本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販



 
プロレスレンタル、借りるなら


クリックで簡単検索!
ヤフオクで今、売れている
プロレス商品は何?

yahooオークション

プロレス/格闘技グッズが充実!
バックドロップ


プロレス/格闘技グッズが充実!
マシュマロモンスター


楽天 プロレス関連商品
AMAZON

プロレス/格闘技グッズが充実!
バトルロイヤル

 
 
 2011/1/22

プロレス/格闘技 ニュース

Sportsnavi
nikkansports.com
スポニチ
東スポ
  • 杉浦がGHCヘビー挑戦者不在で無気力症候群に!?
  • 「TKG48」センターは秋山に!新メンバーに歓迎 
  • 小鹿TKG戦に進退かける
  • パンクラス伊藤崇文 日高郁人に王座戦要求
デイリースポーツ
格闘技WEB
マガジンGBR
リアルライブ
 バトル・ニュース
蝶野が名古屋と大阪で"無料"のサイン・記念撮影会を開催!
 
 


 
 

今日のYouTube追加動画

 


AKB48 倉持明日香が語る小橋健太の魅力"
小橋の小話"Part.1
AKBINGO!



NJPW
1991/8/11
両国国技館

野上彰 vs 保永昇男

NJPW
1991/8/7
両国国技館

獣神サンダー・ライガー&越中詩郎 vs 小林邦昭&野上彰

NJPW
1991/8/9
両国国技館

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合 
獣神サンダー・ライガー vs 野上彰

FMW
2001/2/6

冬木弘道/GOEMON/怨霊vs黒田/井上京子/マンモス佐々木

BJW
2006/6/26

葛西純vs豹魔

BJW認定
佐々木貴vs沼澤

NJPW
2010/1/30
後楽園ホール

CIRCUIT 2010 NEW JAPAN ISM
IWGP Jr.
丸藤正道vsプリンス・デビッド

健介オフィス
2010/11/2

TAKE THE DREAM 2010 I
丸藤正道vs中島勝彦

IGF
2010/2/22

GENOME11
佐々木健介/中島勝彦vs小川直也/澤田敦士

 
 


 
 

動画で紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?



ジャンボ鶴田/ザ・グレート・カブキvs
ファビュラス・フリーバーズ
(テリー・ゴディ/マイケル・ヘイズ)

1984/1/22
東村山



2/2


 ↑ トップへ
 
   


 
 

DVD/ビデオの紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?


 

初代タイガーマスク
大全集
発掘!秘蔵名勝負撰
<其の壱>
Vol.3
初代タイガーマスク大全集
1982/1/22
鹿屋市体育館


タイガーマスク&星野勘太郎 vs
ダイナマイト・キッド&ブレット・ハート

初夢☆スペシャルバトル
初夢☆スペシャルバトル初夢☆スペシャルバトル
1995/1/22
後楽園ホール


石川雄規/星川尚浩vs池田大輔/中島半蔵
藤原喜明/ザ・グレート・サスケvs
TAKAみちのく/エル・サムライ
船木勝一vs金本浩二
小野武志vs田中みのる
W/ウィルキンスJr./ドン荒川vs
ヨネ原人/つぼ原人

 

1999
新春ジャイアントシリーズ
三冠ヘビー級選手権試合
新春ジャイアントシリーズ
1999/1/22
大阪府立体育館

三沢光晴vs川田利明

RINGS 1991-2002
 RINGS
1997/1/22
日本武道館


MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1996 Grand-Final

ヴォルク・ハン vs 田村潔司
成瀬 昌由vsグロム・ザザ


The First Navigation`06
The First Navigation`06
2006/1/22
日本武道館


GHC
田上明vs秋山準
KENTAvs丸藤正道
小橋健太/泉田純vs力皇猛/曙
三沢光晴/杉浦貴/ムシキング・テリーvs
佐々木健介/中嶋勝彦/ムシキング・ジョーカー


鉄人 小橋建太
~絶対王者への道~
絶対王者への道 鉄人 小橋建太 
2006/1/22
日本武道館


小橋・泉田vs力皇・曙
 ↑ トップへ
 
 


 
 

番外編
プロレス/格闘技今日は何の日?


