本文へスキップ
 
重要なお知らせ
2010/8月以降おまとめは休止しています。
但し、Youtube/ニコニコ動画/Dailymortionなど
日々追加しています。
5,000本以上ありますので検索キーワードを
↓に入れてお探しください。


Google

WWW を検索      
"極め”内検索


また、リンク切れ、レンタル、お探し中などの問い合わせは↓から
◆問い合わせ
ずく
 
 

プロレスレンタル、借りるならTSUTAYA



2011/6/24
プロレス関連商品
AMAZON


プロレス/格闘技 ニュース


AMAZON お勧めのスポーツDVD
AMAZON SPORTS DVD MAY

Sportsnavi
日刊スポーツ
スポニチ
デイリースポーツ
格闘技WEB
マガジンGBR
東スポ
  • 永田の青義にヒビ!造反の一番弟子サイトーの改心マッチ決行
  • 大森にWJ時代の確執蘇る KENSOの王者だけは認めん
  • <8・27IGF両国>藤波が熱望 ブッチャー&ファンクス夢トリオ
  • 【8・27ALL TOGETHER連載】前田日明が1979年オールスター戦を振り返る
  • <7・16DREAMバンタム級決勝>桜井“マッハ”速人がルーカス娘戦熱望
リアルライブ
バトル・ニュース
 ↑ トップへヤフーオークション
 
 


YouTube追加動画 ヤフーオークション

 

AMAZON 食品&飲料 ベストセラー
amazonfood


NJPW
1990/7/22
月寒ドーム

IWGPタッグ
武藤敬司/蝶野正洋vsザ・ロード・ウォリアーズ

SWS
1991/3/30
東京ドーム

レッスルフェス

ハルク・ホーガン/天龍源一郎vsザ・ロード・ウォリアーズ/2/2

SWS
1991/12/12
東京ドーム

WWFタッグ

ザ・ロード・ウォリアーズvsアースクエイク/タイフーン

WWF
1991/9/7
ロードアイランド

ホーク・ウォリアーvsジェリー・サッグス

アニマル・ウォリアーvsジ・アンダーテイカー

AJPW
1986/6/7
高松市民文化
センター

NWAインタータッグ

ジャンボ鶴田/天龍源一郎vsザ・ロード・ウォリアーズ

AJPW
1987/3/7
愛知県体育館

ジャイアント馬場/輪島大士vsザ・ロード・ウォリアーズ

AJPW
1987/3/12
日本武道館

NWAインタータッグ

ジャンボ鶴田/天龍源一郎vsザ・ロード・ウォリアーズ

AJPW
1987/6/8
福岡国際センター

ジャンボ鶴田/ジョン・テンタvsザ・ロード・ウォリアーズ

NJPW
1996/9/16

アニマル・ウォリアーvs天山広吉

NJPW
1996/9/17

アニマル・ウォリアー/パワー・ウォリアーvs蝶野正洋/天山広吉

NJPW
1996/9/20
大阪府立体育会館

アニマル・ウォリアー/ワイルド・ペガサスvs武藤敬司/リック・スタイナー

NJPW
1996/12/5

ホーク/アニマル/パワー・ウォリアーvs蝶野/天山/ヒロ

NJPW
1997/1/4
東京ドーム

グレート・ムタvsパワー・ウォリアー/2/2

NJPW
ホーク/アニマル/パワー・ウォリアー(プロモ)

AJPW
1999/5/2
東京ドーム

小橋健太/秋山準/白使vsジョニー・エース/ザ・ロード・ウォリアーズ/2/2

UWA
2008/5/11

UWA世界タッグ

アニマル/パワー・ウォリアーズvsダミアン666/エル・テリブル



超暴走軍団 ザ・ロード・ウォリアーズ/2/2


1985

ザ・ロード・ウォリアーズ 極悪チャンプ無法の嵐(オープニング)
AWA世界タッグ
ザ・ロード・ウォリアーズvsファビュラス・ワンズ
ザ・ロード・ウォリアーズ プロモ
ザ・ロード・ウォリアーズvsケン・ルーカス/マグニフィセント・ズール
ザ・ロード・ウォリアーズvsブラッド・レイガンズ/リック・ピーベイ
1984-"Boogie of The Road Warriors" by The Road Warriors
ザ・ロード・ウォリアーズ AWA世界タッグ
ザ・ロード・ウォリアーズ プロモ 2
AWA 1985/11/22 
ザ・ロード・ウォリアーズvsキングコング・バンディ/ブラックウェル/2/2
リフトアップの秘密
ザ・ロード・ウォリアーズ プロモ 3
AWA 1985/2/11
ザ・ロード・ウォリアーズvsラシク/ローラー
エンディング

AWA
1984/8/25

ラシク/リソワスキーvsザ・ロード・ウォリアーズ


6.26 JWP 大阪・IMPホールへの中森・大畠の意気込み

K1
Open interview for 6.25 MAX -Yuki-
-63kg級トーナメントのプロモーションビデオ
Open interview for 6.25 MAX -Tetsuya Yamato-
Open interview for 6.25 MAX -Yoshihiro Sato-
Open interview for 6.25 MAX -Masaaki Noiri-
Open interview for 6.25 MAX -Albert Kraus-
Open interview for 6.25 MAX -kizaemon Saiga-

DREAM
DREAMフェザー級タイトルマッチ、高谷裕之×宮田和幸の煽りVTR

CHIKARA
CHIKARA Event Center - IL, MI and OH this weekend!

