本文へスキップ
 

おすすめ、WWE関連商品SHOP
BACKDROP


 
 
WWE DVD紹介
(2011年)
 
 

WWE RAW ベスト・オブ・2010
WWE RAW ベスト・オブ・2010


RAWの 2010年ベスト盤DVD!!

常にショー・ストッパーを演じ続けてきたショーン・マイケイルズの引退や、WWEやマイケルズと確執が
伝えられていたブレット・ハートの電撃復帰、突如現れた無法軍団ザ・ネクサス、まさかのエース、
シナの追放劇に加えてザ・ミズの台頭など、RAWの2010年を振り返る。
衝撃に次ぐ衝撃のエピソード、さらにジェリコ vs.エッジvs.オートンが激突したトリプルスレット戦、
日本人スーパースターのヨシ・タツがヘンリーと組んで参戦したフェイタル4ウェイ・エリミネーション・タッグ王座戦など、
RAWで放送された試合も収録。スポーツ・エンターテイメントの神髄がここにある!!

【収録内容】
◆DISC1
●1月ハイライト
 統一タッグ王座戦:DX vs. クリス・ジェリコ&ビッグ・ショー(2010/1/4)
ジョン・シナ vs. シェイマス(2010/1/25)
●2月ハイライト
シェイマス vs. クリスチャン(2010/2/8)
統一タッグ王座戦(トリプルスレット・エリミネーション戦):DX vs. CMパンク&ルーク・ギャロウズ vs. ビッグ・ショー&ザ・ミズ(2010/2/8)
●3月ハイライト
ショーン・マイケルズ vs. ケイン(2010/3/22)
◆DISC2
●4月ハイライト
ジャック・スワガー vs. ランディ・オートン(2010/4/5)
ディーバ王座戦:マリース vs. イヴ(2010/4/12)
統一タッグ王座戦:ビッグ・ショー&ミズ vs. ハート・ダイナスティ(2010/4/26)
●5月ハイライト
エッジ vs. クリスチャン(2010/5/17)
ジョン・シナ&エヴァン・ボーン vs. エッジ&シェイマス(2010/5/31)
●6月ハイライト
クリス・ジェリコ vs. エヴァン・ボーン(2010/6/14)
●7月ハイライト
ランディ・オートン vs. エッジ
トリプルスレット戦:ランディ・オートン vs. エッジ vs. クリス・ジェリコ(2010/7/19)
◆DISC3
●8月ハイライト
ジョン・シナ&ブレット・ハート vs. エッジ&クリス・ジェリコ(2010/8/9)
クリス・ジェリコ vs. ウェイド・バレット(2010/8/16)
ジョン・シナ vs. ザ・ミズ(2010/8/23)
●9月ハイライト
フォールズ・カウント・エニウェア戦:ジョン・モリソン vs. シェイマス(2010/9/13)
ランディ・オートン vs. クリス・ジェリコ(2010/9/27)
●10月ハイライト
ダニエル・ブライアン vs. ドルフ・ジグラー(2010/10/25)
●11月ハイライト
キング・オブ・ザ・リング決勝:ジョン・モリソン vs. シェイマス(2010/11/29)
●12月ハイライト
WWE王座戦(フェイタル・4ウェイ・エリミネーション戦):サンティーノ・マレラ&ウラジミール・コズロフ vs. マーク・ヘンリー&ヨシ・タツ vs. ユーソーズ vs. ヒース・スレーター&ジャスティン・ゲイブリエル(2010/12/6)


WWE キャピタル・パニッシュメント2011
WWE キャピタル・パニッシュメント2011


新PPVが登場!果たしてスーパースターたちの運命は・・・?

世界ヘビー級王者としての貫禄を見せつけるオートン、 そしてWWE王者シナを待ち受ける次なる闘いは・・・?
アメリカ合衆国の首都、ワシントンD.C.で繰り広げられる新PPV大会は、興奮必至!!


