本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販




 
yahooオークション クリックで簡単検索!
今、売れている
”中邑真輔”関連商品は何?

中邑真輔 おまとめ動画集



中邑 真輔(1980/2/24 )
総合格闘家。画家。京都府峰山町(現・京丹後市)出身。新日本プロレス所属。京都府立峰山高等学校、青山学院大学卒業。


タイトル

  • IWGPヘビー級王座(第34代、第48代、第53代。第34代獲得時に於ける23歳8か月での戴冠は史上最年少記録)
  • NWFヘビー級王座(第21代・獲得後、封印)
  • IWGP U-30無差別級王者(第2代・獲得後、封印→返上)
  • IWGPタッグ王座(パートナーは棚橋)

総合格闘技
アレクセイ・イグナショフ 2005/5/22
アレクセイ・イグナショフ 2003/12/31
シェーン・アイトナー    2003/9/13
ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ 2003/5/2
ダニエル・グレイシー 2002/12/31


CHAOS結成、三度目のIWGP王座

2009/4/5、真壁刀義とのシングルで対戦し、真壁と同ユニットG・B・Hに所属していた矢野通が真壁を椅子で殴打し、アシストを受ける形となった中邑が勝利を奪った。その後、G・B・Hを離脱した矢野らと共にCHAOSを結成。コスチュームも黒のロングタイツに変えた。CHAOSの他のメンバーのようなあからさまな反則やヒール行為などは行っていないが、ファイトスタイルが今まで以上に殺伐としたものになり、不気味さ、恐ろしさの観点から強さをかもしだすようになった。

2009年8月に行われたG1 CLIMAXでは全ての相手をボマイェ(顔面への膝蹴り)で白星を奪取し逸早く決勝トーナメントへ進出したものの決勝で真壁刀義に敗れ準優勝で終わる。翌日、準決勝で対戦した棚橋弘至が怪我により王座を返上。9月27日にG1で敗北した真壁とIWGPヘビー級王者決定戦にて再戦。これをボマイェで勝利を収め、第53代IWGPヘビー級王者に載冠。なお、その日は最年少で同王座を獲得したときのテーマ曲Moving Cityで入場した。

2009/10/12にZERO1の大谷晋二郎、11/8の棚橋弘至、12/5の永田裕志と防衛戦を行い、いずれもボマイェで防衛を重ねていった。

2010/1/4、高山善廣と6年振りに激突。激しい攻防の末、中邑がボマイェで勝利。さらに2/14では中西学と対戦。この試合で中西は荒鷲掴みという通称“ボマイェ返し”を開発してきたが、中邑も“ボマイェ返し返し”として荒鷲掴みをクリアし5度目の防衛に成功した。4月にはNEW JAPAN CUP優勝者の後藤を破り、6度目の防衛に成功する。

しかし、5/3の真壁刀義との対戦で敗れ、王座を奪われる。さらに、試合最中に真壁の雪崩式パワー・スラムを受けた際に、古傷である左肩を負傷してしまう(肩鎖関節損傷)。その後も2大会はケガをおして出場するが、ドクターストップがかかり、治療に専念するため、長期欠場となった。

その後6/19の復帰戦でダニエル・ピューダーと対戦しボマイェで勝利を収めた。 さらに、前チャンピオンのリマッチ権により真壁刀義にIWGP挑戦を表明した



ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはDMM
DMM.com CD&DVDレンタル

 2007/2008 
2008/10/13 中邑真輔 vs 武藤敬司    
2008/9/5 中邑真輔 後藤央洋紀 vs 真壁刀義 矢野通     
2008/4/27 中邑真輔 vs 武藤敬司    
2008/3/9 中邑真輔 ジャイアント・バーナード vs 真壁刀義 矢野通    
2008/2/17 中邑真輔 vs カート・アングル    
2008/1/4 中邑真輔 vs 棚橋弘至    




2005/1/4、棚橋を破ってIWGP U-30無差別級王座を奪取。3/26に全日本プロレスに流出したIWGPヘビー級王座に挑戦。対戦相手の小島聡の右腕を潰すと予告し、「負けたら丸坊主になる」とまで発言しこの一戦に望んだが時間切れ引き分けに終わり結局、両方とも実現することは無かった。

ヒールターン

2006/1/4、IWGPヘビー級王者ブロック・レスナーに挑戦したが、その圧倒的なパワーに屈し、10分もかからずに完敗を喫した。

2006年3月、会社は無期限の海外遠征に出すことを決意。この遠征は元IWGP王者の肩書が団体・対戦相手を制限するため、覆面レスラーとして行うと発表された。かつては海外遠征からの帰国後、王者となるのが日本プロレス界におけるレスラーの格上げの常套手段であったが、中邑の場合はこの手順を逆転させた稀な例である。遠征先では試合を一切行なわずに新日本ロス道場で汗を流し、9月24日に帰国の挨拶。

2006/10/9、蝶野正洋とタッグを組み、ベビーフェイスからヒールへの路線変更を図った。また、半年間の海外修行でビルドアップされた肉体に合わせ、コスチュームもロングタイツからショートタイツに変更。長州力、中西学組相手に凱旋試合を行い、新技ランドスライドで長州から3カウントを奪った。