NJPW
1981/1/22
姫路厚生会館

アントニオ猪木 坂口征二 vs ザ・サモアンズ1号 2号藤波辰巳 vs ケン・パテラ
長州力 vs バッドニュース・アレン

NJPW
1982/1/22
鹿屋市体育館

アントニオ猪木/ 藤波 辰巳vsアブドーラ ザ ブッチャー/ バッド ニュース アレン
坂口 征二/ 長州 力vsラッシャー木村/ アニマル浜口
タイガーマスク/ 星野 勘太郎vsダイナマイト キッド/ ブレット ハート


AJPW
1983/1/22
後楽園ホール  

ジャイアント馬場/ジャンボ鶴田vsタイガー・ジェット・シン/上田馬之助
阿修羅 原vs鶴見五郎
天龍源一郎/大仁田 厚vsドリーム・マシーン/ロッキー・ジョーンズ

WWE
1994/1/22
プロビデンス・
シビック・センター
第7回 ロイヤル・ランブル
WWE
1995/1/22
USFサン・ドーム
第8回 ロイヤル・ランブル
全日本プロレス
1999/1/22
大阪府立体育会館
三冠
三沢光晴vs川田利明
NJPW
2010/1/22

全試合終了後、矢野通が棚橋を襲撃、因縁が勃発

全日本プロレス
2010/1/22

S1プレゼンツ・S1×全日本プロレス
『合体』吉沢明歩杯争奪6人タッグマッチ
武藤敬司 /船木誠勝 /S1仮面 /with藤浦めぐvs 
TARU/ヘイト/大鷲透
佳山三花杯争奪「F4vsディストラクション」タッグマッチ
小島聡 /大和ヒロシvs諏訪魔/近藤修司
S1プレゼンツ・S1×全日本プロレス
『合体』桜ここみ杯&賞金「300万円」争奪
3WAYトーナメント決勝戦
NOSAWA論外 /西村修 /鈴木みのる 
S1プレゼンツ・S1×全日本プロレス
『合体』渕正信もてもてスーパーファイト
渕正信with大空かのん/月見栞vs歳三 
S1プレゼンツ・S1×全日本プロレス
『合体』桜ここみ杯&賞金「300万円」争奪
3WAYトーナメント一回戦
曙/鈴木みのる/河野真幸
西村修/真田聖也/KAI 
カズ・ハヤシ/NOSAWA論外/稔 

 ↑ トップへ
 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演


サムライTV 22:00
Sアリーナ
2011年1月22日(土)号

DDT特集

23:00 新日本プロレス 
「CMLL FANTASTICA MANIA 2011」
2011/1/22後楽園ホール(NEAR LIVE 3H版)

<ブラック・キャット メモリアル>
●棚橋弘至&P・デヴィット&ミスティコ
×中邑真輔&内藤哲也&アベルノ
<IWGPタッグ選手権試合>
●G・バーナード&K・アンダーソン
×アトランティス&OKUMURA(挑戦者組)
<CMLL世界ミドル級選手権試合>
●獣神サンダー・ライガー(王者)
×ラ・ソンブラ
<CMLL世界ウェルター級選手権試合>
●マスカラ・ドラダ(王者)×田口隆祐
●タイガーマスク&ラ・マスカラ
×石井智宏&ドラゴン・ロホ・ジュニア
●タイチ×マキシモ

GAORA 22:00
KRUSH~1.9後楽園ホール

テレ朝 26:55 
ワールドプロレスリグ

永田裕志vs鈴木みのる 待望のノーカット放送!

この世には絶対に相容れないモノがある。
「犬とサル」
「水と油」
「裕志とみのる」。

学生時代から続く因縁の大河ドラマ。

2011年初日の出ならぬ初白目・・・
目と目が合ったその瞬間、
衝撃の白目が飛び出す!!


