本文へスキップ
 
重要なお知らせ
2010/8月以降おまとめは休止しています。
但し、Youtube/ニコニコ動画/Dailymortionなど
日々追加しています。
5,000本以上ありますので検索キーワードを
↓に入れてお探しください。


Google

WWW を検索      
"極め”内検索


また、リンク切れ、レンタル、お探し中などの問い合わせは↓から
◆問い合わせ
ずく
 
 

プロレスレンタル、借りるならTSUTAYA



2011/7/19
プロレス関連商品
AMAZON


プロレス/格闘技 ニュース


AMAZON お勧めのスポーツDVD
AMAZON SPORTS DVD MAY

Sportsnavi
日刊スポーツ
スポニチ
デイリースポーツ
格闘技WEB
マガジンGBR
東スポ
  • 棚橋がIWGP王座V6防衛!8・27オールスター戦のメーン死守  相手にKENSO指名
  • GHC王者・潮﨑は「8・6有明指定で秋山とV1戦」
  • 不安な名古屋のV5戦——3冠王者・諏訪魔が「反則負けするかも」と予言
  • 永田が暴走サイトーの更生失敗/鈴木みのるが昨年のG1覇者・小島に完勝
  • 契約終了の夜にパンクがWWE王座奪取/「イッツ・ショータイム」日本進出プレ大会成功
リアルライブ
バトル・ニュース
 ↑ トップへヤフーオークション
 
 


YouTube追加動画 ヤフーオークション

 

AMAZON 食品&飲料 ベストセラー
amazonfood


PANCRAS
エンディング
高橋義生vsウエイン・シャムロック
鈴木みのるvsモーリス・スミス(1989/11/29)
鈴木みのるvsヴァーノン・”タイガー”ホワイト
船木誠勝vs柳澤龍志
冨宅祐輔vsバス・ルッテン
稲垣克臣vsヨープ・ファン・ダム
Pancrase Perfect 2

パンクラス パーフェクト 2
パーフェクト 2

PANCRASビデオ紹介

ZERO1-MAX
2008/3/2
後楽園ホール

7周年記念興行
真世紀創造-SEVEN-橋本真也メモリアル

破壊王・橋本真也メモリアルマッチ
中邑真輔vs佐藤耕平
ZERO1-MAX vs 新日本プロレス
田中将斗、日高郁人vs)金本浩二、田口隆祐
大森隆男vs中西学

BJWタッグ選手権
関本大介/佐々木義人vs真霜拳號/円華/2/2

内藤哲也、平澤光秀vs崔領二、高西翔太
裕次郎vs浪口修
KAMIKAZE、藤田ミノルvs高岩竜一、植田使徒

FMW
2001/6/28

FMW King Of Fight 2001 6.28.01 music video

JWP
2011/4/3

JWP MANIA-X 2011 4.3.11 music video

DDT
2011/4/6

DDT NON-FIX 3-16 4.6.11 music video

ROH
O'Reilly injured by a Wolf

CHIKARA
CHIKARA Podcast-A-Go-Go 273


AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演



スカイA 16:30
ワールドプロレスリング不滅の闘魂列伝 #54

1985年2月 愛知県体育館
高野俊二/星野勘太郎/木村健吾vsザ・ストロングマシーンズ

ザ・コブラvsブラック・タイガー

藤波辰巳vsハルク・ホーガン

アントニオ猪木vsキング・コング・バンディ

サムライTV 22:00
Sアリーナ
2011年7月19日(火)号

佐藤ルミナ×上田将勝
修斗 7.18後楽園ホール
健介オフィス 7.18アクロス福岡
<「速・週刊プロレス」コーナー>

23:00
CMLL
「フイシオ・フィナル」
2011.6.17 アレナ・メヒコ

<マスカラ・コントラ・マスカラ>
●ラ・マスカラ×アベルノ
●ラ・ソンブラ&ルーシュ&ストロングマン×中邑真輔&ミステル・ニエブラ&メフィスト
●デルタ&ゲローロ・マヤJr.&アトランティス×アンヘル・デ・オロ&レイ・エスコーピオン&ウルティモ・ゲレーロ
●ディアマンテ&イホ・デル・シグノ&ネグロ・カサス×ブルー・パンテル&フエゴ&ポルボラ
●レイ・ブカネロ&テリブレ&トスカーノ×ブラソ・デ・プラタ&イホ・デル・ファンタスマ&バリエンテ
●メトロ&ストゥーカJr.×OKUMURA&吉橋伸雄


AMAZON PCのベストセラー
AMAZON PC



プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル

 ↑ トップへヤフーオークション

プロレス/格闘技 関連商品SHOP
BACKDROP





プロレス/格闘技
今日は何の日?

