本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販



 
プロレスレンタル、借りるなら


クリックで簡単検索!
ヤフオクで今、売れている
プロレス商品は何?

yahooオークション

プロレス/格闘技グッズが充実!
バックドロップ


プロレス/格闘技グッズが充実!
マシュマロモンスター


楽天 プロレス関連商品
AMAZON

プロレス/格闘技グッズが充実!
バトルロイヤル

 
 
 2011/3/1

プロレス/格闘技 ニュース

Sportsnavi
nikkansports.com
スポニチ
東スポ
  • 棚橋大号令!外敵一掃せよ「新日同士でNJC決勝」
  • 大地 亡き父に誓う脱破壊王
  • 諏訪魔挑発「“口だけ”秋山CCに出て来い」
  • 世Ⅳ虎が美闘を勝手に失踪扱い
デイリースポーツ
格闘技WEB
マガジンGBR
リアルライブ
 バトル・ニュース
 
 


 
 

プロレス/格闘技
今日のテレビ放送/出演


サムライTV 22:00
Sアリーナ
2011年3月1日(火)号

諏訪魔&KAI

23:00
リアルジャパンプロレス
「プロレス・ジャパン・エイド2011」
2011/2/18 代々木競技場・第2体育館

<メインイベント>
●初代タイガーマスク&藤波&長州
×サスケ&4代目タイガー&G浜田
<セミファイナル/レジェンド選手権試合>
●長井満也(王者)×関本大介
<第3試合>
●鈴木みのる&究極龍&S・タイガー
×A大塚&崔領二&佐藤光留
<第2試合/RJタッグ選手権試合>
●タイガー・シャーク&B・シャドー
×石川雄規&山本裕次郎
<第1試合>
●スーパー・ライダー&斎藤彰文
×ケンドー・ナカザキ&間下隼人


 
 


 
 

今日のYouTube追加動画

 
AJW
1994/5/22

キューティー鈴木vs井上貴子/2/2

アルシオン
吉田万里子vs豊田真奈美/2/3/3/3

AJW
1993/8/25
日本武道館

武道館女王列伝
キューティー鈴木vs井上貴子/2/3/3/3

アルシオン
吉田万里子vs薮下めぐみ/2/2

アルシオン
2003/5/24
ディファ有明

吉田万里子vs藤井恵/2/3/3/3

北尾ゆかりVS江本敦子
3WAYマッチ
GAMI VS高瀬玲奈VS米山香織
玉田凛映、baby♡A VS日向あずみ、コマンドボリショイ
スカイハイオブアルシオン戦
AKINO VS藤田愛

