本文へスキップ
 



5,000本以上の動画から
キーワード検索!

Google

WWW を検索
"極め”内検索
重要なお知らせ
2010/8月以降おまとめは休止しました。
動画検索はキーワードで!!


リンク切れ、レンタル、
お探し中などの問い合わせ

プロレス/格闘技
誕生日/忌日
10/13

新着(ニュース、興行・結果、Youtube動画)
今日は何の日?


清美川梅之
1917/1/5 - 1980/10/13

秋田県平鹿郡十文字町(現在の横手市)出身で伊勢ヶ浜部屋所属の元大相撲力士、旧全日本プロレス所属の元プロレスラー。

来歴

相撲時代

同郷の幡瀬川を頼って伊勢ヶ浜部屋に入門し、1934年1月場所で初土俵を踏む。当初の四股名は薩摩川。早くから有望視されるとともに順調に出世し、1938年1月場所に十両昇進、1940年5月場所に新入幕を果たした。1942年5月場所には、12日目に横綱双葉山を外掛けで倒し金星を挙げた。また、1943年5月場所には、11勝4敗の成績で優勝旗手の栄誉に輝いている。美男力士として人気があった。家業を継ぐこともあり、1946年11月場所を最後に廃業した。

幕内在位13場所。幕内通算成績は72勝87敗1分10休だった。

プロレス時代

のちにプロレスへ転向し、山口利夫とともに旧全日本プロレスを旗揚げ。全日本プロレス消滅後は、メキシコ、南米、アフリカ、ヨーロッパなどで活躍した。

1970年に14年ぶりに帰国し、国際プロレスに参加した。帰国後はレフェリーに転向し、1974/3/19に蔵前国技館で開催されたアントニオ猪木 vs ストロング小林戦(NWF世界ヘビー級選手権試合)を裁いている。また、全日本女子プロレスのコーチも引き受け、ジャッキー佐藤を鍛えたことでも知られる。

その後、全日本女子プロレスを引退・退団した阿蘇しのぶらを擁し、女子プロレス団体『ワールド女子プロレス』旗揚げを画策。旗揚げ戦のポスターに自身も登場するなどしたが、諸事情により旗揚げ前に頓挫している。

その他

離婚して家族とは別居していたが、プロレスラーとして長期海外遠征中の1957年に元妻に引き取られた長男が少年誘拐ホルマリン漬け事件で12歳で殺害されている。






マット・ヒューズ
Matt Hughes
1973/10/13

アメリカ合衆国の総合格闘家。イリノイ州ヒルズボロ出身。HITスクワッド主宰。元UFC世界ウェルター級王者。

双子の兄マーク・ヒューズも総合格闘家である。

来歴

学生時代にレスリングの経験を持ち、パット・ミレティッチの指導を受け1998年に総合格闘技デビュー。レスリングをベースにした体力と投げを武器に、Extreme Challengeなどローカルプロモーションで活躍。1999年5月には修斗へ初来日。郷野聡寛に勝利を収めた。同年9月にUFC初参戦。

2000年12月にデニス・ホールマンに敗れてからしばらくの間はUFCからのオファーが途絶えるが、日本のリングスなどで実績を重ねる。

2001年11月2日、UFC復帰戦にしてカーロス・ニュートンのウェルター級王座に挑戦。ニュートンの三角絞めをリフトした際に失神してしまうが、そのままニュートンを床に落としてバスターで失神させた。両者が失神する事態となったが、裁定はヒューズのKO勝ちとなり、第3代世界ウェルター級王者となった。

2002年3月22日には、桜井"マッハ"速人にTKO勝ちし、初防衛に成功。その後もタイトルを防衛するが、2004年1月31日、ライト級から転向したBJペンにチョークスリーパーで一本負けし、王座防衛は5回でストップした。

2004年10月22日、ペンの返上によって空位になったウェルター級王座をジョルジュ・サンピエールと争い、王座に返り咲く。以降、フランク・トリッグ、ジョー・リッグスを連破し、2006年5月27日のUFC 60では「レジェンド」のホイス・グレイシーの挑戦を受け、ホイスに全く何もさせず、パウンドによるレフェリーストップで勝利。この試合の全米PPV件数は60万件を突破した。

2005年8月から11月にかけて放送されたリアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン2でリッチ・フランクリンと共にコーチを務めた。

