本文へスキップ
 
重要なお知らせ
2010/8月以降おまとめは休止しています。
但し、Youtube/ニコニコ動画/Dailymortionなど
日々追加しています。
5,000本以上ありますので検索キーワードを
↓に入れてお探しください。


Google

WWW を検索      
"極め”内検索


また、リンク切れ、レンタル、お探し中などの問い合わせは↓から
◆問い合わせ
ずく
 
 

プロレスレンタル、借りるならTSUTAYA



2011/8/6
プロレス関連商品
AMAZON


プロレス/格闘技 ニュース


AMAZON お勧めのスポーツDVD
AMAZON SPORTS DVD MAY

Sportsnavi
日刊スポーツ
スポニチ
デイリースポーツ
格闘技WEB
マガジンGBR
東スポ
  • <新日G1クライマックス>永田を下した極悪男・矢野が8・27小橋&武藤組の対戦相手に名乗り
  • バーナード独走3連勝/洋央紀は小島下し2連勝
  • 大阪プロ参戦の蝶野が身勝手表明
  • ダンプ松本と世Ⅳ虎がゆずポンの爆乳メッタ打ち
リアルライブ
バトル・ニュース
 ↑ トップへヤフーオークション
 
 


YouTube追加動画 ヤフーオークション

 

AMAZON 食品&飲料 ベストセラー
amazonfood


NJPW
2011/8/2
福岡国際センター

G1クライマックス2011 ダイジェストVTR
G1 CLIMAX 2011

G1 CLIMAX 公式戦
棚橋弘至 vs 高山善廣
小島聡 vs 中邑真輔
真壁刀義 vs 矢野通
MVP vs 鈴木みのる
永田裕志 vs 内藤哲也

後藤 洋央紀、獣神サンダー・ライガー、田口隆祐 vs 邪道、外道、石井智宏

G1 CLIMAX 公式戦
ジャイアント・バーナード vs 高橋裕二郎
井上亘 vs ストロングマン
ランス・アーチャー vs ヒデオ・サイトー
“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン vs ラ・ソンブラ

NJPW
2011/8/15
両国国技館

G1CLIMAX優勝決定戦
G1CLIMAX優勝決定戦

トリプルテイルズ
自主興行
アゼリア大正

けものバレンタインEve
トリプルテイルズ

華名vs里村明衣子/2/2

JWP
2011/4/17
東京キネマ倶楽部

J-1グランプリ2011~JWP no.1トーナメント
倉垣翼vsヘイリー・ヘイトレット

JWP
2011/5/22
北千住・シアター
1010ミニシアター

春山香代子vsヘイリー・ヘイトレッド

SMASH
記者会見/2/3/3/3

JWP
特訓を披露!コマンド ボリショイ&中森

DDT
2004/7/1

飯伏幸太デビュー戦
KUDOvs飯伏幸太

DREAM
DREAM.17 対戦カード発表記者会見

CHIKARA
Special Update: Archibald Peck & Veronica/a>

プロレスリング紫焔2011/7/30
メイン
第2試合/2/2
第1試合

NJPW
1983/7/29
富山市体育館

タイガーマスクvsエル・ハルコン78

~猛虎伝説~
Vol.6
初代タイガーマスク(佐山聡)~猛虎伝説~6


NJPW
1983/8/1
岐阜産業館

タイガーマスク/木戸修vs寺西勇/小林邦明

NJPW
1983/8/4
蔵前国技館

タイガーマスクvs寺西勇/2/2

1983/7
ザ・コブラvsダイナマイト・キッド

-
タイガーマスク ~猛虎伝説~ Vol. 6

UWF
1984/7/24

ザ・タイガーvsマッハ隼人

NJPW
1984/2/3

ダイナマイト・キッドvsデイビーボーイ・スミス/2/2

新日本プロレス
1986/5/1
両国国技館

ビッグ・ファイター・シリーズ

3/26、東京体育館の再戦
新日本対UWF 5vs5 シングル勝ち抜き戦/2/6/3/6/4/6/5/6/6/6
<先鋒>高田伸彦/山田恵一
<次鋒>山崎一夫/坂口征二
<中堅>木戸修/越中詩郎
<副将>藤原喜明/木村健吾
<大将>前田日明/藤波辰巳

