2










本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販



 
プロレスレンタル、借りるなら


クリックで簡単検索!
ヤフオクで今、売れている
プロレス商品は何?

yahooオークション

プロレス/格闘技グッズが充実!
バックドロップ


プロレス/格闘技グッズが充実!
マシュマロモンスター


楽天 プロレス関連商品
AMAZON

プロレス/格闘技グッズが充実!
バトルロイヤル

 
 
 2011/1/10

プロレス/格闘技 ニュース

Sportsnavi
nikkansports.com
スポニチ
東スポ
  • 新日本隊から追放する!真壁が小島に若手主体のNEVER行きを通告
  • 火の玉小僧・菊地が全インディ団体に逆オファー
  • 3冠戦最後の前哨戦はケアに軍配 今夜ゴング!
  • バイソン不退転の決意 GHC王者杉浦に挑戦へ
  • K-1佐藤イタリア遠征でペトロシアン戦浮上
デイリースポーツ
格闘技WEB
マガジンGBR
リアルライブ
 
 


 
 

今日のYouTube追加動画

 
Vader Time
2010/4/29

ビックバン・ベイダ-/ホワイト/スコーピオvs藤波/本多/橋
田中将人/柴田正人vsケニー・オメガ/長井満也
飯伏幸太/ブギーマンvs吉江豊/円華

NJPW
2008/10/13
両国国技館

DESTRUCTION 2008
ロウキー/邪道/外道vsライガー/タイガー/金本

NJPW
2008/9/21
神戸ワールド

CIRCUIT 2008 NEW JAPAN GENERATION
IWGP Jr.
ロウキーvsタイガーマスク

ZERO-ONE
2006/8/25
後楽園ホール

天下一Jr.
日高郁人/藤田ミノルvsアレックス・シェリー/クリス・セイビン

NJPW
1981/7/24

スタン・レーンvsジョージ高野

ZERO-ONE
2006/8/24
新宿Face

天下一Jr.
アレックス・シェリーvsクリス・セイビン

ZERO-ONE
2001/7/27

田中将人vsKAMIKAZE

BJW
2000/3/26

本間朋晃vs葛西純

大阪プロレス 
Osaka Hurricane 03.2.1
ビックボスMA-G-MAvsスペル・デルフィン
ライガー/村浜vsブラック・バッファロー/Tubasa
GammavsTAKAみちのく

冬木軍
2003/9/22

BadBoy非道vs大谷晋二郎

BJW
2005/4/29

伊東/関本/沼澤vs非道/佐々木/葛西

NJPW
1976/10/10
ソウル

NWF
アントニオ猪木vsパク・ソンナン

NJPW
1987/11/26
西ドイツ

アントニオ猪木vsローラン・ボック

WJ
2003/7/20

MAGMA03

NJPW
藤波辰巳/グラン浜田vsペロ・アグアヨ/ハンニバル

東スポ
FEVER タイガーマスク 伊達直人の正体が明らかになって...全回転リーチ

 
 


 
 

動画で紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?



NOAH
GHCタッグ
永田祐志/棚橋弘至vs三沢光晴/小川良成

2004/1/10
日本武道館



2/2


GREAT VOYAGE '04
GREAT VOYAGE '04


丸藤正道/KENTAvs
エル・サムライ/井上亘
小橋健太/力皇猛/橋誠vs
秋山準/森嶋猛/菊池毅
佐野巧真vs井上雅央


パッション・レッド

◇第5試合 紅きこと情熱の如し 30分一本勝負
高橋奈苗 & 夏樹☆たいよう & 華名vs
里村明衣子 & 水波綾 & DASH・チサコ

2009/1/10
板橋グリーンホール



2/3/3/3



パッションレッド 1
Passion
パッションレッド 1 Passion





◇第1試合 華名情熱ロードGO!マイル
〜1マイル目〜 15分一本勝負
華名 vs 松本浩代/2/2

◇第2試合 15分一本勝負
さくらえみ vs 中島安里紗

◇第3試合 30分一本勝負
堀田祐美子 & 夏樹☆たいよう vs 植松寿絵 & 紫雷イオ

◇第4試合 30分一本勝負
風香 vs Ray

 ↑ トップへ
 
   


 
 

DVD/ビデオの紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?


 

UWF DYNAMIISM
UWF DYNAMIISM

1989/1/10
日本武道館


前田日明vs高田延彦
安生洋二vs宮戸成夫
ノーマンスマイリーvsバート・ベイル
中野龍雄vsマック・ローシュ
山崎一夫vsトレイバー・パワー・クラーク

 

GREAT VOYAGE
GREAT VOYAGE

2003/1/10
日本武道館


三沢光晴/蝶野正洋vs小橋建太/田上明
秋山準/斎藤彰俊vs大谷晋二郎/田中将人
高山善廣/池田大輔/青柳政司vs
井上雅央/泉田純/力皇猛
小川良成/丸藤直道vs金丸義信/菊池毅


ZERO1-MAXIMPACT
VOL.8
ZERO1-MAXIMPACT 8

2005/1/10
後楽園ホール


大森隆男vs佐藤耕平
大谷晋二郎vs佐藤耕平
大森隆男vs坂田亘

 ↑ トップへ
 
 


 
 

番外編
プロレス/格闘技今日は何の日?