アルシオン
2002/7/21
後楽園ホール

STARLIGHT 2002

アルシオン・プレミアム・リバイブ
吉田万里子vs井上貴子/2/3/3/3

AJW
豊田真奈美vsイーグル沢井/2/3/3/3

アルシオン
2003/2/11
後楽園ホール

玉田凛映/井上貴子vs藤田愛/AKINO/2/3/3/3

江本敦子デビュー
江本敦子vsバイオニックJ

AJW
豊田真奈美/納見佳容vs井上貴子/風間ルミ/2/2

尾崎プロデュース
吉田万里子/井上貴子vsダイナマイト関西/AKINO/2/3/3/3

AJW
WWWA世界タッグ
下田美馬/豊田真奈美vs前川久美子/渡辺智子/2/3/3/3

AJW
長与千種/ライオネス飛鳥vs尾崎魔弓/KAORU/井上貴子/2/3/3/3

AJW
2002

WWWA世界タッグ
高橋奈苗/渡辺智子vs風間ルミ/井上貴子/2/2

AJW
大田区体育館

納見佳容/脇澤美穂vs井上貴子/イーグル沢井/2/2

AJW
納見佳容/渡辺智子vs井上貴子/イーグル沢井

AJW
納見佳容/前川久美子/中西百恵vs風間ルミ/井上貴子/イーグル沢井/2/2

AJW
納見佳容vs脇澤美穂/2/2

JWP
1998/7/12
後楽園ホール

本谷香名子vs宮口智子/2/2

JWP
福岡晶vs久住智子/2/3/3/3

JWP
本谷香名子vs福岡晶

JWP
1997

福岡晶vs久住智子/2/2

AJW
1993/9/5

UWAタッグ
北斗晶/みなみ鈴香vs堀田祐美子/井上貴子

AJW
1994/3/27
横浜アリーナ

北斗晶/神取忍vsアジャ・コング/ブル中野

SMASH
SMASH 14
SMASH.14 - Ending VTR

SMASH.15 Press Conference - Mar.1.2011

KOVAC comforted Lin - SMASH.14

NOAH
2003/7/16

初代GHC Jr.決定トーナメント
丸藤/KENTAvsライガー/村浜/2/2

NOAH
2004/7/10
東京ドーム

DEPARTURE2004

GHCヘビー級選手権
小橋建太vs秋山準/2/3/3/3

GHCタッグ
三沢光晴/小川良成vs武藤敬司/太陽ケア/2/2

ラッシャー木村がオーロラビジョンで突然の引退宣言。

JDスター
2006/11/12
新木場1st RING

風香/チェリーvs渋谷シュウ/松本浩代

JEWELS
JEWELS 11th RING 試合後インタビュー 長野美香

北村裕子

CHIKARA
CHIKARA Podcast-A-Go-Go 253

WAVE
2010/6/27
松下IMPホール

大阪ラプソディvol.9~Virgin/ZERO~

WAVE Osaka Rhapsody vol.9 6.27.10 music video

里村明衣子、○花月vsGAMI●、下野佐和子

○アジャ・コングvs桜花由美●

タイガースマスク/○ブラックバファローvs
植松寿絵●/輝優優

カルロス天野、○加藤園子、永島千佳世vs
渋谷シュウ●、華名、栗原あゆみ

△春日萌花、中川ともかvs紫雷美央、紫雷イオ△

○松山勘十郎、チェリーvs
くいしんぼう仮面、広田さくら(えべさくら)●

△大畠美咲(5点)vs水波綾(4点)△

大鷲プロレス
2010/10/31
佐久市総合
体育館

相撲料理大鷲創業30周年&
大鷲透デビュー10周年記念興行

Owashi Pro Wrestling 10.31.10 music video

大鷲透、HARASHIMA、ウルティモドラゴンvs
TARU、菅原拓也、天龍源一郎

ちゃんこ一生無料券争奪時間差バトルロイヤル~ちゃんこランブル
[参加選手]
稲葉雅人
大石真翔
折原昌夫
葛西純
高木三四郎
高木ジェット省吾
男色ディーノ
チェリー
野崎渚
NOSAWA論外
FUJITA
ヘラクレス千賀
星誕期
三和太
【五十音順】
※最初に2名が入場し試合開始。その後約1分程度の切れのいいところで1名ずつ入場する。

高山善廣、ダンプ松本、佐藤悠己vs
グレート小鹿、アブドーラ小林、関本大介

飯伏幸太、ケニーオメガvs稔、佐々木大輔

フランチェスコ・トーゴー、コンドッティ修司、アントーニオ本多、ミラニートコレクションa.tvs
バラモンシュウ、バラモンケイ、Ken45°、バラモンジャキ

 
 


 
 

動画で紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?



ランバージャック・デスマッチ

天龍源一郎 vs 上田馬之助 1/2/2/2

1983/3/1
秋田市体育館





IWGPヘビー級選手権試合

高田延彦vs越中詩郎

1996/3/1
日本武道館




2/2


UWFvs新日本
全面戦争!!
第4弾
IWGPヘビー級選手権試合
UWFvs新日本


最強伝説 1995-1996
最強伝説


武藤敬司vs佐野友飛
安生洋二/高山善廣vs
山崎一夫/飯塚孝之
金原弘光vsチャンプア
垣原賢人vs大谷晋二郎
田村潔司vs桜庭和志
中野龍雄vs山本健一


越中詩郎 vs 大仁田厚

2003/3/1
横浜アリーナ



WJ MAGMA 01
旗揚げ戦
WJ MAGMA 01旗揚げ戦


長州力vs天龍源一郎
馳/佐々木健介vsボビッシュ/フライ
鈴木建想vs大森隆男
越中詩郎vs大仁田厚
ザ・ロード・ウォリアーズvs
ザ・クラッシャーズ
中嶋勝彦デモンストレーション
谷津嘉章vs安生洋二


The Second Navig. '09

GHC Jr.
KENTAvs中嶋勝彦

2009/3/1
日本武道館




2/3/3/3


GHC
佐々木健介vs秋山準

小橋、176日ぶりに復帰
小橋建太 vs 井上雅夫

潮崎豪/杉浦貴vs
ミラノコレクションAT/中邑真輔

ダグ・ウイリアムス/斎藤彰俊/バイソン・スミスvs三沢光晴/小川良成/谷口周平

 ↑ トップへ
 
   


 
 

DVD/ビデオの紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?


