本文へスキップ
管理サイト
 
YouTube
YouTube / superatoys

 
FC2動画
FC2動画 / superatoys

 
ブログ
 FC2 ブログ / superatoys


JPOP年代別ヒット曲
”J-Hits Club"

J-hits Club


ディスコ ソング
おまとめサイト
”Maria Club"
Maria Club

サイト内検索

Twitter
twitter
お勧め








DMM.com 動画 アイドルチャンネル


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


楽天 売れ筋
NO.1


 
楽天 売れ筋
No.1
スイーツ編



楽天 売れ筋
No.1
食品編



楽天 売れ筋 No.1
日本酒/焼酎編


































2candys.com Ad


バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad


大人のおもちゃ通販

大人のおもちゃ通販


 
yahooオークション クリックで簡単検索!
今、売れている
”前田日明”関連商品は何?

リングス ビデオ紹介 トップ



ファイティングネットワーク・リングス
(Fighting Network RINGS)
前田日明が1991/5/11に旗揚げし、2002/2/15に活動停止した
プロレス・総合格闘技団体。キャッチコピーは「世界最強の男はリングスが決める」。
2008年3月に旗揚げされたTHE OUTSIDERを主催。

旗揚げ

新生UWFの解散により、所属選手は藤原組、UWFインターナショナルに分かれ、前田日明はたった1人でリングスを立ち上げることになる。衛星放送局WOWOWは開局当初、UWF中継をソフトの目玉とする予定であったが、ネームバリューのある前田をバックアップすることになり、リングスと放映契約を締結。そのおかげで他派に比較するとリングスの資金は潤沢であった。1991/3/14、赤坂プリンスホテルにてリングスの設立を発表。前田はエース兼リングスCEOに就任した。旗揚げにあたり前田は「ネットワーク構想」を打ち立てた。全世界に道場を設立し選手を育成、日本で戦わせて、自国で興行をする。1991年設立のリングス・オランダを皮切りに活動停止までに10ヶ国に上った。ネットワーク構築により、外人選手の招聘に困ることはなかったが、エースの前田日明以外の日本人選手は慢性的に不足していた。この窮地を救ったのが、空手団体の正道会館との提携である。提携していた1991年から1993年まで人気空手家の佐竹雅昭を筆頭に正道会館勢がリングスマットで活躍した。この提携は新生UWFからリングスまでの間に築き上げた興行ノウハウを正道会館に吸収させることとなり、後に正道会館が母体となって立ち上げたK-1が誕生する一因ともなっている。

リングスの元社員で、格闘技関係のブッカーや他団体・競技の運営者として活躍している人物としては、上原譲、若林太郎、内田統子、川崎浩市(ブッカーK)などがいる。

前田の引退・活動停止

人気団体として定着していたリングスだったが、1999/2/21にエースの前田日明が現役を引退したことで興行で苦戦が続き、リングス無差別級王者で、リングスとの専属契約中であったギルバート・アイブルはじめ、国内外の人気選手・スタッフが、相次いで当時話題を集めていたPRIDEへ引き抜かれ、または移籍するなど離脱する(この点について前田は、桁違いのファイトマネーを提示されればどんな選手でも動くと述懐している。一方、PRIDEの榊原代表は、引き抜きではないと主張していたが間違いなく引き抜きである)。危機が続く中、2002年にWOWOWがアメリカの元祖総合格闘技とも言えるUFCと新規に契約し、リングス中継を終了。リングスも活動停止となった。日本国内では活動を停止したリングスだが、リトアニアなど海外ではリングス・ネットワークの手により大会は継続され、日本国内でもリングス出身スタッフが運営する「リングスKoKルール」を採用した格闘技イベントZSTが開催されるなど、リングスの系譜は受け継がれている。

なお、世界的なリングス・ネットワークを越える構想と組織化は、未だどこの団体・興行も実現していない。

リングス活動停止後、前田は総合格闘技興行「HERO'S」のスーパーバイザーを務めたが、HERO'S終了後、リングス復活へ向けて動き出した。2008年よりリングス主催のアマチュア大会「THE OUTSIDER」を旗揚げ。以降定期的に大会を開いている。2010/4/3の「THE OUTSIDER 第11戦」において、前田は10/11の横浜文化体育館にてリングス復活第1弾大会を開催すると宣言。THE OUTSIDERとZSTの対抗戦を予定。

