本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販



 
プロレスレンタル、借りるなら


クリックで簡単検索!
ヤフオクで今、売れている
プロレス商品は何?

yahooオークション

プロレス/格闘技グッズが充実!
バックドロップ


プロレス/格闘技グッズが充実!
マシュマロモンスター


楽天 プロレス関連商品
AMAZON

プロレス/格闘技グッズが充実!
バトルロイヤル

 
 
 2011/1/1

プロレス/格闘技 ニュース

Sportsnavi 年越しプロレスに約100選手が聖地に集結
34団体参加ランブルではWWEが優勝!?
NEO解散、栗原あゆみが2冠王を戴冠
【写真】NEO女子プロレス10年の歴史に幕
WWEジョン・シナ、ネクサスと最終決着へ
自演乙が青木KO、石井勝利もブーイング
【写真】「K-1なめんな!」自演乙が戦慄ヒザ!
猪木劇場にあの安田が乱入、そして爆死!?
青木撃破の自演乙「ありえへん。びっくり」
サップが戦意喪失でドタキャン=Dynamite!!
五味、エドガーほかUFC125計量動画を配信
MMA2011は五味×グイダでスタート=UFC
元日大会に出場! 五味がUFC本戦参戦
五味、UFCの“名勝負男”と対戦=見どころ
エース岡見が元日決戦挑む五味にエール
nikkansports.com
スポニチ
東スポ
デイリースポーツ
スポーツ報知
格闘技WEBマガジンGBR
リアルライブ
10年目の大晦日に行われた『Dynamite!!』で猪木が安田と共に爆破!?自演乙が総合ルールで青木に秒殺勝利する大番狂わせ!
 バトル・ニュース  
 
 


 
 

今日のYouTube追加動画

 
K-1
西浦"ウィッキー"聡生の試合後インタビュー
笹原圭一イベントプロデューサー総括
高谷裕之の試合後インタビュー
ビビア-ーノ・フェルナンデスの試合後インタビュー
川尻達也の試合後インタビュー
ジョシ-ュ・トムソンの試合後インタビュー
大和哲也の試合後インタビュー
桜井"マッハ"速人の試合後インタビュー
ジェイソン・ハイの試合後インタビュー
マリウ-ス・ザロムスキーの試合後インタビュー

東スポ
新年のご挨拶 範田紗々(元SOD Star女優)
新年のご挨拶 原紗央莉(SOD Star女優)
新年のご挨拶 風間ルミ
新年のご挨拶 羽田あい(SOD Star女優)
新年のご挨拶 小向美奈子
新年のご挨拶 Nina(ニーナ)
新年のご挨拶 周防ゆきこ
新年のご挨拶 SARAH(サラ)

AJW
1995/10/10
後楽園ホール

タッグリーグ・ザ・ベスト'95
北斗晶/下田美馬vs山田敏代/三田英津子

1995/12/10
後楽園ホール

タッグリーグ・ザ・ベスト'95
吉田万里子/玉田りえvs長谷川咲恵/府川由美
豊田真奈美/伊藤薫vs長谷川咲恵/吉田万里子
アジャ・コング/井上貴子vs井上京子/渡辺智子

NJPW
2009/7/20
月寒アルファ

CIRCUIT 2009 NEW JAPAN SOUL
IWGP
棚橋弘至vs杉浦貴

NJPW
2009/5/6
後楽園ホール

DISSIDENCE
IWGP
棚橋弘至vs中西学

NJPW
2009/5/3
福岡国際センター

WRESTLING DONTAKU 2009
IWGP
棚橋弘至vs後藤洋央紀

NJPW
2008/10/13
両国国技館

DESTRUCTION '08
IWGP
武藤敬司vs中邑真輔

NJPW
2008/7/21
月寒グリーン
ドーム

CIRCUIT 2008 NEW JAPAN SOUL ~NOVELLO SPARKS~
IWGP
棚橋弘至vs後藤洋央紀

IWGP Jr.
獣神サンダー・ライガー/エル・サムライvs稔/プリンス・デビッド

CMLL
2009/10/23
Arena Mexico

NWAミッドウエイト
Volador Jr. vs. Averno

 
 


 
 

動画で紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?



1982/1/1 後楽園ホール

タイガーマスクvsダイナマイト・キッド

~猛虎伝説~
Vol.1
初代タイガーマスク(佐山聡)~猛虎伝説~1



収録
The Revival
Vol.12
ザ・ゴールデンアワー
ワールドプロレスリング ザ・ゴールデンアワー

アントニオ猪木vsローランド・ボック

アントニオ猪木全集 11
闘魂ロードⅡ
~未知の強豪達との
激闘~
アントニオ猪木大全集 12


飛龍十番勝負
藤波辰巳vsボブ・バックランド
長州力vsアニマル浜口

藤原喜明vsカール・ゴッチ
秘蔵名勝負編
秘蔵名勝負編



G+ プロレスクラッシック#87
1986/1/1 後楽園ホール

異種格闘技戦?
長州力vsトム・マギー


タイガーマスク /石川敬士vs小林邦昭 /仲野信市
ザ・ロシアンズ vs 谷津嘉章/寺西勇

 ↑ トップへ
 
   


 
 

DVD/ビデオの紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?


 
   
1979年-1982年
新日本プロレス全史 2

1982/1/1


藤波がヘビー転向、試練の飛龍十番勝負に挑戦

第1戦 1982/1/1 後楽園ホール ボブ・バックランド ×
第2戦 1982/3/2 後楽園ホール ハルク・ホーガン ×
第3戦 1982/4/21 蔵前国技館 アブドーラ・ザ・ブッチャー ×
第4戦 1982/6/8 蔵前国技館 エル・カネック
第5戦 1982/7/6 大阪府立体育会館 ディック・マードック
第6戦 1982/8/5 蔵前国技館 ボブ・バックランド ×

なぜか6戦で終了

 ↑ トップへ
 
 


 
 

番外編
プロレス/格闘技今日は何の日?