NJPW
1977/1/10
長野県営体育館

新春黄金シリーズ

アントニオ猪木、星野勘太郎(2-1)スタン・ハンセン、ピート・ロバーツ 
1.ロバーツ(12分3秒エビ固め)星野
2.星野(0分43秒回転エビ固め)ロバーツ
3.猪木(5分51秒体固め)ロバーツ
 
45分1本勝負
タイガー・ジェット・シン(5分39秒コブラクロー)ストロング小林

30分1本勝負
坂口征二(9分58秒逆エビ固め)ブルータス・ムルンバ
永源遙(9分27秒体固め)デビット・テイラー

20分1本勝負
木戸修(10分35秒片エビ固め)藤原喜明
柴田勝久(12分12秒体固め)小沢正志
大城大五郎(14分34秒エビ固め)木村聖裔

15分1本勝負
荒川誠(11分34秒片エビ固め)小林邦昭
栗栖正信(10分57秒体固め)佐山聡

NJPW
1986/1/10
船橋市運動
公園体育館

越中詩郎対ブラック・タイガー
前田日明対藤原嘉明
藤波辰巳対ハック・ソー・ジム・ドゥーガン
アントニオ猪木/木村健吾対マッドマックスw/KYワカマツ

UWF
1986/1/10
船橋

前田日明対藤原嘉明

NJPW
1989/1/10

千葉公園体育館

長州力 vs ビック・バン・ベイダー
藤波辰爾 vs クラッッシャー・バンバン・ビガロ

FMW
1996/1/10
千葉公園体育館

ニューイヤーセンセーション’96

アジャ・コングvsコンバッ豊田
長与千種vs工藤めぐみ
非道/金村/松永vs中川/田中/ハヤブサ



FFF
1997/1/9
資金繰りの悪化で旗揚げ前に崩壊。
第3勢力の期待もインディー団体の細分化に繋がる。
AJPW
2000/1/10
熊本市総合体育館

世界タッグ
小橋健太/秋山準 vs ベイダー/ジョニー・スミス 

WCW
2000/1/10

マンデー・ナイトロ
ティト・サンタナvsジェフ・ジャレット

AJPW
2001/1/10
大阪府立体育会館第2競技場


新春GIANT-SERIES

○太陽ケア/垣原賢人(8:58 片エビ固め)川田利明/X奥村茂雄
垣原賢人/○長井満也(3:59 片エビ固め)X荒谷信孝/奥村茂雄
○垣原賢人/長井満也(9:04 腕ひしぎ逆十字固め)X渕正伸/荒谷信孝
渕正伸/○荒谷信孝(14:23 片エビ固め)長井満也/Xモハメッド・ヨネ
馳浩/○ジョニー・スミス(15:03 片エビ固め)天龍源一郎/X相島勇人
マイク・バートン/○ジム・スティール(19:26 片エビ固め)ジャイアント・キマラ/Xザ・セッドマン
○ダークネス・ドラゴン/望月享/神田裕之(13:02 横回転エビ固め)ダミアン666/ハロウィン/Xシコシス
ジョージ・ハインズ(13:29 片エビ固め)TARU
愚乱浪花(12:30 片エビ固め)土方隆司

 
AJPW
2003/1/10
岩国

渕正信vs石狩太一

SENDAI GIRLS
2007/1/10
Zepp SENDAI



WWE
2008/1/10
スペースFS汐留

WWE RAW ROYAL RUMBLE TOUR 日本公演の記者会見
HHH、リック・フレアー、クリス・ジェリコ、ランディ・オートンといったトップ選手が大挙して来日
2/11 有明コロシアム
2/12 日本武道館

RWA
2010/1/10 

ニューカッスル

シャドーフェニックス vs マイキー・ロード
(時間切れ引き分け)

5分一本勝負(追加試合)
×シャドーフェニックスvs マイキー・ロード○
(450°スプラッシュ)

ドラゴンゲート
2010/1/10
名古屋テレピア
ホール

GAORA Infinity無限大 #160

DDT
2010/1/10
今池ガスホール 

新春! 猛虎流大放屁 in 名古屋 2010

飯伏幸太/ケニー・オメガvsフランチェスコ・トーゴー/アントーニオ本多

梅村パソコン塾スポンサードマッチ
DDT EXTREME選手権 第12代王者決定戦 
男色ディーノpresents名古屋式ハードコア WINNER EATS
ういろうルール 無制限一本勝負
MIKAMIvsGENTARO

アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
入江vs佐藤光留

アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
鳥羽vs入江

アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
澤vs鳥羽

オーナー(のパートナー)率いるDDT正規軍vsCEO率いるBHxH軍 5vs5勝ち抜き戦 各5分一本勝負
<正規軍>
(先鋒)HERO!、(次峰)入江茂弘、(中堅)星誕期、(副将)タノムサク鳥羽、(大将)澤宗紀
 vs 
<BHxH軍>
(先鋒)大家健、(次峰)中澤マイケル、(中堅)佐藤光留、(副将)ヨシヒコ、(大将)マサ高梨

松永智充/伊橋剛太vs杉浦透/彰人

KUDO/ヤス・ウラノ/高尾蒼馬vs
HARASHIMA/大鷲透/安部行洋

JWP
2010/1/10
東京キネマ倶楽部

JWP2010年~OCC開幕戦

2010年オープニングマッチ 20分1本勝負
春山香代子&○KAZUKI(12分32秒、ジャガー式バックドロップホールド)コマンドボリショイ&黒木千里●

オープンクラス・チャレンジリーグ 30分1本勝負
○輝優優[2点](9分30秒、エルボースマッシュ→片エビ固め)蹴射斗●[0点]

同リーグ 30分1本勝負
○米山香織[2点](10分55秒、米-ZOU)桜花由美●[0点]