 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のバースデイ / 忌日


中西 学
1967/1/22

日本のプロレスラー。京都府京都市出身。血液型A型。新日本プロレス所属。宇治高等学校(現:立命館宇治高等学校)・専修大学卒業。

来歴

宇治高等学校時代からレスリングを始める。専修大学に進学し、大学卒業後は和歌山県庁勤務を経て新日本プロレスのレスリング部門闘魂倶楽部に入門。全日本レスリング選手権大会フリースタイルで1989年から4連覇を達成。1992年のバルセロナオリンピックフリースタイル100kg級に出場し、2回戦敗退となった。

1992年、藤波辰爾のタッグパートナーという大抜擢を受け、新日本プロレスからプロデビュー。デビュー後しばらくはレスリング用のヘッドギアを着用していた。1995年3月、第6回ヤングライオン杯にて優勝。同年6月より米国武者修行へ旅立つ。若手時代は特にマサ斎藤にかわいがられ、修行先のWCWでは「世界に通用する男だから世界に通用するリングネームを使え」と、マサに命名された「クロサワ」の名で活躍した。

1996年9月に凱旋帰国。1997年には小島聡と組んで第31代IWGPタッグ王座に就く。1999年にはG1 CLIMAXで初優勝。同年、永田裕志と組んで第39代IWGPタッグ王座にも就いた。

2000/3/28、永田・ブライアン・ジョンストン・吉江豊・福田雅一と格闘ユニット「G-EGGS」を結成。本隊内の独立した軍団として、蝶野正洋率いるヒールチーム「TEAM 2000」と抗争を展開。この頃、「P-4M」というメッセージを発信。「問題(Problem)」に「耐える(Put up)」事により「願いが叶う(Possible)」事を「約束される(Promise)」という4つのPからなるもので、これを意味する手のポーズも有る。

2003/6/29、FEG主催の「K-1 BEAST II」でK-1ルールに初挑戦。同じくK-1初参戦であり、アマチュア相撲出身のTOAと対戦するが、1R右フックでKO負け。試合後の会見で前日の練習中に脚に怪我を負っていたことを告白した。

2004年、「シングルをやるために」と本隊を離脱し反体制派へ。一匹狼となり、海賊(パイレーツ)を名乗って暴れる。短期間ながらウルティモ・ドラゴンとタッグ結成。その後は蝶野のチームに合流し、ニュー・ジュラシックパワーズとしてスコット・ノートンともコンビを組む。短期間で、野人→海賊→ソルジャーへとギミックチェンジを繰り返した。

2005年からは、同じくレスリング出身であり犬猿の仲である永田、ケンドー・カシン、藤田和之と「チーム・ジャパン(TJ軍)」を結成。翌年の新日本のユークス子会社化に伴う猪木事務所との提携解消による藤田の離脱まで活動する。

2006/5/31、ZERO1-MAXでのタッグマッチで大森隆男との試合後、大森の実力を認め握手を求めた。大森も中西を認め握手を交わしタッグチームを結成した。6/24のディファ有明大会でNWAインターコンチネンタルタッグ選手権に挑戦。合体技「ワシントン条約」で勝利、初タッグ結成でいきなり王者となり、2戦目の7/17/札幌月寒大会ではIWGPタッグ王座(暫定王座)も奪取した。9/20付けで、蝶野&天山組の持つ第48代IWGPタッグ王座は剥奪され、同日付けで正式に第49代IWGPタッグ王者となった。チーム名を「ワイルドチャイルド」とした。しかし、2008/1/1、ZERO1-MAXの後楽園大会で大森とリング上で大喧嘩し、タッグを解消した。

2009/4/5、大森のリング復帰を機会に大森と再共闘。2009/5/6、後楽園ホールにおいてIWGPヘビー級王座に挑戦し、棚橋弘至を破り第51代王者となった。これまであと一歩のところで手が届かなかったベルトに、6度目の挑戦で悲願の初戴冠。実況席で解説の「鬼軍曹」山本小鉄も、人目を憚ることなく涙を流した。

2009/6/20、初防衛戦で棚橋とのリマッチに敗れ、王座を明け渡した。

2010年10月に開幕したG1 TAG LEAGUEにストロングマンとのタッグチームマッスルオーケストラで出場。Aブロック2位となるも、準決勝で敗退。同年のプロレス大賞で最優秀タッグチーム賞をストロングマンと受賞した。