ZERO1-MAX
2008/1/1
後楽園ホール

中西と大森がリング上で大喧嘩し、タッグを解消した。

ZERO1
2009/1/1
後楽園ホール

ZERO1-MAXからZERO1に団体名を変更

Hikaruがリング上で新日本プロレスの金本浩二との結婚を発表し、1/13に入籍した。

ユニオンプロレス
2009/1/1

諸橋 晴也がユニオンに移籍。

大阪プロレス
2009/1/1
デルフィン・アリーナ

大阪プロレスタッグ王座
ツバサ&アジアン・クーガーvsタイガースマスク&ブラックバファロー

ZERO1
2009/1/1
後楽園ホール

ニューイヤースペシャルマッチ
大谷 晋二郎/高岩竜一/金本浩二vs田中将斗/邪道/外道

ニューイヤービッグファイト
佐藤 耕平vs中西学

One Day Bond
日高郁人/藤田 ミノルvs稔/澤宗紀

SUN ファイナルカウントダウン for SMILE
前村さき/植松 寿絵vsHikaru/KAORU

浪口修/斎藤 謙vs菅原拓也(ソウルコネクション)/小幡優作
KAMIKAZEvs植田使徒

ZERO1
2010/1/1
後楽園ホール

ZERO1 WRESTLER’S 8
~New Year Gigs!~

New Year Big Bang!
大谷晋二郎/曙vs崔領二/佐藤耕平

世界ヘビー級選手権試合
川田 利明vs関本 大介(大日本)

Jr. New Year Greetings!
~Generation Special~
日高郁人/望月成晃(ドラゴンゲート)vs
澤宗紀(バトラーツ/フジタ“Jr.”ハヤト(みちのく・九龍)

田中 将斗/金村キンタローvsMr.X/Mr.XX
KAMIKAZEvs不動力也
植田 使徒/斎藤謙vs高西翔太/柿沼謙太

 ↑ トップへ
 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演


テレ朝 12:00 
志村&所の戦うお正月13
北斗晶

 
フジテレビ 15:20 
新春鶴瓶大新年会
起田高志、宮原健斗

TBS 18:00
THE ULTRAMAN DASH
高田延彦

サムライTV  21:00
ZERO1「2011プロレス初め」
2011/1/1 後楽園ホール

<世界ヘビー級選手権試合>
●関本大介(王者/大日本プロレス)
×日高郁人(インターJr. ヘビー級王者)
<元旦スペシャル6人タッグマッチ>
●大谷晋二郎&曙&高山善廣
×田中将斗&佐藤耕平&崔領二
●10周年記念3.6両国大会主要カード発表!
<NWAインターライトタッグ選手権試合>
●怪人ハブ男&菅原拓也(王者組)
×澤宗紀&佐藤光留(SEX-MEN)
<柿沼謙太復帰戦>
●FUNAKI&柿沼謙太×KAMIKAZE&不動力也
<ZERO1vs大日本>
●植田使徒&斎藤謙
×岡林裕二&塚本拓海(大日本プロレス)

4:00
全日本プロレス
「2010新春シャイニング・シリーズ」
2010/1/3 後楽園ホール

<ジュニア・ヘビー級バトルロイヤル>
<世界タッグ選手権>
●(王者)太陽ケア&鈴木みのる×武藤敬司&船木誠勝(挑戦者)
●小島聡&近藤修司&征矢学×TARU&ジョー・ドーリング&稔
●曙&浜亮太&カズ・ハヤシ×ゾディアック&KAI&大和ヒロシ
●諏訪魔&河野真幸×西村修&真田聖也
●NOSAWA論外×レネ・デュプリ
●渕正信×中之上靖文

6:00
健介オフィス
「Take The Dream 2010 in 後楽園」
2010/2/11後楽園ホール

<シングルマッチ>
●佐々木健介×村上和成(BML)
<シングルマッチ>
●中嶋勝彦×丸藤正道(NOAH)
<6人タッグマッチ>
●森嶋猛(NOAH)&宮原健斗&大原はじめ
×吉江豊&ベアー福田&豪
<シングルマッチ>
●梶原慧×ウルティモ・ドラゴン(闘龍門)
<シングルマッチ>
●起田高志×南野タケシ(フリー)
<タッグマッチ>
●なまずマン&なまずマン
×志賀賢太郎&CHANGO

8:00
アントニオ猪木デビュー50周年記念大会
IGFプロレスリング「GENOME 11」
2010/2/22 JCBホール

●小川直也&澤田敦士
×佐々木健介&中嶋勝彦
●ジョシュ・バーネット×ボブ・サップ
●高山善廣×ザ・プレデター
●藤波辰爾&木戸修
×初代タイガーマスク&藤原喜明
●アントニオ猪木、「道」を熱唱!
●ミノワマン×ネクロ・ブッチャー
●エリック・ハマー×ダニエル・ピューダー
●ウルティモ・ドラゴン×TJ
●佐藤光留×タカ・クノウ
●定アキラ×澤宗紀

10:00
DDTドラマティックFANTASIA#265
「Judgement 2010」
2010/3/14 後楽園ホール(1)

<KO-D無差別級選手権>
●(王者)関本大介×高木三四郎(挑戦者)
<15人参加次期KO-D無差別級挑戦者決定及びいつでもどこでも挑戦権ほか争奪時間差バトルロイヤル>
●参加選手:KUDO、ヤス・ウラノ、大鷲透、安部行洋、男色ディーノ、マサ高梨、佐藤光留、フランチェスコ・トーゴー、アントーニオ本多、ササキ・アンド・ガッバーナ、ヤゴー・アズナブル、アブ・ノーマル、大家健、澤宗紀、中澤マイケル

11:00
DDTドラマティックFANTASIA #266
「Judgement 2010」
2010/3/14 後楽園ホール(2)

●HARASHIMA×真壁刀義
<タイガー戸口チャレンジ〜2vs3ハンディキャップマッチ>
●タイガー戸口&星誕期×松永智充&伊橋剛太&高尾蒼馬
<14周年メモリアルマッチ>
●MIKAMI&「昭和」&「昭和」子×ポイズン澤田JULIE&エキサイティング吉田&宮崎有妃
<平田一喜デビュー戦〜アイアンマンヘビーメタル級選手権>
●(王者)平田一喜×石井慧介(挑戦者)

12:00
リアルジャパンプロレス
「OVERHEAT」
2010/3/18 後楽園ホール

<メインイベント>
●初代タイガーマスク×天龍源一郎
<セミファイナル>
●藤波辰爾&ウルティモ・ドラゴン
×長州力&ザ・グレート・サスケ
<レジェンドチャンピオンシップ>
●アレクサンダー大塚(王者)×佐藤光留
●折原昌夫×タイガー・シャーク
●石川雄規&長井満也
×スーパー・タイガー&関本大介
●S・ライダー&G浜田&斎藤彰文
×B・シャドー&K・ナカザキ&間下隼人

14:00
大日本プロレス設立15周年記念横浜大会
2010/5/4 横浜文化体育館

<BJW認定デスマッチヘビー級選手権/金網蛍光灯200本デスマッチ>●(王者)宮本裕向×伊東竜二(挑戦者)
●天龍源一郎&岡林裕二×関本大介&佐々木義人
<デスマッチ>●葛西純&ニック・ゲージ&DJハイドד黒天使”沼澤邪鬼&竹田誠志&木高イサミ
●シャドウWX&ジ・ウインガー&藤田ミノル×TAJIRI&山川竜司&谷口裕一
<ハードコアマッチ>●ネクロ・ブッチャー&佐々木貴&清水基嗣×アブドーラ・小林&石川修司&星野勘九郎
●KAMIKAZE&松崎和彦&茂木正淑×MEN'Sテイオー&橋本和樹&塚本拓海
●マルセラ&亜利弥’&豊田真奈美×アジャ・コング&GAMI&闘牛・空

