本文へスキップ
管理サイト
 YouTube / superatoys  FC2動画 / superatoys FC2 ブログ / superatoys 
サイト内検索

お勧め
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND
DMM.com 動画 アイドルチャンネル
楽天
楽天
楽天
楽天


UWF おまとめ動画集

U.W.F.Universal Wrestling Federation:ユニバーサル・レスリング・フェデレーション)
日本のプロレス団体の一つ。

格闘技路線のプロレスで人気を呼んだ。設立時期により第一次と第二次に分かれる。

当初は古代ギリシャのパンクラチオンの復興を目指して設立されたが、離合集散を繰り返し、第二次UWF崩壊以後は分派した団体間・個人間で誹謗・中傷が頻発した。これらUWFの思想から生まれた格闘技団体を総称してU系と呼ぶ。
新日へ復帰

UWF崩壊後、1985年末に前田日明、藤原喜明、木戸修、高田延彦、山崎一夫ら一部のレスラーは、業務提携という形で古巣である新日本に電撃復帰。前田は挨拶に立った新日本のリング上から「1年半UWFとしてやってきたことが何であるか確かめに来ました」と名言をはき、新日本勢との安易な融合を否定し、対決する道を選んだ。なお、崩壊以前から前田日明はジャイアント馬場より「全日本プロレスに来ないか。」と誘われたが、全日が欲しかったのは前田と高田延彦の二人だけだったので、他のレスラーの事も考え断っている(当時の全日には長州力らのジャパンプロレスやラッシャー木村らの旧国際プロレス勢も上がっており、UWF全員を受け入れる余力はなかった)。

年が明けて、新日本からの要求により猪木への挑戦権をかけたUWF選手内でのリーグ戦が行なわれる。最終的に前田と藤原が争い、最後は前田のスリーパーホールドで藤原が口から泡を吐いて失神したかに見えたが、藤原も同時に前田の足をレッグロックに捕えており、勝ち残ったのは前田からギブアップを奪った藤原だった。これを受けて2/6、両国国技館の猪木対藤原戦で藤原が敗れた後にリングに乱入した前田が猪木の顎にはなった容赦のないハイキックを入れて猪木がダウン。その際猪木が、反則のナックル(後に肘打ちだったことがわかる)を顎に入れた末に藤原をスリーパーホールドで失神させたことに激昂した前田は「猪木だったら何をやってもいいのか!?」と異議を唱えた。これを経て、ついに新日本とUWFの戦いが始まる。彼らはUWFスタイルを捨てることはなく新日本勢に真っ向からイデオロギー対決を挑み、二つの異なるスタイルが対決するスリリングな展開(実際は新日勢はロープの反動を利用しないUWFスタイルでの戦いを強いられることになった)は、初代タイガーマスクの引退と長州力率いる維新軍の大量離脱、ストロングマシーン軍団の登場による迷走等によりかつての勢いを失いかけていた新日本の戦い模様に再び火をつけ、ファンも出戻り組のUWFを大いに歓迎した。

その中で今も語り継がれる名勝負・名シーンも数多く生み出されており、3/26東京体育館での新日本対UWFの5対5イリミネーション・マッチが行われた。4/29津市体育館での前田対アンドレ・ザ・ジャイアントのシュート・マッチは先鋭化する一方の前田を潰すために新日本が画策。この試合はテレビ収録されたにもかかわらず、あまりに異質な試合になったためお蔵入りとなった。前田は「やっちゃっていいんですか」と何度もセコンドに確認を入れ、結果的にアンドレを戦意喪失に追い込んでいる。10/9両国国技館での2大異種格闘技戦で行なわれた前田対ドン・中矢・ニールセン戦での劇的勝利で前田は猪木に代わり「新・格闘王」という称号を得る。高田延彦と元全日の越中詩郎のIWGPジュニアヘビー級王座を巡る対決を中心としたジュニア戦線の充実(第2期ジュニア黄金時代)なども大きな話題となった。