ZACK RYDER
Z! True Long Island Story Episode # 19

ROH
ROH Video Wire 6-23-11


AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演



USTTREAM   19:00
19時女子プロレス 77

IW19選手権
【王者】都宮ちいvs志田光【挑戦者】

真琴
ミラクルハンター

真琴 ミラクルハンター

RIBBON MANIA
2010-12.26
RIBBON MANIA2010-12.26後楽園ホール

20:00
ハッスルマンズTV


21:00
カゲキックス

2009年10月大会より
小川聡志 vs サウザー(ダブプロレス)

2010年8月名古屋大会より
コスモ☆ソルジャー vs エル・サムライ

KING ブログ

サムライTV 22:00
Sアリーナ
2011年6月24日(金)号

試合映像や記者会見など、マット界の最新
情報を夜10時から生放送!
<ニュース>
●新日本プロレス ディファ3連戦
無差別級6人タッグトーナメント
●FREEDOMS 6.22新木場
●DRADITION 6.23新宿FACE
<ミキティコの「闘う天気予報」>
●週末のお天気は?(協力/e-天気.net)

23:00
DEEP 54 IMPACT
2011.6.24後楽園ホール

<DEEPライトヘビー級タイトルマッチ>
中西良行×ベルナール・アッカ

横田一則×昇侍

長南亮×岩瀬茂俊

ANNIHILATE !杯決勝
誠悟×どすこい羅頭魔勢
ほか

J-SPORTS  16:30 
NXT #69

ヨシタツ

5月27日発売決定!
レッスルマニア27
レッスルマニア27


WWE DVD紹介

4/22発売!
エリミネーション・
チェンバー2011
エリミネーション・チェンバー2011


WWE DVD紹介


24:00
ロウ #942

“ストーンコールド・ロウ”
ケイン vs アルベルト・デル・リオ
ジャクソン&シン・カラ&ブライアン vs バレット&ローデス&デビアス
サンティーノ・マレラ vs シェイマス
レイ・ミステリオ vs クリスチャン
Rトゥルース vs ジョン・モリソン
ボーン&コフィ vs スワガー&ジグラー
ロディ・パイパー vs ザ・ミズ
7 on 7オールスター・ディーバ・タッグマッチ
ジョン・シナ vs CMパンク

6/24発売!
ジョン・シナ
エクスペリエンス
ジョン・シナ エクスペリエンス


WWE DVD紹介

6/24発売!
WWEエクストリーム・
ルールズ 2011

WWEエクストリーム・ルールズ 2011


WWE DVD紹介

GAORA 22:00
DRAGON GATE 無限大~infinity~ #222
5.21大阪府立体育会館

DRAGON GATE 2011年ナンバーワン決定戦“KING OF GATE 2011”
決勝トーナメント(準決勝・優勝決定戦)


AMAZON PCのベストセラー
AMAZON PC



プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル

 ↑ トップへヤフーオークション

プロレス/格闘技 関連商品SHOP
BACKDROP





プロレス/格闘技
今日は何の日?

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON 本のベストセラー
AMAZON BOOKS MAY



1989年以前

1972/6/24
オハイオ州アクロン

NWF世界ヘビー級王座
アーニー・ラッドvsアブドーラ・ザ・ブッチャー

NJPW
1981/6/24
蔵前国技館

谷津嘉章、すべての悲劇はここから始まった!

アントニオ猪木/谷津嘉章vs
スタン・ハンセン/アブドーラ・ザ・ブッチャー 



闘魂伝承
闘魂伝承


アントニオ猪木おまとめ
スタン・ハンセンおまとめ
アブドーラ・ザ・ブッチャーおまとめ
新日本プロレスビデオリスト

水曜スペシャル

マーシャルアーツ世界ライト戦
ウイルソンvsタイ

藤波辰巳vsブラック・キャット

タイガーマスクvsビジャノ3号

初代タイガーマスク
大全集
発掘!秘蔵名勝負撰<其の壱>
Vol.3
初代タイガーマスク大全集


最強!マスクマン烈伝
Vol.2
最強!マスクマン烈伝


キラー・カーンvsタイガー戸口

AJW
1983/6/24
函館市民体育館

永友香奈子が小倉由美戦でデビュー

NJPW
1988/6/24
大阪府立体育館
 
長州力vs藤波辰巳



藤波vs長州'88革命戦争
藤波vs長州


其ノ参
超戦士集結
超戦士集結


IWGP列伝 2
IWGP列伝2


オーエン・ハートvs越中詩郎

藤波辰巳おまとめ
長州力おまとめ
新日本プロレスビデオリスト


ヤフオクで今、売れているプロレス商品は何?
ヤフオクプロレス


1900年代

WWE
1995/6/24
ペンシルベニア州
フィラデルフィア
マリオット・ホテル

WWE Hall of Fame (WWE殿堂)
  • アントニオ・ロッカ
  • アーニー・ラッド
  • ジョージ・スティール
  • イワン・プトスキー
  • ファビュラス・ムーラ
  • グラン・ウィザード
  • ペドロ・モラレス