WWE トップ50・スーパースターズ
WWE トップ50・スーパースターズ


DISC1 トップ50・スーパースターをランキング形式で紹介

DISC2
NWA世界ヘビー級王座戦:ルー・テーズ vs. アントニオ・ロッカ
NWA世界ヘビー級王座戦:ジャック・ブリスコ vs. ドリー・ファンクJr.
女子王座戦:ファビュラス・ムーラ vs. スーザン・グリーン(1975/6/16)
ゴリラ・モンスーン vs. ムハマド・アリ(1976/6/2)
NWA世界ヘビー級王座戦:ハーリー・レイス vs. テリー・ファンク(1977/2/6)
ボクシング・マッチ:ゴリラ・モンスーン vs. アンドレ・ザ・ジャイアント(1977/9/23)
WWE王座戦:ビリー・グラハム vs. ダスティ・ローデス(1977/9/26)
WWE王座戦:アイアン・シーク vs. ハルク・ホーガン(1984/12/28)
6人タッグ戦:リッキー・スティムボート&ロディ・パイパー&ジャンクヤード・ドッグ vs. ランディ・サベージ&ハーリー・レイス&アドリアン・アドニス(1987/2/23)
リック・ルード vs. リッキー・スティムボート(1987/12/26)
AWAヘビー級王座戦:ジェリー“ザ・キング”ローラー vs. カート・ヘニング(1988/8/13)
ジェイク・ロバーツ vs. テッド・デビアス(1989/12/28)

DISC3
リック・フレアー vs. ブレット・ハート(1992/10/12)
ザ・ロック vs. マンカインド(1999/1/31)
WWE王座戦:ストーンコールド・スティーブ・オースチン vs. ザ・ロック vs. アンダーテイカー vs. カート・アングル(2000/12/7)
アンダーテイカー&ケイン&マット・ハーディ&ジェフ・ハーディ vs.ストーンコールド・スティーブ・オースチン&トリプルH&エッジ&クリスチャン(2001/4/23)
エッジ&トリプルH vs. カート・アングル&クリス・ジェリコ(2002/5/16)
エディ・ゲレロ vs. ビッグ・ショー(2004/.4/5)
世界ヘビー級王座戦:カート・アングル vs. レイ・ミステリオ vs. ランディ・オートン(2006/4/2)
ジョン・シナ&ショーン・マイケルズ vs. アンダーテイカー&バティスタ(2007/2/18)
世界ヘビー級王座戦:エッジ vs. アンダーテイカー(2008/3/30)


WWE オーバー・ザ・リミット2011
WWE オーバー・ザ・リミット2011


限界を超えた闘いを繰り広げるスーパースターたちを待ち受けるのは?

“エリミネーション・チェンバー”を経て、新たな抗争の勃発か?
WWE王座、そして世界ヘビー級王座を巡る争いはさらに加速する!!

【収録内容】
世界ヘビー級戦:ランディ・オートンvs.クリスチャン
WWE王座戦:ジョン・シナvs.ザ・ミズ(アイ・クイット・マッチ)他


ジョン・シナ
エクスペリエンス
ジョン・シナ エクスペリエンス


WWEスーパースター、ジョン・シナのすべてがここに!

今なおWWEをリードし続けるジョン・シナ。
シナのもたらす衝撃は、常に世界中に影響を与えるまでになっている。
そんなシナの歩んだ人生をまるごと詰め込んだDVDが遂に登場!
WWEのリングのみならず、映画や音楽活動まで、その内幕に迫ったドキュメントには、
ファンが見たことない真実のシナがいる。
世界最大のスポーツエンターテイメントの祭典レッスルマニアに備え、最高の闘いを見せるために突き進むシナ、
ポップカルチャーのアイコンとしてスポットライトを浴びるシナ、そして何よりも闘いの中で輝くシナ。
このDVDには、HBK、オートン、トリプルH、エッジ、ビッグショー、ザ・ミズら 15試合以上の
シナ名勝負もパッケージ。WWEファンなら、もう“見るしかねぇ!”