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON 本のベストセラー
AMAZON BOOKS MAY



1989年以前

JWA
1963/7/19
リキ・スポーツパレス

○ジャイアント馬場[17分21秒体固め]アントニオ猪木●

山本小鉄が北沢幹之戦でデビュー

AJPW
1975/7/19
長野スケートセンター

テキサスデスマッチ
ジャンボ鶴田 vs フリッツ・フォン・エリック

サムソン・クツワダ vs ザ・スピリット

IWA
1979/7/19
木古内町公民館

マイティ井上 vs アンドレ・ザ・ジャイアント

国際プロレス クロニクル
上巻

国際プロレス コロニカル


NJPW
1985/7/19
札幌中島体育
センター

WWF認定ジュニアヘビー級選手権
ヒロ斎藤vsブラック タイガー

WWF認定インターナショナルヘビー級選手権
藤波 辰巳vsSS・マシーン

アントニオ猪木/坂口 征二vsブルーザー ブロディ/キングコング バンディ

AJPW
1987/7/19

猛虎七番勝負 第6戦
タイガーマスクvsテッド・デビアス

三沢タイガー伝説 虎仮面7年の咆哮
DVD-BOX
三沢タイガー伝説~虎仮面7年の咆哮


三沢光晴DVD紹介

PWF
スタン・ハンセン vs 谷津嘉章 

天龍源一郎/阿修羅・原 vs ジャンボ鶴田/輪島大士

AJPW
1988/7/19
後楽園ホール

'88サマーアクションシリーズ

○ジャンボ鶴田、谷津嘉章
[9分37秒体固め]
テリー・ゴディ、シーク・アリ●

○天龍源一郎、阿修羅原
[20分41秒パワーボム]
輪島大士、石川敬士●

○スタン・ハンセン
[4分21秒ウエスタンラリアット→体固め]
高木功●

アジアタッグ選手権試合
○<王者組>サムソン冬木、川田利明
[15分45秒サムソンクラッチ]
仲野信市、高野俊二●<挑戦者組>

○タイガーマスク、田上明
[11分11秒原爆固め]
レオ・バーク、ミッチー・スノー●

ジャイアント馬場、○グレート・カブキ
[12分28秒片エビ固め]
ラッシャー木村、鶴見五郎●

○ジョン・テンタ、渕正信
[12分20秒パワースラム]
ザ・デストロイヤー、デビッド・サンマルチノ●

○大熊元司、グレート小鹿
[12分41秒体固め]
マイティ井上、小橋健太●

○寺西勇[9分6秒原爆固め]小川良成●

○百田光雄[8分21秒バックドロップ→体固め]
北原光騎

AJW
1989/7/19

ライオネス飛鳥が引退のためWWWA世界シングル王座
返上


ヤフオクで今、売れているプロレス商品は何?
ヤフオクプロレス


1900年代

AJPW
1990/7/19
武生市体育館

世界タッグ
ジャンボ鶴田/ザ・グレート・カブキ vs
テリー・ゴディ/スティーブ・ウイリアムス 

NJPW
1991/7/19
札幌中島体育
センター

グレート・ムタ/TNT vs 馳浩/佐々木健介

ザ・グレート・ムタ コンプリートDVD-BOX

グレート・ムタDVD-BOX紹介

SWS
1991/7/19

田中社長が退任しオーナーとなり、新社長に天龍が就任

AJPW
1993/7/19
岡崎市体育館

テリー・ゴディ/スティーブ・ウイリアムス vs
スタン・ハンセン/ジョニー・エース 

三沢光晴/秋山準 vs 川田利明/渕正信 

田上明 vs 菊地毅

FMW
1994/7/19
高砂市総合体育館

中山香里が対清水真弓戦でデビュー

1995/7/19
セッド・ジニアスがUNWを旗揚げ。

BJW
1996/7/19
後楽園ホール


ケンドー・ナガサキ/山川征二vs中牧昭二/松永光弘
ミスター・ポーゴvsコジカ・サーティーン
アクエリアスvsドクトル・ワグナーJr.
矢口壹琅/たにぐちゆういちvs
ブル・ペイン/マイディー・ゴダーアク
クラッシャー高橋vsジェイソン・ナイト
小林洋輔vsブルーザー岡本
高知政光vs志賀悟

建築現場デスマッチ
建築現場デスマッチ

GAEA
1997/7/19
横浜文化体育館

石井里奈&広田紗久良&加藤天美
vs藤村奈々&小山亜矢&川崎美穂
阿部幸江 vs 藤井巳幸
高橋奈苗&脇澤美穂 vs 曽我部美幸&大隅紗理
元気美佐恵&T・マウス vs 青野敬子&和田部美穂
沼尾マキエ&松本麻依子
vs ザ・ブラディ&沖野小百合
久住智子 vs 千春
★全本ジュニア選手権試合
中西百重 vs 坂井澄江
椎名由香&本谷香名子&小杉夕子
vsシュガー佐藤&永島千佳世&天野理恵子

第2回
ジュニアオールスター戦
ジュニアオールスター戦

AJPW
1998/7/19
新潟市体育館

アジアタッグ
ウルフ・ホークフィールド/ジョニー・スミス vs ザ・ヘッドハンターズ

世界Jr
小川良成 vs 浅子覚





2000年以降

AJPW
2003/7/19
日本武道館

世界Jr
ケンドー・カシンvs土方隆司
嵐vs荒谷望誉

本間/宮本vs佐藤/横井

グレート・ムタ vs ギガンテス

川田利明/小島聡 vs 小川直也/藤井克久

NJPW
2004/7/19 
月寒グリーンドーム

IWGP
藤田和之vs柴田勝頼
タッグ
鈴木みのる/高山善廣vs獣神サンダー・ライガー/佐々木健介
棚橋弘至vs矢野通
Jr.
ヒートvsタイガーマスク
Jr. タッグ
邪道/外道vs金本浩二/井上亘

KING of SPORTS 5
KING of SPORTS5


PRIDE
2004/7/19
名古屋レインボー
ホール

PRIDE 武士道 -其の四-

日本VSブラジリアン・トップチーム 3対3対抗戦
大将戦
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs 中村和裕

