本文へスキップ
 
重要なお知らせ
2010/8月以降おまとめは休止しています。
但し、Youtube/ニコニコ動画/Dailymortionなど
日々追加しています。
5,000本以上ありますので検索キーワードを
↓に入れてお探しください。


Google

WWW を検索      
"極め”内検索


また、リンク切れ、レンタル、お探し中などの問い合わせは↓から
◆問い合わせ
ずく
 
 

プロレスレンタル、借りるならTSUTAYA



2011/7/18
プロレス関連商品
AMAZON


プロレス/格闘技 ニュース


AMAZON お勧めのスポーツDVD
AMAZON SPORTS DVD MAY

Sportsnavi
日刊スポーツ
スポニチ
デイリースポーツ
格闘技WEB
マガジンGBR
東スポ
リアルライブ
バトル・ニュース
 ↑ トップへヤフーオークション
 
 


YouTube追加動画 ヤフーオークション

 

AMAZON 食品&飲料 ベストセラー
amazonfood


RINGSTARS
愛川ゆず季とRENAの夢のツーショットが実現!

-
雷紫姉妹

-
さくらえみ

-
ラスカチョレス・オリエンタレス

IGF
2011/4/28
JCBホール

GENOME 15

崔領ニvs澤田敦士
ボブ・サップvs角谷正義

パンクラス
Legends of Mixed Martial Arts/2/5/3/5/4/5/5/5

パンクラス
1993/9/21
東京ベイNKホール

イントロ
船木誠勝/鈴木みのる
1993/9/21 オープニング
鈴木みのるvs稲垣克臣
バス・ルッテンvs柳澤龍志
冨宅祐輔vsヴァーノン・”タイガー”ホワイト
高橋義生vsジョージ・ワイングロフ
船木誠勝vsウエイン・シャムロック

パンクラス パーフェクト 1
パーフェクト 1

PANCRASビデオ紹介

FUCK
2006/7/2

FU★CK Vol.27: Carve It F'N On The Mind 7.2.06


AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演



USTREAM 23:00
チェリーの「さくらんぼ狩りナイト!」


テレ朝 19:00
中居正広の怪しい本の集まる図書館

SMAP中居正広が世にはびこる都市伝説がウソかホントか白黒付けます!ほくろの毛は抜いちゃダメ?ガンになる可能性が分かる検査?豊胸は見抜ける?ジャニーズ伝説も…

出演:アントニオ猪木

サムライTV 22:00
Sアリーナ
2011年7月18日(月)号

マスクド・スーパースター引退
全日本プロレス 7.17松本大会

23:00
プロフェッショナル修斗
「SHOOTOR'S LEGACY 03」
2011.7.18 後楽園ホール<ニアライブ>

<世界ウェルター級チャンピオン決定戦>
●朴光哲×弘中邦佳
<世界バンタム級チャンピオンシップ>
●(王者)漆谷康宏×正城ユウキ(挑戦者)
●上田将勝×佐藤ルミナ
●徹肌ィ朗×田村彰敏
●美木航×臼田育男
●松本輝之×山内慎人
●根津優太×堀口恭司
●金田一孝介×佐々木憂流迦

J-SPORTS 22:00
スマックダウン #620

エゼキエル・ジャクソン&ダニエル・ブライアン vs テッド・デビアス&コーディ・ローデス
トレント・バレッタ vs ジンダー・マハル
AJ vs タミーナ
ケイン vs マーク・ヘンリー
シン・カラ vs タイソン・キッド
ウーソズvsヒース・スレーター&ジャスティン・ガブリエル
ランディ・オ

WWE RAW
ベスト・オブ・2010
WWE RAW ベスト・オブ・2010
WWE キャピタル・
パニッシュメント2011
WWE キャピタル・パニッシュメント2011

 

AMAZON PCのベストセラー
AMAZON PC



プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル

 ↑ トップへヤフーオークション

プロレス/格闘技 関連商品SHOP
BACKDROP





プロレス/格闘技
今日は何の日?

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON 本のベストセラー
AMAZON BOOKS MAY



1989年以前

1953/7/18
アメリカ遠征もした元プロ柔道の山口と元大相撲小結の清美川が対決。「柔道対相撲」の一戦は山口が勝利。

IWA
1978/7/18
岩手県営体育館

IWA世界タッグ選手権3本目
グレート草津&アニマル浜口 vs ミスター・ヒト&アレックス・スミルノフ

国際プロレス クロニクル
上巻

国際プロレス コロニカル


AJPW
1979/7/18
卯辰山相撲場
特設リンク

テリー・ファンクvs アブドーラ・ザ・ブッチャー/2/2

AWA
1980/7/18
シカゴ

AWA
ニック・ボックウィンクルvsバーン・ガニア

NJPW
1986/7/18
松本市総合体育館

ジョージ高野vsマンテル

前田 日明/藤原 嘉明vsケンドー ナガサキ/ミスター ポーゴ

アントニオ猪木/藤波 辰巳vsスティーブ ウィリアムス/バッド ニュース アレン

ジャパン女子
プロレス
1987/7/18
大和市大会

プロレス史上最大のミステリアス・
シュートマッチ
動画があるのかないのか???
今ここに甦る!

ジャッキー佐藤vs神取忍



勝った神取は、試合後ジャパン女子プロレス
退団を表明。

ジャパン女子プロレスビデオ
4月の特集”シュートマッチ”

 
NJPW
1987/7/18
後楽園ホール

前田日明 vs クラッシャー・バンバン・ビガロ

秘蔵
新日本vsU.W.F. 2
秘蔵 新日本vsU.W.F.


AJPW
1989/7/18
滋賀県立体育館

三冠ヘビー級
天龍源一郎 vs 谷津嘉章


ヤフオクで今、売れているプロレス商品は何?
ヤフオクプロレス


1900年代

AJPW
1991/7/18
後楽園ホール

スタン・ハンセン/ダニー・スパイビー vs 三沢光晴/菊地毅 

NJPW
1992/7/18

藤波辰爾vsリチャード・バーン

NWA
1993/7/18
ビロキシ

NWA
バリー・ウインダムvsリック・フレアー

UWFインター
1993/7/18
両国国技館
 
プロレスリング世界ヘビー級王者・高田延彦初防衛戦!
第5代IWGPヘビー級王者・レッドブル軍団からの刺客

高田延彦vsサルマン・ハシミコフ

最強伝説 1991-1994
最強伝説


プロレスリング世界ヘビー級選手権試合
プロレスリング世界ヘビー級選手権試合
ゲイリー・オブライトvsマーク・シルバー
山崎一夫vs安城洋二
佐野直喜/垣原賢人vsデニス・カズラスキー/スティーブ・デイ

UWF系DVD紹介

WCW
1993/7/18
ミシシッピー

NWA
バリー・ウインダムvsリック・フレアー

ビックバン・ベイダー/セッド・ジャスティスvs
スティング/デイビー・ボーイ・スミス

リック・ルードvsダスティン・ローデス

アーン・アンダーソン/スティーブ・オースチンvs
ブライアン・ヒルマン/ポール・ロマ

ビーチ・ブラスト 93
ベイダー仰天ムーンサルト
ビーチ・ブラスト

WWF
1994/7/18

IC王座戦
ディーゼル vs. レックス・ルガー

RAW ザ・ビギニング VOL.2 1994
RAW ザ・ビギニング VOL.2 1994


LLPW
1995/7/18
駒沢オリンピック
公園体育館

アルティメット・チャレンジ L-1トーナメント
優勝賞金 $20,000

遠藤美月vs堀田裕子
ミッシェル・アポロvsグンダ・レンコ・スベトラーナ
神取忍vsリズ・アフリカーノ
フィニー・クルーvsアンドラ・ユルビー

L1 トーナメント
ザ・華激ルネッサンス

リングス
1995/7/18
大阪府立体育館

ヴォルグ・ハンvsトニー・ホーム
前田日明vsハハレイシビリ・ダビッド
山本宣久vsディック・フライ
ハンス・ナイマンvsピーターゼ・アミラン
ピーターゼ・ダリエルvs長井満也
成瀬昌由vs高坂剛