NJPW
1986/6/6
札幌中島体育
センター

前田日明vs上田馬之助

NJPW
1986/6/12
大阪府立体育会館

藤波辰巳vs前田日明/2/2

ハッスル 
Hustle 7 2.11.05 music video

大阪プロレス
Osaka Pro Wrestling Puchi Mira 3 3.10.10 music video


AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演



サムライTV 22:00
Sアリーナ
2011年8月6日(土)号

G1公式戦!後藤洋央紀vs小島聡
新日本プロレス 8.5後楽園
<「SMASH.20」直前特集>
<FFF旗揚げ特集>

23:00
大日本プロレス
「後楽園ホール大会」
2011.7.25 後楽園ホール

<4面蛍光灯&コンクリートブロック+蛍光灯ラダーデスマッチ>
●伊東竜二&佐々木貴×アブドーラ・小林&星野勘九郎
<ハードコアマッチ>
●宮本裕向&木高イサミ&怨霊×バラモンシュウ&バラモンケイ&シャドウWX
<有刺鉄線ボードデスマッチ>
●葛西純&稲葉雅人ד黒天使”沼澤邪鬼&竹田誠志
●関本大介&谷口裕一×バッド・ボーンズ&ロバート・ドレイスカー
●石川晋也×河上隆一
●MEN'Sテイオー&ツトム・オースギ&ヘラクレス千賀×大石真翔&旭志織&大橋篤
●佐々木義人&橋本和樹×岡林裕二&忍

日テレ 23:00
心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

先輩ゲストは徳光和夫。
「プロレスは嫌いだった」「ニュースは興味がない」…意外にも“ガッカリの連続”だったという局アナ時代を激白!

フジテレビ 25:35
○○すぎる人々<DO!深夜>

美人すぎる&おネエすぎる人々の生態解明!美人すぎる笑笑店員の告白方法▽美人すぎる書道家の悩み▽美人すぎる怪談作家のエロ特技他 今田耕司・加藤綾子・ゴリ

出演:長野美香

テレ朝 26:55
8月1日福岡国際センター

≪G1クライマックス開幕戦≫
・棚橋弘至 vs 永田裕志 
・MVP vs 中邑真輔
・真壁刀義 vs ランス・アーチャー
・内藤哲也 vs 高橋裕二郎


AMAZON PCのベストセラー
AMAZON PC



プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル

 ↑ トップへヤフーオークション

プロレス/格闘技 関連商品SHOP
BACKDROP





プロレス/格闘技
今日は何の日?

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON 本のベストセラー
AMAZON BOOKS MAY



1989年以前

IWA
1981/8/6
室蘭市体育館

IWA世界ヘビー級選手権
○ラッシャー木村(逆エビ固め、7:18 )ジ・エンフォーサー● * ギロチン・ゴードン

NJPW
1981/8/6
蔵前国技館

アントニオ猪木vsマスクド スーパースター /2/3/3/3

アントニオ猪木全集 11
闘魂ロードⅡ
未知の強豪達との激闘
アントニオ猪木大全集 12


アントニオ猪木大全集DVD-BOX紹介

タイガーマスク vs スコルピオ

初代タイガーマスク
大全集
発掘!秘蔵名勝負撰<其の壱>
Vol.3
初代タイガーマスク大全集


初代タイガーマスク(佐山聡) DVD-BOX紹介


ヤフオクで今、売れているプロレス商品は何?
ヤフオクプロレス


1900年代

新日本プロレス
1992/8/6
静岡産業館

蝶野正洋VSトニー・ホーム
武藤敬司VSバリー・ウィンダム
クラッシャー・バンバン・ビガロVSスコット・ノートン
スティーブ・オースティンVSアーン・アンダーソン

1992
G1 クライマックス
92 G1 クライマックス 1

藤波辰巳/獣神サンダー・ライガーVSジム・ナイドハート/ペガサス・キッド
長州力/佐々木健介VSリック・ルード/ザ・バーバリアン

RINGS
1993/8/6
後楽園ホール

ボブ・シュライバーvsヤン・ロムルダー
成瀬昌由vsカルロス・ダイエック
山本宣久vsエリックエデレンボス

後楽園実験リ-グ’93
Round 4
後楽園実験リ-グ’93

 
新日本プロレス
1993/8/6
両国国技館

藤波辰爾vs武藤敬司
馳浩vs蝶野正洋

1993
G1 クライマックス
激闘両国 7Days Part.2
93 G1 クライマックス3


1993
G1 クライマックス
93 G1 クライマックス 1


新日本プロレス
1994/8/6
両国国技館

武藤敬司vs木戸修
蝶野正洋vs谷津嘉章
長州力vs藤原喜明
馳浩vs飯塚孝之
パワー・ウォリアーvs越中詩郎
橋本真也vs藤波辰爾

1994
G1 クライマックス
Aブロック代表者決定リーグ戦
1994 G1 クライマックス1


1995/8/6
無国籍屋台ヨンドン

真夏の暑さを吹き飛ばすおそろしいお化けどもの祭典、キング・オブ・モンスター・バトルが屋台村で開催。エジプトの怪人ザ・マミー、死霊の鼻くそゾンビア、地獄の番人デモニオ・ウノ&ドス、そして宇宙魔神XとシルバーXの兄弟、お化けの王様となるのは、一体どのお化けだ?