2011/1/4、レッスルキングダムV IN 東京ドームでストロングマンとのタッグでIWGPタッグのベルトに挑戦するも、獲得ならず。

野人アピール

中西は一部の技に行く前に特定のアピールをすることがある。ただし、それはずっとしているわけでなく、しばらくすると新しいアピールをしだす。

  • 両手の肘から先を振る:スピアーに行く前に両手の肘から先を振り回す。相手が寝転がっているときや片膝状態の時に行う。
  • 両手をばたつかせジャンプ:アルゼンチン・バックブリーカーに行く前に、両手をばたつかせながらジャンプする。
  • 片手を突き上げる:特定の技ということはない。右手を突き上げ、「ホーッ!」と叫ぶ。
  • 地団駄を踏む:ラリアットに行く前に地団駄を踏み、右手を振り回しながら左手で相手を誘うように動かす。
  • 試合後マイクアピールをする際にマイクの音源を確認するために数回マイクを叩いたら観客からそれに合わせて手拍子されたので、地団駄を踏みながらマイクをテンポ良く叩き出す(最初は観客の声援からのアドリブで行なったことだが、現在はマイクアピール前の定番となっている)。
  • また、G-EGGS時代における永田とのタッグ戦では、劣勢の中西の髪(当時はパーマをかけたセミロングヘアー)を永田がコーナー際でもじゃもじゃと掻き中西が復活するというパフォーマンス(通称・野人パワー注入)が見られた。
  • 2010年のG1 CLIMAX XXのリーグ戦でストロングマンとの対決で片手を突き上げ、地団駄を踏んだ後、闘牛の暴れ牛が突進する前に前足で地面を数回ひっかくような動きを行った。この時、観客たちも初めて見る動きだったため、笑い声と拍手で会場が湧いた。

入場曲

  • Seize The Tactticz(現在使用中)
  • WAR(黒い戦争)(エドウィン・スター)(2008年のG1タッグで吉江豊とのタッグチーム「ビックマウンテンズ」の時の入場曲)