17;00
みちのくプロレス
「ザ・グレート・サスケ20周年記念大会」
2010/6/11 後楽園ホール

<ザ・グレート・サスケ20周年特別記念試合>
●ザ・グレート・サスケ&ディック東郷×TAKAみちのく&FUNAKI
●拳王&新崎人生&日向寺塁×フジタ“Jr.”ハヤト&ウルティモ・ドラゴン&野橋太郎
<ザ・グレート・サスケプロデュース特別試合〜岩手県人集まれ!県人だけの6人タッグ>
●佐々木大地&伊東竜二&HIROKI×エル・サムライ&佐々木貴&房総ボーイ雷斗
●ヤッペーマン1号&2号&剣舞×南野タケシ&大間まぐ狼&ken45°
●気仙沼二郎&大柳錦也×佐藤秀&佐藤恵
●ラッセ×佐々木大輔

19:00
NOAH
NEW DEPARTURE 2010」
2010/8/28 後楽園ホール

<対戦カード>
<GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権>
●金本浩二&タイガーマスク×金丸義信&平柳玄藩
<鈴木鼓太郎復帰戦>
●鈴木鼓太郎×KENTA
<スペシャルタッグマッチ>
●杉浦貴&谷口周平×森嶋猛&潮崎豪
●秋山準&齋藤彰俊&青木篤志×佐々木健介&中嶋勝彦&宮原健斗
●高山善廣&佐野巧真×モハメドヨネ&井上雅央

24:00
新日本プロレス
「Circuit2010 G1 CLIMAX SPECIAL」
開幕戦 2010/9/3 後楽園ホール

<IWGP Jr.ヘビー級選手権>
●プリンス・デヴィット×ケニー・オメガ
<スペシャル6人タッグマッチ>
●真壁刀義&棚橋弘至&後藤洋央紀
×中邑真輔&矢野通&田中将斗
<スペシャルタッグマッチ>
●永田裕志&井上亘×高橋裕二郎&内藤哲也
●本間朋晃×小島聡(G1'10優勝者/フリー)
●バーナード&アンダーソン×飯塚&石井
●金本&タイガーマスク&田口
×D・リチャーズ&外道&邪道
●長州&タイチ&平澤×中西&タマ&ファレ

26:00
SMASH
「SMASH.10」
2010/11/22 JCBホール

<FCFチャンピオンシップ>
●(王者)スターバック×TAJIRI(挑戦者)
<ハードコアマッチ>
●KUSHIDA&木高イサミ&スペル・クレイジー×大原はじめ&ヘイモ・ユーコンセルカ&ジェシカ・ラブ
●朱里&華名×さくらえみ&米山香織
<ハンディキャップマッチ>●リン・バイロン×キム・ナンプン&レザーフェイス
●小路晃×矢郷良明
<ワールド・レジェンド・リバイバル>
●ルーク・ウィリアムス×児玉ユースケ
●スカリーIIホッティ&AKIRA&KAORU&野崎渚×ヌンジオ&TAKAみちのく&植松寿絵&中川ともか
●Mentallo×獣神サンダー・ライガー
●大森隆男×ビヨンセン

 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のバースデイ / 忌日


駿河海 光夫
1920/1/1 - 
2010/11/24 

出羽海部屋所属の元大相撲力士、日本プロレス所属の元プロレスラー。大相撲時代は、身長186cm、体重98kg、最高位は東前頭14枚目。プロレスラー時代のリングネームは駿河海、身長186cm、体重105kg。本名は杉山光男。

来歴

静岡県静岡市出身。出生地は現在の駿河区。

天竜三郎一派の関西角力協会に入門したが番付掲載2場所ほどの1937年12月に解散となったため、日本相撲協会に復帰者とともに新規加入して、1938年1月場所に出羽海部屋所属より葵龍(あおいりゅう)という四股名で幕下付出で初登場した。

1939年5月場所より駿河海と改名してから順調に出世し、新十両の1942年1月場所に十両優勝、翌5月場所でも2場所連続十両優勝して1943年1月場所で新入幕を果たした。十両時代には、東富士(後に第40代横綱)、汐ノ海(後に大関)とともに大いに将来を嘱望されていた。汐ノ海のニックネーム「赤鬼」に対して、「青鬼」のニックネームで周囲から好一対と評された。組んでもよし離れてもよしの取り口で、突っ張って左四つ吊りに威力を発揮したが新入幕の場所に膝を怪我してしまい、その後は一度も勝ち越すことができずに1945年11月場所限りにて25歳の若さで廃業した。

大相撲時代の幕内通算成績は、在位4場所で、13勝19敗1分14休であった。

大相撲廃業後は1953年に力道山を頼ってプロレスに転向し、1956年には重量別日本選手権大会に出場して初代日本ジュニア・ヘビー級王者となった。その後、力道山との権力闘争に嫌気がさして引退した東富士とともにプロレス界を引退した。

2010/11/24、腸閉塞により、入院先の病院で死去。享年90歳。


アブドーラ・ザ・ブッチャー
Abdullah The Butcher
1936/1/1(?)

カナダ・オンタリオ州ウィンザー出身のプロレスラー。本名はローレンス・ポール・シュリーブLawrence Paul Shreve)、一般にはラリー・シュリーブLarry Shreve)。ニックネームは「黒い呪術師」。入場テーマ曲はピンク・フロイドの『吹けよ風、呼べよ嵐』。

プロレス界を代表する悪役レスラーの一人。来日回数は140を超えており、歴代外国人レスラー最多である。

生年月日は長らく1936/1/1とされており、ジャイアント馬場も「ブッチャーは自分より年上だ」と語っていたが、実際は1941/1/11。親日家としても知られ、現夫人は日本人と韓国人のハーフである。