同リーグ 30分1本勝負
○Leon[2点](1分22秒、4の字ジャックナイフ式エビ固め)パッション・ホッティー●[0点]

同リーグ 30分1本勝負
○阿部幸江[2点](11分21秒、ラ・マヒストラル)さくらえみ●[0点]

同リーグ 30分1本勝負
△倉垣翼[1点](時間切れ引き分け)高橋奈苗△[1点]

頑固プロレス
2010/1/10
西調布格闘技
アリーナ

新春男前大作戦
△大久保一樹(12分24秒 両者反則)矢野啓太△
○アイアンマンwonderman不動力也(4分12秒 体固め)ヤマダマンポンド●
○清水元嗣(8分53秒 反則勝ち)レザーフェイス
○ジョータ(13分36秒 体固め)野村聡●
○渡辺宏志(10分58秒 逆片エビ固め)北原憲昭●

AJPW
2010/1/10
所沢市民体育館

2010 新春シャイニング・シリーズ

近藤修司/カズ・ハヤシ/小島聡vs
歳三/ジョー・ドーリング/TARU

船木誠勝/武藤敬司vsNOSAWA論外/鈴木みのる
征矢学/河野真幸/諏訪魔vs浜亮太/西村修/曙
真田聖也vs太陽ケア
KAI/ゾディアックvs稔/レネ・デュプリ
大和ヒロシvs中之上靖文

NOAH
2010/1/10
Zepp Nagoya 

○田上明(5分19秒 首固め)●平柳玄藩

○クラウディオ・カスタニョーリ、クリス・ヒーロー(10分36秒 KRS1→片エビ固め)●志賀賢太郎、小川良成

○潮崎豪、金丸義信(16分04秒 ゴーフラッシャー→片エビ固め)●石森太二、秋山準

○佐野巧真、高山善廣=高山堂=(9分13秒 北斗ボム→体固め)●青柳政司=誠心会館=、斎藤彰俊

○力皇猛、モハメドヨネ(9分45秒 無双→体固め)●青木篤志、丸藤正道

○佐々木健介=健介オフィス=、森嶋猛、宮原健斗=健介オフィス=(16分56秒 ラリアット→体固め)●リッキー・マルビン、キース・ウォーカー、バイソン・スミス

▼グローバル・タッグリーグ戦Bブロック

○杉浦貴、谷口周平(11分29秒 オリンピック予選スラム→片エビ固め)●本間朋晃/真壁刀義(新日本プロレス)


 ↑ トップへ
 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演


サムライTV 22:00
●日曜開催の注目大会をニュースフラッシュ

23:00
プロフェッショナル修斗
「プロフェッショナル修斗公式戦」
2011.1.10 後楽園ホール
<環太平洋ウェルター級王座決定戦>
●佐々木信治×児山佳宏
●土屋大喜×トニー・ハービー
●遠藤雄介×杉江“アマゾン”大輔
●朴光哲×田村ヒビキ
●上田将勝×ファーカード“フランク”シャリポフ
●赤木敏倫×塙真一
2011年度新人王決定トーナメント1回戦バンタム級
●大里洋志×斉藤健史
<同フェザー級>
●小暮卓也×木暮聡
<同ライト級>
●中村憲輔×加藤忠治
<同フェザー級>
●吉岡信一×中村浩

USTREAM 23:00
チェリーの「さくらんぼ狩りナイト!」

G+  
プロレスクラシック #91
世界王者ハンセン来日&カルガリー・ハリケーンズ襲来!

1986/3/29 後楽園ホール
AWA世界、PWF、インタートリプル選手権試合
スタン・ハンセンvsジャンボ鶴田

1986/4/5 横浜文化体育館
AWA世界、PWFダブル選手権試合
スタン・ハンセンvs長州 力

1986/4/12 熊本市体育館
PWF認定世界タッグ級選手権試合
スタン・ハンセン、テッド・デビアスvs
長州 力、谷津嘉章

1986/4/19 兵庫県立文化体育館
長州力、谷津嘉章、キラー・カーンvs
スーパー・ストロング・マシーン、ヒロ斎藤、高野俊二

AWA世界、インターダブル選手権試合
スタン・ハンセンvsジャンボ鶴田

19:30
NOAH di コロッセオ#433
12/5 日本武道館

GHC Jr. 
金丸vs鼓太郎

丸藤復帰戦 
丸藤正道 vs KENTA

J-Sports 22:00 

スマックダウン #593

●ビッグ・ショー vs コーディ・ローデス
●トレント・バレッタ vs ドリュー・マッキンタイア
●エッジ&レイ・ミステリオ vs アルベルト・デル・リオ&ケイン
●ナタリヤ&ベス・フェニックス vs レイ・クール
●トリプルスレッドマッチ

GAORA 23:30 
全日本プロレス
B-Bnquet #203

2010世界最強タッグ決定リーグ戦~最終戦~ 
12/7仙台プラザ


◆6人タッグマッチ 30分1本勝負
真田聖也&征矢学&BUSHI vs 太陽ケア&菊地毅&本田多聞
◆6人タッグマッチ 30分1本勝負
曙&カズ・ハヤシ&近藤修司 vs TARU&レネ・デュプリ&稔
◆2010世界最強タッグ決定リーグ戦 優勝進出決定戦 時間無制限1本勝負
諏訪魔&浜亮太 vs 船木誠勝&鈴木みのる
◆2010世界最強タッグ決定リーグ戦 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
KENSO&KONO vs 諏訪魔&浜亮太