NJPW
1997/6/24
長野エムウェーブ

グレート・ムタ&蝶野正洋&天山広吉 vs
藤波辰爾&佐々木健介&飯塚高史

GREAT MUTA大全集~神秘の毒霧伝説

IWA-J
1998/6/24
後楽園ホール

グレート・タケルvs折原昌夫

PRIDE
1998/6/24
日本武道館

PRIDE 3

高田延彦 vs. カイル・ストゥージョン
マーク・ケアー vs. ペドロ・オターヴィオ
ゲーリー・グッドリッジ vs. アミール・ラナヴァルディ
桜庭和志 vs. カーロス・ニュートン
高瀬大樹 vs. エマニュエル・ヤーブロー
小路晃 vs. 松井大二郎

NJPW
1999/6/24

藤波辰爾が代表取締役社長に就任。前社長の坂口征二は代表取締役会長に就任

RINGS
1999/6/24
後楽園ホール

田村潔司vs山本健一

WWF
1999/6/24 

シコシス vs. エディ・ゲレロ

レガシー・オブ・エディ・ゲレロ
レガシー・オブ・エディ・ゲレロ






2000年以降

K1
2001/6/24
仙台グランディ21
 

武蔵vsブラガ

バンナvsレコ

セフォーvsボンヤスキー

草津vs百瀬

中迫vs子安

ハヤシvsTSUYOSHI

大石vs鈴木

内田vs藤本

富平vs柳澤

ベルバーチvsタケル

K-1 SURVIVAL 2001
K-1 SURVIVAL 2001

NOAH
2001/6/24
愛知県体育館

還暦試合
ラッシャー木村、百田光雄vs 永源 遙、菊地 毅

GHCジュニアヘビー級王座
金丸義信vsフベントゥ・ゲレーラ

GLOBAL HONORED CROWN
『Jr.HEAVY WEIGHT CHAMPIONS』
GLOBAL HONORED CROWN


Jd'
2001/6/24
ディファ有明

松尾永遠が対西千明戦、対亜利弥’(2連戦)でデビュー

JWP
2001/6/24
ディファ有明

JWP認定無差別級選手権試合
日向あずみ vs 美咲華菜

JWP女子プロレス
15th ANNIVERSARY
JWP激闘史 vol.2
PURE HEART
PURE WRESTLING
JWP 15


A to Z
2003/6/23

堀田祐美子がアルシオンを吸収合併し旗揚げ

格闘美
2006/6/24

格闘美〜Future〜(League Princess決勝トーナメント)

準決勝
風香vs栗原あゆみ

AJPW
2007/6/24

CROSS OVERシリーズ
ジョー・ドーリングが日本マットデビュー

息吹
2007/6/24
新木場1stRING

息吹第15回 evening session
希月あおい/NAOvs植松寿絵/輝優優組

TNA
2008/6/24

TNAウーマンズ王座
オーサム・コングvsテイラー・ワイルド

ドラゴンゲート
2010/6/24
関西テレビなんでも
アリーナ

モチフジvsクネスカ シングル2連戦~第1試合~
ドン・フジイ vs K-ness
モチフジvsクネスカ シングル2連戦~第2試合~
望月成晃 vs 横須賀享
吉野正人 & B×Bハルク vs YAMATO & 鷹木信悟

DRAGON GATE
special edition
関西テレビ×
DRAGON GATE
DRAGON GATE 2009


K-DOJO
2010/6/24
新木場1stRING 

CLUB-K SHINKIBA 
〜STRONGEST-K2010〜開幕戦

★STRONGEST-K トーナメント1回戦
HIROKI vs. 火野裕士
真霜拳號 vs. TAKAみちのく


AMAZON ゲームのベストセラー
AMAZON GAME MAY


 ↑ トップへヤフーオークション

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト





プロレス/格闘技
プロレス/格闘技 誕生日/忌日


AMAZON 食品&飲料 ベストセラーは何?
AMAZON FOODS BEST



金子 真理
1972/6/24

日本の総合格闘家。長野県諏訪市出身。

空手道禅道会松本支部所属であり、禅道会女子部の看板選手兼指導者。1990年代から様々な大会で活躍する女子総合格闘技のパイオニアの一人。NPO法人日本武道総合格闘技連盟理事。

来歴

プロ総合格闘技「クラブファイト」「AX」「スマックガール」「DEEP」に出場。

2004/2/8に開催された「Love Impact」に出場予定だったが対戦選手の怪我でキャンセルとなった。5/7、黄金筋肉 女子総合格闘技 最強女王決定トーナメントに出場。1回戦、準決勝を勝ち抜くも、決勝で渡辺久江に0-3の判定負けを喫し準優勝となった。

2005/7/8、DEEP 19th IMPACTでのしなしさとことの試合を最後に、プロ総合格闘技から引退。その後は武道家として稽古を続け、後進の育成に励む。

2009/10/4、4年ぶりに復帰し、リアルファイティング空手道選手権大会・女子52kg以下級に出場。決勝で石岡沙織に腕ひしぎ十字固めで一本負けし、準優勝となった。

2009/12/11、4年5か月ぶりのプロ復帰戦となったJEWELS 6th RINGで富田里奈と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2010/10/3、リアルファイティング空手道選手権大会・女子52kg以下級に出場。準決勝で小澤深岬に優勢勝ちを収めるも、決勝で石岡沙織に優勢負けを喫し、2年連続の準優勝となった。

主な戦績

  • 1999年 全日本アマチュア修斗選手権大会 女子フライ級 優勝
  • 2001年 リアルファイティング空手道選手権大会 女子の部 優勝
  • 2002年 リアルファイティング空手道選手権大会 女子の部 優勝
  • 2002年 スマックガール JAPAN CUP ミドル級 準優勝
  • 2003年 リアルファイティング空手道選手権大会 女子50kg以下級 優勝
  • 2004年 黄金筋肉 女子総合格闘技 最強女王決定トーナメント 準優勝