FUMIZUKI
FUMIZUKI

FMW
1995/7/18
後楽園ホール

松永光弘vsミスター・ポーゴ
ハヤブサ/新山勝利vsザ・グラジエーター/大矢剛功
工藤めぐみvsシャーク土屋

FMW 新世紀
~第二章・幕開け~ 1st
FMW 新世紀

JWP
1997/7/18

キューティー鈴木 vs キャンディ奥津/2/2 

K1
1998/7/18
ナゴヤドーム

キックvsカラテ7対7 全面対抗戦

フランシスコ・フィリオ vs ピーター・アーツ
アーネスト・ホースト vs 武蔵
マイク・ベルナルド vs グラウベ・フェイト-ザ
マット・スケルトン vs 佐竹雅昭
ジェロム・レ・バンナ vs サム・グレコ
カークウッド・ウォーカー vs ジャビット・バイラミ
ステファン・レコ vs ニコラス・ぺタス

K-1 Dream '98
K-1 Dream '98

K1
1999/7/18
名古屋レインボー
ホール

ピーター・アーツ vs サム・グレコ

決勝戦
ステファン・レコ vs サミール・べナゾーズ

アーネスト・ホースト vs イゴール・ボブチャンチン

準決勝
ステファン・レコ vs シリル・アビディ
サミール・べナゾーズ vs コンバット・ジーヨ

中迫剛 vs トファン・ピラーニ

1回戦
ステファン・レコ vs フィリップ・ゴミス
シリル・アビディ vs カークウッド・ウォーカー
コンバット・ジーヨ vs マイケル・マクドナルド
サミール・べナゾーズvsアレクサンドル・セメノビッチ

K-1 Dream '99
K-1 Dream '99





2000年以降

AJPW
2004/7/18
両国国技館

世界Jr
カズ・ハヤシ vs 竹村豪氏

ジャマール/ブキャナン/TAKAみちのく vs
アニマル・ウォリアー/ロバート・ギブソン/グラン浜田

三沢光晴 vs 小島聡

三冠ヘビー
川田利明 vs 大森隆男

天龍源一郎/渕正信 vs 嵐/荒谷望誉

武藤敬司 vs 西村修

BJW
2004/7/18
後楽園ホール

伊東竜二vsGOSAKU

BJW
地獄の死闘
伊東竜二特集 Vol.2
地獄の死闘2

AJW
2004/7/18
後楽園ホール

オールパシフィック王座
西尾美香(AtoZ)vsHikaru/2/2

WWE RAW
2005/7/18

金網戦
ケイン vs. エッジ<

ライフ・オブ・ケイン
ライフ・オブ・ケイン


NOAH
2005/7/18
東京ドーム

ノア創立5周年記念の東京ドーム大会
5年ぶり21回目のシングル対決が実現!

三沢光晴vs川田利明



2/3 / 3/3



三沢光晴DVD-BOX
~緑の方舟~

三沢光晴DVDBOX


DESTINY 2005
DESTINY 2005


プロレス大賞
年間最高試合賞
小橋建太 vs 佐々木健介/2/3/3/3

鉄人 小橋建太
~絶対王者への道

小橋建太DVDBOX


小川良成vs天竜源一郎
力皇猛vs棚橋弘至
鈴木みのる/丸藤正道vs秋山準/橋誠
金丸義信vsKENTA
ムシキング・テリーvsブラックマスク

NJPW
2005/7/18
月寒グリーンドーム

IWGP
天山広吉 vs 藤田和之 

タイガーマスクvsディック東郷
稔/後藤洋央紀vsエル・サムライ/金本浩二

月刊 新日本プロレス 5
月刊・新日本プロレス5


NOAH
2008/7/18
日本武道館

Summer Navig.'08

GHC
森嶋 猛vs力皇 猛

Jr
金丸義信vs石森太二

KENTA vs 佐々木健介

三沢光晴/丸藤正道/杉浦貴vs小橋建太/高山善廣/中嶋勝彦

秋山 準 / 青木篤志 / デイビー・リチャーズvs
齋藤彰俊 / モハメド ヨネ / リッキー・マルビン

小川良成/田上明/鈴木鼓太郎vs本田多聞/菊地毅/伊藤旭彦

佐野巧真 / 太田一平vs川畑輝鎮 / /志賀賢太郎

井上雅央 / 百田光雄vs泉田純至 / 平柳

WWE
2008/7/18

SmackDown!にてブライアン・ケンドリックのボディーガードとして『エゼキエル』のリングネームでデビュー

2009/7/18
オーランド 

IWGPタッグ
ブラザー・レイ/ブラザー・ディーボンvs
ブリティッシュ・インベージョン
(ブルータス・マグナス/ダグ・ウィリアムズ

JWP
2010/7/18
後楽園ホール

JWP-PURE-SLAM

JWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権
植松寿絵/KAZUKIvs輝優優/阿部幸江/2/2

JWP認定無差別級王座選手権タイトルコントラカジェベラ
高橋奈苗vs米山香織/2/2

ムーン瑞月デビュー
ムーン瑞月vsみなみ飛香

コマンド ボリショイvsさくらえみ

伊藤薫/佐藤綾子/小林華子/森居知子vs
春山香代子/倉垣翼/,蹴射斗/藪下めぐみ

Leon 10th スペシャルシングルマッチ
アジャ・コングvsLeon

JWP 激闘史2010
JWP 激闘史2010


2010/7/18
新木場1st RING

BUTCHER FIESTA~血祭り2010~
BUTCHER FIESTA~血祭り2010~

アブドーラ・ザ・ブッチャー・来日40周年記念試合
アブドーラ・ザ・ブッチャー、鈴木みのるvs藤原喜明/NOSAWA論外

東京愚連隊マスクマン・ワールド2010
チキンボーイ/スペース・論・ウルフ(円華)vsMR.X(FUJITA)/MR.XX(菅原拓也)

血祭りの女たち
A☆YU☆MI/大畠美咲vs中川ともか/渋谷シュウ

ブッチャー来日40周年記念
新木場版遺恨再現「呪術師vs荒馬」
菊ドーラ・ザ・ブッチャーvsMEN'Sテイオー

仮面FIESTA
~コンプリート2010~

仮面FIESTA2010


NJPW
2010/7/18
札幌テイセンホール

Circuit2010 NEW JAPAN SOUL

IWGPタッグ選手権試合
IWGP タッグ3WAYくじ引き

真壁/バーナード/アンダーソンvs中邑/高橋/内藤

棚橋/KUSHIDAvs矢野/飯塚

金本/サムライ/AKIRAvsデビッド/田口/タイチ

RJPW
2010/7/18

BREAK-4 KICK GUTS
梶原一騎24回忌追悼記念・第13回梶原一騎杯

5代目タイガーマスクデビュー戦
初代タイガーマスク/5代目タイガーマスクvs長井満也/嵐(ドラディション)

 
ダブ
2010/7/18 

Dove Pro Wrestling Natsugira 2K10 7.18.10 music video


AMAZON ゲームのベストセラー
AMAZON GAME MAY


 ↑ トップへヤフーオークション

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト





プロレス/格闘技
プロレス/格闘技 誕生日/忌日


AMAZON 食品&飲料 ベストセラーは何?
AMAZON FOODS BEST



カルロス・コロン/カーロス・コロン
Carlos Edwin Colón Gonzalez
1948/7/18

プエルトリコ出身の元プロレスラー、現プロモーター。プエルトリコのプロレス団体WWCの主宰者として知られる。

元WWEスーパースターのカリート(1979/2/21)とプリモ(1982/12/21)は彼の息子であり、FCW所属のエピコ(1982/3/24)は甥である。

来歴

少年時代の1961年に一家でニューヨークのブルックリンに移住後、アントニオ・ロッカとミゲル・ペレスのコーチを受け、1966/2/16にWWWF圏のマサチューセッツ州ボストンにてデビュー。アフリカ系ラテンアメリカ人のベビーフェイスとして活動し、アメリカ東部をはじめカナダのモントリオールにも遠征、1969年にはジャック・ルージョー(シニア)とのコンビで活躍した。

チーフ・ブラック・イーグルChief Black Eagle)を名乗りブラック・インディアンのギミックでも活動しており、1971年7月には、このリングネームで国際プロレスに初来日している。1970年代前半はカルロス・ベラフォンテCarlos Belafonte)の名前でカルガリーのスタンピード・レスリングにも参戦した。

