本文へスキップ
サイト内検索




DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND



DMM.com 動画 アイドルチャンネル


 


2candys.com 広告


バイアグラ・レビトラ・シリアス 広告


アダルト動画、DVD通販などの総合サイト


大人のおもちゃ通販


大人のおもちゃ通販


 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別
ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club


プロレスレンタル、借りるなら


クリックで簡単検索!
ヤフオクで今、売れている
プロレス商品は何?

yahooオークション

プロレス/格闘技グッズが充実!
バックドロップ


プロレス/格闘技グッズが充実!
マシュマロモンスター


楽天 プロレス関連商品
AMAZON

プロレス/格闘技グッズが充実!
バトルロイヤル


JDスター女子プロレス おまとめ動画集

 



JDスター女子プロレス
JDスター女子プロレスは、1996年に設立されたプロレス団体の1つで、
以前の団体名は吉本女子プロレスJd’。
団体名はジャンヌ・ダルクの頭文字の『J』と『D』からとられている。
2007/7/16を最後に活動を休止した。

歴史

旗揚げまでの経緯

吉本興業が中国進出を計画した際、言葉の壁から、今までの芸人による興行形態では進出は難しいと判断し、言葉を必要としないスポーツからアピールすることを思い付き、当時ブームが沸き起こっていた女子プロレスに目を付け、団体旗揚げを計画する。有限会社として設立され、設立に際しては吉本興業のほか、テレテック、バンプレスト、旭通信社が協力した。代表には卯木基雄(元・ラジオ大阪社員)が就いた。 他団体との軋轢を回避するためにあえて引き抜き等の手段を使わず、当時全日本女子プロレスにフリーランスとして参戦していたジャガー横田・バイソン木村の2名を全女の了解を得た上で移籍させ、全女を退団・引退していた白鳥智香子・李由紀の2名を加えた4名を所属選手として契約した。また同じく全女に参戦していたライオネス飛鳥をフリーランスとして招聘、さらに全女を引退していた神谷美織が覆面レスラー『Cooga』としてカムバックし、後の選手は新人から育成することで陣容を整える。

旗揚げ

旗揚げ戦は、1996/4/14東京・六本木のディスコ『ヴェルファーレ』にて行われ(その前年の12/24・12/25の二日間、大阪のベイサイドジェニーにてプレ旗揚げ戦を行っている)、メインイベントに週刊プロレス提供試合として、バイソン木村VS豊田真奈美戦を行う(これに関しては、この試合をきっかけに、週プロと組み色々と行う企画があったが、諸事情によりうやむやとなり、これ一回のみで終了してしまう)。

旗揚げ当初は、吉本のバックアップの元、覆面コミッショナーとして桂三枝を起用、プレ旗揚げ戦ではゲストに西川きよしを来場させ、マスコミに対してアピールを行い、また、旗揚げ前の様子を特番としてテレビ放送するなど大掛かりな展開を図っている。

その後、新人もデビューし、ライオネス飛鳥のヒール転向による抗争等もあり、徐々に団体としての形もできてくるが、基本的にジャガーがコーチをしていたこともあり、育成方法が全女と被る部分もあり、どうしても地味な印象が拭えず、又プロレスに関しては経営経験の無かった吉本興業が、全女をモデルに興行を行っていたため、プロレスファンから『全女の2軍』的な目で見られてしまう。さらにエースとして期待したバイソン木村が引退、白鳥・李も自分達への扱いの不満から団体を離脱。さらに、将来のエースとして期待していた小杉夕子や曽我部美幸が引退するといった事態が発生し、これらのこともあり、吉本興業が期待していた収益を上げることが出来ずに、苦しい団体運営を続けることになる。

アストレスの誕生

この苦しい状況を打破するために、「新世紀スター誕生 アクション・シンデレラ・ オーディション」を開催。オーディションに合格した際には、2年間限定でプロレスを行い、その後アクション女優として吉本興業がバックアップすると言う企画で、これが後のアストレス(アスリートとアクトレスを合わせた造語)となる(ただし、デビューして2年以上経過した現在でも、プロレスを続けている選手もおり、アクション女優として大成したレスラーもいないため、『アクション女優の育成』と言うテーマは成功したとは言い難いが、それまでのレスラー像と違う女子プロレス像を作ろうとしたことは一部では評価されている)。

Jd’からJDスターへ

苦しい経営が続く中、大手商社による資金面によるテコ入れ等もあったものの、女子プロレスブームも終焉を迎えていたこともあり、2003年3月吉本興業が資本撤退し、経営権をジェイオフィス・グループに譲渡し、同年4月に団体名を『JDスター女子プロレス』と変え、吉本はプロレス経営から退くことになる。

終焉

経営者は変わったものの、経営は苦しいことに変わりなく、2004年4月にはアストレスの一部を除き、Jd'時代の所属選手の多くが離脱、2005年9月にはAtoZと業務提携を行うものの、わずか4か月で提携は解消。その後は「JDスター」に名を変えて団体としてではなく、プロダクション形式で所属選手だけでなく、他団体の選手やフリーランスの選手を招き『格闘美』のタイトルで興行を行っていたが、2007年5月20日に活動休止を発表、7/16に最終興行を行った。

吉本興業のバックアップにより、旗揚げ前からのテレビ番組での番宣や、所属選手達の番組出演など、他団体に比べ恵まれた環境にあったが、団体を支えるべきスター選手が誕生しなかったことと、スタート時に全女を参考に団体運営を行ったため、地味な印象を与えたまま、最後までそれを払拭できなかったことが災いし、たとえ大手の芸能プロダクションがバックアップしても、それが成功するとは限らないと言う前例を作ってしまったことが悲劇とも言える。