お化け屋台へいらっしゃい!
プロレスバカシリーズ 9

新日本プロレス
1996/8/6
両国国技館

小島聡vs越中詩郎
佐々木健介vs橋本真也
蝶野正洋vs武藤敬司

1996
G1 クライマックス
The Latter Half Fight
96 G1 クライマックス Part.2

1994年-1996年
新日本プロレス全史 6


NJPW全史DVD-BOX紹介

Uとの決着
1993-1997
革命伝説 長州 力9


長州力DVD-BOX紹介

CMLL
1996/8/6
アカプルコ

CMLL世界タッグチーム王座
アトランティス/ラヨ・デ・ハリスコ・ジュニアvsエル・グラン・マルクス・ジュニア/エル・イホ・デ・グラディアドール

アルシオン
1999/8/6
大田区体育館

SUMMER CARNIVAL

吉田万里子vsアジャ・コング

Perfect ARSION
アルシオン6年間の奇跡
アルシオン6年間の奇跡


ZION 99
TOURNAMENT
ZION 99






2000年以降

JWP
2000/8/6
後楽園ホール

JWP認定無差別級王座
輝優優vsコマンド・ボリショイ

NOAH
2000/8/6
ディファ有明

NOAH

旗揚げ第2戦 シングル対決
小橋健太vs秋山準



2/3 / 3/3

新日本プロレス
2001/8/6
両国国技館

永田裕志vs田中稔
小島聡vs武藤敬司

2001
G1 クライマックス
01G1 クライマックス Part.1

2002/8/6
六本木ヴェル
ファーレ

魔裟斗vsメルヴィン・マーリー

魔裟斗革命
Wolf Revolution
魔裟斗


スマックガール
2003/8/6
六本木ヴェル
ファーレ

SMACKGIRL「Third Season-VI」

SGS公式ルール 52kg契約 5分3R
渡邊久江 vs カロリン・フブレクツ

スマックガール大全集vol.1
スマックガール


PANCRAS
2003/8/6

謙吾がパンクラスism所属のまま、アメリカ合衆国ラスベガスにあるジョン・ルイスの道場で武者修行を行うことになったと発表。ケージでの練習を中心に行うことになった。

新日本プロレス
2005/8/6
大阪府立体育館

吉江豊vs矢野通
中邑真輔vs真壁刀義
中西学vs後藤達俊
西村修vsケンドー・カシン
永田裕志vs鈴木みのる
藤波辰爾vs川田利明
天山広吉vs蝶野正洋
棚橋弘至vs藤田和之