1973年9月、ビクター・ジョビカやゴリラ・モンスーンと共に、故郷のプエルトリコにてWWCの母体であるキャピタル・スポーツ・プロモーションズCapitol Sports Promotions)を設立。以降、本名のカルロス・コロンCarlos Colón)をリングネームに同団体のプロモーター兼エースとなり、アーニー・ラッド、ザ・スポイラー、オックス・ベーカー、アブドーラ・ザ・ブッチャー、キラー・カール・クラップ、モンゴリアン・ストンパーらを相手に、1980年代初頭にかけて北米ヘビー級王座やプエルトリコ・ヘビー級王座を争った。

この間、日本には1976年2月にカルロス・コロンとして国際プロレスに再来日(表記は「カルロス・コーラン」)。キラー・トーア・カマタのパートナーとなってヒールを演じ、グレート草津&マイティ井上のIWA世界タッグ王座にも挑戦した。1979年8月には、アブドーラ・ザ・ブッチャーやボボ・ブラジルとのブラック・パワー軍団の一員として全日本プロレスに初参戦。ブラジルと組んでグレート小鹿&大熊元司のアジアタッグ王座に挑戦し、ミル・マスカラスともシングルマッチで対戦している。

1980年代もプエルトリコの帝王として活躍し、1982年7月には新設されたWWC世界ヘビー級王座をブッチャーから奪取して第2代王者となった。当時のNWA世界ヘビー級王者もプエルトリコに招聘し、1983/9/17にはハーリー・レイス、同年12/18にはリック・フレアーとダブル・タイトルマッチを行っている。フレアー戦の後、同王座は「WWCユニバーサル・ヘビー級王座」と改称され、以降WWCの看板タイトルとしてブルーザー・ブロディ、スタン・ハンセン、タリー・ブランチャードらをチャレンジャーに防衛を重ねた。1985年2月にドリー・ファンク・ジュニアに奪われるが同年6月に奪還。翌1986年4月に負傷のためタイトルを返上するも、9/21のトーナメント決勝でテリー・ファンクを破り、王座に返り咲いた。

1990年代より旧友ゴリラ・モンスーンの仲介で古巣のWWFと提携し、1993/1/24のロイヤルランブルにも出場。以降もサビオ・ベガやミゲル・ペレス・ジュニアをWWFにブッキングした。本拠地WWCではディック・マードック、グレッグ・バレンタイン、メイブルらとユニバーサル王座を巡り激闘を展開、1999年末まで(前身タイトルのWWC世界ヘビー級王座も含め)通算26回に渡って同王座に戴冠した。

2000年代に入ると息子のカーリー・コロン(カリート)にWWCエースの座を譲り、自身はプロモート業に注力する一方、ハードコア戦線にも進出。2001/1/6、アブドーラ・ザ・ブッチャー&ワンマン・ギャングとのトリプルスレットマッチを制し、WWCハードコア王座の初代チャンピオンとなった。

息子たちがWWEで活躍していた近年は、自身もWWEの番組や興行に時折登場し、2005/8/26にはプエルトリコで開催されたRAWにてカリートがホストを務める『カリートズ・カバナ』にゲスト出演。2006/9/11のマディソン・スクエア・ガーデンにおけるRAWにも登場した。2008/7/19に現役引退を公式に表明し、現在はWWCの運営に専念している

獲得タイトル

スタンピード・レスリング
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(カルガリー版):1回(w / ジノ・カルーソ)
WWC
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:9回
  • WWC北米ヘビー級王座:8回
  • WWC北米タッグ王座:11回(w / ミゲル・ペレス×2、ホセ・リベラ×2、ジノ・カルーソ、ボブ・エリス、ビクター・ジョビカ、チーフ・サンダー・クラウド、ウラカン・カスティーヨ、エリック・フローリッチ、インベーダー1号)
  • WWC世界ヘビー級王座 / WWCユニバーサル・ヘビー級王座:26回
  • WWC世界タッグ王座:3回(w / ホセ・リベラ、ペドロ・モラレス、インベーダー1号)
  • WWC世界TV王座:4回
  • WWC世界ジュニアヘビー級王座:1回
  • WWCハードコア王座:2回


アル・スノー
Al Snow
1963/7/18

本名:アレン・レイ・サーヴェン / Allen Ray Sarven )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。オハイオ州リマ出身。

来歴

アーン・アンダーソン主宰のレスリング・キャンプでジム・ランカスターのトレーニングを受け、1982年にデビュー。地元オハイオのMCWなどインディー団体を転々とし、1995年2月にECWに参戦、現在のリングネームであるアル・スノーを名乗る。並行してジム・コルネット主宰のスモーキー・マウンテン・レスリング(SMW)にも出場していたが、後に正式に所属となりECWを離脱する。SMWではウナボムことグレン・ジェイコブズとのタッグチームで活躍した。

同年8月にWWF(現・WWE)と契約。オリエンタル系覆面レスラーのシノビShinobi)やアバターAvatar)、リーフ・キャシディLeif Cassidy)名義でのマーティ・ジャネッティとのニュー・ロッカーズなど、ギミックを転々とするがパッとせず、1997年にECWに戻る。その後、ヘッドHead)というマネキンの首を恋人とする精神異常者ギミックで人気を獲得。そのギミックのまま1998年にWWFと再契約。以降、異色のベビーフェイスとしてアティテュード期のWWFを賑わせることになる。

1998年、ボブ・ホーリー、スコーピオ、ブルー・ミーニー、ギルバーグなど、以前の彼と同じようなジョバー選手を集めたユニット、ジョブ・スクアッドJ.O.B. Squad)を結成。ユニット解散後はハードコア・ホーリーと改名したボブ・ホーリーと抗争を繰り広げ、ハードコアマッチ戦線で活躍。1999年にはマンカインドとのサイコパス系タッグでホーリー・カズンズ(ハードコア&クラッシュ)からWWF世界タッグ王座を奪取している。2000年からは硬派キャラのスティーブ・ブラックマンとのコミカルなタッグチーム、ヘッド・チーズHead Cheese)で活動。同年にはペリー・サターンを下し欧州王座を獲得、以降はヨーロッパ各国の衣装のコスプレを展開し、英国親善大使ギミックのウィリアム・リーガルと抗争した。

2001年からは第一線を退き、新人レスラーオーディション番組『タフイナフ』の教官を務め、これまでメイヴェン、クリストファー・ノインスキー、ジョン・モリソン、ブギーマンらを輩出。2002年の2リーグ制発足後はスマックダウンに所属したが後にRAWに移籍し、サンデーナイト・ヒートの解説者を担当する。2006年にはWWEで復活したECWに移籍。2007年1月にWWEを解雇されるが、ファーム団体であるOVWのトレーナーとして再雇用された。

2008年2月にOVWとWWEとの業務提携が解消されてからはフリーランスとなり、同年12月にはTNAに登場。以降は各地のインディー団体にスポット参戦している。2010年7月よりTNAに再登場し、ミック・フォーリー、ロブ・ヴァン・ダム、レイヴェン、トミー・ドリーマー、スティービー・リチャーズ、ライノ、チーム3DらとTNA版ECWオリジナルズであるEV 2.0Extreme, Version 2.0)を結成した。ユニット解散後は、TNAのロード・エージェントを務めている。

日本では北尾道場、藤波辰爾の自主興行「無我」への参戦経験があり、西村修のアメリカ武者修行時代のライバルでもあった。



ザ・グレート・サスケ
1969/7/18

日本の男性覆面レスラー。本名は村川 政徳(むらかわ まさのり)。元岩手県議会議員。みちのくプロレス所属。岩手県盛岡市出身。宮古市在住。岩手県立盛岡第三高等学校卒。スペル・デルフィン、ウルティモ・ドラゴンと並びジャパニーズ・ルチャの立役者の一人で、『東北の英雄』、『みちのくの星』等のニックネームを持つ。

「G・サスケ」と表記されることもある。

人物

歌舞伎の隈取りをモチーフとしたマスクを着用しており、普段は赤い隈取りだがヒール転向時は青い隈取りのマスクを着用しSASUKEと名乗る。 自ら所属レスラーとして精力的にリングに上ると同時に、みちのくプロレス株式会社代表取締役社長を2003年まで務め、岩手県議当選後、取締役会長に退いたが、2009年8月に社長へ復帰。本人の発言によれば、経営者としての職務中も、入浴など私生活においても、一切覆面は外していない。