日テレ 24:59 
芸人報道
出演:高山善廣

 
 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のバースデイ / 忌日


堀田 祐美子
1967/1/10

日本の女子プロレスラー。身長168cm、体重78kg。兵庫県神戸市出身。

所属

  • 全日本女子プロレス(1985年 - 2003年)
  • フリーランス(2003年)
  • AtoZ(2003年 - 2006年)
  • フリーランス(2006年 - )

経歴

極真会館の元世界王者・中村誠の下で空手を学ぶ。全日本女子プロレス入団。この時受けたオーディションの模様はテレビ録画されていて、堀田のすぐ横に、後のダイナマイト・関西となる鈴木智江子が映っている。

1985/6/5、北海道・苫小牧スポーツセンターにてvs宇野久子(後の北斗晶)&神崎文枝でデビュー。パートナーは仲前芽久美(後のドリル仲前)。

1988年に西脇充子とファイヤージェッツを結成。「闘えファイヤージェッツ」でレコードデビュー。

1990年代中盤からは主力選手としてのポジションを確立するが、基礎的な実力に疑いはなかったものの、試合構成力や観客へのアピール力といったプロレスラーとしての必須能力に難があり、WWWA世界シングル王座戦線では後輩のアジャ・コング、豊田真奈美などの後塵を拝する。

1997年の全女選手大量離脱の際には全女に残留し「新生全女」をアピール。

1998年7月にはスポーツ平和党、2001年5月には自由連合より参院選比例代表候補として出馬する。

2003/5/11の横浜アリーナ興行にて全女退団を公式アピール。

2003/6/24にアルシオンを吸収合併しAtoZを旗揚げするも、AtoZは2006/5/3の後楽園ホール大会を最後に解散。以降フリーランスとして、伊藤道場、アイスリボン、ガロガなどを主戦場とする。ヒールの立場に立つことが多くなったが、前述の欠点は解消されておらず、ファンから厳しい評価を受けることが多い「リアルヒール」の扱いを受けることが多くなった。

2007年10月からCHICK FIGHTS SUNに参戦するようになったが、参戦に際し高橋奈苗代表に連日のように同じ内容のメールを送付して参戦をしつこくアピールし、さらに自らリングネームを「KY堀田」と改め、しまいには「入場テーマのCDが壊れた」という理由で、自分の入場テーマをア・カペラで唄いながら入場するなど、アピール力に難を持つ自身の欠点を逆手に取ったような「KY」なキャラクターを発揮。SUNのマットを混乱に陥れている。

2009年より「パッション・レッド」に加入。「パッション・ホッティー」のリングネームを名乗る。


フランシスコ・フィリォ
Francisco Filho
1971/1/10 

ブラジル出身の空手家(四段)、キックボクサー。「一撃」「極真の怪物」の異名を持つ。極真会館(松井派)所属。なおブラジルポルトガル語でFilhoは「息子」を意味する。またネイティブ発音に従い、lhoはリョと一般的に表記される事が多いため、ブラジル関連メディアなどでは、フランシスコ・フィーリョあるいはフィリョと表記される場合もある。「フィリォ」の表記は帯に刺繍されている名前及び本人の日本語のサインによる。

空手の師匠は磯部清次、K-1出場に際してはアメリカでモーリス・スミスにキックボクシングを学んだ。

来歴

フィリォが空手家を志した動機は幾つかあるが、その一つとして、『キックの鬼』が挙げられる。彼が幼い頃、ブラジルでは梶原一騎原作の日本アニメ『キックの鬼』が放送されていた。その主人公沢村忠(ブラジル人には、サワムラという名字が「サヴァムー」と聞こえていたという)の活躍にフィリォは憧れ、強い男になりたいという思いが芽生えたという。

1991年11月に行われた極真会館主催の第5回オープントーナメント全世界空手道選手権大会に出場。4回戦でアンディ・フグに一本勝ち(止めがかかってからフィリォの放った上段回し蹴りによる失神KO。実際には反則になるが、最高審判長を務めていた大山倍達の「止めがかかったとはいえ、その不意をつかれる者は勝者ではない」という判断により一本となった)。兄弟子のアデミール・ダ・コスタが第4回大会でアンディに敗れていたため、リベンジを果たした形となった。同大会でベスト16となり、敢闘賞を受賞した。

1995/3/18、極真会館総本部において百人組手を完遂。

1995/11/3 -11/ 5、第6回全世界空手道選手権大会(極真会館松井派主催)第3位

1997/4/20、第1回全世界ウェイト制空手道選手権大会(極真会館 松井派主催)重量級優勝

1997/7/20、K-1初参戦。前年度K-1GP王者であり、極真空手ルールでは勝利を収めているアンディ・フグとK-1ルールで再戦し、1R後半に出した一発のパンチで失神KO勝利して返り討ちにした。前年度のK-1王者を文字通り“一撃”で沈めたフィリォの登場は、極真カラテの神話性を復活させるかのような衝撃を与えた。K-1主催者の石井和義館長は当時のインタビューで、「フィリォの中に大山倍達総裁の姿を見た」と語っている。

1999/4/25、K-1 REVENGE '99にて同年のK-1GP王者アーネスト・ホーストに1R失神KO勝ち。敗れたホーストは「この時に初めて本気で引退を考えた」と語っている。