2006年9月23日にはUFCに復帰したペンとのリベンジマッチを行い、TKOで勝利し、王座を防衛した。しかし、同年11月18日、ジョルジュ・サンピエールとの再戦で、KO負けを喫し、王者から陥落した。

2007年3月3日、UFC 68でクリス・ライトルと対戦、判定勝ち。

2007年9月から「The Ultimate Fighter」のシーズン6ではチーム・ヒューズのヘッドコーチを務めた。同年、自らのチームH.I.T.(Hughes Intensive Training)スクアッドを立ち上げるため、長年在籍したミレティッチMAを脱退した。

2007年12月29日、9か月ぶりの参戦となったUFC 79でマット・セラとのウェルター級タイトルマッチが予定されていたが、セラの負傷により替わってジョルジュ・サンピエールと再戦し、腕ひしぎ十字固めにより一本負け。

2008年には自伝「Made in America」を出版した。若き日のヒューズの犯罪も含めた武勇伝や、更生後は敬虔なクリスチャンになったことなどが書かれている。

2008年6月7日、UFC 85でチアゴ・アウベスと対戦し、2ラウンドに顔面に跳び膝蹴りを受けTKO負け。この試合はアウベスの4ポンドの計量オーバーにより、175ポンドのキャッチウェイトバウトとして行われた。

2009年5月23日、UFC 98でマット・セラと対戦し、3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年4月10日、アブダビで開催されたUFC 112ではヘンゾ・グレイシーと対戦。3Rにローキックで数度のダウンを奪い、試合終了間際にはジャブ・ワンツーのコンビネーションでダウンさせ、TKO勝ちを収めた。

2010年8月7日、UFC 117でヒカルド・アルメイダと対戦し、変形アナコンダチョークで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得した。

2010年11月21日、UFC 123でBJペンと対戦し、開始21秒右ストレートからのパウンドでKO負けを喫した。ペンとのラバーマッチであったが、対戦成績は1勝2敗となった

獲得タイトル

  • 第3代UFC世界ウェルター級王座
  • 第5代UFC世界ウェルター級王座

 
広告


キラー・コワルスキー
Killer Kowalski
1926/10/13 - 2008/8/30

ポーランド系カナダ人のプロレスラー。カナダ・オンタリオ州ウィンザー出身。本名はウラデック・コワルスキーWladek Kowalski) 、通称ウォルター・コワルスキーWalter Kowalski)。

"殺人狂"、"殺人鬼"、"死神"、"墓場の使者"、"さまよえる亡霊"、"世紀の殺し屋"、"地獄の大統領"など数々の異名を持つ大ヒールとして知られている。

来歴

1947年のデビューから1977年の引退までに、主にアメリカのプロレス団体NWA、AWA、WWWF(現・WWE)で活躍した。

顔もヒールとして迫力十分で、2メートル級の長身に加え、正統派のレスリングから反則技までこなすテクニックという、ヒールとして必要な要素すべてを兼ね備えた名選手であった。1959年、トップロープからのニー・ドロップでユーコン・エリックの左耳をそぎ落とすという事件が起こった(実際はコワルスキーのリングシューズのひもが耳に引っ掛かっての事故)。この耳そぎ事件でエリックはショックで自殺した、との伝説も語られたが、実際は、妻の不貞によって精神的に悩まされたため。エリックはコワルスキーのことを憎んではいなかったという。この事件から全米中に名前が轟くことになった。その後も、数人の選手を病院送りにしている。

日本へは日本プロレスに3回来日し、1963年の第5回ワールドリーグ戦では決勝で力道山と対戦したほか、開幕戦でジャイアント馬場の凱旋帰国第一戦の相手を務め、時間切れ引き分けの熱闘を演じた。第10回大会では馬場と決勝で対戦したほかアントニオ猪木とも対戦している。1971年にはNWAタッグリーグ戦に登場し、パイルドライバーで2人の選手を死亡させたとされていたキラー・バディ・オースチンとの「キラー・コンビ」で好成績を収めている。全日本プロレスにも2回参戦しており、1975年のチャンピオン・カーニバルにも出場。同じくチャンピオン・カーニバルに出場したジン・キニスキー、ブルーノ・サンマルチノと組んでインターナショナル・タッグ王座にも2度挑戦している(王者チームは馬場&ジャンボ鶴田)。