 

1992
もっと大阪を!
もっと大阪を
1992/3/1
東大阪市立中央体育館


ジャンボ鶴田/田上明/渕正信vs
三沢光晴/川田利明/菊池毅
スタン・ハンセン/ジョニー・エースvs
ダグ・ファーナス/ダニー・クロファット
アンドレ・ザ・ジャイアント/マイティ井上vs
テリー・ゴディ/リチャード・スリンガー
ドリーファンクJr./小橋健太vs
スティーブ・ウイリアムス/ファイヤー・キャット
ジャイアント馬場/ラッシャー木村vs大熊元司/永源遙
百田光雄/小川良成vsザ・ステイト・ポリス
寺西勇vsジョー・マレンコ
浅子覚vsディーン・マレンコ


92超戦士 IN 横浜アリーナ
パート1
92超戦士 IN 闘強導夢1
1992/3/1
横浜アリーナ

 

武藤敬司/馳浩vs
ビックバン・ベイダー/クラッシャー・バンバン・ビガロ
坂口征二/ストロング小林vs
タイガー・ジェット・シン/上田馬之助 
橋本真也vs蝶野正洋
西村修vs小島聡


92超戦士 IN 横浜アリーナ
パート2
92超戦士 IN 闘強導夢2
1992/3/1
横浜アリーナ


アントニオ猪木/木戸修vs長州力/木村健吾
越中詩郎vs野上彰
タイガーマスク(金本浩二)vsエル・サムライ
12年ぶりのヤマハブラザーズ復活
星野勘太郎/山本小鉄vsブラック・キャット/山本広吉
ブライアン・フレアーvs小原道由


最強!マスクマン烈伝
Vol.1
最強!マスクマン烈伝
1992/3/1
横浜アリーナ


 エル・サムライ vs タイガーマスク


ジュニア・ヘビー級列伝 7
ジュニア・ヘビー級列伝7
1992/3/1
横浜アリーナ

 

タイガーマスクvsエル サムライ


1997
エキサイト・シリーズ
最終戦
エキサイト・シリーズ
1997/3/1
日本武道館

 

川田利明/田上明vsゲイリー・オブライト/高山善廣
三沢光晴vsステーブ・ウイリアムス



鉄人 小橋建太
~絶対王者への道~
絶対王者への道 鉄人 小橋建太 
2003/3/1
日本武道館


2003年 殊勲賞、年間最高試合賞

GHC
三沢光晴vs小橋建太

Navigate for Evolution
Navigate for Evolution

秋山準/斎藤彰俊vs本田多聞/杉浦貴
高山善廣vs井上雅央
小川良成vsスコーピオ
金丸義信/橋誠vs丸藤正道/KENTA


魔裟斗伝説
DVD-BOX
魔裟斗
2003/3/1



K-1 WORLD MAX 2003 〜日本代表決定トーナメント
【1回戦】
魔裟斗vs須藤元気 
【準決勝】
魔裟斗vs村浜武洋 
【決勝】
魔裟斗vs武田幸三


初代タイガーマスク 平成猛虎伝説
平成猛虎伝説
2009/3/1
後楽園ホール


タッグマッチ60分1本勝負
初代タイガーマスク/四代目タイガーマスク vs
長州力&高岩竜一

 ↑ トップへ
 
 


 
 

番外編
プロレス/格闘技今日は何の日?


