本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め



DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND





DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 



































18禁サイト

2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販




 
yahooオークション ヤフオククリックで簡単検索!
今、売れている
”新日本プロレス”関連商品は何?

ビックバン・ベイダー / クラッシャー・バンバン・ビガロ /
スコット・ノートン
おまとめ動画集



レオン・ホワイトLeon White、1955/5/14 - )
カリフォルニア州ロサンゼルス出身。デビュー以来数々のリングネームを名乗っているが、ビッグバン・ベイダーベイダーの名前で最も知られている。

日本で活躍した外国人選手の一人で、三冠ヘビー級王座とIWGPヘビー級王座の両タイトルを獲得した最初のレスラーで、なおかつ唯一の外国人レスラーでもある。また世界タッグ王座、IWGPタッグ王座、GHCタッグ王座の3大タッグ王座を獲得した最初のレスラーでもある。 息子のジェシー・ホワイトもプロレスラー。

来歴

学生時代から全米オールスターのアメリカンフットボール選手として鳴らし、ジャパンボウルで来日。コロラド大学卒業後の1978年、NFLのロサンゼルズ・ラムズにドラフト3位で入団。1980年1月にはスーパーボウルにも出場した(対戦相手は当時最強のスティーラーズ)。ゆえに、本人の右手薬指には常に、その証となるスーパーボウルリングがはめられている。

膝の怪我で引退後、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンマイク・ウィーバーのスパーリングパートナーなどをしていたが、1985年にプロレス入りしベイビー・ブル (Baby Bull) のリングネームでAWAからデビュー。ブル・パワーのリングネームでヨーロッパCWAに転戦、オットー・ワンツを破りCWA世界ヘビー級王座を獲得。

その後マサ斎藤にスカウトされ、1987年12月にTPG(たけしプロレス軍団)の刺客、ビッグバン・ベイダーとして新日本プロレスに登場。アントニオ猪木対長州力のIWGPヘビー級王座選手権が予定されていたところに TPG が割り込んだため観衆の不満が爆発し、最終的に暴動にまでなるが、ベイダー自身はその騒ぎの中、猪木から3分弱でフォールを奪う(混乱の末に猪木があっけなく負けたことが観衆の怒りに拍車をかけ、新日本はこの件で会場の両国国技館を管理する日本相撲協会から国技館の使用停止処分を受けている)。

翌1988年から新日本の常連外人として定着、IWGPヘビー級王座、IWGPタッグ王座を獲得したほか、1991年より並行して当時新日本と提携していたWCWにも登場。WCW世界ヘビー級王座を獲得している。

1993年5月、UWFインターナショナルに移籍。スーパー・ベイダーに改名し、1994年8月には高田延彦を破ってプロレスリング世界ヘビー級ベルトを奪取した。

1996年1月に新日本プロレスに参戦し、正月恒例の東京ドーム大会でアントニオ猪木と対戦するも敗北。翌2月には WWFに移籍。1997年9月には、ケン・シャムロックとの試合貸し出しの形でFMW川崎球場大会に参戦。1998年5月、全日本プロレスに初登場する(リングネームは「ベイダー」を使用)。そしてWWFとの契約解除後の同年11月より本格的に全日本プロレスに参戦。年末恒例の世界最強タッグ決定リーグ戦にも出場し、準優勝(パートナーはスタン・ハンセン、公式戦は全勝)。1999年3月、ジャイアント馬場没後初の三冠戦(王座決定戦)で田上明を破り三冠ヘビー級王座を獲得、4月にはチャンピオン・カーニバル優勝。5月の東京ドーム大会(馬場の追悼興行)で三沢光晴に敗れて三冠王座を陥落したものの10月に奪還。2000年2月にはスティーブ・ウィリアムスとコンビ結成し世界タッグ王座を奪取。

全日本プロレス分裂後の2000年10月からは、外国人勢では珍しくプロレスリング・ノアに参加。2001年10月にはスコーピオと組んで初代GHCタッグ王座を獲得。ノア離脱後はWJプロレスを経て、ハッスル、全日本プロレス、MAKEHEN、WWE、「レッスルランド」に登場。なお、新日本プロレス離脱後、日本国内では「スーパー・ベイダー」「ビッグ・ベイダー」、海外では「Vader」などとリングネームを変更した上、マスクやリングコスチュームも違うデザインのものを使用していたが、2005年頃から再びビッグバン・ベイダーのリングネームを使用している。