いわゆる“フェイク”の存在と真剣勝負移行に関する当事者証言

ルール面以外に、いわゆる勝敗を事前に決めたり、意図的に勝利を譲るなどのいわゆる“フェイク”(出来試合)と真剣勝負の混在については、外部の論評以外にいくつか内部の証言がある。クリス・ドールマンは「1976年のアントニオ猪木」(柳澤健、文藝春秋)の中で著者のインタビューに答え「ヤマモトは強くは無いけど、いいキャラクターを持っている。闘う心があるんだ。彼はライジングスターで私は50歳に近かった。私が勝ったら悪いだろう?だからレッグロックに敗れることにしたんだ」(P.153)と証言している。また、逆に1999年以降の「KOKトーナメント」にマネージャーとして選手を送り込んだ米国のモンテ・コックスはkamipro 105号で「たしかに当時、リングスはアメリカの格闘技関係者の中ではあまり評判が良くなかったし、私自身、「なぜ、プロレス団体に協力するんだ!?」なんて言われたさ。でも、私が選手を送り始めたのは『KING OF KINGS』(KOK)というトーナメントだった。この大会を開くに当たってリングスは、全試合完全リアルファイトを約束してくれた。だから私も協力することにしたんだよ。(略)そして実際、『KING OF KINGS』は間違いなくリアルファイトだったよ」と証言している。

1991年 1992年 1993年
1994年 1995年 1996年


前田 日明メモリアル1
黎明編
前田 日明メモリアル1



1983/4/21 蔵前国技館 凱旋帰国第一戦
前田明vsポール・オンドーフ
1983/5/27 高松市民文化センター
前田明vsアントニオ猪木
1983/11/3 蔵前国技館
前田明vs長州力
1984/4/11 大宮市スケートセンター UWF旗揚げ
前田日明vsダッチ・マンテル
1984/9/11 後楽園ホール
前田日明vsスーパー・タイガー
1985/3/2 後楽園ホール
前田日明vs藤原喜明
1985/7/17 大阪府臨海スポーツセンター
前田日明vs高田延彦
1985/9/2 大阪府臨海スポーツセンター
前田日明vs藤原喜明


ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはDMM
DMM.com CD&DVDレンタル


前田 日明メモリアル2
神話編
前田 日明メモリアル2



1986/3/14 鹿児島
前田日明/高田延彦vs山崎一夫/木戸修
1986/6/12 大阪城ホール
前田日明vs藤波辰巳
1986/10/9 両国国技館
前田日明vsドン・中矢・ニールセン
1987/8/29 後楽園ホール
前田日明vs藤原喜明
1988/5/12 後楽園ホール 第2次UWF旗揚げ
前田日明vs山崎一夫
1988/6/11 札幌中島体育センター
前田日明vs高田延彦
1988/8/13 有明コロシアム
前田日明vsジェラルド・ゴルドー
1989/5/4 大阪球場
前田日明vsクリス・ドールマン
1989/11/29 東京ドーム
前田日明vsウイリー・ウィリヘルム
1990/5/28 宮城県スポーツセンター
前田日明vs鈴木みのる
1990/10/25 大阪城ホール UWFラストラストマッチ
前田日明vs船木誠勝





前田 日明メモリアル3
完結編
前田 日明メモリアル3



リングス創設から引退まで
1991/5/11 横浜マリーナ
前田日明vsディック・フライ
1998/7/20 横浜アリーナ 引退試合
前田日明vs山本宣久


ネットで借りる、プロレス/格闘技レンタルはTSUTAYA



新格闘王 前田日明
キャプチュード'87
新格闘王 前田日明



前田日明ドキュメント
1984/4/11 大宮 UWF旗明け
前田日明vsダッチ・マンテル
1985/8/29 大宮
前田日明vs高田延彦
1985/7/25 大田区
前田日明vsスーパータイガー
1985/8/25 岐阜
前田日明vs藤原喜明
1985/9/2 大阪
前田日明vsスーパータイガー
1986/9/2 両国国技館
前田日明vsドン・中矢・ニールセン
道場など

 

田村 潔司
~疾走する魂~
田村 潔司

2度目の対戦で前田日明を倒し、名実共にリングスのエースとなった田村潔司。デビューからUインターでの高田戦、リングスでの前田戦など、数々の名勝負を厳選収録。

ファイティング・ネットワーク
リングス
91年ベストバウト
リングス・ベスト・バウト


1991年のベストバウト集


DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


リングス・ベスト・バウト
1992
1/2
リングス・ベスト・バウト


1992年のベストバウト集





リングス・ベスト・バウト
1992
2/2
リングス・ベスト・バウト


1992年のベストバウト集

 



