本文へスキップ
管理サイト
 YouTube / superatoys  FC2動画 / superatoys FC2 ブログ / superatoys 
サイト内検索

お勧め





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


2candys.com Ad


バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad


































大人のおもちゃ通販

大人のおもちゃ通販


プロレスレンタル、借りるなら


yahooオークション クリックで簡単検索!
ヤフオクで今、売れている
プロレス商品は何?
2010/11/13
動画で紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?

ケビン・フォン・エリック
Kevin Von Erich、1957/5/15)
本名はケビン・ロス・アドキッセンKevin Ross Adkisson)。「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックの息子(次男。レスラーのエリック兄弟としては長男)である。

エリック・ファミリーでは唯一シュ-ズを履かず素足でファイトしていた。


アントニオ猪木/ケビン・フォン・エリック
vs武藤敬司/木村健吾
2/2
1983/11/3
後楽園ホール


収録
アントニオ猪木全集 5
闘魂伝承Ⅰ~弟子たちとの闘い
アントニオ猪木大全集 Ⅵ
1986/11/13

後楽園ホール

 


  





 ↑ トップへ
DVD/ビデオの紹介!
プロレス/格闘技 今日は何の日?

MEGA-BATTLE
TOURNAMENT '92
2回戦
TOURNAMENT '92
1992/11/13
大阪府立体育館


前田日明vsティミータ・ペトコフ
クリス・ドールマンvsアンドレィ・コビィロフ
ハンス・ナイマンvsディック・フライ
ウイリー・ウイリアムスvs武南幸宏
角田信朗vsヘルマン・レンティング
成瀬昌由vs山本宣久





FIRE ON EARTH
灼熱の炎炭
ファイヤデスマッチ
FIRE ON EARTH
1994/11/13
八王子マルチ
パーパプラザ


テリー・ファンク/小野浩志vs中牧昭二/荒谷信孝
巳ゲル・ペレスJr.vsレザーフェイス
シルバー・キング/エル・テハノvsヘッド・ハンターズ
ディック・スレーターvsジョニー・ゴメス
岡村隆志vsスペル・アストロ
田尻義博vsアギラ・ネグラ

 



   
 

KING of SPORTS
8

KING of SPORTS8
2004/11/13
大阪ドーム

IWGP
佐々木健介vs鈴木みのる
藤田和之/ケンドー・カシンvs中邑真輔/中西 学
川田利明/小川直也vs棚橋弘至/天山広吉
天龍源一郎vs柴田勝頼
ヒートvs金本浩二


バトルレヴォルーション2004

バトルレヴォルーション2004
2004/11/13
後楽園ホール

丸藤正道vsKENTA



 ↑ トップへ
番外編
プロレス/格闘技今日は何の日?
新日本プロレス
1994/11/13
東京ベイNK
ホール
収録
其ノ四
覇権闘争伝
覇権闘争伝
覇
平成維震軍が旗揚げ
平成維震軍
かつて存在した日本のプロレスラーのユニット。新日本プロレスを主戦場として活動したユニットである。「平成維軍」と書くのは誤り
  • 越中詩郎
  • ザ・グレート・カブキ(1996年、東京プロレス参戦により脱退)
  • 木村健悟(1997年脱退、のち復帰)
  • 小林邦昭
  • 青柳政司(1994年、新格闘プロレスリング旗揚げの為脱退)
  • 齋藤彰俊(1998年、新日本退団のため脱退)
  • 後藤達俊(1993年加入、1997年脱退、のち復帰)
  • 小原道由(1993年加入、1997年脱退、のち復帰)
  • 野上彰(1996年加入、1998年以降は負傷欠場)
  • 天龍源一郎(1998年加入)
  • テリー・ファンク(1995年助っ人参戦)

1992年、小林邦昭、越中詩郎が当時の抗争相手であった青柳政司率いる誠心会館の自主興業に、新日本プロレス選手会の許可を得ずに参戦した事が原因で選手会と対立。越中は選手会を脱退しこれに同調した木村健悟さらに誠心会館の青柳、齋藤彰俊と共に反選手会同盟を結成、本隊と抗争を開始する。なお、この時の選手会長は蝶野正洋であり、越中と蝶野が犬猿の仲にあるのはこの事件が引きがねである。1993年には後藤達俊、小原道由が加入し、平成維震軍と改名する。名付け親になったのは、当時、雑誌『週刊ゴング』にて越中の取材を担当していた記者の金澤克彦である。