AJW
1966/3/1

ジャンボ宮本が全日本女子プロ・レスリング協会にて宮本芳子のリングネームでデビュー。

 
AJPW
1983/3/1
秋田市立体育館

ジャンボ鶴田/ グレート カブキvsタイガー ジェット シン/ 鶴見五郎

天龍源一郎vs上田 馬之助

NJPW
1985/3/1
後楽園ホール

坂口 征二星野 勘太郎アティサノエvsマシーンNo.1No.2No.3

高野 俊二vsデビッド シュルツ

藤波 辰巳/木村 健吾vsケリー・ツィンズ

アントニオ猪木vsハクソー ヒギンズ

新日本プロレス
1988/3/1

新日本が前田日明の解雇を発表。

1987/11/19、後楽園ホールで行われた6人タッグでの事件です。 カットプレーの際、背後から顔面を蹴ったのですが、長州がサソリ固めをかけている状態であるため、かわすことが出来ない事を承知の上で、意図的に怪我をさせる事を狙っての行為であるかが問題になりました。 新日本は、前田、長州双方から事情聴取を行い、前田は事故であることを主張し、長州も「リング上のことだから気にしていない。それより、復帰戦でアキラと戦えば盛り上がるんじゃないか」と、前田を庇う発言をし、新日本側も前田の謹慎解除時期を検討するところまで行ったそうです。 事態が急変したのは、前田が『小峯隆生のオールナイトニッポン』にゲスト出演し、「失明させたら、話題になると思って故意にやった」と発言したためです。 長州の左肩を叩いてから蹴ったことも、左肩を叩かれた長州が左側に振りかえる事を予想し、右から蹴ったら完全に死角から蹴られる事になり、ディフェンス出来ないことを計算してやった、とも発言しています。 この放送を聞いていた、当時学生だった坂口征二の息子が番組を録音していて、坂口征二に前田の発言を聞かせた事で新日本首脳陣は激怒。 ラジオの話がリップサービスだとしても、自分の置かれた状況やプロとしての立場を考えると、余りにも誠実さを欠いた発言であるとして、契約解除を決定しました。 また、解雇を通知した際に、前田が非常に不適切な態度をとったらしく、更に坂口社長が激怒。 全日本の馬場社長にも顛末を説明し、仮に前田が全日本に接触しても断る様に要請し、馬場さんも「ウチには嘘つきも、卑怯者も要らないよ」と同意し、事実上前田はプロレス界から追放されることになりました。

ユニバーサル
プロレス
1990/3/1

旗揚げ。

ユニバーサル・プロレスリング
かつて存在したプロレス団体である(略して『ユニバ』とも称された)。設立時は、『ユニバーサル・レスリング連盟』、『ユニバーサル・レスリング・フェデレーション』とも呼称していたが、UWFとは組織的なつながりはない。日本で初めて、ルチャ・リブレ的なプロレスを基本とした団体である。

旗揚げまでの経緯

元新日本プロレス営業本部長で、UWFの設立にも関わった新間寿は、旧ジャパンプロレス社長であった大塚直樹やジャパン女子プロレス社長の持丸常吉らとともに『格闘技連合』の設立を計画。ジャパン女子プロレスのレフェリーとして活動していたグラン浜田、営業部員であった大仁田厚を手駒として、ジャパン女子プロレスを母体にプロレス、空手などを混合した団体への計画を構想していた。しかし、ジャパン女子の混合団体化は選手・ファンなどからの反対で頓挫したため、新間らはフリーとして活動を再開していた大仁田が設立したフロンティア・マーシャルアーツ・レスリング(FMW)を支援する方向へ方針転換した。

ところが、蓋を開けてみればFMWは「マーシャル・アーツ」を称していたものの、デスマッチ志向が強かった事や様々なハプニングが起こり、新間らが目指していた「格闘技連合」という方向性から大きく逸脱していた事で撤退を決意。当時、広告代理店に勤務していた息子である新間寿恒とともに、子飼いであった浜田を所属選手とする形で、メキシコの流れを組むルチャ・リブレ団体の設立を計画した。

1990/1/17に『ユニバーサル・レスリング連盟』を設立。日本人所属選手が浜田一人であった事から、当時メキシコで活躍し新日本プロレスへ凱旋参加が決定していた浅井嘉浩を浜田が口説いて参加させた。また、FMWに参加していた秋吉昭二(現:邪道)、高山圭司(現:外道)、脇田洋人(現:スペル・デルフィン)らを加えて、陣容を整えた。経営陣には新間寿恒が代表兼プロモーターに、旧ジャパンプロレスの会長であった竹田勝司が会長に、大塚直樹が最高顧問に就任するなど、新間寿自身は経営陣には加わらなかったものの、寿の交友関係から強力なバックアップ体制を敷いた形を取った。