日本VSブラジリアン・トップチーム 3対3対抗戦
中堅戦
五味隆典 vs ファビオ・メロ

日本VSブラジリアン・トップチーム 3対3対抗戦
先鋒戦
パウロ・フィリォ vs 小路晃

ミルコ・クロコップ vs 大山峻護
杉浦貴 vs ジャイアント・シルバ
美濃輪育久 vs 山本喧一
桜井"マッハ"速人 vs ファンキー・ブラディ・フィンク
アマール・スロエフ vs ディーン・リスター
三島☆ド根性ノ助 vs マーカス・アウレリオ
ルイス・ブスカペ vs 阿部裕幸
佐々木恭介 vs 光岡エイジ

PRIDE 武士道 其の四

JDスター
2004/7/19
後楽園ホール

JDスタープロデュース
格闘美9

秋山恵/桜花由美vsファング/クロウ/2/2

ドラゴンドア
2005/7/19
後楽園ホール

ドラゴンゲートを解雇されたメンバーを中心にして、ドラゴンドアが旗揚げ

WAVE
2007/7/19

WAVE旗揚げ会見

2008/7/19
カルロス・コロンが現役引退を公式に表明し、現在はWWCの運営に専念している

UFC
2008/7/19

UFC: Silva vs. Irvin
(UFC Fight Night 14)

JWP
2009/7/19
後楽園ホール

日向あずみが12/27後楽園ホール大会での
引退を発表!
 
木村、決死の2階バルコニーからの
ダイビングフットスタンプ
春山は防衛を果たすもろっ骨を負傷!

JWP認定無差別級選手権試合60分1本勝負
春山香代子vs木村響子



2/3 / 3/3

PURE-SLAM2009

JWP認定ジュニア&POP両選手権試合30分1本勝負
大畠美咲vsピンキー真由香

スーパーヒール2nd Bout~
スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
KAZUKI、○スーパーヒール植松寿絵
(15分52秒、サソリクランプ→片エビ固め)
阿部幸江●、輝優優

さくらえみ/米山かおりvs
コマンド・ボリショイ/藪下めぐみ 1/2
/ 2/2

Best Of Pure-Wrestling 30分1本勝負
日向あずみvs闘獣牙Leon 1/2 / 2/2

江本/中川/ヘイトレッドvs倉垣/蹴射斗/松本浩代

JWP激闘史 2009
JWP激闘史 2009


ドラゴンゲート
2009/7/19
神戸ワールド記念
ホール

7月といえばDRAGON GATEでは恒例のビッグマッチ

ハリウッド"ストーカー市川 暴走十番勝負・最終戦
“ハリウッド"ストーカー市川vs)アブドーラ・ザ・ブッチャー



KOBEプロレス・フェスティバル2009
シングルマッチ
●谷嵜なおき(7分54秒 雪崩式CDJ→体固め)Kzy○

オープン・ザ・トライアングルゲート王座
次期挑戦者チーム決定戦
●Gamma、横須賀享、KAGETORA
(13分2秒 体固め)望月成晃、ドン・フジイ、曙○

オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者]吉野正人、B×Bハルク、○PAC
(17分13秒 360°シューティングスタープレス)
ドラゴン・キッド、岩佐拓、戸澤陽●[挑戦者]

オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者]○堀口元気、斎藤了
(22分2秒 逆さ押さえ込み)
鷹木信悟、YAMATO●[挑戦者]

オープン・ザ・ドリームゲート&
オープン・ザ・ブレイブゲート ダブル選手権試合
[ドリームゲート王者]○土井成樹
(29分49秒 マスキュラーボム)
CIMA● [ブレイブゲート王者]

DRAGON GATE 2009
~season3~
DRAGON GATE 2009


TNA
2009/7/19

TNAウーマンズ王座
タラvsアンジェリーナ・ラブ

アイスリボン
2010/7/19
板橋グリーンホール

アイスリボン202 板橋大会

りほvsつくし
夏樹☆たいよう(パッションレッド)/市井舞/牧場みのり×
vs志田光/藤本つかさ/帯広さやか(19時女子プロレス)
安藤あいかvs星ハム子
【再試合】安藤あいかvs星ハム子
【再試合】安藤あいかvs星ハム子
インターナショナルリボンタッグ選手権
【王者】葛西純(FREEDOMS)/松本都vs【挑戦者】コマンドボリショイ(JWP)/都宮ちい
トライアングルリボン選手権
【王者】高橋奈苗vs【挑戦者】しもうま和美(パッションレッド)vs【推薦者】真琴

ICE×60選手権試合 20分1本勝負
みなみ鈴香vsさくらえみ

板橋大会
-アイスリボン202-
アイスリボン202


NEO
2010/7/19
板橋グリーンホール

サマーナイトファイヤー2010

第1試合 15分一本勝負
勇気彩 vs 小林華子

第2試合 15分一本勝負
宮崎有妃 vs バンビ

第3試合 30分一本勝負
タニー・マウス vs 下田美馬

第4試合 30分一本勝負
松本浩代 & 大畠美咲 vs 水波綾 & 花月

第5試合 30分一本勝負
田村欣子 & 川崎亜沙美 & 志田光vs
華名 & 紫雷美央 & 紫雷イオ

闘龍門
2010/7/19
後楽園ホール

LUCHA FIESTA 2010
LUCHA FIESTA 2010

大鷲透&田島久丸&村上学vs“ロス・サルサロス・ハポネセス”バナナ千賀&パイナップル華井&南野たけし

エスベクトゥリートvsX

ブラソ・デ・プラティーノ&栗原あゆみ&ミラニート・コレクションa.t.vsNOSAWA論外&藤田ミノル&大畠美咲

ソラールvsネグロ・ナバーロ

NWAインタージュニアヘビー級選手権試合
〈王者〉藤田峰雄vsウルティモ・ドラゴン〈挑戦者〉 大原はじめ〈挑戦者〉ブラック・タイガー〈挑戦者〉ダーク・ドラゴン〈挑戦者〉佐藤秀〈挑戦者〉