この中でも特筆される戦いとしては1986/6/12大阪城ホールで行なわれたIWGP公式リーグ戦、前田対藤波辰巳によるシングルマッチが挙げられる。前田は序盤から容赦ないキックを顔面や胸板に浴びせ藤波を圧倒するも、藤波はすかす事無く真っ向から受け、さらにコーナーの藤波に対して放った縦回転の大車輪キック(今でいう浴びせ蹴り)により額を切り大流血、最後は自らロープに飛ぶというUWF勢としては異例の行動を取る。前田の放ったフライング・ニールキックと藤波のジャンピング・ハイキックが空中で交差し、両者後頭部から落ちてのダブルKOという壮絶な結末になった。この対決後、前田は「無人島と思っていたら、そこに仲間がいた」と語り、上辺ではUWF勢と新日本の雪解けを予感させた。

その後1987年になって全日本に転出していた長州らジャパンプロレス勢が新日本に電撃復帰。この頃から徐々にUWF勢は閑職化していき、6/12両国国技館でのIWGPリーグ戦決勝・猪木VSマサ斎藤戦にて猪木が4連覇を達成した後、いつまで立ってもリング上が猪木世代に支配されていることに苛立った長州が「前田、おまえは噛み付かないのか?!今しかないぞ、俺たちがやるのは!」とリング上から藤波、前田を巻き込むように世代闘争をアピール。これに前田が「世代闘争でもなんでもな、誰が一番強いか決まるまでやればいいんだよ、決まるまで!」と呼応したことで、猪木・マサ斎藤ら旧世代軍と長州・藤波・前田を中心とする新世代軍の戦いが始まるにつけ、UWFの存在意義は形骸化してしまう。

そしてこの戦いの発起人である長州が「俺はフライングするぞ」の一言で旧世軍との戦いの終結を早々に一方的に宣言したことと、マサ斎藤が猪木との共闘を嫌い再び戦うことを選んだため、ジャパン勢(長州)とUWF勢(前田)の間で確執ができ、ついに11/19後楽園ホールの維新軍対UWFの6人タッグマッチにおいて、前田日明が長州力を防御の出来ない背後から顔面をモロに蹴るという俗に言う「前田顔面蹴撃事件」を起こした。長州は右前頭洞底骨折の全治1か月の重傷を負い、プロレスにおける暗黙のルールである「故意に相手に怪我をさせるような攻撃はしてはならない」という禁を破った前田はその行為を内外から問題視され、無期限出場停止処分となった。その解除条件としてメキシコ遠征を言い渡されるものの、これを拒否。1988/2/1付けで新日本から解雇通達を受ける。

 1991>
 
  木戸修 vs ドン荒川    
  木戸修 vsウルティモ・ドラゴン    
  木戸修 vs 栗栖正伸  2/2  
 2006/4/19
後楽園ホール
BIG Mouth
藤原喜明 鈴木みのる vs 佐々木健介 村上和成
1/2
2/2  
2005/9/11
後楽園ホール
BIG Mouth
藤原喜明 vs 木戸修  2/2  
2001 藤原喜明 vs 小川直也    
  藤原喜明 vs ドン・フライ    
  山崎一夫 vs 斎藤彰俊     
  木戸修引退セレモニー  2/2  
横浜  木戸修 長州力 vs 藤波辰巳 木村健吾 2/2  
  木戸修 藤波辰巳i vs 長州力 木村健吾    
  木戸修 平田 vs 飯塚 藤田    
1999/7/21 木戸修 福田 vs 飯塚 吉江 2/2  
1999/7/20 木戸修 vs 福田     
1997/7/6
札幌中島体育センター
山崎一夫 vs 小川直也    
1996/2/8 山崎一夫 木戸修 vs 武藤敬司 佐々木健介     
1995/5/3 高田延彦 vs 橋本真也 2/2  
1994/9/26
神戸
木戸修 vs グレート・ムタ    
1994 木戸修 スコット・ノートン vs ヘル・レイザイーズ    
1994/4/7 藤原喜明 長州力 vs グレート・ムタ 馳浩    
1992/10/4
東京ドーム
藤原喜明 vs ツタハゼ・ザオール    
  藤原喜明 vs 長州力    