テレビ放送

GAORA「プロレスKING」枠で放送していた。

加えて、以下の放送局でのレギュラー番組も放送されていた。

  • BSジャパン「ジャンヌ・ダルクへの道〜格闘美宣言〜」「Jd'神話」「格闘美伝説」
  • サンテレビ「JDコロシアム」
  • ヨシモトファンダンゴTV「女子プロレスLIVE JDスター」

その他

Jd’時代、『お笑い王者決定戦』と云うタイトルで、リング上で芸人同士のトークバトルを行い、坂田利夫をコミッショナーとして、リットン調査団・雨上がり決死隊が参加した。なお、この『お笑い王者決定戦』は、評判が良くなかったため、2回で終了しているが、この2回目にはモリマンが参加している。

Jd’時代のリングアナウンサーを高杉二郎(現高杉’Jay’二郎)が行っていた。

Jd’時代に行われたイベントで、当時まだ無名に近かった極楽とんぼの二人が司会を行っている。

元所属選手の東城えみ(バンビプロモーション元所属)がドレイク森松とのシングルで「負けたらアダルトビデオ出演」という条件の試合で敗北し、試合後そのまま撮影が行われた。会場(新木場1stRING)や撮影会社を巻き込んだスキャンダルとなったが、結局DVDは発売された。

タイトル

  • TWF世界女子シングル王座
TWFとはTrans-world Wrestling Federationの略。ライオネス飛鳥がメキシコ遠征の際に獲得したタイトルを持ち帰り、Jd'に定着させた。
  • TWF世界女子タッグ王座
  • AWF世界女子王座
AWFとはAmerican Wrestling Federationの略。初代王者ルナ・バションがIWA・JAPANにベルトとともに来日して、それを元川恵美(現さくらえみ、当時IWA所属)が奪取した後に、Jd'において小杉夕子が元川から奪取して以来Jd'に定着。その後Jd'から流出し、2004年7月21日にジャガー横田が獲得して以降防衛戦は行われず封印されたと思われたが、2010/7/11のIWAにて6年ぶりに復活し、横田を含めた7人参加ラダーマッチでベルトが懸けられた。
  • Jd'ジュニア王座
キャリア3年以内の選手が対象。団体名の変更とともに「JDスタージュニア王座」に変更され、ほどなく封印。
  • BSジャパン クイーン・オブ・ザ・リング(QOR王座)
BSジャパンとのタイアップによるタイトル。一時はAWF世界女子王座と統一されていた。
  • プリンセス・オブ・プロレスリング(POP王座)
キャリア3年以内の選手が対象で、JDスタージュニア王座の復活版とも言える。初代王座は「LEAGUE PRINCESS」で決定。活動休止後、第2回LEAGUE PRINCESSを制して3代目王座を獲得した中島安里紗が自身の保持していたJWP認定ジュニア王座と統一し、JWPの二冠王座となり現在に至る。

スターダム / 風香 / JDスター DVD紹介
jD'sビデオ紹介
風香おまとめ動画集





 東城エミ
  東城えみ/石川美津穂 vs 大向みちこ/藤田愛
  東城えみ vs 大森彩乃
  東城えみ vs MARU
  東城えみ vs 前村早紀
  東城えみ 石川美津穂 vs おばっち飯塚/富松恵美
  東城えみ vs 佐藤あやこ
  東城えみ 桜花由美 vs 大森彩乃/古田けいこ
  東城えみvs 西千明
  東城えみ vs ジャガー横田/2/2



   Happy Athress Music Video



   Jd' プレ旗揚げ興行



最終所属選手

  • 桜花由美(アストレス2期生→プロレスリングWAVE)
  • 風香(アストレス4期生→フリー「プラファー」、現・スターダムGM)
  • 渋谷シュウ(→フリー→プロレスリングWAVE)
  • 大畠美咲(→エスオベーション)

過去に所属した選手

  • ジャガー横田
  • バイソン木村
  • 白鳥智香子
  • 李由紀
  • ザ・ブラディー(ザ・ブラディー・フェニックス)(→Team OK)
  • 藤村奈々
  • 阿部幸江
  • 小山亜矢(月丸、亜利弥')
  • 矢野和美
  • 小杉夕子
  • 曽我部美幸(Leoga)
  • 垣谷美和
  • ドレイク森松(龍羅、森松)
  • 藪下めぐみ
  • 坂井澄江
  • おばっち飯塚(飯塚昌美、サイバー飯塚)(→Team OK)
  • KAZUKI(藤原和子)(→Team OK)
  • Cooga
  • ファング鈴木(ファング)(→Team OK)
  • 宮崎有妃(エチセラ)
  • 神田奈々子
  • 武藤裕代(カニみそ花子)(→Team OK)
  • 福島美幸
  • 鳥居はるみ(とりゐ、二等兵、鳥居竜童)
  • 救世忍者乱丸
  • 西千明
  • 大森彩乃(アストレス1期生)
  • 山本千歳
  • MARU(丸山美和)(→Team OK)
  • 賀川照子(アストレス1期生)
  • 柏田千秋(アストレス1期生)
  • 古田圭子(アストレス1期生)
  • 松尾永遠
  • 富松恵美
  • 東城えみ(アストレス2期生)
  • 石川美津穂(アストレス2期生)
  • TSUNAMI
  • 斎藤啓子(→Team OK)
  • 小粂あかね(アストレス3期生)
  • 和田優
  • 秋山恵(アストレス3期生)
  • 亜沙美(アストレス4期生)
  • 木村ネネ

※女子総合格闘家の井上明子(引退)も「アストレス5期生」として在籍していたが、プロレスデビューすることなく退団した。







 
 ページトップ

inserted by FC2 system