来歴
ネイティブ・アメリカンの父とアフリカ系アメリカ人の母の間に生まれる(専門誌やプロレス団体のパンフレットではスーダン出身と自称している。実際には母方の祖父がスーダンに住んでいたことがあるだけ)。少年時代は柔道と空手に熱中した。
1961年、デトロイト地区のプロモーターであったジャック・ブリットにスカウトされデビュー。デビュー当時は「プッシーキャット・パイキンス」、「ゼーラス・アマーラ」などを名乗っていたほか、現在の「アブドーラ・ザ・ブッチャー」に落ち着くまで何回かリングネームを変えている。また、海外武者修行中のサンダー杉山ともしばしばタッグを組んだ。
1960年代はカナダ各地を主戦場に、バンクーバーではドクター・ジェリー・グラハムと組んで1967年にクリス&ジョン・トロスからNWA世界タッグ王座(バンクーバー版)を獲得し、10月から11月にかけてはジン・キニスキーのNWA世界ヘビー級王座に連続挑戦。モントリオールでは1969年にイワン・コロフからIWAインターナショナル・ヘビー級王座を奪取している。1970年にはスチュ・ハートの主宰するカルガリーのスタンピード・レスリングでビル・ロビンソンと北米ヘビー級王座を争った。
1970年代前半はアメリカの五大湖地区を拠点に活動。1972/6/24には、オハイオ州アクロンにてアーニー・ラッドを破りNWF世界ヘビー級王座を獲得。ザ・シークの牛耳るデトロイトでは、ボボ・ブラジルを相手にNWA世界タッグ王座やUSヘビー級王座を巡る抗争を展開した。
南半球にも遠征し、1973年11月にはオーストラリアにおいてNWA世界ヘビー級王座に挑戦。王者ジャック・ブリスコからフォールを奪うも、ラフファイトが反則とみなされ王座は剥奪、幻の戴冠となった。ニュージーランドでは、1974/3/12にジョン・ダ・シルヴァを破り英連邦ヘビー級王座を獲得している。
1970年代半ばからは日本を主戦場としつつ、現在のホームタウンであるアメリカ南部のジョージア地区に進出、ジム・バーネットが主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングのトップ・ヒールとなり、1975/2/21にはロッキー・ジョンソンからNWAジョージア・ヘビー級王座を[11]、1977/2/11にはトニー・アトラスから同TV王座をそれぞれ奪取した。
1980年代は日本遠征の合間を縫って、エディ・グラハム主宰のフロリダ地区やジム・クロケット・ジュニア主宰のミッドアトランティック地区など当時のNWAの主要テリトリーにも特別参戦。フロリダではダスティ・ローデス、ワフー・マクダニエル、ブラックジャック・マリガンらと遺恨試合を展開した。ミッドアトランティックでは1983/11/24の『スターケード』、1985/7/6の『グレート・アメリカン・バッシュ』、それぞれの第1回大会に出場している。
また、この時期には日本参戦と並行してプエルトリコのWWCにも頻繁に遠征。同地の英雄カルロス・コロンやブルーザー・ブロディらと血の抗争を繰り広げた。ブロディ最後の対戦相手はブッチャーである。
1991年にはWCWに登場。同年10/27の『ハロウィン・ヘイボック91』における「チェンバー・オブ・ホラー金網電気椅子デスマッチ」(スティング、リック・スタイナー、スコット・スタイナー、エル・ヒガンテ組VSベイダー、ブッチャー、カクタス・ジャック、ダイヤモンド・スタッド組)では敗者となり、全身に電流を流された。
2008年12月にプエルトリコ、2009年4月にはカナダで引退試合を行った。ただし、それぞれ地域限定での引退であり、本人は「日本では生涯現役」と語っている。

日本での活躍
日本プロレス参戦期(1970-1972年)
1970年、日本プロレスの8月興行『サマーシリーズ』で初来日。日本ではほぼ無名の存在であったが、開幕戦のBI砲とのタッグ戦でジャイアント馬場からピンフォールを奪い、東京スタジアム大会での馬場との初シングルでは、それまでにない桁外れの場外戦を繰り広げるなど、シリーズが進むにつれて人気が沸騰。最終戦ではシリーズのエースであったカール・ハイジンガーに代わって、馬場の持つインターナショナル・ヘビー級王座に挑戦した。
その後1971年、1972年と2年連続『ワールドリーグ戦』にアフリカ代表として参戦、1971年大会では優勝決定戦に進出するなど、一躍大物の仲間入りを果たした。

全日本プロレス参戦期(1972-1981年)
1972年にジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げすると、同団体の常連となり、悪役として馬場やジャンボ鶴田、ザ・デストロイヤー、ザ・ファンクスをはじめとする強豪レスラーたちと幾多の抗争を繰り広げた。
馬場との対戦は全日本プロレスのドル箱カードとなり、その抗争は延べ20年の長きに渡った。PWFヘビー級王座、インターナショナル・タッグ王座などをめぐり、数々の死闘を重ねた。ブッチャー自身、「馬場との闘いはすべてが記憶に残っていて、すべてに満足している」「馬場というライバルがいたからこそ、私は日本の観客がなにを望んでいるか理解でき、彼らを喜ばすための技術を向上させることができた」と語っている。
1972年、デストロイヤーが日本陣営に加わると、彼との抗争を開始。初期の全日本プロレスを支える人気カードとなった。1974年の『第2回チャンピオン・カーニバル』では、3回の再試合が行われたが決着がつかず、両者失格。USヘビー級王座をめぐる一連の闘いは、お互いに隠し持った凶器で攻撃する凄惨なものとなり、足4の字固めを狙うデストロイヤーに対し火炎攻撃を繰り出したこともあった。
1975年12月の『オープン選手権』では、ハーリー・レイスの左肩を脱臼させ、途中棄権に追い込んだ。さらに翌日の「力道山十三回忌追善特別大試合」(日本武道館)では、「頭突き世界一決定戦」と題された大木金太郎戦[17]の試合前、欠場の挨拶をするレイスを急襲し因縁に火がつく形となった。1976年5月、『第4回チャンピオン・カーニバル』優勝決定戦で馬場を下し初優勝。このリーグ戦における大木とのシングルマッチ(日大講堂)にレイスが乱入、エキサイトのあまり会場を飛び出してのストリートファイトとなり結果、交通機関を麻痺させる騒ぎを起こし警察沙汰となった。川崎体育館で行われたレイスとの決着戦は、ブッチャーのキャリアの中でもトップクラスの大流血戦となり、ノーコンテストに終わった。
1977年の『世界オープンタッグ選手権』ではザ・シークとの「地上最凶悪コンビ」を実現させ、ザ・ファンクスと抗争を展開。12/15に蔵前国技館で行われたザ・ファンクスVSブッチャー・シーク組の最終戦は、とりわけ壮絶な試合展開となった。ブッチャーがテリー・ファンクの右腕に凶器のフォークを突き立て、テリーが兄ドリー・ファンク・ジュニアを救出すべく左ストレートを連打する場面は多くのファンに記憶されている。その模様が日本テレビの全日本プロレス中継(同年12月24日放送分)にて全国に中継されたために反響も大きかった。苦情や抗議の声も寄せられたという。しかし、日本のプロレス史の中でも名勝負として語られるほどの記念碑的な試合となった。
1978年10月にはビル・ロビンソンを破り、PWFヘビー級王座を奪取。馬場を相手に1度防衛に成功するが、翌年2月のシカゴにおける再戦で敗れ、馬場に奪還されている。
1979年5月、『第7回チャンピオン・カーニバル』優勝決定戦で鶴田を破り2度目の優勝[18]。同年8/26、新日本プロレスのトップヒールであったタイガー・ジェット・シンと組み、『プロレス夢のオールスター戦』(日本武道館)で馬場・猪木組と対戦した。同大会を挟んで行われた『ブラック・パワー・シリーズ』ではミル・マスカラスと抗争、執拗に覆面を剥ぎにかかるが、決着戦は両者リングアウトに終わっている。同シリーズで実現したボボ・ブラジルとの「黒人最強コンビ」は馬場、鶴田を苦しめたものの、最終戦で仲間割れした。同年10月にはレイ・キャンディとのコンビでインターナショナル・タッグ王座に就いている。
1979年12月、『世界最強タッグ決定リーグ戦』最終戦で、地獄突き誤爆に怒ったザ・シークの火炎攻撃を受け仲間割れ。以降は1970年代にカルガリー地区で流血の抗争を展開したキラー・トーア・カマタとコンビを組み、シークとは幾多の流血戦を繰り広げた。1980年、『第8回チャンピオン・カーニバル』ではレイ・キャンディとミステリアス・アサシンを配下に、テリー、ディック・スレーター、テッド・デビアスらファンク・ファミリーと軍団抗争を展開。同年10月には鶴田からUNヘビー級王座を奪取している。