その他

  • 同時期にデビューした選手は「第三世代」(第一世代=藤波、長州力など、第二世代=闘魂三銃士、佐々木健介など)と呼ばれる。そのため、デビューの遅かった中西は健介と同年齢ながら第三世代扱いとなった。
  • 大一番の前には対戦相手に「小細工はいらない」と言うことが多いが、中西本人は前述の通り新技開発を好む。
  • WCWでクロサワを名乗っていた頃、試合中のアクシデントで対戦相手のホーク・ウォリアーの腕を折ってしまい、しばらく試合を干されたことがある(もっとも、ホークはアクシデントと言うことで特に怒ってもいなかった上、『ホーク・ウォリアーの腕を折った男』という肩書きも出来たので、当時は結果的にはプラスになったと思われる)。
  • メガネをかけてインテリギミックを使おうとしたことがあるが、すぐやめてしまった。
  • 体育科の教員免許を持っており上述の通り元公務員でもある。
  • 元夫人は、元プロ野球選手・近藤昭仁の次女で元女優の近藤典子。
  • メジャー団体では数少ない関西弁で喋るレスラー(当時、メジャー団体では大相撲の慣例にならい方言禁止の風習があった)だったが、2002年にカール・ゴッチ宅を訪問してからはたどたどしい標準語を話すようになった(対照的に同じ第三世代の天山広吉は以前より関西弁を話す機会が増えた)。現在は元の関西弁に戻りつつあるようである(前田日明や金本浩二はそれ以前に関西弁で喋ってはいた)。
  • 2003年3月に「中西政権が始まるぞ」と試合後コメントしたが、長い間実現しなかった。これに関しては当時新日本の社長だった藤波も「中西は会社がプッシュしてあげようとした時にいつも波に乗れない」と雑誌のインタビューに答えていた。しかし、2009年5月に王者に就き、初の政権が誕生した。
  • 実家は京都では有名な茶農家である。
  • レスリングの技術はかなりのものであるはずが、同年代であり同じくレスリング経験のある永田の妬みにより、野獣キャラを押しつけられることとなり、得意のレスリングのうまさをアピールすることはできなくなってしまった。
  • 『さんまのSUPERからくりTV』のコーナーの一つである「熱血プロレスラー中西学のお悩み相談バーベキュー相談亭」ではおぎやはぎ、駒田健吾アナとともに相談者の相談に乗っているが、結局は解決には至らず中西の珍発言に注目が集まっている。初めの主張とはまったく逆になっていることも少なくない。
  • 上記の『さんまのSUPERからくりTV』の特番で、子供に勇気を与えるためと題して、705kgのキャンピングカーを50m引っ張るギネスブック記録に挑戦。持ち前の怪力をいかんなく発揮し、計測タイムはギネス記録を更新した(成功した際、明石家さんまに「これから兄さんと呼ばせてもらいます、これからは明石家学と名乗ります」と言い、さんまにチョット引かれていた)。
  • 専修大学時代、寮で洋物のアダルトビデオを見つつ「オーイェー!!」などと叫びながら何やらやっていたところを後輩で寮の同室だった秋山準に何度か目撃されている。なお、お互いがプロになってから2009年現在で二度対戦しており、どちらも秋山が勝利している。
  • 新日本プロレスのエンターテインメント系興行「WRESTLE LAND」ではそのキャラクターを余すところ無く発揮し、ファンに受け入れられている。後楽園ホールにて行われた「WRESTLE LAND 9th」では時間無制限1本勝負“権力の象徴”争奪3WAYラダーマッチ『棚橋弘至 vs TARU vs 中西学』に勝利し、ナカニシ・ランド開催の権利を得た。なお、権力の象徴とは、天井から吊るされた白の捻りハチマキ。
  • 2007年、新垣結衣主演映画「恋するマドリ」にレスラー役として出演する。
  • 2007年5月、「美味紳助」(テレビ朝日)で、健啖家と見られる4人の「ある一日のカロリー摂取量」を栄養士同伴で徹底調査するという企画に、フードレポーターの彦摩呂、女子シンクロナイズドスイミング日本代表の原田早穂、大食いタレントの三宅智子らと共に出演。「競争」ではなく、栄養士がいるという以外は極めて普通の日常状態の食事での測定であったが、当初「レスラーは意外と食わんよ」と言っていた島田紳助の予想を覆す約8,500kカロリーを摂取。しかし1位の三宅が約8,600kカロリーとなり、中西は僅差の2位であった。
  • 2010年6月3日放送の「全種類。」での企画「大食いチャレンジ」にて「ステーキハウス・リベラ」で大学時代に挑戦して完食出来なかったチャレンジメニュー30分で500gステーキ&大盛りライスのセットを3セットをみごと完食し、約20年ぶりのリベンジを果たした。
  • 趣味はデビュー時から、現在に至るまで「食べ歩き」。ちなみに、好物は毎年変わっている(週刊プロレス選手名鑑より)。
  • 2007年7月、週刊プロレスの記事によると、身体から脂肪を省いた除脂肪量が99.5kgであり、いまだ筋肉を増やし続けている。
  • 最近はワールドプロレスリングの実況で「ゴリラ」と呼ばれている。特に吉野アナには「霊長類最後のゴリラ」「進化を忘れた類人猿」「ゴリラはやっぱり空を飛べるんですっ!!」とゴリラネタを多数叫ばれている。ほかにもアルゼンチン・バックブリーカーを繰り出したとき、ミサイルキックを繰り出したときなどにお決まりのゴリラネタを叫ばれることが多い。
  • 新日本プロレスの選手では、蝶野正洋に次いでメディア出演が多い。蝶野が教養番組等に出ているのに対し、中西は天然ボケキャラとして、出演のほとんどがバラエティ番組である。
  • 現在は、横浜市鶴見区に在住。その縁から、鶴見区区制80周年記念事業に出席した。
  • テレビ朝日系『シルシルミシル』2010年4月7日放送分のコーナー「すぐ調べる課」に出演。クロマグロを手づかみで捕らえるという企画に挑戦するも、カナヅチであることが判明した。
  • 2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』で当時の力士である彦右衛門役を演じる。