AMAZON ゲームのベストセラー
AMAZON GAME MAY


 ↑ トップへヤフーオークション

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト





プロレス/格闘技
プロレス/格闘技 誕生日/忌日


AMAZON 食品&飲料 ベストセラーは何?
AMAZON FOODS BEST



谷津 嘉章
1956/7/19

日本の元プロレスラー。群馬県邑楽郡出身。血液型B型。長髪に無精ひげを生やし、サイドにJAPANと描かれた(但しそのいでたちは海外遠征中で、日本では殆どJAPANの文字は無しのタイツ。逆にマサ斉藤は日本でもその文字はあった)ひざ部分までのロングタイツ(俗に「田吾作スタイル」と呼ばれる)がトレードマーク。

来歴

足利工大附属高校でレスリングを始め、日本大学レスリング部時代に全日本学生選手権フリースタイル100kg級4連覇、全日本選手権優勝。日本代表として1976年モントリオールオリンピック出場(8位)。1980年モスクワオリンピックでも日本代表に選ばれたが、日本が不参加だったため2大会連続出場はならなかった。世間では幻の金メダリストと言われた。その後、輝かしいレスリングの実績を評価され、1980年に新日本プロレスに入団。

レスリングエリートとしてプロレス入りした谷津はエース候補生として扱われ、いきなり渡米し、プロデビュー戦をニューヨークのMSGで行う(1980/12/29、カルロス・ホセ・エストラーダ戦)という破格の待遇を受けた。1981年に帰国しアントニオ猪木とタッグチームを組み、蔵前国技館にて、アブドーラ・ザ・ブッチャー&スタン・ハンセン組と日本デビュー戦を戦うこととなり、いきなりメインイベントを務める華々しいデビュー戦に注目が集まった。ハンセンをスープレックスで投げるなど大器の片鱗を見せたが、ラフファイトに気後れする心の弱さを露呈し、場外で額を割られるなどブッチャー、ハンセンの容赦ない攻撃に良いところなく敗北。再び渡米し、「トラ・ヤツ」のリングネームで全米を廻った。ダラスでは、ジャイアント・キマラ(初代)との抗争がドル箱カードとなる。トラ・ヤツは、最初は作り笑顔でお辞儀をし愛想良く振舞うが、試合終盤では持参した竹刀を振り回すというギミックで活躍した。

余分な肉をそぎ落として体を絞り、逞しくなって帰国すると、1983年に長州力率いる「維新軍」に入り、維新軍の若侍として注目された。当初は同じ維新軍団のアニマル浜口とのタッグの際は浜口の指示の下、手足となって動くという若さが目立つものの、後に長州に次ぐ軍団の副将格に成長した。(ユニバーサルプロレス(UWFの前身)に移籍前の前田日明とはライバルと目され、ワールドプロレスリングの解説者である桜井康雄は「正規軍と維新軍のドラフト1位同士の対決」という表現をした)「荒武者」とニックネームを付けられるなど荒々しいファイトも見せるようになったが、1983年11月3日の正規軍対維新軍4対4綱引きマッチ(両軍団が別れ、試合当日にロープを用い対戦相手を決定する試合形式)では、対戦相手の猪木と積極的に絡もうとせず、リング下に逃げる作戦を見せている。

また、その後の正規軍対維新軍の全面抗争第2ラウンドである5対5の柔道方式勝ち抜き戦(1984/4/19)において谷津は維新軍の中堅として登場し、正規軍の先鋒で2人に勝ち抜いている藤波辰巳(現・辰爾)、次鋒の高田伸彦(現・延彦)の2人から勝利する。

その後、長州の「ジャパンプロレス」を結成に参加。ジャパンプロレス軍団は全日本プロレスのリングへ参戦し、長州とのタッグでジャンボ鶴田&天龍源一郎組を破りインタータッグ王座を獲得するなど活躍した。(自らが天龍をジャーマン・スープレックスでフォールを奪うが、谷津のジャーマンはレスリングの下地があるにもかかわらずめったにお目見えすることは無く、大一番だけ見せるレアな技という見方をされた)

1986年6月には再びレスリング全日本選手権に挑戦し、フリースタイル130kg級で優勝し話題になった。(NHKのニュースでも取り上げられた話題であった)その後ジャパンプロレス軍団は分裂し、谷津は全日本プロレスに残留し鶴田と「五輪コンビ」を結成した。(ずっとバミューダタイプのトランクスだったのを新日デビュー戦以来の黒のショートタイツに変更した)「五輪コンビ」は初代世界タッグ王座を獲得し、1987年に世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝するなど大活躍した(レスリング用のヘッドギアを付けて戦ったこともあった)。

