本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販



 
プロレスレンタル、借りるなら


クリックで簡単検索!
ヤフオクで今、売れている
プロレス商品は何?

yahooオークション

プロレス/格闘技グッズが充実!
バックドロップ


プロレス/格闘技グッズが充実!
マシュマロモンスター


楽天 プロレス関連商品
AMAZON

プロレス/格闘技グッズが充実!
バトルロイヤル

 
 
 2011/1/7

プロレス/格闘技 ニュース

Sportsnavi
nikkansports.com
スポニチ
東スポ
  • VM軍追放!KENSO生涯シングル宣言
  • さくらえみ新ライバルは瀬戸内寂聴さん
  • 澤田 禅寺修行で人が変わった
  • 大森隆男2・25SMASHスターバック戦熱望
  • ゼロワン耕平の大増量計画 10周年大会までに140キロ
デイリースポーツ
スポーツ報知
格闘技WEB
マガジンGBR
リアルライブ
 バトル・ニュース
 
 
 


 
 

今日のYouTube追加動画

 
日刊すポーツ
美女ユニット興行が大阪に初進出

RING_STARS
トリプルテイルズが来社し自主興行をPR

東京プロレス
東京03 豊本明長が東スポでプロレスを語る

NJPW
2003/3/8
平塚市体育館

HYPER BATTLE 2003
サムライ/田口vsダニエルソン/キッド

NJPW
2003/3/7
新潟市体育館

HYPER BATTLE 2003
邪道/外道vsアメリカン・ドラゴン/キッド

 
 


 
 

動画で紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?



JWP'90 格闘祭

キューティ鈴木vs小金井幸子

1990/1/7
後楽園ホール


オールスターバトルロイヤル
異種格闘技
サ スコルピオンvs宮川ひろ美
異種格闘技
風間ルミvs高山美幸

 ↑ トップへ
 
   


 
 

DVD/ビデオの紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?


 

格闘技ロード 公式戦Ⅰ
格闘技ロード 公式戦

1985/1/7
後楽園ホール


スーパータイガーvs前田日明
藤原喜明vs山崎一夫


UWF
ビデオ・バウト・シリーズ
Vol.13
山崎一夫vsF・マーテル

1985/1/7
後楽園ホール


ミスター・空中vsB・ライト
高田延彦vsB・ブラナン
木戸修vsJ・ロンドス


New Genaration
Battle '90

1990/1/7
後楽園ホール


キューティ鈴木vs小金井幸子
オールスターバトルロイヤル 
半田美紀/ハーレー斎藤/ミスAvs
神取しのぶ/伊藤勇気/北村真美
風間ルミvs高山美幸(異種格闘技)
デビル雅美vsイーグル沢井


FMW格闘ルネッサンス
第1回総合格闘技
オープントーナメント
FMW格闘ルネッサンス

1990/1/7 
後楽園ホール 


WWA認定プラスナックル
大仁田厚vsビースト・ザ・バーバリアン
栗栖正信vsターザン後藤
ターザン後藤vs大仁田厚


93新春後楽園地獄絵図
ARE YOU READY!?
~TO GET NEW BLOOD~
93新春後楽園地獄絵図

1993/1/7
後楽園ホール


ジプシー・ジョーvs高杉正彦
ミスター・ポーゴ/クラッシュ・ザ・ターミ・ネーターvsニュー・ジェイソン・ザ・テリブル/リッキー・パターソン


これが屋台村プロレスだ
これが屋台村プロレスだ

1995/1/7
横浜・屋台村


菊澤光信/増田明彦vs
クラッシャー高橋/毒ガスマスク
高木三四郎vs増田明彦
菊澤光信vs片山片山勇人
奥村茂雄vs高木三四郎
 ↑ トップへ
 
 


 
 

番外編
プロレス/格闘技今日は何の日?


