本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販




 
yahooオークション ヤフオククリックで簡単検索!
今、売れている
”武藤敬司”関連商品は何?

武藤 敬司 おまとめ動画集(NJPW) & 名珍編
AJPW編
グレート・ムタ編

武藤 敬司(1962年12月23日 - )
日本のプロレスラーで全日本プロレス代表取締役社長。神奈川県横浜市青葉区在住、山梨県富士吉田市出身。山梨県立富士河口湖高等学校卒業。闘魂三銃士の1人で、タレントとしてサラエンターテイメントにも所属している。「武藤塾」の塾長、山梨県の観光大使も務めており、『日本マット界の至宝』と言われる。血液型はB型。娘は子役の武藤愛莉。

獲得タイトル歴

NWA

  • NWA(WCW)世界TV選手権 : 1回(第12代)
    • グレート・ムタとして王座獲得。
  • NWA世界ヘビー級王座 : 1回(第76代)
    • グレート・ムタとして王座獲得。

NWA地方団体

  • NWAフロリダ・ヘビー級選手権 : 1回(第114代)
    • ホワイト・ニンジャとして23歳5か月で初戴冠。
  • アラバマ州認定USジュニアヘビー級選手権 : 1回(第49代)
    • ホワイト・ニンジャとして。

WCW

  • WCW世界タッグ王座
    • グレート・ムタとして。パートナーはバンピーロ。チーム名はダーク・カーニバル。

WWC

  • WWC・TV選手権 : 1回(第7代)
    • スーパー・ブラックニンジャとして。
  • WWCプエルトリコ選手権
    • スーパー・ブラックニンジャとして。

全日本プロレス

  • 三冠ヘビー級王座 : 3回(第27・30・38代)
    • 第27代王者時代は世界タッグ王座(2冠)とIWGPタッグ王座を同時に保持し、六冠王である時期もあった。第30代・第38代はグレート・ムタとして。第38代期は武藤としてIWGPヘビー級王座を同時保持。
  • 世界タッグ王座 : 3回(第45・48・54・56代)
    • パートナーは太陽ケア→嵐→ジョー・ドーリング→船木誠勝。
  • F-1タッグ選手権
    • 初代…パートナーは神奈月。7回防衛中。
  • チャンピオン・カーニバル優勝 : 3回(2002年・2004年・2007年)
  • 世界最強タッグ決定リーグ戦優勝 : 3回(2001年・2007年・2009年)
    • パートナーは太陽ケア→ジョー・ドーリング→船木誠勝。

新日本プロレス

  • IWGPヘビー級王座 : 4回(第13,17,24,49代)
    • 第13代はグレート・ムタとして。第49代はムタとして三冠ヘビー級王座を同時保持。
  • IWGPタッグ王座 : 6回(第4,12,17,24,33,42代)
    • パートナーは越中詩郎→蝶野正洋→馳浩2回→蝶野正洋→太陽ケア。
  • グレーテスト18クラブ王座 :1回(第2代)
    • グレート・ムタとしてIWGPと同時に獲得。その後封印。
  • G1 CLIMAX優勝 : 1回(1995年)
    • 優勝こそ1回(しかもIWGPヘビー級王者として優勝)であるが、準優勝は最多の3回を誇る。
  • G1 TAG LEAGUE(SG TAG LEAGUE)優勝 : 5回(1993年・1994年・1997年・1998年・1999年)
    • パートナーは馳浩2回→蝶野正洋→小島聡→スコット・ノートン。

プロレス大賞

  • 1986年プロレス大賞 新人賞
  • 1989年プロレス大賞 特別功労賞
  • 1990年プロレス大賞 最優秀タッグチーム賞(&蝶野正洋)
  • 1995年プロレス大賞 最優秀選手賞
  • 1998年プロレス大賞 殊勲賞(冬木弘道も受賞)
  • 1999年プロレス大賞 最優秀選手賞、ベストバウト賞 (5/3 天龍源一郎戦)をダブル受賞。
  • 2001年プロレス大賞 最優秀選手賞
  • 2005年プロレス大賞 最優秀タッグチーム賞(&曙)
  • 2008年プロレス大賞 最優秀選手賞