新日本プロレス参戦期(1981-1985年)
1981年、新日本プロレスに移籍。新たにアントニオ猪木を標的とする。移籍の名目は「IWGP参戦」であったが、実際にリーグ戦にエントリーされることはなかった。
新日本ではバッドニュース・アレン、S・D・ジョーンズと「黒い恐怖軍団」を結成し、猪木や坂口征二らとの抗争を開始。タッグながら初代タイガーマスクとも対戦した。1982年1月の猪木とのシングルマッチはアレン乱入による反則負けに終わっている。猪木との試合はかみ合わないことも多く、その後はやや精彩を欠く存在となった。
1982年4月にはハルク・ホーガンとシングルで対戦、両者リングアウトに終わるも、強い印象を残した。さらにはワフー・マクダニエル、ダスティ・ローデス、ディック・マードックといった強豪レスラーとも対戦している。ラッシャー木村との共闘、仲間割れによる抗争アングルも組まれた。
この当時のことを新日の営業部長であった大塚直樹が回想しているが、「IWGPにエントリーさせなかったのは自分(大塚)の判断」(IWGPの次のシリーズの目玉外人にしたかったから)、「地方興行の際、タニマチとの宴会に嫌がらず参加してくれた」など、プロとしてフロントとの関係が良好であったことが明かされている。その証拠として、移籍時に交わした契約どおりのギャラが契約切れまできちんと支払われたと自著で述べている。

全日本プロレス復帰(1987-1996年)
1987年に全日本プロレス復帰。TNTとのコンビで『世界最強タッグ決定リーグ戦』に参戦した。ファンからは復帰を歓迎され、どの会場でもブッチャー人気が爆発して、全盛期であった1980年頃を彷彿させる大「ブッチャー」コールも起きるようになった。
1988年にはタイガー・ジェット・シンとの「凶悪タッグ」が復活。ブルーザー・ブロディ追悼試合ではスタン・ハンセンと対戦し、ブロディのチェーンで互いの額を叩き割る大流血戦となった。1990/9/30の「馬場デビュー30周年記念試合」においては馬場と初タッグを結成し、ハンセン、アンドレ・ザ・ジャイアント組と対戦。馬場の左大腿骨骨折からの復帰戦の相手も務めた。その後、鶴田とのタッグも実現した。
1990年代前半にはジャイアント・キマラとのタッグが定着。ベビーフェイスに転向し始め、空手パフォーマンスや試合後のお辞儀で人気を博す。馬場同様に第一線からは退いて「楽しいプロレス」を担当するようになり、前座で観客を暖める役割を担った。

インディペンデント団体参戦期(1996-2000年
1996年、東京プロレス(第二次)に突如移籍すると、かつての凶器攻撃、流血戦が復活。同団体では高田延彦との異次元対決が実現した。1997年には天龍源一郎率いるWARに参戦し、北尾光司と巨漢タッグを結成。1999年から戦場としたグレート小鹿の大日本プロレスでは、BJW認定デスマッチヘビー級王座を獲得した他、アブドーラ小林との師弟対決が話題となった。

現在(2001年-)
2001年の『ジャイアント馬場三回忌追悼興行』(東京ドーム)を機に、三度全日本に復帰。同大会ではキマラと組み、テリー・ファンク、大仁田厚組と対戦した。
武藤敬司社長体制になってからも参戦している。2002年にはテリーとのタッグが実現。2003年には武藤やボブ・サップらと「チームW-1」を結成し、RO&Dと闘った。自身と同じくプロレス・格闘技の枠を越えて人気者となったサップを非常に気に入っており、インタビュー等ではしばしば「私の息子だ」と語っている。WRESTLE-1では2度にわたりSATA...yarnこと佐竹雅昭と対戦し、いずれもフォール勝ち。2005年のW-1では中嶋勝彦からも勝利を奪い、健在ぶりを見せつけた。
2007/5/9にハッスルに参戦し、芸人RGと対戦して勝利。12月には『世界最強タッグ決定リーグ戦』に12年ぶりに参戦、鈴木みのるとタッグを組んだが、勝ち点8で優勝決定戦進出はならなかった。同期間中IWA・JAPAN にも出場、ミックスドマッチでダンプ松本とのタッグが実現した。2008/1/2の『新春シャイニングシリーズ』における恒例のバトルロイヤルでは優勝を果たしている。
2009/7/19、神戸ワールド記念ホールにて開催されたDRAGON GATEの『真夏の祭典』に登場、ハリウッド・ストーカー市川より2分34秒でピンフォールを奪った。7/26の『ハッスル・エイド2009』(両国国技館)でタイガー・ジェット・シンとのコンビを20年ぶりに復活させ、HG&RG組と対戦するも仲間割れ。7/30の遺恨決着戦(後楽園ホール)では、お互い1度もリングに上がることなく両者反則に終わった。
2010/1/4、新日本プロレス『レッスルキングダムIV IN 東京ドーム』に参戦。新日本マット登場は25年ぶり。矢野通、飯塚高史、石井智宏と組み、テリー・ファンク、長州力、蝶野正洋、中西学組と対戦。飯塚と仲間割れして地獄突きを見舞い、テリー組の勝利をアシストする形になった。2/11、『大阪ハリケーン2010』で大阪プロレスに初参戦、8人タッグマッチに出場した。3/22、DRAGON GATE『COMPIRATION GATE 2010』に出場し、オープン・ザ・トライアングルゲート選手権で曙と初対戦。望月成晃にフォール負けを喫した。7/11、DRAGON GATE『KOBEプロレスフェステイバル2010』では曙と初タッグを結成。お笑いサバイバル・ハンディキャップドリームマッチに出場した。同18日には東京愚連隊主催で来日40周年記念興行『BUTCHER FIESTA~血祭り2010~』を開催。鈴木みのると組み、藤原喜明、NOSAWA論外組と対戦した。