1990年代には難易度の高い空中技を次々にこなす世界レベルのルチャドールであったが、近年は自虐的とも言える行為の目立つ、自爆を試合の目玉にする独特のファイトスタイルを展開している。佐藤秀曰く「サスケにラダーを与えておけば勝手に自爆する」という言葉通り、ラダーにアトミコを自爆したり、2階席にあがろうとしてラダーごと倒されたりする。

プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスファンクラブ名誉会員(会員No.6)。

既婚者。国際結婚。

プロレスラーとしての経歴

新日本プロレス学校で修業した後、本名の村川政徳で1990/3/1、ユニバーサル・プロレスリングから後楽園ホールのモンキーマジック・ワキタ戦でデビューした。その後、リングネームをMASAみちのくとする。

デビュー当時は、素顔で、縞の合羽に三度笠を被り入場し、上半身裸でロングタイツを着用するといった現在とは違うスタイルだったが(海外遠征する直前には、白い学ランの応援団スタイルに変更している)、その後メキシコへ遠征した際に覆面レスラーとなった。リングネームはニンジャ・サスケ、覆面とコスチュームのデザインは現在とほぼ同じだが、頭にちょんまげが付いていた。

1992年3月、謎のマスクマン“スペル・ニーニョ”として一時帰国。シリーズ最終戦でマスクを脱ぎ、MASAみちのくであることをカミングアウトした。その後再びメキシコに遠征していたが、8月の帰国を機にザ・グレート・サスケを名乗る。 10月、ユニバーサル後楽園大会でブルドックKT(現・外道)と初のメインを張り、勝利。試合後にマイクで東北六県にプロレスを根付かせることを目標とした地域密着型団体・みちのくプロレスの設立を宣言。独立の背景にはユニバーサルからまったくギャラが支払われなかったという事情があり、ユニバーサルの代表である新間寿恒には「ユニバーサルの東北支部として地方大会プロモートを目的としたい」という話をしていたが、実質的には独立採算を見込んだ動きであった。

みちのくプロレスは11月の岩手県産業文化センターでのプレ旗揚げ戦を経て、1993/3/16に岩手・矢巾町民体育館で旗揚げ戦を行う。旗揚げ当初はスペル・デルフィン率いるデルフィン軍団との対戦が主な対戦カードであった。

1993年7月、岩手・マッハランドで団体初のビッグマッチを行い、サスケは引退をかけてスペル・デルフィンと対戦。見事勝利し、興行的にも成功を収める。

1994年、新日本プロレス主催で行われた第一回スーパーJカップに出場。当時30団体以上あったインディー団体のうちのひとつでしかなく、試合を東北に限定していた「みちのくプロレス」での活動が中心だったサスケは多くのプロレスファンにまだその存在を知られていなかったが、2回戦で当時新日本プロレス所属だったエル・サムライに勝利し、続く準決勝では獣神サンダー・ライガーからフォールを奪う。決勝戦ではワイルド・ペガサスに敗れたものの、当時ジュニアの頂点に立っていたライガーに勝ち、準優勝したサスケは一躍全国区の人気を得、トップレスラーとなった。このスーパーJカップはテレビ朝日系列「ワールドプロレスリング」内で全国中継されたこともあって、サスケ、そしてみちのくプロレスの存在を全国のプロレスファンに知らしめる大きな契機となった。

1994/4/29、東京・大田区体育館にてこの大会で『"真"八十八番札所』として新崎人生と対戦。みちのくプロレス旗揚げ以来、後輩選手にシングルマッチで初めてのフォール負けを喫する。

同年7月、WAR両国大会でウルティモ・ドラゴンと対戦。当時、両者ともに入場テーマ曲にルイス・ミゲルの「セパラドス」を使用していたが敗れたサスケはこの試合を最後に「セパラドス」の使用を放棄した。以降、「みちのくプロレスのテーマ」を入場曲に使用する。

10/30には翌年5月での引退を発表していた大仁田厚と岩手・滝沢村で電流爆破デスマッチで対戦。大仁田がFMW以外の団体で、また東京・大阪など首都圏以外の地域で電流爆破デスマッチを行ったのはこれが初めてのことであった。なおこの試合で敗れたサスケを介抱したのは当時リング上で敵対関係にあった新崎人生であった。

1995年7月、自らが提唱・プロデュースした「覆面ワールドリーグ(のちに「ふく面ワールドリーグ」に改称)」第一回大会を開催。決勝戦でドス・カラスに敗れる。この試合でドスの放った場外へのライガーボムでサスケは失神。この試合以降、サスケとドスの間に因縁が生まれ、現在まで引き継がれている。

1996/4/29、新日本プロレス東京ドーム大会にてライガーを再び破ってIWGPジュニアヘビー級王座を獲得。以後5回の防衛に成功した。なお、2回目の防衛戦となった7月の獅龍戦はみちのくプロレス矢巾大会で行われた。IWGPの選手権がみちのくプロレス所属選手同士で争われた試合はこの一試合のみである。

同年8月、新日本プロレス両国大会にて行われた各団体代表によるジュニア8冠統一トーナメント (J-CROWN) において、決勝でウルティモ・ドラゴンを破って初代ジュニア8冠王者に輝き、日本ジュニアマット界の頂点を極めた。しかしこの試合で場外に攻撃を仕掛けた際、頭蓋骨骨折の重傷を負い、長期欠場に追い込まれる。 同年10/10、団体初の両国国技館大会で強行復帰。初代タイガーマスク、ミル・マスカラスとタッグを組み、ダイナマイト・キッド、ドス・カラス、小林邦昭組と戦った。

1997年、WWF(現:WWE)からサスケに参戦オファーが届く。しかし交渉の結果、白紙に終わる。理由は団体トップであり最大のスターであるサスケが不在にする間のみちのくプロレスへの補償問題と言われている。サスケとの交渉が不調に終わったWWFはTAKAみちのくと契約する。 両者は1997年10月に行われた二度目の両国大会のメインで闘い、勝ったサスケに敗れたTAKAが「サスケ、みちのく潰すなよ」とヒールとしては異例のマイクを残す。

1998年、怪我によりたびたび欠場を繰り返していたサスケは経営難を理由に団体の活動休止を発表する。しかし、スペル・デルフィンら選手会がこれに反発。選手会側は主催興業という形でシリーズを行う。サスケとデルフィンは団体の運営をめぐって対立。以降、サスケは青マスクの「SASUKE」となってヒールに転向。サスケ・ザ・グレート、マスクド・タイガー、クレイジーMAX、望月成晃、茂木正淑らと「SASUKE組」を結成し、デルフィン率いるみちのく正規軍と抗争を展開する。 だがここでSASUKEはデルフィンのプライベートな部分を観客の前で暴露するなど暴走を繰り返し、デルフィンは翌1999年1月にみちのくプロレス離脱を発表。多くの中堅・若手選手がデルフィンに同調し追随していったため、みちのくプロレスは存亡の危機に見舞われる。 この一件を機にSASUKEは改心して元のザ・グレート・サスケに戻った。

1999年2月、闘龍門横浜大会でマグナムTOKYOとの王座決定戦を制しNWA世界ミドル級王座を獲得。このベルトは2003年5月にウルティモ・ドラゴンに敗れるまで28回の防衛に成功した。

同年4月、ライガーと組んでIWGPジュニアタッグ選手権を獲得。初防衛戦で大谷晋二郎・高岩竜一組に敗れる。

同年7月、第二回ふく面ワールドリーグに出場。優勝したドス・カラス、準優勝のタイガーマスクに続く3位に終わる。

2000年、みちのくプロレス主催で開催された第三回スーパーJカップに出場。1回戦でかつての獅龍、WCW帰りのカズ・ハヤシと対戦し勝利を収めるも2回戦で佐野なおきに敗れる。 同年10月、プロレスリング・ノアの丸藤正道と対戦、勝利する。 大晦日には「猪木ボンバイエ」に参戦。松井大二郎(高田道場)と組んで、宇野薫、小路晃組と対戦した。

