本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販




 
yahooオークション クリックで簡単検索!
今、売れている
”獣神サンダー・ライガー”関連商品は何?

新日Jr. おまとめ動画集
タイガーマスク/獣神サンダー・ライガー/金本浩二他


神サンダー・ライガー
(1989年4月24日 - )
日本の覆面レスラー。新日本プロレス所属。本名は非公開。永井豪宅出身、もしくは広島県広島市。血液型AB型。

正体について

正体は新日本プロレスに所属していた山田 恵一(やまだ けいいち、1964/11/30 - )だと、初めて登場した際の中継放送では伝えられているが、その後はあくまでも正体は謎という扱いになっている。

実際、テレビ出演の際のライガーのプロフィールが山田のものだったことや、当時の週刊プロレスでも山田→ライガーの特集記事が組まれたこともあった。しかし、ライガー自身は「山田は死んだ。リヴァプールの風になった」と発言している。

有名な試合

  • 1994年2月に橋本真也と対戦した際は、通称バトルライガーと呼ばれるツノを取り去った“対ヘビー級戦闘仕様モデル”のマスクと上半身裸のスタイルで戦った。試合は負けたが、橋本相手に勝利に近付く場面もあった。この時見せたビルドアップされた肉体は、身長170cm未満の選手で100kgに満たないジュニアヘビー級クラスの選手の中で、ヘビー級のパワーを持つ『唯一』の選手とも絶賛されている。
  • グレート・ムタと戦ったときに、ムタに覆面を破られたが、覆面の下には素顔ではなく、白いペイントが施されていた。さらにライガーが自ら上半身のコスチュームを破ると、胸部にもペイントがされていた。奇声を上げ、毒霧を吐き、凶器を使う通常と違うファイトスタイルから一部雑誌では「狂神ライガー」と呼ばれた。この名前はプロレスゲーム『闘魂烈伝』などでも用いられていたが、新日本プロレスの公式ウェブサイトでは「鬼神ライガーと後に呼ばれる様になった」とギミックに若干の修正が行われている。なお、この時は白銀のコスチュームを使用しており、ライガー曰く「あの時だけ」の一度きりの配色である。また、直前の試合でトラブルがあり、このマスクを被って試合をしたこともある(体は普段の赤白のコスチューム)。2006年に非道とのシングルで復活させているが、最初から「鬼神ライガー」というネームでマスクを被らずに登場した。海外では邪神ライガーと表記されていることもある。
  • 青柳政司戦にてマスクを破られ、素顔で最後まで試合を行い、その際に実況のアナウンサーから「山田恵一」と呼ばれた。この試合でマスクを破られ、逆上したライガーの責めはえげつなく、「ナイフを抜いた」と形容された。
  • 試合前にマスクの盗難に遭い、エル・サムライのマスクを被って試合をしたことがある。その際の雑誌掲載時の見出しは「獣神サンダーサムライガー!?」。
  • 2001年の大阪ドーム大会にてバトルライガーとして村上一成と対戦した際にマスクを剥がされるも、長州を始めとするセコンド達により頭に掛けられたタオルを払い除け、堂々と「素顔」を曝け出したまま小川直也とやりあった(この時辻よしなりは、実況で山田恵一の名前を連呼していた)。
  • 2002/11/30にパンクラスに参戦。パンクラスルールで鈴木みのると対戦した。この時は飾りの少ないマスク姿、タイツもより動きやすいようトランクスタイプで登場した。ゴングの瞬間に突進し、浴びせ蹴りを見舞うというプロレス魂を見せ付けた。結果は敗れたものの、鈴木に再びプロレスに開眼させ、それ以降鈴木は総合格闘技からプロレスに戻った。

タイトル歴

IWGPジュニアヘビー級王座を11回獲得しており、BEST OF THE SUPER Jr.の優勝3回(「TOP OF THE SUPER Jr.」含む)と共に同タイトルの最多記録である(2005年6月現在)。また、「BEST OF THE SUPER Jr. VIII」では、大会史上初の全勝優勝を達成する。1994年4月にはジュニア・オールスター戦「SUPER J-CUP」を実現させ、第2回、3回と自身も優勝。第4回もザ・グレート・サスケらと組み出場している(本戦は若手中心のトーナメント)。