リング外での活躍
ヒールでありながら、愛嬌のある独特のキャラクターと憎めない風貌で絶大な人気を集め、CMにも起用された。
1979年、河口仁による漫画『愛しのボッチャー』が講談社『週刊少年マガジン』にて連載開始。悪役ながらドジで憎めないブッチャーならぬ「ボッチャー」が、「ジャイアント葉場」「アントニオ猪林」らとドタバタを繰り広げるプロレスギャグ漫画で、ブッチャー人気の火付け役となった。翌1980年には「サントリーレモン」のテレビコマーシャルに出演、モデルの影山真澄と共演した[19]。CMソング『レモンのキッス』(アパッチ)のレコードジャケットにも起用されている。さらにレコード『ザ・ブッチャー』をリリース。ブッチャーが叫び、『全日本プロレス中継』で実況を担当していた日本テレビの現役アナウンサー、倉持隆夫と松永二三男が歌声を披露する異色の内容であった。
1981年、東映映画『吼えろ鉄拳』に出演。真田広之と共演、用心棒・スパルタカスを演じた。翌年には著書『プロレスを10倍楽しく見る方法』『続・プロレスを10倍楽しく見る方法』(訳:ゴジン・カーン)を刊行。いずれもベストセラーとなった。
これら以外にも、多くのテレビ番組やCMに出演している。ブッチャー本人によると、家族を日本に連れてきたことがないため「日本では俺は人気者だ」と言っても全然信用されないという。
エピソード
日本のプロレス界に一大旋風を巻き起こした悪役レスラーの一人である。全盛期のファイトスタイルは、隠し持った凶器(フォークなど)で相手を流血させ、地獄突きなどの空手殺法から、「毒針エルボー」と表現されたエルボー・ドロップでとどめを刺すというもの。1980年前後はマンネリ防止のためか、クラッシャー・ブラックウェルから伝授された山嵐流バックドロップをフィニッシュに用いていたが、定着はしなかった。空手の有段者であり、ブッチャーが息を吐きながら空手の構えをすると喝采が起きた。
その強烈なインパクトから、当時ゲームやマンガにおいて悪役レスラーが登場する場合、ブッチャーをモデルとしたキャラクターになることが多かった。また、小?中学生の間で「ブッチャー!」と叫びながら地獄突きをする行為が流行り、当人が全盛期を過ぎてもその行為は根強く残った。そうした理由からか、日本での知名度は今なお幅広い層にわたる。
「全日本プロレス中継」や大会パンフレット等では、しばしば「知名度No1外国人レスラー」と紹介されていた。大日本プロレス参戦時には、社長のグレート小鹿が『週刊プロレス』誌上で「集客力があるから(ブッチャーを)呼ぶんです。特に地方での集客が違いますね」と語っている。
相手を流血させるだけでなく、自らもよく流血した。そのため額は傷を負いすぎて皮膚が弱くなり、少し頭をぶつけただけでも流血するようになってしまった。昔の逸話であるが、ホテルのラウンジでブッチャーが一人で佇んでいる時に他の客が入店し、ブッチャーの存在に気付くや「プロレスは八百長なんだよ」と連れに言い始め、その日本語が通じたかは不明だがブッチャーは飲んでいたグラスを握りしめ破損させ、自らその破片を額にあて流血させ更にその場で自分の流血の額を縫い始めたというエピソードがある。
ミスター高橋は自身の著書の中で「今日の試合は流血は無しだ」とあらかじめ伝えられていたにもかかわらず、ブッチャーがこっそり隠し持っていた何らかの道具(カッターナイフを加工した物ではないかと解説されている)で自らの額を切り裂き流血、試合を台無しになってしまった事が何度かあったというエピソードを語っている。これについて高橋は、当時のブッチャーは既に全盛期を過ぎており(新日移籍時で40歳)、その衰えを隠すための彼なりの苦心から出た行為ではなかったかと推測している。
WCWにてタッグを組んでいたミック・フォーリーによれば、ブッチャーは打ち合わせの内容を覚えないので、試合前に打ち合わせすることはなかったという。また、自分で持ち込んだ凶器を入れた場所すら忘れたこともあったとのこと。
私生活ではケチで有名なようで、かつて遠征先でタイガー・ジェット・シンが同部屋に泊まった際、シンが起きる前に宿泊費を払わずホテルを出てシンを激怒させたというエピソードがある。また、食事をおごれば気さくに話してくれるという一面もある。幼少時に貧困にあえぎ、多くの人にお金でだまされた経験による行動と言われている。
来日の際にはしばしば老人ホームへ慰問に訪れている。近年の日本向けインタビューでは「親をリスペクト(尊敬)しろ。親を尊敬しない人間の面倒など誰も見てくれないぞ」「日本人はアメリカ風になりすぎて古い日本の良さを忘れている」など、悪役らしからぬ真面目な発言もしている。
また、米国ジョージア州アトランタで「Abdullah the Butcher's House of Ribs and Chinese Food」というバーベキューレストランを経営するという一面も持つ。

ジャイアント馬場との関係
ジャイアント馬場との関係はブッチャーに言わせると「葉巻仲間」である。葉巻を嗜むレスラーが少ないため、話をできるのは馬場くらいだった。会った時にはお互い手持ちの葉巻を1本ずつ交換して吸っていたという。
また、馬場が死去する少し前に、「ジャイアント馬場が自分に何か語りかけてくるが、何を言っているのか分からず声をかけると目が覚める」という夢を何度も見たとのこと。入院したとは聞いていたので、心配からそういう夢を見るのかと思っていたが、死んだと聞いた時には本当に驚いたという。このことについては「俺が死んだら馬場に聞いてみるよ。『あの時何を言いたかったんだ?』って」とコメントしている。

岡田彰布との関係
ルーキー時代の阪神タイガース・岡田彰布(現オリックス・バファローズ監督)に対し「こいつは、絶対に大物になる」と賛辞を送り、食事を共にするなど交流があった。岡田の後援会・岡田会は当時、ブッチャーの後援会もしていた。岡田は現在でも恩を感じており、2005年の阪神リーグ優勝の際には祝勝会にブッチャーを招待するプランもあったが、実現はしなかった。

獲得タイトル

全日本プロレス
  • PWFヘビー級王座:1回
  • PWF USヘビー級王座:1回
  • PWF南半球ヘビー級王座:不明
  • UNヘビー級王座:1回
  • インターナショナル・タッグ王座:1回(w / レイ・キャンディ)
  • チャンピオン・カーニバル優勝:2回(1976年、1979年)
NWA
  • NWA USヘビー級王座(デトロイト版):1回
  • NWA世界タッグ王座(デトロイト版):1回(w / キラー・ブルックス)
  • NWA世界タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ドクター・ジェリー・グラハム)
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):2回(w / ドクター・ジェリー・グラハム、アーマン・ハッサン)
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(カルガリー版):1回
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:1回
  • NWAジョージアTV王座:1回
  • NWAニュージーランド・英連邦ヘビー級王座:1回
WWC
  • WWC世界ヘビー級王座:1回
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座:2回
  • WWC北米ヘビー級王座:2回
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:3回
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座:3回
  • WWCハードコア王座:1回
その他
  • NWF世界ヘビー級王座:2回
  • スタンピード北米ヘビー級王座:6回
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座(モントリオール版):1回
  • IWAインターナショナル・ヘビー級王座:3回
  • WCWAブラスナックル王座:1回
  • MWWFヘビー級王座:2回
  • TWA認定タッグ王座:1回(w / 大黒坊弁慶)
  • BJW認定デスマッチヘビー級王座:1回