2005
G1 CLIMAX VOL.1
G1 CLIMAX 2005 1


G1クライマックスDVD紹介

新日本プロレス
2006/8/6
新潟市体育館
 
永田裕志vs山本尚史
獣神サンダー・ライガーvs小島聡
天山広吉vs金本浩二
棚橋弘至vs中西学

2006
G1 CLIMAX VOL.1
G1 CLIMAX 2006 1


G1クライマックスDVD紹介

JWP
2006/8/6
板橋グリーンホール

JWP認定タッグ選手権 
米山香織/闘獣牙Leon vs 植松寿絵/輝優優

JWP女子プロレス
15th ANNIVERSARY
JWP激闘史 vol.2
PURE HEART
PURE WRESTLING
JWP 15


LLPW
2006/8/6
後楽園ホール

遠藤 美月 デビュ-15周年記念 「L-FIGHT4」
大向 美智子vs遠藤 美月

2006/8/6
新宿FACE

豊田真奈美20周年記念興行
20th ANNIVERSARY PLATINUM FLYING ANGELA

雲外蒼天
豊田真奈美vs夏樹☆ヘッド

弱男強女
豊田真奈美/堀田祐美子vs三和太/ストーカー市川/豊2/2

相即不離20th記念試合10分間エキシビションマッチ
豊田真奈美vs下田美馬
特別レフリー・山田敏代

百花斉放
豊田真奈美&吉田万里子&伊藤薫&渡辺智子vsカルロス天野&永島千佳世&倉垣翼&日向あずみ

20th記念試合
貴居私居
豊田真奈美vsアジャ・コング            
リングアナウンサー・氏家清春
レフリー・伊東幸
リングドクター・佐々木良介

新日本プロレス
2007/8/6
ツインメッセ静岡

新日本プロレス創立35周年記念
G1 CLIMAX 2007
~Winner Take All~

越中詩郎vsミラノコレクションAT
曙vs真壁刀義
棚橋弘至vs矢野通
中西学vs中邑真輔
ジャイアント・バーナードvs蝶野正洋

2007
G1 CLIMAX VOL.1
G1 CLIMAX 2007 1


G1クライマックスDVD紹介

格闘美
2007/8/6


桜花由美&秋山恵VSMARU&斎藤啓子

格闘美
FESTA総集編
2005.7~8
FESTA

WWE
2007/8/6
 

ウィリアム・リーガルがRAWの新ジェネラルマネージャー(GM)を決定するバトルロイヤルに参加し、最後までリング下に隠れて勝利を収め、RAWのGMとなった

ドラゴンゲート
2009/8/6
後楽園ホール

今年もこの季節がやってきた!
Summer Adventure Tag LeagueⅢ 公式リーグ戦開催!
【出場チーム一覧 ※全9チーム参加】
・土井成樹&谷嵜なおき
・吉野正人&B×Bハルク
・CIMA&Gamma
・横須賀享&KAGETORA
・鷹木信悟&YAMATO
・ドラゴン・キッド&戸澤陽
・神田裕之&新井健一郎
・サイバー・コング&Kzy
・望月成晃&未定

DRAGON GATE 2009
~season4~
DRAGON GATE 2009


DORAGON GATE DVD紹介

NJPW
2010/8/6
後楽園ホール

G1クライマックス2010 

Opening Ceremony - G1 CLIMAX 2010 

Playback G1 2010 1st day

後藤洋央紀/田口隆祐vs小島聡/エル・サムライ / 2/2

ジャイアント・バーナードvs井上亘

中西学vs矢野通

ストロングマンvsプリンス・ディビッド

潮崎豪vs高橋裕二郎 / 2/2

 棚橋弘至vsカール・アンダーソン / 2/2

真壁刀義vs内藤哲也 / 2/2 

永田裕志vs中邑真輔 / 2/2

20th Anniversary
G1 CLIMAX XX 3Dスペシャル エディション
20th Anniversary  G1 CLIMAX XX  


G1クライマックスDVD紹介


AMAZON ゲームのベストセラー
AMAZON GAME MAY


 ↑ トップへヤフーオークション

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト





プロレス/格闘技
今日のバースデイ / 忌日


AMAZON 食品&飲料 ベストセラーは何?
AMAZON FOODS BEST



グリズリー・ジェークスミス
JAKE SMITH

1932/8/6 - 2010/6/12

本名はアレリアン・スミス。2メートルを超える大型コンビ「ザ・ケンタッキアンズ」の片割れ。(パートナーはルーク・ブラウン)国際プロレス来日時はザ・ケンタッキアンズとして来日し、アントニオ猪木、ヒロ・マツダ組の保持するNWA認定世界タッグ選手権に2度に渡って挑戦しているが、いずれもストレートで敗退している。2メートル13センチの巨体で「恐竜」とよばれていたが、どちらかといえば木偶の坊だったのでは? 引退後はMSWA地区でマッチメーカーを務めた。
1967/1 国際プロレス パイオニア・シリーズ
1971/8 日本プロレス サマー・ミステリー・シリーズ
タイトル
ジョージア版世界ヘビー
南部タッグ(ジョージア版)
WWA世界タッグ(ロス版)、テキサス・ヘビー


ジミー・バリアント
Jimmy Valiant
1942/8/6

アメリカ合衆国の元プロレスラー。テネシー州フランクリン出身。本名はジェームズ・ハロルド・ファニングJames Harold Fanning)。

現役選手時代はヒールの"ハンサム" ジミー・バリアント"Handsome" Jimmy Valiant)、ベビーフェイスの"ブギウギ" ジミー・バリアント"Boogie Woogie" Jimmy Valiant)として活躍した。

来歴

1964年にビッグ・ジム・ベイレン(Big Jim Vallen)のリングネームでデビュー。1970年代よりニューヨークのWWWF(現・WWE)に登場し、ジョン・L・サリバンことジョニー・バリアントと金髪のヒール・タッグチーム「バリアント・ブラザーズThe Valiant Brothers)」を結成。1974年1月、インディアナポリスのWWAでブルーノ・サンマルチノ&ディック・ザ・ブルーザーからWWA世界タッグ王座を奪取
。WWWFではキャプテン・ルー・アルバーノをマネージャーに、同年5/8にディーン・ホー&トニー・ガレアを破りWWWF世界タッグ王者となった
。以降もジョニーとのコンビで全米各地を転戦し、WWAではボビー・ヒーナンをマネージャーに世界タッグ王座を1977年と1978年にも獲得している。