 1989/1990/1991
 
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       



 1987/1988 
 
1987/8/20  前田日明 vsSSマシン 1/3  2/3 3/3
1987/3/20
後楽園ホール
前田日明 高田延彦 vs 越中詩郎 武藤敬司 1/3  2/3 3/3
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       



 1985/1986
 
 
  NJPW vs UWF イリミネーション 2/6 3/6 4/6
5/6 6/6  
  NJPW vs UWF イリミネーション2 2/8 3/8 4/8
5/8 6/8 7/8 8/8
1986/12/11
両国国技館
前田日明 木戸修 vs ディック・マードック マスクド・スーパースター      
1986/11/24
札幌中島体育センター
前田日明 vs坂口征二      
  前田日明 木戸修 vs ジミー・スヌーカ ワイルド・サモアン 1/2 2/2    
1986/11/14
後楽園ホール
前田日明 木戸修 vs ディック・マードック マスクド・スーパースター 1/2 2/2    
1986/11/3
後楽園ホール 
高田延彦 木戸修 vs 越中詩郎 橋本真也 1/2  2/2    
1986/10/9
両国国技館
前田日明 vs ドン・中矢・ニールセン
1/3
2/3 3/3  
  前田日明 対 ドン・中矢・ニールセン~異種格闘技戦 3      
1986/8/5  高田延彦 vs 越中詩郎 1/3  2/3  3/3  
1986/6/17
愛知県体育館
高田延彦 vs ザ・コブラ 1/3  2/3  3/3  
1986/6/12
大阪府立
体育会館
前田日明 vs 藤波辰巳i 1/3 2/3 3/3  
1986/6/12
大阪府立
体育会館
藤原喜明 vs アントニオ猪木 1/2   2/2    
1986/6/6
札幌中島体育
センター
前田日明 vs 上田馬之助      
1986/4/29
津市
前田日明 vs アンドレ・ザ・ジャイアント      
1986/4/25
熊本
前田日明 vs ディック・マードック 1/2 2/2     
1986/3/21
岐阜
前田日明 藤原喜明 vs アントニオ猪木 上田馬之助 1/2  2/2    
1986/2/21
鎌ヶ谷
前田日明 vs Rikibatsusan 1/2 2/2    
1986/2/6 藤原喜明 vs アントニオ猪木 1/3 2/3 3/3  
1986/2/5
大阪
前田日明vs藤原喜明 1/2  2/2     
1986/2/5
大阪
高田延彦 木戸修 vs アントニオ猪木 山田恵一 1/2  2/2    
1986/1/31
古河 
前田日明vs木戸修 1/2  2/2     
1986/1/10
船橋
前田日明対藤原嘉明 1/2  2/2    
1985/12/6 前田日明・UWF軍団・新日復帰       
 1983/1984 
 
1984/5/4 高田延彦 vs ブレット・ハート 1/2  2/2
1984/4/18
大垣
藤原喜明 木村健吾 vs 長州力 アニマル浜口  
1984/2/7
蔵前国技館
藤原喜明 vs アニマル浜口   
1984/2/3
札幌中島体育
センター
前田日明 アントニオ猪木 vs ハルク・ホーガン アイアン・マイクシャープ
1/2
2/2
1983/11/18
後楽園ホール
前田日明 藤波辰巳i vs アンドレ・ザ・ジャイアント スウェード・ハンセン  
1983/11/3
蔵前国技館
前田日明 vs 長州力 1/2  2/2
1983/5/30
千葉
前田日明 vs ハルク・ホーガン  
1983/5/13
大宮
前田日明 vs アンドレ・ザ・ジャイアント  
1983/4/21
蔵前国技館
前田日明 vs プポール・オンドーフ  
     