2008年現在はコロラドでプロレスリングスクールの準備やプロレス以外のビジネスなど幅広く活動している。

2009年2月に元WWEのテストとともに来日し、ベイダータイム1, 2を開催。7月にはトレバー・マードック、ヘイリー・ヘイトレッド、ランス・ケイドらを伴い、ベイダータイム3, 4を開催した。

2010年4月29日、ベイダータイム5において、自らの復帰戦を息子ジェシー・ホワイトの日本デビュー戦とともに開催し、往年のライバル藤波と18年ぶりに対戦した。

リングネーム

現在、過去に用いたことがあるリングネーム(2008年時点)。

  • ベイビー・ブル (Baby Bull)
  • ブル・パワー (Bull Power)
  • ビッグバン・ベイダー (Big Van Vader)
  • ビッグ・ベイダー (Big Vader)
  • スーパー・ベイダー (Super Vader) - 新日本プロレス離脱後、UWFインターナショナル登場時のリングネーム。元の「ビッグバン・ベイダー」が権利問題で使用できなかったための改名。
  • ベイダー (Vader)


       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

入場曲

  • Eyes of the world(rainbow)
  • Mastadon
  • Vader Time

コスチューム

新日本プロレス在籍時、甲冑姿でリングインののちこれをリング中央に置き、両手を広げて、「ベイダー!」の叫びと共にスモークが吹き出すギミック。この甲冑の制作費は5万ドル(当時のレートだと日本円で700万円)だったとのこと。

一応覆面レスラーではあるが、気合いが入ってくると覆面を脱いでしまい時には試合前から脱いでしまったこともあった。

その他

  • 猪木引退における「ファイナル・カウントダウン」でシングル対決した際、試合中猪木に「ガンバッテー!ガンバッテェー!」と叫びながらベイダーハンマーで殴り続けるという異様な一幕がみられた。
  • 映画「北斗の拳」(実写版)に出演している。
  • コスチュームをあまり洗濯せず、対戦相手にとっては匂いも厄介な武器になる。三沢光晴は、「あいつのタイツは、剣道の籠手だよ」と語っている。
  • 新日本プロレス登場当初、山本小鉄には「インベーダー」と、テレビ朝日のアナウンサーには「ビッグ・バンベイダー」と間違って呼ばれたことがあった。
  • 左上腕に赤黒い傷が見えるが、猪木戦で凶器を取り上げられた時に負った傷である。
  • 日本においてソニーのCDラジカセのCMに出演したことがあり、それを自分の子供たちが誇りに思ってくれたとのこと。
  • 自身のベストバウトに1990/2/10のスタン・ハンセンとのIWGP戦を挙げている。
  • ファイトスタイルは、「アメリカでやるより日本の方が向いてる」と語っている。
  • 息子のジェシー・ホワイトもプロレスラー。

       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


バンバン・ビガロBam Bam Bigelow
スコット・ビガローScott Charles Bigelow、1961/9/1 - 2007/1/19)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ニュージャージー州アッシュブリー出身。

来歴

プロレスラー養成所のモンスター・ファクトリーを経て、1985年12月に「クラッシャー・ユーコフCrusher Yurkof)」のリングネームでデビュー。1987年1月、アントニオ猪木の新たなライバルとして新日本プロレスに初来日。当初はモンスター・ファクトリーの主宰者である元プロレスラーのラリー・シャープをマネージャーとして帯同していた。

スキンヘッドに刺青を入れ、炎をあしらった全身コスチュームで人気を集め、大柄な体型の割りに軽快な身のこなしで側転をするパフォーマンスで「動けるデブ」としてファンに認知された。ニックネームは「刺青獣」、アメリカでは「Beast from the East」と呼ばれた。