1990年に新団体SWSが旗揚げされると、全日本プロレスを離脱しこれに参加した。同団体の道場制度の戦いの中で谷津は「道場・檄」に所属。道場主は若松市政であったが事実上のエースは谷津であり、1991年には若松に代わって道場主に就任する一方、SWSの選手会長の要職に就いた。特にキング・ハク(元プリンス・トンガ)とのタッグ(『ナチュラル・パワーズ』)はSWSのタッグ戦線で無類の強さを誇り、SWS認定タッグ選手権を獲得するなど秀逸であった。

しかし団体内部では、マッチメイクなどを巡って天龍派(『レボリューション』)と反天龍派(『道場・檄』『パライストラ』)との対立が燻っていた。その様な中、1992/5/14谷津は「選手会長辞任とSWSからの退団」を突如表明した。この発言は天龍派と反天龍派団体内部の対立が一気に表面化する形となった。谷津と谷津を支持した仲野信市は内部混乱の責を取らされる形で5/22の後楽園ホール大会で「引退」を表明。「SWS引退試合」に臨んだが、マスコミなどは天龍派擁護の声が強く、観客から罵声や物を飛ばされながらの引退試合となった。その後、一時プロレスを離れ、輸入自動車販売店を経営するかたわら、ジョージ高野・高野俊二兄弟が設立したPWCの発起人に名を連ねた後、1993年にSPWF(Social Professional Wrestling Federation、社会人プロレスリング連盟。後にスーパープロレスリング連盟に改称)を新たに設立した(道場を千葉県長生郡一宮町に構えた)。

1994年に、長州政権下にあった新日へ参戦。当初は後藤達俊、スーパー・ストロング・マシンが抜けてヒロ斎藤と保永昇男だけとなったレイジング・スタッフとの共闘という形式で、この年のG1クライマックスにも出場。長州と9年ぶりにシングル戦を行ったのを機に長州とのタッグを復活。後にマサ斎藤、アニマル浜口、寺西勇らと維新軍を復活させ平成維震軍との抗争が始まる。しかし、平成維震軍自主興行の中断や、懐かしの外国人レスラーを一堂に会する興行を発表したのに実現化出来ず、抑えた会場を新日に肩代わりしてもらったことが影響し、新日マットよりフェードアウトする。

2000年10月31日にはPRIDE.11に出場しゲーリー・グッドリッジと対戦、アキレス腱固めでギブアップ寸前まで追い込んだものの、1ラウンドTKO負け。翌2001年9月24日のPRIDE.16でグッドリッジと再戦したが、返り討ちにあい、再び1ラウンドTKO負け。

また、これと前後して2001年4月にはアブダビコンバット99kg以上級に参戦。1回戦でリコ・ロドリゲスと対戦し、7分32秒飛び付き腕ひしぎ十字固めで一本負け。

2001年3月に旗揚げしたZERO-ONE旗揚げ戦(両国国技館)にも参戦し、2000年にNWA世界ヘビー級選手権で当時選手権者であった小川直也に勝利したゲリー・スティールと対戦し、監獄固めで勝利し、FIGHTING TV サムライ中継でゲスト解説した武藤敬司も「谷津さんは余裕の勝利だな」と絶賛していた。

2002年、長州率いる新団体「WJプロレス」に参加。2003年に旗揚げ戦を行い安生洋二と対戦し勝利したがWJプロレスは興行が低迷し、「長州をはじめとするWJフロント陣はインディー団体を分かってない!」と痛烈に批判して2003年9月に退団した。以後はSPWF復帰を表明したが、同団体は活動を停止した。

後年のリングインのテーマ曲はバック・トゥ・ザ・フューチャー。

WJプロレス退団の際に東京スポーツの取材に応じ、前述の批判と合わせ、「プロレスからは足を洗う」「雑誌編集にツテがあるのでそちらに行く」などと身の処し方について発言していた。時折、回顧の取材を受けることがあり、猪木や長州を批判することも多い。

2009年7月4日、足利工大附属高校の後輩であり、全日本時代の同僚でもあった三沢光晴のお別れ会に出席。久々に公の場に姿を現した。

2010年9月 デビュー30周年の自主興行ツアーを最後に現役引退すると発表。11/30のSPWF~東京・新宿FACE大会で引退。30年に及ぶプロレスラー生活に別れを告げた。

タイトル歴

  • インターナショナル・タッグ王座
  • PWF世界タッグ王座
  • 世界タッグ王座


"ラヴィシング" ランディ・ローズ
"Ravishing" Randy Rose
1956/7/19

アメリカ合衆国の元プロレスラー。本名はランディ・オルズRandy Als)。テネシー州ナッシュビル出身(ジョージア州アトランタ出身ともされる)。

1980年代に一世を風靡したタッグチーム、ミッドナイト・エクスプレスThe Midnight Express)のオリジナル・メンバーである

来歴

デビュー後は本名のランディ・オルズをリングネームに活動し、1978年6月には国際プロレスの『ビッグ・サマー・シリーズ』に初来日。その後カンザスシティのセントラル・ステーツ地区に入り、1979年1月にディック・マードックからNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を奪取した。

1980年からはアラバマのSECW(サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング)に参戦し、ランディ・ローズに改名。同年9月に国際プロレスの『ダイナマイト・シリーズ』に再来日、アレックス・スミルノフやビッグ・ジョン・クインら外国人勢の斬り込み隊長役となって暴れた。国際では金網デスマッチも行っており、試合功者ぶりを発揮して関係者から高い評価を得た。