獲得タイトル

新日本プロレス

  • IWGPヘビー級王座(1回)
  • IWGPタッグ王座(3回)
  • 1999年G1 CLIMAX優勝

他団

  • NWAインターコンチネンタルタッグ王座
レスリング
  • 1989年 レスリング 全日本選手権 フリースタイル 100kg級 優勝
  • 1990年 レスリング 全日本選手権 フリースタイル 100kg級 優勝
  • 1991年 レスリング 全日本選手権 フリースタイル 100kg級 優勝
  • 1992年 レスリング 全日本選手権 フリースタイル 100kg級 優勝

高梨 将弘 
1983/1/22

日本のプロレスラー。千葉県市川市出身。DDTプロレスリング所属。

経歴

闘龍門に第9期生(同期には石森太二ら)として入門するもデビューには至らず。

2003年
6月にDDTへ入門、9/14船橋ららぽーとWEST5階屋上大会のリングにおける対スーパー宇宙パワー戦でデビュー。
2004年
5/29の北沢タウンホール大会で行われたKING OF DDTトーナメント1回戦で、一宮章一を破った。
2005年
1/30の後楽園ホール大会より、マサ高梨に改名。
4/24から5/15にかけて行われた、KAIENTAI-DOJOのK-METAL LEAGUE'05に参戦した。また、この年の後半には、根性の足りない忍者であると看破され、すぎはら美里と猪熊裕介による特訓が開始された。暴走族とのチキンラン、パラワンヒラタオオクワガタとの一騎討ち、浜名湖サービスエリアへの置き去り、マッドマン・ポンドによる家庭教師などの理不尽な特訓に耐えた。
2006年
1月29日、ポイズン澤田JULIE率いる蛇界に取り込まれマサ高マムシとなった。
4月27日より全身金色の自称エルドラドの王、キング・ポコダとしてプロレスリング・エルドラドに登場。キング・ポコダ名義はエルドラド代表となる。
蛇界崩壊後の5月から11月頃まで、DDTでのリングネームはポコ高梨(一週だけ高梨ポコダ)を使用していた。
10/15、アイスリボンの千本桜ホール大会に初参戦。以後アイスリボンではリボン高梨というリングネームとなる。
11/23、新宿FACE大会において諸橋晴也とのコンビでフランチェスコ・トーゴー&モリ・ベルナルド組を破り、第23代CMLL認定KO-Dタッグ王者となるが、2007/4/1の後楽園ホール大会でヌルヌルブラザース(中澤マイケル&松永智充組)に敗れ王座転落。
2008年
2/20、新木場1stRING大会で男色ディーノからDDTエクストリーム選手権を奪取。また年頭から主に地方大会で下克上を宣言し、反乱軍の結成をアピールしたが、様々なハプニングにより正式名称やメンバーの発表には至らなかった。これとは別に男色ディーノ、矢郷良明らと“ベルトハンター×ハンター”なるユニットも結成している。12/28の後楽園ホール大会でイタリアン・フォー・ホースメンとの敗者追放マッチに敗れ、DDTのリングを去る。
2009年
1/4、新木場1stRING大会から遠縁のルイ高梨14世が参戦。
5/4、後楽園大会ホール大会でイタリアン・フォー・ホースメンとの敗者追放マッチに敗れ、ルイ高梨14世がDDTのリングを去る。
5/21、新木場1stRING大会で高木三四郎と事実上の引退をかけた試合に勝利し、DDTに復帰する。
8/23、両国大会での男色ディーノの八冠統一戦(最終的には九冠戦)の相手に指名されベルト集めに奔走した結果、統一戦では敗れて失ったものの一時五冠を達成する。
9/27、男色ディーノと「ベルトハンター×ハンター」を結成。のちにヨシヒコ、佐藤光留、石井慧介が合流し一大勢力となる。
11/29、男色ディーノと佐藤光留とのタッグでイタリアンフォーホースメンを破りUWA6人タッグ選手権王者となる。
2010年
1/24、東京愚連隊に敗れ、6人タッグ王座から陥落する。
3/14、次期KO-D無差別級挑戦者決定バトルロイヤルで優勝し、4月4日の新宿大会で現王者関本大介に挑戦。25分を超える激闘の末惜しくも敗れる。
5/12、練習中に右膝前十字靭帯断裂、内側靭帯損傷、膝関節亜脱臼の大怪我。長期の欠場が発表された。
6/5、DDT直営のスポーツバー「ドロップキック」で泥酔して眠りこけていた当時のアイアンマン王者の男色ディーノからベルトを奪取、838代目王者となる。