新日本プロレス

  • IWGPジュニアヘビー級王座 : 11回 (第9代、11代、13代、15代、18代、21代、26代、29代、32代、35代、37代)
  • IWGPジュニアタッグ王座 : 5回 (第3代、6代、8代、10代、20代)
    • パートナーはザ・グレート・サスケ→エル・サムライ→田中稔→金本浩二→AKIRA
  • トップ・オブ・ザ・スーパージュニア優勝 : 1回(1992年)
  • ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝 : 2回(1994年・2001年)

プロレスリング・ノア

  • GHCジュニアヘビー級王座 : 1回(第8代)

DRAGON GATE

  • オープン・ザ・ドリームゲート王座 : 1回(第7代)

大阪プロレス

  • 大阪プロレス・タッグ

ジュニア8冠王座:IWGPジュニアと以下7つのタイトル。後にWARインターナショナルジュニアヘビーの単独防衛戦で敗れたため、7冠となる): 1回(第3代)

  • WWF世界ライトヘビー
  • WWA世界ジュニアライトヘビー
  • UWA世界ジュニアライトヘビー
  • 英連邦ジュニアヘビー
  • NWA世界ウェルター
  • NWAジュニアヘビー
  • WARインターナショナルジュニアヘビー
  • WARインターナショナルジュニアタッグ

WCW

  • WCW世界ライトヘビー級王座 : 1回

CMLL

  • CMLL世界ミドル級王座
  • 第2回カンペオン・ウニベルサル優勝

スーパーJカップ優勝 : 2回(2nd.STAGE・3rd.STAGE)


金本 浩二(1966/10/31 - )
兵庫県神戸市出身。新日本プロレス所属。大阪芸術大学環境計画学科(2004年度より環境デザイン学科)卒業。愛称は阪神タイガースの同姓である金本知憲にちなんで「アニキ」。

後に「新日本の喧嘩番長」と言われる程ハードヒットな打撃技を特徴とし、現在もジュニアヘビー級の選手として活躍中。

2000年以降になると「アニキ」の異名で熱狂的ファンがつくまでに公私共に慕われた。

学生時代(大阪芸術大学 柔道部所属)よりプロレスラーに憧れ、小学6年から柔道を経験。栗栖トレーニングジムで半年間トレーニングを積み、1990年6月に入門。11/7に和歌山・岩出町立町民総合体育館での小原道由戦でデビュー。当初から「生涯一ジュニア(ヘビー)」を宣言する。

1992年に「3代目タイガーマスク」に抜擢されるが、自身のスタイルとアクロバットを主体とするタイガーマスクとのギャップに悩み、1年もしないうちに覆面を脱いだ。 その後は米国遠征を経て心機一転。タイガーマスク時代に磨きを掛けた蹴りと空中殺法にラフ殺法を織り交ぜ、開花。1995年にはIWGPジュニア、UWAジュニアの2冠王者となった。

2003/11/3の村上和成戦で負傷するも復帰以降、絶大な人気を得ることになった。2004年はG1 CLIMAXにも初出場した。

2005年12月、現在の新日本に対しての極度の不満や問題を感じつつ、試合を続けていたことを告白。井上亘を巻き込む形で、2か月近く会社と揉め続けたが結局は残留した。

2006/5/3、福岡国際センター では、第49代目IWGPジュニアヘビー級王座であるタイガーマスクをファルコンアローで破り3年ぶり5度目のIWGPジュニアヘビー級王座に君臨。しかし5月から6月にかけて行われたベスト・オブ・ザ・スーパージュニア XIIIでは、タイガー、井上亘に敗れ4大会ぶりに決勝トーナメントに進めなかった。8月にはG1 CLIMAXに出場し、初めて決勝トーナメントに進出。準決勝で全日本プロレスの小島聡に敗れ決勝進出はならず。

10/8にBEST OF THE SUPER Jr.初優勝を遂げた稔とIWGPジュニアヘビー級王座を賭け対戦し、アンクルホールドで見事タップを奪い防衛に成功。G1 TAG LEAGUEでは棚橋弘至とタッグを組んで準優勝という戦績を収めた。

2007/2/18、両国国技館においてジュニア選手として史上初となるIWGPヘビー級王座に挑戦。互角の戦いを繰り広げるも最後はドラゴン・スープレックス・ホールドでピンフォール負けを喫した。

2009/2/12にDRAGON GATEに乗り込みB×Bハルクに勝利を収めると3/22に土井成樹が所持するオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑戦するも、マスキュラーボムで沈んだ。