帰国後もSECWを主戦場に、同じシリーズに参戦していたロン・バスと組んで1980年10月にジョー・ルダック&ロバート・フラーからNWAサウスイースタン・タッグ王座を奪取。同年の末からはデニス・コンドリーとタッグを組み、翌1981年からはノーベル・オースチンも仲間に引き入れ、ヒールのタッグチーム・ユニットであるミッドナイト・エクスプレスを結成。サウスイースタン・タッグ王座を再三に渡って獲得し、メンフィスのCWAにも参戦した。

1983年末のチーム解散後はシングル・プレイヤーとなってSECWに定着。一方コンドリーは、1984年にビル・ワットのMSWAでボビー・イートンをパートナーに新生ミッドナイト・エクスプレスを結成し、1985年よりNWAのジム・クロケット・プロモーションズで活躍したが1987年に離脱。ローズとコンドリーは末期のAWAにて再合体し、ポール・E・デンジャラスリーをマネージャーにオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスを名乗り、1987年10月にジェリー・ローラー&ビル・ダンディーからAWA世界タッグ王座を奪取、12月にマーティ・ジャネッティとショーン・マイケルズのミッドナイト・ロッカーズに敗れるまで保持した。

1988年からはオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスとしてNWAクロケット・プロに参戦し、コンドリーの離脱後に再編されていたボビー・イートンとスタン・レーンのミッドナイト・エクスプレスを相手に骨肉の抗争を展開、12月の『スターケード'88』においても両チームは対戦した。しかし、テッド・ターナーのクロケット・プロ買収によりWCWが発足すると、1989年に再びコンドリーが離脱。ローズはジャック・ビクトリーとの新コンビで継続参戦していたが、イートン&レーンとのルーザー・リーブス・タウン・マッチに敗れて彼もWCWを離れた。

1990年1月、ローズをスカウトしたとされるアブドーラ・ザ・ブッチャーの仲介で全日本プロレスの『新春ジャイアント・シリーズ』に来日、小橋健太の7番勝負第3戦の相手を務めた。全日本には1991年5月の『スーパー・パワー・シリーズ』にもブッチャーと共に参戦している。

1992年頃にセミリタイアし、ホームタウンの北ジョージアにてチャリティ活動に注力。近年もインディー団体にスポット参戦しており、オースチンやコンドリーとオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスを再結成することもある。

獲得タイトル

  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
  • NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ブライアン・セント・ジョン)
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:13回(w / ロン・バス、デニス・コンドリー×10、ジミー・ゴールデン、パット・ローズ)
  • AWA世界タッグ王座:1回(w / デニス・コンドリー)


ロバート・ギブソン
Robert Gibson
1958/7/19

アメリカ合衆国のプロレスラー。本名はルーベン・ケインRuben Cain)。フロリダ州ペンサコーラ出身。

リッキー・モートンとのタッグチーム、ロックンロール・エクスプレスThe Rock 'n' Roll Express)での活躍で知られる。

来歴

1976年11月、テネシー州メンフィスのNWAミッドアメリカ地区(後のCWA)にてデビュー。以後1980年代初頭にかけて、テネシーやアラバマを主戦場に兄のリッキー・ギブソンとのギブソン・ブラザーズで活動。ソニー・キング&シュガー・ベア・ハリス、デビッド・シュルツ&ウェイン・ファリス、ミスター・オーニタ&マサ・フチ、スタン・レーン&スウィート・ブラウン・シュガーなどのチームとタッグ王座を争った。なお、リッキー・ギブソンは1975年7月の全日本プロレス来日時、ミサイルキックを本邦初公開した選手である。

リッキー・ギブソンが自動車事故で引退した1983年、CWAにて新パートナーのリッキー・モートンとロックンロール・エクスプレスを結成。アイドル系タッグチームとして売り出される。1984年からはビル・ワットの主宰するMSWAに移籍し、ボビー・イートン&デニス・コンドリーのミッドナイト・エクスプレスとの連戦を開始。1985年よりNWAのジム・クロケット・プロモーションズに登場、デビュー戦でイワン・コロフ&クラッシャー・クルスチェフからNWA世界タッグ王座を奪取し、以降も長きに渡って同地区のタッグマッチ戦線で活躍。その甘いマスクとスピーディーな試合スタイルが女性や子供の観客に支持され、爆発的な人気を得た。1988年には全日本プロレスにも2度来日している。

モートンがヒールに転向した1991年には両者の一騎打ちも行われたが、NWA(WCW)離脱後はモートンとロックンロール・エクスプレスを再結成し、1990年代半ばまではジム・コルネットの主宰するスモーキー・マウンテン・レスリングを中心に活動。以後、1998年のWWF参戦を経てモートンとのコンビを一旦解消し、シングル・プレイヤーとなってインディー団体を転戦した。

2004年7月には、ロックンロール・エクスプレスのフォロワーだったザ・ロッカーズのマーティ・ジャネッティと共に、ロックン・ロッカーズとしてIWAジャパンに登場している。また、2006年12月から2007年10月にかけては、OVWのトレーナーとしてWWEに在籍していた。

近年もインディー団体にてモートンとのロックンロール・エクスプレスを復活させており、2010年4月には、かつての主戦場クロケット・プロのブランドネームと同じ名称を持つノースカロライナのインディー団体 "Mid-Atlantic Championship Wrestling" において、バフ・バグウェル&リッキー・ネルソンからMACWタッグ王座を奪取している。