入場テーマ曲

  • 必殺ドラゴン拳(カール・ダグラス)
    「吹けよ風~」以前に、短期間使用された。
  • 吹けよ風、呼べよ嵐(ピンク・フロイド)
    ザ・シーク、タイガー・ジェット・シンなど
    全日本プロレスの悪役外国人全般のテーマ曲となった    アルバム『おせっかい』『時空の舞踏』に収録。

若松 市政
1942/1/1

日本の元プロレスラー、マネージャー、現政治家(北海道芦別市議)である。北海道函館市出身。
来歴
電気技術者や港湾荷役作業者を経験した後、1972年に国際プロレスに一般社員として入社。リング運搬や会場整備の傍らトレーニングに励み、翌1973/9/29、31歳にして大位山勝三との試合でプロレスラーとしてのデビューを飾る。1981年に国際プロレスが崩壊するとカナダへ渡り、大剛鉄之助のブッキングで、悪役マネージャーとして活躍した。日本に帰国後、1984年から将軍KYワカマツのリングネームで、ストロングマシーン軍団の悪役マネージャーとして新日本プロレスに参戦し人気を博し、ストロングマシーン軍団解散後はアンドレ・ザ・ジャイアント、ケンドー・ナガサキ、ミスター・ポーゴの悪役マネージャーを務めた。1990年のSWS設立に際しては選手獲得等に動いたと言われ、SWS旗揚げ後は同団体内の道場である「道場・檄」の道場主に就任、ブッカーとして活躍、レスラーとしてもリングに上がっている。SWS崩壊後は、他のプロレス団体に参戦しつつ、1994年北海道に「道産子プロレス道場 元気」を設立した。
また高野拳磁が主宰していたPWCにも協力。何かを念じただけで相手が吹き飛ばされる「空気投げ」を実現させた。次第にその「宇宙パワー」は増強されていき、リング上で座禅を組み腕を広げただけで相手を悶絶させ、ついには指一本触れることなく失神に追い込んで勝利したこともある。公式記録は「大いなる宇宙のパワーによりKO勝ち」。
1999年、芦別市の市議会議員選挙において当選。市会議員ともなった。その後は目立ったプロレス活動はしていないが、北海道でのインディー興行で挨拶したり、「道場・檄」時代からの縁で畠中浩旭の「ASIAN SPORTS PROMOTIONS」興行に選手として参戦して、健在ぶりをアピール。
2007/12/31に後楽園ホールで行われたプロレスサミットでは、芸タッグランブルに大日本プロレスのグレート小鹿とのタッグで出場し、勝利を収めた。
エピソード
悪役マネージャーとしてブレイクしたが、元来非常に真面目な人物である。国際プロレス時代にはレスラーとしてデビューした後も資材運搬やレフェリングを行い、資金や人材面で苦労した団体のために尽力していた。
1976/9/13早朝、大分県での資材運搬中に、台風のための土砂崩れにより家財道具を持ち出している家族に遭遇した。トラックを停めて作業を手伝ったところ、偶然、災害取材に来ていたNHKスタッフがその姿を見つけて、「プロレスの選手も地元民に応援して、必死の作業を続けております」と現場中継し、若松の姿が全国で放映された。しかし、本人は夢中で作業を手伝っていたため、後日関係者から聞かされるまで、放映された事を知らなかったらしい。
1981/3/25、シリーズ最終戦陸前高田大会終了後に急性膵臓炎でダウンし緊急入院。4/2に退院したが、その足で宣伝カーで一関市に乗り込んで次期シリーズのポスター貼りをやった上で、単身運転し続けて東京まで戻った。
新日本プロレス参戦時には、白や赤のコスチュームにサングラス、手にはムチと拡声器をトレードマークに暴れ回り、観客から巨大な「帰れ!」コールを受けるのが常だった、なおそれを逆手にとってコスチュームの背中に「KAERE」と文字を刺れていた。悪役ではあるがコミカルなキャラクターで、観客に「ハゲ」と野次られると、「お前もいつかハゲるんだ!」と切り返すなどトークに軽妙さがあった。またアントニオ猪木に言い放った「お前を倒すのに3分もいらねぇ、5分で充分だ!」という台詞は語り草になっている。
新日参戦時の1985年に「俺はKYワカマツだ 檄!」というレコードを出した事がある。レコードジャケットには「歌、若松市政」とあるが、内容はラップに近く、歌詞は「お前ら!親孝行しろ」など真面目な内容だった。
新日参戦時、レスラーとしてメインを務めた事がある(猪木&上田組vsアンドレ&ワカマツ組)。その時実況をしていた古舘伊知郎には「シンデレラ中年」と呼ばれた。
新日参戦時、マネージャーであるにも関わらず試合中にリング上にあがることがあった。レフェリーである山本小鉄と殴り合いになり歯を折られた。レフェリーがマネージャーを殴るという前代未聞の出来事だった。
リングネームの「KY」とは、「国際プロレス」と、同団体社長だった「吉原功」の頭文字をとったもの。自らをプロレスラーとして送り出してくれた、両者への敬愛の念がこめられている。
マシーン軍団
将軍KYワカマツとして手がけたレスラーの中で最も著名なのが「ストロング・マシーン」「マシーン軍団」である。「ストロング・マシーン」は将軍KYワカマツに操られているとの設定で1984/8/24に後楽園ホールに初登場。最初は一人だったが「増殖」し、戦慄の殺戮マシーン「ザ・ストロング・マシーンNo.1、No.2」の二人組となり、最終的には1号から4号まで存在した。当時実況を担当していた古舘伊知郎はこのギミックがお気に入りだったのか、数々の名言で形容されている。
1~4号の見分け方は、2号は胸毛が生えている事と髪がちぢれっ毛である事、3号はシューズを深く隠すように着用している事、4号は上半身がたるみ気味である事である。
1号は平田淳嗣と言われたが、外見上は全く同じで見分けが付かない為、試合中にレフェリーの眼を盗んで入れ替わるトリックプレイを得意にした。その後、短期間だがヒロ斎藤、ジャイアント・マシーン(アンドレ・ザ・ジャイアント)、スーパー・マシーン(マスクド・スーパースター)も仲間入りした。
2号は当時から、新日マットにも参加したことのある「力抜山」という韓国人レスラーであることを、当時のリングアナウンサーである田中秀和が自身のブログにて証言した。なお、当時から、力抜山の名でリングに上がったときにストロング・マシーンのシューズをはいていたことや、2号の必殺技コーナートップからのローリングソバットを力抜山が国際プロレス時代に使用していたことより、この説が有力視されていた。
3~4号の正体は現在も明らかにされていない。3号は長身の大型レスラーでありながらグラウンドや関節技を得意とする老練なレスリングで、国際プロレスの長身レスラーヤス藤井ではないかと言われている。
4号はハワイ在住の日系人「ヒロ佐々木」ではないかと言われている。4号のラリアットを多用する選手は阿修羅・原という説もある。また、4号の正体は一人ではなく入れ替わりがあり頭突きが強い選手だったときには、国際プロレスに参加していた韓国人レスラーの南海山ではないかという説もあった。いずれにせよ、若松が率いていたこともあり国際プロレス人脈である可能性が高い。
また、ウワジマ・ストロング・マシンと言うワカマツ公認の一般人(愛媛県宇和島市在住の女性漁師)もいる。これはウワジマ・ストロング・マシンの実家が漁師・真珠養殖業の他、親子3代で地元・愛媛県や高知県で開催されるプロレスのプロモーターをしており、また彼女が熱烈なマシン軍団のファンだったために公認している。後に、魔界倶楽部の魔界19号にも公認されている。奇しくも彼女は2009/12/20に男児を出産し、血液型がB型だった事から「淳嗣」と名付けたと、自身の経営する水産会社のホームページで発表。現在は「新日に入団させて、マシン2世にするべく教育している」との事。
マシン軍団の増殖ギミックは、後に新日マットを混乱させた海賊男や魔界倶楽部、さらには宇宙パワー、マミー等、広くインディーにもみられる。
なお、前述のシングルレコード『俺はKYワカマツだ 檄!』のB面タイトルは『ストロング・マシーン We are No.1』である。こちらの曲は、マネージャー・若松に付きものの「カ・エ・レ!カ・エ・レ!」のコールで始まり、英語のラップ風歌詞の上から「ストロングマシーン!ウィーアーナンバーワン!」「ゴー・マシン・ゴー!ゴー・マシン・ゴー!」の若松のシャウト連呼がひたすら続くというもの。後半疲れたのかシャウトがトーンダウンする。2009年10月12日のNHK-FM「今日は一日プロレス・格闘技テーマ曲三昧」において、当時のIWGPヘビー級チャンピオンの中邑真輔のリクエストにより放送された。