日本プロレス
1963/1/7
力道山が婚約を発表。相手は田中敬子さん。
NWA
1966/1/7

ジン・キニスキーが、ルー・テーズから、NWA世界ヘビー級王座を奪う

 
日本プロレス
1968/1/7
馬場がプリンス・イヤウケアの挑戦を退け、
力道山の記録に並ぶインターヘビー級V19。
新日本プロレス
1977/1/7
ブルーノ・サンマルチノの首を折ったスタン・ハンセン
新日本初参戦
初シングルを終えたハンセンは
”アントニオ猪木という男はなんと凄い目をした男なんだ。彼は普通のレスラーとは違う何かを持っている、ブルーノの件以来、オレのファイトは消極的になってしまったが、猪木となら思いっきりやれる”

昭和秘蔵名勝負列伝
Vol.1
昭和秘蔵名勝負列伝



アントニオ猪木vsスタン・ハンセン
シングルの歴史
25戦猪木の17勝(6反則、2リングアウト含む)3敗
(2リングアウト、1反則)5分(4両リン、1没収)

1977/1/7
越谷市民
  ○猪木[11分17秒反則勝ち]
1977/1/14
九電体育館
  ○猪木[12分22秒反則勝ち]
1977/2/2
大阪府立
体育会館
  ○猪木[12分42秒体固め]
1977/2/6
久慈市民
  ○猪木[11分7秒逆さ押さえ込み]
1977/2/9
横浜文化
体育館
  ○猪木[9分58秒逆さ押さえ込み]
1977/9/2
愛知県体育館
NWF戦 ○猪木[25分13秒体固め]
1977/10/4
日正武館
  ○猪木[9分39秒反則勝ち]
1979/5/25
弘前市民会館
MSG公 ○猪木[9分33秒反則勝ち]
1979/6/7
蔵前国技館
MSG決 ○猪木[9分3秒体固め]
1979/8/17
カルガリー
NWF戦 ○猪木[9分15秒体固め]
1980/2/2
札幌中島
体育センター
  ○ハンセン[13分18秒反則勝ち]
1980/2/7
大阪府立
体育会館
  ▲[12分40秒両者リングアウト]
1980/2/8
東京体育館
NWF ○ハンセン[17分12秒リングアウト]
1980/5/3
蔵前国技館
NWF ○猪木[12分55秒体固め]
1980/4/4
川崎市民
  ▲[10分7秒両者リングアウト]
1980/5/
福岡スポーツセンター
NWF ○猪木[17分3秒反則勝ち]
1980/5/29
岡山武道館
MSG公式戦 ▲[9分18秒両者リングアウト]
1980/6/5
蔵前国技館
MSG決勝戦 ○猪木[7分47秒反則勝ち]
1980/9/11
大阪府立
体育会館
NWF ○猪木[17分47秒リングアウト]
1980/9/25
広島県立
体育館
NWF ○猪木[10分49秒逆さ押さえ込み]
1981/4/17
鹿児島県立
体育館
NWF ×[13分24秒没収試合]
1981/4/23
蔵前国技館
NWF ○猪木[12分56秒体固め]
1981/5/20
岐阜市民
MSG公式戦 ○ハンセン[11分43秒リングアウト]
1956/6/4
蔵前国技館
MSG決勝戦 ○猪木[7分45秒リングアウト]
1981/9/18
広島県立
体育館
  ▲[12分46秒両者リングアウト]
国際プロレス
館山市民
センター
1981/1/7

新春パイオニアシリーズ第3戦

ルー・テーズ杯予選リーグ20分1本勝負
ラッシャー木村(13分42秒エビ固め)マイティ井上
ボブ・スイータン(10分9秒体固め)寺西勇
マイク・ジョージ(7分41秒体固め)ジム・スター
ホセ・アローヨ(6分17秒体固め)マッハ隼人

タッグマッチ30分1本勝負
アニマル浜口、高杉正彦(12分33秒反則)鶴見五郎、大位山勝三
 
30分1本勝負
ベン・アレクサンダー(11分4秒体固め)米村天心
 
20分1本勝負
レオ・ロペス(3分36秒片エビ固め)冬木弘道
 
15分1本勝負
菅原伸義(9分59秒反則)ミスター珍

全日本プロレス
1983/1/7
高松市民文化
センタ

ジャイアント馬場/天龍源一郎vs上田馬之助/キラー・トーア・カマタ 
ジャンボ鶴田 vs ヘラクレス・ヘルナンデス
ミス・マスカラス vs 鶴見五郎

 
新日本プロレス
1984/1/7

前田日明VSアブドーラ・ザ・ブッチャー

全日本女子
1988/1/7 

グリズリー岩本がダンプ松本に造反したメンバーでヒールマスク集団ザ・ダイナマイトを結成。リングネームをダイナマイト・ベアに改名。

WWF
1989/1/7

ロン・バスとブルータス・ビーフケーキの抗争が激化。
サタデー・ナイト・メイン・イベントで髪切りマッチによる決着戦が行われる。1週間後のロイヤルランブル(1/14)には丸刈りで出場。