シングルでも数々の実績を残しており、テネシー州メンフィスに本拠を置くCWAでは1977年から1981年にかけて、AWA南部ヘビー級王座を巡ってジェリー・ローラーと流血の抗争を繰り広げた。また、CWAではビル・ダンディーと組んでタッグ戦線でも活躍した。この当時、彼は『ハンサム・ジミーのバラッド(The Ballad of Handsome Jimmy)』という歌まで録音し、自分の入場曲に使用していた。ローラーの自著によると、CWAは是が非でもメンフィスにジミーをとどめておきたくて、メンフィスに彼の自宅を購入することまで提案したという。

1980年代に入るとバリアント兄弟を解散してシングルプレイヤーに専念。1980年代初頭の一時期は、NWAのミッドアトランティック地区にて英国出身のロード・アルフレッド・ヘイズをマネージャーに迎え、キング・ジェームズ・バリアントKing James Valiant)を名乗り王族ギミックのヒールを演じたこともある

1982年よりブギウギマンBoogie Woogie Man)のニックネームでベビーフェイスに転向、コミカルなショーマン派へのギミック・チェンジを行い、南部エリア一帯で人気者となる。ミッドアトランティック地区ではイワン・コロフ、スーパースター・ビリー・グラハムなどWWWF時代のヒール仲間と抗争を展開し、テネシーではジェリー・ローラーやロッキー・ジョンソンなどかつての仇敵とタッグと組んで活躍した。一時期、チャーリー・ブラウンCharlie Brown)なる覆面レスラーに変身したこともある。

WCWへの移行期にNWAを離れ、1990年にメンフィスのUSWAでローラーとの抗争を再現。USWAユニファイド世界ヘビー級王座を2回に渡って獲得している
。1993年にはカロライナ地区のインディー団体NWAにも参戦した。WWFとは1979年を最後に関係を絶っていたが、1996年にジョニーとのバリアント・ブラザーズとしてWWE殿堂に迎えられている(プレゼンターはブリティッシュ・ブルドッグとオーエン・ハート)。以降もインディー団体への単発出場を続け、2005年に引退した。

近年はバージニア州ショーズビルに居住し、プロレスリング・スクールの "Boogie's Wrestling Camp" を主宰、後進の指導・育成にあたっている
。また、"The Boogie Woogie Referee" と称し、各地のインディー団体にスペシャル・ゲスト・レフェリーとして登場することもある

日本には1972年6月に日本プロレスに初来日。1976年にはバリアント・ブラザーズで全日本プロレスに来日し、6/2にジャイアント馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑戦。6/17にはグレート小鹿&大熊元司のアジア・タッグ王座にも挑戦している。1985年1月にはローラーとのコンビで全日本に9年ぶりの来日を果たしたが、長州力らジャパンプロレス勢の参戦で日本人同士のハイスパート・レスリングが主流化していた当時の全日マットでは、彼のショーマン・スタイルが受け入れられることはなく、これが最後の来日となった。

獲得タイトル

シングルタイトル
  • WWA世界ヘビー級王座(インディアナポリス版):1回
  • AWA南部ヘビー級王座:5回
  • NWA TV王座(ミッドアトランティック版):2回
  • USWAユニファイド世界ヘビー級王座:2回
タッグタイトル
  • WWA世界タッグ王座(インディアナポリス版):3回(w / ジョニー・バリアント)
  • NWA世界タッグ王座(サンフランシスコ版):1回(w / ジョニー・バリアント)
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ジョニー・バリアント)
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / ジョニー・バリアント)
  • WWWF世界タッグ王座:1回(w / ジョニー・バリアント)
  • AWA南部タッグ王座:1回(w / ロッキー・ジョンソン)
  • WWF Hall of Fame:1996年度(ジョニーとのバリアント・ブラザーズで殿堂入り)

 etc.



ディノ・ブラボー
Dino Bravo
1949/8/6 - 1993/3/11

来歴

幼少時に家族と共にカナダ・ケベック州のモントリオールに移住。学生時代にレスリングとボディビルで体を鍛え、1970年にジノ・ブリットのコーチを受けてプロレスラーとしてデビュー。モントリオールを中心に正統派のパワーファイターとしてキャリアを積み、アメリカ本土では1974年よりロサンゼルスのNWAハリウッド・レスリングで活動した。

1976年より、ジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナのNWAミッドアトランティック地区に参戦、ミスター・レスリングことティム・ウッズとタッグを組み、5月5日にジン・アンダーソン&オレイ・アンダーソンのミネソタ・レッキング・クルーから同地区認定のNWA世界タッグ王座を奪取した。ウッズとのコンビでは、同年11/3のトーナメント決勝でミシェル・デュボア&レネ・グレイを下しミッドアトランティック・タッグ王座にも戴冠している。シングルではブラックジャック・マリガンやマスクド・スーパースターと抗争を展開した。