中栄 大輔
1985/1/1 

拳王

徳島県徳島市出身のプロレスラー。格闘家。リングネームは拳王。徳島県立徳島東工業高等学校(現徳島県立徳島科学技術高等学校)、明治大学卒業。岩手県在住。

経歴

3歳のときより日本拳法を習い始める。高校時代は全日本拳法高校個人選手権大会で優勝。2003年に史上最年少で全日本拳法総合選手権で優勝する。2005年の日本拳法フランス世界大会で優勝、2006年、2007年の全日本学生拳法個人選手権大会では2連覇を達成する。

みちのくプロレスの社長新崎人生にスカウトされ、幼い頃からプロレスに興味を持っていたことと、徳島ではヒーローという人生からスカウトされたということでプロレス入りを決意する。

2008/3/2、みちのくプロレス徳島大会にて、対アレクサンダー大塚戦でプロレスデビューする。
6月20日、後楽園ホール大会を最後に、武者修行の旅へ出ていたが、2009/6/19のザ・グレート・サスケデビュー20周年突入ツアー後楽園大会において、人生の呼び込みによりサスケの挑戦を退けたフジタ"Jr"ハヤトの前に現れ、東北ジュニアヘビー級王座への挑戦を表明した。

1年の武者修行を終えて凱旋試合が2009/9/5の岩手・矢巾町民体育館にて開催された東北ジュニアヘビー級王座。復帰戦となるその試合でいきなり第11代チャンピオンのフジタ"Jr"ハヤトよりベルトを奪取。第12代王者となる。

人物

  • 拳法で培った打撃には定評があり、ボクシング出身で同じく若手の日向寺塁との前座試合はみちのくの定番カードとなっており、会場を沸かしている。
  • 超大物ルーキーと言われながらプロレスに対する気持ちはとにかく貪欲で、若手ながら常に対戦相手だけではなくファンも意識し、チャンスがあれば他団体のリングにも上がりたいと語っている。

 
    


 
 
今日のプロレス 興行日程
[すべて見る]
お近くの人は是非見に行きましょう!
団体 会場  

ゼロワン
zero1


2011プロレス初め
後楽園ホール

元旦スペシャル6人タッグマッチ
大谷晋二郎、曙、高山善廣 vs 田中将斗、佐藤耕平、崔領二

世界ヘビー級選手権試合
関本大介 vs 日高郁人

NWAインターナショナル・ライトタッグ選手権試合
菅原拓也、怪人ハブ男 vs 佐藤光留、澤宗紀

タッグマッチ
FUNAKI、藤田峰雄 vs KAMIKAZE、不動力也

ミックスドタッグマッチ
若鷹ジェット信介、紫雷イオ vs 小幡優作、紫雷美央

ZERO1vs大日本プロレス・タッグマッチ
植田使徒、斎藤謙 vs 岡林裕二、塚本拓海

14:00

UFC
UFC


UFC125
MGMグランドガーデン
UFC125

UFC世界ライト級選手権試合
フランク・エドガーvsグレイ・メイナード

ミドル級
クリス・レーベンvsブライアン・スタン

ライトヘビー級
ブランドン・ベラvsチアゴ・シウバ

ウェルター級
ネイト・ディアズvsキム・ドンヒョン

ライト級
五味 隆典vsクレイ・グイダ
マーカス・デイヴィスvsジェレミー・スティーブンス

フェザー級
ジョシュ・グリスピvsダスティン・ポアリエー

ミドル級
フィル・バローニvsブラッド・タヴァーレス

フェザー級
マイク・ブラウンvsディエゴ・ヌネシュ

ウェルター級
ダニエル・ロバーツvsグレッグ・ソト

ライト級
ジェイコブ・ヴォルクマンvsアントニオ・マッキー

1/2
12:00
JST 
 
 


 
 

試合結果
nikkansports.comより

◆ゼロワン
▽NWAライトタッグ選手権
○菅原拓也、怪人ハブ男(王者組)[16分28秒 エビ固め]佐藤光留、×沢宗紀(挑戦者組)
▽世界ヘビー級選手権
○関本大介(王者)[28分1秒 原爆固め]×日高郁人(挑戦者)
○高山善広、曙、大谷晋二郎[15分25秒 高角度原爆固め]田中将斗、佐藤耕平、×崔領二


◆UFC125
UFC世界ライト級タイトルマッチ
△フランク・エドガー(5R 判定 1-1)グレイ・メイナード△

●クリス・レーベン(1R 3分37秒 TKO)ブライアン・スタン○
●ブランドン・ベラ(3R判定)チアゴ・シウバ○
●ネイト・ディアズ(3R判定0-3)キム・ドンヒョン○

ライト級
五味UFC3戦目
○クレイ・グイダ(2R 4分27秒 ギロチンチョーク)五味隆典×

 
 
 ↑ トップへ

プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

 
 

楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編

 
楽天 売れ筋
No.1
食品編



バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad


Pacific Girls.COM
Ad







 ↑ トップへ
 
   
   




inserted by FC2 system