開催年月日 対戦相手 勝敗
JEWELS
2009/12/11
JEWELS 6th RING
富田里奈
DEEP 19th IMPACT
2005/7/8
しなしさとこ ×
DEEP 18th IMPACT
2005/2/12
しなしさとこ
黄金筋肉
2004/5/7
女子総合格闘技 最強女王決定トーナメント【決勝】
渡辺久江
×
黄金筋肉
2004/5/7
女子総合格闘技 最強女王決定トーナメント【準決勝】
石川美津穂
黄金筋肉
2004/5/7
女子総合格闘技 最強女王決定トーナメント【1回戦】
ASAMI
SMACKGIRL
2003/7/6
Third Season-V
ジェット・イズミ
×
ARKADIA
2003/3/29
松川敬子
SMACKGIRL
2002/12/29
"JAPAN CUP 2002 GRAND FINAL The Last Performance of 2002"
【SGSミドル級トーナメント 決勝】
辻結花"
×
SMACKGIRL
2002/11/9
"JAPAN CUP 2002 エピソードII"
【SGSミドル級トーナメント 準決勝】
WINDY智美"
SMACKGIRL
2002/10/5
"JAPAN CUP 2002 開幕戦"
【SGSミドル級トーナメント 1回戦】
亜利弥'"
SMACKGIRL
2002/8/4
Summer Gate 2002
渡辺久江
SMACKGIRL
2002/5/6
GOLDEN GATE 2002
WINDY智美
×
SMACKGIRL
2002/3/2
God Bless You!
虎島尚子
AX
2001/12/26
"We Want To Shine 輝きたいの"
ジェット・イズミ"
×
SMACKGIRL
2001/8/23
SMACK GIRL 4 "Burning Night"
張替美佳
SMACKGIRL
2001/7/26
SMACK GIRL 3 "Indeed"
星野育蒔
×
SMACKGIRL
2000/12/17
Smack Girl Episode 0
石原美和子
2000/11/12 CLUB FIGHT Round 1
高橋洋子
×


高橋冬樹
1975/6/24

元プロレスラーで最終所属団体はZERO1-MAX。新潟県加茂市出身。身長184cm、公称体重108kg。

ニックネームは「越後のあすなろ」。

熱狂的な大阪近鉄バファローズのファンである(あった)。2004年の球界再編で同球団が消滅以後はオリックスバファローズのファンであるとモバイルサイトのコラムにて公言していた。

経歴

大相撲出身。IWA・JAPANに入門し、ザ・グレート・カブキの付け人を経て、1998/3/13、新岩大樹(あらいわ ひろき)の名前でデビュー。翌年、海外修行の名目で姿を消し、マスクマンフレディ・クルーガー#3として、ターザン後藤率いるヒール軍団の一員として活躍。2000年に後藤が離脱後は、覆面を脱ぐ。

2001年にIWA・JAPANを退団。プロレスリング・ノア練習生を経て2002年、ZERO-ONEで再デビュー、長く負傷療養のために試合から離れていたが2005年春に復帰、その後も試合内容等で精彩を欠き『ゼロワンの崖っぷちトリオ』などと紹介される等模索の日々が続いていた。荒削りで年齢的には決して若くも無く厳しい立場にはあるが、今さらと思う反面、日本人プロレスラーの中でもひけをとらない大型選手であり、ダイナミックな動きは多く一皮剥ければ手ごわい選手になると期待された。違う仕事に目を向けたいとの理由で2007/9/30の後楽園大会を以て現役を引退した。

ブログを開設し、ダイエットとトレーニング日記を更新していく。

2010/10/17、ZERO-ONE興行にボディビルダーで参加。(ポージングで鍛えた肉体を披露しジャーマンとドロップキックを披露する。)

車冬次郎

車冬次郎(くるま・ふゆじろう)は、一念発起してキャラクターチェンジを果たした高橋冬樹の姿であり、本人が大好きな映画男はつらいよの主人公・車寅次郎をモチーフにし、2006年秋の地方巡業から試行錯誤を繰り返し順調に成長、2006/11/24後楽園ホールにて首都圏初公開を果たし前座で活躍していた。車寅次郎の妹、諏訪さくら役には前村早紀が扮していた。

男はつらいよの主題歌を歌いながらの入場、最前列の観客に日本酒を振舞う(マイカーでの来客の場合も考慮して団子を配る場合もあり)、最後には対戦相手あるいはレフェリーと軽く口げんかになり「それを言っちゃあおしまいよ」で締める、などといったパフォーマンスが特徴的であった。

冬さんワールド

なお冬次郎の試合に際しては、

  • 浪口修は『タコ社長』
  • 前村早紀は『さくら咲』
  • 不動力也は『ひろし』

と呼ばれ、独特の世界が展開された。彼らは場合によってタッグを組んだりハンデマッチ形式で試合に絡むことがあった。



花月
1992/6/24

かげつ、本名:石野 由加莉(いしの ゆかり)は、センダイガールズプロレスリングに所属する日本の女子プロレスラー。

身長158cm、体重60kg、大阪府摂津市出身。

所属

  • センダイガールズプロレスリング(2008年~)