結成当初は全員が袴をはき、髪を丸坊主またはスキンヘッドにして、結束の証としていた。中でも、後藤は髪の毛はおろか眉毛まで剃り落とし、ザ・グレート・カブキは肩までの長髪からスキンヘッドにした上、ペイントを頭部にまで描いていた(後にコスチュームや髪型は各人の自由となる)。また、トレードマークとして「覇」と書かれた旗を誇示し、平成維震軍が勝利を収めた際には、リング上でその旗を振ることもあった。

またこのころから、採算も自分たちでやりくりする自主興行シリーズを本格的に始める(単発的な自主興行は反選手会同盟時代に2回、新日の若手やWARの選手を借りて実施している)。表向きには新日本本隊に対抗するためだったが、実際は、当時新日本経営陣が所属選手が多くなったことを受け別働隊の組織作りを目指していたため、その一環として企画されたというのが真相とされる。当初は「タイガー・ジェット・シンと越中の抗争」「昭和維新軍対平成維震軍の対抗戦」など、特色を生かした試合が多く行われた。しかしこれらは結果として、旗揚げ戦の越中vsシンをアントニオ猪木がレフェリーとして裁いたうえ、猪木がシンに試合中スリーパーを極めるなど猪木とシンの絡みに注目が集まってしまったり、昭和維新軍との対抗戦では長州力がVIP待遇されたうえ、昔の仲間に囲まれた長州にとって非常に居心地の良い空間になってしまったりと、平成維震軍が主役になったとは言いがたいものがあった。結局、動員が伸び悩み、次第にメインが本隊選手だけで行われるなど「スター選手が数人欠けた新日本興行」のようになってしまい、この試みは1年余りで頓挫する。この時、観戦に来ていた剛竜馬が「おい!平成維震軍!おまえらちょっと違うんじゃないのか?」とリング下でマイクアピールした事が、当時の多くのファンの心情を代弁していたとも言える。

1996年には小林と野上彰が、シングルでカベジェラ・コントラ・カベジェラ(敗者丸坊主マッチ)として対決し、敗者の小林が潔く坊主になる姿や、野上自身も飯塚高史とのタッグユニット(JJジャックス)を解散した直後で新日本での自分のポジションを失いかけていた当時で、平成維震軍の反骨精神に共闘する姿勢を持ち、軍団に仲間入りする。

やがて本隊の抗争相手がUWFインターナショナル、nWo JAPANへとシフトしていくにつれ「反選手会」という存在意義が形骸化し、職人気質なレスラーが多くエース級のレスラーが欠如した事も災いし、軍団抗争から置き去りにされるようになる。さらに、藤波辰爾がタッグトーナメントで越中を、IWGPタッグ王座挑戦で木村をパートナーとして指名するちょっかいをかけるなど、員数合わせの脇役扱いをされる。このような状況を打破すべく1998年に天龍源一郎を迎え入れ、天龍・越中がIWGPタッグ王座を獲得するなど活躍するが、結局1999年に解散。越中・木村らは本隊に復帰、小原・後藤は“捨て犬コンビ”としてIWGPタッグ王座に就いた後、TEAM 2000に加入した。

2006/7/27、6年ぶりとなるWARの大会「WAR FINAL 〜REBORN to FUTURE〜」が後楽園ホールにて行われ、メインイベントで平成維震軍が復活。8人タッグマッチで越中&青柳&斎藤&小原vs天龍&北原&折原&フジイが行われた。セコンドには引退した小林も姿を見せた。

現在、新日本を離れWWE所属の山本尚史は新日本入門前は平成維震軍のファンで、下部団体FCW加入時は平成維震軍の赤のコスチュームで活動していた。着用に当たっては小林や後藤、青柳の許可をもらい、さらに実際に当時コスチュームをオーダーした業者を紹介してもらったという。




