本文へスキップ
管理サイト
 YouTube / superatoys  FC2動画 / superatoys FC2 ブログ / superatoys 
サイト内検索

お勧め



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND
DMM.com 動画 アイドルチャンネル


































坂口 征二 おまとめ動画集

坂口 征二(1942/2/17)
日本の元プロレスラー、柔道家(五段)。福岡県久留米市出身。世界の荒鷲と呼ばれた。

長男は総合格闘家の坂口征夫、次男は俳優の坂口憲二。2005年にはホンダ・エアウェイブのCMで憲二と親子共演を果たしている。
元レフェリーのミスター高橋が自著の中でたびたび「日本人では坂口さんが最強」(猪木より強い)と書いて話題となった。ただし柔道選手時代から腰痛に悩んでいたと言われ、身体が柔軟性に欠ける面があり、プロレスラーとしての見せ場を作る技量は猪木にかなわなかった。
タイトル
  • UNヘビー級王座:2回
  • インターナショナル・タッグ王座:2回(w / ジャイアント馬場、大木金太郎)
  • アジアタッグ王座:1回(w / 吉村道明)
  • NWF北米ヘビー級王座:1回
  • WWF北米ヘビー級王座:1回
  • NWA北米タッグ王座:4回(w / アントニオ猪木、ストロング小林×2、長州力)
  • NWAポリネシアン・パシフィック・タッグ王座:1回(w / ラーズ・アンダーソン)
  • EWU世界スーパーヘビー級王座:1回(南アフリカでジャン・ウィルキンスから奪取)
2003年には、高山善廣との遺恨が発生し、13年ぶりに限定リング復帰。9/14に蝶野正洋と組んで高山&真壁伸也と対戦、10/13にも高山率いる真猪木軍との5対5イリミネーションマッチに出場した。両試合、セコンドには次男の坂口憲二がついた。
坂口道場
2005年10月には、自らが主宰する「坂口道場」をオープンさせ、後進の指導に当たっている。
長男・坂口征夫、次男・坂口憲二も柔道コーチとして在籍している。
2009/6/30をもって「坂口道場」狛江は閉鎖された。長男・坂口征夫の営む「坂口道場」横浜は引き続き営業している。
 1992/1993/1994
       
       
       
       
       



 1989/1990/1991
1989年、新日本プロレスの社長に就任し、社長業に専念するため1990年3月に現役を引退した。社長として、東京ドーム興行や「G1 CLIMAX」など数々のビッグイベントを成功させ、前社長のアントニオ猪木が作った借金を完済した。後に藤波辰爾に社長職を譲り会長に退いた。CEOを経て、現在は相談役を務めている。
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       



 1987/1988
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     



 1985/1986
 
1985/8/23
東村山
坂口征二vsアンドレ ザ ジャイアント    
1985/8/3
ハワイ
坂口征二対マット・ボーン    
1985/7/5
富士急
坂口征二vsブルーザー ブロディ    
       
       
       
       
       
       
       
       
       
     
       
       
 1983/1984 
 
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
     
       
       
 1981/1982 
 
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
 <1979/1980
1967年には旭化成を退職して日本プロレスに入団。入団記者会見は日本プロレス幹部も出席して行われた。プロレス入り後、すぐにアメリカ合衆国に武者修行の遠征を敢行、ロサンゼルス、ダラスといったNWAテリトリーのリングに立ち、「ビッグ・サカ」と呼ばれてメインを張る。遠征最終試合の相手はカール・ゴッチで、30分時間切れ引き分け。

武者修行からの凱旋帰国後はジャイアント馬場、アントニオ猪木に次ぐスターとなった。1971年には猪木とのコンビで第2回NWAタッグ・リーグ戦に優勝。その後、1971年12月の猪木追放に伴い、猪木の代役としてNWA世界ヘビー級王者ドリー・ファンク・ジュニアに挑戦、好勝負を残す。さらに猪木が保持していたUNヘビー級王座を1972年2月に奪取し、猪木に代わる馬場のパートナーとしてタッグチーム『東京タワーズ』を結成しインターナショナル・タッグ王座も獲得するが、ほどなくして馬場も離脱し、それ以降日本プロレスのエースとなった。インタータッグはいったん返上するが、1972年12月に大木金太郎とのコンビでジン・キニスキー&ボボ・ブラジルを破り再奪取。

1972年末頃より、NET(現在のテレビ朝日)の斡旋で日本プロレスと新日本プロレス(新日)の合併を画策するが、大木金太郎ら選手会の反対のために果たせず、1973年4月、猪木と全く対等の条件という約束で若手数名を連れて新日に入社した。NETは坂口合流を条件にTV中継を開始。TV放送がなく観客動員に苦しみ倒産も時間の問題と言われた新日を救った。ゴールデンタイムで放送され、猪木・坂口は黄金コンビと呼ばれ、全日本プロレスをしのぐ人気を誇るようになる。しかし猪木と対等という条件はいつの間にか反故にされ、大功労者の坂口は二番手として猪木をサポートする側に回るようになる。1974年8月、猪木とのコンビでクルト・フォン・ヘス&カール・フォン・ショッツに勝ち、北米タッグ王座を獲得。米国と日本で計4度目の挑戦での戴冠だった。その後この王座はストロング小林、長州力とパートナーを替えて保持する。特に小林とはパワーコンビとして多くの強豪チームを撃破した。しかし、1973年にNWF世界ヘビー級王者となっていた猪木とは明確な差がついていた。1976年と1977年には2年連続でワールドリーグ戦に優勝するが、いずれも猪木が欠場しており、強い印象は残していない。シングル王座を保持していなかったため、猪木と比べると名勝負といわれるものは少ないが、1975年のワールドリーグ戦メインイベントでの、大木との日プロ末期の因縁の絡んだ壮絶な喧嘩マッチは伝説となっている。1979年1月にジョニー・パワーズを破りNWF北米ヘビー級王座を獲得。新日合流後6年を経て漸くシングル王者となった。しかし、当時、日本プロレスでも後輩であった藤波辰巳が台頭しており、やや影が薄くなりつつあり、北米ヘビーにしても猪木のNWFに比べると挑戦者は明らかに見劣りした。この王座は同年9月にタイガー・ジェット・シンに敗れ失うが、直後の同年11月にはパット・パターソンの保持するWWF認定北米ヘビー級王座に挑戦して奪取する。その後、シンとの王座統一戦が噂されたが実現せず、WWF版の防衛を重ねた。このシングルとタッグの北米二冠も1981年4月にIWGP参戦のため返上。その後は時に存在感を示すこともあったが、概ね一歩退いたポジションに身を置くようになる。1985年のIWGP王座決定トーナメントで藤波に敗れ、名実共に二番手の座を譲り渡した。
  • しかしリング上とは異なり、「偉い順番から前に乗る」と言われた巡業バスで一番前に(猪木は少し離れて二番目に)乗る姿が目撃されており、当時リングアナウンサーだった田中秀和も、出演したラジオ番組や著書でそのことを認めている。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
     
         
         
         
         
 不明 - ご存知の連絡お願いします。
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         










楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編


楽天 売れ筋
No.1
食品編


  ページトップ
 
inserted by FC2 system