     
     
     
     
 1981/1982 
 
イギリス クイック・キック・リー (前田日明) vs Giant Haystacks    
1982/7/27
イギリス
クイック・キック・リー (前田日明) vs Skull Murphy
1/2
 2/2  
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
 <1979/1980
 
1979/5/25 木戸修 永源遙n vs アンドレ・ザ・ジャイアント       
1975/12/7
仮屋
 藤原喜明 vs 木村健吾 2/2    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
     
         
         
         
         
 不明 - ご存知の連絡お願いします。
  前田日明 vs ケリーー・フォン・エリック    
  前田日明 木戸修 vs ディック・マードック マスクド・スーパースター    
  前田日明 藤原喜明 vs 木村健吾 上田馬之助    
  高田延彦 山崎一夫 vs 越中詩郎 山田恵一 1/3  2/3 3/3 
  安生洋一 vs 中野龍彦    
  高田延彦 山崎一夫 vs 越中詩郎 後藤達俊    
  山崎一夫 vs 保永昇男    
  安生洋一 中野龍雄 vs 佐々木健介 松田納    
  藤原喜明 木戸修 高田延彦 vs 長州力 SSマシン 小林邦明    
  安生洋一 中野龍雄 vs 後藤達俊 船木誠勝    
  藤原喜明 vs ドン荒川    
       
       



   
 前田激怒!!!  The Outsider 2 7/19/2008  前田日明・所英男 in 所曼遊記  前田日明・所英男 in 所曼遊記
 前田日明、金子賢に激怒!  キレた前田 坂田フルボッコ  前田日明が芸人に激怒!  前田日明 民主党からの参院選出馬辞退
 オーラの泉 2006/9/13 1  オーラの泉 2006/9/13 2  オーラの泉 2006/9/13 3  オーラの泉 2006/9/13 4
 オーラの泉 2006/9/13 5  バックステージに前田  前田日明 CM  サントリー WEST
 PRIDEざまぁ  桜庭 hero's  出馬辞退の前田日明さん、会見をドタキャン  前田日明 ビッグマウスラウド
 
 前田日明×横山やすし  斉藤さんちのお客さま 前田日明 1  斉藤さんちのお客さま 前田日明 2  斉藤さんちのお客さま 前田日明 3
 前田日明  ~UWF伝説~ 1  前田日明  ~UWF伝説~ 2  前田日明 CM 格闘珈琲サントリーウエスト  前田日明、岡崎友紀 民主党が来夏参院選候補者発表
 
 旅姿6人衆 featuring UWF  Bruce Lee アジアの肉体 Bruce Lee アジアの肉体 1  Bruce Lee アジアの肉体 Bruce Lee アジアの肉体 2  Bruce Lee アジアの肉体 Bruce Lee アジアの肉体 3
 Bruce Lee アジアの肉体 Bruce Lee アジアの肉体 4  Bruce Lee アジアの肉体 Bruce Lee アジアの肉体 5  Bruce Lee アジアの肉体 Bruce Lee アジアの肉体 6  Bruce Lee アジアの肉体 Bruce Lee アジアの肉体 7
 リングの魂 前田日明デート企画 1  リングの魂 前田日明デート企画 2  リングの魂 前田日明デート企画 3
リングの魂 格闘王・最終章 1 リングの魂 格闘王・最終章 2 リングの魂 格闘王・最終章 3
 
 Camel - Captured - Live  キャプチュード 新日版  UWFのテーマ  山崎一夫引退
 
 猪木、木戸修の移籍を批判  木戸、引退を語る  木戸、引退を語る
 KAT TUN TV 1  KAT TUN TV 2  KAT TUN TV 3
 高田伸彦 CM  高田伸彦 CM






  ページトップ
 
inserted by FC2 system