 
UWF
1991/1/7

選手のみで都内で会合を持つも、方向性の違いなどから
解散を宣言。藤原、高田、前田の3派に分散へ。

全日本プロレス
1999/1/7
高知

小橋健太 秋山準 vs 川田利明 田上明

新日本プロレス
2000/1/7

藤田和之が新日本退団。PRIDE参戦表明。

FMW
2001/1/7
後楽園ホール

WEWタッグ王座
冬木弘道/黒田哲広vs田中将斗/外道

NOAH
2007/1/7
ディファ有明

GHC Jr.タッグ
金丸義信/杉浦貴vsジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ

アメトーーク
2010/1/7

俺達のゴールデンプロレスオールスター戦が放送

エル・サムライがザ・コブラ、スーパー・ストロング・マシンに続く悲劇のマスクマン第3弾として紹介され、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア決勝における二度に渡るマスク剥ぎによる素顔公開、大谷晋二郎からIWGP Jr.タッグベルトを強奪するも現場監督の長州に怒られてあっさり返してしまうエピソードなどが紹介された、以降ワールドプロレスリングでは「哀愁のマスクマン」と呼ばれるようになる。

 ↑ トップへ
 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演


J Sports  16:30
NXT #45

●ジョニー・カーティス vs ドルフ・ジグラー
●デリック・ベイトマン vs コナー・オブライアン
●バイロン・サックストン vs テッド・デビアス


ロウ #918
●サンティーノ・マレラ vs テッド・デビアス
●ジョン・モリソン vs アレックス・ライリー
●マーク・ヘンリー vs タイソン・キッド
●ジェリー・ローラー vs ザ・ミズ
●ゲイル・キム&イブ・トーレス vs アリシア・フォックス&メリーナ
●ダニエル・ブライアン vs ザック・ライダー
●ランディ・オートン vs シェイマス

サムライTV 22:00
●FREEDOMS 1/6 新木場1st RING
●全日本プロレス 1/5 群馬大会
<ミキティコの「闘う天気予報」>
●週末のお天気は?(協力/e-天気.net)
ゲスト/長州力(リキプロ)

23:00
大日本プロレス
「後楽園ホール大会」
2011/1/2 後楽園ホール

<蛍光灯デスマッチ>
●伊東竜二&アブドーラ・小林&宮本裕向×竹田誠志&木高イサミ&南野タケシ
●関本大介×岡林裕二
<有刺鉄線ボードデスマッチ>
●葛西純&“黒天使”沼澤邪鬼×佐々木貴&神威
<ハードコアマッチ>
●シャドウWX&バラモンシュウ&バラモンケイ×星野勘九郎&清水基嗣&忍
●佐々木義人&石川晋也×河上隆一&塚本拓海
●MEN'Sテイオー&怨霊&旭志織×ツトム・オースギ&ヘラクレス千賀&大橋篤
●大黒坊弁慶&橋本和樹×谷口裕一&稲葉雅人

GAORA  23:00
DORAGON GATE Infinity 無限大#202
12/21後楽園ホール他


◆オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
《王者組》 Gamma&土井成樹 vs
《挑戦者組》 CIMA&吉野正人

 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のバースデイ / 忌日


デビル雅美
1962/1/7

日本の元女子プロレスラー。本名は吉田 雅美。福岡県北九州市若松区出身。身長168cm、体重91kg。怪奇派レスラー『スーパーヒール・デビル雅美』としての顔も持つ。

リングネームは吉田まさみ天神マサミデビル雅美と変遷。“デビル雅美”の命名の由来は、ヒール役だからという当時所属団体であった全日本女子プロレスの判断である。

女子プロレス第1次全盛期から一度も引退することなく活動していた唯一のレスラーで、日本の女子プロレスラーとしては最長の活動歴を誇る。2008/12/30の後楽園興行にて引退した。

所属

  • 全日本女子プロレス(1978年 - 1987年)
  • フリーランス(1988年 - 1992年)
  • JWP女子プロレス(1992年 - 2000年)
  • フリーランス(2000年 - 2008年)

来歴

中学校時代は吹奏楽部に所属。家計を助けるために高校を1年で中退、全日本女子プロレス入団後の1978/8/21、静岡県の駿府会館興行における小峰広子戦でプロレスデビュー。

