲

  • TRANSFUSION(鳥山雄司)
  • Skyscrapower(「完全版全日本女子プロレステーマ曲集」に収録)

獲得タイトル

  • NWA女子パシフィック王座&NEO認定シングル王座
  • NEOタッグ王座(&井上京子)
  • AWF世界女子王座
  • ツインスター・オブ・アルシオン(&下田美馬)
  • WWWA世界タッグ王座(&下田美馬)
  • JWP認定タッグ王座(&下田美馬)
  • UWA世界女子タッグ
  • 全日本タッグ選手権(&山田敏代、&下田美馬)
  • インターナショナル・リボンタッグ王座(アイスリボン &真琴)
  • 自由が丘6人タッグ王座

三田英津子

全日本女子プロレス





スペル・タイラ
1974/5/28

本名:平 英夫(たいら ひでお)は、プロレスリング華☆激所属のプロレスラー。自身の本名をモチーフにした覆面レスラーである。”オレンジスパーク”というニックネームを持つ。愛知県尾張旭市出身。かつてTAIRAのリングネームで活動していた事もある。第7代博多ライトヘビー級チャンピオン。

  • 得意技・・・スペル・ブエロ、052、ウラカン・ラナ、フライングニールキック、ハイキック、トペ・スイシーダ、ヨーロピアンアッパーカット
  • 入場曲・・・「Mujer Latina Remix」 (タリア)
  • イメージカラー・・・オレンジ

来歴

1991/9/29、東海プロレスでアマチュア・プロレスデビュー。

1997年、メキシコに渡りハン・リーのジムで練習していたが、エル・オリエンタルとの関係で、アステカブドーカンに住み込みで練習する。

10月、AAA系のリングでプロデビュー。デビュー戦はメキシコ アレナ・アステカブドーカンにおける、対ブロンコ・パラフォックス&ブロンコ・ゴンザレス(パートナー コペルニコ)。メキシコで順調に試合をこなす。

12/25、アステカブドーカンのセミファイナルメンバーに大抜擢される。この試合には彼を含めて日本人ルチャドールが2人抜擢されており、もう一人はSHIIBAだった。小さいながらも他のメキシコ人ルチャドールに引けを取らない抜群の動きで、メキシコ人からも「タイラ!タイラ!」という声が飛んでいたらしい。

1998/2/11、日本に帰国。再び東海プロレスのリングに上がる。以降華☆激入団までに何度かメキシコに渡っている模様である。

2001年9月、華☆激定期戦で行われた入団テストマッチで、アステカと対戦。敗れはしたが、そのファイトとテクニックを認められ、晴れて合格を勝ち取り華☆激の一員となる。この時のリングネームはTAIRA

2002年5月、長年の憧れだった覆面レスラーへ転向する。

2004年9月、「WEEW 和歌山大会」を最後にメキシコへ単身修行に出る。

2006年3月、1年半ぶりに華☆激東京大会で日本マットに復帰。スペル・タイラに改名する。

2006/12/2、KAZEを破り、念願だった博多ライトヘビー級王座奪取に成功する。

2011/2/27、『パステル・バルキリーズ』初陣で博多タッグ王座奪取。

その他

  • 感情剥き出し、力一杯の突貫ファイトと、華☆激随一のルチャ・テクニックを併せ持つ。
  • メキシコ時代はエル・オリエンタルを初めとするモレノ一家からの評価が高いだけではなく、獅龍(現:カズ・ハヤシ)からの評判もなかなかよかった。
  • コスモ☆ソルジャーとコンビ名『パステル・バルキリーズ』を結成している。
  • メキシコが大好きで、将来はメキシコに移住したいとのこと。
  • 博多タッグトーナメントでパートナーだったツバサのことを、メキシコ時代からの師匠として慕っている。
  • 素顔はイケメンらしい。
  • 趣味は映画鑑賞と旅行とレンガワーク。
  • 入場曲の「Mujer Latina」には"ラテンの女"という意味がある。
  • コスチュームの腰のところに、"TAIRA"と書かれている。
  • 「タイラマン」の愛称で親しまれている。
  • 華☆激野菜戦線では柿を担当している。

タイトル履歴

  • 博多ライトヘビー級王座
  • 博多タッグ王座
  • 『ニューイヤータッグバトル』優勝(パートナー:KAZE)





ジョン・トロス
John Tolos
1930/9/18 - 2009/5/28

カナダ・オンタリオ州ハミルトン出身のプロレスラー。ザ・ゴールデン・グリークThe Golden Greek)の異名を持つギリシャ系カナダ人のヒールとして活躍した。

日本では、1971年にアントニオ猪木がユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座を奪取した相手として知られる。

来歴

デビュー時から兄のクリス・トロスとのタッグチームで活動し、1953/10/27にアメリカ西海岸のサンフランシスコ地区にてラモンとエンリキのトーレス兄弟からNWAパシフィック・コースト・タッグ王座を奪取。ロサンゼルスのWWAでは同じカナダ出身のジン・キニスキーのパートナーに起用され、1954年10月13日にボボ・ブラジル&ウイルバー・スナイダーを破りWWAインターナショナルTVタッグ王座を獲得している。

