本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販




 
yahooオークション クリックで簡単検索!
今、売れている
”永田裕志”関連商品は何?

永田裕志 おまとめ動画集



永田 裕志(1968/4/24 )
千葉県東金市出身。千葉県立成東高校、日本体育大学卒業。父は高校の校長兼野球部監督、妹(永田貴子)はネイルアーティストで米国で開催されるネイルトレードショーのWINBAで1999年入賞、2000年優勝の実績を持ち、兄の裕志、弟の克彦のコスチュームデザインも行う。実弟はシドニーオリンピックレスリング銀メダリストの永田克彦。新日本プロレスの試合でレスリングルールによる対戦もしている。ケンドー・カシンとはチームJAPANでユニットを組む等、特に仲がよい。カシンが大学院に合格した際には「東金デストロイヤー」なる覆面レスラーとして「祝福」に訪れた。


総合格闘技
2003/12/31 エメリヤーエンコ・ヒョードル
2001/12/31 ミルコ・クロコップ



青義軍、結成

2009/2/15、昨年脳内出血による体調不良で緊急欠場し実現できなかった後藤洋央紀と両国国技館で1年越しの対決。最後はバックドロップ・ホールドで後藤を沈めた。4/5には飯塚高史とチェーンデスマッチで対戦するがレフェリーストップで敗北。5/3、飯塚とドッグカラー・チェーンデスマッチで再戦し飯塚をK.O.勝ちに収めた。

8月に行われたG1 CLIMAXでは毎試合、ご当地の球団のユニフォームで入場した。また、最終日にはイチローが着ていたワールド・ベースボール・クラシックのユニフォームを着て、会場を盛り上げた。後に本人のブログでは本物だったと書き記されていた。

同年9月、平澤光秀、井上亘、スーパー・ストロング・マシンとともに青義軍を結成。12/5には中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するもボマイェで敗北を喫した。

TAJIRIとの抗争・和解

2010/1/4の東京ドームで行われたレッスルキングダムⅣで元横綱・曙と「ブルーマウテンズ」としてタッグを組み、TAJIRI・田中将斗組と対戦するも、曙もろともTAJIRIのグリーンミストを受け、最後は永田はTAJIRIのバズソーキックでピンフォール負けを喫してしまい、戦前の公約どおり地元の東金市で自ら銅像になる罰ゲームを受けることになった。
2010/1/30に後楽園ホールでは高橋裕二郎・内藤哲也のコンビ「NO LIMIT」とタッグを組み、TAJIRIとバットインテンションズのジャイアント・バーナード・カール・アンダーソン組による6人タッグマッチを行うも、裕次郎のチャンピオンベルトによる攻撃に激怒したことで試合中にチーム内で亀裂が発生、いがみ合いの末にNO LIMITは試合放棄し、直後にTAJIRIからグリーンミストを受けて反則勝ちになる。
翌日31日のディファ有明で青義軍の井上亘と共にTAJIRI・飯塚高史と対決、TAJIRIのグリーンミストに対抗して毒霧「ブルーミスト」をTAJIRIに使い、反則負けになるも屈辱を晴らす。
しかし、その後はTAJIRIのいないチームとの対決でも惜しみなくブルーミストを使うようになり、ファンの間からも正義を貫き通す姿のあり方を問われるようになってしまう。
そして、2/14にブルーミストを封印し、自らのストロングスタイルでTAJIRIとシングルマッチで対決、序盤と終盤で2度TAJIRIにグリーンミストを受けるも目の位置を変えることでこれを耐え抜き、腕折り以外で初めて白眼を向き仁王立ちをする「緑の大魔神」に変身。強烈な膝蹴りと投げっぱなしのバックドロップをお見舞いし、腕折りでギブアップ勝ちするも、セコンドの制止が入るまでの間、白目を向きながらゴングとレフェリーの制止を無視して腕折りを仕掛け続けていた。
その後はTAJIRIとの戦いが無く、8月8日のG1 CLIMAX XXのスペシャルタッグマッチで矢野通の椅子攻撃で右膝を負傷していたTAJIRIとタッグを組み、CHAOSの飯塚高史とCHAOS入りしたNO LIMIT高橋裕二郎のタッグと対戦。始めは2ヶ月近くの抗争を根に持っていたため、TAJIRIに対して冷たい態度を示していたが試合中の飯塚と裕次郎による執拗な右膝攻撃を受けているTAJIRIを見かねて手をさしのばすようになる。
結局、試合はTAJIRIが飯塚に捨て身のグリーンミスト攻撃で反則負けするも、TAJIRIは飯塚からアイアンフィンガーフロムヘルを奪い、序盤での猛攻撃に対し一矢報いようとするも裕次郎に妨害されてしまうも、直後に永田が裕次郎をブルーミストで撃沈させたことでグリーンミストとブルーミストの奇跡の競演を果たし、飯塚を羽交い絞めにしてTAJIRIのアイアンフィンガーフロムヘルによる飯塚への地獄突きに成功する。その後、2人で敬礼ポーズをとり、固く握手をして和解する。



ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


IWGPヘビー級王者への復帰

2007年3月、「NEW JAPAN CUP 2007」で優勝。4/13、大阪・大阪府立体育会館で行われたIWGPヘビー級選手権試合で王者棚橋弘至をバックドロップホールドで破り第46代IWGPヘビー級王者に返り咲いた。7/1にはDRAGON GATEに参戦神戸ワールド記念ホールにてタケちゃんマンのコスチュームで入場しストーカー市川と対戦。9/9、地元の千葉・東金アリーナで初の主催興業を行う。10/8、両国国技館で行われたIWGPヘビー級選手権試合で棚橋弘至の挑戦を受け、31分5秒ハイフライフローから片エビ固めで敗北、棚橋がIWGPヘビー級王者に返り咲いた。

2008/1/4、「IWGP3rdベルト」を賭けてカート・アングルと対戦するもアンクルロックにより敗退。

ZERO1世界ヘビー級王座載冠

2008/2/17、両国国技館で行われる予定の後藤洋央紀戦であったが、永田がウォーミングアップ中にめまいと左半身のしびれを訴え、リングドクターは脳梗塞の疑いがある判断。病院に搬送され試合は中止となった。精密検査の結果脳および頸椎に異常はなく、2008年2月27日会見を行い、病名は「高血圧から来る出血か、海綿状血管腫ではないか」と説明した。

5月からシリーズに復帰。10/13、田中将斗を破り、ZERO1世界ヘビー級王座を奪取。2009/2/27の大谷晋二郎に敗れるまで3度の防衛を果たした。


 2007/2008 
2007/10/8 永田 裕志 vs 棚橋弘至    
2007/9/24 永田 裕志 中西学 vs ジャイアント・バーナード トラビス・トムコ    
2007/4/13 永田 裕志 vs 棚橋弘至    
       




ヒール転向

2005年1月、マッチメイクに異を唱え、新日本離脱を示唆する発言をする。3月、フロントとの確執の末ヒール転向を宣言。BNJに合流せず、1人で戦うことになった。その後、中西学、ケンドー・カシン、藤田和之らとレスリング軍団「チームジャパン」を結成した。同年4/26、前田日明がヒョードル戦の内容に苦言を呈したのに対し「ニールセン戦が悪いんじゃないが、ヒョードル戦とはジャンルが違うだろ。胸に手を当てて考えろ。」と発言。

2005年10月、長州力が現場監督として新日本に復帰した際、蝶野正洋を中心とした反長州派が不満をぶつけるなか、中立を宣言する。長州に好意的な選手が少な過ぎるため、棚橋弘至と共に長州とタッグを組まされ、半ばうやむやな形で中西とともに本隊に戻っている。12/11、当時IWGPヘビー王者のブロック・レスナーと対戦し、敗北。

コミカル路線

2006年に入り、スポーツ新聞の取材時にバレンタインチョコをかじる、徳島での試合を控えて阿波踊りで挑発する、誕生日ケーキを食べながら指をしゃぶるといったコミカルなパフォーマンスを行なっていた。4月にはワールドプロレスリングで試合が放送される際、白目をむいて鬼気迫る表情をする姿に「鬼神」「キラー永田」とテロップが入った。5月の第2回NEW JAPAN CUPでは、決勝でジャイアント・バーナードに敗れ準優勝。中西がZERO1-MAXの大森隆男とタッグを組み、IWGPタッグに挑戦する話が出た際に、王者チームに返上させて自身と山本のタッグや他のタッグを加えてトーナメントを開催することを提案した。

2006年5月、個人事務所「ナガタロック」を設立し、8/4にリラクゼーションサロン「enishing」を開店した。6月には内外タイムスでコラム『永田裕志のセカンドバッグ』の連載を始める。9月、三冠王者になった鈴木みのるを見て「鈴木にベルトを獲られたんだから全日本のレスラーはB級レスラー」と発言したが、当の鈴木のブログで「B級と言っていいのは俺だけだ。永田はC級」とやりかえされる。



 2005/2006
2006/5/3 永田 裕志 飯塚高史 vs ジャイアント・バーナード トラビス・トムコ    
2006/3/19 永田 裕志 山本尚史 vs 蝶野正洋 天山広吉    
       
       
       
       

ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはTSUTAYA



IWGPヘビー級王座連続防衛記録樹立

2002/4/5、安田忠夫を破りIWGPヘビー級王座を奪取。以降、2003/5/2に高山善廣に敗退するまで、橋本真也の持っていた防衛回数9を更新する10度の防衛を果たした。

2003/11/30、ノア・北海道立総合体育センター(きたえーる)で棚橋と組んで、本田多聞&小橋建太を倒し、GHCタッグ王座奪取。12/31、「INOKI BOM-BA-YE 2003」でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、1分2秒左フックでTKO負け。

2004/6/12、全日本・愛知県体育館で、ケンドー・カシンと組んで、小島聡&カズ・ハヤシを倒し、世界タッグ奪取。3大メジャーのタッグを制覇したのはベイダー、高山善廣に続き3人目。


   2003/2004 
       
       
       
       
       

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


デビュー以前

1987年、千葉県立成東高等学校卒業後、日本体育大学に入学しレスリング部に所属。全日本学生選手権(1988年)および全日本大学グレコローマン選手権(1989年)で優勝を果たした。

1992年、全日本選手権優勝後、新日本プロレスに入門。同期には中西学、石澤常光(ケンドー・カシン)、大谷晋二郎らがいる。新日本に入門したのは馳浩の紹介。1992/9/14、山本広吉(現:天山広吉)戦でデビューを果たした。

初タイトル獲得まで

1995年、新日本プロレスとUWFインターナショナルとの対抗戦に出場。グレコローマンの下地を生かしたファイトで桜庭和志らと激闘を繰り広げた。

1997年から海外武者修行としてWCWに遠征。1998年に帰国。同年8/28、神宮球場で中西と組んで、後藤達俊&小原道由を破り、自身初のタイトルとなるIWGPタッグ王座を獲得した。

G1 CLIMAX優勝

2000年に中西、吉江豊、福田雅一と共にG-EGGSを結成、翌年まで活動。2000年3/2にはZERO-ONE旗揚げ戦へスポット参戦した。

2001年、「G1 CLIMAX」決勝戦で武藤敬司を破り「G1」初優勝。同年10/8には秋山準(プロレスリング・ノア)とタッグを組み武藤敬司&馳浩組に勝利した。また、この試合をきっかけに新日本内でのスターダムを駆け上がっていくことになる。この年の12月31日、総合格闘技初参戦となったINOKI BOM-BA-YE 2001でミルコ・クロコップと対戦。1R21秒左ハイキックを受け、レフェリーストップによるTKO負け。

2002/1/4の新日本東京ドーム大会で、前年10月にタッグを組んだノア・秋山の持つGHCヘビー級王座に挑戦するも敗れた。


 <2002
   
       
       
       
       
       
       
       
       
       




獲得タイトル

新日本プロレス

  • IWGPヘビー級王座:2回(第31代、46代)
    • 第31代王者に就いた際には当時最多防衛記録所持者橋本真也の9回を上回る10度の防衛に成功し、2010年4月現在誰にも破られたことはない。
  • IWGPタッグ王座(第39代、56代)
    • パートナーは中西学、井上亘

全日本プロレス

  • 世界タッグ王座(第50代)
    • パートナーはケンドー・カシン。

プロレスリング・ノア

  • GHCタッグ王座(第7代)
    • パートナーは棚橋弘至。

ZERO1-MAX

  • 世界ヘビー級王座(第2代)

 



入場テーマ曲

  • MISSION BLOW (かつてはリミックスバージョンもあった。)

敬礼ポーズ

敬礼ポーズは2000年頃から使われ始め、永田の代名詞と言ってもよい。ナガタロックに入る時、会場の隅々まで見渡してやるという思いから使用しだした(ザ・プレイステーションインタビューより)。実際に、敬礼をする際には「会場の一番隅を見ている」と語っている(百識王より)。敬礼する時の掛け声は本人曰く「ゼァッ!」。ちなみに、アントニオ猪木はこのポーズを嫌っているらしい。

著書

  • 『王者の挑戦―プロレス新時代のエースは俺だ』講談社、2003年。。
  • 『永田さんのかんがえたこと』エンターブレイン、2009年。金沢克彦との共著。

その他

  • 熱く激しい戦いを非常に好んでおり、これまで数々の名勝負を作り上げている。また、相手が伸び盛りの若手レスラーになると、徹底的に叩き潰す試合を展開することでも有名である。年齢も40代になってが、この姿勢は全く変わっておらず、業界でも貴重な存在と言われている。
  • 上記の理由から、新日本プロレスでの人気は非常に高く、どの会場でも必ず観客から大きな歓声で迎えられる。
  • 嶋大輔が会長を務める永田会という後援会が存在する。

 


  ↑ トップへ



 


 






Pacific Girls.COM Ad


バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad




 

inserted by FC2 system