全日本女子プロレス所属時は『デビル軍団』を率い、ヒールとして女子プロレス界で暴れまわった。また、この時期には歌手としても活動。アルバム『レイン・オブ・ティアーズ』やシングル『燃えつきるまで』『サイレントグッパイ』(渡辺典子主演のTBS系ドラマ「赤い秘密」主題歌)なども発表しており、歴代女子プロレスラー随一の歌唱力ともいわれる。

1987年に全日本女子プロレスを退団後(形の上では『国内引退』)、フリーランスとしてジャパン女子プロレスに参戦、神取忍とのシングルマッチが高い評価を得る。

ジャパン女子プロレス崩壊後、1992年にJWP女子プロレス所属となった。JWPには2000年まで所属している。

GAEA JAPAN解散以降はOZアカデミーを中心に引き続きフリーランスとして活動。また、孫弟子にあたる里村明衣子が立ち上げたセンダイガールズプロレスリングの新人選手の育成に尽力し、仙女の観客からは「お母さん」の愛称で親しまれている。

引退発表以降は積極的にあらゆる選手との試合をこなし、その中で、プロレスセンスを認めた上でデビュー当時の自身に体型が似ている松本浩代にはライガーボムを、体格にそぐわないパワーを持った輝優優にはファイヤーバレーを、かつてタッグを組んで以降子弟関係にあり、現在のヒールスタイルにデビルの影響を色濃く受けた植松寿絵には現在の女子プロレス界において唯一継承出来る人物としてスーパーヒールのキャラクターをそれぞれ伝承した。

2008/12/30、長与千種プロデュースの後楽園興行にて引退、31年弱に及ぶレスラー人生に幕を閉じた。

特筆すべき点としては、第一試合ではスーパーヒールとして登場。かつて共にユニットを組んで活動したことのあるダンプ松本・KAORUと組み、本興行限定で復帰した愛弟子の長与千種らと激戦を展開。ラストは長与をファイヤーバレーで破り、スーパーヒール初登場以来15年以上にわたる全勝伝説を守り抜いたまま、その存在に幕を下ろした。

最後のマイクパフォーマンスでは、1年に1度は今回の様なあらゆる団体が登場して女子プロレスの現状を披露するオムニバス形式の興行を行うことや、それによって黒字が出れば選手の怪我などを金銭的にフォローすることなどを目的とした女子プロレス基金的なものを設立することを提案し、自身の人生の大半を置いた女子プロレス界の未来を想う言葉を残した。

現在は地元に戻りミュージシャンとして活動している。


タニー・マウス
1976/1/7

本名:谷山 美奈、日本の女子プロレスラー。NEO女子プロレス所属。東京都世田谷区出身。

レスラーとしてのキャリアにおいて、本名およびリングネームでの活動で知られる。

所属

  • 全日本女子プロレス(1994年 - 1997年)
  • ネオ・レディース(1997年 - 2000年)
  • NEO(2000年 - )

経歴・戦歴

1994/11/3、全日本女子プロレス・いすゞ自動車大和工場体育館興行において、対藤本由美戦でプロレスデビュー。

デビュー当初は本名で試合を行っていたが、後にネズミをモチーフにしたキャラクターレスラー『タニー・マウス』に改名し、コミカルなファイトを見せる。

全日本女子プロレスの経営難により、他の選手と共に1997年に離脱。同年にネオ・レディース(現NEO女子プロレス)へ移籍し、旗揚げに参加する。

NEO女子プロレスでは宮崎有妃とのタッグチーム『NEOマシンガンズ』で活躍。チーム名はタニーのお気に入りの漫画である「キン肉マン」のタッグチーム「マシンガンズ」が由来。

2010/5/5、所属するNEO女子プロレスが同年12/31に解散となることが発表され、同時に自身もその日をもってプロレスラーを引退することを表明した

渋谷 修身
1976/1/7、

日本の元総合格闘家。神奈川県三浦郡葉山町出身。

ファイトスタイルは、打撃技をあまり使わず、グラウンドにこだわるものであった。

パンクラスでは、近藤有己、國奥麒樹真と並んで「ハイブリッド三銃士」と呼ばれた。「心の近藤」「技の國奥」「体の渋谷」と表現された。

来歴

横浜高等学校でレスリング部に所属。同じレスリング部には宇野薫も所属していた。

1993年7月、高校3年時にパンクラスの第1回入門テストを受験し、合格した。宇野薫も受験したが、不合格となった。

1995/3/10、スコット・ビーザック戦でプロデビュー。

1996年、ネオブラッドトーナメントで3位となった。

1997/3/22、当時キング・オブ・パンクラシストであったバス・ルッテンとノンタイトル戦で対戦し、引き分けた。

1997/7/20、船木誠勝に初挑戦するも、フロントチョークで一本負け。

1998/12/19、鈴木みのるに初挑戦し、レフェリーストップによるTKO勝ち。

2000/9/24、キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチでセーム・シュルトに挑戦し、グラウンドの顔面パンチでTKO負けで王座獲得ならず。