同月に行われたG1 TAG LEAGUEでは蝶野とタッグを組んでエントリー。決勝トーナメントにてジャイアント・バーナード、トラヴィス・トムコ組を撃破し決勝戦で棚橋、金本浩二組の王者タッグと対戦。最後は金本をランドスライドで叩き付け優勝。試合後に蝶野、バーナード、トムコと共に蝶野政権を築くと宣言。

2006/12/10にライバル棚橋の持つIWGPヘビー級王座に挑戦するが、ドラゴン・スープレックスで敗れ王座返り咲きはならず。


2005/2006
2006/12/10 中邑真輔 vs 棚橋弘至    
2006/1/4 中邑真輔 vs ブロック・レスナー    
2005/5/14 中邑真輔 棚橋弘至 vs 中西学 ケンドー・カシン     
2005/3/26 中邑真輔 vs 小島聡     
       
       

ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはTSUTAYA



青山学院大学ではレスリング部と美術部に同時に在籍し、レスリング部で主将を務め活躍した。並行して和術慧舟會RJWでも1期生として練習を行っていた。画家としても展覧会に出展している。

2002年、新日本プロレスに入団(同期は山本尚史、田口隆祐、後藤洋央紀、長尾浩志)。同年8/29、日本武道館における安田忠夫戦でデビュー、セコンドには当時引退をして中邑を指導していた木戸修が付いた。レスリングでの実績とデビュー前に総合格闘技のトレーニングを行っていたことから、当時の新日本の格闘技路線の申し子として期待を受け、デビュー戦後はシリーズには帯同せずLA道場で総合格闘技のトレーニングを重ねるという新人としては異例の待遇を受けた。

2002/12/31、INOKI BOM-BA-YE 2002におけるダニエル・グレイシー戦で総合格闘技初参戦、2003/5/2には新日本「アルティメット・クラッシュ」でヤン・ノルキヤと対戦し総合格闘技初勝利を収めた。

2003/6/13、高山善廣が所有していたNWFヘビー級王座に挑戦。敗れはしたものの、高い評価を受ける。同年8月にはデビュー1年にも満たないキャリアながらG1 CLIMAXへ初出場を果たした。

最年少IWGP王者誕生・総合格闘技参戦

2003/12/9、大阪府立体育会館大会で天山広吉を破り、初挑戦にしてIWGPヘビー級王座を獲得。デビューから史上最速、最年少での王座獲得であった。同年大晦日のK-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!ではアレクセイ・イグナショフと対戦するが、イグナショフの膝蹴りを受けダウンし、すぐに立ち上がるもレフェリーの平直行が即座にTKOを宣告し敗北。中邑側は抗議を行い、審議の結果無効試合となった。2004/1/4、高山を破ってNWFヘビー級王座を奪取(その後封印)。2004/5/22、K-1 ROMANEXでイグナショフと再戦しギロチンチョークで勝利。

この頃から同じく次期エース候補である棚橋弘至、柴田勝頼と共に「新闘魂三銃士」と称されたが、2005年の柴田の退団によって団体の新三銃士構想は立ち消えとなった。

2004/11/3、大阪ドーム大会で中西学と組んで藤田和之、ケンドー・カシン組と対戦したがピンフォール負け。試合後にアントニオ猪木から鉄拳制裁を受けた。

2004/12/11に棚橋弘至と組み、IWGPタッグ王者決定戦にて佐々木健介、鈴木みのる組と対戦。棚橋が前日に左膝を負傷するアクシデントが見られたが、猛攻の意地で耐え抜き最後は棚橋が鈴木からドラゴン・スープレックス・ホールドでピンフォール勝ちを収め、第47代IWGPタッグ王座に就き、2005/10/30に陥落するまでに4度の防衛を果たした。


<2004
       
       
       
       
       

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


その他

今でこそ総合格闘技色の強いスタイルであるが、学生時代はインディーから女子プロレスまで追いかける生粋のプロレスマニアであった。LLPWの旗揚げ当時のメンバーを暗唱できるなど、知識も豊富である。2008年2月に放送されたFIGHTING TV サムライの『P-1選手権 第1回プロレスクイズ王決定戦』では新日本チームの一員として出場し(メンバーは他に海野宏之+週刊プロレス記者1名)、その豊富な知識量の一端を披露してチームの優勝に貢献した。

高校の先輩に野村克也がいる。

なおインタビューにおいて、ファン時代にスコーピオのファンサービスに感銘を受け、プロになった現在、彼のファンサービスの良さを目標にしていると語っている。

他にも、テレビにも度々出演しており、『恋するハニカミ!』(相手は「当時は年下」の夏川純)や『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』などのバラエティ番組、マクドナルドや資生堂unoのCMに出演した。






入場テーマ曲

  • Subconscious
  • Moving City(旧テーマ)

 


 


 


  ↑ トップへ







Pacific Girls.COM Ad


バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad




 

inserted by FC2 system