【収録内容】
◆DISC1
■ドキュメンタリー

◆DISC2
■US王座戦: ジョン・シナ vs. ブッカーT(2004/10/3)
■WWE王座戦: ジョン・シナ vs. カート・アングル(2005/2/20)
■WWE王座戦: ジョン・シナ vs. カート・アングル vs. ショーン・マイケルズ(2005/11/1)
■WWE王座戦: エッジ vs. ジョン・シナ(2006/1/29)
■ジョン・シナ vs. エッジ(2006/12/26)
■世界タッグ王座戦: ジョン・シナ&ショーン・マイケルズ vs. レーテッドRKO(2007/2/26)
■WWE王座戦: ジョン・シナ vs. グレート・カリ(2007/6/3)

◆DISC3
■WWE王座戦: ジョン・シナ vs. ボビー・ラシュリー(2007/7/22)
■WWE王座戦: ジョン・シナ vs. ランディ・オートン(2007/8/26)
■ロイヤルランブル戦(2008/1/27)
■WWE王座戦: ジョン・シナ vs. トリプルH(2008/6/29)
■ジョン・シナ vs. ショーン・マイケルズ(2009/1/26)
■ジョン・シナ vs. ジャック・スワガー(2009/4/13)
■ジョン・シナ vs. ビッグ・ショー(2009/5/17)
■ジョン・シナ vs. ザ・ミズ(2009/6/29)
■WWE王座戦: ジョン・シナ vs. ショーン・マイケルズ vs. トリプルH(2009/11/22)


WWEエクストリーム・
ルールズ 2011

WWEエクストリーム・ルールズ 2011


  • 開催日 : 5/1
  • 開催場所 : フロリダ州タンパ・セント・ピート・タイムズ・フォーラム


レッスルマニア27
レッスルマニア27


第27回大会(2011年)WrestleMania XXVII
"The Biggest WrestleMania Ever"

  • 開催日 : 4/3
  • 開催場所 : ジョージア州アトランタのジョージア・ドーム
  • 観客動員数 : 71,617人
  • 公式大会曲 :
    タイニー・テンパー (Tinie Tempah) - Written in the Stars
    レヴ・セオリー (Rev Theory) - Hangman
    シャインダウン (Shinedown) - Diamond Eyes (Boom-Lay  
    Boom-Lay Boom)
  • ゲストホスト : ザ・ロック
ダーク・マッチ/ランバージャックマッチ形式WWE・US王座戦
-Dark Match/Lumberjack Match to WWE United States Championship-

△シェイマス(c) vs ダニエル・ブライアン△
試合開始早々、スマックダウンGM、セオドア・ロングの命令により、ランバージャック全員を含めたバトルロイヤル戦を命じた。

ダーク・マッチ/22人バトルロイヤル
-Dark Match/22-man Battle Royal-

優勝者グレート・カリ

世界ヘビー級王座戦 -World Heavyweight Championship-
○エッジ(c)(w / クリスチャン) vs アルベルト・デル・リオ(w / ブローダス・クレイ&リカルド・ロドリゲス)●

○コーディ・ローデス vs レイ・ミステリオ●

8人タッグチーム・マッチ -8-man tag team match-
○ビッグ・ショー,ケイン,サンティーノ・マレラ&コフィ・キングストン vs ザ・コア(ウェイド・バレット,ジャスティン・ガブリエル,●ヒース・スレイター&エゼキエル・ジャクソン)

○ランディ・オートン vs CMパンク●

○マイケル・コール(w / ジャック・スワガー) vs ジェリー "ザ・キング" ローラー●
スペシャルレフェリー:"ストーンコールド" スティーブ・オースチン
ローラーが勝利したが、RAWのGMの判定によりマイケル・コールの反則勝ち