団体の歴史

1990/3/1、後楽園ホール大会にて旗揚げ。「本場・メキシコのルチャ・リブレを直輸入」という、今までの日本のプロレス界にない発想から、旗揚げ戦は満員の観客を集めた。アメリカの選手と比べれば体が小さく、ミル・マスカラスなど一部の選手を除けば、それまで前座外人的な扱いだったメキシコの選手に光を当て、ルチャ・リブレというスタイルを日本に広めた功績は大きかった。また、熱狂的なファンが多く、良い試合には観客からおひねりがリングへ投げ込まれるなど、それまでの日本のプロレス団体とはまた違った雰囲気を醸していた。

旗揚げに際して、自前のリングを持っていなかった為、全日本女子プロレスから練習場所の提供を受け、リングを借りる事が出来たが、その縁で旗揚げ戦には前田薫(現:KAORU)ら全日本女子プロレスの選手が特別参戦した。これ以降、しばしばユニバーサルの興行にも参戦した事で注目され、それまで女子プロレスを見なかった男性ファンを女子プロレスの興行に足を運ばせるきっかけを作っている。

日本側陣営は浜田に加え、浅井がメキシコでの成果をファンに見せた事で、事実上のユニバーサルのエースと扱われた。また、旗揚げ戦の第1試合ではFMWから転じた秋吉と高山(当時:ブラック・アイドマン)、第2試合では脇田(当時:モンキー・マジック・ワキタ)と村川政憲(現:ザ・グレート・サスケ)が対戦するなど、現在のプロレス界でも活躍する人材が在籍していた。

しかし、比較的小規模な興行を行っていたにもかかわらず、メキシコから一流の選手を多数招聘した事や、多数の練習生を入団させた事で団体の経営状況は悪化していった。その様な中、1991年3月にはエースの浅井が、メキシコでの主戦場をUWAからEMLLへ転戦した事から、日本の主戦場もEMLLと提携していたSWSへの転戦を余儀なくされ、ユニバーサルを離脱した(一説によれば、浅井の移籍もギャラの問題が関係したと言われている)。

浅井離脱後は、浜田のほか、メキシコ修行中にMASAみちのく(村川)が現在の『ザ・グレート・サスケ』、ワキタが『スペル・デルフィン』のスタイルを確立して凱旋、看板選手としてユニバーサルを支えたが、依然としてメキシコからの大量招聘に拘った結果、以前にもまして経営が悪化。団体の後半に差し掛かると、ほとんどの日本人選手がノーギャラでの参戦を強いられていたと言われていた。

1992/11/27にサスケらがみちのくプロレスを旗揚げすると、多くの選手が掛け持ち参戦した。当初、みちのくプロレスは東北地区のプロモーター的な立場として、ユニバーサルの興行権を購入する事で未払い状態となっていたギャラの支払いを期待していたが、ギャラの未払いが続いて事に加え、ユニバーサルにおけるカード編成の不満もあって、同年6月の興行を最後にグラン浜田を除くほぼ全員の日本人選手が離脱、みちのくプロレス所属となった。

新間らは興行活動を一時休眠したのち、同年12月に『FULL(フェラデシオ・ウニベルサル・ルチャリブレ)』と改称して活動を再開、何度か単発興行を行ったが、現在は自然消滅の形となっている。

2010年7月に20周年を記念したDVD2枚組「THE 20th ANNIVERSARY ユニバーサルプロレス ザ・ルチャ・リブレ大空中祭」が発売される。

所属選手

  • グラン浜田
  • 浅井嘉浩(現:ウルティモ・ドラゴン、2代目ザ・タイガー)
  • スペル・デルフィン(モンキーマジック・ワキタ)
  • クーリー“クラッシュ”SZ(秋吉昭二、現:邪道)
  • ブルドッグ“パニッシュ”KT(ブラック・アイドマン、現:外道)
  • ザ・グレート・サスケ(村川政憲、MASAみちのく)
  • 巌鉄魁(SATO、現:ディック東郷)
  • TAKAみちのく
  • レオパルド・ネグロ(現:HANZO)
  • テリー・ボーイ(現:MEN'Sテイオー)
  • 獅龍(現:カズ・ハヤシ)
  • モンゴリアン勇牙(現:新崎人生)
  • バッファロー張飛(引退)
  • 米河彰大(現:気仙沼二郎)
  • 西田珍念(現:はやて)
  • 菊澤光信(現:菊タロー)
  • 前田薫(全日本女子プロレスより移籍、旧:インフェルナルKAORU、現:KAORU)
  • ソチ浜田(フリー、定着参戦)
  • 奥村茂雄(当時:練習生)
  • アジアン・クーガー(当時:練習生)
  • コンドル(当時:練習生)
  • 三上恭平(当時:練習生 現:MIKAMI)
  • 木村吉公(当時:練習生、現:愚乱・浪花