2001年、この年からみちのくプロレスに復帰したディック東郷率いるFECと抗争を展開。 同年2月、FMW後楽園ホール大会にて互いに相手を裸にした方が勝利となる試合形式「ネイキッド・マッチ」で黒田哲広と戦うが、あまりの下品さに大顰蹙を買い、週刊プロレスは試合を掲載拒否した。

2002年5月、WEW川崎球場大会に出場。大仁田厚と組んで橋本真也・大谷晋二郎組と対戦。

2003年3月、岩手県議会議員選挙の盛岡選挙区に出馬を表明。トップ当選する。当選後は、議会での覆面の着用を巡って全国レベルの話題になった。同年5月、議員活動を理由にみちのくプロレス社長を辞任することを発表。新崎人生に社長を譲り、自身は会長職となる。

8月、「第3回ふく面ワールドリーグ戦」に参加するも死国衛門三郎戦で負傷、以後リーグ戦を欠場する。 9月、安比高原にて大仁田厚と二度目の電流爆破デスマッチを行う。この試合で場外に転落した際、爆風をモロに浴びて肩に穴が開くという大怪我を負いながら大仁田に勝利。なお、この当時大仁田は自民党所属の国会議員であり、この試合は「史上初の議員レスラー対決」として宣伝された。

11/2、有明コロシアムで行われたみちのくプロレス創立10周年記念大会「メモリー」でスペル・デルフィンと対戦。サスケは離脱以降デルフィンのことを「絶対に許さない」と公言しており、当初この対戦カードにも強い難色を示していたが大会直前の仙台大会で新崎人生社長とファンの説得を受け、受託した。試合はデルフィンが勝利したものの、両者の緊張関係は解消されることなく終わった。

2004年3月、アトランティスを破り第三代東北ジュニアヘビー王座に。翌年2月にTAKAみちのくに奪われるまで保持した。 同年からハッスルに出場。9月にはハッスルとのコラボレーション大会「ケッパレ1」を開催、小川直也とタッグを結成した。

2005年7月、ディック東郷と組んで第三代東北タッグ選手権王者となった。 同年9月、佐藤秀、佐藤恵の佐藤兄弟とニューセーラーボーイズを結成し、「キープオンジャーニー」を熱唱する。 同年12月、後楽園大会で10人タッグマッチで闘ったGammaに場外で自転車に轢かれる。この試合が「宇宙大戦争」の契機になったと言われる。

2006年2月、後楽園大会で佐藤兄弟と対戦(パートナーは東郷)。ここからサスケと佐藤兄弟は闘うたびにハチャメチャな試合を繰り返すようになり、やがてそれは「宇宙大戦争」と呼ばれる特異なブランドに昇華した(ネーミングの由来は佐藤兄弟がサスケについて「あいつは宇宙人だろ!!」と主張していたことによる)。これ以降、サスケと佐藤兄弟の試合はサスケが不安定な脚立などに昇り、落ちて自爆するなどの意味不明な内容が名物となる。

同年11月、岩手大会でこの年5月に東北ジュニアヘビー王座になったスペル・デルフィンと対戦。見事ベルトを奪回する。試合後、両者はリング上で握手。サスケは依然として「デルフィンは許さない」と主張するものの、離脱以来続いてきた両者の緊張状態に一定の緩和が見られた。

2007年3月、岩手県知事選挙に出馬を表明。しかし選挙結果は民主党推薦の前衆院議員、達増拓也氏に及ばず落選。その後しばらくリングを離れていたが、8月の第4回ふく面ワールドリーグ戦にて復帰。山籠り特訓を行い、復帰戦ではウルティモ・ドラゴンを相手に敗れたものの飛びまくるサスケを見せ付けた。

またZERO-1 MAXにも準レギュラー参戦し、かつての同胞である藤田ミノルと抗争を展開。試合終了後はサスケが藤田に手をさしのべ、それに藤田が答えハッピーエンドになると思いきや藤田のサスケ騙し(変則DDT)により、サスケは騙されるといった内容が名物化した。

2007年末にはその藤田ミノル扮するザ・グレート・フジタミノルとのタッグで佐藤兄弟との宇宙大戦争が開戦。この試合で初めて和桶が使用される。

2008年、折原昌夫率いるメビウス主催興行の第1回トーナメント戦にて初優勝を飾る。

同年12月、みちのく後楽園大会にて、恒例となった「宇宙大戦争」にて佐藤兄弟に拉致されたウルトラマンロビンを救出するべく、サバイバル飛田とのタッグを結成。「宇宙大戦争・最終決戦」と名付けられたこの試合でサスケはバットマンに扮して登場するが、南野武にバイクで轢かれるなど例年以上に散々な試合を展開する。

2009年6月、「グレート・サスケデビュー20周年突入ツアー」開幕戦の後楽園大会でフジタ"Jr"ハヤトの保持する東北ジュニアヘビー選手権に挑戦するも敗退。 8月には2年連続で「鉄人」に出場。このシリーズよりレスラーのランディ "ザ・ラム" ロビンソンのオマージュキャラクターを演じ、ランディのコスチュームで試合に出場するようになる(上半身裸で試合をするのはサスケ名義では初めて)。映画のランディが食品スーパーで働くのと同様に「みちのくに自分の居場所が無い」として盛岡市内の中華料理店でアルバイトを始めた。

8月31日付でみちのくプロレス社長に復帰。

12月には年末の風物詩となった「宇宙大戦争・最終決戦〜ウルトラマンロビン救出大作戦〜」に獣神サンダー・ライガーと組んで出場。佐藤兄弟が連れてきた「鉄腕くん」に苦しみながらも勝利。

2010年6月、デビュー20周年記念興行で映画『アンヴィル』に影響を受けたコスチュームで登場。試合でもディック東郷をパートナーにTAKAみちのく&FUNAKIの「夢狩人」に勝利した。

11/7、岩手県営体育館で行われた「ザ・グレート・サスケ20周年記念試合〜東北編最終章」で拳王を破り第13代東北ジュニアヘビー級王座に返り咲いた。

12/16、後楽園ホールにてリング解体マッチとして行われた「宇宙大戦争〜ホントに最終決戦〜ザ・音楽(ロック)ウォーズ」ではKen45゜、リッキー・フジと組んで、佐藤兄弟、野橋太郎(野橋はこの試合を宇宙人として戦った)組に勝利。試合後、「クレイジークルー」と称したロックバンドを編成しホール北側ステージで熱唱した。

獲得タイトル

  • インディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級王座
  • IWGPジュニアタッグ王座 : 1回(&獣神サンダー・ライガー)
  • WWF・ライトヘビー級王座 : 2回(うち1回はジュニア8冠王座として)
  • UWA/UWFインターコンチネンタル・タッグ王座 : 1回
  • 英連邦ジュニアヘビー級王座 : 2回(うち1回はジュニア8冠王座として)
  • 東北ジュニアヘビー級王座 : 3回
  • 東北タッグ王座
  • WWA世界ミドル級王座
  • UWA世界ウェルター級王座

以下は初代ジュニア8冠王座として戴冠

  • IWGPジュニアヘビー級王座
  • NWA 世界ジュニアヘビー級王座
  • NWA 世界ウェルター級王座
  • UWA 世界ジュニアライトヘビー級王座
  • WWF 世界ライトヘビー級王座
  • WWA 世界ジュニアライトヘビー級王座
  • 英連邦ジュニアヘビー級王座
  • WARインターナショナル・ジュニアヘビー級王座

入場テーマ曲

  • みちのくプロレスのテーマ インテグラル・ハード(柴田直人)
  • RADIO☆ONE(BORDER)
  • Sweet Child O' Mine(Guns N' Roses)
  • Metal on Metal(アンヴィル)