並行してニューヨークのWWWFにも進出し、ドミニク・デヌーチとイタリア人同士のタッグチームを結成。1978/3/14にプロフェッサー・タナカ&ミスター・フジからWWWF世界タッグ王座を奪取している。同年12月にはカナダのトロントでジン・キニスキーを破りNWAカナディアン・ヘビー級王座の初代チャンピオンとなり、カナダの伝説的レスラー、ホイッパー・ビリー・ワトソンよりベルトを授与された。1980年からはAWAをサーキットし、ニック・ボックウィンクルのAWA世界ヘビー級王座にも挑戦している。

1981年10月、新日本プロレスの『闘魂シリーズ』に初来日。開幕戦における長州力と組んでのスタン・ハンセン&ハルク・ホーガンとのタッグマッチ、そして最終戦でのアブドーラ・ザ・ブッチャーとのシングルマッチでは、共に相手がヒールサイドの外国人選手だったこともあって、ベビーフェイスとしての持ち味をフルに発揮した好ファイトを展開。ホーガンやブッチャーの巨体を抱え上げアトミック・ドロップを放つなどの怪力ぶりも喝采を浴び、将来の外国人エース候補と期待された。しかし、再来日となる翌1982年11月の『第3回MSGタッグ・リーグ戦』ではヒールのアドリアン・アドニスと組まされたため、本領を発揮することができなかった。1983年5月には北米代表としてIWGPリーグ戦の第1回大会に来日したが、家族の不幸のため試合を行うことなく緊急帰国している。

その間、本国ではモントリオール地区の "Lutte Internationale" (インターナショナル・レスリング)を主戦場に、プロモーター兼任のエース選手として活動。メインタイトルのカナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座をビル・ロビンソン、リック・マーテル、ミシェル・デュボア、セーラー・ホワイト、キング・トンガらと争い、1985年まで計6回に渡って同王座を獲得した。1985年にはモントリオール地区への進出を図っていたWWFより、WWFカナディアン・チャンピオンに認定される。1986年、WWFのプロモートによりモントリオールでのハルク・ホーガンとのシングルマッチが予定されていたが、同地におけるブラボーの人気にホーガンがヒール扱いされてしまうことを危惧したWWF側の判断で、直前にマッチメイクが変更されるという事態も起こった。

1987年、WWFと再契約。ブルータス・ビーフケーキと仲間割れしたグレッグ・バレンタインの新パートナーとなり、イタリア人でありながら髪をブロンドに染め、フレンチ・カナディアンとしてのアイデンティティを強調したヒールに変身する。1988年にはカナディアン・ストロンゲスト・マンを名乗り、フレンチ・マーチンをマネージャーにジム・ドゥガンとアメリカ対カナダの抗争を開始。1989年からはジミー・ハートを新マネージャーに迎え、アースクエイクとのカナディアン・コンビでハルク・ホーガンやアルティメット・ウォリアー、ビッグ・ボスマン、タグボートらと抗争した。

1992年にWWFを離れて引退。その後は若手レスラーの指導にも携わっていたが、1993年3月11日、違法タバコの密輸に絡むトラブルのため、モントリオールの自宅で犯罪組織に射殺されて死去。43歳没。

獲得タイトル

Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座:6回
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座:1回(w / トニー・パリシ)
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / ビクター・リベラ)
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:2回(w / ミスター・レスリング、タイガー・コンウェイ・ジュニア)
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):1回(w / ミスター・レスリング)
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座:2回
WWWF / WWF
  • WWWF世界タッグ王座:1回(w / ドミニク・デヌーチ)
  • WWFカナディアン王座:1回

 etc.



曹駿
1990/8/6

そう しゅんは日本のプロレスラーである。本名は曹駿(ツァオ ジュン)。中国上海市出身。全日本プロレス所属。全日本、新日本、ノアのいわゆるメジャー3団体の中では初の中国人レスラーとなる。

経歴

父親が横浜中華街で仕事をしていた関係で、2001年に来日。中学、高校で6年間柔道部に所属し、初段を取得。神奈川・武相高等学校3年時には団体戦で県大会3位の成績を残した。中学時代にプロレスを観戦し武藤敬司に憧れを抱く。

2009年6月に武藤率いる全日本プロレス入団。武藤からは「体も大きいし日本語も堪能。しっかり教えて『中国の力道山』のようなレスラーに育てたい」と大きな期待を寄せ、トレーナーのカズ・ハヤシからは「体の割にシャープに動ける。身体能力はあるので、努力次第では1年以内のデビューも可能だと思う」と評価されていた。