1999/11/5 - 11/7日、第7回全世界空手道選手権大会(極真会館松井派主催)優勝。決勝戦で数見肇を破る(外人選手として初の世界選手権王者となる)。

2000/4/23、K-1 THE MILLENNIUMでジェロム・レ・バンナに自身のお株を奪われる左ストレート一撃で1R失神痙攣KO負けを喫したシーンは「千年に一度のKO劇」と評された。

2001/12/8、K-1 WORLD GP 2001決勝大会で、ピーター・アーツ、アレクセイ・イグナショフに勝利するが、決勝戦でマーク・ハントに延長判定負けし、惜しくも準優勝。

2002/8/10に開催された一撃第2回大会より大会代表およびプロデューサーに就任した。

2004/5/30、一撃 5.30 ICHIGEKIにて、前年度K-1WGP王者であり、同年のK-1WGPでも連覇を達成したレミー・ボンヤスキーと対戦し、スタンディングダウンを奪って勝利。この試合を最後に現役から引退した。

2006年5月には、ブラジルに「フランシスコ・フィリォ 一撃アカデミー」を設立。

現在は現役を引退して、極真会館松井派ブラジル支部の「監督」を務めており、グラウベ・フェイトーザ、アレキサンダー・ピチュクノフ、エヴェルトン・テイシェイラらを指導している。

獲得タイトル

  • K-1 WORLD GP 2000 in 横浜 GP予選トーナメント 優勝
  • K-1 WORLD GP 2001 in 福岡 敗者復活トーナメントAブロック 優勝
  • K-1 WORLD GP 2001 準優勝
  • 第7回全世界空手道選手権大会 優勝(1999年)

菊タロー
1976/11/17
(1976/1/10(今宮戎神社の「十日戎」の中日)生まれ、今宮戎神社境内出身を名乗っていた)

日本のプロレスラーで、覆面レスラー。大阪府大阪市生野区出身。かつて大阪プロレスにおいてえべっさんのリングネームで活躍。

菊タローはリングネームであり、また覆面レスラーの素顔ならびに本名は正式には公表されていないが、過去の経歴やリングネームが本名から1文字取ったことを明かしていること、さらに試合中にネタとしてマスクを脱いで見せる素顔などから、その正体は菊澤光信だと言われている。


レミー・ボンヤスキー
Remy Bonjasky
1976/1/10 

スリナム共和国パラマリボ出身。現在の国籍はオランダのキックボクサー(バックボーンはムエタイ)、映画俳優。チームボンヤスキー所属。オランダ大学卒業。元投資銀行員(ABNアムロ銀行)という異色の経歴を持つ。

防御を中心とした技術と高い身体能力を生かしたフライング・ニー(跳び膝蹴り)、フライング・ハイ(ハイキック)などの蹴り技が武器。K-1 WORLD GPで3度の優勝を果たしている。

来歴

2001/6/24、日本で初の試合。K-12戦目でレイ・セフォーにTKO勝ちし、脚光を浴びる。

2003/10/11、K-1 WORLD GP開幕戦でボブ・サップと対戦。ロー、ミドル、ハイなどでダメージを与え、ダウンを奪うが、ボンヤスキーがスリップした時にサップに攻撃を受け試合続行不可能となったため、反則勝ちで決勝トーナメントに駒を進める。

2003/12/6、WGP決勝トーナメント準々決勝でピーター・グラハムを跳び膝蹴りで1RKO勝ち。準決勝でシリル・アビディをまたしても膝蹴りで1RKO勝ち。そして決勝で武蔵を判定で破り、初優勝を果たした。

2004/5/30、一撃キックルールでフランシスコ・フィリォと対戦し、ダウンを奪われて判定負け。

2004/9/25、曙にハイキックでKO勝ち。

2004/12/4、WGP決勝大会の準々決勝でアーネスト・ホーストと対戦し、延長判定勝ち。続く準決勝でフランソワ・"ザ・ホワイトバッファロー"・ボタと対戦。1Rと2Rはボタのボディブローの連打に圧倒され、最終第3Rも圧倒されていたが試合終了直前にハイキックでダウンを奪い、判定勝ち。決勝戦では武蔵に判定勝ちで2連覇を果たした。

2005/4/30、K-1ラスベガス大会でマイティ・モーから右フックでダウンを奪われ判定負け。決勝GPの準々決勝ではチェ・ホンマンを判定で下すも、準決勝でセーム・シュルトに膝蹴りに苦しみ1RKO負け。試合後、「4週間ぐらい前に怪我をしたところを攻められた。精神面じゃなく肉体面が敗因だ」、「王者のプレッシャーから解放された」とコメントした。

2005/12/31、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!にてザ・プレデターと対戦。判定2-1で判定勝ち。試合後、「12月のグランプリでの左足の負傷がまだ癒えておらず、思うように蹴れなかった」とコメントしている。

2006/5/13、K-1アムステルダム大会のスーパーファイトでジェロム・レ・バンナと対戦。一度は2-0の判定勝ちと宣告された。その後、バンナ側の抗議により、6月30日付で0-3の判定負けと記録が変更された。同年7/30、札幌大会で昨年ダウンを奪われ判定負けを喫したマイティ・モーとリベンジマッチを行う。ダウンこそ奪えなかったがローキックなどでダメージを与え判定勝ち。リベンジを果たした。開幕戦ではピーター・アーツと対戦予定だったが、アーツが病気で欠場したため、試合の2日前に代役で出場が決まったゲーリー・グッドリッジと対戦し、KOで下し決勝大会への切符を手に入れる。決勝GPではステファン"ブリッツ"レコに2度の金的を受けるアクシデントに苦しみながらも、カウンターでダウンを奪い判定勝ち。だが金的のダメージが残っていたため、準決勝を棄権した。