全日本プロレス
1993/11/13
世界最強タッグ1993が開幕
詳細は世界最強タッグの歴史



UFC122
2010/11/12
ドイツ・ケーニッヒ・ピルスナー・アリーナ
UFC122
岡見 勇信vsネイト・マーコート
ホルヘ・リベラvsアレッシオ・サカラ
デニス・シヴァーvsアンドレ・ウィナー
アミール・サダローvsピーター・ソボタ
クリストフ・ソジンスキーvsゴラン・レルジッチ
ドゥエイン・ラドウィックvsニック・オシプザック
カイル・ノークvsロブ・キモンズ
セス・ペトルゼリvsカーロス・ヴェモラ

今日のプロレス放送
TV朝日

タッグNo.1決定戦!G1タッグリーグ2010

いま最も強いタッグは、どのチームなのか!?
誰もが認める名タッグから、今回限りのプレミアタッグまで、
全12チームが参加。

しかも今週は、準決勝と決勝戦を一挙放送!!
熾烈なリーグ戦を勝ちあがったのは、
この4チーム!

現IWGPタッグ王者
ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン
バッドインテンションズ!

永田裕志&井上 亘
青義軍!

中西 学&ストロングマン、
日墨マッスルオーケストラ!

高橋裕二郎&内藤哲也、
NO LIMIT!

チームワークを駆使し、
タッグNo.1の称号を手にするのは果たして!

TVK
全日本プロレスマザースペシャル
▽アニバーサリー・ツアー2010最終戦の模様を熱くお届け!
▽世界ジュニア・ヘビー級選手権試合/カズ・ハヤシVS武藤敬司
▽三冠ヘビー級選手権試合 諏訪魔vs船木誠勝
ほか




 ↑ トップへ
プロレス/格闘技 ニュース
Sportsnavi
nikkansports.com
スポニチ
東スポ
  • 念願のUMA戦士とV7戦?GHC王者・杉浦が「ビッグフット=森嶋」を指名
  • 中邑が小島→洋央紀と21年ぶりのIWGP戦〝連闘〟決意
  • ミスタープロレス・天龍が7年ぶり3冠王座挑戦へ
  • <12・3猪木祭>誰でも来い!猪木自ら新人オーディション開催へ
  • 挑戦者・大谷が外敵王者・関本にダメ出し



 ↑ トップへ
今日のプロレス 興行日程
[すべて見る]
お近くの人は是非見に行きましょう!
  団体 会場 開始
11月13日 新日本 東京・ディファ有明 18:00
ドラゴンゲート 京都・KBSホール 18:00
みちのく 山形・東根市屋内多目的コート 15:30
大阪プロ 大阪ミナミ・ムーブ・オン・アリーナ 18:00
沖縄プロ 沖縄・デルフィンアリーナ国際通り 20:00
K-DOJO 千葉・四街道中央公園 11:30
K-DOJO 千葉・Blue Field 18:30
レスリングドリーマーズ 東京・新木場1st RING 19:00
NEO 東京・板橋グリーンホール 13:00
  アイスリボン 埼玉・イサミレッスル武闘館 18:00

 ↑ トップへ

DMM.com 動画 アイドルチャンネル

試合結果
nikkansports.comより
◆新日本
▽J SPORTS CROWNスーパーJタッグリーグ公式戦Bブロック
タイガーマスク、○金本浩二(6点)[11分58秒 変形足首固め]×野橋太郎、フジタ“Jr.”ハヤト(2点)
邪道、○外道(6点)[13分47秒 横入り式エビ固め]×KUSHIDA、AKIRA(4点)
▽同Aブロック
ロメロ、○リチャーズ(6点)[10分6秒 シャープシューター]FUJITA、×NOSAWA論外(2点)
○田口隆祐、デヴィット(6点)[9分4秒 後方回転足折り固め]×マスカラ・ドラダ、ラ・ソンブラ(4点)
▽J SPORTS CROWNスーパーJタッグリーグ優勝決定戦
○邪道、外道(Bブロック1位)[23分 邪道式顔面絞め]×ロメロ、リチャーズ(Aブロック1位)