ノー・ホールズ・バード・マッチ -No Holds Barred Match-
○ジ・アンダーテイカー vs トリプルH●

男女混合6人タッグチーム・マッチ
-6-person mixed tag team match-

ジョン・モリソン,トリッシュ・ストラタス&○ニコール "スヌーキー" ポリズィ vs ドルフ・ジグラー&レイ・クール(●ミシェル・マクール&レイラ)

WWE王座戦 -WWE Championship-
△ザ・ミズ(c)(w / アレックス・ライリー) vs ジョン・シナ△
両者カウントアウト後、ゲストホストのロックが直ちにノーDQ戦形式での再試合を命じる。

ノー・DQ戦形式WWE王座戦
-No Disqualification Match for the WWE Championship-

○ザ・ミズ(c) vs ジョン・シナ●


エリミネーション・チェンバー2011
エリミネーション・チェンバー2011


2011/2/20 Elimination Chamber 2011


世界ヘビー級王座戦
○エッジ(c) vs レイ・ミステリオ vs ケイン vs ドリュー・マッキンタイア vs ビッグ・ショー vs ウェイド・バレット
(エッジが世界ヘビー級王座を防衛)
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 ウェイド・バレット 3 ビッグ・ショー
2 ビッグ・ショー 6 ケイン
3 ドリュー・マッキンタイア 5 ケイン
4 ケイン 4 エッジ
5 レイ・ミステリオ 2 エッジ
勝者 エッジ 1

WWE王座第一挑戦者決定戦
○ジョン・シナ vs CMパンク vs ジョン・モリソン vs キング・シェイマス vs ランディ・オートン vs Rトゥルース
(ジョン・シナがWrestleMania XXVIIでのWWE王座挑戦権を獲得)
退場順 スーパースター 入場順 退場させたスーパースター
1 Rトゥルース 5 キング・シェイマス
2 ランディ・オートン 3 CMパンク
3 キング・シェイマス 2 ジョン・モリソン
4 ジョン・モリソン 1 CMパンク
5(1) CMパンク 6(4) ジョン・シナ
勝者 ジョン・シナ 4
当初CMパンクは、4番目の登場となったが、レフリーが小部屋のドアを解錠する際に不手際があった。
やっと解錠し小部屋から出るも、ランディー・オートンに待ち伏せ攻撃を喰らい、最初に敗退させられる。
しかし、RAW・GW(ミスティックマン)は、ドアを解錠する際の不手際により、不公平を被ったと指摘。
CMパンク敗退を無効とする裁定を下し、再び小部屋に入った。


ロイヤルランブル2011
ロイヤルランブル2011


“レッスルマニア”での王座挑戦権を懸けて、し烈な闘いが2011年も繰り広げられる!!

WWEのスーパースター40人によって争われるロイヤルランブル戦が2011年もメイン。
参加人数が一気に10人増え、ロイヤルランブル史上かつてない修羅場が繰り広げられた!
勝者にはWWE最大の祭典“レッスルマニア”での王座挑戦権が与えられるこの一戦は、
これからの新たなストーリー展開を占う上で、重要な闘いとなる。

果たして勝利を収めるスーパースターは誰か??

【収録内容】
◆WWE王座戦:ザ・ミズvs.ランディ・オートン
◆世界ヘビー級戦:エッジvs.ドルフ・ジグラー
◆40人ロイヤルランブル戦 ほか


ハイエスト・フライヤーズ
ハイエスト・フライヤーズ


スポーツ・エンターテイメントの真髄、“空中戦”にフィーチャー!
数々の華麗な技をつめこんだ、夢のDVDが登場!!
時にはトップロープから場外へ、また時には金網最上段から繰り出される過激な技は、スポーツ・エンターテイメントならではの醍醐味!
リッキー・スティムボート、ジミー・スヌーカ、ウルティモ・ドラゴン、ショーン・マイケルズなど、
“レジェンド”の名に相応しい歴代のスーパースターから、レイ・ミステリオ、コフィ・キングストン、エヴァン・ボーンなど
現役スーパースターに至るまで、その華麗なるレスリング・スタイルが十分堪能できる DVD!!