nWoジャパン

1997年2月、蝶野正洋率いるnWoジャパン(New World Order)からTシャツを渡されたり、背中に「nWo」とスプレーで書かれたりという演出などにより勧誘を受ける。4/12の東京ドーム大会でグレート・ムタとして蝶野に勝利するが、試合後二人は共鳴し、WCWでのアメリカ遠征で正式にムタとしてnWoに加入。6月に正規軍の武藤として、当時王者だった橋本に挑むが敗戦。試合後、nWoジャパンの控え室に戻ったことから、本格的に正規軍を離脱する。その後のシリーズからnWoジャパンのムタとしてG1にも参戦するなど活躍したが、膝の故障や度重なるタッグマッチでの亀裂、試合前のペイントする時間が多忙などが重なったことから、ムタをやり切ることに限界を感じて、9/23にはムタから武藤に変身(試合中に退場して数分後にペイントを落として戻ってくる)し、武藤としてnWoに加入。赤から黒のショートタイツに変わり、その後イラストや英語の文字が記入された黒のロングタイツを着用し、髭を伸ばして、黒バットなどの凶器を使って、黒スプレーで小原道由の背中に「犬」と書いた上でリング外へ絞首刑にするなど(犬事件)ヒールに徹した。1998年7月、膝の手術から復帰した後、ムタとして渡米することになって髭を剃り、“ナチュラル・ボーン・マスター”(生まれながらの天才)と呼ばれるようになる。この直後、nWoジャパンの総帥であった蝶野正洋が負傷して長期離脱。武藤が軍団の舵を取り「I AM BOSS」と連呼するようになり、欠場明けの小島聡をnWoジャパンに勧誘、年末に行われたG1タッグも小島聡とのタッグで優勝し、そのインタビューでは、「これは俺が作り上げたnWoだ! 蝶野の名前は出さないでくれ!」と発言。1999年、第24代IWGPヘビー級王者となると、蝶野と武藤との関係はこじれた。蝶野は復帰後、nWoジャパンを脱退して独自のユニット「TEAM 2000」を結成した。以後、「nWoジャパン VS TEAM 2000」の抗争が勃発し、最終的に2000年、1/4の東京ドームで武藤が蝶野に敗れてnWoジャパンは消滅する(しかし真相は本家nWoの権利を持つWCWとの契約が満了したためだといわれている)。なお、1999年は1年間王者に君臨した評価が認められ、プロレス大賞MVPに選ばれている。

1990/12/10
大阪
武藤敬司 vs 天龍源一郎 2/2  
1999/5/3
福岡
武藤敬司 vs 天龍源一郎 2/3 3/3
1999/4/10
東京ドーム
武藤敬司 vs ドン・フライ 2/2  
1999 武藤敬司 vs 永田裕志    
1999 武藤敬司 vs 中西学    
  武藤敬司 ドン・フライ vs 長州力 木戸修    
  武藤敬司 vs 獣神サンダー・ライガー    
       
  The Great Muta joins the nWo - 5/26/97    
  蝶野正洋 joins the nWo    
  nWo Japan 1997     
  Hiro Tenzan join nWo Japan    
  New World Order Japan WCW official Theme     
  NJPW NWO JAPAN 全面抗争 Part1 ~蝶野革命編~    
  NJPW NWO JAPAN 全面抗争 Part2 ~武藤革命編~    
  NJPW NWO JAPAN 全面抗争 Final ~NWO JAPAN 消滅~    

ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


アメリカ修行からブレイクまで

その後、再びアメリカ修行に出る。アメリカでは(ギミック上はザ・グレート・カブキの息子)「グレート・ムタ」としてNWA(のちWCW)に登場し、アメリカのプロレスファンに人気を博した。当時のアメリカでの人気は絶大で、グレート・ムタがスティングやリック・フレアーと対決するのをテレビで見てレスラーを志したアメリカ人レスラーも多い。 ちなみに武藤は帰国後も様々なコスチューム(後述)で「グレート・ムタ」を登場させた。凱旋帰国と同時に赤、オレンジ色のショートタイツにコスチュームを変え、やがて人気・実力ともに絶頂期を迎える。(当時の実況担当の辻義就<現・辻よしなり>から「セクシーターザン」「ときめきバージンレッドの熱い風」と形容される)新日本プロレスにおける武藤の絶頂期は1995年と言える。この年は2月にスコット・ノートンに敗れてスランプ状態に陥ったものの、5/3、福岡ドームで当時最多防衛記録を樹立していた橋本真也を破って第17代IWGPヘビー級王者となった。8/15、同じく橋本真也を破り、IWGP王者としては初となるG1 CLIMAX優勝者となった。さらに、10/9東京ドームでの新日本対UWFインターナショナルの対抗戦のメインイベントでの高田延彦戦は、敢えてこの決戦用にドラゴンスクリューからの足4の字固めという古典的な技を復活させて勝利を収めた。これらの活躍が評価されて、同年のプロレス大賞MVP。なお、G1で優勝した際の副賞としてガウンを贈呈されたのをきっかけに、以後のビッグマッチにおいてガウンを着用するようになる(普段はTシャツ姿で入場)。




1996/12 武藤敬司 西村修 vs 藤波辰巳i 木村健吾    
1996
両国国技館
武藤敬司 vs 蝶野正洋    
1995/4/10 武藤敬司 vs 天山広吉    
1995/7/13 武藤敬司 vs ホーク・ウォリアー 2/2  
       

ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはTSUTAYA


1993/9/26 武藤敬司 vs ハルク・ホーガン 2/2  
       
       
       
       

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND

1992/8/12
両国国技館
武藤敬司 佐々木健介i vs スタイナーBros.    
1992/8/6
両国国技館
武藤敬司 vs バリー・ウインダム    
1992/4/21
金沢
武藤敬司 橋本真也 vs
バッド・ニュース・アレン トニー・ホーム
2/2  
1991/8/11
両国国技館
武藤敬司 vs 蝶野正洋    
1991/8/9
両国国技館
武藤敬司 vs 藤波辰巳i    
  武藤敬司 vs 天龍源一郎    
  武藤敬司 vsスコット・ノートン    




少年時代からプロレス入門まで

小学2年生のときに、ドラマ「柔道一直線」を見て柔道を習い始める。学年で一番背が高かったにもかかわらず、バック転やバック宙、鉄棒の大車輪を器用にこなす運動神経の持ち主であった。小学5年生のときには、柔道と並行して少年野球チームにも入り、エースで4番を任されている。中学に入ると一度は野球部に入部するも、その後すぐに柔道部に転部。3年で初段黒帯。高校時代には、1年生のとき国体優勝、2、3年生のときにも国体に連続して出場する。高校卒業後は大学の誘いをすべて断り、東北柔道専門学校に進学。全日本ジュニア柔道体重別選手権大会95kg以下級3位。全日本強化指定選手にも選ばれる。この時に柔道整復師の免許も取得。その後、佐山聡と繋がりのある接骨院でインターンの研修をしていた時に新日本プロレスに紹介され、1984年に入門することとなった。

入門から若手時代

同期の蝶野、橋本らと共に厳しいトレーニングの日々が始まる。船木誠勝、蝶野正洋らによると、入門3日ほどで山本小鉄に辞めたいと言ったことがある。スクワットの練習中、山本小鉄が「嫌ならやめていいんだぞ」と言ったところ武藤は練習を投げ出し、「辞めます」と言い放った。小鉄はたじろぎ、他の練習生であれば引き留めるはずもないところだが「お前、辞めるなんて言うな」と言ったという。共に練習していた蝶野は、「武藤が『あの逸材だから』相手がどう反応するか判っていて駆け引きをしていたようだ」と語っている。この時の様子などは闘魂三銃士の自伝「烈闘生」に詳しく書いている。天性の運動神経とルックスから、早くから将来のエース候補と目され、ヤングライオン杯優勝を経ることなく海外遠征に出発。帰国後、「スペース・ローン・ウルフ」なるギミックで売り出される。当時はリング登場時のコスチュームに宇宙飛行士のヘルメット(そのスタイルの初期のみ着用、というより頭に被らずに手に携えてリングインするという感じであった)、ブルゾンタイプのガウンに胸元に“610”(「ムトウ」の意)と書かれていた。所々ラメの入った青いロングタイツに白いリングシューズで真っ直ぐのふさふさした頭髪は『ジャニーズ系レスラー』であると、プロレス雑誌に書かれた。ちなみにテーマ音楽は「ファイナル・カウントダウン」で、リングに入場する際はロープ間を跨ぐようなことはせず、鉄棒の前転をするような形でトップロープ上を宙返りしリングインする派手なパフォーマンスをしていた。ところが、当時新日本はUWFとの抗争真っ最中であり、おおらかなアメリカンプロレスを身に付けた武藤はファンの支持を得られず失敗。とはいえ、早い時期から藤波辰巳とのシングルマッチを実現するなど特別な扱いを受けていた。