人物

  • 中学時代から柔道を中心に独自にレスラーになる為のトレーニングを行っていた。結果的に、1期生と同等の基礎体力を持って入団する事になる。奇しくも里村明衣子と同じ経歴を持っている。
  • 目標は、仙女代表でもある里村明衣子を倒し、業界No.1に君臨する事。
  • 趣味はドラえもんグッズ集め。ひみつ道具の本も持つなど、ドラマニア。
  • 初勝利・初メイン・シングル戦初勝利と、何かとアイスリボンに絡んでいる。
  • GAEA JAPAN時代の(里村の後輩に当たる)広田さくらのブログにて度々コメントしており、「女子プロレスラーになる」とのメッセージで締めていた。このエピソードは2010/3/21の「RINGSTARS春祭り」にて広田と対戦した際、試合後に広田がマイクでコメントしている。

経歴・戦歴

  • 2008年
    • 4月、中学卒業と同時に入団
    • 7/27Zepp Sendai大会、水波綾とのエキシビジョンマッチを行う。
    • 8/24Zepp Sendai大会、永島千佳世(OZアカデミー)を相手にデビュー。負けはしたものの、その日のベストバウトと呼ばれるほどの健闘を見せる。
    • 10/26Zepp Sendai大会、「5vs5勝ち抜きサバイバルマッチ」の先鋒を務めるが、先鋒戦で牧場みのり(アイスリボン)の腕ひしぎ十字固めでタップアウト負け。この試合が、翌年8/23アイスリボン後楽園大会に繋がった、牧場とのライバルストーリーの始まりにもなる。
    • 11/9息吹・新木場大会、vs勇気彩(NEO)戦で、他団体初参戦。
  • 2009年
    • 2/21、第二回じゃじゃ馬トーナメント1回戦、vs山田よう子(エスオベーション)戦で敗れ、1回戦敗退
    • 4/19、仙台大会、里村明衣子と組んでのvs牧場みのり(アイスリボン)・及川千尋(バトラーツ)戦で勝利。プロ初勝利を挙げる。
    • 5/4、アイスリボン板橋大会、牧場みのりと組んでのvsさくらえみ・米山香織(JWP)戦で初めてのメイン出場(勝者はさくらえみ)。
    • 9/13、息吹・新木場大会、vsしもうま和美(アイスリボン)戦でシングル初勝利。
    • 12/20Zepp Sendai大会、試合後、新崎人生社長から、リングネーム公募をアナウンス。
  • 2010年
    • 公募の結果、1/31のvsダイナマイト・関西(OZアカデミー)戦から「花月」に改名した。
      • リングネームは吉本興業の「なんばグランド花月」「うめだ花月」などに由来し、大阪出身の石野に「大阪のエンターテインメントのシンボルとなってほしい」という思いを込めて付けられた。
    • 3/21、OSAKA女子プロレス・世界館大会、地元出身の花月は旗揚げ戦のメインイベントとしてvs下野佐和子戦に出場。
    • 9/23、アイスリボン後楽園大会、アイスリボンvsセンダイガールズ・イリミネーションキャプテンフォール10人タッグマッチにて、仙女チームのキャプテンに就任。主将同士の1vs1にまで縺れ込んだ末、アイスリボン主将の(くしくも同じ関西出身の)真琴を倒し、仙女チームの勝利に貢献。
  • 2011年
    • 1/22、仙台大会、JWPジュニア二冠次期挑戦者決定トーナメントで優勝し、次期挑戦権を獲得する。
    • 3/6、JWP東京キネマ大会、悲恋からJWPジュニア二冠王座を奪取。自身初タイトルを獲得した。
    • 4/3、JWP後楽園大会、ジュニア二冠選手権試合、矢神葵を倒し初防衛。
    • 4/24、アイスリボン蕨道場大会「第1回teens興行」にてシングルで闘った都宮ちいから5/5アイスリボン後楽園でのジュニア二冠戦を要求。さくらえみを通じて交渉の結果、JWPがこれを受諾。
    • 5/5、アイスリボン後楽園大会、ジュニア二冠選手権試合、都宮ちいを倒し2度目の防衛に成功。

入場テーマ曲

  • 「Future World」(HELLOWEEN)


クリス・ベノワ
Chris Benoit
1967/5/21 - 2007/6/24

カナダ出身のプロレスラー。最終所属団体はWWE。「ザ・クリップラー(The Crippler)」「凶獣(The Rabid Wolverine)」「歯無き攻撃性(Toothless Aggression)」などの異名を持つ。

本名はクリストファー・マイケル・ベノワChristopher Michael Benoit)で "Benoit" はベンワーとも表記される。カナダ・ケベック州の生まれでアルバータ州エドモントンにて育つ。晩年はジョージア州アトランタ在住。プロレスラーの中では小柄だが、ヘビー級のレスラーにも負けないパワーと、基本に忠実なレスリング技術の持ち主であった。最終所属はWWEのECW。

来歴

デビューから新日本プロレス

ダイナマイト・キッドに憧れプロレスラーを志し、カナダのハート道場でスチュ・ハートにより鍛えられる。1985年11月にプロレスデビュー。バッドニュース・アレンの勧めで、1987年に初来日して新日本道場の練習生になった。当初はスペルをそのままローマ字読みしたクリス・ベノイの名で呼ばれたが、新日からダイナマイト・クリスというリングネームを与えられた。しかし本人は尊敬するダイナマイト・キッドに因んだ「ダイナマイト」の名を冠するには自分は未熟だとして、その後覆面を被りペガサス・キッドというリングネームにて新日本プロレスに参戦する。