岩手県政の政治家としての動向

県議としての覆面着用問題
2003年に岩手県議会議員選挙に出馬、ザ・グレート・サスケの登録名、かつ覆面姿で選挙活動を行い、4月13日トップ当選した。本人は覆面をつけたまま議会に出席することを公約した上での当選であったが、翌14日に増田寛也岩手県知事(当時)が覆面を外すべきとの発言をしたため、ニューヨーク・タイムズが写真付きで報じるなど、大きな話題となった。増田知事は覆面を容認しない理由として「顔が隠れるため表情を有権者が読みとれず、政治家としての活動について評価することができない」点を挙げたため、サスケはそれまで着用していたマスクに比べ大幅に顔の露出部分を増やした特注品を作成し、対応した。
報道が過熱する一方で増田知事はこの対応を受け入れ、覆面での登院を容認した。しかし、岩手県議会では一部党派が覆面着用は「議会の品位を損なう」ものだとして問題視し、「議場での覆面着用禁止の会議規則改正案」を提出した。2か月に渡って状況は混乱したが、2003/6/25、県会議で同法案は記名投票で可否同数となり、藤原良信議長による議長決裁で否決(岩手県議会での議長決裁は55年ぶり)、覆面着用が容認されることになった。
当選後は県議会民主党会派「民主・県民会議」に所属した。覆面問題に関連して、議員証の会社写真において、素顔にするか覆面にするかでも問題も発生。議員証では素顔写真とすることとなったが、この素顔写真の議員証は議員個人が所持しておくもので素顔写真を公開する必要はない。
政務調査費私用疑惑
2005年7月には、前年10月、公務とは関係のない興行先のプロレス会場までの新幹線運賃に、議員に交付される政務調査費を当てた疑惑が浮上した。当人は新幹線の混み具合を調査する公務であると主張したが、TBSがこの公務の調査について実証し、インターネットでわずか数分で同様の公務が完了できることが判明した。
競馬融資案採決への対応
2007年3月15日、県議会において県競馬組合への330億円の融資案の採決では賛成票を投じた(結果は賛否同数で議長採決で否決)。しかし、同3月19日に賛成派議員が提出した修正案の採決を前に、県知事選挙出馬のために議員辞職したため賛成派議員から批判を浴びる事態となった。競馬融資案へ賛成票を投じ、さらに県知事選挙の公約のひとつに「岩手競馬存続」を揚げるサスケが、前回、一票差(議長も含め)で否決されサスケの票が重要な意味を持つ修正案の投票を前に議員辞職し、自ら修正案への投票権を放棄するという軽率な行動を取ったためである。
UFOに関する質問
2005年6月28日の県議会で未確認飛行物体 (UFO) について「県内で目撃情報が相次いでいるが、県はどう認識しているのか」と質問した。
辞職して県知事選立候補
2007年4月に、県知事選挙に出馬するため、県議を辞職し、2007年4月8日投開票の岩手県知事選挙に出馬。「打倒小沢王国」などと訴えて選挙戦を戦ったが、民主党推薦の達増拓也に大敗、供託金を没収された。
県議選に再出馬
2011年4月に行われる岩手県議会議員選挙に再度出馬することが報じられていたが、東日本大震災の影響により選挙が延期となった。

UFO研究家としての動向 [

東北UFOフォーラムのゲストとして招かれるなど、UFO研究家としても有名。イオンド大学からUFOに関する名誉教授就任のオファーが届いており、スポーツ報知によると「書類に名前を書いて提出する」ということであったが、週刊新潮によると「株式会社から名誉教授をもらっても仕方がないので、辞退するよう言っておきました」とのことである。

週刊新潮によると、イオンド大学は米国の大学を自称しているが、学校法人ではなく、東京に本社を置く株式会社である。株式会社から授与された学位は正式な学位ではないため、使用した場合は軽犯罪法の称号詐称に問われる可能性が強い。そのため、前述のようなコメントとなったのである。なお、イオンド大学は、いわゆるディプロマミルのひとつとしてアメリカ合衆国内で認識されているパシフィック・ウエスタン大学と同様、オレゴン州やミシガン州などで公的な使用が禁じられている学位の発行元の一つとしてリストに掲載されている。日本国外の大学であるからと言って、日本国内で学位が通用しないという訳ではない。

大予言

2000年年末の後楽園大会の試合後、リング上で「21世紀(ミレニアム)に起こること」を予言した。これがきっかけとなり毎年年末になると「来年の予言」をリング上や週刊プロレス誌上、週プロモバイルなどで行うようになり、以降「サスケの大予言」として名物化した。

内容は世界情勢、国内の動向、プロレス界の流れ、今後ブレイクするレスラーなど多岐に渡る。

著作

「ザ・グレート・サスケの飛ぶ教室」 エンターブレイン(2010年)
「岩手発、未来へ 覆面議員サスケ参上」風塵社(2003年)
「サスケが翔ぶ」市井社(1995年)

出演

テレビ

テツワン探偵ロボタック(1998年、テレビ朝日、東映)
第36話「消えた覆面レスラー」(スペル・デルフィンと共演)
天才!ヒポカンパス(フジテレビ)
やっぺし!みちプロ(2008年、IBC岩手放送)みちのくプロレスの番組
地元の人が教える!2泊3日の旅(旅チャンネル)
第19話「平泉・座敷わらし伝説・三陸海岸を巡るザ・グレート・サスケ みちのく岩手の旅」
旅ちゃんガイド(旅チャンネル)
第37話、ゲスト出演。

アダルトビデオ

サスケのジュニアはヘビー級チャンピオン!!(1999年、SAURS)
サスケのジュニアはヘビー級チャンピオン


石井 美紀
1969/7/18

日本の女子プロレスラー。元自衛隊員。

身長156cm、体重50kg、血液型A型。千葉県船橋市出身。

2007/2/9付で、実娘のきのこと共に我闘姑娘からアイスリボンに移籍後、2008年2月をもって引退した。

経歴・戦歴

2004年
  • 4/2、東京・お台場メディアージュにおいて、零対市井舞戦でレフェリーとしてデビュー。
2005年
  • 8/28、東京・板橋グリーンホールにおいて、対高橋李佳、あいか組戦でデビュー。デビュー戦のパートナーはきのこ。
2006年
  • 9/24、東京・新木場1stRINGにおいて、聖菜と対戦。フェイスロックで勝利。同大会、さくらえみ、希月あおいと組んで、零、高橋李佳、春日萌花組と対戦。希月のクロスアーム式原爆固めで零が敗れる。
2007年
  • 3/18、東京・板橋グリーンホールにおいて、日向あずみ(JWP)と対戦。原爆固めで敗れる。
2008年
  • 2/24、Future Star北沢タウンホール大会、パートナーに我闘姑娘時代の同期である市井舞を迎えての、対さくらえみ・希月あおい戦で勝利。春日萌花・高橋李佳等、引退選手を含めた我闘姑娘時代のメンバーに見送られ、卒業した。
引退後
  • 現在は非常勤スタッフとして引き続きアイスリボンの運営に携わり、主に北沢や板橋など、道場(イサミレッスル武闘館)マッチ以外では売店業務の他、セコンドに付く事もある。
  • 2009/9/21板橋大会では、全試合終了後のバトルロイヤルに乱入。現役時代と変わらない動きを披露した。

タイトル歴

DDTプロレスリング
  • 第234代アイアンマンヘビーメタル級王座
我闘姑娘
  • 第1回ドロップキックコンテスト優勝


ジョーイ・マーキュリー
Joey Mercury
1979/7/18

アダム・バーチAdam Birch)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。()というリングネームでWWEで活動中。

来歴

1996/6/12にプロレスデビュー。デビュー時のリングネームはジョーイ・マシューズJoey Matthews)であった。マット・ハーディー、ジェフ・ハーディー兄弟のオメガレスリングにも一時期所属していたことがある。クリスチャン・ヨークとのタッグチーム、Badstreet Boysにて2000年にECWデビューと契約してOVWに所属。そこでジョニー・ナイトロ、メリーナとMNMを結成、同時にリングネームを現在のジョーイ・マーキュリーへと改めた。

2005年にスマックダウンに初登場。同年4/21にレイ・ミステリオ、エディ・ゲレロ組からWWEタッグ王座を奪い、以降タッグ戦線の主要チームの一員として活動。Judgment Day 2006にてポール・ロンドンとブライアン・ケンドリックのタッグにタッグ王座を奪われるまで続いた。

2006年のアルマゲドンにおいてフェイタル4ウェイラダー・マッチ形式WWEタッグ王座戦において、マット&ジェフのハーディーズの梯子を使用したイベント・オメガを受ける際の事故で顔を負傷し、鼻を骨折し片目を失明しかけた。しかし数週間後には試合に復帰。WWEに限らずプロレスのファンは激しく負傷したレスラーにはヒール・ベビーを問わず大きく声援を送るのが通例になっており、これを切っ掛けにベビーターンをするヒールレスラーも多いが、フェイスマスクを着用し、マットとの抗争を開始した。