主なタイトル

  • ユニバーサル認定スーパーウエルター級王座 - スペル・デルフィンが保持。デルフィンがユニバーサルを離脱した際、返還を拒否して、みちのくプロレスに持ち込む。以降は「スーパーウエルター級王座」という、デルフィンの個人所有のような位置付けのタイトルとなり、みちのくと大阪プロレスでタイトル戦が行われた(なお、みちのくに定着以降は、本来ベルトにあった「UWF」の文字が、「SUPER DELFIN」と書かれたプレートが上から貼られて消されていた)。1999年11月、大阪プロレス王座の新設に伴い封印。
  • ユニバーサル認定スーパーミドル級王座
  • ユニバーサル認定コンチネンタルタッグ王座
  • JC-TV認定女子選手権 - 日本で初の「TV選手権」。
  • UWA世界女子タッグ王座 - タイトルマッチの殆どが全日本女子プロレスで行われたが、管理・運営はユニバーサルが行っていた。

AJPW
2001/3/1
広島県立ふくやま
産業交流館

天龍源一郎/川田利明/渕正信 vs 太陽ケア/ジョニー・スミス/相島勇人

WWE
2002/3/1
横浜アリーナ

WWFが8年ぶりに日本上陸。

スマックダウン・ツアー・ジャパン
WWF統一ヘビー級選手権
クリス・ジェリコvsザ・ロック
ババレイ・ダッドリー/ディーボン・ダッドリー vs
ケイン/ビッグショー
WCWクルーザー級選手権
TAJIRIvsキッドマン
WWF世界タッグ選手権
ビリー/チャックvsM・ハーディー/J・ハーディー
ショー・フナキvsザ・ハリケーン
WWF欧州選手権
ダイヤモンド・ダラス・ページvsハク
マイティー・モリーvsリタ
WWFインタコンチネンタル選手権
ウィリアム・リーガルvsエッジ

アイスリボン
2007/3/1

希月あおい・みなみ飛香・聖菜が我闘姑娘から移籍

全日本プロレス
2008/3/1
両国国技館

2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.4

三冠
佐々木健介vs小島聡
ドリー・ファンクJr 引退試合
ドリー・ファンク・ジュニア、西村修vs天龍源一郎、渕正信
武藤/棚橋vs川田/ケア 
中嶋勝彦vs シルバー・キング
諏訪魔vsTARU
ドーリング/カズ/土方vsゾディアック/近藤/谷嵜
T28/大和/KAIvs愚連隊
真田/駿河vs征矢/オーティス

ドラゴンゲート
2009/3/1
大阪府立体育
会館第2競技場

欠場中のCIMAがGammaに呼び込まれリングに登場。新ユニットWARRIORS-5の結成と3/5後楽園ホール大会からの完全復活を宣言。

 
AJPW
2009/3/1
後楽園ホール

HOLD OUT TOUR 2009

河野 真幸が新日本プロレス総合格闘技部門であるNEW JAPAN FACTORYを退団。全日本入りを発表。

AJPW
2010/3/1 

武藤敬司 船木誠勝 ve 太陽ケア 鈴木みのる

 
 ↑ トップへ
 
 


 
 

プロレス/格闘技
プロレス/格闘技 誕生日/忌日


長谷川 悟史
1976/6/19 - 1999/3/1

日本の総合格闘家。神奈川県横須賀市出身。パンクラス所属。

来歴

高校卒業後、パンクラスの第4回入門テストを受け合格。

1996/7/22、パンクラスネオブラッドトーナメント1回戦・山宮恵一郎戦でデビュー。当時パンクラス最軽量ながら引き締まった肉体とスピードを武器に独特のファイトスタイルで人気を得た。

1998/2/6、パンクラスでセーム・シュルトと対戦し、アンクルホールドでタップアウト勝ちを収めた。ギブアップ勝ちをしたのにもかかわらず本人は小さなガッツポーズをするだけだった。