◆ドラゴンゲート
○サイバー・コング[11分42秒 片エビ固め]×堀口元気
○菅原拓也、土井成樹[14分42秒 片エビ固め]×新井健一郎、ドン・フジイ
ドラゴン・キッド、○Gamma、CIMA[20分19秒 片エビ固め]×K-ness.、横須賀享、吉野正人

◆みちのく
○気仙沼二郎[12分4秒 STF]×佐々木大地
○Ken45[9分21秒 リンガルス]×ラッセ
南野タケシ、大間まぐ狼、○日向寺塁[17分21秒 片エビ固め]ザ・グレート・サスケ、拳王、×精霊

◆大阪プロ
秀吉[10分52秒 両者リングアウト]The bodyguard
○えべっさん、松山勘十郎[10分55秒 園田原爆固め]×くいしんぼう仮面、タコヤキーダー
▽インディペンデントワールドJr.ヘビー級選手権
○タイガースマスク(挑戦者)[25分55秒 レフェリーストップ]×ヲロチ(王者)

◆沖縄プロ
▽3WAYマッチ
○ゴールデンパイン[10分23秒 逆さ押さえ込み]×ヤンバルクイーンナ※もう一人の選手はキジムナー
▽タッグマッチ
○怪人ハブ男、仙台幸子[12分49秒 ジャックハマー]ミル・マングース、×エイサー8
▽全選手参加バトルロイヤル
○ゴールデンパイン[13分30秒 クローズラインフロムパインパーク]×ミル・マングース
※他はキジムナー、仙台幸子、怪人ハブ男、ヤンバルクイーンナ、エイサー8(退場順)

◆K-DOJO<第1部>
○マリーンズマスク[8分45秒 片エビ固め]×関根龍一
きぼーるまん、○ヨツカイダー[11分56秒 片エビ固め]×レッドキラー、ブラックキラー

◆K-DOJO<第2部>
ランディ拓也、HIROKI、○稲松三郎[15分41秒 片エビ固め]JOE、大石真翔、×火野裕志
▽プロレス版日本シリーズ第6戦
○ドラゴンズマスク(2勝3敗1分け)[2分50秒 胴絞め飛龍裸絞め]×マリーンズマスク(3勝2敗1分け)
▽プロレス版日本シリーズ第7戦
○マリーンズマスク(4勝2敗1分け)[2分28秒 片エビ固め]×ドラゴンズマスク(2勝4敗1分け)

◆レスリングドリーマーズ
▽トーナメント2回戦(A)
○中里哲弥[3分47秒 逆エビ固め]×勝見尚宏
▽トーナメント2回戦(B)
×松本直己[9分40秒 片エビ固め]○清水裕介
▽6人タッグマッチ
はやて、○平原和幸、浜谷清志[12分59秒 体固め]永利耕一、櫻井大介、×住吉久仁夫
▽トーナメント準決勝戦
○中里哲弥[12分31秒 片エビ固め]×佐藤智也
▽トーナメント準決勝戦
○守部宣孝[13分38秒 体固め]×清水裕介

◆NEO
高橋奈苗、○しもうま和美[13分30秒 体固め]×星ハム子、ヘイトレッド
植松寿絵、○輝優優[23分2秒 ヨーロピアンクラッチ]×タニー・マウス、宮崎有妃
▽NEO認定タッグ選手権
水波綾、○勇気彩(挑戦者組)[15分56秒 体固め]×田村欣子、栗原あゆみ(王者組)

◆アイスリボン
○牧場みのり、くるみ[8分32秒 みのリッチ]×真琴、帯広さやか
○みなみ飛香、都宮ちい[10分24秒 ブロックバスターホールド]×藤本つかさ、松本都
○夏樹☆たいよう[6分20秒 横入り式十字固め]×つくし
▽インターナショナルリボンタッグ選手権
○さくらえみ、高橋奈苗(王者組)[17分56秒 エビ固め]×りほ、志田光(挑戦者)

 ↑ トップへ

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Pacific Girls.COM
Ad


プロレス レンタルが充実、借りるならDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編


楽天 売れ筋
No.1
食品編



バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad




↑ トップへ
inserted by FC2 system