ヒールとして一定の成功をおさめ、技術の上達もありWWE上層部に認められたナイトロとは対照的に、なかなか人気が出なかったため、2007年3月、WWEを解雇された。その後インディ団体に参戦していたが同8月、OVWにジョーイ・マシューズのリングネームで復帰した。

2008年の10月には怪我のため現役を引退する。

2010年の4/23のSmackDown!のダークマッチでシェルトン・ベンジャミンとの試合で2年ぶり(WWEには3年ぶり)にリング復帰した。 この試合の2日後にベンジャミンは解雇されたため彼にとってこの試合はWWEでのラストマッチになった。

その後、リングネーム不詳の謎のマスクマンとしてCMパンク率いるストレートエッジ・ソサエティに協力していたが、2010/7/23放送のSmackDown!のビッグ・ショー戦でマスクを剥ぎ取られた上に、実況陣のマット・ストライカーとジョシュ・マシューズの発言により正体がマーキュリーであることが明かされてしまった。4人で行動していたが、セリーナがWWEから解雇されて3人で行動することになる。

8/15のサマースラムではストレート・エッジ・ソサエティ対ビッグ・ショーの3対1のハンディキャップ・マッチに臨むが敗北。その後から弟子たちのことを考えないパンクの自己中心的な態度が目立つようになる。9/3で汚名返上を図ったルーク・ギャローズ対ビッグ・ショー戦でもギャローズが敗北、これでビッグ・ショーを倒せないパンクの怒りが爆発して弟子のギャローズをGTSで沈めてしまう。これによりストレート・エッジ・ソサエティは壊滅状態となり、共に行動することはほとんどなくなり、あっても仲間割れが生じるようになる。その後パンクがRAWにエッジとのトレードで移籍したためストレート・エッジ・ソサエティは完全に消滅した。

ストレート・エッジ・ソサエティが消滅して以降は出番はなくなってしまい、ダークマッチ、またはハウスショーでの試合が中心となる。12月にはFCWでのトレーナーを兼任することとなった。

獲得タイトル

  • WWE・タッグチーム王座 : 3回(w / ジョニー・ナイトロ)


日沖 発
1983/7/18

日本の総合格闘家。愛知県名古屋市出身。ALIVE所属。現TKO世界フェザー級王者。現修斗世界ライト級王者。現SRCフェザー級王者。

ニックネームは「修斗の子」。由来は「修斗が誕生したのと同じ年に生まれたから」。「打・投・極」と、全てにおいて高いレベルを誇る。

来歴

中学時にブラジリアン柔術を始める。

2001/9/24、第8回全日本アマチュア修斗選手権大会ライト級(16人参加)に出場し、3位となった。

2002/10/6、プロ修斗デビュー。

2006/5/5、カナダのモントリオールで行われたTKO世界フェザー級チャンピオンシップでマーク・ホーミニック(王者)と対戦し、2Rに三角絞めで一本勝ちを収め、新王者になった。

2006/8/26、「PRIDE 武士道 -其の十二-」に出場し、ジェフ・カランを2R判定3-0で下した。しかし、試合後には「修斗に戻りたい」と語った。

2007/2/9、カナダのモントリオールにあるベル・センターで行われた「TKO 28」のTKO世界フェザー級チャンピオンシップ(5分5ラウンド)で、マーク・ホーミニック(挑戦者)を5R判定2-0で下し、王座初防衛に成功した。試合後にはジョルジュ・サンピエールから祝福された。

2007/11/25、地元・名古屋で開催された「HEAT 5」でブライアン・ゲラティーとHEAT総合ルールで対戦し、判定勝ち。

2008/10/3、TKO 35で挑戦者ティエリー・クイーンビルとTKO世界フェザー級チャンピオンシップで対戦し、三角絞めで一本勝ち。2度目の王座防衛に成功した。

2008/11/29、修斗で佐藤ルミナと対戦し、マウントパンチでTKO勝ち。

2009/3/20、戦極初参戦となった戦極 〜第七陣〜の戦極フェザー級グランプリ1回戦でクリス・マニュエルと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。

2009/5/2、戦極 〜第八陣〜の戦極フェザー級グランプリ2回戦でロニー・牛若と対戦し、三角絞めによる一本勝ちを収めた。

2009/8/2、戦極 〜第九陣〜の戦極フェザー級グランプリ準決勝で金原正徳と対戦し、判定勝ちを収めた。しかし、頭部へのダメージなどによりドクターストップがかかり、決勝進出ならず。

2009/11/7、戦極 〜第十一陣〜のフェザー級チャンピオンシップ挑戦者決定戦で幻の決勝戦の相手であった小見川道大と対戦し、ベストバウト賞を受賞する熱戦を繰り広げたが1-2の判定負け。

2010/5/30、修斗世界ライト級王者リオン武に挑戦し、2-1の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2010/8/22、SRC14でジェフ・ローソンと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた。

2010/12/30、戦極 Soul of Fightのメインイベントで第2代SRCフェザー級王者マルロン・サンドロに挑戦し、3-0の判定勝ちで自身3つ目の王座を獲得した。

2011/4/29、修斗伝承2011でKOTC世界バンタム級王者のドナルド・サンチェスと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた。

獲得タイトル

  • TKO世界フェザー級王座(防衛2度)
  • 第9代修斗世界ライト級王座(防衛0度)
  • 第3代SRCフェザー級王座(防衛0度)


プロレス/格闘技 関連ショップ
LASTHOBBY


 ↑ トップへヤフーオークション



今日のプロレス 興行日程
[今後の興行]
お近くの人は是非見に行きましょう!

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON スポーツのベストセラー
AMAZON SPORTS EQUIPMENT

団体 会場 / 時間
新日本
北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ体育館 15:00

IWGPヘビー級選手権試合
棚橋弘至 vs ジャイアント・バーナード

小島聡 vs 鈴木みのる

IWGPインターコンチネンタル選手権試合
MVP vs 矢野通

後藤洋央紀 vs “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン
プリンス・デヴィット、田口隆祐、KUSHIDA vs 飯伏幸太、ケニー・オメガ、佐々木大輔
真壁刀義、タイガーマスク vs TAKAみちのく、タイチ
永田裕志 vs ヒデオ・サイトー
天山広吉、井上亘、キング・ファレ vs 中邑真輔、飯塚高史、石井智宏
獣神サンダー・ライガー vs エクトール・ガルサ
ストロングマン、本間朋晃、キラーラビット、キラーラビット vs 田中将斗、高橋裕二郎、外道、邪道

全日本
東京・後楽園ホール 12:00

諏訪魔/船木誠勝vs太陽ケア/真田聖也
征矢学vs関本大介
カズ・ハヤシ/近藤修司/稔vsKAI/大和ヒロシ/BUSHI
KENSOvs大森隆男
曙/曹駿vsジョー・ドーリング/レネ・デュプリ
浜亮太/中之上靖文vs岡林裕二/河上隆一
渕正信vsNAZADA

ノア
秋田・由利本荘市民交流学習センター 17:00

第5回日テレG+杯ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦Aブロック
滝澤大志/ザック・セイバーJrvs拳王/剣舞

第5回日テレG+杯ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦Bブロック
リッキー・マルビン/ロッキー・マルビンvsエディ・エドワーズ/デリリアス

杉浦貴/モハメド ヨネ/青木篤志vs髙山善廣/金丸義信/KENTA

秋山準/齋藤彰俊vs森嶋猛/小川良成
潮崎豪/谷口周平vs佐野巧真/アエロ・スター
鈴木鼓太郎vs井上雅央
平柳玄藩vsジャック・エバンス

健介オフィス
Take The Dream 2011 in 博多
福岡・アクロス福岡 15:00

佐々木健介/宮原健斗/岩佐拓vs吉江豊/サイバー・コング/柴田正人
中嶋勝彦/西川潤vs望月成晃/円華
梶原慧vs横須賀享
バトルロイヤル
参加選手:CHANGO 志賀賢太郎 豪 ベアー福田 阿蘇山 台風8号 中澤マイケル