獲得タイトル

CWA / USWA
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:1回
  • NWAミッドアメリカ・タッグ王座:1回(w / ドン・ファーゴ)
  • AWA南部タッグ王座:6回(w / リッキー・ギブソン×3、ビル・ダンディー、リッキー・モートン×2)
  • CWAタッグ王座:1回(w / リッキー・モートン)
  • CWA世界タッグ王座:1回(w / リッキー・モートン)
  • USWA世界タッグ王座:2回(w / リッキー・モートン)
SECW
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / リッキー・ギブソン)
  • NWAサウスイースタンUSジュニアヘビー級王座:1回
MSWA
  • ミッドサウス・タッグ王座:3回(w / リッキー・モートン)
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):4回(w / リッキー・モートン)
スモーキー・マウンテン・レスリング
  • SMWビート・ザ・チャンプTV王座:1回
  • SMWタッグ王座:10回(w / リッキー・モートン)
その他
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / リッキー・ギブソン)
  • NWA世界タッグ王座(復活版):4回(w / リッキー・モートン)
  • MACWタッグ王座:1回(w / リッキー・モートン)

etc.



上野幸秀
1970/7/19

日本のプロレスラーである。神奈川県横須賀市出身。 FMW在籍当時は、黄緑色のパンツやオレンジ色のパンタロンを着用していた。得意技は「G・T・H」。

経歴

  • FMW1期生。同期にはフライングキッド市原がいる。同団体旗揚げから暫くレフェリーを務めた後、1990/1/17、熊本県・熊本小国ドームでの、ザ・シューター2号との異種格闘技戦でレスラーとしてデビュー。
  • FMWの「なんでもあり」の興行精神により、キックボクサーである上田勝次戦では異種格闘技戦を行い、パンダの着ぐるみを着たレスラーレイ・パンディータ戦では、コミカルな試合展開をするなど、プロレスの幅は広かった。
  • レイ・パンディータとのタッグで、江崎英治(ハヤブサ)のデビュー戦の相手を務めている(ハヤブサのパートナーはアミーゴ・ウルトラ)。
  • 得意技としていた『G・T・H』は「GO TO HELL」の意。チキンウイングフェイスロック式のリバースチキンウイング。尻餅をついた相手に羽根折り顔面絞めを極めた状態から、横回転。うつぶせにしてから自分は前方へとブリッジする大技。
  • 1992年からメキシコに海外武者修行に旅立つ。上野は当初、忍者風マスクマン「カミカゼ・ニンジャ」を名乗っていたが、同年4月にスペル・ムニェコとのコントラ・マッチに敗れ、マスクを取られる。5/15のティファナ大会で、タイガーマスクのようなマスクを被り「ウルトラ・タイガー」として、再びメキシコのリングに上がった。コスチュームはシューティング・スタイルで、蹴りを多用したファイトだったという。現地ではアミーゴ・ウルトラ(帰ってきたウルトラマン、ダミアン)、ウルトラ・タロウと「ウルトラ・ファミリー」なるトリオを組み、試合を行っていたこともあった。
  • 海外武者修行後、特撮ヒーローものを意識した全身コスチュームのマスクマン「超電戦士 (ちょうでんせんし) バトレンジャー」としてFMWマットで再デビュー(3/5、後楽園ホールでの中川浩二(現:GOEMON)戦にて)。
  • 「バトレンジャー」当初、かなり分厚いマスク・コスチュームで試合をしていたが、動きが不自由になるのと体力の消耗量が高いため、後に動きやすい物に改良された。これに合わせてリングネームも「超電戦士バトレンジャーZ (ゼット) 」と改めた。
  • 一時期、プロレスラーとして、FMWに入門していた中牧昭二は、10歳以上年下でありながらプロレス界では「先輩」である上野を苦手としていた。三宅綾が中牧に上野について聞いた際「上野?勘弁してくれよ。お前の同級生、ロクなもんじゃねぇ~よ」と答えたという。また上野も三宅に中牧のことを聞かれた際には「自分は中牧には何もしていない。しごくも何もすぐに消えたから」と話していたという。
  • 1994年、FMWを円満退社。
  • FMW退団後は、素顔の上野幸秀、マスクマン「超電戦士バトレンジャー」、或いは「ポリスメ〜ン」などのマスクマン、「杏仁師匠」といったキャラクターなど数々の顔を使い分け、フリーランスとして様々なインディー団体で活動している。 2004年、カナダの団体「ECCW」では、「UENO」の名でリングに上がった。

上野幸秀と三宅綾

  • 同じくFMWで活躍した三宅綾とは幼なじみ。中学生のとき、2人で両国国技館まで新日本プロレスを観に行き、入門を直訴する為に山本小鉄の出待ちをしたが、山本の乗った白いキャデラックを見失ってしまい、入門を断念する。
  • 上野と三宅は、プロレスデビュー後、対戦することが無かったが、1997/7/6、両国国技館で行われた「WAR」の『革命陽上・5 THE OPEN』にて、「三宅綾VS超電戦士バトレンジャー(上野)」の一騎打ちの試合が組まれ、中学の時、2人で観に行った両国のリングで初めて対戦が実現した(結果は7分50秒タイガー・ドライバーで三宅の勝利)。三宅曰く「お互いガチガチに緊張して、試合自体は‘塩(しょっぱい内容)’だったと思う」と語っている。