5/6、プロレスリング・ノアへ獣神サンダー・ライガーと共に乗り込み金丸義信、平柳玄藩組と対戦。自らを仲本工事とわざと名前を間違える平柳をアンクルホールドでギブアップを奪い勝利。6月に行われたBEST OF THE SUPER Jr.ではライガー、田口隆祐、タイチ、飯伏幸太らから勝利を収めBブロックを1位通過し、決勝戦ではプリンス・デヴィットに変型アンクルホールドで勝利し、V3を達成。7/20にIWGPジュニアヘビー級王者であるタイガーマスクとベルトを賭け対決するもデストロイ・スープレックス・ホールドで敗れた。

12月にSUPER J-CUP1回戦でフジタ"Jr"ハヤトと対戦。激しい打撃戦を制し2回戦進出を果たすも、田口隆祐に敗れベスト8に終わった。

2010/5/8、SUPER J TAGにエル・サムライと共にエントリー。決勝で田口、プリンス・デヴィット組との激闘を繰り広げ、優勝。同時に第25代IWGPジュニアタッグ王座に君臨。7/19に同タッグチームと初防衛戦を行ったが、サムライがピンフォールを奪われ、同王座に陥落した。

入場テーマ曲

  • BRING IT BACK (ZIN & MASASHI)
    ボーカルはZIN、コーラスでMASASHIが歌っているが、金本自身の
    ファンクラブイベントで「MASASHIと一緒にオレも歌っている」と語った。
  • JAGUAR'08(春畑道哉)
  • ジャンクション 〜旋風〜(N.J.P. UNIT)
  • Let's Go Tiger(HOT LEGS)
    タイガーマスク時代に使用。

獲得タイトル

新日本プロレス
  • IWGPジュニアヘビー級王座:5回(第23代、25代、33代、43代、50代)
  • IWGPジュニアタッグ王座:4回(第5代、10代、14代、25代)
    • パートナーは田中稔、獣神サンダー・ライガー、井上亘、エル・サムライ。
  • BEST OF THE SUPER Jr. 準優勝:5回(1997年、1999年、2003年、2004年、2008年) 優勝:3回(1998年、2002年、2009年)
    • 最多決勝進出記録保持者であり、2010年現在もこの記録は誰にも破られていない。この輝かしい実績から「ジュニアのカリスマ」という異名を持つ。
  • G1 TAG LEAGUE 準優勝:2回(2006年、2007年)
    • パートナーは棚橋弘至。
  • SUPER J TAG 優勝(2010年)
    • パートナーはエル・サムライ。
プロレスリング・ノア
  • GHCジュニアタッグ王座:1回(第12代)
    • パートナーはタイガーマスク。
UWA
  • UWA世界ジュニアライトヘビー級王座
  • UWA世界ウェルター級王座


タイガーマスク (4代目)

タイガーマスク(1970年10月20日 - )
日本の覆面レスラー。タイガーマスクの4代目であり、現行のタイガーマスクである。通称は「黄金の虎」。

2代目(三沢光晴)・3代目(金本浩二)と違い、純粋な初代(佐山聡)の弟子であり、歴代タイガーでは唯一、デビュー時から現在まで一貫してタイガーマスクを名乗っている。したがってタイガーマスクとしての活動期間は歴代で最も長い。また、歴代のタイガーマスクの中では最も小柄である。立ち場的には完全にベビーフェイスだが、反則攻撃を繰り返してくるヒールには非常にえげつない技で制裁を加える事もあるため「黄色い悪魔」と呼ばれることもある。

2005年に結婚したが正体は明かしていない。

プライベートではパチンコ好きで、怪我の治療のため欠場中の天山広吉に代わり、2009年10月~2010年3月にかけてスポーツ報知でコラム『タイガーマスクの激録!!玉取ったる』(月1回連載)を担当していた。

2010年に『カルビーポテトチップス』のCMに単独出演している。

全くの無名時代に素顔でエンセン井上の似顔絵に馬乗りのエンセンに許しを請うというやられ役のモデルをつとめた事がある。格闘技通信掲載時に、すでにタイガーマスクだったので、目のところを隠されている。

経歴

佐山聡の勧めで虎のマスクを被り、1995/7/15、後楽園ホールのザ・グレート・サスケ戦にてデビューを飾り、数々の虎殺法を披露した。敗北を喫するが、試合後サスケにみちのくプロレス(以後みちプロ)入りを志願。サスケとこの日観戦に来ていた佐山がこれを了承。8月12日にみちプロの巡業に帯同し、9/14にデビュー戦を飾る。また、同所属していたTAKAみちのくとは幾度となく対戦しており“名勝負数え唄”としても知られる。