2010/4/19、約10ヵ月の練習生期間を経て横浜赤レンガ倉庫1号館にて、同じく大型レスラーの河野真幸を相手にデビュー戦を行った。(結果は逆エビ固めで敗北)

5/16、同年にデビューした先輩の中之上靖文とシングルで対戦。結果デビュー1ヶ月弱で初勝利をもぎ取った。しかし、5/21熊本大会の試合前、右橈骨骨折で全治六ヶ月と診断されてしまい、長期欠場を余儀なくされる。

2011/7/9、埼玉久喜大会で、およそ1年2ヶ月ぶりに復帰予定。

人物

  • 先輩の真田聖也と仲が良いようで真田のブログにたまに取り上げられる。また彼からは「ニーハオ」と呼ばれている。
  • 腕に入れ墨を入れている。

入場曲

  • sousyun


プロレス/格闘技 関連ショップ
LASTHOBBY


 ↑ トップへヤフーオークション



今日のプロレス 興行日程
[今後の興行]
お近くの人は是非見に行きましょう!

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON スポーツのベストセラー
AMAZON SPORTS EQUIPMENT

団体 会場 / 時間
新日本
愛知県体育館 18:00

G1 CLIMAX 公式戦
棚橋弘至 vs ランス・アーチャー
ジャイアント・バーナード vs 高山善廣
内藤哲也 vs 矢野通
天山広吉 vs 鈴木みのる
真壁刀義 vs ヒデオ・サイトー
MVP/小島聡vsTAKAみちのく/タイチ
井上亘 vs 中邑真輔
永田裕志 vs 高橋裕二郎
カール・アンダーソン vs ストロングマン
後藤洋央紀 vs ラ・ソンブラ

ノア
プロレスリング・ノア旗揚げ記念日
東京 ・ディファ有明 17:00

GHCヘビー級選手権試合
潮崎豪 vs 秋山準

鈴木鼓太郎、青木篤志、石森太二 vs 金丸義信、KENTA、平柳玄藩

小橋建太・復帰第二戦タッグマッチ
小橋建太、谷口周平 vs 杉浦貴、モハメドヨネ

森嶋猛 vs 齋藤彰俊
佐野巧真 vs 土方隆司
田上明、志賀賢太郎 vs 井上雅央、リッキー・マルビン
小川良成 vs ザック・セイバーJr.

ドラゴンゲート
大阪府立体育会館・第2競技場 18:30

トーナメント2回戦 Aブロック
谷嵜なおき/Kzyvs望月/YAMATO-堀口/斎藤了の勝者組

トーナメント2回戦 Aブロック
フジイ/若手選抜選手-土井、神田の勝者組vsGamma、リッチ・スワン

トーナメント2回戦 Bブロック
スペル・シーサー/KAGETORAvsハルク、戸澤-新井/岩佐の勝者組

トーナメント2回戦 Bブロック
サイバー、トマホーク-鷹木、横須賀の勝者組vs吉野正人、ドラゴン・キッド

ゼロワン
埼玉・イオン北戸田店特設リング 14:00

火祭りAブロック
大谷晋二郎vs柿沼謙太

みちのく
山形・最上町「住まいる館マルトク」前特設会場 17:00
みちのくプロレス

【参加予定選手】 
拳王、気仙沼二郎、野橋太郎、日向寺塁、佐々木大地、ダイナマイト東北、オオガマックス(限定出場)他
大柳錦也が特別登場

K-DOJO
STRONGEST-K 2011
千葉・Blue Field 18:30

STRONGEST-K 2011 Aブロック
火野裕士vsHIROKI
滝澤大志vsヒロ・トウナイ
梶トマトvsダンディ拓也

STRONGEST-K 2011 Bブロック
真霜拳號vsKAZMA
旭志織vs稲松三郎
マリーンズマスクvs関根龍一

大阪プロ 大阪ミナミ・ムーブ・オン・アリーナ 13:00
アイスリボン
アイスリボン312
埼玉・イサミレッスル武闘館 18:00

インターナショナルリボンタッグ選手権試合
【王者】大石真翔/趙雲子龍vs星ハム子/宮城もち

藤本つかさ/志田光vsさくらえみ/真琴
つくしvs都宮ちい
成宮真希/長野ドラミvsくるみ/みなみ飛香

UFC
UFC 133
フィラデルフィア ウェルズ・ファーゴ・センター
UFC 133

ラシャド・エヴァンスvsティト・オーティズ
ビクトー・ベウフォートvs秋山成勲
デニス・ホールマンvsブライアン・エバーソール
ホルヘ・リベラvsコンスタンティノス・フィリップ
ローリー・マクドナルドvsマイク・パイル
マット・ハミルvsアレクサンダー・グスタフソン
チャド・メンデスvsハニ・ヤヒーラ
アイヴァン・メンジバーvsニック・ペース
ジョニー・ヘンドリックスvsマイク・ピアース
マイク・ブラウンvsナム・ファン
ハファエル・ナタルvsポール・ブラッドリー