新日マット参戦中はクラッシャー・バンバン・ビガロのリングネームでビッグバン・ベイダーとタッグを組んで1992年3月にIWGPタッグ王座を獲得するなど活躍したが、次第に引き立て役にまわった。その後、日本では全日本プロレス、WAR、FMW、アメリカではWWF(現・WWE)、ECW、WCWにも参戦した。

1987年のWWF初参戦時はベビーフェイスとしてハルク・ホーガンのタッグパートナーも務めている。1993年からの再登場の際は本来のヒールに戻り、テッド・デビアス率いるミリオンダラー・コーポレーションの主力としてブレット・ハートやジ・アンダーテイカーと対戦。ECWではタズとの抗争、WCWでは同郷のダイヤモンド・ダラス・ペイジらとのユニット「Jersey Triad」などで活躍した。

1996/11/17、U-JAPANのメインイベントでキモと総合格闘技ルールで対戦。「入れ墨対決」として話題を呼ぶが、ルールの違いなどもあり、本領発揮出来ずに敗れた(開始2分15秒、チョークスリーパーで一本負け)。

2000年7月に、火事に巻き込まれた近所の子供を大火傷を負いながらも助けた。その後遺症もあり40代を過ぎてからセミリタイア状態となり、弁当屋経営などに携わっていたが、2005年にバイク事故を起こし同乗の女性が意識不明の重体になるアクシデントに見舞われた。

2007年1月19日に、フロリダの自宅で45歳で死去。死因は公表されていないが、薬物の大量摂取による副作用と見られている(CNNなどより)。





       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはTSUTAYA



エピソード

  • 非常にプロレスが上手い選手として知られ、大して技術のない相手でもそれなりの試合を作り上げる実力があった。新日本においても北尾光司のデビュー戦、ソ連レスリング軍団の初戦の相手(vsサルマン・ハシミコフ)やトニー・ホームのプロレス転向初戦も務めている。WWFでもレッスルマニアXIのメインイベントで元NFLのスーパースター、ローレンス・テイラーを相手に試合を行う。本人も「俺はほうき相手でもプロレスができる」と豪語している。これはかつてミュージカルスターのフレッド・アステアが「帽子掛けとでも踊れる」と言われていたジョークのパロディと推測される。
  • WWFに参戦する際、参戦期間を3年と宣言した。同時に、WWF契約満了後にまた新日本に参戦したい旨を坂口征二に申し出たところ、2年契約をすると約束されたことを公表した。しかし、3年後にWWFを離脱した際には、事情は不明だが新日本への再来日は実現せず、WARに参戦することとなった。
  • ポール・ヘイマンは学生時代からの友人である。
  • 低予算の刑事アクションシリーズ「コブラキラー」の三作目に、実に情けない死に方をする役で登場した。
  • 『とんねるずのみなさんのおかげです』のコーナードラマ「仮面ノリダーV2」に「バンバンビガロ大佐」として出演。出演は第1話のみだが、主題歌にも敵組織「ゲロジョッカー」と並び名前が登場している。
  • 2000年7月、火事に巻き込まれた近所の子供を大火傷を負いながらも助けた。
  • プロレス入り前は、懸賞のかかった指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎを仕事としていた事があり、メキシコでは銃撃戦に巻き込まれ6ヵ月服役。
  • 80年から82年まで、ジョージア州でアームレスリング王者となる。

獲得タイトル

新日本プロレス
  • IWGPタッグ王座 : 第18代王者(w / ビッグバン・ベイダー)
WCW
  • WCW世界タッグ王座 : 2回(w / ダイヤモンド・ダラス・ペイジ)
  • WCWハードコア王座
ECW
  • ECW世界ヘビー級王座
  • ECW・TV王座
WAR
  • WAR認定世界6人タッグ王座

 
       
       
       
       
       
       
       

DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


スコット・ノートンScott Michael Norton、1961/6/15 - )
ミネソタ州ミネアポリス出身。超竜の異名を持つ。主に新日本プロレスで活躍し、WCWにも参戦した。

平成に入ってからの日本マットでもっとも活躍した外国人レスラーの1人であり、新日本プロレスではIWGPヘビー級王座を2度獲得している。同王座の戴冠は外国人としては3人目であった。ロード・ウォリアー・ホークは高校時代の同窓生で、エディー・シャーキーのジムでも同期であった。