1996/9/23にUWA世界ミドル級王座決定リーグ戦に参戦。これに優勝し第29代王者に。自身初のタイトル獲得となったが、翌年1997/2/25、左膝を痛め長期欠場に伴う防衛戦期限切れにより王座返上。結局1度も防衛戦を組まれる事はなかった。その後、光が当たる事が無くなったが1999/4/11に短期英国遠征へ出発。王座復活後第14代(通算第50代)英連邦ミッドヘビー級王者に輝いた。

2002年に新日本プロレスの東京ドーム大会に初参戦。獣神サンダーライガー、サスケと組み邪道、外道、ディック東郷組に快勝。この年はみちのくに籍を置きながらほぼ1年を通してシリーズに帯同し、9/22には金本浩二が保持するIWGPジュニアヘビー級王座に初挑戦。敗れはしたものの健闘を見せつけた。同年12月にみちプロと契約満了に伴い、新日本へ正式に移籍。

2005/6/19に決勝戦で外道を破り、2004年、2005年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝、2連覇という大会史上初の偉業を達成する。

入場テーマ曲

  • おまえは虎になれ
  • 燃えろ!吠えろ!タイガーマスク(WRESTLE LANDで使用)

タイトル歴

  • IWGPジュニアヘビー級王座(第44、47、49、54、56、58代)
  • GHCジュニアタッグ王座(第12代)
  • UWA世界ミドル
  • 英連邦ジュニア
  • エイペック・オブ・トライアングル
  • NWA世界ジュニアヘビー級王座


ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはDMM
DMM.com CD&DVDレンタル

2010 タイガーマスクエル・サムライ SSマシン vs 金本浩二 吉橋 タイチ 2/2  
2010 タイガーマスクエル・サムライ 金本浩二 vs 平澤光秀/井上亘/SSマシン 2/2  
2010/2/14
両国国技館 
タイガーマスク獣神サンダー・ライガー 金本浩二 vs フジタ”jr.”ハヤト GENTARO 飯伏幸太 2/2  
2010/1/4
東京ドーム
タイガーマスクⅣ vs 丸藤正道 2/3 3/3
2009/8/22
メキシコ
タイガーマスクⅣ Mistico Shocker vs Arcangel Atlantis U.Guerrero 2/2  
2009/8/15
両国国技館
タイガーマスクⅣ vs ミスティコ 2/2  
2009/8/13
名古屋 
タイガーマスクⅣ ミスティコ vs 石井 奥村 2/2  
2009/6/2 ブラックタイガー vs AKIRA 2/2  
2009/5/31 ブラックタイガー vs 邪道 2/2  
2009/5/6 タイガーマスクvs ブラックタイガー 2/2  
2009/5/3
福岡国際
センター
タイガーマスクⅣ 金本浩二 vs 獣神サンダー・ライガー CIMA 2/3 3/3
2009 タイガーマスクvs ブラックタイガー 2/2  
2008 タイガーマスクvs Low Ki 2/2  
2007/10/28
両国国技館
タイガーマスク獣神サンダー・ライガー 棚橋弘至 永田裕司 vs 後藤央洋紀 ミラノコレクションAT 稔   2/2
       
       



2006/10/9
両国国技館
タイガーマスクⅣ vs ミラノコレクション AT    
2006/6/18
後楽園ホール
タイガーマスクⅣ vs 稔 2/2  
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはTSUTAYA


       
       
       
       
       

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

1994/7/8 獣神サンダー・ライガーvsザ・グレート・サスケ 2/2  
       
       
       
       
       
       
       
       
       



1985/8/30
山形
山田恵一vs小杉俊一    
       
       
       
       
 


 不明 - ご存知の連絡お願いします。
  タイガーマスクⅢ/Ⅳ vs ブラックタイガー エル・サムライ    
後楽園ホール タイガーマスクⅣ 獣神サンダー・ライガー vs ディック東郷 外道    
  タイガーマスクIII vs 獣神サンダー・ライガー 2/3 3/3
  タイガーマスクⅣ vs アメリカン・ドラゴン    



 その他
タイガーマスクⅣ Theme タイガーマスクⅢ Theme TigerMask in MEXICO Dragomania IV
     
     



 


 






Pacific Girls.COM Ad


バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad




 ↑ トップへ
 

inserted by FC2 system