 


1990/8/16 闘魂三銃士 vs ベイダー/ビガロ/スローター 2/2  
1990/8/19 武藤敬司 蝶野正洋 vs Wayne Bloom Mike Enos 2/2  
1990/7/22
札幌
武藤敬司 蝶野正洋 vs ザ・ロード・ウォリアーズ(LOD) 2/2  
1990/7/1 武藤敬司 vs オーエン・ハート 2/2  
1990/5/24 武藤敬司 vs 長州力    
1990/4/28 武藤敬司 蝶野正洋 vs マサ斎藤 橋本真也    
       
1987/10/19
富士
武藤敬司 vs スティーブ・ウイリアムス    
1987/8/20 武藤敬司 アントニオ猪木 vs 長州力 藤波辰巳i 2/2  
1987/3/2 武藤敬司 vs ジェリー・グレイ    
1987 武藤敬司 vs コンガ・ザ・バーバリアン 2/2  
1986/11/3 武藤敬司 木村健吾 vs
アントニオ猪木 ケビン・フォン・エリック
2/2  
1986/10/13 武藤敬司 vs 藤波辰巳i 2/2  
  武藤敬司 TVデビュー戦    



武藤敬司 / グレート・ムタ テーマ
武藤敬司 Theme Champion At Heart 武藤敬司 Theme Hold Out 武藤敬司 Theme Hold Out 武藤敬司 Theme Outbreak
武藤敬司 Theme Triumph 武藤敬司 Theme nWo Triumph Great Muta Theme Great Muta Concerto Great Muta Theme MUTA 
Great Muta Theme MUTA 2006 Great Muta Theme Praise Bloom  Great Muta Theme Symbol Great Muta Theme Trans Magic
Kokushimuso Theme Kokushi Drama      



武藤敬司☆SHOW ゲスト:丸藤正道 1 武藤敬司☆SHOW ゲスト:丸藤正道 1 武藤敬司☆SHOW ゲスト:丸藤正道 1 武藤敬司☆SHOW ゲスト:丸藤正道 1
武藤敬司☆SHOW ゲスト:丸藤正道 1 武藤敬司☆SHOW ゲスト:丸藤正道 1    
武藤敬司選手、上から目線で爆笑俳優論 はなわin武藤祭 武藤敬司CM 1 グレートマカ 武藤敬司CM 2 セガ ゴールデンアックス2
武藤敬司&グレート・ムタの今昔 講演会TVニュース    
武藤敬司CM 3 サントリー ストロングゼロ 武藤敬司 トークショー レッスルキングダム 金曜たぶろっど 2007/11/23 武藤敬司もんぜつ愛エプ 熊田曜子
武藤敬司プロデュース 『焼肉 武藤道場 武藤敬司 デビュー25周年記念DVD-BOX 武藤インタビュー 1999 G1 武藤 蝶野 BVD CM
講演会 スポットCM 「OLヴィジュアル系」武藤敬司出演部分 武藤敬司 VS イジリー岡田 1 武藤敬司 VS イジリー岡田 2
グレート・ムタ TAJIRIミスト大全 グレートムタ 北斗晶に惚れられる History of 武藤敬司h Part 1 History of 武藤敬司h Part 2
Birth Of Muta      
 


 






Pacific Girls.COM Ad


バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad




 ↑ トップへ
 

inserted by FC2 system