マイクパフォーマンスをそれほど得意としていなかったため、どちらかといえば本国アメリカでよりも、日本で人気の高かったプロレスラーの一人である。

来歴

少年時代からアームレスリングに熱中し、世界大会優勝、全米選手権3度優勝という輝かしい成績を残した。小さな大会等を合わせると、実に30もの大会を制覇してきたという。閃光のように素早く相手を片付けるところから「フラッシュ」の異名を取り、1987年にはシルベスター・スタローン主演の映画『オーバー・ザ・トップ』にも出演。その後、友人であるロード・ウォリアー・ホークに勧誘され、レイガンズ道場にてプロレスのトレーニングを始める。ブラッド・レイガンズやバーン・ガニアから手解きを受け、マサ斎藤からもレスリングを教わった。

1989年にAWAにてプロレスラーとしてデビュー。翌1990年に初来日。アームレスリングの活躍や映画出演などの話題性で来日前から注目度は高かった。入場曲は出演映画のテーマソングを使用した。日本初試合では、馳浩、佐々木健介のダブル攻撃を食らっても倒れず、長州力のラリアットを何度食らってもすぐにケロっと立ち上がるタフさを見せ、観客を沸かすと共に勝利も手にした。

その後も新日本に継続参戦し、トップ外人に登りつめる。1992年にはトニー・ホームと組んでIWGPタッグ王座を獲得(第20代)、翌年にもヘラクレス・ヘルナンデスとの「ジュラシック・パワーズ」で同王座に輝いている。新日本のレスラーはいつしかノートン越えがトップレスラーの証だといわれるようになった。ニックネームの「超竜」は週刊ゴングの金澤克彦が命名。初来日以前は、怪豪と呼ばれていた。

1996年よりWCWに登場し、nWoのBチームに所属。1998年には蝶野正洋が負傷で返上したIWGPヘビー級王座の王者決定戦で永田裕志を倒し、その第23代王者となった。外国人としては、ベイダー、サルマン・ハシミコフに次いで3人目の戴冠であった。2001年にも佐々木健介を破り第28代王者に返り咲いたが、直後に藤田和之に敗れてタイトルを失った。

2004年10月からはブラックニュージャパンの一員となり、2006年3月の新日本参戦で通算100回目の来日を果たした。同年12月にはUWAI STATIONの旗揚げ戦に出場し、2007年11月にはハッスルのハッスル・マニア2007に参戦。川田利明が対戦を拒否したケロロ軍曹と試合を行い、パワースラムでフォール勝ちした。近年は体力的な問題から来日回数は減少しているが、アメリカでワイルド・ウエスト・チャンピオンシップ・レスリング(WWCW)というインディ団体を立ち上げるなどプロモーターとしての活動も行っている。

2008年10月にプロレス・エキスポに参戦。

入場テーマ曲

  • 映画『オーバー・ザ・トップ』のテーマ曲
  • サミー・ヘイガー(Sammy Hagar)の『Winner Takes It All』

獲得タイトル

新日本プロレス
  • IWGPヘビー級王座 : 2回
  • IWGPタッグ王座 : 2回(w / トニー・ホーム、ヘラクレス・ヘルナンデス)
  • G1 TAG LEAGUE(SGタッグリーグ) : 1996年優勝(w / 橋本真也)、1999年優勝(w / 武藤敬司)
  • 2003年度新日本プロレス外国人No1受賞
PNW(Pacific Northwest Wrestling)
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:1回(1990年5月にオレゴン州ポートランドでブライアン・アダムスから奪取)

エピソード

  • ミネアポリスおよびセントポール出身のレスラーは多いが、女子プロレスラーのメデューサとは仲が悪いらしい]。新日本プロレス側からの指示には一度たりとも逆らったことがないのが誇りだとコメントしたことがある。
  • 原田芳雄と共にサントリーのビール「シャウト」のCMに出演した。

 
       
       
       
       
       
       
       
       



 
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
 








 


 






Pacific Girls.COM Ad


バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad




 ↑ トップへ
 

inserted by FC2 system