1999/3/1、道場近くのマンションから転落し、骨折に基づく外傷性出血ショックで22歳で死去。

人物像

関節技が極まっても決してギブアップすることがなく(一回だけしたが)ロープエスケープもしない。よくレフェリーストップをくらって悔しそうな顔をしていた。

ロープエスケープ0という記録も持っている。

転落事故

彼の転落事故には謎が多く残っている。当時は自殺も囁かれたが、転落の数日前にプロレス雑誌の記者に「今ウエイトトレーニングに力を入れているんです。」と話しており、また転落の直前にはバイクを修理に出しており自殺と考えるのは難しい。パンクラスの大先輩・船木誠勝の趣味のひとつに、後輩たちに危険なスタントを行わせ、それをホームビデオで撮影するという、通称「アクション映画」と呼ばれるものがある。当時、長谷川は船木の「アクション映画」と称するゲームでたびたび「主演」を務めさせられていた(事件前、長谷川、船木の双方が「アクション映画」について格闘技通信やゴング格闘技などのインタビューでコメントしている)。長谷川は、この遊びの最中に転落したのではないかと言われている。長谷川がなぜ本人とは関係ない(とパンクラスは発表している)転落場所のマンションにいたのかもわからないままである。

なお、船木は「後輩を使ってスタントシーンを撮影するのが趣味」と公言していたが、長谷川の死去後は一切その類の発言をしていないことも疑問である。

なお上記のような状況から匿名掲示板などで「船木が殺した」との悪意のある誹謗中傷も散見されるが、事故当時、船木は現場には居なかった(車を運転中に尾崎社長から事故の連絡を受けた)。また団体の責任者として尾崎社長や船木は警察からの事情聴取も受けており、事件性は無いと見るのが妥当である。


 
    


 
 
今日のプロレス 興行日程
[すべて見る]
お近くの人は是非見に行きましょう!
団体 会場  
ドラゴンゲート
後楽園ホール

※NOSAWA論外の出場見送りに伴い、対戦カードが一部変更。

オープン・ザ・ドリームゲート王座 次期挑戦者決定戦
望月成晃 vs Gamma

敗者復活 サバイバル・イリミネーションマッチ(Blood WARRIORS vs KAMIKAZE 4vs3ハンディキャップ・ルール)
ドラゴン・キッド、神田裕之、堀口元気、斎藤了 vs YAMATO、サイバー・コング、KAGETORA

オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
PAC vs リコシェ

3WAYタッグマッチ
ドン・フジイ、新井健一郎 vs B×Bハルク、横須賀享 vs TAKAみちのく、藤田ミノル

吉野正人 vs スペル・シーサー
CIMA、土井成樹、谷嵜なおき vs ジョニー・ガルガノ、チャック・テイラー、リッチ・スワン
琴香 vs 超神龍

18:30
大阪プロ 大阪ミナミ・ムーブ・オン・アリーナ 13:00
沖縄プロ 沖縄・デルフィンアリーナ国際通り 20:00
 
 


 
 

試合結果
nikkansports.comより

◆ドラゴンゲート
▽オープン・ザ・ブレイブゲート選手権
○PAC(王者)[15分48秒 片エビ固め]×リコシェ(挑戦者)
▽敗者復活サバイバル・イリミネーションマッチ
KAGETORA、サイバー・コング、○YAMATO、鷹木信悟[19分36秒 片エビ固め]×斎藤了、堀口元気、神田裕之、ドラゴン・キッド
※制限時間30分
▽オープン・ザ・ドリームゲート王座次期挑戦者決定戦
○望月成晃[19分36秒 片エビ固め]×Gamma
◆大阪プロ
○タダスケ[9分2秒 アイスキューブ]×アルティメット・スパイダーJr
○タイガースマスク[5分28秒 反則]×HAYATA
▽3WAYマッチ
○ビリーケン・キッド[11分0秒 ダブルバックスライド]×ミラクルマン、×えべっさん
◆沖縄プロ
○シーサー王[10分38秒 ファイナルシーサーDX]×キジムナー
怪人ハブ男、○ヤンバルクイーンナ[12分53秒 ヤンバルボム]めんそーれ親父、×仙台幸子
ミル・マングース、○グルクンダイバー[15分24秒 グルクンドライバー]スペル・デルフィン、×ウルトラ☆マンゴー
 
 
 ↑ トップへ

プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

 
 

楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編

 
楽天 売れ筋
No.1
食品編



バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad


Pacific Girls.COM
Ad







 ↑ トップへ
 
   
   




inserted by FC2 system