レイ・ブカネロ
Rey Bucanero
1974/7/19

アルテゥーロ・ガルシア・オルティスArturo García Ortiz)は、メキシコ・メキシコ州メキシコシティー出身の男性プロレスラー。CMLL所属。

来歴

伯父はピラタ・モルガンともいわれる。1991/11/18にプエブラでデビュー。

1997年3月にエル・サタニコ、エミリオ・チャレス・ジュニアと組んでアポロ・ダンテス、ブラック・ウォリアー、ドクトル・ワグナー・ジュニア組を破りCMLL世界トリオ王座を奪取。1998年から1年間WWF(現在のWWE)に「レイ・オルティス」のリングネームで参戦。1999年CMLL復帰し「ロス・ゲレロス・デル・インフェエルノ」に加入しルードに転向。2000年CMLL世界タッグチーム王座決定トーナメントでウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝しタッグベルトを奪取。2004年9月にオリンピコと組んで棚橋弘至、中邑真輔の持つIWGPタッグ王座にCMLLルールで対戦もベルト奪取に失敗。2006年5月にはアトランティスと組んで武藤敬司、ウルティモ・ドラゴン組と対戦するも敗退。同年7月にウルティモ・ゲレーロを破りCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取。同年TNAの「ワールドXカップ 2008」にボラドール・ジュニア、ウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝。

2010年8月に「ラ・ペステ・ネグラ」に加入。

日本では新日本プロレス、FMW、闘龍門、ドラゴンドアに参戦している。

獲得タイトル

  • CMLL世界タッグチーム王座(パートナー:ウルティモ・ゲレーロ)
  • CMLL世界トリオ王座(パートナー:エル・サタニコ、エミリオ・チャレス・ジュニア)
  • CMLL世界ライトヘビー級王座
  • コパ デ アレナ 1999 (パートナー:エル・サタニコ、ウルティモ・ゲレーロ)
  • トルネオ グラン アエウタナティバ 1996(パートナー:エミリオ・チャレス・ジュニア)
  • レヨンダ デ アズル 2006
  • ワールドXカップ 2008


トミー青山
1958/10/6 - 2011/7/19

元女子プロレスラー。本名・冨高 千賀子。三重県出身。

人物

中京大学を中退して全日本女子プロレスに昭和52年組として入門。メキシコ遠征を経験して、空中技を中心に多くの技をマスターした。

ルーシー加山とのタッグ「クイーン・エンジェルス」として活躍し、レコード「ローリングラブ」をリリースした。

リングネームは苗字から「トミー」、「青山」は全女の経営者である松永兄弟が青山で飲んでいた際に思いついたのが由来。

新人時代のライオネス飛鳥が付き人をしていた。

引退後は結婚して2児の母となったが、離婚。

2011年7月19日、食道癌のため死去。

経歴・戦歴

1977年
  • 9/5、大宮ステートセンターにて対塙せい子戦でデビュー。
1980年
  • 8月、右膝の故障のため引退。
2007年
  • 3月11日、ジャガー横田30周年記念興行にて30人ミラクルバトルランブルで他の全女OGらとともに参戦。

獲得タイトル

  • オールパシフィック王座
  • WWWA世界タッグ王座(パートナーはルーシー加山)

出演

  • 探偵物語 第10話「夜の仮面」(1979年、日本テレビ)ルーシー加山とともにレスラー役として出演


プロレス/格闘技 関連ショップ
LASTHOBBY


 ↑ トップへヤフーオークション



今日のプロレス 興行日程
[今後の興行]
お近くの人は是非見に行きましょう!

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON スポーツのベストセラー
AMAZON SPORTS EQUIPMENT

団体 会場 / 時間
新日本
北海道・帯広市総合体育館 19:00

井上亘/永田裕志/天山広吉/棚橋弘至vsヒデオ・サイトー/飯塚 高史/矢野通/中邑真輔/
MVP/小島聡/真壁刀義vsタイチ/TAKAみちのく/鈴木みのる
田口隆祐/プリンス・デヴィット/後藤洋央紀vsキング・ファレ/KUSHIDA/獣神サンダー・ライガー
本間朋晃/タイガーマスク/“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン/ジャイアント・バーナードvs邪道/外道/高橋裕二郎/田中将斗
高橋 広夢vs石井智宏
三上 恭佑vs渡辺 高章

ノア
新潟県新発田市カルチャーセンター 18:30

第5回日テレG+杯ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦
Aブロック公式戦
金丸義信/KENTAvsジャック・エバンス/アエロ・スター
滝澤大志/ザック・セイバーJr.vs高岩竜一/浪口修


AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



試合結果


◆新日本

田口隆祐、デヴィット、○後藤洋央紀[8分34秒 片エビ固め]×キング・ファレ、KUSHIDA、獣神サンダー・ライガー
MVP、○小島聡、真壁刀義[12分6秒 片エビ固め]×タイチ、TAKAみちのく、鈴木みのる
井上亘、永田裕志、天山広吉、○棚橋弘至[15分1秒 片エビ固め]ヒデオ・サイトー、×飯塚高史、矢野通、中邑真輔

◆ノア

鈴木鼓太郎、谷口周平、○潮崎豪[24分23秒 体固め]井上雅央、斎藤彰俊、×秋山準
▽ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦Aブロック公式戦
浪口修、○高岩竜一[16分30秒 片エビ固め]×ザック・セイバーJr.、滝沢大志
○KENTA、金丸義信[12分58秒 片エビ固め]アエロ・スター、×ジャック・エバンス


  


 ↑ トップへヤフーオークション
 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system