西川潤vs新井健一郎

K-DOJO
海の日記念 基地一般開放 元気で行こう!館山!
千葉・海上自衛隊館山航空基地 10:00

【出場選手】真霜拳號、関根龍一、KAZMA、稲松三郎、マリーンズマスク、旭志織、山縣優、バンビ、ちーばマン、他

大日本
ツインメッセ静岡 14:30

蛍光灯タッグデスマッチ 
伊東竜二/佐々木貴vsシャドウWX/アブドーラ・小林

佐々木義人/橋本和樹vsバラモンシュウ/バラモンケイ
木高イサミ/塚本拓海vs竹田誠志/大谷将司
アミーゴ鈴木vsスパーク青木
大黒坊弁慶vs谷口裕一

フーテンプロ
バチバチ 44
神奈川・ラゾーナ川崎プラザソル 17:00
バチバチ 44

池田 大輔/スルガマナブvs石川雄規/澤宗紀
小野 武志vs長井 満也
真霜 拳號vsSEIKEN
土方隆司vs焙煎TAGAI
臼田 勝美vs那須晃太郎

大阪プロ 大阪ミナミ・ムーブ・オン・アリーナ 13:00
沖縄プロ 愛媛・テクスポート今治 17:00
アイスリボン
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2
東京・新木場1st RING 12:30

ミックスドタッグ1DAYトーナメント参加チーム
『チームI love 宮城』忍&宮城もち
『チームヤンキーリボン』宮本裕向&都宮ちい
『チームフェニックス』ダイナスティ&みなみ飛香
『チーム妖怪道五十三次』小仲ペールワン&新田猫子

第1わっしょい! ミックスドタッグ1DAYトーナメント 準決勝第1試合
チームIlove宮城 vs チームヤンキーリボン

第2わっしょい!ミックスドタッグ1DAYトーナメント 準決勝第2試合
チームフェニックス vs チーム妖怪道五十三次

第3わっしょい!『サマーアクション・ヤングプロレス』
THE101&K666 vs 乞食&KOUZY

第4わっしょい!『アイスリボン名物!?6人タッグイリミネーションマッチ』
さくらえみ&真琴&つくし vs りほ&藤本つかさ&志田光

メインわっしょい! ミックスドタッグ1DAYトーナメント 決勝戦
第1試合の勝者 vs 第2試合の勝者

ボーナスわっしょいがあります!!

JWP
Road to JWP20th(8)
東京・板橋グリーンホール 13:00

ヘイリー・ヘイトレッド&KAZUKIvs米山香織&倉垣翼
阿部幸江vs大畠美咲
Leon&中森華子vs森居知子&ジャガー横田
春山香代子&masu-mevsコマンドボリショイ&矢神知樹
勝愛実vs飯田美花

レイナ
REINA 8
東京・板橋グリーンホール 17:00
REINA 8

バトルロワイヤル ジャパン対メキシコ
栗原あゆみ&Rayvsシルエタ&ダマ
松本浩代vsミアイム
上林愛貴&黒木千里vs中川ともか&セウシス
飯田美花vsラターシャ
米山香織vs矢神知樹


AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



試合結果


◆新日本
IWGPヘビー級選手権試合
○棚橋弘至(27分54秒 ダルマ式ジャーマン・スープレックス・ホールド)ジャイアント・バーナード×

○鈴木みのる(13分39秒 ゴッチ式パイルドライバー)小島聡×

IWGPインターコンチネンタル選手権試合
○MVP(12分03秒 TTB)矢野通×

○後藤洋央紀(10分20秒 昇天・改)“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン×
○田口隆祐、プリンス・デヴィット、KUSHIDA(15分29秒 ブラックサンデー)飯伏幸太、ケニー・オメガ、佐々木大輔×
○タイガーマスク、真壁刀義(7分18秒 リバース・ダブル・アームバー)TAKAみちのく、タイチ×
○永田裕志(9分56秒 反則)ヒデオ・サイトー×
○中邑真輔、飯塚高史、石井智宏(10分28秒 ボマイェ)天山広吉、井上亘、キング・ファレ×
○獣神サンダー・ライガー(7分55秒 空中胴締め落とし)エクトール・ガルサ×
○高橋裕二郎、田中将斗、外道、邪道(9分38秒 東京ピンプス)ストロングマン、本間朋晃、キラーラビット、キラーラビット×
◆全日本
○諏訪魔、船木誠勝(27分26秒 ラストライド)太陽ケア、真田聖也×
○関本大介(12分48秒 ぶっこ抜きジャーマン・スープレックス・ホールド)征矢学×
○KAI、大和ヒロシ、BUSHI(16分53秒 LAT)カズ・ハヤシ、近藤修司、稔×
○大森隆男(13分36秒 アックスボンバー)KENSO×
○ジョー・ドーリング、レネ・デュプリ(4分07秒 ラリアット)曙、曹駿×
○岡林裕二、河上隆一(11分18秒 パワーボム)浜亮太、中之上靖文×
○渕正信(7分08秒 首固め)MAZADA×
◆ノア
○高山善廣、金丸義信、KENTA(20分29秒 ランニング・ニーリフト)杉浦貴、モハメドヨネ、青木篤志×
第5回日テレG+杯ジュニア・ヘビー級タッグリーグ公式戦
○滝澤大志、ザック・セイバーJr.(17分30秒 ムーンサルトプレス)拳王、剣舞×
○デリリアス、エディ・エドワーズ(19分43秒 ピゾロ・ドライバー)リッキー・マルビン、ロッキー・マルビン×

○秋山準、齋藤彰俊(11分15秒 エクスプロイダー)森嶋猛、小川良成×
○潮崎豪、谷口周平(15分11秒 ラリアット)佐野巧真、アエロ・スター×
○鈴木鼓太郎(9分38秒 ジャックナイフ式エビ固め)井上雅央×
○ジャック・エバンス(7分31秒 630°スプラッシュ)平柳玄藩×
◆健介オフィス
○佐々木健介、宮原健斗、岩佐拓(22分35秒 北斗ボム)吉江豊、サイバー・コング、柴田正人×
○中嶋勝彦、西川潤(18分51秒 デスロール)望月成晃、円華×
○横須賀亨(13分51秒 夢限)梶原慧×
7人参加バトルロイヤル
○阿蘇山(11分54秒 タイツを脱いだのが下品で、和田京平レフェリーが激怒したため→反則)中澤マイケル×
※退場順:志賀賢太郎、ベアー福田、CHANGO、豪、台風8号
○新井健一郎(12分15秒 脇固め)なまずマン×

◆大日本

バラモンケイ、○バラモンシュウ[9分26秒 片エビ固め]×橋本和樹、佐々木義人
大谷将司、○竹田誠志[10分57秒 原爆固め]×塚本拓海、木高イサミ
▽蛍光灯デスマッチ
佐々木貴、○伊東竜二[11分49秒 体固め]×アブドーラ小林、シャドウWX

◆大阪プロ

冨宅飛駈、○ビリーケン・キッド[7分21秒 エスペランサ]×HAYATA、空牙
救世忍者乱丸、○紫雷美央、華名[13分12秒 片エビ固め]えべっさん、くいしんぼう仮面、×松山勘十郎
▽大阪プロレス3WAYタッグ選手権試合
原田大輔、○小峠篤司(挑戦者組)[20分14秒 エビ固め]ヲロチ、×タダスケ(王者組)
※もう1組はアルティメット・スパイダーJr.&タコヤキーダー(挑戦者組)

◆K-DOJO

○ちーばマン[7分47秒 ちーばスパーク]×ブラックちーばマン
山縣優、○マリーンズマスク[12分53秒 片エビ固め]バンビ、×旭志織
関根龍一、○真霜拳號[16分6秒 体固め]×稲松三郎、KAZMA

◆JWP

○中森華子、Leon[11分16秒 片エビ固め]ジャガー横田、×森居知子
○阿部幸江[12分27秒 エビ固め]×大畠美咲
○倉垣翼、米山香織[13分51秒 片エビ固め]×KAZUKI、ヘイトレッド

◆レイナ

中川ともか、○セウシス[11分37秒 体固め]上林愛貴、×黒木千里
○松本浩代[15分7秒 片エビ固め]×ミア・イム
○Ray、栗原あゆみ[15分1秒 片エビ固め]シルエタ、×ダマ・デ・イエロ


  


 ↑ トップへヤフーオークション
 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system