2003/8/31、パンクラス旗揚げ10周年記念大会で新日本プロレスの矢野通と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2004/11/26の試合を最後にリングから遠ざかり、2005/6/27付でパンクラス(パンクラスism)を退団した。

格闘技から遠ざかっている間、ボディビルなどの大会に出場するなどの経験をした。

2006/2/4、MARSで1年3か月ぶりに格闘技に復帰するも、ターレス・レイチに判定負け。

2006/11/25、CAGE FORCE 01でハマン・レイズと対戦、三角絞めで一本勝ち。

2007/11/25、HEAT5でジル・フレイタスとHEAT総合ルールで対戦し、判定負け。

2009/1/25、ZST.19で奥出雅之と対戦、アームバーで一本勝ちを収め第2代ウェルター級王座に就いた。

2010/7/3、ZST BATTLE HAZARD 04の引退ラストマッチで佐藤光留と対戦し、ストレートアームバーで一本負け。試合後には引退セレモニーが行なわれ、前田日明、鈴木みのるなどが駆けつけた。

通算戦績
90試合39勝34負17分


井上勝正
1970/1/7

日本の元プロレスラー。大阪府大阪市出身。血液型B型。身長170cm、体重80kg。現役時代は大日本プロレスに所属。

経歴

2002/6/30、東京・立川競輪場駐車場、vs松崎駿馬にてデビュー。

最初ボディビルとパワーリフティングの経験を積み、1995年、龍生塾に入りシュートボクシング(グローブ空手)を始める。

その後、龍生塾本部による格闘家集団「REX-JAPAN」の一員として大日本に参戦。

そして2002/6/3の試合後、プロレスラーになりたいと表明し大日本所属となる。

デスマッチ団体を豪語する同団体の中で、レスリング路線のエースとして君臨。主に第1試合に出場。

EAGLEプロ所属の近藤博之とタッグを結成していたが、互いにプロレスデビューが遅かった事から「チーム若作り」というチーム名となる。「チーム若作り」は、一時期大日本の第1試合に欠かせぬ存在になっていた(タイトル戦も第1試合で組まれた)。

晩年は、ハードコア戦線にも参入している。

その熱血漢あふれるファイトスタイルは、2007年4月と7月に対戦した、新日本プロレスの中西学をも驚かせ、高い評価を得た。

2009年4月より、過去に痛めた両膝の治療のため、欠場していたが、8月2日、自身のブログにて膝の負傷にあわせ、以前より右目視神経を負傷していたことを告白し、会見にてレスラーを廃業することが発表された。「引退」ではなく「廃業」とした理由は、タイトルを一つも獲得していなかった為と説明する。

8/28後楽園大会、引退セレモニーを行い、正式に引退した。その後はイベントで訪れていた横浜のスーパー銭湯に入社し、10月から自身の新ブログを開設、11/3横浜にぎわい座大会において宣伝をするなど、大日本との関わりを現在も保っている。


ゲーリー・オブライト
Gary Albright
1963/5/18 -
2000/1/7

アメリカ合衆国のプロレスラー。ネブラスカ州リンカーン出身。

一撃必殺とまで称された強烈なスープレックスでKOの山を築いたことから「殺人風車」「殺人スープレックス」などの異名で呼ばれた。

来歴

中学時代にアメリカン・カレッジスタイル・レスリング(レスリング)を始め、ネブラスカ大学時代にNCAA(グレコローマン)レスリング選手権スーパーヘビー級を3度制覇。オリンピックでのメダル獲得が有力視されていたが、親の看護のために断念。1987年12月に当時のWCW副社長カウボーイ・ビル・ワットのスカウトでプロデビュー。1988年にはカナダ・アルバータ州カルガリーのスタンピード・レスリングにてインド人ギミックのヴォッカン・シンVokkan Singh)を名乗り、マッカン・シンとのコンビで12/30にブリティッシュ・ブルドッグス(ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス)からインターナショナル・タッグ王座を奪取している。