後に獣神サンダー・ライガーにマスカラ・コントラ・マッチで敗れ覆面を取り、1993年TOP OF THE SUPER Jr.優勝を機にワイルド・ペガサスに改名。獣神サンダー・ライガーやエル・サムライ、金本浩二、大谷晋二郎、2代目ブラック・タイガー(エディ・ゲレロ)らと激闘を繰り広げた。1990年にはIWGPジュニアヘビー級王座獲得、1994年にはSUPER J-CUP 1st STAGE優勝、SUPER Jr. TAG優勝、1995年にはBEST OF SUPER Jr.優勝など、新日本ジュニアヘビー級のトップ外国人として活躍した。

ECW

1995年には本拠地をアメリカに移し、ゲレロやディーン・マレンコらとECWに参戦。サブゥーとの試合中、フラップジャックの失敗からサブゥーの首を折ってしまって以来 "ザ・クリップラー" (壊し屋・破壊者)という異名をECWプロデューサーのポール・ヘイマンに与えられる。マレンコと組んでECW世界タッグ王座も獲得し、ECW世界ヘビー級王者のシェーン・ダグラスとトリプル・スレットなるユニットも結成した。しかしヘイマンがベノワの就労ビザを一向に取ろうとせず、国外退去を避けるために1995年夏、親友のゲレロ、マレンコと共にWCWに移籍した。

WCW

WCWでは波乱の人生を送っていた。彼はさまざまなレスラーと戦っては勝っていたものの、政治的なことを嫌いnWoなどメインストリームには乗らず、ベノワは雌伏をした。この頃ケビン・サリバン夫人であった女子マネージャーのウーマンと恋仲になり、事実上略奪婚をしている。サリバンとはこの不倫騒動の最中にストーリー上でも抗争を行っていた。その後、1999年に再び本格的な表舞台に立ち、US王座、テレビジョン王座などさまざまなWCWのタイトルを獲得している。また、リック・フレアーのユニット "フォー・ホースメン" のメンバーでもあった。WCWを見限ってWWFへの移籍を決意し、2000/1/16、王者決定トーナメントを制しWCW王座を手にするも翌日に返上してWWEに移籍した。

WWF / WWE

WWFでは共にWCWから移籍したエディ・ゲレロ、ディーン・マレンコ、ペリー・サターンとラディカルズを結成、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン、ザ・ロック、カート・アングルらと抗争を繰り広げる。2001年にはかつての戦友であった、クリス・ジェリコとともにWWF世界タッグ王座を制している。しかし長年の激闘によって首へのダメージが蓄積、同年6月のPPVキング・オブ・ザ・リングにて行われたオースチン、ジェリコとの三つ巴WWF王座戦にてジェリコにトップロープからのバックドロップを放った際に首の負傷が決定的なものとなり、以降約一年間欠場。2002年7月の復帰後は早々にIC王座を獲得、当初はRAWに所属していたが、スマックダウンGMだったステファニー・マクマホンによって引き抜かれ移籍。以降数か月間カート・アングルと毎週のように名勝負を繰り広げ、ストーリー重視で迷走気味だったロウを凌ぐ人気に貢献した。10月にはWWEにおける最大のライバルでもあったカートとのコンビで初代WWEタッグ王者に付いた。

王座陥落後しばらくは便利屋のようなポジションに戻ってしまったが、2003年冬から再びアングルやブロック・レスナーらトップグループとの抗争が組まれ、2004年のRoyal Rumble 2004でのロイヤルランブル・マッチでショーン・マイケルズ(1995年)以来史上2人目となる一番手出場での優勝を達成し、レッスルマニアでの王座挑戦権を獲得。スマックダウンGMのポール・ヘイマンによってWWE王座への挑戦権は永遠に奪われていたため、世界ヘビー級王座への挑戦を選択。WrestleMania XXメインイベントにて念願の世界ヘビー級王座を獲得。しかし同年のサマースラムで、ランディ・オートンを相手にベルトを手放してしまった。

2005年に行われたWWE ECW's One Night Standに出場。また同年のドラフトによりスマックダウンへ移籍した。スマックダウンに移籍後、オーランド・ジョーダンからUS王座を獲得。その後ブッカー・Tに敗れて王座を失い、王座をかけてブッカー・Tと7番勝負で抗争した。なお、ブッカーとはWCW時代にもデイブ・フィンレーが保持していたWCW・TV王座挑戦権を賭けて7番勝負を行っている。

2006年、No Way Outで王座を取り戻すものの、WrestleMania 22でのUS王座戦でJBLに敗れて王座を明け渡した。

5/26のマーク・ヘンリー戦を最後に肩の怪我と「家族と過ごす時間が欲しい」等の理由から半年近くに渡り欠場をしていたが、10/8のPPV「NO MERCY」で突如復帰。ウィリアム・リーガルとキャッチ・レスリング戦を展開した。

10/13のSmackDown!では、ケン・ケネディを破り再びUS王座を奪回した。その後、レイ・ミステリオとの抗争を終えたチャボ・ゲレロとヴィッキー・ゲレロと抗争を開始。