以降も1950年代半ばから1960年代後半にかけて、10年以上に渡りクリスとの兄弟タッグで北米の主要テリトリーを転戦。カルガリー、トロント、バンクーバー、オハイオ、インディアナ、デトロイト、フロリダなど各地のタッグタイトルを総なめにした。ニューヨークのWWWFにも参戦し、1963/12/28、ニュージャージーにてゴリラ・モンスーン&キラー・コワルスキーからWWWF USタッグ王座を奪取。また、1968年5月には単身で日本プロレスに初来日している。

1970年代に入るとロサンゼルス地区(NWAハリウッド・レスリング)を主戦場に、シングルプレイヤーとなって活躍。1970/11/20にパンテラ・ネグラを下し第3代のユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王者となる。12月にレイ・メンドーサに敗れ王座から陥落するも、翌1971年に再び戴冠。同年3/26、日本から遠征してきたアントニオ猪木に敗れベルトを日本に流出させたが、6週間後の5月7日にはフレッド・ブラッシーを撃破し同地区の看板タイトルであるアメリカス・ヘビー級王座を獲得した。以後1976年にかけて、キラー・コワルスキー、ビクター・リベラ、パク・ソン、グレッグ・バレンタインらを破り、同王座を再三獲得。ミル・マスカラスやアーニー・ラッドとも王座を賭けた抗争を繰り広げ、トップ・ヒールとしてLAマットに君臨した。

この間、1973年1月に新日本プロレスに来日。猪木との因縁の対決が話題を呼んだ(新日本には同年10月にも再来日)。また、WWWFのMSG定期戦にもゲスト・ヒールの立場で時折出場しており、1974/7/22の定期戦ではブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に挑戦している。1975年にはフリッツ・フォン・エリックの主宰するテキサス州ダラスのNWAビッグタイム・レスリング(後のWCCW)に参戦し、アル・マドリルやピーター・メイビアを相手にテキサス・ヘビー級王座を巡る抗争を展開した。

1977年から1978年にかけてはハワイに定着し、ベビーフェイスとして活動。同地区の人気スターだったビリー・フランシスらとコンビを組み、ジェシー・ベンチュラ&スティーブ・ストロング、バディ・ローズ&ビッグ・ジョン・スタッドなどのチームとタッグ王座を争った。1979年3月には国際プロレスに来日し、ラッシャー木村のIWA世界ヘビー級王座に挑戦。その後はテキサスのアマリロ地区を経て古巣のロサンゼルス地区に戻り、1980年にウォルター・ジョンソン、1981年にクリス・アダムスを破りアメリカス・ヘビー級王座に返り咲いたが、これが最後のタイトル載冠となり、1984年に正式に引退した。

引退後は1986/10/9に両国国技館で行われた猪木対レオン・スピンクスの異種格闘技戦(『INOKI闘魂LIVEパート1』)にジャッジの1人として来日。アメリカでは久しくプロレスリング・ビジネスから離れていたが、1990年にカリフォルニア州マリナ・デル・レイのUWF(ハーブ・エイブラハム主宰)にてカウボーイ・ボブ・オートンやカクタス・ジャックのマネージャーとして業界に復帰した。1991年にはミスター・パーフェクトのトレーナー兼マネージャーのコーチCoach)を名乗りWWFに登場している。1992年9月にはFMWの横浜スタジアム大会に来日し、往年の宿敵キラー・コワルスキーとのエキシビション・マッチを行った。

晩年はロサンゼルスのウッドランドヒルズに在住し、心臓発作・脳梗塞との闘病生活を送っていた。2009年5月28日、腎不全により死去。78歳没。

獲得タイトル

NWAハリウッド・レスリング(ロサンゼルス)
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:10回
  • NWAアメリカス・タッグ王座:5回(w / グレート小鹿、Louie Tillet、Rock Riddle、チャボ・ゲレロ、ジ・アサシン)
  • NWAビート・ザ・チャンプTV王座:3回
  • NWAブラスナックル王座(ロサンゼルス版):3回
  • NWAユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座:2回
NWAオールスター・レスリング(バンクーバー)
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座:1回
  • NWAカナディアン・タッグ王座:7回(w / トニー・ボーン×2、クリス・トロス×2、ブラック・テラー、ダッチ・サベージ、ドン・レオ・ジョナサン)
  • NWA世界タッグ王座(バンクーバー版):3回(w / トニー・ボーン、クリス・トロス×2)
NWAビッグタイム・レスリング(ダラス)
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:2回
  • NWAテキサス・タッグ王座:1回(w / デューク・ケオムカ)
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ(ハワイ)
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回
  • NWA北米ヘビー級王座(ハワイ版):1回
  • NWAハワイ・タッグ王座:2回(w / ビル・フランシス、スティーブ・ストロング)
NWAその他
  • NWAパシフィック・コースト・タッグ王座(サンフランシスコ版):1回(w / クリス・トロス)
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(カルガリー版):1回(w / クリス・トロス)
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(トロント版):3回(w / クリス・トロス)
  • NWA世界タッグ王座(フロリダ版):1回(w / クリス・トロス)
  • NWA世界タッグ王座(デトロイト版):1回(w / クリス・トロス)
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座(アマリロ版):1回(w / ミスター・サトー)
WWA
  • WWAインターナショナルTVタッグ王座:1回(w / ジン・キニスキー)
WWWF
  • WWWF USタッグ王座:1回(w / クリス・トロス)

  

















 
   ↑ トップへヤフーオークション  


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system