1990年6月、新日本プロレスに初来日。当時はゲーリー・オルブライトと表記されており、橋本真也との一騎打ちも組まれた。1991年8月にはUWFインターナショナルに参戦。グレコ仕込の高速スープレックスで高田延彦をはじめ対戦相手を次々とKOし、旋風を巻き起こす。特にフルネルソン・スープレックス(ドラゴン・スープレックス)は受身を取ることができず、「殺人スープレックス」と恐れられた。

1995年10月にスティーブ・ウィリアムスに誘われて全日本プロレスに参戦し、スタン・ハンセンやスティーブ・ウィリアムスとタッグを組み世界タッグ王座を獲得、1996年3月には三沢光晴の三冠ヘビー級王座に挑戦、世界最強タッグ決定リーグ戦にも参加するなど活躍した。またウィリアムス、ザ・ラクロスとともにユニット「トライアングル・オブ・パワーT.O.P.)」を結成し、活躍した。1996/6/30、ジャイアント馬場と組んで三沢光晴&小橋健太と対戦するという異色の試合も行った。なお馬場とオブライトは1995年の最強タッグで対戦している。1997/8/26での世界タッグ選手権でスティーブ・ウィリアムスと組み、三沢光晴&秋山準と対戦した際、全日本プロレスとしては異例(しかもタッグ)の8分42秒という試合時間で、その際のフィニッシュ・ホールドがオブライトのフルネルソンスープレックスからの体固め、三沢からのピンフォールである。1998年の最強タッグでは、ジャイアント・キマラと組んで出場した。

2000/1/7、アメリカのインディー団体WXWの試合中に心臓発作で倒れ急死。最後の来日はウルフ・ホークフィールドとのコンビで出場した1999年の最強タッグだった。晩年は糖尿病を患っていたといわれており、体力の衰えから基礎練習もままならない状態だったという証言がある。なお、ウィリアムスはオブライトの死後も、試合の際に毎回ユニット「トライアングル・オブ・パワー」のポーズ(両手の親指と人差し指で三角形を作る)を見せていた。

オブライトがまだフルネルソン・スープレックスを出していなかった頃、プロレスライターの流智美に「もしオブライトがフルネルソン・スープレックスを使ったら」と話を向けられた安生洋二は「下手したら死人が出る。絶対考えたくない」と言ったという。


 
    


 
 
今日のプロレス 興行日程
[すべて見る]
お近くの人は是非見に行きましょう!
団体 会場  
大阪プロ 大阪ミナミ・ムーブ・オン・アリーナ 19:00
沖縄プロ 沖縄・デルフィンアリーナ国際通り 20:00
金プロだよ全員集合!! 愛知Sportiva 20:00
19時女子プロレス
名古屋スポルティーバアリーナ

真琴 vs 志田光

19:00
 
 


 
 

試合結果
nikkansports.comより

◆大阪プロ
○タダスケ[11分21秒 2Pac]×アルティメット・スパイダーJr.
○えべっさん[11分43秒 園田スープレックスホールド]×タコヤキーダー
ビリーケン・キッド、○オージー・オズボーン[10分53秒 片エビ固め]原田大輔、×松山勘十郎

◆沖縄プロ
○タイパン[7分8秒 フィッシャーマンブレーンバスター]×キジムナー
シーサー王、○怪人ハブ男、ヤンバルクイーンナ[13分39秒 デメキンバスター]スペル・デルフィン、×グルクンダイバー、ウルトラ☆マンゴー
▽沖縄プロレス王座次期挑戦者決定トリプル・スレッドマッチ
○めんそーれ親父[13分24秒 親父ぬい]×ミル・マングース
※もう1人はエイサー8

◆金プロだよ全員集合!!
○ヒデ久保田、ヤス久保田(16分28秒 758i)影人、影山道雄×
○柴山貴哉(9分11秒 ロック・オン・タイム)マンモス半田×
○入江茂弘、TAKASHI(12分32秒 垂直落下式バックフリップ)佐藤泰、ノリ・ダ・ファンキーシビレサス×

◆19時女子プロレス
×真琴 vs 志田光○

 
 
 ↑ トップへ

プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

 
 

楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編

 
楽天 売れ筋
No.1
食品編



バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad


Pacific Girls.COM
Ad







 ↑ トップへ
 
   
   




inserted by FC2 system