2007年、チャボとの抗争が終わってからはストーリーラインに絡まない試合が続いたが、4月1日に開催されたWrestleMania 23では大型新人のMVPとUS王座を賭け対決。ダイビングヘッドバットでフォール勝ちを収めた。4/29に開催されたPPV、「BACKLASH」では再びMVPと対決。丸め込んでフォール勝ちを収めた。しかしジャッジメント・デイでは3本勝負形式の王座戦が行われ、ついにMVPにタイトルを奪われてしまう。

6/11、RAWで行われたドラフトにより、スマックダウンからECWに移籍。形は違えども、約12年ぶりにECWに戻った。

死去

2007/6/24、CMパンクとのECW王座戦に出場予定だったPPVヴェンジェンスを「家庭の事情」を理由に急遽欠場。翌25日にジョージア州の自宅で妻、息子とともに遺体で発見された。40歳であった。

6/26、地元警察が調査結果を報告。捜査の結果、ベノワが22日に妻を縛ったうえで絞殺、翌23日には息子に薬物を投与し意識を失わせた状態で窒息死させた後に、自宅地下のトレーニングルームで首吊り自殺したと判明。自宅における多重殺人事件と自殺事件であると発表した(いわゆる無理心中)。

事件の動機としては、ベノワが摂取していたステロイド剤(合法的に処方されたもの)の副作用による鬱症状が原因とする説、脆弱X症候群と呼ばれる遺伝性の難病を患っていた息子の将来を悲観したとする説などが挙げられている。9月に医療専門家らがステロイド剤ではなく慢性的な外傷性脳損傷が原因という見方を示した(専門家チームは、ベノワの脳の状態は85歳程度のアルツハイマー患者の脳に酷似していた、と述べている)。

WWEは当初追悼興行を開く計画であったが、事態を重く見たWWE首脳陣が興行の取り止めを決定した。またベノワの戦績・グッズなど彼に関するすべての情報を削除し、公式サイトにおける彼のプロフィールも閲覧不可能になった。また、リムジンを爆破して大掛かりな自身の死亡ギミックを展開していたビンス・マクマホンも番組に登場し、「今後彼の名前が番組内で語られることはない」と発言した。上記のような処置のため確実視されていた殿堂入りや、彼を特集したDVDなどの発売もほぼ確実になくなり、記録の改ざんや過去の映像でも登場部分がカットされるようになった。

その後、ビンス・マクマホンは"The Untold History of The WWE"というマガジンのインタビューにおいて、「WWEが彼をプロモーションすることは今後あり得ないが、彼が歴史上に存在したということを否定できない。」とし、今後は映像や記録から必ずしも削除しないという方針を語った。実際、WWE公式HPの各タイトル歴代王者には名前が復活している。

死後とその影響

この一件はアメリカにおいて知名度の高い人物による殺人事件であることと、(近年アメリカスポーツ界で社会的問題になっている)ステロイド剤の副作用による影響ではないかとの考えから大手の報道機関でも大きく取り上げられた。特に事件当初の情報の少なかった時点ではステロイド剤を影響とする説が特に大きく取り扱われ、所属選手のステロイド剤使用と、加えて報道されたハードな労働状況などからWWEの社会的信用にも大きな影響を与えた。以後WWEは所属選手に対するドラッグテストを義務化し、違反者を処罰するようになった。

なお、ベノワの母国であるカナダのTV局en:CBC_Televisionは、ドキュメンタリー番組のen:The Fifth Estateにて彼のデビューから死に至るまでの足跡を辿った「Chris Benoit: A Fight To The Death」という特集を製作した。この中でベノワと親しかったジェイク・ロバーツは「ベノワは決して衝動や副作用などで軽々しく殺人を犯す人物ではない」と述べている。また、ベノワの父はベノワの親友であったエディ・ゲレロの死がベノワの精神状態に深い影響を与えていた事を語っている。元WWE所属で重度の脳震盪による後遺症で引退したクリス・ハーバートはベノワの父にベノワの脳の病理解剖を行う様に提案し、その結果前述の様な脳障害の実態が明らかになった経緯も番組内で述べられている。

タイトル歴

WWF / WWE
  • 世界ヘビー級王座 : 1回
  • インターコンチネンタル王座 : 4回
  • 世界タッグ王座 : 3回(w / エッジ×2、クリス・ジェリコ×1)
  • WWEタッグ王座 : 1回(w / カート・アングル)
  • 2004年ロイヤルランブル優勝
  • US王座 : 5回
WCW
  • 世界ヘビー級王座 : 1回
  • WCW・US王座 : 2回
  • テレビジョン王座 : 3回
  • 世界タッグ王座 : 2回(w / ディーン・マレンコ×1、ペリー・サターン×1)
ECW
  • 世界タッグ王座 : 1回(w / ディーン・マレンコ)
新日本プロレス
  • IWGPジュニアヘビー級王座 : 1回
  • TOP OF THE SUPER Jr. : 1993年優勝
  • SUPER J CUP優勝 : 1st STAGE優勝(1994年)
  • BEST OF THE SUPER Jr. : 第2回(1995年)優勝
その他
  • UWA世界ライトヘビー級王座 : 1回
  • スタンピード・ブリティッシュ・コモンウェルス・ミッドヘビー級王座 : 4回
  • スタンピード・インターナショナルタッグ王座 : 4回(w / ベン・バサラブ×1、キース・ハート×1、ランス・アイドル×1、ビーフ・ウェリントン×1)
  • CWA世界タッグ王座 : 1回(w / デイブ・テイラー)