キャリア末期にはニューヨークで覆面レスラーのジ・エクスキューショナー1号The Executioner #1)を名乗り、2号のビッグ・ジョン・スタッドとのタッグチーム「ジ・エクスキューショナーズ」として1976/5/11にWWWF世界タッグ王座を獲得している。

引退後はマサチューセッツ州セイラムにレスリング・スクールを開校し、2003年9月に年齢的な問題もあり閉鎖するまで、トレーナーとして活動した。主なスクール輩出選手は、トリプルH、チャイナ、ペリー・サターン、クリス・ノウィンスキー、ジャイアント・バーナード、ケニー・ダイクストラ、ジョナサン・カーティスらである。

2008年8月30日、心不全のため81歳で死去。

獲得タイトル

  • AWAインターナショナル・ヘビー級王座(モントリオール版)
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
  • NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ブルドッグ・オースチン)
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):1回
  • NWA USヘビー級王座(ハワイ版):1回
  • NWAブラスナックル王座(テキサス版):1回
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / キンジ・シブヤ)
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(カルガリー版):2回
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(カルガリー版):2回(w / ジム・ライト)
  • NWAパシフィック・コースト・タッグ王座(バンクーバー版):2回(w / オックス・アンダーソン、ジン・キニスキー)
  • IWA世界ヘビー級王座(オーストラリア版):5回
  • IWA世界タッグ王座(オーストラリア版):4回(w / スカル・マーフィー×2、ビル・ミラー、マーク・ルーイン)
  • WWWF USタッグ王座:1回(w / ゴリラ・モンスーン)
  • WWWF世界タッグ王座:1回(w / ジ・エクスキューショナー2号) ※ジ・エクスキューショナーズとして
  • WWF Hall of Fame (1996年度) ※プレゼンターはトリプルH

エピソード

  • ブルーザー・ブロディが尊敬したレスラーとしても知られており、彼のキングコング・ニー・ドロップはコワルスキーから影響を受けた技である。ちなみに両者は1976年にWWWFを共にサーキットしており、マディソン・スクエア・ガーデンにてアンドレ・ザ・ジャイアントと6人タッグマッチで対戦したこともある(1976/10/25、エクスキューショナーズ&ブロディvsアンドレ&チーフ・ジェイ・ストロンボー&ビリー・ホワイト・ウルフ)。
  • 耳そぎ事件でユーコン・エリックのちぎれた耳を見たトラウマから肉が食べられなくなり、以後徹底した菜食主義者になったというエピソードが語られていた時期がある。これは梶原一騎が創作したものであり、実際には耳そぎ事件以前から菜食主義だった。本人はただ健康のためだと語っている。引退後、この話の真偽について尋ねられたコワルスキーは「何だいその話は? 最高に面白いな」と爆笑していたという。なお梶原は『ジャイアント台風』『プロレススーパースター列伝』などの作品で虚実取り混ぜた筆致で鬼気迫る大ヒールとしてのコワルスキーを描いている。
  • アントニオ猪木がキラー・コワルスキーの筋肉に憧れていたことを、村松友視との対談で語っていたことがある。
  • 全米でも指折りのヒールとして活躍していたが、普段は人一倍他人に気を遣う繊細な人柄だったと伝えられている。耳そぎ事件の直後、事故とはいえユーコン・エリックに重傷を負わせてしまったショックから「俺は取り返しがつかないことをしてしまった」とひどく落ち込んでいた。それを知ったユーコン本人から「あれはアクシデントだ。俺は気にしちゃいない。だからお前も気にするな」と誰よりも先に慰めの声をかけられ、ショックから立ち直ることができたという。
  • レスラー生活晩年は髪が薄くなってカツラを着用していた。ヘッドロックは御法度であり、同じくカツラ着用のブルーノ・サンマルチノとの試合は両者まったくヘッドロックを使わずに行われたという。
  • またある時、「カツラが取れると困る」とマスクを被り、リングネームはそのままで覆面レスラーとして試合をしたことがある(弟子格のビッグ・ジョン・スタッドもリングネームはそのままで覆面を被ったことがある)。梶原一騎はこの事実を『プロレススーパースター列伝』のリック・フレアー編で、フリッツ・フォン・エリックがコワルスキーを覆面の刺客としてフレアーと戦わせるエピソードに取り入れている。







  

















 ↑ トップへヤフーオークション
 


 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system