2007/4/28、K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAIIのスーパーファイトにてグラウベ・フェイトーザと初対戦し、2-0の判定勝ち。

2007年8月、ミルコ・クロコップのチーム・クロコップのトレーニングにスパーリング・パートナーとして参加。

2007/9/29、K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16にてステファン"ブリッツ"レコと対戦し、右跳び膝蹴りでKO勝ち。

2007/12/8、K-1 WORLD GP 2007 FINALの準々決勝でバダ・ハリに判定勝ちするも、準決勝でピーター・アーツに判定負け。

2008/4/26、K-1 WORLD GP 2008 IN AMSTERDAMのスーパーファイトにてメルヴィン・マヌーフにKO勝ち。

2008/7/13、K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEIのスーパーファイトでヴォルク・アターエフと対戦し、3RKO勝ち。

2008/9/27、K-1 WORLD GP 2008 IN SEOUL FINAL16でポール・スロウィンスキーと対戦し、判定勝ち。しかし不可解な判定に試合後スロウィンスキーは判定に不服を唱えていた。

2008/12/6、K-1 WORLD GP 2008 FINALの準々決勝でジェロム・レ・バンナに3RドクターストップTKO勝利、準決勝でグーカン・サキに2RKO勝利を収め、決勝でバダ・ハリと対戦する。1Rにハリからダウンを奪ったものの、2Rに足を掴まれ倒されたところにハリの反則攻撃(倒れた相手へのパンチと踏みつけ)が当たり、ダメージ回復のため試合が中断され、レミーはダブルヴィジョン(物が二重に見えること)を訴える。結局ハリがこの反則行為によって失格負けとなり、レミーが4年ぶり3度目のGP王者となった。

2009/3/28、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAでアリスター・オーフレイムと対戦。1R、2Rとプレッシャーをかけ続けるアリスターにペースを握られるも、3Rにダウンを奪い判定勝ち。しかし、K-1プロデューサーの谷川貞治は「アリスターの勝ちですね。2Rもアリスターのポイントで良いと思いますし、ダウン以外は全てアリスターが勝っていました」とコメントした。なお、試合後の会見で2日前に膝の裏側の筋を痛め歩行も困難な状態になり、試合当日は鎮痛剤を打って試合をしたことを告白した。

2009/9/26、K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16でメルヴィン・マヌーフと対戦し、判定勝ち。

2009/12/5、K-1 WORLD GP 2009 FINALの準々決勝でエロール・ジマーマンに判定勝ち。準決勝でセーム・シュルトと対戦し、1R開始直後に左フックでダウンを奪い、あわやというところで2度のダウンを奪い返されてKO負けし、連覇ならず。

2010年8月、網膜剥離の手術を受け、成功した。


戦績
89試合74勝15負

獲得タイトル

  • WPKA世界ムエタイ スーパーヘビー級王座
  • K-1 WORLD GP 2003 in ラスベガス 世界最終予選 優勝
  • K-1 WORLD GP 2003 優勝
  • K-1 WORLD GP 2004 優勝
  • K-1 WORLD GP 2008 優勝

伊藤 旭彦
1983/1/10

日本の元プロレスラー。三重県桑名市出身。身長177cm、体重91kg。プロレスリング・ノアに所属していた。

来歴・人物

三重県立桑名工業高等学校ではレスリングで国体に出場し、プロレスラーになる為に国士舘大学へ進学した。2003/6/15、レスリング部としてキングダム・エルガイツに参戦。

2005/1/24、プロレスリング・ノアに入門し、12/24、潮﨑豪をパートナーに力皇猛&ムシキング・テリー戦でデビューした。

柴田勝頼、後藤洋央紀の高校の後輩である(後藤とは大学も一緒)。

師匠は小橋建太。付き人であった谷口周平が長期欠場したため、代わりに小橋の付き人となった。

デビュー当初は黒いショートタイツだったが、現役末期はオレンジのロングタイツを着用していた。

2010/2/7付けで引退が発表された。

入場曲

  • The Rock Show (Blink-182)

 
    


 
 