 

AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



試合結果


◆新日本

▽G1クライマックス公式戦Aブロック
○内藤哲也(2点)[14分5秒 片エビ固め]×矢野通(2点)
▽同Aブロック
○高山善広(4点)[9分36秒 高角度原爆固め]×バーナード(6点)
○棚橋弘至(4点)[11分43秒 片エビ固め]×アーチャー(4点)

◆ノア

モハメドヨネ、○杉浦貴[28分34秒 体固め]×谷口周平、小橋建太
平柳玄藩、KENTA、○金丸義信[16分27秒 片エビ固め]×石森太二、青木篤志、鈴木鼓太郎
▽GHCヘビー級選手権試合
○潮崎豪(王者)[33分6秒 片エビ固め]×秋山準(挑戦者)

◆ドラゴンゲート

▽サマー・アドベンチャー・タッグトーナメント2回戦
○神田裕之、土井成樹[12分2秒 体固め]×スワン、Gamma
YAMATO、○望月成晃[13分1秒 片エビ固め]×Kzy、谷崎なおき
戸沢陽、○B×Bハルク[12分38秒 踏みつけ式体固め]KAGETORA、×スペル・シーサー
○ドラゴン・キッド、吉野正人[21分6秒 ウルトラウラカンラナ]×横須賀享、鷹木信悟

◆ゼロワン

橋本大地、プリモ、○崔領二[15分 エビ固め]×横山佳和、植田使徒、佐藤耕平
▽火祭りAブロック
○大谷晋二郎(4点)[10分19秒 エビ固め]×柿沼謙太(0点)

◆大日本

○ボーンズ[6分38秒 エビ固め]×塚本拓海
岡林裕二、○関本大介[12分50秒 原爆固め]×大谷将司、ドレイスカー
▽安全第一 六角橋リアル工事現場デスマッチ
アブドーラ小林、宮本裕向、○伊東竜二[18分35秒 体固め]星野勘九郎、×沼沢邪鬼、葛西純

◆大阪プロ

▽3WAYマッチ
○えべっさん[9分25秒 戎風車固め]×くいしんぼう仮面
※もう1人は松山勘十郎
タダスケ、政宗、○秀吉[13分12秒 片エビ固め]×タコヤキーダー、アルティメット・スパイダーJr.、ブラックバファロー
小峠篤司、○ビリーケン・キッド[18分55秒 片エビ固め]原田大輔、×タイガースマスク

◆K-DOJO

▽STRONGEST―K2011公式戦Bブロック
○旭志織(2点)[11分13秒 エビ固め]×稲松三郎(2点)
▽同Aブロック
○火野裕士(2点)[4分41秒 世界一の原爆固め]×HIROKI(0点)
▽同Bブロック
○真霜拳號(4点)[15分45秒 片エビ固め]×KAZAMA(0点)

◆アイスリボン

○つくし[7分12秒 猛虎原爆固め]×都宮ちい
○真琴、さくらえみ[14分45秒 片エビ固め]志田光、×藤本つかさ
▽インターナショナルリボンタッグ選手権試合
○宮城もち、星ハム子(挑戦者組)[13分42秒 体固め]×趙雲子龍、大石真翔(王者組)

◆UFC133

○ラシャド・エヴァンス(2R4分48秒TKO)×ティト・オーティズ
○ビクトー・ベウフォート(1R 1分52秒TKO)×秋山成勲
×デニス・ホールマン(1R4分28秒TKO)○ブライアン・エバーソール
×ホルヘ・リベラ(判定2-1)○コンスタンティノス・フィリップ
○ローリー・マクドナルド(1R TKO)]×マイク・パイル
×マット・ハミル(TKO 2R3分34秒)○アレクサンダー・グスタフソン
○チャド・メンデス(判定3-0)×ハニ・ヤヒーラ
○アイヴァン・メンジバー(判定3-0)×ニック・ペース
○ジョニー・ヘンドリックス(判定2-1)×マイク・ピアース
○マイク・ブラウン(判定3-0) ×ナム・ファン
○ハファエル・ナタウ( 判定3-0)×ポール・ブラッドリー

  


 ↑ トップへヤフーオークション
 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system