■収録試合
【Disc1】
◆リッキー・スティムボート vs. ブライアン・ピルマン(1992/11/25)
◆エヴァン・ボーン vs. ザック・ライダー(2009/6/11)
◆ジミー・スヌーカ vs. サモア(1984/2/20)
◆ショーン・マイケルズ vs. シェルトン・ベンジャミン(2005/5/2)
◆ジュニア8冠王座戦:ウルティモ・ドラゴン vs. レイ・ミステリオJr.(1996/11/24)
◆ECW世界TV王座戦:エディ・ゲレロ vs. ディーン・マレンコ(1995/7/21)ほか
特典映像
◆ウルティモ・ドラゴン vs. シコシス(1997/3/16)
◆チャボ・ゲレロ vs. ジェイミー・ノーブル(2008/4/18)ほか

【Disc2】
◆WCWクルーザー級王座戦:クリス・ジェリコ vs. ウルティモ・ドラゴン(1997/7/13)
◆1-2-3キット vs. 白使(1995/8/27)
◆ジョン・モリソン vs. タイソン・キッド(2009/7/30)
◆WWEタッグ王座戦:ハーディ・ボーイズ vs. ダッドリー・ボーイズ vs. エッジ&クリスチャン(2000/4/2)
◆タジリ vs. スーパー・クレイジー vs. リトル・グイド(2001/8/5)
◆ブライアン・ピルマン vs. アレックス・ライト(1995/6/18)
◆グレート・ムタ vs. スティング(1991/3/21)
◆ハードコア王座戦:ジェリー・リン vs. ロブ・ヴァン・ダム(2001/8/5)
特典映像
◆ハーディ・ボーイズ vs. KAIENTAI(1998/9/27)

【Disc3】
◆WWE王座戦:ショーン・マイケルズ vs. ベイダー(1996/8/18)
◆ECW TV王座戦:2コールド・スコーピオ vs. サブゥー(1996/2/17)
◆コフィ・キングストン vs. クリスチャン(2010/5/14)
◆WWEライトヘビー級王座戦:TAKAみちのく vs. パンテラ(1998/2/15)
◆女子王座戦:リタ vs. トリッシュ・ストラタス(2004/12/6)
◆ECW TV王座戦:サブゥー vs. ロブ・ヴァン・ダム(20001.9)他


RAW ザ・ビギニング VOL.2 1994
RAW ザ・ビギニング VOL.2 1994


WWEの看板番組、“RAW”の創成期を辿る!
今やWWEを語る上では欠かせない看板番組“RAW”。
あらゆる面でスポーツ・エンターテイメント史を塗り替えていったRAWの番組開始から2年目にあたる1994年にフィーチャーしたDVDが2枚組で登場。

■収録試合 ■
【Disc1】
◆ブレット・ハート vs. トム・プリチャード(1994/2/21)
◆世界タッグ王座戦:ケベッカーズ vs. レイザー・ラモーン&1-2-3キッド(1994/2/21)
◆WWE王座戦:ヨコズナ vs. ランディ・サベージ(1994/2/28)
◆レックス・ルガー vs.リック・マーテル (1994/3/28)
◆10人タッグチーム戦:IRS, ジェフ・ジェレット, リック・マートル, & ヘッドシュリンカーズvs. タタンカ,1-2-3キッド, サーマン・プラグ, & スモーキング・ガンズ(1994/4/4)
◆レイザー・ラモーン vs. ジェフ・ジャレット(1994/4/25)
◆世界タッグチーム王座戦:ケベッカーズ vs. ヘッドシュリンカーズ(1994/5/2)
◆相撲マッチ:ヨコズナ vs. アースクエイク(1994/5/16)
◆オーエン・ハート vs. ドインク・ザ・クラウン(1994/5/23)