今日のプロレス 興行日程
[すべて見る]
お近くの人は是非見に行きましょう!
団体 会場  

全日本


2011新春シャイニングシリーズ最終戦
静岡・浜北総合体育館グリーンアリーナ

三冠ヘビー級選手権試合
諏訪魔 vs 太陽ケア
※第43代王者・諏訪魔、2度目の防衛戦

船木誠勝、鈴木みのる、曙 vs TARU、KONO、スーパー・ヘイト

カズ・ハヤシ、近藤修司 vs 稔、MAZADA

西村修 vs KENSO
真田聖也、征矢学 vs KAI、大和ヒロシ
渕正信、中之上靖文 vs NOSAWA論外、BUSHI
浜亮太 vs 征矢匠


17:00

ノア


The First Navig.2011 開幕戦
神奈川・横浜赤レンガ倉庫

杉浦貴、丸藤正道、青木篤志 vs 佐々木健介、中嶋勝彦、宮原健斗

ランバージャックマッチ
潮崎豪 vs 平柳玄藩

鈴木鼓太郎、小川良成 vs 石森太二、リッキー・マルビン

高山善廣、佐野巧真 vs KENTA、谷口周平
森嶋猛、吉江豊 vs モハメドヨネ、金丸義信
齋藤彰俊 vs 井上雅央
田上明 vs 志賀賢太郎

16:00

ドラゴンゲート


愛知・名古屋テレピアホール

オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
土井成樹、Gamma vs 望月成晃、ドン・フジイ

オープン・ザ・ブレイブゲート王座 次期挑戦者決定トーナメント決勝戦
Aブロック勝者 vs Bブロック勝者

新春初笑いマッチ
斎藤了 vs “ハリウッド”ストーカー市川


15:00

レジェンド・ザ・
プロレスリング


炎の飛龍・藤波辰爾vs革命戦士・長州力14年ぶりの一騎打ち
後楽園ホール
レジェンド・ザ・プロレスリング

メインイベント:シングルマッチ@名勝負数え唄
藤波辰爾 vs 長州力

セミファイナル:タッグマッチ
初代タイガーマスク、AKIRA vs ウルティモ・ドラゴン、獣神サンダー・ライガー

大森隆男、石井智宏 vs 本田多聞、関本大介

ヒロ斉藤、ベアー福田、田島久丸 vs 菊地毅、泉田純至、橋誠

長井満也、アレクサンダー大塚 vs スーパー・タイガー、タイガー・シャーク

新春お年玉特別シングルマッチ
菊タロー vs えべっさ

 
12:00

K-DOJO


神奈川・横浜にぎわい座B2階のげシャーレ

火野裕士、TAKAみちのく、HIROKI vs 滝澤大志、梶トマト、マリーンズマスク

旭志織、大石真翔 vs 柏大五郎、アブドーラ・小林
ヒロ・トウナイ vs 関根龍一
稲松三郎 vs バンビ
真霜拳號 vs ランディ拓也

15:00
横浜ダッシュ
横浜ダッシュランド
横浜にぎわい座B2階のげシャーレ

プロレス成人式
ジ・ウインガー、塚本拓海 vs 大橋篤、X

佐々木貴 vs 橋本和樹

666きかんしゃ級タイトルマッチ
忍、X、XX vs さとる、ゆういち、ゆうき

オリエンタル・ドラゴン、ウエスタン・タイガー vs NAOKI、NAOTAKE

佐々木義人、石川晋也 vs 宮本裕向、関根龍一

 
18:30
ガッツワールド 
ガッツワールドvol.45
北千住・シアター1010ミニシアター

社長軍vsデビルワールド~4対4イリミネーションマッチ時間無制限
梁和平、gosaku、マスクドミステリー、レオナルド高津 vs ガッツ石島、円華、CHANGO、アミーゴ鈴木

中野巽耀、松崎和彦 vs 柴田正人、那須晃太郎
ダイスケ、竹田誠志 vs 田村和宏、X
真琴 vs 星ハム子
吉野達彦、山田太郎 vs 小川内潤、黒シャチ


12:30
 
シークレット・ベース


Drastic Holiday
北千住・シアター1010ミニシアター
Drastic Holiday

清水基嗣 VS ヤマダマンポンド

小川内潤、フェリスト VS CHANGO、アミーゴ鈴木

〈他参戦予定選手〉
ベアー福田、スパーク青木、スカイデジュニア、豪、他

18:00 
頑固プロレス
新春アンコールシリーズ
西調布格闘技アリーナ(U-FILE CAMP調布)

【出場予定選手】
大久保一樹、松崎和彦、矢野啓太、ヤマダマンポンド 他

18:00 

JWP

東京・JWP道場 13:00

華名自主興行


新宿FACE

カナプロ2

華名/石川雄規vs藤原喜明/カルロス天野

TAJIRI/紫雷イオvs紫雷美央/藤田峰雄

佐藤光留vsGAM I

臼田 勝美vs木高 イサミ

ビッグ村上/飯伏幸太/矢野啓太vs
高岩竜一/真霜拳號/入江茂弘

里村明衣子vs下野佐和子

18:00
修斗
後楽園ホール

環太平洋ウェルター級王座決定戦
佐々木信治 vs 児山佳宏

土屋大喜 vs トニー・ハービー
遠藤雄介 vs 杉江”アマゾン”大輔
上田将勝 vs ファーカード“フランク”シャリポフ
朴光哲 vs 田村ヒビキ
赤木敏倫 vs 塙真一
松本好史 vs 徳久宣男
星野大介 vs 西岡攻児

 
17:30
 
 


 
 

試合結果
nikkansports.comより

◆全日本
三冠ヘビー級選手権試合
○諏訪魔(35分49秒 ラストライド)太陽ケア×
※第43代王者・諏訪魔、2度目の防衛に成功。
○曙、船木誠勝、鈴木みのる(12分05秒 ボディプレス)TARU、KONO、スーパー・ヘイト×
○カズ・ハヤシ、近藤修司(9分57秒 スワンダイブ式飛び付きウラカン・ラナ)稔、MAZADA×
○KENSO(17分26秒 首固め)西村修×
○真田聖也、征矢学(13分26秒 猛虎原爆固め)KAI、大和ヒロシ×
○BUSHI、NOSAWA論外(10分48秒 ファイアーバード・スプラッシュ)渕正信、中之上靖文×
○浜亮太(5分03秒 ヒップドロップ)征矢匠×

◆ノア
小川良成、○鈴木鼓太郎[14分31秒 エビ固め]マルビン、×石森太二
▽ランバージャックマッチ
○潮崎 豪[9分1秒 体固め]×平柳玄藩
青木篤志、丸藤正道、○杉浦 貴[22分8秒 体固め]×宮原健斗、中嶋勝彦、佐々木健介