RINGS Best Bout 1993
Battle Dimension
ベストバウト


1993年のベストバウト集





ベストバウト1994
ベストバウト


1994年のベストバウト集





リングス 1994
トーナメント
トーナメント


1994年のトーナメント集





ベストバウト'95
ベストバウト


1994年のベストバウト集





BEST OF RINGS
関節技GIVE-UP編
BEST OF RINGS

91年5月、旗揚げ戦から93年8月、横浜までの総集編




BEST OF RINGS
打撃技OK編
BEST OF RINGS

91年5月、旗揚げ戦から93年8月、横浜までの総集編 

Pacific Girls.COM Ad


前田日明復活の詩
前田日明復活の詩

バトル・ディメンション・トーナメント93 完全版 




旗揚げ5周年記念
リングス・ジャパン



 
 ↑ トップへ

所属していた選手

  • 前田日明
  • 長井満也
  • 武南幸宏
  • 田村潔司
  • 金原弘光
  • 高阪剛
  • 山本宜久
  • 坂田亘
  • 成瀬昌由
  • 山本健一(現:山本喧一)
  • 滑川康仁
  • 横井宏考
    伊藤博之

リングスに所属していた海外選手

リングス・ロシア

  • ウラジミール・パコージン - 代表
  • ヴォルク・ハン
  • アンドレイ・コピィロフ
  • ニコライ・ズーエフ
  • イリューヒン・ミーシャ
  • エメリヤーエンコ・ヒョードル
  • バロージャ・クレメンチェフ
  • セルゲイ・ハリトーノフ - 日本ではロシアン・トップ・チーム所属という肩書きであるが、本国ではリングス・ロシアに所属。
  • ヴォルク・アターエフ
  • ラバザノフ・アフメッド
  • コーチキン・ユーリ
  • ユーリ・ベキシェフ
  • ウラジミール・クラブチュック
  • セルゲイ・スーセロフ
  • レフ・バルカーラ - アブダビコンバットで優勝したカリーム・バルコロフと同一人物

2005/8/20、ニコライ・ズーエフが中心となり、「リングス・エカテリンブルク」が旗揚げされ、ハリトーノフ、アターエフ、ミーシャ、ラバザノフ、コーチキンが参加。日本からは前田が招待され、金原、高阪が参戦した。

リングス・グルジア

  • アルティミシュビリ・ノダリ - 代表
  • ビターゼ・タリエル
  • ビターゼ・アミラン(ビターゼ・タリエルの実弟)
  • グロム・ザザ
  • グロム・コバ(グロム・ザザの実弟)
  • ダヴィド・ハハレイシヴィリ
  • ブザリアシビリ・ラマジ
  • シュトルム・コバ
  • ゴキテゼ・バクーリ
  • ツハダゼ・ザオール
  • ゲオルギー・カンダラッキー
  • テッド・チェンギス(テンギズ・テドラゼ)
  • シーラ・フビチャ
  • ティグル・レバニ
  • アンドレイ・トゥルマニーゼ
  • サルサニア・ズーラブ
  • ガルダバ・ゲオルギ

リングス・オランダ

  • クリス・ドールマン - 代表
  • ハンス・ナイマン
  • ディック・フライ
  • ヘルマン・レンティング
  • ヴァレンタイン・オーフレイム
  • アリスター・オーフレイム
  • ギルバート・アイブル
  • ウィリー・ピータース
  • ヨープ・カステル
  • ボブ・シュクライバー
  • ピーター・ウラ
  • バート・コップスJr
  • ウィリー・ウィリヘルム
  • サンドラ・トンハウザー
  • ピーター・ダイクマン
  • エリック・エデレンボス
  • ピーター・スミット
  • トム・フォン・マウリック
  • ルディ・イウォルド
  • デニス・ラーフェン
  • サンドラ・マック・キリアン
  • フレッド・オーストロン
  • リカルド・フィエート


リングス・オーストラリア

  • クリストファー・ヘイズマン
  • ケリー・ジェイコブ
  • サム・ネスト

リングス・USA

  • ジェレミー・ホーン
  • ブラッド・コーラー

リングス・イギリス

  • リー・ハスデル

リングス・ブラジル

  • レナート・ババル
  • カステロ・ブランコ

リングス・リトアニア

  • エギリウス・ヴァラビーチェス

詳しくは、リトアニア・ブシドー協会参照。

リングス・ブルガリア

  • ニコラ・ザハリエフ - 代表
  • ボリス・ジュリアスコフ
  • ゲオルギー・トンコフ
  • ソテル・ゴチェフ
  • ディミータ・ペトコフ

バイアグラ・レビトラ・シリアス Ad

 

inserted by FC2 system