【Disc2】
◆WWE王座戦:ブレット・ハート vs. 1-2-3キッド(1994/7/11)
◆IC王座戦:ディーゼル vs. レックス・ルガー(1994/7/18)
◆$10,000チャレンジ戦:タタンカ vs. ニコライ・ボルコフ(1994/7/25)
◆アランドラ・ブレイズ vs. ブル中野(1994/8/1)
◆ショーン・マイケルズ vs. レイザー・ラモーン(1994/8/1)
◆オーエン・ハート vs. 1-2-3 キッド(1994/8/15)
◆アンダーテイカー vs. クワン(1994/9/12)
◆IC王座戦:レイザー・ラモーン vs. ヨコズナ(1994/10/24)
◆ジェフ・ジェレット vs. ブリティッシュ・ブルドッグ(1994/12/5)
◆ボブ・バックランド vs. ドインク・ザ・クラウン(1994/12/12)
◆ブリティッシュ・ブルドッグ vs. タタンカ(1994/12/24)
◆アンダーテイカー vs. ブルックリン・ブロワー(1994/12/24)


RAW ザ・ビギニング Vol.1 1993
RAW ザ・ビギニング Vol.1 1993


WWEの看板番組、“RAW”のはじまりがここに!

今やWWEを語る上では欠かせない看板番組“RAW”。
あらゆる面でスポーツ・エンターテイメント史を塗り替えていったRAWの記念すべき1年目、1993年にフィーチャーした2枚組DVDが登場。
番組開始直後から1年間のおもな試合を収録し、RAW黎明期を振り返る!

■収録内容(本編)■
【Disc1】
◆ココ・B・ウェア vs. ヨコズナ(1993/1/11)
◆アンダーテイカー vs. ダミアン・デメント(1993/1/11)
◆リック・フレアー vs. Mr.パーフェクト(1993/1/25)
◆レックス・ルガー vs. ジェイソン・ナイト(1993/2/1)
◆ブルータス・ビーフケーキ vs. テッド・デビアス(1993/2/15)
◆ブレット・ハート vs. ファトゥ(1993/3/1)
◆Mr.パーフェクト vs. リック・マーテル(1993/3/8)
◆ドインク・ザ・クラウン vs. カマラ(1993/3/22)
◆レックス・ルガー vs. クラッシュ(1993/4/26)
◆IC王座戦:ショーン・マイケルズ vs. ハクソー・ジム・ドゥガン(1993/5/10)
◆ザ・キッド vs. レイザー・ラモーン(1993/5/17)
◆IC王座戦:マーティ・ジャネッティ vs. ショーン・マイケルズ(1993/5/17)
◆Mr.パーフェクト vs. ドインク・ザ・クラウン(1993/5/24)

【Disc2】
◆ショーン・マイケルズ vs. ラス・グリーンバーグ(1993/6/7)
◆マーティ・ジャネッティ vs. ドインク・ザ・クラウン(1993/6/21)
◆ブレット・ハート vs. バン・バン・ビガロ(1993/7/26)
◆1-2-3・キッド vs. テッド・デビアス(1993/8/16)
◆ドインク・ザ・クラウン vs. コリー・ステューデント(1993/10/4)
◆IC王座戦:レイザー・ラモーン vs. リック・マーテル(1993/10/11)
◆レイザー・ラモーン vs. ディーゼル(1993/11/29)
◆1-2-3キッド vs. ショーン・マイケルズ(1993/12/6)
◆ジェフ・ジャレット vs. P.J.ウォーカー(1993/12/20)

 
 
WWE 関連商品SHOP
LASTHOBBY


 

ヤフオク!
”WWF/WWE”関連商品

ヤフオク


↑ トップへ 
 
 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system