◆ドラゴンゲート
K-ness.、○B×Bハルク、吉野正人[16分9秒 片エビ固め]×KAGETORA、サイバー・コング、YAMATO
○谷崎なおき[12分41秒 エビ固め]×堀口元気
▽オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
○ドン・フジイ、望月成晃(挑戦者組)[18分45秒 原爆固め]×Gamma、土井成樹(王者組)

◆レジェンド
シングルマッチ@名勝負数え唄
○藤波辰爾(9分29秒 丸め込み→エビ固め)長州力×
対戦成績
藤波の20戦9勝5敗1分4無効試合

○ウルティモ・ドラゴン、獣神サンダー・ライガー(12分50秒 アサイDDT)AKIRA、初代タイガーマスク×
○大森隆男、石井智宏(15分30秒 アックスボンバー)関本大介、本田多聞×
○菊地毅、泉田純至、橋誠(13分52秒 火の玉ボム)ヒロ斉藤、ベアー福田、田島久丸×
○アレクサンダー大塚、長井満也(10分39秒 アレクサンダー・ドライバー)スーパー・タイガー、タイガー・シャーク×
○菊タロー(10分34秒 シャイニング・菊ザード)えべっさん×

◆大日本
▽666きかんしゃ級タイトルマッチ
○ゆうき、ゆういち、さとる(挑戦者組)[38分8秒 体固め]遠藤マメ、×山田太郎、忍(王者組)
○佐々木貴[13分10秒 片エビ固め]×橋本和樹
○塚本拓海、ジ・ウインガー[18分26秒 体固め]関本大介、×大橋篤

◆大阪プロ
○ヲロチ、秀吉[11分7秒 片エビ固め]タダスケ、×ブラックバファロー
救世忍者乱丸、○ビリーケン・キッド[12分58秒 ラ・エスパルダ]×松山勘十郎、ミラクルマン
HAYATA、○政宗、空牙[15分17秒 片エビ固め]×アルティメット・スパイダーJr.、ゼウス、小峠篤司

◆沖縄プロ(1部)
▽6人タッグマッチ
シーサー王、○ミル・マングース、グルクンダイバー[17分35秒 マングースプラッシュ]×めんそーれ親父、ヤンバルクイーンナ、ウルトラ☆マンゴー
▽3WAYマッチ
○スペル・デルフィン[10分24秒 デルフィンクラッチ]×ウルトラ☆マンゴー
※もう一人の選手はグルクンダイバー
▽6人タッグマッチ
○めんそーれ親父、ミル・マングース、エイサー8[17分40秒 ガンガラーの谷]シーサー王、怪人ハブ男、×キジムナー

◆沖縄プロ(2部)
○キジムナー[7分59秒 フェアリードライバー]×ゴーヤーマスク
スペル・デルフィン、○ミル・マングース[10分52秒 スピードコースター]ヤンバルクイーンナ、×ウルトラ☆マンゴー
○シーサー王、怪人ハブ男[12分34秒 ドラゴンスープレックスホールド]めんそーれ親父、×エイサー8

◆K-DOJO
○ヒロ・トウナイ[9分6秒 片エビ固め]×関根龍一
○大石真翔、旭志織[16分48秒 エビ固め]アブドーラ小林、×柏大五郎
HIROKI、TAKAみちのく、○火野裕士[20分32秒 エビ固め]×マリーンズマスク、梶トマト、滝沢大志

◆ガッツワールド
社長軍vsデビルワールド~4対4イリミネーションマッチ時間無制限
○梁和平、gosaku、マスクドミステリー、レオナルド高津(4-3)円華、CHANGO、アミーゴ鈴木、ガッツ石島×
○梁和平(18分14秒 高角度回転エビ固め)ガッツ石島×
※社長軍の1人残りで、社長軍の勝利。デビルワールドは解散。
元UWF・中野巽耀が参戦!タッグマッチ
○中野巽耀、松崎和彦(14分02秒 ドラゴン・スープレックス→TKO)柴田正人、那須晃太郎×
○ジャニー田村、大石真翔(15分55秒 ブサイクへの丸め込み)ダイスケ、竹田誠志×
X=大石真翔、ジャニー田村=田村和宏
○真琴(9分04秒 ライジングスター・スープレックス)星ハム子×
○小川内潤、黒シャチ(10分35秒 雷迎)山田太郎、吉野達彦×

◆JWP
○米山香織[5分27秒 横入り式エビ固め]×masu-me
○中森華子、森居知子[13分36秒 綱打ち式原爆固め]×黒木千里、Leon
▽13人参加バトルロイヤル
○倉垣翼[17分40秒 片エビ固め]×KAZUKI

◆華名自主興行
時間無制限1本勝負、フォール無し、KO及びギブアップのみ
○石川雄規、カルロス天野(22分28秒 チキンウィング・フェイスロック)藤原喜明、華名×

○高岩竜一、真霜拳號、入江茂弘(14分31秒 デスバレーボム)ビッグ村上、飯伏幸太、矢野啓太×
ハードコアマッチ
△臼田勝美(15分00秒 ドロー)木高イサミ△

○紫雷美央、TAJIRI(14分08秒 片エビ固め)藤田峰雄、紫雷イオ×
○佐藤光留(11分22秒 アキレス腱固め)GAMI×
○里村明衣子(8分07秒 フライング・ニールキック)下野佐和子×

 
 
 ↑ トップへ

プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

 
 

楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編

 
楽天 売れ筋
No.1
食品編



バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad


Pacific Girls.COM
Ad







 ↑ トップへ
 
   
   




inserted by FC2 system