エピソード

酒が非常に好きだが酒癖が悪く、舌にピアスを刺す、脱ぐ、ホテルで他選手に襲い掛かる等といった暴走行為が高木三四郎等により度々報告されている。そのため、ちゃんぴろんというあだ名が付いた。

タイトル歴

  • CMLL認定KO-Dタッグ(第23代、パートナーは諸橋晴也)
  • アイアンマンヘビーメタル級王座(第257、267、838代)
  • DDTエクストリーム選手権(第6代)
  • JET世界ジェット級選手権(第2代)
  • GAY世界アナル級選手権(第4代)
  • DJニラ認定世界および史上最強級王座(初代)
  • 世界ミッドブレス級選手権(初代)
  • UWA世界6人タッグ(パートナーは男色ディーノ、佐藤光留)

河野圭一
1973/1/22

チョコボールKOBE、チョコフレークK-ICHI、元闘龍門

 
    


 
 
今日のプロレス 興行日程
[すべて見る]
お近くの人は是非見に行きましょう!
団体 会場  
新日本
NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011
東京・後楽園ホール

ブラック・キャットメモリアル
棚橋弘至、プリンス・デヴィット、ミスティコ vs 中邑真輔、内藤哲也、アベルノ
IWGPタッグ選手権試合
ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン vs アトランティス、OKUMURA

CMLL世界ミドル級選手権試合
獣神サンダー・ライガー vs ラ・ソンブラ
CMLL世界ウェルター級選手権試合
マスカラ・ドラダ vs 田口隆祐
タイガーマスク、ラ・マスカラ vs 石井智宏、ドラゴン・ロホ・ジュニア
タイチ vs マキシモ

18:30
ノア
長崎・佐世保市体育文化館

杉浦貴、谷口周平、青木篤志 vs バイソン・スミス、エディ・エドワーズ、ボビー・フィッシュ
高山善廣、リッキー・マルビン vs 佐々木健介、中嶋勝彦
潮崎豪、鈴木鼓太郎、小川良成 vs 森嶋猛、吉江豊、石森太二
秋山準 vs 井上雅央
齋藤彰俊、KENTA vs 金丸義信、平柳玄藩
佐野巧真、モハメドヨネ vs 丸藤正道、宮原健斗

18:30
ドラゴンゲート
岡山・倉敷山陽ハイツ

YAMATO、サイバー・コング、KAGETORA vs CIMA、土井成樹、ドラゴン・キッド
神田裕之、堀口元気 vs 吉野正人、B×Bハルク
スペル・シーサー vs 斎藤了
横須賀享 vs しゃちほこマシーン
望月成晃、苫小牧卓也 vs Gamma、リコシェ

18:00
大阪プロ 大阪ミナミ・ムーブ・オン・アリーナ 18:00
沖縄プロ 沖縄・デルフィンアリーナ国際通り 20:00
K-DOJO
KAIENTAI DOJOという名のタッグリーグ戦2011
千葉・Blue Field

公式戦
柏大五郎、マリーンズマスク vs 大石真翔、ヒロ・トウナイ
滝澤大志、梶トマト vs 旭志織、佐藤悠己
真霜拳號、関根龍一 vs 田村和宏、那須晃太郎

18:30
マッキー興行
RUMBLE in the TSURUMAI
愛知Sportiva

ばってん多摩川名古屋初見参!
ばってん多摩川 vs 入江茂弘
あの別キャラ祭りアゲイン!
ヤス久保田、ヒデ久保田 vs 影山道雄、柴山貴哉
ガッツワールド対GUYZ
ダイスケ vs TAKASHI
神威、清水基嗣 vs 小仲=ペールワン、彰人