リングネーム

今までに用いたことがあるリングネーム

  • クリス・ベノイ - 新日本在籍時に使用
  • ダイナマイト・クリス
  • ペガサス・キッド - 新日本在籍時のマスクマン時代に使用
  • ワイルド・ペガサス - 新日本在籍時、素顔に戻った時代に使用
  • クリス・ベノワ - 以降、日本遠征時も含めて終身まで使用

入場曲

  • Whatever / Our Lady Peace
  • Rabid
  • The Shooter / WWF The Music volume 5
  • JUMP(DJ.POWER MIX / THAT'S EURO BEAT vol.15

クリス・ベノワ ハード・ノックス(2枚組) 
クリス・ベノワ ハード・ノックス



プロレス/格闘技 関連ショップ
LASTHOBBY


 ↑ トップへヤフーオークション



今日のプロレス 興行日程
[今後の興行]
お近くの人は是非見に行きましょう!

プロレス関連商品
AMAZON


AMAZON スポーツのベストセラー
AMAZON SPORTS EQUIPMENT

団体 会場 / 時間
ノア
長野運動公園総合体育館 19:00

杉浦貴、モハメドヨネ、森嶋猛 vs 佐々木健介、中嶋勝彦、起田高志
秋山準、青木篤志 vs バイソン・スミス、ロデリック・ストロング
潮崎豪、リッキー・マルビン vs KENTA、平柳玄藩
石森太二 vs ボビー・フィッシュ
佐野巧真、井上雅央 vs 鈴木鼓太郎、谷口周平
齋藤彰俊 vs 金丸義信
田上明 vs 小川良成

DDT
東京・新木場1st RING 20:00

KO-Dタッグ選手権試合
ケニー・オメガ、中澤マイケル vs HARASHIMA、HERO!

ダークマッチ 19:50 (開始予定)
マサ高梨 vs 平田一喜

沖縄プロ 沖縄・デルフィンアリーナ国際通り 20:00
DEEP
FIGHT FOR JAPAN」10th Anniversary
6.24 DEEP 54 IMPACT

東京・後楽園ホール 18:00

DEEPライトヘビー級タイトルマッチ
中西良行 vs ベルナード・アッカ

DEEPバンタム級タイトルマッチ
大塚隆史 vs 中村“アイアン”浩士

DEEPワンマッチ
横田一則 vs 昇侍
長南亮 vs 岩瀬茂俊
誠悟 vs どすこい羅頭魔勢
Barbaro44 vs クォン・アソル
TAISHO vs グァク・ミョンシク
金原弘光 vs 辰巳豪人
藤沼弘秀 vs 大西健太郎
原田ヨシキ vs 原井徹
赤尾セイジ vs アレックス・ソト
渡辺良知 vs 豪
LUIZ vs 川崎泰裕

19時女子
プロレス

19時女子プロレス 77

Ray &長野ドラミvsつくし&宮城もち

IW19選手権
【王者】都宮ちいvs志田光【挑戦者】


AMAZON DVD ベストセラー
AMAZON DVD MAY



試合結果


◆ノア

○モハメドヨネ、杉浦貴、森嶋猛(11分01秒 キン肉バスター)佐々木健介、中嶋勝彦、起田高志×
○ロデリック・ストロング、バイソン・スミス(16分11秒 ストロングドライバー)秋山準、青木篤志×
○リッキー・マルビン、潮崎豪(14分43秒 昇龍玄藩を切り返して→飛行機投げ固め)KENTA、平柳玄藩×
○石森太二(12分55秒 450°スプラッシュ)ボビー・フィッシュ×
○谷口周平、鈴木鼓太郎(17分35秒 原爆固め)佐野巧真、井上雅央×
○齋藤彰俊(9分06秒 スイクルデス)金丸義信×
○小川良成(11分41秒 岩石落とし固め)田上明×

◆19時女子

○宮城もち、つくし[13分13秒 うすDON2]×長野ドラミ、Ray
▽IW19選手権試合
○都宮ちい(王者)[8分42秒 ジャングルクラッチ]×志田光(挑戦者)

◆DEEP
DEEPライトヘビー級タイトルマッチ
○中西良行(1R 1分07秒 左ハイキック→TKO)ベルナード・アッカ×
DEEPバンタム級タイトルマッチ
○大塚隆史(3R 判定 5-0)中村“アイアン”浩士×

○横田一則(3R 判定 3-0)昇侍×
○長南亮(1R 4分45秒 TKO)岩瀬茂俊×
○どすこい羅頭魔勢(1R TKO)誠悟×
○クォン・アソル(2R 判定 3-0)Barbaro44×
○TAISHO(1R 4分53秒 ヒールホールド)グァク・ミョンシク×
○辰巳豪人(3R 判定 3-0)金原弘光×
○藤沼弘秀(1R 1分26秒 TKO)大西健太郎×
○原田ヨシキ(1R 2分53秒 TKO)原井徹×
△赤尾セイジ(2R 判定 0-0)アレックス・ソト△
○渡辺良知(1R 3分21秒 TKO)豪×
○川崎泰裕(2R 判定 2-0)LUIZ×

◆DDT
KO-Dタッグ選手権試合
○HERO!、HARASHIMA(34分55秒 それがHERO!落としセグウェイ)ケニー・オメガ、中澤マイケル×
ダークマッチ 19:50~開始予定
○マサ高梨(13分25秒 エビ固め)平田一喜×

  


 ↑ トップへヤフーオークション
 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system