20:00
アイスリボン
アイスリボン257
埼玉・イサミレッスル武闘館

藤本つかさvs宮城もち
米山香織(JWP)vsくるみ
みなみ飛香/つくしvsりほ/都宮ちい
志田光/松本都vs真琴/飯田美花(フリー)

真琴率いる『平成YTR』と、志田率いる『1・2・3・志ー団!!』によるダンス対決。

『平成YTR』(ヘイセイ・ヤング・トラディショナル・レボリューション)
真琴、ちい、りほ、飛香、つくし、くるみ、飯田

『1・2・3・志ー団!!』(イチニサンシーダン!!)
志田、藤本、都、もち

18:00
仙台女子
宮城・Zepp Sendai

里村明衣子/植松寿絵vs神取忍(LLPW)/華名
悲恋vs春日萌花(WAVE)

JWP認定ジュニア&POPダブルタイトル次期挑戦者決定トーナメント

18:30
 
 


 
 

試合結果
nikkansports.comより

◆新日本
▽IWGPタッグ選手権試合
○アンダーソン、バーナード(王者)[13分6秒 片エビ固め]×OKUMURA、アトランティス(挑戦者)
○ドラゴン・ロホ・ジュニア、石井智宏[10分6秒 前方回転エビ固め]×ラ・マスカラ、タイガーマスク
○アベルノ、内藤哲也、中邑真輔[14分33秒 片エビ固め]×ミスティコ、デヴィット、棚橋弘至

◆ノア
小川良成、鈴木鼓太郎、○潮崎 豪[18分56秒 体固め]×石森太二、吉江豊、森嶋猛
中嶋勝彦、○佐々木健介[16分50秒 体固め]×マルビン、高山善広
青木篤志、○谷口周平、杉浦貴[25分53秒 原爆固め]×フィッシュ、エドワーズ、スミス

◆ドラゴンゲート
○斎藤了[12分42秒 体固め]×スペル・シーサー
B×Bハルク、○吉野正人[12分28秒 ソル・ナシエンテ]堀口元気、×神田裕之
○ドラゴン・キッド、土井成樹、CIMA[18分17秒 ウルトラウラカンラナ]×KAGETORA、サイバー・コング、YAMATO

◆大阪プロ
タイガースマスク、ブラックバファロー、○タダスケ[13分49秒 体固め]空牙、×ヲロチ、秀吉
○松山勘十郎、ミラクルマン[12分41秒 片エビ固め]くいしんぼう仮面、×えべっさん
○ゼウス[12分4秒 体固め]×TheBodyguard

◆沖縄プロ
▽3WAYマッチ
○スペル・デルフィン[14分18秒 デルフィンクラッチ]×ゴールデン・パイン
※もう1人の選手はウルトラ☆マンゴー
○タイパン[10分19秒 チョーク式裸絞め]×キジムナー
ミル・マングース、○ヤンバルクイーンナ、ゴールデン・パイン[20分13秒 ヤンバルジャーマン]シーサー王、めんそーれ親父、×エイサー8

◆K-DOJO
▽タッグリーグ戦Aブロック
○大石真翔、ヒロ・トウナイ(2点)[13分44秒 直伝トルネードクラッチ]マリーンズマスク、×柏大五郎(0点)
▽同Bブロック
○田村和宏、那須晃太郎(2点)[16分42秒 ミノルスペシャル]真霜拳號、×関根龍一(2点)
滝沢大志、○梶トマト(2点)[19分12秒 ラ・マヒストラル]×旭志織、佐藤悠己(0点)

◆アイスリボン
○藤本つかさ(5分8秒 カサドーラ)宮城もち×
○米山香織(3分43秒 エビ固め)くるみ×
○みなみ飛香/つくし(7分47秒 スカイダイビングプレス)りほ/都宮ちい×
○志田光/松本都(14分29秒 スリーカウント)×真琴/飯田美花(フリー)

 
 
 ↑ トップへ

プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

 
 

楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編

 
楽天 売れ筋
No.1
食品編



バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad


Pacific Girls.COM
Ad







 ↑ トップへ
 
   
   




inserted by FC2 system